<   2018年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

(増補版)590E2/3:2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1893年11月~1893年12月)

題:(増補版)590E2/3:2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1893年11月~1893年12月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1893年11月28日、ニュージーランド総選挙(史上初の婦人に
 よる投票)
  被選挙権は、この時に遅れること26年後の1919年から。
  そして、日本の婦人参政権の運動は、「大正デモクラ
 シー」の時期の1924年に、市川房枝氏らが婦人参政権獲
 得期成同盟(1925年に婦選獲得同盟に改称)を結成して
 運動を開始した。
  1925年に、25歳以上の男性に選挙権が与えられる「普
 通選挙法」が成立したが、婦人参政権は第二次大戦後の
 1945年12月の改正選挙法で実現し、満20歳以上の男女に
 よる平等な選挙制度となった。
  翌年・1926年4月の総選挙では婦人議員が39名当選し
 た。
1893年11月29日、衆議院が、星亨の不信任動議を可決した。
 星は辞職を拒否した。
1893年11月、阪鶴鉄道会社が、摂津鉄道を買収した(1897
 年説あり)
  尼崎地域史事典には・・
  摂津鉄道(せっつてつどう):
  1892年、川辺馬車鉄道の輸送力を増強するため馬車を
   蒸気機関車に変えることが計画され・・、
   資本金を10万円から24万円に増資し、摂津鉄道会社
   と改称した。
   この増資の間に大阪資本が進出した。
  1894年、社長の伊達尊親が退任し、大阪の鴻池新十郎
   が社長に就任した。
  1893年12月、路線も伊丹から小戸(おおべ)村(現:
   川西市)までの延長が実・・。蒸気機関車となった
   ため馬車鉄道時代のように官設鉄道の横断が許可さ
   れず、神崎駅の南北に停車場を設けて、乗客は、そ
   の間を徒歩で乗り換えるという事がなされた。
   不便はあったが(貨車は人力で押して横断した)
   尼崎-長洲間10分、長洲-伊丹間12~13分と所要時間
   は大幅に短縮した。
   また、客貨輸送量も飛躍的に増大した。
  1897年、阪鶴鉄道に買収された。
1893年11月、明治座の開場式。
1893年12月2日、衆議院が、議長の星亨の不信任上奏案の動
 議を可決した(12月1日説あり)
  この第2次伊藤博文内閣の第五議会に於いて、衆議院は、
 議長の星亨への不信任上奏案動議を可決した。
  そして、1893年12月5日に、星の1週間の出席停止とし、
  1893年12月13日には、議員除名を決議した。
  そして、1893年12月29日に、衆議院が、現行条約励行
 決議案を上程し、10日間の停会処分を受け・・、
  1893年12月29日、衆議院が、陸奥宗光外相の条約励行
 決議案反対の演説後、再び、14日間の停会を命じられた。
  政府は、大日本協会(対外硬派)に解散命令をした。
  星亨は、1892年の第2回総選挙に当選して衆議院議長と
 なっている・・しかし・・、
  1893年11月に、相馬事件の収賄疑惑によって議長不信
 任案が可決された。
  しかし、議長を不信任となったにも関わらず、議長席
 への着席に固執した。
  そのため、衆議院から除名されてしまった。
  相馬事件は、お家騒動であるが、新興新聞がセンセー
 ショナルに扱って、日本は煽られた。
  (マスコミ報道の是非が問題となった・・マスコミの
 犯罪的な煽りの行動があった)
  この年・1893年、相馬家の関係者が告訴されたり、遺
 体の発掘騒ぎなど陰湿な騒ぎが続いた。
  そして、星は、この年・1893年、後藤象二郎とともに
 取引所設置をめぐる疑獄事件に連座して除名された。
  この時、議長解任の決議を数度にわたり無視して登院
 した。
  (参考)現行条約励行運動は、1893年~1894年にかけ
     て、対外強硬六派によって唱えられた反政府の
     言論運動で・・、
      幕末期に、江戸幕府が諸外国とむすんだ不平
     等条約について、条約正文に明白に規定されて
     いない事項に関してはいっさい外国人の権利を
     認めず、日本国内における外国人の活動や生活
     を制約することを通じて条約改正を行ない、平
     等条約の実現を図ろうというもの。
      この頃、イギリスのロンドンで条約改正交渉
     が大詰めに近づいていたので、外国の世論を刺
     激することを怖れた第2次伊藤内閣は、1893年12
     月末に衆議院解散によって苦境を打破しようと
     した。
      しかし、1894年3月1日の総選挙(第3回衆議院
     議員総選挙)では、自由党も硬六派(立憲改進
     党・国民協会など)もともに過半数を獲得でき
     なかった。
      このことから、政府は、厳しい対応をせまら
     れた。
1893年12月3日、山陽鉄道新川線の兵庫駅~新川駅間が営業
 開始した。
  そして、新川駅は、この日、山陽鉄道の新川荷扱所(
 貨物駅)として開業した。
1893年12月5日、松平容保公が亡くなられた・・59歳だった。
  松平容保(まつだいらかたもり、1836年~1893年)は、
 幕末・維新期の陸奥(むつ)会津藩の藩主。
  天保6年(1836年)12月29日、美濃(みの、岐阜県)高
 須藩の城主・松平義建(よしたけ)の子(6男)として生
 まれた。
  会津藩主・松平容敬(かたたか)の養子となる。
  1852年(16歳)、襲封(しゅうほう、領地を受け継ぐ
   こと)し、陸奥会津藩(福島県)藩主・松平(保科)家
   9代となる。
  1853年(17歳)ペリー来航に際して、井伊直弼ととも
   に国書受理に賛成した・・
   また、本来、京都守衛は、所司代(しょしだい)の
   任務であったが、このペリー来航後、京都守衛は、
   幕府の威権にかかわる重要な問題として浮上した。
   そのため、幕府は、朝廷や諸大名の守衛不備の批判
   を避けるため、彦根藩、津藩を中心とする守衛体制
   をつくった。
  1860年(24歳)桜田門外の変で、井伊直弼が横死する
   と、容保は、幕府と水戸藩との調停にあたった。
   また、幕府の命によって、松平慶永とともに、幕政
   に参与した。
  1862年(26歳)幕府の強い要請により、京都守護職に
   任命された。
   京都守護職は、徳川幕府末期の京都守衛を職務とす
   る幕府官職だった。
  1862年閏8月、京都守護職に就任し、京都の治安維持と
   公武合体の実現に努め・・幕末の困難な政局にあた
   った・・尊攘急進派の長州藩を一掃した・・
   そして、京都の幕府勢力を代表して、孝明天皇の信
   を得て、一橋慶喜とともに公武合体を推進した。
  1863年(27歳)9月30日(文久3年8月18日)の八月十八
   日の政変では、中川宮(なかがわのみや)や薩摩藩ら
   と結んで攘夷親征を計画し、長州藩などの尊攘派を
   京都より追放し・・弟の所司代・松平定敬と京都の
   治安を確保した。
   そして、一橋慶喜(ひとつばしよしのぶ)、松平慶永
   (よしなが)、山内豊信(やまうちとよしげ)、伊達宗
   城(だてむねなり)、島津久光(しまづひさみつ)とと
   もに、参与として朝政に参画した。
   そして、公武合体策による国政挽回(ばんかい)を図
   ったが、内部対立のために失敗。
  1864年(28歳)8月20日、これを好機として禁門の変
   を起こした長州藩・・この戦いでは、薩摩藩・桑名
   藩とともに、長州側を圧倒し撃退した。
  1864年(28歳)長州征伐には陸軍総裁職、のち軍事総
   裁職につき、また京都守護職に復した。
   その後、徳川慶喜と協力して条約勅許問題などで活
   躍した・・が・・
   西南諸藩との対立は決定的となる。
  1867年(31歳)薩長両藩の画策が功を奏し、容保誅戮(
   ちゅうりく、罪ある者を殺す)の宣旨(せんじ)が出さ
   れ・・
  1867年(31歳)江戸幕府の15代将軍の徳川慶喜の大政
   奉還に反対し、武装する・・も・・
   大政奉還後、慶喜とともに大坂に退去し、
  1868年(32歳)・・恭順の意を表したが入れられず・・
   鳥羽・伏見の戦いに敗北し、海路、江戸へ・・そし
   て・・慶喜へ再挙を説いたが入れられず・・、
  1868年(32歳)会津戦争では、30余藩の佐幕派列藩同
   盟の中心となって、東北・北陸に兵を展開し、徹底
   抗戦した・・
   しかし、会津城に籠城し、討幕軍に抗戦した・・
   ・・が・・会津若松城で敗れて降伏・・
  1868年(32歳、明治元年)因幡(鳥取藩)に幽囚(永
   預・えいあずけ)となる・・のちに和歌山藩へ・・
  1872年(36歳)謹慎を解かれて、のちに正三位に叙さ
   れた。
  1880年(44歳)日光東照宮宮司となられた。
  明治26年(1893年)12月5日、逝去される、59歳。
  言葉:幾人の 涙は石に そそぐとも その名は世々
 に 朽じとぞ思ふ
  会津戦争で戦死した藩士を追慕して詠まれた。
1893年12月12日 摂津鉄道の尼ヶ崎駅(現:尼崎港)~池田駅
 (現:川西池田)間が開通した。
  既設の尼ヶ崎駅~伊丹駅間を改築さらに伊丹駅~池田
 駅間に新線を延長敷設)した。
1893年12月13日、衆議院が、星亨を除名決議した。
1893年12月15日、三菱社が、三菱合資会社に改組された。
  三菱財閥は、日本の三大財閥の1つであるが・・、
  1870年、土佐藩出身の岩崎弥太郎が、土佐藩の事業を
   継承して、海運事業(九十九商会・つくもしょうか
   い)を創立し、
  1872年、三川(みつかわ)商会に改称。
  1873年、三川商会を三菱商会に改称。
  1874年、拠点を東京に移し、社名を三菱蒸気船会社と
   改称。
  1875年、上海定期航路を開く・・これは、我が国で初
   めての外国定期航路。
   政府の保護のもとにあった日本国郵便蒸気船会社の
   人員・施設を吸収して、社名を郵便汽船三菱会社と
   改称。
   上海のボイド商会と出資し、横浜に船舶修理工場の
   三菱製鉄所を開いた(外国資本との提携の始め)
  1876年、三菱商船学校を設立する。
  1879年、東京海上保険会社を設立(華族と共同出資)
  1880年、横浜正金銀行を設立する。
   また、三菱為換店を設立(三菱の銀行業、倉庫業の
   始め)、
   また、千川水道会社を設立(東京都水道の始め)
  1881年、長崎県の高島炭坑を買収し、経営する。
   また、明治生命保険会社を設立する。
  1884年、工部省管轄の長崎造船所を借り受けた。
  1885年、初代社長・岩崎彌太郎が死去(50歳)
   副社長であった岩崎彌之助が第2代社長に就任した。
   そして、第百十九国立銀行を継承する。
   そして、三菱と、共同運輸両社が合併し、日本郵船
   会社を設立した。
  1886年、岩崎彌之助が、三菱社を設立し、海運以外の
   事業を経営する(吉岡銅山、高島炭坑、長崎造船所、
   第百十九国立銀行、千川水道会社・・など)
  1887年、有限責任・東京倉庫会社を設立する(現:三
   菱倉庫)
   そして、借り受けていた官有・長崎造船所の払い下
   げを受けた。
  1888年、日本石油を設立。
  1889年、三菱社の管事・川田小一郎が、第3代の日本銀
   行総裁に就任した。
   そして、この年、丸の内と神田の官有地13万5千坪の
   払い下げを受けた。
  1891年、小野義真、岩崎彌之助、井上勝との共同によ
   って岩手県盛岡市郊外に農牧場を開いた(1899年、
   岩崎家の所有となった)
  1893年、商法の実施により三菱社を廃し、三菱合資会
   社を設立した。
   社長の岩崎彌之助は監務(後見職)となり、副社長
   の岩崎久彌が第3代社長に就任した(資本金500万円)
   そして、総務、銀行、営業、炭坑、鉱山、地所の各
   部を設置し、分権体制を敷いて、長崎造船所の拡張
   と神戸、下関造船所の新設、そして、麒麟麦酒の設
   立など、事業がいっそう拡大された。
  三菱は、富国強兵政策の明治政府の保護もあって発展
 した。
  主に、海運業に注力(ちゅうりょく、力を注ぐこと)
 するが、造船業・鉱業・鉄道・貿易など、あらゆる分野
 に進出した。
  第二次世界大戦後、GHQの財閥解体にあう。
.
  (今日の言葉)
.
  題:難民に困るドイツが編み出した・・ダブリン協定・・
    ハンガリーのオルバン首相は独裁者だと、ドイツは言った・・
    難民は、EU内を自由通行するな・・と、決められた・・
    自由通行のEUの・・国境に・・突貫工事で塀が作られた・・
.
紀元前8000年、チグリス・ユーフラテスに囲まれた「肥沃
 な三日月地帯」において・・、
  これまでの狩猟と採集の生活から、牧畜(牛・羊の飼
 育)と農耕(麦類栽培)を主体とした生活が行われるよ
 うになったとみられる遺構が・・、
 紀元前8000年頃のジャルモの地層から発見された。
     ・
     ・
紀元前3500年頃、メソポタミア文明が作られた。
  チグリス・ユーフラテス川は、水源地帯の雪解けによ
 り定期的に増水するため、運河を整備することで豊かな
 農業収穫が得られた。
  初期の開拓地や文化から始まり、エジプトなどよりも
 早く農業が行われた。
  この文明のメソポタミア諸王朝と、エジプト王国は、
 互いに自らが作り上げた文化に高い誇りを持ち続けて、
 相手の科学思想を取り入れようとしないなど、『交易な
 どなされず』にいた。
  ヘブライ人は、アラム人などとの貿易をしていた。
  キリスト教は、ヘブライ人が、メソポタミアからエジ
 プトへ向かったという話にしたいので・・だから、史実
 に反する話をする。
  これは、ヘブライ人が、エジプトへ向かわないと「モ
 ーゼのエジプト脱出」の話が「作り話になる」からで・・、
  しかし、モーゼのこの話は、史実にはない「作り話」
 で、歴史家も、「モーゼの実在を否定している」。
  キリスト教は、無理筋の嘘話を言うが、これもその一
 つ。
.
紀元前3200年頃、チグリス・ユーフラテス川の下流域のウ
 ルクで、紀元前3200年頃、ウルク古拙文字と呼ばれる絵
 文字が生まれた。
  ウバイド期に続く次の時期をウルク期(紀元前3500年
 ~紀元前3100年)と呼び・・、
  この時期は、都市文明の開始期で、都市文明の担い手
 はシュメール人だった。
  ウルク文化期後期には、支配階級や専門職人や商人が
 現れ、ウバイド文化期には認められなかった円筒印章や
 プラノ・コンヴェクス煉瓦が登場した。
  紀元前3200年頃に、ウルクで、ウルク古拙文字と呼ば
 れる絵文字が生まれた。
  ほぼ同時期に、東のエラムでは、原エラム文字や、エ
 ラム線文字が使われ、
  エジプト初期王朝時代では、ヒエログリフとヒエラテ
 ィックが使われていた。
  研究者は、原エラム文字とインダス文字が非常によく
 似ていると指摘している(インドとの交易)
.
紀元前3100年、メソポタミアの楔型(くさびがた)文字は、
  この時より前に出現していた。
.
紀元前3000年頃、ウルク期に続くジェムデト・ナスル期(
 紀元前3100年~紀元前2900年)になると・・、
  紀元前3000年頃、銅にすずを混ぜる青銅合金の製造法
 が発見され、青銅製の武器が作られた。
  銅の供給地は、バット遺跡。
  スズの供給地は、トロス山脈のケステル。
  武器の発達によって、都市国家間は戦乱時代となり、
 ウルクの市域は最大領域に達し、ジェムデト・ナスル文
 化はペルシャ湾岸まで達した。
  しかし、ジェムデト・ナスル期末期にシュルッパクの
 王ウバル・トゥトゥの治世下で、メソポタミア全域が大
 洪水に見舞われ、ウルクの繁栄が終わり、シュメールの
 中心は上流域のキシュに移った。
  (上流域との関係が強いのである・・エジプトではな
 い・・また、ウルク、ウルは下流域。
.
紀元前2900年、初期王朝時代(紀元前2900年~紀元前2350
 年)には、ウル、ラガシュのような多くの新興シュメー
 ル都市国家が成立し、王朝が成立した。
  考古学的に、実在が確認されている最古の王は、紀元
 前2800年頃のキシュ第1王朝の王エンメバラゲシで、
  アワン朝古エラム時代(紀元前2700年頃)、3代に渡っ
 てシュメールを支配したと伝えられる。
  紀元前2700年頃、シュメール下流の都市が繁栄し、キ
 シュはさびれた。
.
紀元前2850年、神聖文字(ヒエログリフ)などのエジプト
 の絵文字は、紀元前2850年頃から使われていた。
  このエジプト文字が、元となってアラム文字、フェニ
 キア文字、ヘブライ文字などが作られた。
  これ等の文字によって、中近東の紀元前2000年~紀元
 前1000年といった極めて古い時代の歴史を知ることが出
 来る。
.
紀元前2600年、この頃と考えられているウルク第1王朝の王
 ギルガメシュは、『ギルガメシュ叙事詩』によってその
 名を知られているが、エンメバラゲシの実在が確認され
 た事から実在が確実視されている。
  シュメールとの交易相手にはen:Majan、ディルムン、
 en:Meluhhaが知られており、この時代には、広大な交易
 網が形成されていた。
  ラガシュの王ウル・ナンシェの碑文に、ディルムンと
 交易していた記録が残っている。
  en:Meluhhaが、インダス文明であるとする説をヘルシ
 ンキ大学のアスコ・パルボラ博士とen:Simo Parpolaら多
 数の学者が支持している。
  楔形文字が、完全な文字体系に整理されたのは、紀元
 前2500年頃である。
  伝説では、ウルク第1王朝の王エンメルカルが文字を使
 ってアラッタに降伏を勧告した(エンメルカルとアラッ
 タの領主。
     ・
     ・
30年頃、この頃、エルサレムの町には予言者が一杯いた。
  吉凶の前兆をめぐって予言者や占師がはびこるという
 エルサレムだった。
  イエスは、儲かるからと、この商売に就いた。
  イエスは、故郷の人から、「予言者とは、いい商売を
 しているな」と言われていた。
.
129年頃、古代ローマの医師・ガレノスが、トルコのペルガ
 モンの裕福な建築家の家庭に生まれた。
  父の支援のもとに、各地で哲学や医学を、アレクサン
 ドリアで学んだ。
  この地は、唯一、医学解剖が許される地だった。
  この地で、彼は、技術を磨き、経験を重ねた。
  27歳(156年頃)の時、故郷へ帰り、ここで剣闘士の
 治療医となった。
  肉を切り裂く流血の競技をする剣闘士の担当医として
 外科医のかけがえのない経験を積んだ。
  30歳(159年頃)を過ぎて、ローマへ行った。
  ローマは、五賢帝最後の皇帝マルクス・アウレリウス
 が即位したばかりだった。
  この地で、ガレノスは解剖の技量を示し、名医として
 の評判を得て、また、名を高めた。
  この評判が皇帝の耳に入り、目にとまった。
  皇帝の侍医となる。
  166年(37歳)、疫病が大流行した。
  この病気がイタリアに到来する頃、ガレノスは、ロー
 マを離れ帰郷した。
  これは口実だった。
  実際は、医学論争での対立から身の危険を感じたのだ
 った。
  ガレノスは、「激昂(げっこう)しやすい人」だった。
  しかし、名医としての名声が、故郷に居る事を許さず、
 ほどなく、皇帝の命で呼び戻され、帝室の侍医となった。
  やがて、北方からのゲルマン人の侵入の脅威が高まっ
 た。
  マルクス帝は遠征をした。
  ガレノスは、随行するようにと言われるが固辞(こじ、
 かたく辞退しつづけること)した。
  180年、マルクス帝が死去する。
  18歳の子のコンモドゥスが帝位についた。
  この帝は、直ちに和平を進め、代償金(損害のつぐな
 いをする・・その金)を支払い北方戦線から撤退した。
  この帝は、簡単にローマ人の威信を挫(くじ)いた。
  そして、この子の帝は、ひいきの側近に政治を任せ、
 怠惰で放埓(ほうらつ、ほしいままに振る舞って酒や女
 に溺れること)な行動を始めた。
  命も再三にわたって狙われるという始末だった・・が、
 結局、側近らの共謀によって殺害された。
  ガレノスは、宮廷の侍医であった、そして、比類なき
 名医であった、それは誰もが認めた・・名声も博した。
  ガレノスに対抗する医学の諸派もあったが、ガレノス
 の晩年頃には、そのほとんどが勢いを失っているほど、
 ガレノスは、地中海世界の医学における唯一の皇帝の様
 な名医だった。
  ガレノスは、また、厖大な著作を残した。
  また、彼は、医学だけに没頭したからこそ、権謀術数
 が渦巻く彼の世界の中(宮廷社会の中)で生きて行けた
 と言える。
  ヒポクラテス以来の誇大医学を集大成し、ルネッサン
 ス期まで西洋医学に絶大な影響を及ぼしたというガレノ
 スだった。
  ガレノスは、200年頃に没した(71歳くらい)
  「現代医学の治療の要(かなめ)は、古代のガレノス
 の時代からさほど変わっていない」と言われているほど
 である。
     ・
     ・
1857年7月、北海道・函館に、五稜郭が起工する。
  フランス式築城術で建設された日本初の稜堡式城郭で、
  天守閣を備えた城郭は持たない。
  当初は、幕末の開港による外国の脅威を念頭に、より
 多くの堀や城累の設置が検討されたが、後に、設計は縮
 小された。
  (参考)稜堡:りょうほ、大砲を主要防御武器として
     設計された城で、多数の大砲が、死角を補い合
     うように造られている。
      16世紀~18世紀のヨーロッパで行われ、日本
     ではこの五稜郭・龍岡城・・
  (参考)龍岡城:たつおかじょう、長野県佐久市田口
     にある日本の城跡で、幕末期に築城され、龍岡
     藩(田野口藩)の藩庁が置かた。
      日本に二つある五芒星形の西洋式城郭の一つ。
      龍岡五稜郭、あるいは、桔梗城とも呼ばれる。
  1854年3月、日米和親条約の締結により箱館開港が決定
   すると、江戸幕府は、松前藩領だった箱館周辺を上
   知して・・、
  (参考)上知:あげち、江戸時代の大名や旗本が、領
     知である知行地(→知行)を官に返すこと。
  (参考)領知:りょうち、土地を領有して支配するこ
     と。
  1854年6月、箱館奉行を再置した。
    箱館奉行所は、前幕領時代(1802年~1807年)と
   同じ基坂(函館山の山麓一帯にある坂のひとつで、
   当時は、松前藩の箱館奉行詰役所があった)に置か
   れた。
    初代奉行の竹内保徳は、松前藩の建物を増改築し
   て引き続き使用する方針を示したが、
    続いて奉行に任命された堀利煕は、同所は箱館湾
   内から至近、かつ、遮るものがなく、加えて外国人
   の遊歩区域内の箱館山に登れば、奉行所を眼下に見
   下ろすことができるので防御に適さず、亀田方面へ
   の移転が必要だと上申した。
    そして、竹内と堀は江戸に戻ると、箱館湾内から
   の艦砲射撃の射程外に位置する鍛冶村中道に「御役
   所四方土塁」を築いて、奉行所を移転する意見書を
   老中・阿部正弘に出した。
    これが、幕閣に受理され、五稜郭の建設が決定し
   た。
    併せて、矢不来(やぎらい、現在の北斗市矢不来
   (やふらい))・押付・山背泊(やませどまり)・
   弁天岬・立待岬・築島・沖の口番所の7か所の台場の
   新改築からなる箱館港の防御策も上申されたが、阿
   部は、これらを同時に築造するのは困難なので、ま
   ず、弁天岬(弁天台場)と築島(着工されず)に着
   手するよう指示している。
  1855年7月、フランスの軍艦コンスタンティーヌ号が、
   箱館に入港した際・・、
    箱館奉行所で、器械製造と弾薬製造の御用取扱を
   務めていた武田斐三郎が・・、
    同艦の副艦長から指導を受け、大砲設計図や稜堡
   の絵図面を写し取った。
    武田は、この絵図面をもとに、五稜郭と弁天台場
   の設計を行った。
    そして、五稜郭と弁天・築島・沖の口台場の築造
   からなる総工費41万両の予算書が作成された。
    当初は、工期20年の計画だったが、蝦夷地警備を
   命じられた松前藩(戸切地陣屋)・津軽藩(津軽陣
   屋)・南部藩(南部陣屋)・仙台藩(白老陣屋)の
   各陣屋が、既に、完成していたことから、
    五稜郭や台場の工事が遅れると、箱館市民や外国
   人に対して幕府の権威を失うことになるので、弁天
   台場と五稜郭の築造を急ぐこととなった。
  1856年11月、組頭・河津祐邦、調役並・鈴木孫四郎、
   下役元締・山口顕之進、諸術教授役・武田斐三郎ら
   を、台場並亀田役所土塁普請掛に任命し、
  1857年7月、五稜郭の築造を開始した。
    建物については、1856年から、郭外北側に役宅を
   建設、
  1861年、奉行所庁舎建設を開始した。
    施工は、土木工事を松川弁之助、石垣工事を井上
   喜三郎、奉行所の建築を江戸在住の小普請方鍛冶方
   石方請負人・中川伝蔵が請け負った。
    当初は、まず、掘割と土塁工事、
    続いて、建物工事、
    最後に、石垣工事を行う計画だったが、
    この地は、地盤が脆弱で、冬季の凍結・融解によ
   り掘割の壁面が崩落したため、急遽、石垣工事を先
   行させた。
  1864年、竣工。
   1864年6月15日、箱館奉行・小出秀実が、旧奉行所か
   ら郭内の箱館御役所に移転、業務を開始。
    引き続き防風林や庭木としてのアカマツの植樹や
   付帯施設の工事も行われ、
  1866年、全ての工事が完了した。
    箱館奉行・小出秀実が、奉行所を五稜郭内に移転
   して業務を開始した。
  そして、後に、箱館戦争(1868年~1869年)では、榎
 本武揚率いる徳川幕府軍が入城し、城塞であるとともに
 榎本らが設立した「蝦夷共和国」行政府としても機能し
 た。
.
1892年11月、大倉土木組が、日本土木会社から継承され設
 立された(現:大成建設)
  1873年10月、大倉喜八郎が、資本金15万円をもって大
   倉組商会を創立し、機械などの直輸入貿易をおこす
   とともに諸建造物の造営などに当たった・・これが
   起源。
  1887年3月、大倉喜八郎は、渋沢栄一氏、藤田伝三郎氏
   と共に、資本金200万円をもって有限責任日本土木会
   社を設立し、大倉組商会の業務の内、土木関係に関
   するものを分離し継承・・日本の土木建築業の初め
   となる。
  1892年11月、有限責任日本土木会社は解散し、その事
   業を大倉喜八郎単独経営の大倉土木組に継承する。
  1911年11月、大倉土木組が、株式会社大倉組に合併さ
   れ株式会社大倉組土木部となる。
  1917年12月、株式会社大倉組より分離し、資本金200万
   円の株式会社大倉土木組となる。
  1920年12月、日本土木株式会社と改称。
  1924年6月、大倉土木株式会社と改称。
  1946年1月、大倉土木株式会社を廃し、大成建設株式会
   社と改称した。
  因みに、大倉財閥は、政商・大倉喜八郎が一代で創設
 した財閥で、幕末・維新の動乱に乗じて銃砲販売で台頭し
 た。
  大倉喜八郎は、明治期に軍需物資用達などの政商活動
 や貿易活動を中心に事業を拡大したが、そこで蓄積した
 資本を基礎に、合名会社大倉組(1893年、設立)を持株会
 社とし、大倉商事、大倉鉱業、大倉土木の直系3社を事業
 の中核とするコンツェルン機構が第1次世界大戦期に形成
 された。
  また、大倉喜八郎は、財界の有力者として多数の会社
 の設立に関与し、出資していたため、昭和初期には投資
 先会社数が100社以上にのぼり、巨大総合財閥(三井、三
 菱)には及ばないものの、第二級の資本規模を有する財閥
 に発展した。
.
20世紀初め、この頃、排満革命の機運が中国で高まった。
  汪兆銘(おうちょうめい)。
  清朝の満州人(満州族)に、漢人(漢族)が支配され
 ている中国だった。
  孫文の率いる革命勢力の中で、汪兆銘は頭角を現して
 いた。
  そして、清朝摂政王の暗殺を試みた。
  しかし、失敗した。
  汪兆銘は、捕まって、死刑宣告を受けた。
  汪兆銘は、蒋介石の4年前に生まれ、日本の法政大学に
 留学し、学んでいた・・その様な人物だった。
  死刑宣告を受けた汪兆銘は、幸い、1911年に、辛亥(
 しんがい)革命が起きたため、釈放された。
  中国の愛国者であり、民族主義の急進派であり、親日
 的だった。
  だが、しかし、今(2018年)、中国共産党政権は、「
 漢奸(かんかん、中国の国を売る輩・同国人)」として、
 売国奴呼ばわりをしている。
  しかし、この汪兆銘は、蒋介石と違って「容共路線」
 を主張していた。
  汪兆銘は、病気治療のため渡仏した。
  その間、蒋介石は、中国の実権を握った。
  汪兆銘は、同調して反共に転じた。
  1927年頃まで、汪兆銘は決死で活動し、自分の命をも
 惜しまない「革命の家の姿」であり、孫文の後継者とし
 ての気概があった。
  しかし、反共路線を取る汪兆銘と、親日的な姿に「漢
 奸」の姿を感じさせてしまっていた。
  蒋介石の蔭にアメリカが居て、中国の反日姿勢が強ま
 り、日中関係が悪化するとともに、汪兆銘の「漢奸のイ
 メージが、膨らんで行った」。
  1930年、蒋介石は重慶に政府を移し、アメリカに影響
 され、対日徹底抗戦を主張した。
  汪兆銘は、その方針に異議を唱えた。
  そして、南京に新政府を樹立した。
  そして、戦争で被害を受ける国民が頭にあった汪兆銘
 は、戦争への道ではない日中関係の打開を試み始めた。
  日中の関係を冷静に考える汪兆銘には、中国国民の膨
 大な被害が見えていた。
  何としても汪兆銘は、その視点からも、戦争は避けた
 かった。
  汪兆銘の愛国者の視点は、中国の人たちの犠牲を受け
 る姿から発していた。
  しかし、汪兆銘は、反日派から狙撃され、重傷を負っ
 てしまった。
  しかし、汪兆銘は、方針を変えることなく、和平の道
 を探し求めた。
  汪兆銘は、1944年11月10日に病没した。
  61歳だった。
.
1945年8月15日過ぎに、ソ連は、日本領の南樺太(南のサハ
 リン)に攻めて来た。
  日本の交渉団が・・、
  「8月15日の終戦が過ぎていて、戦争は集結しているの
 で、交渉し、話し合いをしよう」と・・、
  交渉団が、ソ連側へ白旗を掲げて行くと、ソ連は、そ
 の日本の交渉団へ向かって機関銃で日本の交渉団を皆殺
 しにした。
.
1946年、日本新聞協会は、「日本全国の新聞社・通信社・
 放送局が倫理の向上を目指して、戦後間もない1946年に
 創立した自主的な組織です」・・と説明されているが、
 果たして、その通りなのか?
  『隠れ蓑』になっているのではないか?
  日本の新聞ほど、偏頗(へんぱ)な新聞はない。
.
2015年8月27日、オーストリアの首都ウィーン近くの高速道
 路の路肩に、一台の冷蔵車(7.5トン)が乗り捨てられて
 いた。
  見回りの係員によると、猛烈な腐敗臭が漂い、ドアの
 隙間から液体が漏れ出ていた。
  ふたを開けると71体の腐乱死体。
  男性が59人、女性が8人、子供が4人。
  国籍は、大半がシリア人であった。
  オーストリアか、ドイツで、庇護申請しようとしてい
 たと思われている。
  死因は、窒息死だった。
.
2015年8月、ハンガリーの中央駅に、シリア難民が、大勢、
 溜まってしまって、どうしようもない状態になってしま
 った。
  この異常な事態に大騒ぎとなった。
  ハンガリーには、特に、多くの難民が押し寄せていて、
 ハンガリーの人口の1000分の5に当たる難民が流入してい
 る。
  目的地は、ドイツ。
  日本だったら60万人に相当する人数となる。
  この地で、難民が滞る理由は条約(ダブリン協定)の
 決定で・・、
  ハンガリーは、その難民の登録をし、保護し、審査し
 なければならないとされている。
  その条約には、最初にEUに踏み入れた国は、その難
 民に対する「その行為をしなければならない」とされて
 いる。
  これでは、「EUの周辺国」に、難民が溜まってしま
 う事になるのは『明らか』で、難民に困るドイツが編み
 出した。
.
2015年8月末、ハンガリーから、ドイツへ向けて、難民の
 方々を乗せた列車は発車した・・これを許可したのがハ
 ンガリーのオルバン首相だった。
  EUは、豊かな国からEU加盟国が広がって行った・・
 増えて行った。
  そして、時が経て・・その豊かなEUの中心の国を目
 指して難民の方々が押し寄せた。
  最初は、美しい理念で出来たEUのその理念に沿って
 その難民の方々は受け入れていたが・・、
  だんだん、その我慢も限界に・・、
  そして、「痩せ我慢の限界」を超えた。
  そこで、「ダブリン協定」という取り決めが、力のあ
 る豊かなEUの中心となっている国の意向が生きて、取
 り決めされた。
  難民が流れ込んで来るEUの豊かな国に都合のよい協
 定=ダブリン協定であった。
  今度は、難民が通過する国だったEUの周辺国に、難
 民の方々が「通過できずに溜まり出した」。
  しかし、豊かな国へ行きたい難民の方々は、法を犯し
 てまでして豊かなEUの中心の国へ向かった・・難民の
 方々の流れは絶えなかった。
  そのEUの中心の豊かな国も「ギブアップして、お手
 上げ状態となった」。
  難民の方々は、さらに、その先へと向かった。
  ドーバー海峡でも、大々的に国境を越えて行った。
  目指すのは・・イギリスだった。
  イギリスは、手続きも簡単で、景気が良く、仕事を得
 るチャンスがよりあった。
  ユーロトンネルを多くの難民の方々が越えた。
  トラックや列車に飛び乗った。
  当然、イギリスとフランスの国境警備隊が、共同で取
 り締まっていた。
  埒(らち)のあかない「追っかけっこ」が続いた。
  ダブリン協定なんて「機能なんかしてなかった」。
  難民の方々が、溜まりに溜まっているハンガリー・・、
  そのEU周辺国のハンガリーも、事実上、無能となっ
 たダブリン協定の状態を見ていた。
  2015年8月末、ハンガリーのオルバン首相は、ダブリン
 協定を無視して、難民の方々が乗ったドイツ行の列車の
 発車を許可し、命じた。
  列車は、発車して行った。
  途中のオーストリアで、列車は止められるという騒ぎ
 が起きた・・が、結局、オーストリアも、列車を発車さ
 せた(ダブリン協定違反)
  列車は、2日かかって、ドイツのバイエルン州の州都
 ミュンヘンに着いた。
  この列車を発車させたEU周辺国のハンガリーが、E
 Uから非難された。
  ドイツ政府も、このハンガリーを汚い言葉で非難した。
  「ハンガリー政府のオルバン首相は独裁者だ」
  「ハンガリー政府は、反民主主義だ」などと・・、
.
2015年、公正であるべき近代社会・・だが・・??
  ましてや、『グローバリズムだ』と美しい理念を掲げ
 て「国境を取っ払ったEU」・・??
  そこには・・行動を起こされる「格差」が存在した。
  EU内の唯一の経済強国のドイツ。
  このドイツの顔色を他のEU諸国は見る様になった・・
 伺(うかが)うようになった。
  EU外の諸国の民は、「EUには国の垣根はない」と
 言われれば、この豊かな国・ドイツへ行きたいとなった。
  本当の難民なのか?どうか?分からぬ人々も居るとい
 う人々が、ドイツを目指した。
  ドイツは、第二次世界大戦で非人道的行為をしていた
 ため、憲法に難民を救済するような条文があった。
  その様な憲法もあるドイツは、流入する人々を受け入
 れた。
  ドイツのある地方は、ドイツの国柄が変わるほど、ド
 イツという国が壊れるほど・・受け入れた。
  そのうち、ドイツは・・心で悲鳴を上げた。
  EUは、ドイツの意向が働くところとなっていた。
  『ダブリン協定』ができた。
  この協定で、「流入する人々は、EU内での登録は1
 回しか出来ない」と決められた。
  また、EUに入った最初の国で、登録申請しなければ
 ならないと決められた。
  また、EU内の「内国の自由通行の権利」は、この流
 入する人々には「認められない」・・とされた。
  これらの取り決めから見える姿は、EUの内国のドイ
 ツで、流入する人々の難民申請は、事実上、出来ないと
 いう状況だった。
  その結果・・EU圏の周辺国に、どんどん難民と称す
 る人々が増加するという状況となった。
  そして、難民申請が認められても、この人たちには、
 「EU内の自由通行権は認められてない」・・故に、E
 U周辺国に流入する人々が、その場で滞(とどこお)り、
 増加し続けるという状況となった。
  当然、EU周辺国は・・悲鳴を上げた。
  2015年、ハンガリーは、国境の150キロに渡って、突貫
 工事で、高さ4メートルの塀を作った。
  EUは、非人道的だと非難をした(後に、この非難は
 無くなった)
  しかし、この塀を何とかして人々は通過し、続々と流
 入し続けた・・そして、ドイツを目指した。
  列車のチケットがあろうが、なかろうが、ドイツを目
 ざして列車に乗り込んだ。
  これが、2015年8月の様子だった。
.
2018年、アメリカでの黒人の方々への差別の現状。
  アメリカで、黒人の方々が差別されている状況を知る
 データーの一つが・・、
  「公職についている黒人の方々の比率」が『1.5%とい
 う低い比率』であること・・、
  アメリカには、12%の黒人の方々が居られるので、そ
 の低い比率差がお分かり戴けるだろう。
  黒人の方々は、現在の10倍の方々が公職に就(つ)い
 ていても良い状況となっている。
  他国には、平等を求めるアメリカは、キリスト教の有
 色人種への蔑視観に洗脳されて、この例の様に、『黒人
 の方々を差別している』。
  この事は、ユネスコの世界記憶遺産にしっかり登録さ
 れねばならない。
  こんな明白な人種差別は、即刻、止めさせる意味から
 でも、ユネスコへの登録行動を起こす運動を始めよう。
.
2018年、北朝鮮が、核の開発に成功し、また、ミサイル開
 発にも成功し・・、
  そして、日本へ向けた「核ミサイル配備も完了し・・
 これに対する守りをどうするか・・??
  ・・という・・大切なこの時に・・日本は、国内の問
 題で明け暮れている・・、
  広島の原爆どころではない「北朝鮮の威力を増した核
 兵器」が、現実のものとなり・・
  日本に差し向けられているというこの大事なこの時に・・
 しっかり日本を守るべきこの時に・・国内の問題を、ひ
 たすら「ああだ、こうだ」と取り上げている。
  この北朝鮮の大危機から目をそらされている・・
  このそらさせる行為が・・行われている。
  日本の「国民の目をそらさせている」日本の特定のマ
 スコミ・・など・・
  また、北朝鮮は「原爆より巨大な水爆をも持っている
 ・・というのに、この様な、緊急事態が発生しているこ
 の時に??」。
  この緊急事態に対処して日本を守ろうと・・そして、
 日本を守るためには、「憲法を改正しなければならない」
 というこの時に・・この憲法を改正させないようにと、
 「この国民の目をそらさせようと、仕組まれたマスコミ
 行動などがなされている」。
  朝日新聞は、「安倍政権を倒すのだ」とキャンペーン
 を行なっている。
  「憲法改正をさせたくないのだ」という気持ちがそこ
 にはある。
  また、慰安婦問題を追及されて、とうとう朝日新聞は、
 「慰安婦問題の嘘を謝(あやま)らざるを得ない状況と
 なって・・やっとこさ、謝ったが・・その恨(うら)み
 が朝日新聞にはある」。
  朝日新聞は、系列のテレビである「テレビ朝日」も使
 って、連日、この国内問題を放送して、国民の目を惑(
 まど)わせている。
  こんな番組を『提供している企業も、企業だ』。
  安倍政権の支持率も低くなっていないのに、「支持率
 が下がった、下がった」と煽(あお)った。
  そして、今は、国民の方々も、それに惑(まど)わせ
 られて、支持率は下がってきた・・が・・この様なやり
 方で、日本の皆様は繰(く)られている・・日本世論を
 繰っている。
.
2018年、何でもアメリカの真似(まね)をする中国。
  アメリカのルーズベルト大統領が、アメリカ国民の方々
 を繰って、嘘をついて、第二次世界大戦を始めさせたが・・、
  戦争が始まった時に、「私は戦争を作った」と言った
 くらいだった・・ルーズベルト・・、
  また、当然、ルーズベルトは、戦争が始まることを知
 っていて、親族に、「明日、日本が攻めて来るよ」と言
 っていた。
  アメリカのルーズベルト大統領は、日本が先に攻めた
 様に見せかけた・・
  ・・が、実際は・・アメリカが先に、中国で、日本を
 攻めていた。
  この様な大嘘をついて、アメリカ国民の方々や世界の
 人々に嘘をついて、「繰っていた」が・・これを、現在、
 真似しているのが中国だ。
  世界へ工作員を行かせて、その国の世論を操作してい
 る。
  日本にも、大勢の工作員を潜り込ませている。
  そして、日本に行かさせて、「日本国籍を取らせて・・」
  そして、日本国籍を取ったその中国工作員は、「日本
 人の様な顔をして、中国に有利な事をやらせている」。
  中国にとって、一番に怖い事を止めさせようとしてい
 る・・
  その中国が一番怖い事は、『日本にアメリカ軍が居る』
 ということ、そして、『日本の防衛力が強くなるという
 こと』・・、
  この事に対して、一生懸命に妨害をしている。
  その一例が・・沖縄だ・・
  連日、沖縄の人が困るほど・・大騒ぎをしている。
  日本が憲法を改正して、「日本の防衛力が強くなるこ
 とを、最大に恐れている」・・
  だから、一生懸命、日本の憲法改正の足を引っ張って
 いる」。
  憲法改正をさせない様にと、一生懸命、動き回ってい
 る。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive

[PR]
by suba28 | 2018-04-26 16:14 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)589E2/3:2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1893年10月~1893年11月)

題:(増補版)589E2/3:2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1893年10月~1893年11月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1893年10月1日、大日本協會が結成された。
  大日本協會(たいにほんきょうかい)は、政治団体で、
  神鞭知常、安部井磐根、大井憲太郎、坂本則美、大竹
 貫一らがかねてより組織していた内地雑居研究会を改変
 したもの。
  (1)外国人への内地開放、内地雑居に反対する内地雑
   居講究会派が、全国的な政治運動展開のために組織
   した。
  (2)領事裁判制廃止のためには、当然、居留地を廃止
   し、内地開放を行わなければならないという主張を
   批判した。
  (3)内地開放を行うか否かの決定権は、条約締結国に
   あると主張した。
  条約改正 (不平等条約の改正) にあたって、第2次伊藤
 博文内閣の外交政策 (外相:陸奥宗光) に反対した。
  内地雑居 (内地雑居問題) を時期尚早とした。
  そして、現行条約の励行を主張した。
  第5議会には、条約励行建議案を提出するなど、対外硬
 派の中心的存在として活躍した。
  10日間の停会ののち、情勢不利とみた伊藤内閣は、12
 月30日議会を解散すると同時に、治安妨害を理由に圧迫
 を加え、大日本協会は解散させられた。
1893年11月1日、東京・日本橋に明治座が開場した。
  明治座は、江戸時代末期の富田某三兄弟の「三人兄弟
 の芝居」という菰張 (こもばり) 芝居が前身で・・、
  (参考)菰張芝居:菰はむしろの意味で、菰を垂らし
     た豪華ではないという感じ・・、
  1873年、両国橋畔の興行禁止にあい、久松町に喜昇座
   (きしょうざ)の名で転身した。
  1879年、改築して久松座と改称した。
   その時の座頭は助高屋高助。
   火事、台風の災を受けるなどして廃座へ・・、
  1885年、千歳座として再建され・・、
   9世市川団十郎、5世尾上菊五郎、1世市川左団次らの
   名優の出勤する気鋭の座となった。
  1890年、火事で全焼となる。
  1893年11月、座名も日本橋座から明治座と改称・・、
   初世市川左団次はこの座により、この地に新劇場を
   建設し、左団次一座の本拠となる。
   団十郎、菊五郎の拠る歌舞伎座と対抗した。
  1907年、帰朝した2世左団次は、翌年・1908年、新興行
   法を実施して失敗する。
  1912年、伊井蓉峰の手に渡り、さらに中村伝九郎に・・、
  1919年に、松竹の所有となる。
   関東大震災で被災し・・後、浜町金座通りに移る。
   第2次世界大戦にも戦災で焼失し・・、
  1950年、復興し、松竹から独立し、独立劇場となる。
  1957年、失火により焼失。
  1958年、再建、客席1階~3階、客席数1688、大衆演劇
   の中心の独自の講演を組んだ。
  1990年6月、公演を最後に高層ビル化のため取りこわさ
   れた(新劇場建設のための閉鎖)
  1993年3月、新築開場した、18階ビルの中の劇場として
   再開場した。
1893年11月1日、高木惣吉(たかぎそうきち)が生誕した。
  (1893年~1979年7月27日)は、日本の海軍軍人。海兵
 43期、海大25期首席。最終階級は海軍少将。
  東久邇宮内閣の内閣副書記官長を務めた。
  旧制中学校への進学が叶わない貧しい家に生まれ・・、
  働きながら独学で海軍兵学校への入校を果たした。
  海軍大学校を首席で卒業する。
  第二次世界大戦(大東亜戦争)半ばに、海軍省教育局
 長に補職された高木は、早期終戦を模索した。
  しかし、最終的に、東條首相を暗殺して、和平内閣を
 誕生させ、英米間との和平を実現させるべきとの結論に
 達した。
  実際に、暗殺計画を立案したものの、実行直前に東條
 が昭和天皇陛下からサイパンの責任を問われ、内閣総辞
 職を決意したため、未遂に終わった。
  その後、小磯内閣の海軍大臣に就任した米内光政と、
 海軍次官に転補された井上成美から、終戦工作の密命を
 受け、熱海の藤山愛一郎邸を拠点として、鈴木貫太郎内
 閣総辞職に至るまでの期間、各方面と連携をとりつつ戦
 争終結に向け奔走した。
  本土決戦に固執する帝国陸軍中堅将校クラスの妨害を
 排除しつつ、終戦への基盤づくりを行った。
  終戦直後、東久邇宮内閣の内閣書記官長・緒方竹虎に
 請われ、各省の次官たちを統べる初代の内閣副書記官長
 (現在の内閣官房副長官)に就任した。
  これは少将の高木にとって異例の抜擢人事であった。
  戦後は、公職追放を経て、軍事評論家として「辰巳亥
 子夫」のペンネームで著述活動を行いつつ、海上自衛隊
 幹部学校に於いて山梨勝之進と共に、戦史戦略の特別講
 師を務めた。
  高木が記録した政界諸情報綴は、現在、国立国会図書
 館憲政資料室と防衛庁防衛研究所図書館史料閲覧室に保
 存されており、重要な資料となっている。
  著書に書かれた高木の批判の矛先は、陸軍だけでなく、
 海軍に対しても、戦術から人事に至るまで容赦なく書か
 れている。
1893年11月4日、逓信省官房各局分課章程を制定した。
  11月10日施行。
1893年11月4日、日本鉄道が、隅田川線(現:JR常磐線)田
 端駅~千住町駅間の鉄道建設を出願した。
 翌・1894年11月2日、免許状が下付された。
1893年11月7日、日本を代表する会社である日本郵船の最初
 の遠洋航路であるボンベイ航路が開設された。
  広島丸が就航した。
  この航路の開設は、生易しいものではなかった。
  既得権益を守ろうとの外国の会社からの圧力は大きか
 った。
  それでも、日本を代表とする日本郵船は、積極的に航
 路を拡大して行った。
  国内主要港に、支店、出張所を設け、外国航路では、
 朝鮮半島や中国、マニラ、ウラジオストクまで定期配船
 を行うとともに・・、
  東南アジア、南太平洋、北米などの海洋航路に不定期
 船の運航を始めていた。
  そして、課題が、ボンベイ(現:ムンバイ)への遠洋
 定期航路への進出だった。
  この当時、日本の基軸産業として日本経済をリードし
 ていた紡績業で、インドからの綿花輸入量が急増してい
 た。
  しかし、日本とインド間の航路は、イギリス・オース
 トラリア・イタリアの三社が組織する「ボンベイ・日本
 海運同盟」が支配していた。
  そして、綿花に課せられていた高率の運賃が、わが国
 の産業振興の大きな足枷(あしかせ)・障害となってい
 た。
  1893年のこの年、「本航路上のみならず、貴社の既得
 航路においても激甚な競争を試みる」という外国三社の
 同盟側の強い中止要求があった・・
  ・・が、この要求にもひるまず、日本郵船は、国内紡
 績会社連合会と1年間の輸送契約を結び、ボンベイ定期航
 路を開設した。
  同盟側は、大幅なダンピングをして対抗して来た・・
  その攻撃に対し、日本郵船は、適正価格を守り通した。
  紡績会社の多くが、「自国の海運を守らなければなら
 ない」という強い意識で団結していてくれた。
  これは、大きな力となった。
  2年間、激しい競争に晒(さら)された・・その末、競
 争停止を申し入れて来たのは同盟側だった。
  日本郵船のボンベイ航路は「国際的に認められた」。
  そして、日本郵船は、近海海運会社から遠洋海運会社
 へと事業は拡大していった。
  続いての挑戦は・・欧州航路だった。
1893年11月10日、鉄道局に、鉄道線路調査掛が設置された。
1893年11月10日、特別の理由ある場合以外は、官吏の賞与
 を廃止することに閣議決定した。
  内閣(1893)「官吏賞与ヲ廃止シ・予算編成上庁費其
 他ノ費額標準ヲ定メ・官制改正ニ付二十七年度以降雇員
 俸給ヲ雜給ノ支弁トナスニ付テハ特別ノ技術ヲ要スルモ
 ノノ外月俸十二円以下ト決定ス」『公文類聚・第十七編』
 (国立公文書館所蔵)
  当該閣議決定の前に、明治26年(1893年)勅令第5号に
 より、「文武官及雇員ノ俸給ハ本令施行ノ日ヨリ六箇年
 間其ノ十分一ヲ國庫ニ納付セシム」
  (第1 条)として、雇員は国防対策上の製艦費の負担
 対象者に含まれた(ただし、第2条により「雜給ヲ以テ支
 辨スル雇員」には不適用とされた)ことから、雑給以外
 の雇員が存在したことを窺い知ることができる。
  なお、明治26年勅令第169号により、雇員は明治26年度
 に限り判任官俸給予算定額内より俸給を支給できるとの
 経過措置が取られた。
  この措置は明治27年(1894年)勅令第20号により、さ
 らに1 年延長された。
1893年11月10日、青森・福島・敦賀の各鉄道庁出張所をそ
 れぞれ鉄道局出張所と改称した。
1893年11月10日、逓信省鉄道局各課分掌規程を制定した。
1893年11月16日、筑豊興業鉄道が、九州鉄道会社から機関
 車、および、石炭車を借り受け、鯰田・勝野両炭坑から
 門司行の運炭を開始した。
  (27年1月19日から若松駅構内石炭荷卸しにかがり火に
 代えて電灯を設けた)
1893年11月17日、三井銀行が、田中製作所を買収して、芝
 浦製作所と改称した。
  東芝の前身。
  国の重要文化財指定を受けている機械式和時計「万年
 自鳴鐘(まんねんじめいしょう)」を設計・製作したこ
 とで知られる田中久重が通信機工場を設立した。
  そして、弟子の田中大吉により、1882年に、「田中製
 造所」が設立された。
  1893年、「芝浦製作所」に改称。
  1939年に「三井財閥」系列の下で、「東京電気」と合
 併し「東京芝浦電気株式会社」となった。
1893年11月25日、第5回帝國通常議會が開会(召集)した。
  会期:33日間。
  衆議院議長の星亨が、不信任案を可決されたため、同
 盟倶楽部(後に立憲革新党)の副議長である楠本正隆が
 昇格し、副議長は安部井磐根が就任した。
  貴族院議長は留任し、副議長は西園寺公望が就任した。
  与党化した自由党に対して、民党の立憲改進党に、品
 川弥二郎の率いる国民協会が接近した。
  11月29日、衆議院は、星亨議長の不信任の動議を可決。
  12月1日、衆議院は、星亨が議長の辞職を拒否したので、
   不信任上奏案を可決した。
  12月2日、明治天皇陛下は、「上奏は議長更迭の誓願か、
   議院の不明を謝する意か」と質問された。
   衆議院は、「後者の意」との奏答案を可決した。
  12月4日、衆議院は、農商務省の汚職問題を弾劾する官
   紀振粛上奏案を可決した。
  12月29日、衆議院は、外務大臣の陸奥宗光の条約励行
   案反対の演説後、14日間の停会を命じられた。
  12月30日、衆議院が、解散を命じられた。
.
  (今日の言葉)
.
  題:今、日本政府は、中国人に限っての入国管理を甘くして来ている。
.
4万年前~1.5万年前、モンゴロイドの人々がアメリカ大陸
 へ渡った。
  (参考)モンゴロイド:形態人類学における人種分類
     概念の一つ。
      日本では、一般に黄色人種・蒙古人種とも訳
     される。
      18世紀、ドイツ人の人類学者ブルーメンバッ
     ハによって分類された。
  4万年前~1.5万年前に、日本人と同じモンゴロイドの
 人々が、ベーリング海峡を渡ってアメリカ大陸へ達した。
  氷河期の最盛期には、蒸発した海水が両極に氷床とし
 て固定されるため、海水の量が減少して海水準が低下す
 る。
  海面が、現在より約150m程度下がっていたと考えられ
 ている。
  そのため、アジアと北アメリカの間のベーリング海峡
 は陸続きとになり、4~1.5万年前頃に、パレオ・インデ
 ィアンがユーコン地方に達した。
  (参考)パレオ・インディアン:旧石器時代の北米大
     陸に定住していた原始的な古代インディアンで、
     現インディアンの祖先。
  また、1.4~0.85万年前には、アジアから別の移住があ
 ったもよう・・、
  北アメリカの西北部に拡散したエスキモーの祖先、ア
 リューシャン列島に定着した古アリュート、ナディーン
 (北西インディアン)の祖先など・・、
  (参考)アリュート族(ウナンガン族):アリューシ
     ャン列島の島々の沿岸部に約9000年前に移り住
     んだ古シベリア系北方先住民の人々。
      考古学的な発掘異物や文化的遺産から判明。
      アザラシの皮と骨、木材を組み合わせて作っ
     たアリューシャンカヤックでクジラ漁、アザラ
     シ漁を行なう。
      また、ナディーン(北西インディアン):DN
     A解析によると、南北アメリカ大陸に住んでい
     る先住民(ネイティブアメリカン)の方々は、
     全員、シベリア南部(バイカル湖辺り)に住ん
     でいたという・・、
  遠い昔、海峡を越えてアメリカ大陸に達した人々・・
 この人々へ思いをはせれば・・、
  今・現在、アメリカ合衆国に居られるアメリカ・イン
 ディアンの方々・・そして・・、
  アラスカ・極北の地に居られるエスキモーの方々・・、
  アメリカ・インディアンの方々は、誰でも知っている
 様に、アメリカ白人のキリスト教徒によって大虐殺がな
 された・・今、アメリカ・インディアンの方々は絶滅の
 危機にある・・、
  まったく卑劣な行為が行われたものだ。
  また、「その北への思い」をはせれば・・エスキモー
 の方々が・・今・現在、アザラシ漁やクジラ漁をして幸
 せに暮らしている。
  しかし、その中間にあるカナダが・・何故か?この地
 のモンゴロイドの人々の情報がまったくの空白である・
 ・?
  その北と、その南に、モンゴロイドの方々が居て・・、
  何故? カナダの空白地域があるのか・・??
  偶然、その情報が得られた。
  やはり、カナダ・インディアンの方々はいた・・その
 集落の写真を見た・・
  そうだろう、アメリカに居て、エスキモーも居て・・
 その間のカナダに『居ないわけがない』・・と・・
  そこで、かねてからの疑問だったことを知りたいと、
 その写真の表示している方へ連絡を取った。
  種々、質問をさせて戴いたが・・
  「現在のカナダ・インディアンの存在」については、
 その方は、答えを「されなかった」・・答えを避けた。
  私は、その答えで、『答えが解った』・・
  カナダ・インディアンの方々は、絶滅させられている
 ・・と・・、
  アメリカ・インディアンは、銃による虐殺が続き、最
 後の方で、アメリカ・インディアンの方々が食糧として
 いるアメリカ野牛(アメリカ・バイソン)が殺された。
  飢え死に作戦で、アメリカ野牛が、「絶滅寸前まで殺
 された」。
  アメリカ・インディアンの方を、絶滅させようという
 意図の「卑劣な野牛絶滅作戦」だった。
  アメリカ西部の原野に、食糧にしたわけでもないアメ
 リカ野牛の頭だけが、山と積まれていた・・卑劣な事で
 ある。
  カナダ・インディアンの方々の場合は、このアメリカ
 野牛の絶滅作戦が使われたらしい・・
  カナダは、アメリカの北に位置し、さらに、その寒い
 環境の中で、食糧を断たれたカナダ・インディアンの方々
 への打撃は強烈だったろうと想像できる。
  カナダ・インディアンの方々が、今・現在、存在され
 ておられるのかどうか?は、今だに、不明となっている。
  カナダ政府は、「過去の不正な行為を明らかにする」
 という姿勢を、最近、少し示したが・・これ等の情報は
 秘密にしている。
  カナダ政府は、一時は、これではいけないと、自国に
 不利な情報を開示したが・・しかし、この件についての
 不明状態は続いている。
  カナダ・インディアンの方々は、推測だが、完全に絶
 滅させられたため、カナダ・インディアンの方々のサイ
 ドからの情報は出て来ないという状況なのだろう・・
  この件は、国連のユネスコの世界遺産へ登録し・・事
 実を明らかにして行くべきである。
.
紀元前9000年頃、農耕の起こり、牧畜の始まり。
.
紀元前6000年頃、世界各地への農耕の広まり。
.
紀元前3100年頃?~紀元前2890年頃?、エジプト第一王朝。
  古代エジプトにおいて、史上初めて、上エジプト(ナ
 イル川上流域)と下エジプト(ナイル川下流域)を統一
 したとされている王朝。
  統一勢力であったかどうかはクエスチョンである・・
  第1王朝以前の王朝の存在も発見されている。
  この王朝の出現を以てエジプト初期王朝時代の始まり
 とされている。
.
紀元前2890年頃?~紀元前2686年頃?、エジプト第二王朝。
  エジプト第2王朝は、先行するエジプト第1王朝よりも
 記録・史料が乏しく、通史的な歴史は、現在のところ復
 元されていない。
  マネトンの記録によれば、第2王朝には9人の王がいた。
  しかし、マネトンの記す王名は、わずかに知られてい
 る同時代史料に登場する王名と一致しない。
  (参考)マネトン:紀元前3世紀初頭のエジプト人神官
     で歴史家。
      ラテン名はマネト。生没年不詳。
      紀元前280年ころ、ヘリオポリスの古文書を用
     いて、ギリシア語で「エジプト史」3巻を著した。
      メネス王からアレクサンドロス大王までの時
     代を30の王朝に分けて、これを古・中・新王国に
     三分する彼の区分は、現在でもエジプト年代学
     の基礎となっている。
      原典は失われたが、その抜粋はユダヤ人史家
     やキリスト教教父の著作に引用され、伝えられ
     ている。
.
紀元前2850年頃、エジプトで大規模な農耕が繁栄。
.
紀元前2800年頃、メソポタミアで大規模な農耕が繁栄。
.
紀元前2686年~紀元前2613年、エジプト第三王朝。
  史上名高いジェセル王の階段ピラミッドを建造した王
 朝であり・・
  この王朝から古代エジプトを象徴する建造物であるピ
 ラミッドが大々的に建設されるようになった。
  一般的に、この王朝の成立を以ってエジプト古王国時
 代の始まりとされる。
.
紀元前2613年~紀元前2498年、エジプト第四王朝。
  古代エジプト文明を代表する建造物であるギーザの大
 ピラミッドを建設した王朝であり・・
  そのピラミッドを建設した王としてクフ王、カフラー
 王、メンカウラー王の名は広く知られている。
  第4王朝期に入ると、スネフェル王が、既存のピラミッ
 ドを基調に、メイドゥームに51度の勾配を持つピラミッ
 ドを造り上げた。
  このメイドゥームのピラミッドは、最初に、四角錐の
 形状を採用しており、その意味では、画期的な建造物で
 あった。
  ただし、これは後に(あるいは建設途中に)崩壊した。
.
紀元前27世紀、階段ピラミッドの最初が築かれた。
  階段ピラミッドは、ピラミッドの最初の形態で・・、
  紀元前27世紀、第3王朝時代サッカラに、宰相イムホテ
 プが設計し、ジェセル王が築いたジェゼル王のピラミッ
 ドがその始まり。
  初めは、日干し煉瓦によって、方形に建立され、ピラ
 ミッド状とすることは想定されていなかったようだ・・
  しかし、幾度もの試行錯誤の末、次々と上部に煉瓦を
 積み上げ・・最終的に、階段状の巨石建造物とした。
  完成時の寸法は、東西約121m、南北約109m、高さ約60m。
.
紀元前2560年頃、クフ王のピラミッド
  世界一高いピラミッドは、スネフェルの次のクフ王に
 よって、紀元前2560年頃、ギザに築かれたギザの大ピラ
 ミッドで、勾配は51度52分。
  底辺は、各辺230m、高さ146mに達する。
.
紀元前2500年頃、黄河流域で大規模な農耕が繁栄した。
.
紀元前2498年頃~紀元前2345年頃、エジプト第五王朝。
  エジプト第4王朝時代に比べ小規模ではあるが、引き続
 いてピラミッドの建設が行われた。
  また、太陽神ラーを祀る太陽神殿が熱心に建造された。
.
紀元前2345年頃~紀元前2185年頃、エジプト第六王朝。
  エジプト古王国時代最後の王朝であり、その初期には
 活発な対外遠征を繰り返して周辺諸国を征服した。
  やがて、第6王朝の中央権力の弱体化とともにエジプト
 の各地で州の長官たちが自立勢力となり、第1中間期と呼
 ばれる分裂の時代が訪れた。
  この王朝の崩壊を以って、エジプト古王国の終焉とさ
 れる場合が多い。
.
紀元前2300年頃、インダス川流域で大規模な農耕が繁栄し
 た。
     ・
     ・
紀元前800年頃、カナートを用いた人工のオアシスを利用し
 た農耕が広まった。
     ・
     ・
476年、西ローマ帝国が、ゲルマン人に滅ぼされた。
  ゲルマン人の流入が起きた。
  故に、今のヨーロッパ人は、昔のヨーロッパ人とは違
 う人種。
  ヨーロッパの多くの王国や諸侯が、ゲルマン人にその
 地位を奪われた。
  今・現在、2018年の日本に、中国人が大量に流入して
 いるが、このゲルマン人の様な事にならなければよいが・・
  知らないうちに、政治や経済、そして、文明などが、
 日本という国が奪われなければよいがという気持ちで、
 以下を書く。
  これら、流入した多くのゲルマン人の王や諸侯が並び
 立った。
  そして、この王や諸侯は、あい争うという戦乱・混乱
 をもたらし、ヨーロッパはその戦争戦乱状態となった。
  ヨーロッパの王、貴族、騎士たちは、その戦乱に明け
 暮れるという世界へ入った。
  科学や学問は、まったく顧(かえり)みられることな
 い時代となった。
  この様な程度の低い、そして、乱れるヨーロッパの状
 態が「300年間も続いた」。
  人種も変わり、政治も変わり、文化も変わった。
  この様な状況に終止符を打ったのがカール大帝だった。
.
768年、カール大帝が、フランク王国の国王となった。
  (在位:768年~814年)。
  フランス名では、シャルルマーニュ。
  カロリング朝の父王ピピン3世の後を、弟カールマン
 (751年?~771年)とともに、フランク王位を継ぎ・・、
  弟の死とともに、771年、単独の王となった。
  このカロリング朝は、アウストラシア宮宰ピピン1世と
 メッツ司教アルヌルフとの家系から生じ、しだいに全宮
 宰職を獲得した。
  (参考)メッツ司教アルヌルフ:580年頃~640年頃、
     ダゴベルト1世の師傅(しふ、貴人の子を養育す
     る役目)。
      俗人でありながらメッツの司教、ついで隠修
     士(修道生活を送る者)となり、後に聖人とさ
     れた。
      彼の息子アンゼギゼルとアウストラシア宮宰
     ピピン1世の娘ベッガとの結婚からピピン家、後
     のカロリング家が栄えたので、特に、後者の始
     祖の一人とみなされる。
  そして、800年のクリスマスの日に、フランク王カール
 大帝が、ローマ教皇レオ3世の手から王冠を受け、ローマ
 人の皇帝とされた。
  これは、西ヨーロッパにおいて、中世キリスト教を肯
 定するという象徴するできごととなった。
  これで、キリスト教は、大きな権威を再び得ることが
 出来た。
  また、キリスト教を受容した強大な部族=フランク王
 国というものを強調した。
  ここまで上り詰めるには・・カロリング朝フランク王
 のカール大帝は、ザクセン族を抑え込んで来た・・
  この事を達成できたことで、カール大帝は、その大き
 な転機をむかえることができた。
  カール大帝は、長期に渡って一連の戦争(772年~804年)
 を行なった・・そして、この戦いによって、ザクセン族
 を征服した。
  そして、執拗に伝統的祭祀を守ろうとするザクゼン族
 の抵抗を押しつぶした、そして、キリスト教を受容させ
 た。
  そして、この強大な部族を、フランク王国の中に取り
 込んだ。
  この戦いは、8世紀からのフランク王国の東方への侵攻
 を開始された。
  ザクセンは抵抗したが、その版図はカール大帝の一部
 にされた・・、
  フランク王カール大帝は、降伏したザクセン人のリー
 ダーであるヴィドゥキントを、キリスト教に改宗させた。
  そして、ザクセン公とした。
  そのザクセンは、ドイツ東部と北部に位置する。
  (参考)ザクセン:ドイツ東部の地方名。
      その名は、西ゲルマンの一部族ザクセン (サ
     クソン) に由来する。
      しかし、地域としてのザクセンの範囲は、時
     代によって変遷した。
      カール1世 (大帝) による征服で、フランク帝
     国に編入され、
      843年、帝国の分割で、ルートウィヒ2世 (ド
     イツ王) の支配する東フランク王国が成立した。
      この頃は、その北部で、ザクセン部族公領 (
     現:ドイツのニーダーザクセン州あたり) を形
     成した。
      オットー1世 (大帝) 以来、神聖ローマ帝国初
     期のザクセン朝のもとでは、帝国の中枢部とし
     て対スラブ東方政策の拠点となり、
      12世紀以降の東方植民を通じてのザクセンの
     領域は、エルベ川以東に大きく広がった。
      この東方の新領域を中心として、15世紀に、
     ウェッティン家のもとで、マイセン辺境伯領を
     も含むザクセン公国が成立したが、
      1485年の国土分割によって、エルンスト家系
     とアルベルト家系に分れ、
      シュマルカルデン戦争(1546年7月10日~1547
     年5月23日)までは、前者が選帝侯国として M.
     ルターの宗教改革運動の中心をなした。
      (注)シュマルカルデン戦争は、カトリック
        教会を支持する神聖ローマ皇帝カール5世
        とプロテスタント勢力(シュマルカルデ
        ン同盟)の間で争われた戦争。
      チューリンゲン地方を含むエルンスト家系の
     ザクセン公国は、それ以後、ワイマール、ゴー
     タなど、いくつかの小領域に分解し (→ザクセ
     ン諸公国) 、
      18世紀には、プロシアの衛星国を形成した。
      ライプチヒ、ドレスデンを中心とするアルベ
     ルト家系ザクセン公国は、鉱山資源に恵まれて
     経済的に発展し、近代のドイツにおけるプロテ
     スタントの指導的国家だった。
.
800年、カール大帝の戴冠式
  カール大帝が、戦勝を重ねて、混乱するヨーロッパを
 まとめ上げ、フランク王国を強固な強大な国とした。
  フランク王国は、現在のフランス・イタリア北部・ド
 イツ西部・オランダ・ベルギー・ルクセンブルク・スイ
 ス・オーストリア、および、スロベニアに相当する地域
 支配する大国だった。
  ほぼ西ヨーロッパの全域に、その勢力を及ぼした。
  このカール大帝に、媚びへつらったのがキリスト教だ
 った。
  800年、カール大帝は、キリスト教ローマ法王(教皇)
 のレオ3世から戴冠された。
  そして、西ローマ皇帝だとされた。
  (カール大帝は、この戴冠に、あまり乗り気ではなか
 ったという)
  この行為は、「虎の威を借りる狐」状態の行為だった。
  これが切っ掛けとなって、西ヨーロッパの君主が、ロ
 ーマ法王から戴冠されるようになり・・
  キリスト教によって「国王に任命される風」な風潮と
 なった。
  キリスト教が、あたかも国王を任命するようにも見え
 た。
  これ以降、キリスト教の権威が高まった。
  そして、キリスト教は、これ等の王や諸侯の保護を受
 けた。
  そして、9世紀以降は、各地に、その保護のもと各地に
 キリスト教会が作られて行った。
  キリスト教聖職者は、庶民へ、「キリスト教になると
 御利益がある」と布教し、また、「イエスや、イエスの
 母マリアの救いがある」と布教した。
.
1096年~1270年、十字軍
  11世紀頃、西ヨーロッパでは、農地の開発が急速に進
 んで、人口も大きく増加した。
  それによって、勢力が拡大した国王や諸侯がそこに居
 た。
  この力を持った国王や諸侯は、更なる領地獲得の欲望
 にかられた。
  ここに悪辣なローマ法王(教皇)がからんだ。
  ローマ法王の悪計(あっけい、邪悪な計略)が働く。
  領地獲得を目指して「十字軍」と呼ぶ連合軍を結成し、
 イスラム圏の領土を奪うという行動を始めたのだった。
  十字軍が結成され、イスラム圏へ攻め込んだ(1096年
 ~1270年)
  しかし、イスラム世界は、学問が進んでいて、キリス
 ト教世界より「科学技術は進んでいた」。
  そして、その裏付けの「優れた兵器」も持っていた。
  例えば、十字軍の騎士の鉄の鎧(よろい)を貫く弓(
 クロスボウという大型の弓)を持っていた。
  キリスト教十字軍は、このイスラム諸国に敗れた。
  しかし、キリスト教世界は、この様な事を隠し、逆に、
 「このイスラム圏は劣っている」と嘘のプロパガンダが
 なされた。
  この様な事で、キリスト教のローマ法王が仕組んだ十
 字軍は大失敗し、この後、ローマ法王(教皇)の権威は
 凋落(ちょうらく)した。
  国王の勢力は拡大し、これを契機に、イタリアの諸都
 市の繁栄が起きたりした。
  また、今までキリスト教に牛耳られてきた人間性を抑
 えられた状況を変える、打ち破る「人間本来の心の叫び
 =ルネッサンス」が沸き起こった(14世紀~16世紀)
     ・
     ・
1930年代後半、中国の蒋介石は、自国の軍備が他国に比べ
 て遅れているため、外国の新型兵器を購入した(アメリ
 カ政府の承認)
  また、アメリカやドイツから外国人軍事顧問を雇い入
 れ軍備の近代化を図った。
  後々、これが、アメリカ正規軍の中国支援の参戦とな
 り、極秘裏による、大統領の署名のある命令で、日本の
 真珠湾攻撃前の、対日参戦に至る。
  アメリカ大統領は、極秘裏の形で対日宣戦布告をして
 いた。
  派兵計画は、アメリカ大統領直属の官僚が行なった。
  資金援助もルーズベルト大統領の関係する中国援助オ
 フィスが担当する形をとった。
  中国とアメリカが一体となって、蒋介石の国民政府軍
 の増強がなされて行った。
  アメリカは、退役させたから義勇軍だと、当初、屁理
 屈を言った・・こんな理屈が通るなら何でもできる。
  条約も何もあったもんじゃない・・、
  何しろ、組織的な活動(政府の関わり)が無ければで
 きない様な規模や行動をアメリカはしている・・卑劣な
 言い逃れをしている。
  アメリカという国は、自国の卑劣な行動を、常に、正
 当化して言う。
  例えば、アメリカが大々的に蒋介石に武器や弾薬・資
 金を援助した援蒋ルートは、ベトナム・タイ・ビルマを
 通っていた。
  その武器・弾薬の支援ルートを遮断しようと日本軍が
 その地へ入ると・・侵略だと言い出した・・自分たちこ
 そ先に侵略していて、この様な言い方をした。
  また、日本は、行動を起こす前に、先に、その目的を
 説明をしていたのにである。
  何しろ、「戦争を作った」と発言したルーズベルトの
 シナリオは、自分たちは何をやっても良いだった・・日
 本は不正だった。
.
1949年、GHQ内に、キャノン機関というスパイ組織がで
 きた。
  マッカーサーは、アメリカが主動するGHQのマッカ
 ーサー司令部内にスパイ組織を作らせた。
  名前を、首領の名をとって「キャノン機関」と言った。
  これは、GHQによる占領中の日本に置いたGHQ参
 謀第2部直轄の秘密諜報機関で・・、
  司令官は、ジャック・Y・キャノン(Jack Y. Canon)
 陸軍少佐・・旧岩崎邸に置かれ、メンバーは26人だった。
  この他にも、下部組織として、多数の工作員を抱えた。
  柿の木坂機関、矢板機関、日高機関、伊藤機関という
 多数の日本人工作員組織を傘下においた。
  目的は、共産圏情報、ソ連・北朝鮮情報、スパイ工作
 摘発など・・
  Z機関(Z-Unit)、本郷機関などとも呼ばれた。
  このキャノンの最後は、1981年、テキサス州の自宅ガ
 レージで、胸に銃弾を2発撃ち込まれて死んだ。66歳。
.
1954年、人種差別国=アメリカ
  「ブラウン判決」が出された1954年、アメリカ11州で
 の白人が通う学校で、黒人生徒が通学できたのは皆無に
 近く・・、
  その比率は、わずかに0.1%だった。
  しかし、この比率が改善されたかというと、その後、
 まったく改善されず、その10年の後も、その数値は、た
 ったの2%だった。
  卑劣な人種差別状態の続くアメリカだった。
  (参考)ブラウン判決:正式には、「ブラウン対教育
     委員会事件判決」、また、「人種隔離違憲判決」
     ともよばれている。
      1954年5月に、アメリカ合衆国の連邦最高裁判
     所が下した、黒人・白人分離問題に関する歴史
     的判決だった。
      アメリカの各州は、19世紀の末に、学校や病
     院、交通機関や公園など、公共施設において白
     人と黒人とを分離する法律、いわゆる人種差別
     法(ジム・クロウ法)を相次いで制定し、黒人
     差別の制度化を図った。
      アメリカ連邦最高裁は、1896年のプレッシー
     対ファグソン事件判決において、屁理屈判決で
     ある「分離はしても平等」なる法理を打ち出し、
      施設や設備が平等であれば人種の分離は合憲
     と判断し、人種の分離に法的根拠を与えた。
      これに対し、ブラウン判決は、「分離された
     教育施設は本質的に不平等」との当然の判断を
     下し・・、
      「分離はしても平等」という法理を明確に退
     けた。
      やっと人種差別国のアメリカに、まともな判
     決が出た。
      分離は、アメリカ合衆国憲法第14条修正のう
     たう法の平等な保護を奪うというものであった。
      判決は、公立学校における黒人・白人共学を
     実現させる長い道程の出発点となったばかりで
     なく、人種の分離や隔離そのものを原理的に非
     とすることにより、アメリカ合衆国の人種関係
     改善に向けて画期的な判決となった。
      公民権運動は、この判決を武器に大きく前進
     した。
.
1964年、人種差別国のアメリカで、公民権法が成立する。
  人種差別をしていないと言うアメリカ・・そして、特
 に、その様に言うアメリカ北部。
  しかし、これは嘘。
  アメリカ北部の政治集団のプロパガンダ(嘘宣伝)で
 ある。
  1964年、黒人の方々の努力によって、公民権法が成立
 した。
  そして、この後、アメリカ南部は、急激に、黒人の子
 供たちの学校へ通う通学率が改善した。
  1966年に15%となり、1968年には18%となり、1973年
 には46%となった。
  しかし、それに対し、アメリカ北部は、アメリカ南部
 の通学率が改善しているこの時に、28%~29%と「改善
 は、まったくなされなかった」。
  アメリカ北部の黒人の方々への人種差別は、相変わら
 ずだった。
  それにしても、アメリカは、白人生徒と黒人生徒を同
 じにしなかった。
  人種隔離を行なった。
  また、白人たちは、黒人の子供たちが通うと、白人た
 ちは、郊外へ移り住んで、黒人の方々を毛嫌いして、精
 神的な差別行為もした。
  1980年の首都ワシントンの白人生徒の比率は、4%とい
 う状況だった。
  他の地域も大同小異で、アトランタ8%、デトロイト12
 %だった。
.
2015年1月19日、今、日本政府は、中国人に限っての入国管
 理を甘くして来ている。
  外国の圧力に屈している。
  この日、中国人の高所得者用(家族を含む)のマルチ
 ビザを法制化した。
  有効期間:5年(更に長期)、訪問先は自由
  おかしいのは、高所得者と言っても、年収を公表する
 必要を要求していない・・という「おかしさ」。
  2011年7月1日にも、日本政府は、「中国人個人観光客
 向けマルチビザ」を解禁している。
  最長3年(移民的な長期)で入出国は自由となっている。
  おかしいのは、今、問題となっている沖縄を最初の訪
 問地としている。
  2010年7月1日にも、中国人向けに、日本政府は、緩和
 策を講じている。
  中国人の対象を1600万世帯として、日本の総世帯数の
 1/3の規模に匹敵するという大多数を対象としている
 (菅直人内閣の時)
  そして、今、住みやすい日本に残ろうという不法残留
 者も急増している。
  そして、不法残留の他に不法在留者もいる。
  日本の警察も追いきれない数だという。
  留置場の房も満杯状態で、北京語で話されたら何を房
 ごとに話しているかがつかめない状態で、混沌としてい
 る状態という・・
  日本の安全保障は大丈夫かの問題・・、
  中国だけに、何故、甘いのか?が不明の状態・・、
  韓国人も「観光だ」と言えばビザ不要だという・・入
 出国が手放しで自由の状態・・、
  中国人と韓国人の大学生は、月に17万円を日本政府か
 らもらえる。
  (日本人学生はもらえないのに)・・
  また、日本人の老齢者と結婚して、3年経つと永住資格
 が貰(もら)えるから、それまで結婚(結果的には偽装
 結婚)をしている事例も増えているという・・
  住みやすい日本に住みたいと・・永住資格を貰ったら
 サヨナラだという・・
  日本の永住資格の大安売り政策の結果だという・・初
 めは、民主党内閣(野田内閣)が始めたのだという・・
.
2015年、今、日本への中国人の流入が急増している。
  2015年のデーターで・・、
  中国人      68万人、
  中国人永住許可者 22万人、
  韓国・朝鮮人   49万人、
  フィリピン人   22万人、
  ブラジル人    18万人 ・・となっている。
  中国人は工作員だという。
  チベットへも、中国は、「中国の国策」として漢民族
 を流入させて、チベット人を上回っている状況にした・・
  チベットの自治領の名称も変える勢い・・チベットと
 いう国が無くなる問題が見えている。
  日本への中国人の流入も、着実に増加の一途となって
 いる。
  また、中国人の永住許可者も、急激な増加となってい
 る。
  その中国人の配偶者・家族の流入も多い状況。
  また、中国人が、日本のアパートを買って、民泊の法
 改正で、中国人を住まわせることも行われているという。
  この様な地域は、日本の警察も入りにくいという。
  そして、今、日本は、中国へ、企業人であれば「10年
 ビザ」を与えている・・中国は、工作員をこの企業社長
 にして、この法律適用がなされているという。
  つまり、中国の元工作員の企業社長が、日本の「10年
 ビザ」を持つことがなされているという。
  また、チベット人をチベットから追い出し、ウィグル
 に流入させて、ウィグル人とチベット人の問題を起こさ
 せるという工作もしているという。
  ウィグル自治領も無くなるだろう。
  中国の漢民族には、清朝という満州族の国を作られた
 苦い経験がある。
  今、日本が手助けして作った旧満州に、まったく満州
 族がいなくなってしまっているという。
  今、長い歴史が続いて来たからと、日本が、これから
 も長く続くと思ったら「甘い今となっている」。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive

[PR]
by suba28 | 2018-04-19 03:16 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)588E2/3:2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1893年10月~1893年10月)

題:(増補版)588E2/3:2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1893年10月~1893年10月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1893年10月、日本郵船会社が、青森~函館~室蘭間を結ぶ
 三港定期航路を開設した。
  日本郵船が、青森~函館航路を延長する形で青森~函
 館~室蘭の定期航路を開設した。
  この頃の室蘭は活発な発展のスタートを切ったところ
 だった。
  室蘭市史によると・・
  1892年、夕張鉄道が全通するとともに、北海道炭礦鉄
 道会社(以下、北炭)が石炭積み出しのため、岩見沢・室
 蘭(輪西)間に鉄道を敷設し、現在の新日鐵住金の一門付
 近に、室蘭停車場を開設して、一般旅客の取り扱いを開
 始した。
  同時に、イトツケレップ(現:御崎駅付近)に、貨物専用
 駅を設置し、
  木造桟橋では、石炭の積み出しも開始され、
  この年は、室蘭が大きく飛躍する記念すべき年となっ
 た。
  さらに、1894年、室蘭港が特別輸出港に指定され、石
 炭・米・麦粉・硫黄に限って、海外直輸出が出来るよう
 になってからは、北炭が、小樽港を国内向け石炭の供給
 地とし、
  太平洋の玄関口を占める室蘭港を外国向け石炭輸出港
 としたことにより、室蘭港は、石炭積み出し港として飛
 躍的に発展した。
1893年10月、讃岐鉄道会社が、丸亀駅~高松駅間延長の免
 許を申請した。
  (1895年10月10日免許状下付)
  1893年7月、讃岐鉄道会社は、「丸亀~高松間は経済・
 社会・政治の面からみて、密接な結び付きを有しており、
 この区間に鉄道を敷設することは急務である」という趣
 旨で、丸亀駅~高松駅間の延長を決定した。
  その後、1895年9月(10月?)、鉄道延長の免許証が
 交付され、
  その年・1895年の暮れ、工事に着手・・、
  翌年・1896年のうちには、ほとんど竣工していたが、
 土砂くずれなどの思わぬ事故があり、開通は、1897年2月
 21日となった。
  また、本州・四国の海上の連絡について・・
  高松と本州を結ぶ鉄道連絡船は、1897年頃、讃岐鉄道
 汽船会社によって始められた。
  しかし、本格的には、1903年の山陽汽船による高松航
 路の開通に始まる。
  この時、高松航路は、岡山駅から京橋まで人力車、京
 橋船着き場から三蟠までを小型汽船、三蟠から玉藻丸で
 高松へという形で、乗客にとってはたいへんだった。
  そこで、岡山~宇野間の鉄道敷設と、宇野築港を要望
 の声もあり、1910年、宇野線の開通を待って、宇野~高
 松間の鉄道連絡船が就航した。
  これによって、本州、四国を結ぶ航路の中心は、宇高
 航路となった・・
  また、高松港は、本州と四国を結ぶ四国の玄関口とし
 て確固たる地位をもった。
1893年10月、フランスが、ラオスを植民地化した。
  帝国主義時代になると、ヨーロッパの列強諸国は、ア
 ジア各地を次々と植民地にして行った。
  ラオスもその例外ではなかった。
  ラオスは、ヨーロッパ諸国・列強の侵略に巻き込まれ
 た。
  1885年、フランスは、中国の清と戦争をした。
  その清仏戦争の結果、清は、ベトナムに対する宗主権
 フランスに奪われた。
  1863年、すでに、フランスは、カンボジアを植民地化
 して、植民地化の標的をラオスへ定めた。
  1887年に、黒旗軍が、ルアンパバーン王国に侵攻し、
 壊滅的な打撃を受けたが、フランスに助けられた事件を
 きっかけに、ルアンパバーン王国は、フランスの保護を
 受け入れる道を選択した。
  (参考)黒旗軍:こっきぐん、清朝統治に反対する武
     装闘争したのが始まりだったが・・フランスが
     侵略して来るとその撃退に立ち向かった
      指揮官の劉永福は、ベトナム国王より三宣副
     提督の職に任じられていた。
  (参考)ルアンパバーン王国:メコン川中流域ルアン
     パバーンに18世紀~20世紀にかけて展開したラ
     ーオ族の王朝。
  (参考)ラーオ族:ラオスおよびタイ東北部(イーサ
     ーン)に住むタイ族の一派。
  1893年、タイ王国との間でラオスをめぐり仏泰戦争が
 起き、フランスはタイを圧倒し、
  1905年には保護国化(植民地化)を完了し、フランス
 領インドシナが完成した。
  1902年から6年間に渡ってオン・ケーオによる反乱がタ
 ーテーン(セーコーン県)で起こった。
  (参考)仏泰戦争:フランスとタイ(シャム)の戦争。
  (参考)オン・ケーオとオン・コマダムの反乱は、フ
     ランスによる植民地での地下活動で、ラオス南
     部ボーラヴェン高原で起きた愛国的反乱。
      植民地にして、利益を収奪したいフランスに    
     愛国的行為として立ち向かった。
  1940年11月、タイとフランスとの間で、仏印国境紛争
 が起こり、タイは反仏宣伝の一環として対ラオス工作を
 開始。
  ラジオ放送や宣伝ビラ、パンフレットの活用、工作員
 の潜入などを通して行われ、「ラーオ人もタイ人も結局
 は同じタイ系民族である」との民族同胞性を強調するこ
 とによって、抑圧者のフランスに対して抵抗することを
 協力することを訴えた。
  このタイの反仏抵抗に対して、フランスがとった政策
 は、ルアンパバーン王国の強化と文教政策、ラオス刷新
 運動であり、フランスのラオス植民地維持政策であった。
  学校教育を重視し、小学校が各地に新設され、「勤勉・
 家族・祖国」をスローガンに、「母なる祖国・フランス」
 への奉仕が説かれた。
  美しいなの下で、結局、フランスの利益になる様に仕
 向けた。
  この様な政策を広めるために大きな役割を果たしたの
 は、1941年1月に発刊されたラーオ語紙であった。
  しかし、ラオス人のなかに「ラオス」という祖国・国
 民を構想したく、そして、構想するものが現れてきた。
  1945年3月9日、日本軍によって、フランスの武装解除
 が達成された。
  そして、この仏印武装解除後、ラオスの方たちに、祖
 国・国民を構想する動きが活発になっていった。
  第二次世界大戦中、日本の占領下にある1946年、ラー
 オ人の民族主義者らはフランスからの独立を宣言できた。
  日本の「アジアの解放・・大東亜共栄圏の達成」の目
 的の一つが達成された。
.
  (今日の言葉)
.
  題:明治維新は、『公(おおやけ)のために働くことを自己の使命と
   考えていた武士たち』によって実現した改革だった。
    そして・・奴隷国ができるだけ・・、
.
70万年前頃、概ね、この頃から、10万年周期の気候変動が
 見られるようになる。
.
約50万年前、北京原人
  中国北京郊外、周口店の石灰岩洞穴から発見された化
 石人類。
  更新世中期、50万~20万年前の生息と推定されている。
  原始的な石器を用い、火を使った。
  ホモエレクトゥス‐ペキネンシス
.
約40万年前、マンモスは、北東シベリアで誕生したとされ
 ている。
  別の説は、最古のマンモスが、約500万年前~400万年
 前、北アフリカにおいて生まれたと考えられている。
  また、別の説は、マンモスゾウの化石は、これまでお
 もに、ユーラシア北部から北アメリカ北部にかけての約
 11万5000年前から1万年前にかけての地層から発見され
 ている。
  しかし、2001年に、東シベリア海東部のウランゲリ島
 で発掘されたマンモスゾウの化石は、7000年から4000年
 前のものだった・・もっとも新しい発見。
.
約23万年前、ネアンデルタール人が出現した。
  この頃、温暖期のピーク。
  この後、緩やかに寒冷化へと向かい、14万年前頃に氷
 期のピークとなった。
  別の説は、約25万〜3万年前に、欧州と西アジアに住ん
 でいた。
  また、別の説は、第三間氷期およびビュルム氷期第一
 期、年代としては15万年前~3万5000年前に生存していた
 と考えられている。
.
約20万年前~19万年前、ホモ・サピエンス(現在のヒト)
 が出現した。
  別の説は、ヒト属とチンパンジーの共通祖先が分岐し
 たのは・・およそ200万年前~1000万年前・・、
  ホモ・サピエンスとホモ・エレクトスの共通祖先が分
 岐したのは・・およそ20万年前~180万年前と見られて
 いる。
.
約15万年前、マンモスがヨーロッパに現れた。
.
約14万年前、氷期(リス氷期)のピーク。
  この後、急速に温暖化へと向かった。
.
約13万年前~12万年前、温暖期のピーク。
  現在よりも温暖であったと考えられている。
  この後、急速に寒冷化し、約11万年前頃から緩やかに
 上下を繰り返しながら徐々に氷期へと向かった。
.
約12万5千年前、初期のヒト属による火の利用
  日常的に、広範囲にわたって、火が使われるようにな
 ったことを示す証拠が、約12万5千年前の遺跡から見つか
 っている。
.
約10万年前、マンモスは、ヨーロッパから北アメリカ大陸
 にまで生息分布を広げた。
  マンモスは、寒冷な草原での生活に適応していた。
.
約10万年前、現代人(ホモ・サピエンス)が、アフリカを
 出て、世界各地に拡がった。
  (アフリカ単一起源説を裏付けるもの)
  7万年前との説(後述)もある。
  ミトコンドリアDNAの分析では、現代人の共通祖先の分
 岐年代は14万3000年前±1万8000年である。
.
8万1000年前、地球温暖化に伴う海面の急速な上昇が起こっ
 ていた。
  国際研究グループが、気候変動に伴う氷床の拡大、縮
 小は、今まで考えられていたよりも急速に起きる可能性
 があると発表した。
.
約7万3000年前、スマトラ島のトバ火山の大噴火。
  スマトラ島のトバ湖は、この時の噴火によって形成さ
 れたカルデラ湖。
  ここ10万年ほどでは、最大級の噴火とされ、地球の気
 温が数年間3度~3.5度低下した。
  ヒトのDNAの解析によれば、7万年ほど前に、人類の人
 口が1万人以下に激減し、遺伝的な多様性の多くが失われ
 現在の人類につながる種族のみが残った。
  「ボトルネック効果(遺伝子多様性減少)」があった
 と考えられるが、これが、トバ火山の大噴火に関連する
 と考えられている。→ トバ・カタストロフ理論、
.
7万年前、ヒトが、衣服を着るようになり、ヒトに寄生する
 ヒトジラミは、7万年前に2つの亜種、主に毛髪に寄宿す
 るアタマジラミと、主に衣服に寄宿するコロモジラミに
 分岐した。
.
7万年前、この頃のヒトの出アフリカ説。
  7万年前±1万3000年に、ヨーロッパ人と日本人の共通
 祖先が分岐。
.
約5万年前、クロマニョン人
  ヨーロッパ、北アフリカ各地で発見された。
  別の説は、3万5000年前~1万年前に生息し、頭が大き
 く現代人によく似ているが、身長はやや高い。
  文化的には、後期旧石器時代に属し、洞窟壁画などを
 残している。
.
約5万年前、隕石の衝突で、バリンジャー・クレーター(ア
 メリカアリゾナ州)が形成された。
.
約4万年前、オーストラリアに人類が渡島したのは4万2000
 年前~4万5000年前である。
  また、オーストラリア最古の人骨の年代は、およそ4万
 5000年前である。
.
約3万年前、ネアンデルタール人がこの頃絶滅した。
  最古の洞窟壁画
  現在知られている古いものでは、南フランスのショー
 ヴェ洞窟壁画(約3万年前?)がある。
  また、ラスコー(約1万8000年前~1万6000年前)、ア
 ルタミラ(約1万4000年前~1万3000年前)など、多くの
 洞窟壁画がある。
.
約3万年前~2万年以前、モンゴロイドがアメリカ大陸に渡
 った。
  氷河期の時代にベーリング海峡は地続きになっていた。
  この頃、ユーラシア大陸から無人のアメリカ大陸に人
 類が移り住んだと考えられている。
  約1万年前頃までには、南アメリカ大陸の南端地域まで
 到達した。
.
2万6500年前頃、タウポ湖が大爆発を起こす。
.
2万5000年前頃、姶良(あいら)火山が大爆発を起こす。
  姶良カルデラは、鹿児島湾北部(湾奥)において直径
 約20kmの窪地を構成しているカルデラで・・、
  南九州のカルデラ群のひとつで、現在のカルデラを形
 成した姶良噴火は、約3万年前と推定されている。
  桜島火山のマグマ供給源とされる。
.
約2万年前、ウルム氷期(最終氷期)のピーク。
  気温は、年平均で7℃~8℃も下がった。
  そのため、地球上で氷河が発達し、海水面が現在より
 も100mから最大で130mほど低かったと考えられている。
  その後、温暖化と寒冷化の小さな波をうちながら、長
 期では徐々に温暖化に向かった。
.
約1万8000年前、日本海に、津軽海峡を通って寒流である親
 潮が流入し、この影響で、朝鮮海峡あるいは、対馬海峡
 から表層水が流出した。
  (参考)表層水:ひょうそうすい、海や湖などの表層
     の水。
      太陽光が届く深さで、活発に光合成が行われ、
     有機物が生産される。→海洋深層水
.
約1万6500年前、青森県外ヶ浜町にある大平山元I遺跡から
 土器、石器が出土している。
  AMS法による放射性炭素年代測定法の算定による。
.
約1万6000年前、東南アジアにあったとされるスンダランド
 が、海面上昇により徐々に後退した。
  海面の上昇により、他にも、アラスカとロシアの間に
 あるベーリング海峡(氷期には陸続きだった)の海没や、
 大陸と地続きだった日本も徐々に島化が進んだ。
.
約1万4000年前~約1万年前、この頃までに、ヒトがイヌを
 飼い慣らしたと考えられている。
  別の説は、シリア・ドゥアラ洞窟にあるネアンデルタ
 ール人の住居遺跡(約3万5千年前?、ムスティエ文化(
 ムスティリアン文化))から発掘されたイヌ科動物の下
 顎骨:埴原和郎らが発掘。
  オオカミの下顎骨に比べて小さく、これを世界最古の
 イエイヌとする説がある。
  (参考)埴原和郎:はにはらかずろう、1927年~2004
     年、昭和後期-平成時代の人類学者。
      1972年、東大教授となる。
      1987年、国際日本文化研究センター教授。
      諸人種の歯の形態を比較し、モンゴロイドの
     歯の特徴に注目。
      骨や歯の特徴を統計学的に処理し、性別や年
     齢を推定する方法を考案。
      また、南方系の縄文人と北方系の弥生人が混
     血したことによって日本人は形成されたとする
     「二重構造モデル」を提唱した。
.
約1万3000年前、日本列島が、大陸から完全に離れ、ほぼ今
 の形を整えたと考えられている。
  マイナス約60mの宗谷海峡が海水面下に没した。
  対馬暖流は、一進一退を繰り返しながら日本海に流入
 して行き・・、
  約1万年前~8000年前の間に、現在と同じような海洋環
 境になったと考えられている。
.
約1万3000年前~1万年前、温暖化が進行しつつあったが、
 寒冷気候に戻った時期。
  北ヨーロッパなどでは「新ドリアス期」と呼ばれてい
 る。
.
約1万2000年前、この頃は、こと座(七夕の織り姫星付近)
 が北極星だった。
  地球の歳差運動により、北極星は25,920年周期で変化
 している。
.
約1万2000年前、この頃、アメリカ大陸に人類が移動したと
 されている。
.
約1万2000年前、ナイアガラ滝の形成がはじまる。
  解凍した氷河の水で滝の形成がはじまった。
  初期の滝は、現在より10kmほど下流にあり、年1mほど
 のペースで後退しながら現在の姿となった。
.
約1万2000年前、イスラエルのヒラゾン・タクティット洞窟
 遺跡で、農耕開始以前の人々が宴会を開いていた証拠が
 見つかっている。
.
約1万2000年前、ジェームズ・チャーチワードが、著書の
 失われたムー大陸(1926年刊)で、この時期に太平洋上
 に存在したムー大陸が沈んだと証言している。
.
約1万年前、この頃、最後の氷期(最終氷期)が終わった
 とされる。
.
約1万年前、この頃、ヨーロッパ中部の火山活動が終息へ。
  アイフェル高地(ドイツ、ベルギー)や中央高地(フ
 ランス)の火山活動がおおむね終息。
  ピュイ=ド=ドームは約8,000年前まで活動を続けた。
.
紀元前8800年頃、人類が最初に精錬した金属は、銅だった。
  銅製の小玉が、イラクから出土しており、最古の銅製
 品と言われている。
  農耕革命(農耕の開始)
  人類史上、重大な事件の1つとされる。
  この時期より主に磨製石器が使われたことから新石器
 革命(新石器時代)とも。
.
紀元前5300年頃、鹿児島南方の鬼界カルデラで大噴火。
  日本周辺で、ここ1万年間の火山活動の中では大規模
 なものとされている。
.
紀元前5000年~紀元前3000年頃、完新世の気候最温暖期。
  この頃、海面は現在よりも数m(4mから10mまで諸説あ
 り)程度高かったと考えられている。
  → 海面上昇、縄文海進。
.
紀元前約5000年~紀元前4000年、北海道に人類が現れたの
 は、おそらく数万年前といわれている。
  そして、室蘭地方に先住民が住み始めるのは、その生
 活跡から、約7千年から6千年前頃(紀元前約5000年~紀
 元前4000年)とみられ、縄文時代早期の土器が絵鞆遺跡
 から出土する。
  この絵鞆遺跡を含め、室蘭市内では、37カ所の埋蔵文
 化財包蔵地(ほうぞうち)が確認されている。
  (室蘭市史を参考にした)
.
紀元前約4000年、地球上で最後まで生き残っていたマンモ
 スの化石が、ロシア国内の北極海の島(ウランゲリ島)
 で見つかっている。
.
紀元前3000年頃(5000年前)初期の文明が現れる。
  古代エジプト文明、メソポタミア文明など。
  人為による環境破壊が少しずつ表面化。
  塩害、塩類集積、森林破壊、レバノン杉など参照。
      ・
      ・
      ・
紀元前552年、キュロス二世が、イラン高原のメディア王国
 に反旗を翻した。
  キュロス二世・・アケメネス朝ペルシャの始祖。
  紀元前600年頃に生まれた。
  紀元前552年に、イラン高原のメディア王国に反旗を翻
   し・・、
  紀元前539年には、メソポタミアの新バビロニア王国
   を征服し、古代オリエント世界を統一した。
   アケメネス朝を始祖した。
  キュロスが、バビロンに入城した時、その地の王が、
 人望を失っているせいか、ほとんど抵抗らしい抵抗は無
 く、無血入城できた。
  この時、バビロンには、様々な民族が住んでいた。
  キュロスは、ユダヤ人だけではなく、そのすべての民
 族に寛大な対処をした。
  (バビロン捕囚からの解放は、ユダヤ人だけではなか
 った)
  キュロスは、紀元前529年に死去する。
.
726年、東ローマ帝国のレオ3世が、聖像禁止令を発布した。
  聖像崇拝を巡った、東キリスト教会と西キリスト教会
 の対立は激化した(~643年)
  東ローマ帝国の皇帝教皇主義が確立した。
.
756年、フランク王国のピピン3世が、ローマ教皇にラベン
 ナ地方を寄進した。
  ローマ教皇領の始まり。
.
800年、ローマ教皇(レオ3世)によるフランク王国カール
 大帝の戴冠。
  ローマ教皇の東ローマ帝国からの独立。
.

869年、貞観地震(M8.6以上)日本海構造で起きた巨大地
 震と津波。
.
962年、ローマ教皇による東フランク王国(フランク王国
 が分裂して成立した)のオットー1世の戴冠。
  神聖ローマ帝国の成立。
.
1054年、東西教会が完全に分裂した。
  西:ローマ・カトリック教会。
  東:東方正教会。
.
1543年9月23日、鉄砲が種子島に伝来した。
  大隅国の種子島に一隻の船が漂着した。
  100人余りの乗客のほとんどとは言葉が通じなかった
 が、西の村の地頭であった西村織部之丞は、この船に乗
 っていた明の儒者・五峯と筆談し、ある程度が分かり理
 解した。
  そこで、この船を、領主・種子島時堯(たねがしまと
 きたか)の居城がある赤尾木まで曳航した。
  船は、1543年9月25日、赤尾木に入港し、時堯が改め
 て法華宗の僧・住乗院に命じて五峯と筆談を行わせた。
  この船には、2人の商人の代表者が居て、フランシス
 コとキリシタ・ダ・モッタという名だった。
  時堯は、2人が実演した火縄銃2丁を買い求めた。
  そして、家臣の篠川小四郎に火薬の調合を学ばせた。
  時堯が、射撃の技術に習熟したころ、紀伊国根来寺の
 杉坊某もこの銃を求めたので、津田監物(つだけんもつ)
 に1丁持たせて送り出した。
  (参考)津田監物:津田流砲術の祖。紀伊の人。名は
     算長(かずなが)。
      種子島で、ポルトガル伝来の銃を譲り受けて
     砲術とその製造法を学んだ。
      1544年、鍛冶屋の芝辻清右衛門(妙西)に鉄砲
     を作らせ、根来寺(ねごろじ)の杉之坊をはじめ
     とする根来衆に広めた。
  そして、さらに、時堯は、残った1丁を複製するべく
 金兵衛尉清定ら刀鍛冶を集め、新たに数十丁を作った。
  また、堺から、橘屋又三郎が、銃の技術を得るために
 種子島へ来て、1、2年で、殆どを学び取っている。
  日本最初の鉄砲鍛冶だと言われている人物には、鉄砲
 伝来の年の1543年に、種子島で既に鉄砲生産に成功した
 八坂清定(金兵衛)らが居る。
  螺子(ねじ)の技術など当時の日本では知られていな
 かった技術が用いられていたため、八板らは苦心をして
 鉄砲を製作した。
  しかし、要領が明らかになると比較的単純な技術で製
 作が可能となり、各地にその生産が広まった。
  種子島以外では、和泉国の堺、紀伊国の根来、近江国
 の国友及び日野などが、代表的な産地であったが、他に
 も、刀剣や農具の生産で知られていた備前国の長船や、
 城下町である鹿児島・仙台も知られた。
  この様に、日本は、どこでも高い技術力を古来から磨
 いて来ていて、それ故に、直ぐに、鉄砲生産に対応する
 ことができていた。
  鉄砲が伝わり、その道理が分かってしまえば、たちま
 ち我が手で作ってしまう日本だった、そして、すぐに、
 日本全国へ広まった。
  そして、時を経ずして「日本は世界一の鉄砲生産国」
 となってしまった。
  丁度、日本史上、唯一の戦乱の時代だったからでもあ
 った。
  そして、この時から32年後の1575年6月29日に、鉄砲戦
 で有名な長篠の戦の設楽原決戦が行なわれる。
  (鉄砲を使った新しい戦法が編み出された)
  織田信長・徳川家康連合軍3万8千と、竹田勝頼1万5千
 が設楽原(したらがはら、愛知県新城市)付近で激突し
 た。
  この戦いは、「鉄砲三千丁・三段撃ち」が通説となっ
 ている。
  この日の早朝、鳶ヶ巣山(とびがすやま)攻防戦の大
 勢が決したと思われる頃・・、
  設楽原では、敗戦を知って決戦を挑んだ武田軍が、織
 田・徳川軍を、武田軍の得意な騎馬隊を中心にして、次々
 と攻撃をかけた・・戦いは昼過ぎまで続いた(約8時間)
  しかし、騎馬隊は馬防柵に妨げられ、信長の側近部将
 が指揮する鉄炮隊の迎撃を浴びた。
  武田軍は多数の将士を失った。
  そして、織田・徳川軍から追撃され・・武田軍は1万
 名以上の犠牲(鳶ヶ巣山攻防戦も含む)を出した。
  織田・徳川軍の勝利で・・合戦は終結した。
  織田・徳川軍には主だった武将に戦死者が見られない
 のに対し、『信長公記』に記載される武田軍の戦死者は、
 譜代家老の内藤、山県、馬場を始めとして・・、
  原昌胤、原盛胤、真田信綱、真田昌輝、土屋昌続、土
 屋直規、安中景繁、望月信永、米倉丹後守など・・、
  武田信玄以来の重臣や指揮官にも及び、被害は甚大と
 なっていた。
  騎馬戦法の武田軍に対し、新兵器の鉄砲を組織的に使
 った「足軽の鉄砲隊を中心にした集団戦法」の織田・徳
 川軍の圧勝だった。
  武田勝頼は、わずか数百人の旗本に守られながら、一
 時は菅沼定忠に助けられ武節城に篭ったが、信濃の高遠
 城に後退した。
.
1867年、この年、江戸時代から明治へと変わったが・・、
  モーリス・パンゲが、著書「自死の日本史」で以下の
 ような事を書いている。
  「日本の特権階級であった武士は、他の階級によって
 倒されたのではありません。
  外国の圧力の前に、自ら革命を推進し、その為、自ら
 を消滅させるという犠牲を払った。
  革命と言っても、それは、ある階級が他の階級を倒す
 という、普通の意味の革命ではありません。
  武士たちの望みは、日本という国の力を呼び覚ます事
 だった」・・と・・、
  明治維新は、『公(おおやけ)のために働くことを自
 己の使命と考えていた武士たち』によって実現した改革
 だった。
.
1886年、ノルマントン号事件
  イギリスの汽船ノルマントン号が和歌山県の紀伊半島
 沖で暴風雨のため沈没した。
  この時、船長以下26人のイギリス人船員は救出された
 が、日本人乗客25人は全員が見殺しにされて溺死した。
  審査したイギリス領事裁判所は、船長に禁固3ヶ月とい
 う軽い罰を与えただけだった。
  日本国民の不満の声が湧いた。
  政府は、治外法権の撤廃を目指したが、外国に認めさ
 せようと、政府の作った妥協案が、「治外法権とするが、
 外人裁判においては、過半数を外国人とする」とした。
  しかし、日本国民の厳しい反対の反応にあった。
  人種差別の事故だった。
.
1889年2月11日、大日本帝国憲法が発布された。
  この日は前夜からの雪で、東京市中は一面の銀世界だ
 った。
  祝砲が轟(とどろ)き、山車(だし)が練り歩き、仮
 装行列が繰り出し、祝賀行事一色と化した。
  憲法が発布されると、政府批判の論陣を張って来た新
 聞も、「聞きしにまさる良憲法」「実に賞賛すべき憲法」
 などと讃えた。
  また、憲法は翻訳されて、世界各国に通告された。
  イギリスの新聞は、「東洋の地で、周到な準備の末に
 議会制政権法が成立したのは何か夢の様な話だ。
  これは偉大な試みだ」と書いた。
  イギリスのある学者は、「日本の憲法が、古来の歴史
 と習慣を元とした穏健な立場で作られていることが最も
 賛成できる点である」と述べた。
  ドイツのある法律家は、「議会を両院に分け、衆議院
 の他に貴族院を設けた知恵を高く評価した。
  その理由は、何処の国でも下院(衆議院)は急進的に
 なるものだ。
  その暴走による社会不安を和(やわ)らげるには、国
 に対する責任感と良識のある人々からなる上院(貴族院)
 が欠かせない」というものだった。
.
1968年、日本が、GDPでドイツを抜いた。
  ドイツは、日本が、ドイツの後塵(こうじん)を拝し
 ていた間は、好意的だった。
  ドイツは、日本が、ドイツを越えることは決して許し
 ていなかった。
  鼻の差でも後を走る日本という姿しか、ドイツは容認
 できなかった。
  しかし、この年、日本は、ドイツを抜き去った。
  ドイツは、この時から、あからさまに日本を攻撃する。
  ドイツには、小癪(こしゃく、いかにも生意気で、癪
 に障るようすであること)な日本となった。
  近年、益々、ドイツの日本攻撃が激しくなっている。
  それでも、お人好しの日本は、ドイツを好意的に見て
 いる。
  ドイツは、自国の技術に自信を持っている、また、プ
 ライドを持っている。
  GDPが抜かれたことで、それが傷ついたようにも感
 じたのだろう。
  日本の後塵だけは被(かぶ)りたくないのだろう。
  それにしても、2015年のフォルクスワーゲンの不正ソ
 フトの裏切りは酷かった。
  検査の時は、排ガスが抑え込まれ、普通に走行すると
 きは、ガンガン排気ガスを吐き出して突っ走った。
  検査時の40倍もの排気ガスを吐き出した。
  開いた口が閉まらない大嘘の大嘘を吐くドイツという
 体たらくだった。
  嘘つきドイツは、信用できない国として世界の信用は
 がた落ちした。
  (参考)2015年、ドイツ自動車大手フォルクスワーゲ
     ン(VW)が、排出ガス検査に合格するよう設計
     された不正ソフトウエアを、1千万台以上もの自
     動車に搭載していた。
  この事件の後に、ドイツの恥の上塗り事件が起きる・・
  このフォルクスワーゲンが、さらに不祥事をするとい
 う・・地に落ちたドイツを「さらに信用失墜するという
 事件」が起きていた・・、
  (毎日新聞、2018年2月2日)
  ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が、
 ディーゼルエンジン車から出る排ガスを人や猿に吸わせ
 る実験をしていたと独メディアが報じ、波紋を広げてい
 る。
  責任を取りVWの幹部が辞任に追い込まれた。
  VWは、2015年に、米国での排ガス規制逃れ事件が
 発覚しており、相次ぐ不祥事に倫理観を問う声が高まっ
 ている。
  独誌シュピーゲルなどによると、実験を行ったのは
 VWやBMW、ダイムラーなどで作る研究機関で、VW
 が主導的役割を果たした。
  独国内で、2013年、ボランティアの被験者25人を対象
 に3時間にわたって排ガスを吸わせる実験を実施。
  2014年には、米国内で猿10頭に4時間にわたって排ガ
 スを吸わせる実験を行ったという。
  独政府のザイベルト報道官は、2018年1月30日、「猿
 どころか人までを対象にした実験はいかなる場合でも倫
 理的に正当化できない」と政府の見解を示し・・、
  ツィプリース経済・エネルギー相は、「越えてはなら
 ない明確な倫理的一線(を越えた)」と厳しい言葉で非
 難した。
  批判の高まりを受け、VWで実験を把握していたとさ
 れるトーマス・シュテーク氏が、2018年1月30日に辞任。
  ミュラー会長も、テレビのインタビューで「実験の事
 実に衝撃を受けた」として謝罪し、再発防止を約束した。
  シュテーク氏は、2002年から2009年まで、シュレーダ
 ー、メルケル両首相の政権で独政府副報道官を務めるな
 ど、政界と近い人物として知られる。
  排ガス規制逃れ事件発覚後も、独政界には自動車業界
 の規制に及び腰な姿勢が支配的で、今回の問題がどのよ
 うな影響を及ぼすかは不明だ。
.
1989年11月9日、ベルリンの壁崩壊
  それまで、東ドイツ市民の大量出国の事態にさらされ
 ていた東ドイツ政府が、その対応策として旅行、及び、
 国外移住の「大幅な規制緩和」の政令を・・「事実上の
 旅行自由化」と受け取れる表現で発表した。
  このことで、その日の夜に、ベルリンの壁にベルリン
 市民が殺到し、混乱の中で国境検問所が開放された・・、
  翌日・1989年11月10日に、ベルリンの壁が撤去され始
 まった・・、
  これによって、1961年8月13日のベルリンの壁着工から
 28年間に亘った、東西ベルリンが遮断されてきた東西分
 断の歴史は終わった。
  東欧革命を象徴する出来事だった。
  この事件を切っ掛けとして、東欧諸国で、続々と共産
 党政府が倒されて行った。
  そして、翌年・1990年10月3日、東ドイツが西ドイツに
 編入される形で『東西ドイツが統一された』。
  この統一に関わったソ連は、この翌年・1991年12月、
 ソビエト連邦共産党を解散し、各連邦を構成する共和国
 の主権国家として独立、そして、1991年12月25日に、ソ
 連大統領のゴルバチョフが辞任し、ソ連は解体された。
  しかし、この話のすべては、美しく無かった・・、
  このドイツ統一で、東ドイツの実態が分かった・・が・・、
 東ドイツの惨状は、半端なものではなかった。
  だから、この統一による西ドイツの経済負担は、半端
 なものではなく・・
  西ドイツは、この統一による経済負担に、これから喘
 (あえ)いで行った。
  西ドイツの人たちは、統一前、人口と領土が増加する
 なら、消費も増加し、景気も向上するだろうと考えてい
 た。
  しかし、西ドイツが見たものは・・旧東ドイツの完璧
 に破綻(はたん)した財政だった。
  競争力のある産業は、一つもなかった。
  環境も、空気も、地下水も、土壌も、重度に汚染され
 ていた。
  ケムニッツにあるウラン鉱山は、1991年までに、22万
 トンのウラン鉱を産出していたが、安全管理は劣悪で、
 鉱山は閉鎖され、その後、その除染に莫大な費用と年月
 を要した。
  この様な事例が、これだけではなかった。
  山ほどあり・・大きな食肉工場の横の湖には、血と汚
 物でどす黒い赤色となり、異臭を放っていた。
  化学工場の脇の湖には、水面に厚く膜が張り、ぬめぬ
 めと光り、「輝く湖」と呼ばれた。
  東ドイツへ投資しようとしていた人々は、その実態を
 知って、東ドイツへの投資の期待は、一気にしぼんだ。
  その改善経費だけが、天文学的に膨らんで行った。
  西ドイツの人々は、誠実に一つ一つ整備し、解決して
 行った。
  年金を積み立ててない人の年金を払い、医療保険を払
 っていなかった人の医療費を払い、失業保険を払ってい
 なかった失業者を養った。
  東ドイツの失業率は、20%を越えていた。
  西ドイツは、その苦難を乗り越えた。
.
2012年、EUは、ユーロ導入十周年を祝った。
  ドイツは、ユーロの冥利(みょうり、知らず知らずの
 うちに受ける恩恵)を一番授かる国だった。
  そして、EUの多くの加盟国は、EUよりも自分たち
 の国の国益を優先するという事実を、最早(もはや)、
 隠そうともしない状態となっていた。
  どの国も半身に構えていた。
  EUに、全力投球する国は・・無くなった。
  しかし、EUは、動いていた。
  次々と、色々な事が・・決められた。
  その決定の陰には、力あるドイツの意思があった。
  また、それが、尊重されねばならないという空気があ
 った。
  加盟国は、ドイツの事を思って、一応の合意をすると
 いう雰囲気だった。
  何しろ・・ドイツは強すぎた。
  加盟国間に疑心暗鬼(ぎしんあんき)が、うごめいて
 いた。
  (参考)疑心暗鬼:疑心が起こると、(ありもしない
     鬼の姿が見えるように)何でもない事まで恐ろ
     しくなる。
.
2013年、欧州委員会は、ドイツの稼ぎ過ぎに御咎めを出し
 た。
  EU・・、
  美しい理念で作られたEU・・本当に美しいのか?
  「グローバリズムは、良いのだ」を体現したいEUは・・
 果たして・・美しいのか?
  結論を先に言えば・・「奴隷国ができるだけだ」。
  グローバリズムは、「手放しで、美しいと言ってはい
 けない論理・考え方」なのだ。
  (NHK出身の宮崎緑氏は、NHKを退職した後もN
 HKの番組に出て、「グローバリズムはいいのだ、グロ
 ーバリズムはいいのだ」と何度も連呼する様に言ってい
 たが・・そうではないのだ・・NHKは、この様な方法
 などでグローバリズムは良いのだを洗脳する放送局)
  2013年、欧州委員会は、ドイツに対して、「輸出超過」
 をして、好きに稼いでいるドイツに・・『お咎(とが)
 め』を言い渡した。
  (参考)咎め:とがめ、犯した罪や過失を責めること。
     また、それに対する罰。そしり。非難。𠮟責 (
     しっせき) 。「お咎めを受ける」
  EUの劣等生のギリシャもギリシャで、だらしがない
 が・・、
  ドイツから、「財政引き締めをしなければ、援助はし
 ない、金は貸さないよ」と、更なる引き締めを言われる
 という体たらくな国であるが・・?
  「EUという政治形態が持つ欠陥」もあるのだ・・
  ドイツのフォルクスワーゲンの問題もあるが?? ド
 イツの高品質で優秀な商品は誰でも欲しがる。
  EUは、美しく国境の垣根を取っ払ったが・・ドイツ
 から、その優秀な商品が、どんどんEU内の他の各国へ
 流れ出して行く。
  普通なら・・EUの様な形態になっていないなら・・
 買う国は、輸入超過になるからと「為替が連動して輸入
 量が調整されたりする」・・が・・
  しかし、美しく垣根のないEU内の諸国は、『皆がユ
 ーロ』で、輸入超過して逼迫(ひっぱく、追い詰められ
 て、ゆとりがない状態)している国でも、為替で調整が
 できずに、自国のユーロが、どんどんドイツへ流れ出て
 行って・・吸い取られてしまう。
  EU内の諸国は、ドイツにとってお得意様となってい
 る。
  ドイツの輸出は、EU内でのものが6割を占めている。
  だから、欧州委員会は、ドイツへ、「いい気になって
 売り過ぎてんじゃないの?」と苦言を呈した。
  「EU内には経済破綻(はたん)国」が存在している。
  そして、ドイツは、そのグローバリズムの『美しいと
 された理念』で出来た「EUというシステム」で稼いだ
 金で潤っている。
  そして、ギリシャへ、「財政引き締めをしないと、金
 は貸せないよ」と言っている。
  しかし、そのEU内の経済破綻国で、しっかり稼いで、
 ドイツは、経済的援助をしたと、「ドイツは、胸を張っ
 て・・そして、思っている」。
  一面、高利貸しが、困った人に金を貸して、「助けて
 やった」と胸を張っている姿の様にも見え、なんか似て
 いる感じがする。
  困っている人からしっかり稼いで、金を巻き上げてお
 いて・・為替の調整手段を取り上げておいて・・ドイツ
 を儲けさせるシステム・・経済弱者の「EU内の金に困
 っている諸国」をさらに困らせるシステム。
  ドイツへ貢ぐ国々の形になっている。
  ドイツは、ドイツで、「非難されてはたまらない」と
 思っている。
  EUというシステムは、「ドイツのような強国をどん
 どん強くするシステム・・弱小国の利益が吸い上げられ
 るシステム・・ドイツよ、御目出度うとなるシステム」。
.
2018年3月26日、米ソ冷戦の時は、アメリカと日本とが協
 力して、ソ連の共産主義は崩壊したが、そして、ソ連は、
 自由主義経済のもとに下ったが・・、
  「二匹目のドジョウが居ないか??」と中国を見た。
  中国が、豊かになれば・・自由な民主主義社会になる
 と思った。
  しかし、経済的なゆとりができてみれば・・「ますま
 す軍備を拡張し」「独裁政治の国家」へと邁進している。
  「かつての懐柔政策」は失敗している。
  この様な事を思っていると、図らずも2018年3月26日の
 読売新聞に春名幹男氏(国際ジャーナリスト)が記事を
 寄せられていた・・
  表題は、「中国を取り違えた西側」・・、
  中国が全国人民代表大会(全人代=国会)の決定で独
 裁政治への道を踏み出したことに、欧米のメディアは鋭
 い警戒の目を向けている・・という書き出しで始まった・・、
  以下、その概要(抜書き・要点)・・、
  今までの西側の期待が裏切られた経緯(をたどってい
 る)・・
  西側指導者は、中国を世界貿易機関(WTO)の様な
 機構に組み込めば、中国をルールに基づく戦後のシステ
 ムに縛(しば)りつけられると信じた。
  経済の統合によって中国は豊かになり、民主主義的自
 由や人権、法の支配を求めると期待した・・、
  (しかし、そうとはならず)(中国が)大規模な開放
 をせずに一貫した成長をしたことが、中国共産党と国家
 主導の経済モデルを正当化する結果となった・・、
  (共産主義体制のまま・・成功体験をしてしまった・・
 体制批判へとは働かず、その方向へ動かなかった)
  (その成功体験で、より自信を持った独裁体制の現政
 権は、その体制をより強固にする制度・機構作りへ・・)
  この度、この20年間で最大の政府機構改革を行なった・・
  (そして)巨大経済圏構想「一帯一路」などで、外交
 戦略を強化する・・、
  (そして)中国は、世界中で、中国を支持する勢力の
 拡大に躍起になっている。
  (中国の資金力を使った行動、オーストラリアの事例)
  2017年12月、南シナ海の中国領有権を尊重する様に主
 張した(オーストラリアの)野党上院議員が(問題とな
 る騒ぎが起きた)・・
  (そして)中国による内政干渉の阻止を念頭に、外国
 人からの政治献金を禁止する法案が提出された。
  (この様な事は、オーストラリアに限らず、世界各地
 に起きている)
  今、ロシアのアメリカへの工作が焦点に当てられてい
 るが・・ロシアより、むしろ中国の方がもっと陰険で複
 雑な問題だという指摘がある・・、
  アメリカ国内の中国人留学生・35万人が(工作員予備
 軍?)・・この学生組織が監視下に置かれ、管理・監理
 されている。
  また、シンクタンクの研究機関に寄付金が寄せられて、
 その結果、その研究が、その研究報告が「親中に偏向」
 する恐れが心配されている・・、
  これが、中国の「シャープパワー」と呼ばれる強制的
 な工作・・、
  中国の習金平国家主席は、自由主義の政治モデルに対
 して根本的な挑戦をしている・・、
  (参考)シャープパワー:相手国の社会制度や文化伝
    統などを鋭利な、すなわちシャープな刃物で切り
    裂くように分断し、自国に有利な状態を作る戦略
    のこと。
     2017年11月に、アメリカの研究機関「全米民主
    主義基金(NED)」という組織の2人の研究者
    が、中国とロシアという独裁(オーソリタリアン)
    国家の戦略をシャープパワーと名付けた論文を発
    表し、注目されるようになった。
     この様なパワー、新しい国力について議論が始
    まったのは1980年代中頃、ソビエト連邦が崩壊す
    る予兆が感じられる様になった時期から・・、
     第二次世界大戦終了後は、アメリカとソビエト
    という二大大国が軍拡競争を繰り広げ、国力は軍
    事力だったが、ソ連が解体してしまったので、軍
    事力に代わるパワーが研究され始めた。
     ハード、エコノミック、ソフトパワー:未来学
    者のアルビン・トフラー、カーター大統領の特別
    補佐官であったズビグニュー・ブレジンスキー、
    ハーバード大学の政治学者ジョセフ・ナイなどの
    見解が有名・・、
     その要約・・冷戦構造が崩壊するまでは、「軍
    事力(ハードパワー)」が国力であったが、1970
    年代以後の「ジャパン・アズ・ナンバーワン」の
    時代は「経済力(エコノミックパワー)」が重要
    だった。
     しかし、1990年代のバブル経済の崩壊とともに、
    ジョセフ・ナイが提唱した「文化力(ソフトパワ
    ー)」が重要と言われるようになった。
     ソフトパワーは、自国の文化や制度を外国に浸
    透させ、友好的な関係を構築するという戦略で、
     その本質は、魅力(アトラクティブネス)と説
    明されている。
     これは、人材、物資、資金、情報などを自国に
    有利になるように他国に提供したり、他国から受
    け入れるということ。
     その影響で登場したのがイギリスの「クール・
    ブリタニア」や日本の「クール・ジャパン」で自
    国の文化を積極的に海外に売り出すということだ
    った。
     ところが、最近になって、中国とロシアという
    独裁国家の新しい戦略が登場した・・それが「シ
    ャープパワー」。
     シャープパワーの一例:
     2010年のノーベル平和賞は中国の人権運動の活
    動家で何度も投獄された経験があり、当時も獄中
    にあった劉暁波氏に贈られ、ノルウェーのノーベ
    ル委員会は劉氏の釈放を中国に求めた。
     これは、ノーベル賞の歴史上、中国在住の中国
    人として初めての受賞で、かつ獄中にあった人物
    に授与した最初の例だった。
     しかし、中国は「内政干渉は許さない」とか、
    「ノーベル平和賞は西側の利益の政治的な道具で
    ある」などと強硬に反発した。
     それだけではなく、ノルウェーから輸入してい
    た養殖サーモンの輸入制限をするなど経済制裁を
    実施した。
     ノルウェーは、新政権のソルベルグ首相が外務
    大臣と貿易産業大臣を伴って、2017年4月に、中
    国を訪問して習近平国家主席に面会し、「今後、
    中国の核となる問題については批判しない」とい
    う声明に署名して、ようやく関係が修復された。
     エコノミックパワーを利用して、自国の制度や
    文化を押し通すとともに、相手国の制度や文化を
    切断したシャープパワーというわけだった・・、
     韓国も同様の経験をしている。
     北朝鮮の弾道ミサイルの発射を早期に探知し、
    迎撃するために、昨年・2017年、アメリカが高高
    度ミサイル防衛システム(THAAD)の機器を
    韓国のゴルフ場の敷地に搬入した。
     北朝鮮はもちろんだが、中国も反発し、韓国商
    品の輸入規制など報復措置を実施し、ゴルフ場が
    ロッテ商事の土地であったため、中国はロッテグ
    ループを非難し、ロッテの商品の不買運動も発生
    した。
     韓国の輸出の26%は中国向けなので、大変な打
    撃となった。
     さらに韓国への団体観光旅行を禁止したため、
    昨年2017年の11月末までの中国人観光客は前年比
    で42%も減少した。
     その様な背景から、昨年・2017年12月に国賓と
    して中国を訪問した韓国の文大統領に対し、中国
    高官との食事は昼食会2回のみで冷遇した一方、
    文大統領は北京大学で「中国の夢が全人類と共に
    見る夢になることを期待する」という講演を行っ
    ている。
     これも、エコノミックパワーを駆使して自国の
    主張を押し付けた結果。
     全米民主主義基金の論文が指摘した、もう一つ
    の国がロシア・・、
     そのシャープパワーは、アメリカの大統領選挙
    の時に発揮された。
     2018年2月16日に、アメリカのロバート・モラー
    特別検察官が、13人のロシア人と、3社のロシア
    企業を起訴した。
     容疑は、先の大統領選挙で、アメリカ市民を装
    って、ソーシャルメディアの何百というアカウン
    トを使って架空のオピニオンリーダーを作り出し、
    クリントン候補を落選させるための情報を発信し
    たというもの。
     何億円という予算を使い、専属の人間を雇い、
    偽情報を大量に発信し、見事に目的を達成したと
    いう・・、
     このパワーは、北風と太陽に例えると分かりや
    すく・・、冷戦中は軍事力というハードパワーの
    戦いで北風だったが、それが終了して登場したソ
    フトパワーは太陽ということ・・、
     しかし、シャープパワーは一見、太陽のようだ
    が、その光線に有害な紫外線などが含まれて、相
    手を傷つける力があるということ・・、
     この光線は目に見えないために対応が困難だが、
    「欧米の民主主義国家が、中国のシャープパワー
    を無視することは、西側の危険を意味する」とい
    う意見のように、国際的な政治活動や経済活動の
    水面下では、この様な光線が頻繁に発射されてい
    ることを知る必要がある時代となった・・、
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive


[PR]
by suba28 | 2018-04-14 03:53 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)587E2/3:2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1893年10月~1893年10月)

題:(増補版)587E2/3:2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1893年10月~1893年10月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1893年10月26日、第13代東京府知事に三浦安(みうらやす
 し)がなった。
1893年10月26日、『二六新報』が創刊された。(社主:秋
 山定輔)
  二六新報は日刊新聞。
  記事が硬くて、売行きは不振だった。
  そのため、1895年6月に休刊し、
  1900年2月1日、復刊した。
  復刊後は、三井財閥への暴露攻撃、たばこ王・岩谷天
 狗退治、吉原の娼妓の自由廃業キャンペーンなどで世間
 の注目を集め、日露戦争直前には日本一の発行部数を誇
 った。
1893年10月28日、ラベンナ号事件(千島艦事件)の控訴審
 で、上海イギリス高等裁判所は、日本側の敗訴の判決を
 した。
  日本は、イギリス上院に上訴した。
  この事件は、1892年11月30日に起きた事件で、ラベン
 ナ号はイギリス商船。
  日本の立場が牛耳られている時代に、イギリス法廷で
 堂々と争う日本は立派だったが・・その様な日本が、相
 手の土俵で争うのは、まったくその結果は分かったもの
 だった。
  そして、その後にも、イギリス本国の枢密院へも上告
 を決め、とことん争う日本だった。
  1895年7月3日に、枢密院は、上海の判決を破棄して横
 浜領事館への差し戻しを命じるとともに、P&O(ラベンナ
 号の所有会社のピーオー汽船会社)に、日本側の訴訟費
 用約12万円の負担を命じた。
  その後、イギリス外務省の意向を受けた領事館によっ
 て和解が図られ・・、
  1895年9月19日に、日本政府とP&Oの間で和解が成立、
 P&Oは1万ポンド(日本円で90,995円25銭)の和解金と、
 日本側の訴訟費用全額を負担する代わりに日本政府は一
 切の請求権を放棄した・・で決着した。
1893年10月28日、チャイコフスキー交響曲第6番の初演。
  この交響曲は『悲愴』という副題で良く知られている。
  https://www.youtube.com/watch?v=wHAfvUFtCIY
  残されている資料によれば、1893年2月17日(第3楽章)
 に作曲に着手した。
  作業は急ピッチで進められ、それから半年後の8月25日
 にはオーケレストレーションまで完成し、
  同年・1893年10月16日(グレゴリオ暦では10月28日)
 に作曲者自身の指揮によりサンクトペテルブルクで初演
 された。
  あまりに独創的な終楽章もあってか、初演では当惑す
 る聴衆もいたものの、この曲へのチャイコフスキーの自
 信が揺らぐことはなかった。
  しかし、初演のわずか9日後、チャイコフスキーは、コ
 レラ、及び、肺水腫が原因で急死した。
  この曲は、彼の最後の大作となった。
1893年10月30日 筑豊興業鉄道会社が、飯塚駅~原田駅、ま
 たは、鳥栖駅間、および、山家駅~吉井町駅間線路の建
 設を出願した。
  (飯塚、原田または鳥栖間については、1894年7月31日
 仮免状下付された、また、
  1896年1月、飯塚駅~長尾駅間等の免許を申請し、1897
 年5月、飯塚駅~長尾駅間の仮免状が下付された)
1893年10月31日、文官任用令、文官試験規則が公布された。
  試験任用制度が確立した。
  奏任官については、原則として高等文官試験に合格し
 た者としたが、勅任官については,自由任用制をとって
 いた。
  奏任官:そうにんかん、奏任によって任命された三等
     以下九等までの高等官の称。
  奏任:奏上を経て、官職に任命すること。
  奏上:そうじょう、天皇陛下に申し上げること。
  勅任官:ちょくにんかん、もとの官吏任命法で勅任に
     よる官。
     一等・二等の高等官。広義では親任官も含む。
  勅任:勅命で官職に任命すること。
  勅命:ちょくめい、天皇陛下の御命令。
1893年10月31日、逓信省官制の公布(勅令第149号)
  鉄道庁を廃止して鉄道局を設置した(勅令第151号、11
 月10日施行)
  逓信省(ていしんしょう)は、交通・通信行政の中央官
 庁で、後、電気・航空行政をも管掌した。
  1885年、内閣制度実施とともに、工部省の電信、灯台、
   農商務省の駅逓、管船の各局管掌事務を引き継いで
   設置された。
  1890年、以降、電話事業、
  1893年、以降、官設・私設鉄道事業を管轄、陸上交通を
   含む広範な行政官庁となった。
   この間、特に、郵便・電信業務の近代化をはかり、日
   露戦争前後の時期にはほぼこれを完成した。
  1908年12月5日、鉄道監督行政は、新設の鉄道院(内閣
   直属)に移り、
  1923年、航空局を陸軍省から引き継ぎ、民間航空事業
   の監督、育成を担当した。
1893年10月31日、技術官俸給令を一部改正した(勅令第168
 号)
1893年10月31日、文官任用令(勅令第183号)・文官試験規則
 (勅令第197号)を公布した。
  文官高等試験合格者を奏仕官として採用した。
1893年10月31日、逓信省鉄道書記補郵便電信書記補及郵便
 為替貯金書記補任用令(勅令第195号)公布
1893年10月、文官任用令・文官試験規則を公布した(高等文
 官試験確立)
1893年10月、夏目漱石が、湯島聖堂内にあった東京高等師
 範学校(校長:嘉納治五郎、筑波大学の前身)の英語嘱
 託教師に就任した。
  夏目漱石(なつめそうせき、1867年2月9日~1916年12
 月9日)小説家、評論家、英文学者、
  江戸の牛込馬場下横町(東京都新宿区喜久井町)に、夏
 目小兵衛直克と千枝の末子として生まれた。
  生後すぐ里子に出され・・また、養子にも出された。
  不遇のうちに幼時を送り、作品にもその影を残す。
  1877年の10歳(9歳?)のころ、養父母の離婚のため、
 生家に戻ったが、こころ落ち付く、やすらかな帰属感を
 抱くことは出来なかった・・父母は必ずしも温かく迎え
 なかった。
  肉親の愛に恵まれなかった漱石・・この孤独な幼年期
 の記憶は・・漱石のこころの奥に秘められ残った・・
  肉親の中にさえある他者と見られる非情な人間を見た
 漱石だった・・
  少年時は、浅草界隈で送り、江戸の町人文化に親しん
 で育ち、漢詩文に親しみ、、
  漢学好きな少年は二松学舎(にしょうがくしゃ)など
 に学んだ・・
  また、成立学舎を経て大学予備門(東京大学教養学部)
 に進むころから、英文学研究を生涯の仕事として選ぶ・・
  また、この大学予備門で正岡子規を知って俳句を学ぶ。
  1893年、東大英文科卒、一時大学院に籍を置く・・後・・
  1895年~1896年、愛媛県の松山中学に赴任(この体験
 は、面白おかしく『坊ちゃん(1906年)』の活発な筆致
 作品となる)、
  そして、1896年~1900年、第五高等学校で英語教師を
 務め・・
  1900年秋、渡英・英語研究の文部省留学生として英国
 留学を命じられた・・英文学者としての道が大きく開い
 て行く・・
  1903年1月、帰国
  そして、1903年4月、東京帝大英文科初の日本人講師と
 なり、英文学を教え、また、「文学論」「十八世紀英文
 学論」「シェイクスピア」などを講じた。
  (前任者の小泉八雲を押しのける形だった・・また・・
  この頃から、正岡子規と親しくなり俳句をよくする)
  高浜虚子の勧めで写生文を手がけ、『吾輩は猫である』
 を手始めに多彩な創作活動を展開した。
  1905年1月、「吾輩は猫である」を、雑誌「ホトトギス」
 に発表して、その軽妙洒脱さが評判となる。
  以後、「倫敦塔」「幻影の盾」「草枕」など溢れんば
 かりの文才を示し・・社会や人間の不正を糾弾する作品
 も書いた・・
  また、「坊っちゃん」も書く。
  その後、1907年、職業作家の志が芽生え・・教職を辞
 し、朝日新聞に入社(専属作家として迎えられ)し・・
  自然主義に対立し、心理的手法で近代人の孤独やエゴ
 イズムを追求した・・、
  この年・1907年に「虞美人草(ぐびじんそう)」
  1908年、「夢十夜」「三四郎」で文壇にゆるぎない地
 位を確立した。
  また、朝日新聞の文芸欄を主宰した漱石は、「現代日
 本の開化」「私の個人主義」などの講演を行なった。
  欧米では漱石の心理小説が注目され、その翻訳に恵ま
 れた。
  「それから(1909年)」「門(1910年)」「彼岸過迄」・・
  1910年、修善寺にあって大患を患った・・これ以後、
 死の危機を自覚した漱石は、生への認識が一層深まり、
 「行人(こうじん、1912年~1913年)」「こころ」「明
 暗」「道草」など、晩作での対策で、さらなる孤独さの
 内面に分け入った。
  自意識の不安と苦悩を著わした。
  晩年は、「則天去私」の境地を求めた
  (参考)則天去私:そくてんきょし、『天に則(のっと)
     り私を去るの意』
      夏目漱石が、晩年に、文学・人生の理想とし
     た境地。
      自我の超克を自然の道理に従って生きること
     に求めようとしたもの(漱石自身の造語)
  正岡子規と交わり、俳句や漢詩に親しんだが・・
  俳句は、約三千句をなし、また、晩年は、気品のある
 文人画も描いた。
  作品の追求した問題は広く深く、日本の巨匠として世
 界に広く紹介されている。
  また、漢詩をよくして、「永日小品」「硝子戸の中」
 などのなつかしい随筆も残している。
  また、師弟関係に恵まれ・・小宮豊隆、森田草平、寺
 田寅彦、鈴木三重吉、安倍能成、高浜虚子などの漱石の
 人脈の山脈が聳えている。
  教師であった漱石は、鈴木三重吉や芥川龍之介、久米
 正雄らの多くの俊英も育てる教師でもあった。
  漱石が残した知友門弟に書いた手紙や葉書も貴重なも
 のとなっている。
  また、妻:夏目鏡子の『漱石の思ひ出』が味わい深い。
  またまた、江藤淳の『漱石とその時代』、同編『朝日
 小事典 夏目漱石』、三好行雄ほか編『講座夏目漱石』全
 5巻、尹相仁『世紀末と漱石』ほか、おびただしい研究書
 のある人物・・それが夏目漱石。
  1916年に歿した・・50歳だった・・少し早い幕引きだ
 った。
.
  (今日の言葉)
.
  題:この地球・・人類が生存できないような状況は「何度も起きている」・・
.
2億5000万年前、爬虫類から双弓類を経て進化した恐竜が
 出現した。
  (参考)双弓類(そうきゅうるい)は、四肢動物のグ
     ループの一つで、頭蓋骨の両側に側頭窓と呼ば
     れる穴を、それぞれ2つ持っている。
      この穴が出来た事でその下部の骨が細いアー
     チ状になっているが、これを解剖学では「弓」
     と呼び、このため学名は「二つの弓 = 双弓類」
     と名付けられた。
  中生代の三畳紀、ジュラ紀、白亜紀を通して恐竜が繁
 栄した。
  恐竜は、気嚢(きのう、呼吸器官)を持ち、低酸素環
 境に対応できた。
  哺乳類の祖先の横隔膜をもつ単弓類は低酸素環境に対
 応できずに衰退した。
  (参考)単弓類(たんきゅうるい)は、脊椎動物のう
     ち、陸上に上がった四肢動物のグループの一つ。
      哺乳類、及び、古くは哺乳類型爬虫類とも呼
     ばれたその祖となる生物の総称。
      共通する特徴としては、頭蓋骨の左右、眼窩
     後方に「側頭窓」と呼ばれる穴がそれぞれ1つず
     つあって、その下側の骨が細いアーチ状となっ
     ていて、この骨のアーチの「弓」が、このグル
     ープでは片側に一つ持っているために単弓類と
     呼ばれた。
.
2億2500万年前、最古の哺乳類のアデロバシレウスが出現し
 た。
  魚類、両生類、爬虫類、鳥類には、4タイプの錐体細胞
 を持つもの(4色型色覚)が多く・・、
  一方、ほとんどの哺乳類は、錐体細胞を2タイプしか持
 たない(2色型色覚)
  哺乳類の祖先は、4タイプ全ての錐体細胞を持っていた
 が、初期の哺乳類は、主に夜行性であったため、色覚は
 生存に必須ではなかったために退化した。
.
2億2000万年前、生物が大量絶滅した(三畳紀末)
.
2億2000万年前、マニコーガン・クレーターの形成。
  カナダにある北アメリカ最大のクレーター(直径約100
 km)。
.
2億年前、酸素濃度が12%まで低下した。
  二酸化炭素濃度は、現代の数倍から10倍程度に増加し、
 この前後は、温暖な気候が続いた。
  これ以降、徐々に、酸素濃度が上昇し、二酸化炭素濃
 度が減少した。
.
2億年前、パンゲア大陸の分裂がはじまった。
.
1億8000万年前、北はローラシア大陸、南はゴンドワナ大陸
 へと分裂し・・、
  ゴンドワナ大陸は、その後、西ゴンドワナ大陸と東ゴ
 ンドワナ大陸へと分裂した。
.
1億5000万年前、始祖鳥(鳥類が出現した)
.
1億4000万年前、白亜紀に入ると、西ゴンドワナ大陸は、ア
 フリカ大陸と南アメリカ大陸に分裂し、
  その間に、大西洋が成立した。
  また、東ゴンドワナ大陸は、インド亜大陸、及び、マ
 ダガスカル島と、南極大陸、及び、オーストラリア大陸
 に分裂した。
  この分裂が、オーストラリア大陸でのその後の単孔類
 の生き残りや有袋類の独自進化につながる。
  (参考)単孔類:たんこうるい、哺乳綱単孔目に属す
     る動物の総称で、哺乳類であるにもかかわらず
     卵生で、消化管、排尿管、輸卵 (精) 管が同時
     に開口する総排泄孔を持つ。
.
1億年前、恐竜の全盛時代
.
6550万年前、生物が大量絶滅した(白亜紀末)
  この頃、恐竜が絶滅し、アンモナイトも絶滅した。
  隕石の落下による環境の激変を原因とする説が有力と
 考えられている。
  → K-T境界、チクシュルーブ・クレーター
.
6千数百万年前、インド半島の大部分を占めるデカン高原は、
 膨大なマグマが噴出して形成された。
.
約6550万年前、霊長類が出現した。
.
約5500万年前、この頃に現れたアダピス類が、初期の霊長
 類と考えられている。
  これより前の約7000万年前に、北米に出現したプレシ
 アダピス類のプルガトリウスを最古とする考え方もある。
  霊長目で、ビタミンC合成能力が失われたのは、約6300
 万年前であり、直鼻猿亜目(合成能力なし)と曲鼻猿亜
 目(合成能力あり)の分岐が起こったのと、ほぼ同時で
 ある。
  ビタミンC合成能力を失った直鼻猿亜目には、メガネザ
 ル下目や真猿下目(サル、類人猿、ヒト)を含んでいる。
  ビタミンC合成能力を有する曲鼻猿亜目には、マダガス
 カルに生息するキツネザルなどが含まれる。
.
5500万年前、暁新世・始新世境界で、突発的温暖化事件が
 発生し、新生代では、最も高温の時代になった。
  (始新世温暖化極大・始新世高温期)
  その原因として、1500Gtのメタンハイドレートの融解
 などの温暖化ガスの大量放出があり、地表5℃~7℃の気
 温上昇の温暖化が起こった。
.
4500万年前、インド亜大陸が北上を続け、ユーラシア大陸
 に衝突し、ヒマラヤ山脈を形成した。
.
約4000万年前、南極大陸で、氷河の形成がはじまり、徐々
 に寒冷化した。
  これ以前は、非常に温暖な時期だった。
  → 古第三紀、海水準変動
.
4000万年前~3000万年前、真猿下目の狭鼻下目(旧世界ザ
 ル)と広鼻下目(新世界ザル)が分岐した。
  一説では、当時のアフリカ大陸で大きな洪水が起こり、
 倒れて流された大木に乗った真猿下目のサルが、当時、
 それ程広がっていなかった大西洋を越えて、南アメリカ
 にたどり着いて、広鼻下目の祖先となった。
.
3000万年前、2色型色覚(赤緑色盲)に退化した哺乳類のう
 ち、霊長目狭鼻下目が、3色型色覚を再獲得した。
  ビタミンCを豊富に含む色鮮やかな果実等の獲得と生存
 に有利だった。
.
2800万年前~2400万年前、狭鼻下目のヒト上科(テナガザ
 ル、オランウータン、チンパンジー、ゴリラ、ヒトの共
 通祖先)が、オナガザル上科から分岐し・・、
  同時に、ヒト上科で、尿酸を分解する尿酸オキシダー
 ゼ活性が消失した。
  尿酸が、直鼻猿亜目で、合成能が失われたビタミンCの
 抗酸化物質としての部分的な代用となった。
.
2500万年前、最古の類人猿と思われる化石・・?
  アフリカのケニヤで発見された。
.
約2500万年前、アルプス・ヒマラヤ地帯などで山脈の形成
 がはじまった。
  テチス海が消滅し、造山運動により隆起。→ 新第三紀、
 Geology of the Himalaya
.
2000万年前~1600万年前、ヒト科とテナガザル科が分岐し
 た。
.
約2000万年前、現存する最古の湖が形成された。
  バイカル湖、タンガニーカ湖 → 古代湖
.
約1800万年前~1700万年前、この頃のウマの化石が、岐阜
 県可児市で、1961年と1971年に発見された。
  「アンキテリウム属」の1種で、和名「ヒラマキウマ」
 という。
  日本最古とされていたが、アジアでも最古級であるこ
 とが分かった。
.
1600万年前頃、大和三山の内の畝傍山や耳成山、また、二
 上山も、この頃、火山活動していた。
  「ステゴロフォドン」の頭骨化石の一部が、茨城県常
 陸大宮市で、2011年12月に発見された。
.
約1500万年前、ヨーロッパに隕石が落下、クレーターを形
 成する。
  現在のドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州にある
 リース隕石孔、シュタインハイム・クレーター。
.
約1400万年前、ヒト科が、ヒト亜科とオランウータン亜科
 に分岐したと推定されている。
.
1300万年前、この頃からヨーロッパ、南アジア、東アジア
 などユーラシア各地にも類人猿の化石が現れた。
.
約1000万年前、ヒト亜科が、ヒト族とゴリラ族に分岐した
 と推定されている。
.
1000万年前~500万年前、アフリカで大地溝帯(グレート・
 リフト・バレー)の形成が始まる。
  人類誕生に大きな影響を与えたとする説。
.
約700万年前、ヒト族は、ヒト亜族とチンパンジー亜族に
 分岐したと推定されている。
  猿人の出現。
  直立二足歩行が開始された。
.
700万年前~600万年前、現在最古の人類化石は、中央アフ
 リカ発見のサヘラントロプス・チャデンシスとされてい
 る。
  2002年に報告される。
.
推定約600万年前~400万年前、琵琶湖が形成された。
  琵琶湖は、世界に現存する湖の中では3番目に古い湖
 と考えられている。
.
370万年前~100万年前、アウストラロピテクス(猿人)
  最初の人類とされる。
  一定の道具を使用した。
.
約250万年前~180万年前、この頃、石器の使用がはじまっ
 た。
  エレクトス原人が出現する(250万年前)。
  丹沢山地の大爆発(約250万年前)面積1万1750km2、降
 下火山灰のみの体積は2.8km3を超え、火山爆発指数VEIは
 5。
  オルドヴァイ文化、オルドワン石器
  (参考)オルドヴァイ文化:東アフリカのタンザニア
     北部にあり、リーキーらが調査したオルドバイ
     遺跡を標式とする世界最古の旧石器文化。
      その担い手は、アウストラロピテクスで、こ
     の文化は東アフリカに始まり、中央アフリカを
     除くアフリカ全土、および、西アジアにひろが
     る。
      主体となる石器は、円礫、もしくは、角礫の
     一端を打ち欠いて刃をつけ、ものをたたき切っ
     たりつぶしたりするのに用いたチョッパーであ
     るが、その他、肉を切ったりものを削ったりす
     るスクレーパーをはじめ、数種類の石器があり、
     すでに用途によって形態が分化していた。
  (参考)円礫:えんれき、岩石の破片のうち、大きさ
     が2mm以上のものを礫といい、川原の玉石のよう
     な丸いものを円礫、砂利道の砂利のような角張
     ったものを角礫という。
.
約200万年前、フィリピン海プレートに乗って移動してきた
 伊豆半島が、北アメリカプレートに衝突し、富士山や箱
 根などの噴火の引き金になった。
.
180万年前、グルジアのクラ川下流の下カルトリ地方ドゥマ
 ニスィ(ドマニシ)で発見された化石は、ユーラシア最
 古の原人として知られる。
  180万年前~150万年前に、アフリカの地を脱してユー
 ラシア大陸の熱帯・温帯に拡散したらしい。
.
約78万年前、最新の地磁気の逆転。
  地球磁場は、10万年~100万年ぐらいの不規則な周期で
 何度も逆転している。
  この頃の逆転が直近のものである(ブリュンヌ期、約
 78万年前~現在)
  これより前の逆転は、約250万年前(松山期、約250万
 年前~78万年前)
  なお、松山期には、数回の地磁気逆転イベントが存在
 する(約100万年前のハラミヨ亜期など)
   ・
   ・
   ・
紀元30年、イエスが刑死したと言われている年
  イエスの実在性は、ほとんどないが、イエスは、キリ
 スト教を作ったパウロに祭り上げられた。
  イエス本人には、まったくキリスト教を作ろうという
 意思は無かった。
  キリスト教は、ユダヤ教を引き継いでいるが、ユダヤ
 教は、最初、神が多くいる多神教だった。
  また、イエスの母・マリアは、ユダヤ教のエルサレム
 神殿を参詣するユダヤ教徒だったが・・、
  そのマリアの子=イエスも、ユダヤ教を信仰していた。
  (因みに、イエスは、ユダヤ教を信仰する立場で死ん
 でいる。
  つまり、刑死するイエスは、ユダヤ教徒としての信仰
 の中に死んでいる)
  故に、イエスは、「ユダヤ教の神(主)」を信仰する
 ユダヤ教徒だった。
  だから、イエスには、少しもキリスト教を立宗しよう
 という意思はなかった。
  イエスの刑死後、キリスト教が立宗される動きは・・
 「まったく無かった」。
  その様な動きがまったく無い状態の中に、時は過ぎて
 行った。
  エルサレムの街や、その他の街でも、当然、普通の
 日々が流れていた。
  だから、イエスの死後、3日後の、イエスが復活した
 などという騒ぎなどは「まったく無かった」。
  ましてや、イエスが昇天したなどという騒ぎも「当然
 無かった」。
  ただただ、普通の日常が流れていた。
  キリスト教の福音書が、イエスの死後、50年も経って
 から書かれたように・・、
  西暦70年~90年頃に書かれた事からも分かる様に、イ
 エスは忘れ去られ・・何十年とキリスト教の話などは無
 く、少しも表われ出ない時が流れていた。
  最初の福音書は、マルコが書いたが・・この頃には、
 もう、イエスのことは、完全に、誰もがすっかり忘れら
 れていた。
  イエスに関係する者たちは、そのグループは、ユダヤ
 教から「破門の処分」を受けていた。
  その様な状態の中に、時は過ぎて行った、年月が流れ
 ていた。
  この様な状況の中で、キリスト教を作ったというパウ
 ロが居る。
  パウロは、サウロとも呼ばれ、紀元65年に死んでいる
 が・・、
  生前は、テント職人で、ユダヤ教ファリサイ派の人で
 あった・・、
  高名なユダヤ教のラビのガマリエル1世の下でユダヤ教
 を学んだ「熱心なユダヤ教徒だった」。
  パウロは、ユダヤ教の要職の人で、ユダヤ教以外の人々
 を、「上部組織の許可を得て捕まえる役目」をしていた。
  イエスのグループも逮捕対象だった。
  捕まえられた人が死刑になることもあるというパウロ
 の役目だった。
  ある日、逮捕の許可を得ようとして道を行くパウロに
 「ふと、嫌気がさした」のだろう。
  多分、何時(いつ)までこんなことをしているのだろ
 うかと自分の行動を顧(かえり)みて思ったのだろう。
  この時、パウロは転身(てんしん、方針を変える)す
 る。
  ここは、キリスト教の聖書には、美しく書かれている・・
 一転、空は掻(か)き曇り、天からイエスの声が聞こえ
 たと書かれている。
  大きな転換点なので、キリスト教もドラマティックに
 書きたかったのだろう。
  イエスの声で、何でお前は迫害するのかと言ったとい
 う・・パウロの行動を批判した。
  パウロは、この時、自分の行なっているユダヤ教以外
 のグループを許可を得て捕まえるという役のむなしさを
 感じていたのだろう。
  ここで、パウロは、180度の方針転換をする。
  この事が起きたのが紀元34年だという。
  パウロは、宗教の立宗を思い立つ。
  当然、パウロは、ユダヤ教に詳しく精通していた。
  そして、ユダヤ教の聖典に書いてある事と同じやり方
 で立宗の行動をした。
  パウロが考えたことは、イエスの生涯とか、行いとか
 はすべて捨て、無関係とした・・
  そして、イエスの名だけを借りた。
  エルサレム神殿の庶民の経営する屋台などを、暴れ回
 って壊したりするイエスの行動など利用したいとも思わ
 なかったのだろう。
  パウロによって、イエスの人となりは、まったく利用
 されない形でキリスト教は出来上がって行った。
  刑死し、復活し、昇天するというユダヤ教の聖典の形
 にした。
  しかし、だからと言って・・福音書が作られる紀元70
 年~90年頃までは、50年近くの空白の長い年月が流れて
 いたのだった。
  近年、アメリカの研究グループが、4つあるキリスト教
 の福音書を研究・検討したが、その中に、イエスの言葉
 はほとんどないという結果となった、その様な福音書の
 状態だという結論に達した。
  イエスの言葉が一つもないという福音書があるくらい
 だった。
.
70年代、キリスト教の最初の福音書である「マルコによる
 福音書」が書かれた。
  この「マルコによる福音書」は、キリスト教の意に沿
 わない福音書であった・・依って、この後に「マタイに
 よる福音書」が書かれた。
  だから、聖書には、年代的には「マルコによる福音書」
 が先に書かれているが、聖書への掲載は、「マタイによ
 る福音書」が先に掲載され、この「マルコの福音書」は、
 「マタイによる福音書」の後に掲載されている。
  この様な差別は、特定の一部の者にしか明らかにされ
 ていない。
.
80年代、キリスト教の福音書である「マタイによる福音書」
 と「ルカによる福音書」が書かれた。
.
90年代、キリスト教の福音書である「ヨハネによる福音書」
 が書かれた。
.
2世紀、この頃までに、キリスト教の新約聖書に盛り込まれ
 る手紙類などが出揃(でそろ)った。
  しかし、矛盾が多く含むものとなった。
  この矛盾の辻褄(つじつま)を合わせるために、この
 後、キリスト教神学が発生した。
  キリスト教神学の生まれた経緯は、キリスト教の教義
 の深化のためではなかった・・辻褄合わせが、学問の発
 生の因だった・・、
.
180年頃、ローマ帝国内に、キリスト教の五大教会が造られ
 た。
  キリスト教五大教会は、「ローマ」「エルサレム」「
 コンスタンティノーブル」「アレキサンドリア」「アン
 ティオキア」。
.
313年2月、ミラノ勅令。
  ローマ帝国の皇帝のコンスタンチヌス1世(大帝)が、
 キリスト教を公認した。
  コンスタンチヌス大帝が、ミラノで、リキニウス帝と
 会見をした際に発した勅令。
  増大しつつあるキリスト教徒の支持を得ようとして行
 った。
  そして、392年、キリスト教が国教となった。
  以上の様な史実があるとされるが・・??
  厳密に言うと、ミラノで、その様な勅令が出されたと
 いう「歴史的事実はない」。
  ただ、両皇帝のミラノでの協定に基づいて、リキニウ
 スが、313年、ニコメディアで両皇帝の名において発した
 訓令の内容の記録が伝わるに過ぎない。
  これを、キリスト教に偏する後世の史家が、これをミ
 ラノ勅令と呼んだだけの作り話。
  ローマ帝国のキリスト教迫害政策は、4世紀の初期にな
 って、行き詰まった・・そこで、政策のゆるみが出て、
 寛容への動きも出ていた(311年、ガレリウス帝の寛容
 勅令など)。
  しかし、このミラノ勅令と言われるこの頃、帝国が、
 キリスト教の取締りの域を超えて、キリスト教との融合
 の方向へと踏み出した・・歴史の転換点ともいうべき位
 置を示している。
.
381年、コンスタンティノーブル公会議で、再び、三位一体
 神を正統とした。
  そして、教義として確立した。
.
392年、キリスト教が、ローマ帝国の国教となった。
.
395年、ローマ帝国が、西ローマ帝国と東ローマ帝国に分裂
 した。
  この後、ローマ教会とコンスタンティノーブル教会と
 は、別々の君主の元で歩んだが・・、
  コンスタンティノーブルの司教が、「ローマ教会の司
 教と対等の立場」を主張した。
  そして、この後の5世紀末に、東西のキリスト教会の反
 目が本格化した。
  ローマ司教は、「単性説」を主張していたコンスタン
 ティノーブルの司教を破門した。
  6世紀に、ローマ司教は、ローマ教皇となった。
  867年には、東西の両教会は、「互いに破門を宣言しあ
 った」。
  1054年、完全に物別れとなり、教会の東西分裂となっ
 た。
.
397年、カルタゴ会議で、「旧約聖書」と「新約聖書」が、
 キリスト教の聖典となった。
.
451年、キリスト教ローマ教会は、権威を強化したいと、こ
 の年のカルケトン公会議で・・異端とされた単性説のコ
 ンスタンティノーブル司教を破門にした。
  5世紀末は、ローマ教会の権威は強大となった。
.
5世紀半ば、ローマ法が作られた。
  キリスト教は、ローマ法と矛盾するところを妥協し、
 習合した。
  そして、キリスト教の戒律は、聖なる部分のみに適用
 されるものとした。
  だから、当然、キリスト教の免罪符を持っていても罰
 せられた。
  だから、当然、強盗が免罪符を持っているからと言っ
 て許されるものではなかった。
.
6世紀、東ローマ帝国が、コスティニアス1世の時に領土拡
 大した。
  ローマも支配下に入れた。
.
6世紀、ローマ帝国内の五大教会の一つのローマ教会の指導
 者であるローマ司教が、ローマ法王(教皇)となった。
  このローマ法王が、キリスト教カトリックの最高権威
 があるとされた。
.
900年、ヨーロッパ大陸は、森林に覆(おお)われていたが、
  この後、そのほとんどが失われてしまった。
  ヨーロッパは、うっそうたる原生林の中の地だった。
  「ヘンゼルとグレーテル」が迷い込んだ森の道に、迷
 い行くとお菓子の家があるという、子供たちの話のよう
 な深い森のあるヨーロッパの地だった。
  しかし、その森も、キリスト教の『地を従えよ』の教
 義・教えによって・・、
  「自然を大切にしない教義」によって、「地を従える
 という自然破壊」を『良い事だと教えるキリスト教の教
 義』によって、ヨーロッパの森は、破壊しつくされた。
  今、古来からの原生林は、ドイツのある地方の一画だ
 けという状況。
  現在のフランスの森林の割合は、23パーセントだとい
 う。
  中世初期は、最も開拓が進んでいるサン・ジェルマン・
 デ・プレ修道院の平野部でさえ、4割以上が森林だった。
  900年頃の想定地図を見ると、『殆ど森しかない』とい
 う状況だった。
  土地の9割以上は、原生の地であり、村の周囲だけが
 切り開かれているという状況だった。
  あるキリスト教修道院は、柱となる大木を手に入れれ
 たのは「神の思し召しだ!」などと喜んで伐採した。
  日本の里山の思想・仏教の思想は・・『山や森と共生
 する』という思想は、キリスト教の思想には「まったく
 無かった」。
  キリスト教の『地を従えよ』の自然破壊を奨励する教
 えに洗脳されたキリスト教徒のヨーロッパ人たちは、「
 自然破壊をすることに何ら罪悪感の無い心にされて」、
 ヨーロッパ大陸の自然を破壊し続けた。
  今、地球は、自然破壊のために、「異常気象が頻発(
 ひんぱつ)」している・・が・・
  キリスト教の罪悪は、この点でも、計り知れない事を
 起こしている。
  「もう人類は、今・現代、すぐに、キリスト教の教え
 を捨てなくてはならない」。
  「罪悪感のない自然破壊」を改めなくてはならない。
  今、地球は、地球上のあちこちで、罪悪感のない森林
 破壊の伐採が行われている。
  「キリスト教に洗脳された自然破壊」が行われている。
.
1520年、ルターのキリスト教の宗教改革活動が始まった。
  まったく金にまみれたキリスト教カトリックだった。
  ローマ法王のレオ10世が、ローマのサン・ピエトロ大
 聖堂を建てたいと、金を集め出した。
  ドイツで、大量の免罪符が売り出された。
  ルターは、これに抗議した。
  ルターは言った、「免罪符なんか持ってなくても天国
 へ行ける」「免罪符を持って居たからって救われない」
 と。
  キリスト教カトリック教会は、ルターを破門にした。
  そして、弾圧を加えた。
  キリスト教教会から、なんだかんだと金を取られ苦し
 んでいた人々は、ルターに同調した。
  また、ドイツの諸侯や、各地の知識人も同調した。
  因みに、キリスト教の信者数の割合。
  カトリック  53%(10.9億人〉、
  プロテスタント17%(3.7億人)、
  東方正教会  11%(2.2億人)、
  その他    19%(3.9億人)、計20.7億人
.
1642年1月8日、この年、ガリレオが失意のうちに亡くなっ
 た。
  ガリレオは、イタリアの科学者で天文学者。
  天文学の父と言われている。
  科学的探究の結果、地動説を説明するが・・キリスト
 教に「異端の考え方だ」とされ、一生、監禁状態の生活
 を強いられた。
  職も失い・・貧困の中に苦しい生活を送らされた。
  長女も付き添って看病をしてくれたが、この最愛の長
 女・ビルジニアにも、ガリレオは先立たれた。
  この長女は、ガリレオの死の8年前、病気で1634年に
 亡くなっている。
  キリスト教は、科学的に非常に遅れた宗教で、非科学
 的な記述に満ち満ちている。
  キリスト教は、「ある時、キリスト教の神が創造を始
 めた」という設定から始まったという話から始めた。
  キリスト教の聖書もその記述から始めている。
  この認識を基礎として、キリスト教の宗教の信仰が始
 まっている。
  因みに、先のガリレオに対するキリスト教の間違いは、
 400年も経って、ローマ法王はガリレオに詫(わ)びた・・
 『謝罪のミサ』を行った。
  『キリスト教の宇宙創造論』も、結論から言えば「間
 違い」で・・、
  この様な話にすると、キリスト教のストーリーの初め
 から話が崩れ去ってしまう・・このストーリーが崩れる
 と・・「キリスト教の神の存在が否定され」・・キリス
 ト教の宗教としての存在も否定されてしまう・・
  だから、この点は、死守したいところだが・・間違い
 だという事が判明して来た。
  キリスト教は、ストーリーの初めから、躓(つまづ)
 いている。
  キリスト教は、聖書の初めに書いてある「キリスト教
 の神が宇宙を創造した」という創造論が確かにあったと
 したい・・が・・
  科学が進歩して来ると、色々なことが分かって来て、
 その科学で分かったことが、キリスト教の聖書に記述し
 てある事と食い違う事が多く・・
   「一致する」と胸をなで下ろすというキリスト教と
 なっている。
  事実は、そうではないという展開となっている。
  この400年前のガリレオは、キリスト教の様になってな
 いと言うって、キリスト教を仰天させ、大騒ぎになった
 が・・キリスト教は卑劣な事にもガリレオを弾圧した・・
  あまりにもひどい・卑劣なキリスト教の弾圧にあって・・
 とうとうガリレオも、やむなく「地球の周りに太陽は回
 っている」と、キリスト教に押し付けられた言葉を言っ
 たが・・
  科学的に間違って居る事を言わされたが・・しかし、
 最後に、ガリレオは、「ガリレオが、その様に言ったっ
 て、キリスト教が言うように、太陽が地球の周りを回り
 始める訳はない」・・という事で・・ガリレオは、『そ
 れでも地球は、太陽の周りを回っている』と言った。
  キリスト教は、科学に照らして間違いだらけの宗教で、
 今・現在は、キリスト教は、『太陽が、地球の周りを回
 っている」とは言わなくなったが、キリスト教にはこの
 様に、「たくさんの訂正事項」の中に、今のキリスト教
 が存在して居る。
  キリスト教は、まったく非科学的な宗教である。
  信じるに値しない。
  このキリスト教に繰られて、洗脳されて、今まで、何
 千万人もの有色人種が、「キリスト教によって殺されて
 来た」が・・本当に悔(くや)しい思いである。
  これは、ローマ法王が、有色人種を「人では無い」と
 言った事から始まった。
  キリスト教には、有色人種への蔑視観がある。
  キリスト教は、科学が進むとともに、その非科学性が、
 ますます立証され、証明されて来ているという状態。
  これからの人類の幸福のためには、絶対、キリスト教
 は「無くさねばならない宗教」・・、
  また、未来の愛すべき「これからの世界を支える子供
 たち」の為にも、絶対、キリスト教を無くして行かねば
 ならない。
.
1821年、メキシコが、スペインから独立すると、今は、ア
 メリカのテキサス州だが、この地は、メキシコのコアウ
 イラ・イ・テハス州という名の州となった。
  例えばの話、あなたの左隣の家が、あなたの右隣の家
 へ、「あなたの家を持って良い(奪ってよい)」と言っ
 たら・・、
  あなたの家は、右隣の家になるのか?
  (右隣の所有する家になるのか?)
  また、例えばの話、本当に例えばの話なのだが・・、
  「日本が、メキシコに、アメリカのテキサス州を持つ
 ことを認める」と言ったら、アメリカのテキサス州は、
 メキシコのものになるのか?
  つまり、この逆のことを、アメリカはしていた。
  アメリカの前には、イギリスがしていた。
  こんな事ばかりを言って、世界にトラブルの種を撒(
 ま)いていた。
.
1876年、オーストラリアの先住民のアボリジニの方々・・
 そのタスマニア島の方々は、3万7000人が住んでいた・・
 が・・イギリスの入植によるアボリジニの方々の銃殺権
 の法律(人権のまったくの無視の卑劣な法律)により、
 この年に絶滅した。
  タスマニア原住民で最後の人となったトルガニナさん
(女性)がこの年に亡くなった。
  また、オーストラリア本土の先住民のアボリジニの方々
 も、イギリス人(オーストラリア人)が、獣狩りのごと
 く、アボリジニの方々を銃で撃っていた。
  『その様な法律があった』というのだから、その「卑
 劣さ」も極まるが・・、
  「今日は、○○匹、獲った」という日記などの記録が
 残されている。
  また、森に罠(わな)が仕掛けられたりした。
  また、ハワイの原住民の方々が、何故か?ある時、激
 減した。
  『伝染病を媒介された』という話がある。
  ハワイの原住民の方々は、予防措置がとられていなか
 った。
  約30万~50万人のハワイの原住民の方々が、何と!9割
 の方々が亡くなり、約4万人となってしまった。
  そして、現在、純血のハワイの方は、約8000人と言わ
 れている・・98%は混血。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2018-04-12 04:33 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)586E2/3:2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1893年9月~1893年10月)

題:(増補版)586E2/3:2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1893年9月~1893年10月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1893年9月11日、万国宗教会議がシカゴで開催された(〜1893
 年9月27日)
  日本からは土宜法龍・野口復堂・釈宗演が参加した。
  日本仏教が、世界へ伝播して行く中に於いて、1960年
 代に、アメリカで『禅ブーム』が起きた。
  これは、世界では、よく知られていることで、「世界
 の禅者」と鈴木大拙は言われた。
  彼のZENに関する英文の著作に端を発していた。
  これ以前にも、このシカゴ万国宗教会議で脚光を浴び
 ている。
  鈴木大拙の禅の師である釈宗演が、日本仏教の代表と
 して演説した。
  鈴木大拙は、師の演説の英訳を引き受けている。
  釈は、この演説で、伝統仏教から脱却し、近代社会に
 合致した新しい普遍宗教としての仏教の可能性を示した。
  キリスト教国・アメリカに、仏教が、真理を体現する
 宗教としての価値があることをアメリカ社会に示した。
  この時、この演説が、『大乗仏教を基盤とする日本仏
 教』を、アメリカ社会に初めて示したという意義があっ
 た。
1893年9月19日、初の自動車用ナンバープレートをフランス
 が導入した。
  世界で最初に設置を義務化した。
1893年10月1日、安倍井磐根ら、外国人雑居を認めて条約改
 正を行う政府の政策に反対し、その運動のため大日本協
 会を結成した。
  神鞭知常、安部井磐根、大井憲太郎、坂本則美、大竹
 貫一らがかねてより組織していた内地雑居研究会を改変
 したもので・・、
  不平等条約の改正にあたって、第2次伊藤博文内閣の外
 交政策 (外相:陸奥宗光) に反対した。
  外国人への内地開放・・および・・内地雑居は、時期
 尚早だとして、現行条約の励行を主張した。
  領事裁判制の廃止の為には、当然、居留地を廃止し、
 内地開放を行なわなければならいという主張を批判した。
  内地開放を行なうか否かの決定権は、条約締結国にあ
 ると主張した。
  第5議会には、条約励行建議案を提出するなど、対外硬
 派の中心的存在として活動した。
  10日間の停会ののち、情勢不利とみた伊藤内閣は、12
 月30日に議会を解散した。
  そして、それと同時に、治安妨害を理由に圧迫を加え、
 大日本協会は解散させられた。
1893年10月5日、南方熊楠(みなかたくまぐす)の論文「極
 東の星座」が、イギリスの「ネイチャー」の懸賞論文第
 1席となった。
  1892年9月21日、熊楠の乗った船は、大西洋を渡り、イ
   ギリスのリバプール港に到着した。
    熊楠は、首都・ロンドンに入り、横浜正金銀行ロ
   ンドン支店長の中井芳楠を訪ねた。
    中井は、和歌山県人で、南方家とは古くからの知
   り合いだった。
    ロンドンでは、下宿代が安い下町に住み、植物標
   本の整理をしたり、カルキンス、アレンなどとしば
   しば植物標本や手紙の交換をする一方、大英博物館
   や南ケンシントン博物館、美術館を訪ねたりしてい
   た。
  1893年8月17日、アメリカ滞在の時より購読していた英
   国第一の週間科学雑誌『ネイチャー』にM・A・B
   なる人の「星宿構成に関する5条」の質問を見出し、
   下宿屋の老婆に借りた不備な辞書をたよりに、答文
   「極東の星座」を起稿した。
    ロンドンで知り合いになった片岡プリンスは、身
   なりこそみすぼらしいが、熊楠の博識の深さに気付
   いた。
    そして、大英博物館の考古学・民俗学部長で富豪
   のサ-・ウオラストン・フランクスに紹介した。
    また「極東の星座」の原稿の指導を受けたことも
   あって、博物館に出入りするようになった。
    科学雑誌『ネイチャー』への答文、「極東の星座」
   は、30日で完成し、それが『ネイチャー』に掲載さ
   れて、一躍有名になり、識者に名を知られるように
   なった。
    以後、しばしば同誌に論文を発表した。
  更に、随筆問答雑誌『ノーツ・アンド・クィアリーズ』
 にも寄稿を始め、多数の論考や答文を発表した。
  熊楠は、帰国した後も、議論に参加し、東洋学の権威
 者としてその名を馳せた。
  熊楠の名が知られるようになり、ロンドン大学事務総
 長ディキンスや、フランクスの後任ダグラス、リード部
 長などとも、親交を深めた。
  大英博物館には、毎日のように通い、収蔵されている
 古今東西の稀覯(きこう、めったに見られないこと)書
 物を読みふけった。
  主として考古学、人類学、フォ-クロア(民俗学)、
 宗教学などを勉強した。
  筆写したノート類は、52冊もある。
  「ロンドン抜書(ぬきがき)」として、今も、南方邸
 や、南方熊楠記念館に保存されている。
  英・仏・独・伊・スペイン・ポルトガル・ギリシャ・
 ラテンなどの小さい字で、ぎっしりと書きこまれている。
  熱心に大英博物館に通ううち、熊楠の博識に感心した
 同館東洋図書部長のダグラスから、館員になるよう勧め
 られたが、自由の身である方がよいと断った。
  しかし、自分の勉強をしながら、同館の書籍目録の作
 成や仏像の名称の考証などを手伝った。
  (『大英博物館日本書籍目録』、『大英博物館漢籍目
 録』の編纂に尽力)
  1897年3月、ロンドンで、中国革命の父といわれる孫文
   と知り合った。
    大英博物館のダグラスの部屋で初めて出会った2人
   は、たちまち意気投合し、毎日のように行き来し、
   時のたつのも忘れて語り合った。
  また、土宜法竜(後年:高野山管長)との出会いは、
 土宜がアメリカ.シカゴの万国宗教大会に日本仏教代表
 委員として講演し、その後、英国の正金銀行ロンドン支
 店長中井芳楠の家であった。 
  年上の土宜とは、最も心を許しあい宗教学を論じあい、
 その後も生涯書簡の交流がつづく・・、
  熊楠は、その学識が一部の学者などから高く評価され
 る一方で、有色人種だと、東洋人だということでさげす
 まれるようなこともあった。
  1900年9月1日、ロンドンの南ケンジントンの下宿を出
   発し、テームズ川の港で、日本郵船の阿波丸に乗船、
   帰国の途についた。
    その日の日記には、「4時出帆、夜暫時甲板に出、
   歩す」と書かれている。
1893年10月22日、東京市で近代水道起工式(淀橋浄水場予定
 地)
  淀橋浄水工場建設予定地で、改良水道起工式が盛大に
 挙行された。
  参列者のために、上野駅、及び、新橋駅から特別列車
 が仕立てられた。
  来賓は、3000余名の多数だった。
  しかし、府知事の設計告示の1890年7月から、既に、3
 年以上もの年月が経過していて、この起工式に至るまで
 に、様々な紆余曲折があった。
  1890年9月、設計告示後、市会は、水道建設及び関連す
 る道路建設等の費用総額1000万円の市区改正予算を全員
 一致で可決した。
  事業期間は、1891年度から5年間で、財源はすべて公債
 でまかなうこととした。
  当時の東京市の一般財政の規模は、50万円程度に過ぎ
 なかったので、5ヶ年継続事業とはいえ1000万円にものぼ
 る市区改正予算は巨額なものだった。
  公債発行に当たって、市の公債が、政府の公債と同等
 の価値を保証されるよう政府に働きかけた。
  しかし、思うように運ばず約1年が経過した。
  1891年10月、やむなく、東京市は、政府の許否にかか
 わらず市公債の募集を開始した。
  公債発行の遅延で、当初予定した明治24年度の工事開
 始は見送られた。
  しかし、この間、巨額な工事費を投じてまで水道を建
 設する必要はないとの意見を中心とした工事反対の世論
 が高まって来た。
  このため、公債募集を開始したにもかかわらず、着工
 できない事態となった。
  事態打開をするため、市会は、市区改正経済審査委員
 を選任し、問題点の調査検討を行うこととした。
  同委員は、「水料」収入方針を明確にし、道路事業の
 財源の一部を水道建設に充て・・、
  また、公債の一部募集延期、配水工費の分納・助成等
 を決めるなどして、市民の納得を得るよう務めた。
  1892年4月、市会は、前年・1891年12月に提案された用
 地買収の案件をようやく可決することができた。
  用地買収は、淀橋に限らず本郷、芝、新水路予定地等
 施設建設予定の各所で難航するが、買収完了を待たずに
 1892年9月、淀橋工場仮事務所盛土工事に着手し、
 1892年12月から、本工事が開始された。
  明治26年度に入って、施工体制が軌道に乗り、
 1893年の秋、盛大に起工式を開催することができた。
.
  (今日の言葉)
.
  題:人類は未定の中に生きている・・
.
138億年前、宇宙の誕生・・か・・?
  ビッグバン理論の全盛であるが、その理論を中心とし
 て成立する宇宙の始まり・・本当にそうなのか・・?、
  しかし、今だに解明が進んでいない最初期の宇宙とい
 う現状にある。
  キリスト教の神が創ったという「宇宙創造論」と一致
 するからと、この理論は喜ばれ、そして、もてはやされ
 ている・・が・・、
  しかし、このビッグバン論理の背景にあるインフレー
 ション理論などの大部分が、未(いま)だ推測の域の話
 の展開で・・推測から成立しているだけの理論という段
 階にある・・、
  「しっかりした科学の裏付けのある話」という訳では
 ない。
  しかし、さもその様にあったと思っている人々が多い
 のが現状・・、
  そして、以前は、「ビッグバンから始まった」・・と
 された・・
  しかし、そのうちに、「ビックバンは、急に起きるも
 のではない」のだ・・と言われる様になった・・
  つまり、ビッグバンの『前段階があるのだ』という事
 が分かって来た・・
  そして、それが、確かなのではとなって来た・・
  そして、ビッグバンの起きる前段階があるとされて来
 て・・その前段階は確かに存在するとされて来ているが・・
  ここで困ったのがキリスト教・・
  キリスト教の神が創った宇宙という『創造論』からキ
 リスト教の話は始まる・・
  だから、科学が、「宇宙はビッグバンから始まった」
 と言い出したら・・これだと、キリスト教はこの話の乗
 っかった・・
  このビッグバンが、「キリスト教の神」が宇宙を創っ
 た時だ・・とした・・しかし・・
  しかし、時を経て、そのキリスト教の神が創る前に・・
 「誰かが、そのビッグバンを起こす前段階の所作(しょ
 さ、ふるまい)をしている」・・となった・・
  その所作=ビッグバンを起こす前段階があるのだと・・
  (その所作をしたのは佛なのだろう・・)
  すると・・キリスト教は臆面もなく・・その前段階の
 初めが「ビッグバンだ」と言い出した・・
  今、その状況にある・・が・・??
  ならば、その前段階の前の状態は何なのか?・・と問
 えば・・、
  その前段階の前の状態は・・「時間さえない時代」な
 ので「遡ることは不可能な時代」と逃げた・・??
  それにしても、キリスト教は無理筋の論理を展開する
 ・・??
  ビッグバンは、Big Bangで、大爆発の意味・・、
  大爆発の「前段階の前」は、Big Bang(ビッグバン)
 ではない。
  ビッグバンという大爆発の大膨張があり、後に、宇宙
 の星々となる星間物質が作られた。
  キリスト教の神が創ったという物は、「この宇宙の大
 膨張(大爆発)のビッグバンの時に作られている」とし
 なければ説明はつかないのだが・・??
  それ故、その「前段階の前」に持って行っては、キリ
 スト教聖書に書いてあることと違って来る・・食い違っ
 てしまう。
  キリスト教の神は、6日間、せっせせっせと物を創った・・
 疲れたので7日目に休んだ・・、
  しかし、これも・・おかしい?? 
  ビッグバンは「6日間もかかっていない」・・一瞬だ・・
 だから、Bang(バン)で爆発・・ここも、キリスト教の
 聖書に書いてある通りではない・・
  キリスト教は、最初、「これだ}と乗っかったのは良
 かったが、そうは問屋が卸さない・・キリスト教の筋通
 りにはいかない・・
  キリスト教聖書の話は「作り話」となっている・・昔
 の人の「ただの想像なのだ」・・
  「無謬(むびゅう、キリスト教の神は、絶対、間違い
 はしない)だ」と、屋上屋を重ねる嘘を言う結果となる。
  キリスト教は、必死にもがいて、物質もできていない
 「前段階の前」をビッグバンだと言い、バンでも何でも
 ない段階をバンだと言った。
  また、キリスト教の神が言うような物は、ビッグバン
 で・・宇宙に物質が出来たからと言ったって、すぐに、
 そのキリスト教の神が言う様な物質が出来たわけではな
 い・・
  キリスト教の神は、「創った」「創った」と言ったっ
 て、そんなにすぐに出来る訳のないことを言っている・・
 「ここも嘘だ」と分かる。
  そして・・
  宇宙の終焉(しゅうえん)について・・
  宇宙進化の最終段階の議論に、様々な科学理論が存在
 して、その期限が『有限だ』と言う説だったり、『無限
 だ』という説・・その両方がある。
  宇宙の起源は、また、終焉は・・未確定だらけだ・・
  その終焉の一つが、開いた宇宙は、わずかに減速しな
 がらも永遠に膨張をし続け、熱的死を迎える・・という
 「開いた宇宙の熱的死」・・という終焉の形・・と・・、
  やがて、星間ガスは尽きて、新たな星形成は起こらな
 くなるという「星形成の停止説」・・、
  超巨大ブラックホールが、宇宙に散在した状態で、互
 いに宇宙膨張で離れていくという「ブラックホール成長
 説」・・、
  そして、ブラックホールの温度が外界よりも高い場合
 には、放射を出して蒸発して行くという「ブラックホー
 ル蒸発説」・・、
  そのブラックホールが総べて蒸発した後に、光子エネ
 ルギーが非常に低く、光子から再び物質粒子が生成する
 事はないという「放射のみの宇宙説」・・、
  大統一理論が正しいとして、陽子が崩壊するという「
 陽子崩壊説」・・、
  ビックバンがあるなら、その逆もあるという「ビッグ
 クランチ説」・・
  正の宇宙定数が、「宇宙膨張を加速」している可能性
 が発見され、それなら、ありとあらゆる物理的構造が、
 いずれ素粒子にまでバラバラになってしまい、かくして、
 宇宙は、永遠に加速しながらお互いから遠ざかる素粒子
 だけになってしまうという「素粒子だけ説」・・など・・
 実態は未定・・
.
46億年前、太陽系が形成され始めた。
  太陽は、過去の超新星爆発で散らばった星間物質がふ
 たたび集まって形成された星と考えられている。
.
45億4000万年前、地球が誕生した。
  太陽系の隕石や月の岩石の生成年代から、この頃、原
 始地球が形成されたと考えられている。
  地球が形成された位置は、後に、生命を育むことがで
 きる液体の水を保持することができるハビタブルゾーン
 に位置していた。
.
44億年前、地球最古の岩石鉱物ができた。
  西オーストラリア州のジャック・ヒルズで発見された
 ジルコン粒子のうち最古の物(44億400万±800万年前)
.
40億年前、原始海洋ができた。
  花崗岩(カナダ北部のアカスタ片麻岩)ができた。
  プレートができた。
  この海洋は、原始大気に含まれていた水蒸気が、火山
 からの過剰な噴出と温度低下によって凝結して、雨とし
 て降り注いで形成されたものであった。
.
40億年前、この頃、原始生命が誕生したと考えられている。
.
38億年前、現在、知られている最古の堆積岩が現れる。
  堆積作用があったことから、この頃には、海が存在し
 ていたと考えられている。
.
38億年前、真正細菌(バクテリア)と古細菌(アーキア)
 が出現した(共通祖先)
  共通祖先に近い原始的な生物は好熱性を示すものが多
 く見られる。
.
35億年前、生物活動の化石証拠
  地球上での最古の化石(西オーストラリア・ピルパラ
 地域からのバクテリアの化石)
  メタン生成の痕跡。
.
32億年前、光合成をする生物が現れる。
  藍藻(シアノバクテリア)。
  ストロマトライトは、藍藻(シアノバクテリア)の活
 動で形成された岩石。
  32億年前までには、光合成をする生物が現れ、海中に
 酸素を供給しはじめた。
  二酸化炭素光合成を行う生物が誕生すると、それらは
 二酸化炭素を酸素に変換するようになる。
  さらに、二酸化炭素が生物の体内に有機物として蓄積
 されるようになり(炭素固定)、長い時間をかけて過剰
 な炭素は化石燃料、生物の殻からできる石灰岩などの堆
 積岩といった形で固定される。
.
27億年前、シアノバクテリアが大量発生。
  酸素の供給量が増加。
.
25億年前、縞状鉄鉱層が形成される。
  シアノバクテリアの活動で海中の酸素量が増加し、海
 中の2価の鉄イオンが3価鉄に酸化して沈殿したため形成
 された。
  縞状鉄鉱層の形成が、およそ19億年前まで続き、これ
 以後は形成されなくなる。
.
24億年前、現在分かっている最古の氷期(ヒューロニアン
 氷期、~22億年前)
.
22億2000年前、マクガニン氷河時代(全球凍結)
.
21億年前、ミトコンドリア、葉緑体等に相当する生物と共
 生した真核生物の出現。
.
20億年前、大気中の酸素の増加。
  酸素は初期の生物の大量絶滅と酸素を効果的に利用し
 た生物のさらなる進化を導いた。
  海中の鉄イオン濃度が低下し、海中の鉄イオンが酸化
 し尽くされると縞状鉄鉱層の形成も停止し、余剰となっ
 た海中の酸素が大気中にも多く供給されるようになった。
  大気中の酸素は紫外線と反応しオゾンをつくった。
  オゾン層は、地表に到達するDNAを破壊する有害な紫外
 線が減少させ、生物が陸上にあがる環境が整えられた。
.
20億年前、最初の超大陸(ヌーナ大陸)出現か?(~19億年
 前)
  大陸移動説によれば、大陸は、数億年程度の周期で離
 散集合を繰り返していると考えられ、この頃、ヌーナ大
 陸と名づけられた超大陸が出現したと考えられている。
.
20億年前、酸素濃度が、現代の1/100以上のレベルとなり
 大きくは増加しなかった(~10億年前)
.
10億年前、ロディニア大陸誕生(~7億年前)
.
10億年前、この頃、多細胞生物が出現したと考えられてい
 る(~6億年前)
  多細胞生物は原口 (生物学)の獲得により強力な捕食能
 を有するに至った。
.
8億5000万年前、この頃の1年は約435日。
.
8億年前、大規模な氷河時代であったとされる(~6億年前)
.
7億年前、スターチアン氷河時代(全球凍結)
.
6億5000年前、マリノアン氷河時代(全球凍結)
.
6億年前、酸素濃度が現代の水準に近づく。
.
6億年前、エディアカラ生物群(~5億5000万年前)
  大型の軟体性の生物群であるエディアカラ生物群は、
 地球全体が氷に覆われていた時期(スノーボールアース)
 の直後に出現し、その大部分がカンブリア紀の始まる前
 に絶滅した。
.
6億年前、ゴンドワナ大陸がロディニア大陸から分裂。
.
5億4200万年前、生命の多様化、カンブリア爆発(~5億3000
 万年前)
  カンブリア爆発と呼ばれる生物の多様化が起こる。
  突如として脊椎動物をはじめとする今日見られる動物
 界のほとんどの門 (分類学) が出そろった現象。
  この頃から多くの化石が発見されるようになる。
.
5億3000万年前、 バージェス動物群
  三葉虫などの生物が現れる。
.
5億年前、二酸化炭素の濃度は現代の20倍程度(~4億年前)
.
4億6000万年前、一時的な氷河期(アンデス-サハラ氷期)
 (~4億3000万年前)
.
4億3000万年前、生物の大量絶滅(オルドビス紀末)
  6000光年以内で起こった超新星爆発によるガンマ線バ
 ースト仮説。
.
4億2000万年前、植物の上陸
.
4億年前、節足動物の上陸。
.
4億年前、アンモナイトが現れる。
.
3億6000万年前、生物の大量絶滅(デボン紀後期)
  寒冷化と海洋無酸素事変(海水中の酸素欠乏状態)の
 発生。
.
3億6000万年前、温暖期
  氷河の消滅。
  この頃、大森林が各地に形成され、石炭の元になった
 とされる(石炭紀)
  石炭の原料が地表に積もる。
  光合成により二酸化炭素が減少し、温室効果が減少し、
 寒冷化に向かい酸素濃度が増える。
.
3億6000万年前、脊椎動物(両生類)の上陸
.
3億5000万年前、大規模な氷河時代だったとされる(カルー
 氷期、~2億5000万年前)
.
3億年前、二酸化炭素濃度が現代の程度まで低下する。
  この前後寒冷化する。
  酸素濃度が最高の35%となる。
  これ以降、リグニンを含む樹木を分解できる菌類(白
 色腐朽菌)が登場し酸素濃度が徐々に減少に向い、二酸
 化炭素濃度は増加に向かう。
.
3億年前、昆虫が拡大。
.
3億年前、爬虫類の出現
.
2億5000万年前頃、ローレンシア大陸、バルティカ大陸、シ
 ベリア大陸などすべての大陸が次々と衝突したことによ
 ってパンゲア大陸が誕生した。
.
2億5000万年前、生物の大量絶滅(ペルム紀)
  地球史の中で何度か生じた生物の大量絶滅の中で最大。
  海生生物のうちの95%~96%、全ての生物種で見ても
 90%~95%が絶滅したとされる。
  メタンハイドレートが、大量に気化し、酸素濃度が著
 しく低下した。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2018-04-05 17:34 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)585E2/3:2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1893年7月~1893年9月)

題:(増補版)585E2/3:2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1893年7月~1893年9月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1893年7月、奥羽本線の青森駅~碇ヶ関駅間が着工された。
1893年7月、関西鉄道が、四日市駅~富田駅間の建設費の都
 合で四日市駅~桑名駅間に変更認可を受けて着工した。
  1893年6月15日、関西鉄道(現:関西本線)が、桑名駅
   ~名古屋駅間の免許を取得する。
  1894年7月5日、四日市駅~桑名仮停車場間(11.87km)
   が延伸開業し、富田駅と桑名仮停車場が開業した。
1893年8月1日、鉄道庁第三部出納事務所を長野に設置した。
1893年8月5日、日本鉄道が、水戸駅~岩沼駅間鉄道と川口
 から水戸に連絡する60マイルの鉄道建設を出願した。
  翌・1894年2月15日に仮免状が下付)された。
1893年8月5日、日本鉄道会社が、上野駅~秋葉原駅間の貨
 物線高架改築、および、新橋に至る高架線架設について
 出願した。
  のち、出願猶予を申請し再申請はなされずに終わった。
  (参考)日本鉄道会社:日本最初の民間鉄道会社で・・、
     1881年に創設され、東北地方の中心的鉄道とな
     った。
      1906年、国有化した。
1893年8月6日、八王子中心街で大火
  遊廓「新万楼」から出火し、八王子町の八日町・本町
 の702戸を焼く大火が発生した。
  大火後、甲州街道沿い横山町等に散在していた遊廓を
 元横山町妙薬寺裏の田地に移した。
  現在でも、遊郭が立ち並んでいた通りは、片側1車線、
 幅員18.43メートルの幅広い道路として、かつての名残
 を見せている。
1893年8月11日、鉄道庁が、官制を改正した。
  線路調査のための増員。
1893年8月12日、文部省が、祝日大祭日唱歌を公布した。
  学校の祝日大祭日の儀式に用いる唱歌8編を定めた。
  そして、文部省告示で、「君が代」を儀式用唱歌に指
 定した。
  「小学校祝祭日大祭儀式規定」の公布により、小学校
 の祝日・大祭日の唱歌として8曲が定められた。
  公示されたのは「君が代」「勅語奉答」「一月一日」
 「元始祭」「紀元節」「神嘗祭」「天長節」「新嘗祭」
  (参考)勅語奉答:作詞・勝安芳(勝海舟)
           作曲・小山作之助
   あやに畏(かしこ)き天皇(すめらぎ)の
   あやに尊(とうと)き天皇の.
   あやに尊く畏くも 下し賜へり大勅語(おおみこと)
   是(これ)ぞめでたき日の本(ひのもと)の
   國の教(おし)えの基(もとい)なる
   是ぞめでたき日の本の 人の教えの鑑(かがみ)なる
   あやに畏き天皇の 勅語(みこと)のままに勤(いそ
  し)みて
   あやに尊き天皇の 大御心(おおみごころ)に答へ
  まつらん
    https://www.youtube.com/watch?v=l6fVquDNhOY
  (参考)文部省は、1891年に、小学校に祝祭日のお祝
     いの儀式を執り行うよう通達し、その儀式のと
     きに歌う歌を、1893年8月に選定し、『祝日大祭
     日唱歌』を公布した。
      この儀式唱歌の中に、知られている歌「年の
     はじめの ためしとて」で始まる『一月一日』
     がある。
      また、『紀元節』『天長節』が含まれ・・、
      昭和の時代に入ると、明治天皇陛下の遺徳を
     たたえる明治節(11月3日)が新設された。
      明治以来の四方節(1月1日)、紀元節、天長
     節(昭和天皇陛下の誕生日、4月29日)と共に四
     大節(しだいせつ)としてお祝いされた。
      四大節の祝日には、家の門柱には国旗が掲げ
     られ、小学生はよそ行きの洋服を着て登校し、
      儀式では、御影(天皇・皇后両陛下の御写真)
     開扉、君が代斉唱(2回)、御真影(ごしんえい、
     天皇陛下・皇后陛下の御写真)に敬礼して教育
     勅語の奉読をし・・、
      校長の訓話を聞いて、祝日の唱歌を歌った。
      そして、御影閉扉で式が終わった。
      式が終わると、生徒は、担任の先生から紅白
     のお菓子をもらって下校した。
1893年8月12日、第1期長崎港湾改良工事が落成した。
  起工は1882年で、膨大な支出のため工事は中止という
 形での落成となった。
  工事費は31万1261円で、維持管理が不充分であった長
 崎港は、港内の海底が河川より流入した土砂で浅くなり、
 船舶に出入りに支障をきたしていた。
  大規模な浚渫・砂防・中島川変流工事をした。
  中島川は、江戸町と出島の間に迂回させ、西浜町と築
 町、築町と出島が陸続きになった。
  長崎港沿岸を浚渫した土砂で大波止から大黒町にかけ
 ての沿岸を埋立て・・、
  中島川筋3642坪、江戸町岸傍715坪、出島新橋傍1050坪、
 大波止沿岸643坪、突堤傍1906坪の計7956坪・・、
  また、海岸線では、市街地より北部への連絡道路とし
 て時津街道が埋立されて整備された。
  また、この時、長崎街道の日見峠切通と茂木街道の拡
 幅が行なわれた。
  この近代化政策で、市街地外とをつなぐ連絡道路が整
 備された。
1893年8月30日、紀和鉄道が、五条駅から橋本駅を経て和歌
 山駅に至る鉄道建設の免許を申請した。
  1894年7月3日、仮免状が下付され
  1896年4月30日、免許状が下付された。
1893年8月、全国に赤痢が大流行した。
  赤痢で41,284人が死亡した。
  春、赤痢が神奈川県下に流行する。
  四国災害アーカイブスに、この年、6月25日~8月4日ま
 で降雨なく、旱害・・とある。
  1893年~1894年に、西日本で猛威を振るった赤痢の記
 述もある。
  この頃、流行を抑えるため、警察衛生と自治衛生制度
 が導入された。
  警察衛生は、伝染病の蔓延を防ぐために、患者を避病
 院に隔離し、その地域の交通を遮断し、汚染地域の人や
 生鮮食品等の移動を禁止し、劇場などを閉鎖し、集会を
 禁止した。
  その結果、交通の遮断もあり、物価が高騰、ならびに、
 魚介類などの販売禁止で生活難となった。
  工場が閉鎖などになる場合もあった。
  封鎖は、患者住居の一角を警察によって封鎖し、通行
 が制限され、道路の真ん中に塀を立てて、患者の発生し
 た地区を封鎖し、出入口で警察官が立ち番をした。
  地域の衛生委員が中心となって、その家の周囲が石炭
 酸などで、徹底的に消毒された。
  患者は、町ごとに作られた避病院に隔離し・・、
  十分な治療法が確立していない当時の避病院の悲惨さ
 は、この流行から13年後に書かれたベルツの日記にも登
 場する・・、
  「400人の患者に、無経験の医者を含めて8人しかいな
 い、(やむなく)患者の扱いは馬以下の様だった」
  医療の確立されていない当時・・伝染性の強い病気の
 流行は、悲惨という状況で・・このべルツの見た避病院
 は、現在も継続して、存在していて、その病院正面入り
 口の道を挟んだ向かいには葬儀屋が店を構えていた。
1893年8月、関西鉄道が、桑名駅~名古屋駅間を着工した。
  同区間に架設した揖斐川橋梁には、わが国ではじめて
 橋脚の沈井に鉄製楕円筒を使用した。
  (参考)沈井:ちんせん、オープンケーソン、
     防波堤などの水中構造物として使用され、ある
     いは、地下構造物を構築する際に用いられるコ
     ンクリート製、又は、鋼製の大型の箱のこと。
      軟弱地盤や地下水の多い地盤を施工すると、
     水や泥が作業箇所に流入し掘削作業が非常に困
     難になる。
1893年8月、阪鶴鉄道が、大阪駅~舞鶴駅間の鉄道建設を
 出願した。
  12月に、計画路線を延長して福知山駅~和田山駅~八
 鹿駅間を追加出願した。
1893年9月4日、ビアトリクス・ポターが、ピーターラビッ
 ト(子ども向けの絵本)の話を書き送った。
  内容:イタズラ好きのピーターラビットが、マグレガ
 ーさんの庭でいたずらをし、見つかって追われるが、結
 局、脱出することができたという・・内容・・、
  4500万部も売れたオールタイム・ベストセラー作品。
1893年9月7日 房総鉄道の蘇我駅~大網駅間の建設の免許状
 が下付された。
1893年9月8日、加能鉄道が、津幡駅~七尾駅間の鉄道建設
 の願書を、石川県知事に提出した。
  1896年4月30日、免許状が下付された。
1893年9月10日、官営富岡製糸場が、三井高保に払い下げら
 れた。
  この群馬県の富岡製糸場は、2014年に、世界遺産に認
 定され・・、続いて・・、
  2014年の年末に、3棟の建物が国宝に指定された。
  明治政府は、殖産興業で、生糸輸出での貿易や、産業
 振興のために、官営で工場をスタートした。
  この製糸場も、明治時代の後半、一時期、三井傘下に
 あって大きな発展をした。
  この富岡製糸場を払い下げられた三井は、官営の時代
 には、生産効率が上がらなくて赤字経営を続けていた状
 態を・・、
  工女の人々の救済や、失業救済もあって、旧士族を優
 先していた募集形態も改善し、新技術を磨くことを、当
 然のこととして優先した。
  そして、給料も出来高制にし、新しい機械も導入する
 などして赤字経営から脱却した。
  操業は、1987年(昭和62年)に停止し、115年の歴史を
 刻んだ。
.
  (今日の言葉)
.
  題:一番長い歴史を持つ人類・・日本人の祖先である縄文人が、
   現世人類の中で、最も古い時代に分岐した集団であると分かった。
    そして、グローバルだと財布を一緒に出来るのか??
.
紀元前3万年~紀元前2万年、日本人の祖先である縄文人が、
 アフリカから東アジアや東南アジアに移動してきた現世
 人類の中で、最も古い2万年~3万年前に分岐した集団と
 見られることが分かった。
.
紀元前1500年頃、多数のイラン人が、イラン高原に移住し
 て来た。
  このイラン人は、インド人やヨーロッパの白人と同じ
 アーリア系の民族。
.
紀元前1200年、ヘブライ人(セム系ユダヤ人、キリスト教を
 作る)は、ラクダを家畜化して、この効率化によって勢力
 を大きく伸ばした。
  それまで、ヘブライ人が、運搬用として飼っていた家
 畜はロバだった。
  ロバは、1日以上、水を飲まないと病気になった。
  ラクダは、乾燥と高温に強く、砂漠で何日か水を飲ま
 なくても元気に移動ができた。
  このラクダを手に入れたヘブライ人は、乾燥地で遠距
 離の貿易ができるようになった。
  ラクダの隊商で富を得たヘブライ人は、カナン(パレ
 スチナ)の各地に都市を営んだ。
  そして、ヘブライ王国が作られていく。
.
紀元前1020年、ヘブライ王国の「サウル」が、最初の国王
 となった・・そして・・、
  紀元前1004年~紀元前965年の治世の『ダビデ』が王と
 なり、ペリシテ人を破ってエルサレムを王都とした・・
 次いで・・
  紀元前965年~紀元前932年の治世の『ソロモン』が王
 となった。
  ソロモンは、官僚組織を整(とと)えて、ヘブライ王
 国を全盛に導いた。
  また、ソロモンは、カナン(パレスチナ)の各地の商
 業都市を地方行政の中心とした。
  そして、ヘブライ人の貿易商を統制して、ヘブライ王
 国を商業国家にして全盛にした。
  ヘブライ商人は、この時代、アラビア半島、エジプト、
 メソポタミア、エチオピアなどの広い地域で活躍した。
  ソロモン王とアラビア南部のシバ王国の女王との交流
 の話は有名。
  ソロモンは、国を栄えさせたが、非人道的行為も行な
 い国民の恨(うら)みを買っていた。
  紀元前932年に、ソロモン王が死ぬと、ヘブライ人は、
 二派に分裂し、国も二つに分裂した。
  ヘブライ人の10部族が、ソロモン王に反旗を翻し、『
 ヤロプアム』を王に立てて、サマリアを都とする『イス
 ラエル王国』を作った。
  残りの2部族「ユダ族」と「ベニヤミン族」が、ソロモ
 ンの子の『レハブアム』に付いてエルサレムの地に『ユ
 ダ王国』を立てた(血筋からは、こちらが直系)
.
紀元前1000年、今から3000年前の縄文人は・・?
  この時代の縄文人の全遺伝情報(ゲノム)の解析に、
 総合研究大学院が成功し・・、
  日本人のDNAは、縄文人から12%を受け継いでいる
 ことが分かった。
  また、アイヌ人が縄文人に最も近く、次に琉球人が、
 そして、本土のヤマト人。
  また、縄文人は、アフリカから東アジアや東南アジア
 に移動してきた現世人類の中で、最も古い2万年~3万年
 前に分岐した集団と見られることも分かった。
  縄文人が、日本列島で独自の進化と遂げたと言える。
   (読売新聞、2016年9月2日より)
.
紀元前800年頃、メソポタミア、イラン高原、中央アジアな
 どの乾燥地帯に「カナート」という灌漑施設が、急速に
 広まった。
  このことにより、多くのオアシスが開発された。
  カナートは地下水路で、オアシスからその地下水路で、
 乾燥地の畑に水が供給された。
  食糧の増産・確保ができ、イラン高原、アラビア半島
 などで人口が増加した。
  そして、イラン高原は、有力な交易路となって栄えた。
  また、このオアシス都市群を支配する強国が現れた。
.
紀元前9世紀、預言者と呼ばれるユダヤ教のラビが現れた。
  (参考)ラビ:ユダヤ教の指導者で、律法に精通した
     宗教的指導者の敬称。
      ラビは、ヘブライ語から来た言葉で、もとも
     とは「わが師」「わが主人」という意味。
  ヘブライ王国は、南北に分裂した後、政治は乱れ、信
 仰も乱れ、最高神のヤハウェも軽視された。
  勝手な生き方をする有力者も現れた。
  紀元前9世紀以降、預言者と呼ばれるラビが現れた。
.
紀元前722年、ヘブライ人のイスラエル王国が、アッシリア
 に滅ぼされた。
.
紀元前8世紀、イラン人が、古くからイラン高原に居たエラ
 ム人を追い出し、オアシスに頼る生活をしていた都市群
 を制圧した。
  そして、このイラン人は、紀元前8世紀から盛んにカナ
 ート(地下灌漑水路)を開発し、オアシスの水を広く活
 用して勢力を拡大した。
.
紀元前625年、イラン人のメディア王国が建国された。
  メディアは、やがて、イランと小アジア(トルコ)を
 支配する大国となり、インドとメソポタミアとの間の貿
 易で大きな利益を上げた。
.
紀元前586年、メディア王国が、メソポタミアに本拠がある
 新バビロニアへの圧力を高めた。
.
紀元前586年、ヘブライ人のユダ王国が滅亡した。
  新バビロニアのネブカドネザル2世の侵攻にあって、ユ
 ダ王国が滅亡した。
  この新バビロニアは、エルサレム神殿を破壊した。
  ユダ王国の人々は、新バビロニアの首都であるバビロ
 ンへ連れて行かれた(バビロン捕囚・ほしゅう)
  苦難の状況を強いられ、元ユダ王国の人々は、それま
 でのヤハウェ信仰をユダヤ教へと変えて行った。
.
紀元前537年、この年の初め頃、イラン高原に本拠を置く
 アケメネス朝ペルシャ王キュロス2世は、新バビロニア
 を滅ぼした時、ヘブライ人のエルサレム帰還を許した。
  そして、捕らわれていたヘブライ人へ、エルサレムに
 帰還して神殿を再建することを許す布告を出した。
  総督ゼルバベルと大祭司エシュアに導かれた「流刑囚」
 と「奴隷」や「歌うたい」たちがエルサレムへ戻った。
.
紀元前520年、エルサレム神殿の再建が始まった。
  紀元前515年に、神殿は完成した。
.
紀元前6世紀頃、ゾロアスター教が、イラン高原で活躍して
 いたゾロアスターによって作られた。
  ゾロアスター教は、善なる神と悪なる神との対立する
 世界観で作られている。
  このゾロアスター教の影響を受けたユダヤ教は、「終
 末の時に人間は報いを受ける」という教義を持ち、この
 教義を引き継いだキリスト教も、同じ終末論の教義とな
 った。
  ユダヤ教は、常に、オリエントやギリシャの影響を受
 けていた。
  そして、キリスト教は、その影響された教義によって
 構成された。
.
紀元前5世紀頃、この頃、ユダヤ教が成立した。
  ユダヤ教は、ユダヤ教の少し前にペルシャで成立した
 ゾロアスター教の影響を受け、「最後の審判」の終末論
 は、このゾロアスター教のもの。
.
紀元前333年、この時まで、ユダヤ人は、アケメネス朝ペル
 シャの支配を受けた。
  紀元前538年から205年間続いた。
.
紀元前63年、この時まで、ユダヤ人は、ギリシャ系のアレ
 キサンダーの帝国やセレウコス朝などの統治を受けた。
  そして、この年に、カナン(パレスチナ)の地は、ロ
 ーマ帝国の軍門に下り、ローマ領となった。
  民は、ローマ帝国の重税に苦しむこととなる・・そし
 て・・
  紀元6年、ローマの直轄領とされ、ローマ総督の支配下
   に置かれた・・そして・・、
  紀元63年、カナン野地の民は、苛酷なローマの支配に
   耐えかねて、大反抗の挙兵をした。
   エルサレムの城で1年半、戦ったが・・、
  紀元70年、敗北した。
   エルサレム神殿は破壊された・・そして・・、
  紀元73年、最後の戦いも終わり、カナン(パレスチナ)
   から追われた。
  ローマ帝国は、カナンの地名を「パレスチナ」に変え
 た。
  この「パレスチナ」の名の意味は、ヘブライ人より以
 前にカナンに居た民族「ペリシテ人」の地という意味だ
 った。
  つまり、ユダヤ人の地ではなく、パレスチナ人の地と
 いう意味だった。
  流浪のユダヤ人が発生した。
  この流浪の民には、大きく二つの流れがある・・、
  その一つが「アシュケナジ」という東欧系の人々で、
 イディシュ語(ドイツ語系)。
  もう一つが「スファルディ」の人々・・スペイン系ラ
 ディノ語。
  アシュケナジ系の人々は、紀元1世紀に、ローマ帝国支
 配下のガリア(現:フランス)に集まり住んだ。
  そして、ここから「ドイツ」「ポーランド」などへ広
 がった。
  スファルディの人々は、パレスチナに近い「小アジア
 (トルコ)」に定住し、後に、イスラム帝国が支配する
 「スペイン」などとアラブ圏に広がった。
.
紀元30年頃、イエスが刑死したとされている。
  イスラエルという国は、日本の九州くらいの大きさで、
 今・現代、この地を、パレスチナの方々と土地に対する
 争いが続いている。
  しかし、この地は、まだまだ多くの民族の方々が居る・・
 その様な地・・、
  イエスは、実在していたかが不明な人なのだが、イエ
 スが居たと言われる約2000年前にも、この地には、多く
 の民族の方々が居た。
  そして、この地・カナン(聖書で「乳と蜜の流れる地」
 と言われる狭い、そして、わずかな緑の地)を、多くの
 民族が取り合っていた。
  イエスは、父と共に大工をしていた。
  そして、多分、その父が亡くなったために・・、
  イエスは、父としていたその大工の仕事を止め、幼な
 じみ(馴染)の漁師をしていた仲間たちの数人と、エル
 サレムに出た。
  エルサレムへ行く前、イエスは、従姉妹(いとこ)の
 「洗礼者ヨハネ」の洗礼を受けた。
  そして、ほんのわずかな期間、この従姉妹の行なって
 いること学び、実行した(荒野での断食行)
  そして、洗礼者ヨハネから学んだ事と同じことを言い
 ながら、幼なじみたちと予言者をしようとエルサレムに
 出た。
  イエスの郷里の人が、「予言者稼業とは、うまいこと
 をやっているな」と、イエスに言ったように・・、
  「エルサレムでの予言者稼業は、一番儲かる良い仕事」
 だった。
  それ故に、同じ様なことをする人たちでエルサレムは
 満ちていた。
  エルサレムの町は予言者だらけだった。
  予言者には、公的な立場を持つ立派な身分を持つ人も
 居たが、イエスの様なにわか予言者は、「私的予言者」
 だった・・公的予言者にはなれなかった。
  イエスとその仲間たちは、にわか予言者グループを作
 って、エルサレムのあちこちで仕事を始めた。
  そして、結局、エルサレムの公的機関は、このにわか
 予言者たちを総べて処刑する。
  イエスの活動も・・1年~2年で終わった。
  当時の平均年齢を越えた・・晩年の30歳位の時から始
 めたことだった。
  (この当時の平均年齢は・・26歳~27歳くらいと言わ
 れている)
  イエスは、紀元前6年、または、紀元前4年頃に生まれ、
 紀元30年頃に刑死したとされている。
.
1130年10月18日、朱子(しゅし、1130年~1200年4月23日)
 が中国・福建省に生まれた。
  本名は朱熹(しゅき)で、朱子と尊称された。
  南宋の儒学者で、宋以降の中国、日本の思想界に圧倒
 的な影響を及ぼした。
  地方官としての治績にもみるべきものがあるが、本領
 は、あくまでも壮大な理気の説を基にしたその思想だっ
 た。
  朱子は、程顥、程頤、張載などの北宋道学を集大成し、
 宇宙論、人性論、道徳論のすべての領域をおおう理気の
 思想を完成させた。
  膨大な著作がある。
  『四書集註』 (19巻) 、『周易本義』 (10巻) 、『詩
 集伝』 (20巻) 、『朱子文集』 (100巻、続集 11巻、別
 集 10巻) 『朱子語類』 (140巻) など。
 (参考)朱子学:朱子が大成した儒学。
   格物致知を眼目とする実践道徳を唱えた。
   中国、南宋の朱子、あるいは朱子に代表される人々
  の学説。
   周敦頤 (しゅうとんい) 、程顥 (ていこう) 、程頤
   (ていい) 、張載 (ちょうさい) などの思想を、仏教
  や道教に触発されながら体系化したもので、宋以後の
  中国、朝鮮、日本の中核的思想となった。
   その思想は、万物の構成原質である「気」と、万物
  の理想的なあり方を示す「理」とを中心とする。
   天地、人性、道徳のすべての事象がこの理と気によ
  って説明される。
   それはまた、当時の士大夫の存在意義、その目指す
  方向を、宇宙論的規模での理論づけに成功したもので、
  それ故、この思想は、以後の士大夫社会に、常に、安
  定した力をもち続けた。
   朱子学は、中国では元(げん)以後、日本では江戸
  時代に官学となった。
   日本への流入は、俊仍 (しゅんじょう) に始るが、
  学派としての権威を確立したのは、江戸時代初期の藤
  原惺窩、林羅山からである。
   江戸時代の朱子学者としては、山崎闇斎、新井白石
  などが注目される。
   朱子学の合理的性格は、実証的精神、合理的思考を
  はぐくみ、幕末維新の西欧文化受容の下地を準備する
  ことになった。
 (参考)格物致知(かくぶつちち):物事の本質まで突
  き詰め(=格)て行って、知識を深める(=致)こと。
 (参考)致知(ちち):格致(かくち)とも略され・・、
  (1)朱子学で、知識をきわめて物事の道理に通じる
    こと。
  (2)陽明学で、本然の良知を明らかにして完全なも
    のとすること。
     良知を最大限に発動すること。→格物致知(かく
    ぶつちち)
   『礼記』大学篇(『大学』)の一節「致知在格物、
  物格而知至」に由来し、儒学史上、さまざまな解釈が
  なされた。
   宋代以降の儒教(宋学)において『易経』説卦伝に
  由来する「窮理」(理を窮(きわ)め性(せい)を尽
  くし以て命(めい)に至る)と結びつけられ、事物の
  道理を追究することとして重要視された。
.
1878年、イギリスは、日本でも「アヘン(麻薬)」を売っ
 て利益を得ようとした。
  あれほど中国で人非人行為をしていたイギリス・・、
  中国で味を占めたイギリスは、日本でもそれをしよう
 とした。
  1878年、アヘンを密輸して来た。
  日本は、それを摘発した。
  イギリスは言った「アヘンは薬です」・・と・・、
  そして、イギリス商人を、治外法権を使って『無罪』
 とした。
  日本国民は怒った・・明治11年のことだった・・、
.
1942年9月9日、日本のアメリカ本土空襲
  「ルックアウト空襲」と言われた・・、
  この日、日本が、アメリカ本土を空襲した。
  日本の潜水艦に乗った日本軍機による空襲だった。
  1942年8月15日、帝国海軍の伊号第二五潜水艦(伊25)
 は横須賀を出港した。
  アリューシャン列島を通り・・、
  1942年9月7日、オレゴン州沖に到着した。
  零式小型水上偵察機は、天候の回復を待つため、沖合
 いで2日間、待機した・・そして・・、
  1942年9月9日、深夜、空襲の決行に移った。
  田上艦長ら搭乗員が見守る中を、藤田信雄飛曹長と奥
 田兵曹が操縦する零式小型水上偵察機は、76キロ焼夷弾
 2個を積んで太平洋上の「伊25」を飛び立った。
  目標地点である太平洋沿岸のブランコ岬に到達してか
 ら内陸へ進み、
  カリフォルニア州との州境近くのブルッキングス近郊
 の森林部に2個の焼夷弾を投下した。
  森林部は延焼した。
  アメリカ軍の地上からの砲撃も、戦闘機の迎撃もなく
 任務は遂行された。
  「伊25」へ帰還・・藤田機は空襲を終えて「伊25」へ
 の帰還すべく飛行中・・オレゴン州森林警備隊の隊員で
 あるハワード・ガードナーによって発見されている。
  そして、アメリカ陸軍に通報され、アメリカ陸軍航空
 隊のロッキードP-38戦闘機が迎撃に向かっている。
  しかし、防空体制の不備により発見はなされなかった。
  また、この突然の空襲で、アメリカ陸軍や警察が沿岸
 地域を徹底的に捜索した。
  藤田機の帰還後、「伊25」は、沿岸警備行動中の陸軍
 航空隊のロッキードA-29ハドソン哨戒爆撃機に発見され
 攻撃を受けた・・損害なし。
  2回目の空襲が・・、
  1942年9月29日、真夜中に決行された。
  藤田機は、同様に、76キロ爆弾2個を、再び、オレゴン
 州オーフォード近郊の森林部に投下し森林部を延焼させ、
 「伊25」へ帰還した。
  この2回目の空襲も、地上からの砲撃も戦闘機の迎撃
 もなかった・・任務遂行ができ、「伊25」に帰還した。
  「伊25」に、予備の爆弾があったが、アメリカ太平洋
 沿岸部の警備が厳しくなった。
  以後の空襲決行の取りやめを決定した。
  「伊25」は、横須賀の母港へ帰還途中に・・
  1942年10月4日、及び、10月6日、アメリカタンカー(
 SSカムデンとSSラリー・ドヘニー)を1隻ずつ撃沈した。
  そして、太平洋を横断して母港の横須賀へと帰還する
 が・・、
  1942年10月11日の帰還中、ウラジオストクからパナマ
 運河経由でムルマンスクへ回航中のソ連海軍の潜水艦(
 L-16)を、「アメリカ海軍の潜水艦」として撃沈した。
  (日ソ間に日ソ中立条約が締結されており、戦争状態
 にはなかった)
  アメリカ側の被害と反応については・・、サンフラン
 シスコ市内に張り出されたシェルターへの避難案内と、
 日系アメリカ人に対する強制退去命令があった。
  この日本の空襲目的は、最初から人的被害を出すこと
 を目的とした空襲でなかった(アメリカ軍人や民間人に
 死者は発生しなかった)
  また、爆撃前日の雨により、空襲による森林の延焼は、
 本格的な消火活動が行われることなく、自然消火した。
  空襲による直接的被害は少ない。
  しかし、アメリカ史上初の敵軍機による本土空襲に驚
 いたアメリカ政府は・・、
  太平洋戦線における日本軍に対する相次ぐアメリカ軍
 の敗北に意気消沈する国民に対する精神的ダメージを与
 えないため・・「軍民に厳重な緘口令を敷き」この空襲
 を極秘扱いとした。
  しかし、まもなくマスコミに知れ渡り、当時、太平洋
 戦線で負け続きであったアメリカ国民を大いに怯(おび)
 えさせた。
  この空襲以降、アメリカ西海岸地域を問わず、アメリ
 カの全ての沿岸部における哨戒活動、及び、防空が、厳
 重なものとなった。
  また、サンフランシスコなどの西海岸地域の大都市に、
 日本軍機による空襲に備えたシェルターや防空壕が、急
 遽、設置された。
  そして、この空襲作戦の過程において、日本人移民や、
 日系アメリカ人の関与や協力などが一切ない事は明らか
 であるにもかかわらず、有色人種蔑視観の強い、人種差
 別的指向を持っていたフランクリン・ルーズベルト大統
 領の命令によって・・、
  1942年2月から、ハワイを除くアメリカ全土で行われて
 いた日系人の強制収容を正当化する「口実とされた」。
  後日談・・
  1962年の終戦後・・、
  藤田飛曹長は、オレゴン州ブルッキングス市から招待
 を受けた。
  そして、市民から「歴史上唯一アメリカ本土を空襲し
 た敵軍の英雄」として大歓迎を受け、同市の名誉市民の
 称号を贈られた。
  また、その時、同市市民から藤田飛曹長が投下した焼
 夷弾の破片を贈られた。
  その破片から、かすかに火薬の臭いがしたという。
  また、藤田飛曹長は、戦争中、軍刀として用いた愛刀
 をブルッキングス市に寄贈した。
  この招待があった時、藤田飛曹長は、外務省から伝え
 られたが、その招待の趣旨が知らされていなかったため、
 現地に到着するまで「戦犯として収監されるのかもしれ
 ない」と思っていた。
  寄贈した軍刀は、戦後、密かに所持していたもので、
 収監されそうになった時、自決するため、荷物に忍ばせ
 て持参したものだった。
  その後、藤田飛曹長は、同市に植林を行ったり、同市
 市民を、日本に招待するなど日米友好に残りの半生を費
 やした。
  この様な友好の貢献に対して・・後に、ロナルド・レ
 ーガン大統領は、ホワイトハウスに掲揚されていた星条
 旗を藤田氏へ贈った。
  この星条旗と爆弾片は、茨城県土浦市の「まちかど蔵
 野村」に保存され、公開されている。
  1995年12月29日、このエピソードが、この日の放送の
 『たけし・さんまの世界超偉人伝説』(日本テレビ)で
 取り上げられ、藤田飛曹長本人も出演した。
  このエピソードは、日本では余り知られる事がなかっ
 たため、ゲストで出演していた元海軍軍人の西村晃も、
 「この話は全く知らなかった」と発言している。
  (参考資料)「NEWSポストセブン 2011.12.08 07:00」
  より・・
  米本土爆撃した日本人へ爆撃地から『敬意表したい』
 と招待状・・、
  12月8日は、日本軍がハワイ・真珠湾を攻撃し、太平洋
 戦争が開始してから70年目の日である。
  そして 1942年6月、日本はミッドウェー海戦で敗退。
  戦局は大きく米国側に傾きつつあった。
  そこで、起死回生の一撃を見舞うという意図のもとに
 計画されたのが米本土爆撃計画だった。
  同年7月、伊号25潜水艦の藤田信雄飛曹長が海軍省に呼
 ばれ、作戦を指示された。
  同年9月9日、米西海岸沖600カイリの地点からパイロッ
 トの藤田を乗せた零式小型水偵が、オレゴンに向けて飛
 び立った。
  520個の小型焼夷弾が詰められた76キロ爆弾2個を投下、
 オレゴンの森を火に包んだ。
  歴史上初めて、米国本土が航空機によって爆撃された
 瞬間だった。
  戦後の1962年5月、藤田の元に招待状が届く。
  米国は、オレゴン州ブルッキングス市からのものだっ
 た。
  「貴方の勇気と愛国心に敬意を表したい」と書かれて
 いた。
  爆撃したその地の人々から、なぜ招待されるのか。
  日本で評価されなかった自分が、どうして敵国から敬
 意を表されるのか。
  藤田は、「万が一」の時に備え、伝家の日本刀を荷物
 に忍ばせた。
  いざとなったらこれで割腹自殺する覚悟だった。
  だがそれは杞憂だった。
  ブルッキングス市民は、「米国本土を爆撃したただひ
 とりのサムライ」と心から称えていたのだ。
  藤田は感激し、罪滅ぼしとして、持参した日本刀を寄
 贈した。
  それから36年後の1998年10月、藤田の遺族が同市を訪
 れた。
  1年前に亡くなった藤田の遺灰を、「アメリカ大陸が
 唯一日本機に空爆された地点」と書かれた標識の袂に埋
 めるためだった。
  遺族らが歓迎を受けたのは言うまでもない。
   2011年12月28日号
.
1981年、中国の文化大革命は・・完全な誤り・・
  中国の共産党中央委員会が、毛沢東の死後の1981年、
 文化大革命は、毛沢東による「完全な誤り」と断じた『
 歴史決議』を行なった。
  文化大革命は、鉄鋼生産でイギリスを追い越すと号令
 して多数の餓死者を出した。
  「大躍進」で威信が低下した毛沢東が、奪権目的で発
 動したとされる。
  江青ら4人で組織した「中央文化革命小組」を中心に、
 若者らによる伝統的な権威や道徳の否定が進められ、高
 給幹部や知識人らの迫害、虐殺や冤罪(えんざい)も相
 次いだ。
  1億人が被害に遭(あ)い、死者は1000万人以上に上る
 ともいわれる。
  今・現在、習政権は、贈収賄などの摘発だとして、多
 くの人々を収監しているが、この文化大革命と同じ行為
 だという指摘もある・・政敵の逮捕・監禁・・?
.
1994年、北朝鮮の核兵器開発・・北朝鮮は何度もだました。
  1994年の合意は、北朝鮮が核爆弾の原料となるプルト
 ニウムの抽出が容易な黒鉛減速炉の建設の凍結、及び、
 運転の凍結する・・だった。
  その見返りに、アメリカは、核兵器への転用が難しい
 軽水炉を提供し、軽水炉完成まで年間50万トンの重油を
 提供する約束だった。
  しかし、北朝鮮は・・秘密裏に核開発を継続した。
  2002年10月、ウラン濃縮計画を自ら公表したことで、
 合意事項が守られていないことがはっきりした・・
  合意に基づくすべての協力は、当然、打ち切られ、ス
 トップした。
.
2007年4月21日、第二次世界大戦の原因を作ったアメリカが
 立証された。
  フライング・タイガー戦闘機部隊(第二次世界大戦の
 開始前に、中国で日本と戦っていた秘密の戦闘機部隊)
 のエドワード元大佐が、この日・2007年4月21日に、中国
 を訪問し、この時に、次のことも明らかにした。
  『アメリカは、日本が真珠湾攻撃をする前に、中国で、
 対日参戦していた』。
  アメリカ正規軍による日本本土計画にも、アメリカ大
 統領のルーズベルトは署名したりもしていた。
  (参考)フライング・タイガー:日中戦争時に、中国
     国民党軍(蒋介石軍)を支援したアメリカ合衆
     国の戦闘機部隊。
      追及され、とうとう・・アメリカは義勇軍だ
     と卑劣にも屋上屋を重ねる様な嘘を言った・・
     が・・、
      戦闘機(100機)や、パイロットはアメリカ政
     府が準備し、配備しており、実質、義勇軍の名
     を借りたアメリカの対日戦闘部隊だった。
      そして、次についた嘘が、戦ったのは真珠湾
     攻撃後だと言い出した。
      初めは「ボランティア」と言い、大統領の正
     式な命令書の証拠が発見され、出ると、この様
     な言い方をする卑劣なアメリカとなっている。
      南京事件の日中戦争などにも、アメリカはれ
     っきと参戦していて、真珠湾攻撃の、大分、以
     前からアメリカと日本は交戦していた。
.
2008年12月、北朝鮮の核兵器開発・・北朝鮮は何度もだま
 した。
  2005年、北朝鮮と合意した・・それは、・・
  国際社会による経済・エネルギー支援の提案に対して、
 北朝鮮は、第一段階として、寧辺(よんびょん)の核施
 設の「停止・封印」、
  第二段階で、核施設の「無能力化」とすべての核計画
 の「申告」、
  第三段階で、核施設や核物質の「解体・廃棄」を約束
 した。
  しかし、2008年12月の6カ国協議で、プルトニウムの生
 産量確認や、核施設の検証開始時期をめぐって交渉が決
 裂した。
  政権交代を約1ヶ月後に控えていたブッシュ政権は、拙
 速(せっそく)な対応を繰り返した・・
  それが、北朝鮮に核・ミサイル開発の時間を与えてし
 まい、時間稼ぎを許してしまった。
.
2015年、夢から覚めたギリシャ・・こんな事は、すでに、
 3年前の2012年に起きていたこと・・??
  「命が救われるから」と、手術をしたら死んでしまっ
 た・・ギリシャは、まさに、その様な状態になってしま
 った。
  『グローバル化が良いのだ』と・・、
  だから、EUを作ればいいのだ・・と・・
  その欧州連合に入りなさい・・と・・、
  ギリシャの古代の文明がヨーロッパの根幹にあり、欧
 州連合に加わってもらいたい・・と・・、
  そんなことを言われ・・そして、加わって・・欧州通
 貨のユーロが使えるようになって・・、
  世界から・・物が買いやすくなって・・、
  また、ギリシャへドンドン投資がなされ・・、
  金が流入し・・
  ギリシャ経済が浮上し・・また、浮上させようとされ
 た・・
  ・・が、EUに加入するときには、ギリシャは、既に
 大赤字だった・・
  しかし・・その実態は隠された・・、
  それは、EUが一緒になって隠していて・・
  EU諸国自身も・・その様な後ろめたい国ばかりだっ
 た・・なんてことも分かったりして・・
  ギリシャは、半端ない大赤字の実態なのに・・投資資
 金はどんどん入って来た・・が・・
  その金は、消費に使ってしまって、投資の目的の「新
 たな金を生む」というわけもなく・・
  赤字は膨らみっぱなしの「ぱなし状態」・・
  悲惨な実態が隠されているギリシャは・・バブル状態
 となり・・表面上は豊かなギリシャとなって・・、
  賃金は上昇して・・浮かれ喜んで居た。
  そんな状態が長くは続くはずもなく・・
  その嘘がばれるまでの短い期間をエンジョイするギリ
 シャ正教のキリスト教国だった。
  結局・・当然・・当たり前に・・嘘がばれて・・宴(
 うたげ)の後は・・厳しい借金の山が残った・・
  以前より・・惨(みじ)めなギリシャとなった。
  EUが美しくでっち上げたEUスローガンの「ギリシ
 ャの幕」は下ろされた。
  結果は・・大失敗だった。
  手術で命が救われるからと、手術に臨(のぞ)んだギ
 リシャだったが、当然の手術の失敗のギリシャだった。
  瀕死のギリシャと・・なってしまった。
  「経済は完全な破綻状態」となってしまった。
  そして今、「貸した金は返せ」の『返せコール』の真
 っ最中・・、
  EUは返せと言って・・せっつき・・ギリシャは、せ
 っつかれて売れるものは、皆、売ってしまったギリシャ
 となっている。
  ギリシャの港も中国に売って・・、
  中国の軍艦が来るようになり・・中国は、素晴らしい
 橋頭保が出来た、「世界制覇の重要拠点だ」と喜んでい
 る。
  EUの手術が失敗したギリシャは、『以前より苦しい』
 と・・悲鳴を上げている。
  何とかしてくれと「チプラス氏」を首相に選出した。
  チプラス首相は、「借金を返す方針にするか?」は国
 民に問う・・として、EUの借金返済期限までに、借金
 を返済する行為を無視して、その国民投票期日を決めた。
  最初から返済の話は頭にない状態に、EUなどは『唖
 然』とした。
  ここで、当然、ルールの「ギリシャのデフォルト」「
 債務不履行宣言」「破産宣告」がなされるわけだった。
  金を、一生懸命に貸した「EUの唯一の経済健全国の
 ドイツ」が・・、チプラス首相をぼろくそに言い出した。
  大人の世界、それも世界トップの大人の世界の人たち
 が、子供の世界と同じとなった。
  「チプラスは無能だ」「自己中だ」と悪党呼ばわり、
 ギリシャ国民を奈落の底に突き落とす悪党代表の様に言
 い立てた。
  欧州議会の議長もドイツ人で・・言った・・
  「ギリシャの銀行から金が無くなったのは、チプラス
 のせいだ」
  「糖尿病で、妻の薬が買えないと泣いていた男が居た。
  その責任を、君たちは、どのようにとるのだ」・・と。
  実際、ギリシャは、3年前の2012年に、すでに破綻(は
 たん)していて、社会福祉の金は40パーセントも削減さ
 れて、喘いでいる状態になっていた。
  何も今さら、それを言うか?と言う話。
  診察も手術も受けられない人だらけのギリシャに、す
 でに、なってしまっている。
  とっくの昔の話なのだ。
  チプラス政権のせいではない。
  EUの君たちが、その時の政権としたことが、その様
 にした・・その失敗だからでしょう?・・と、言われか
 ねない様な厭味(いやみ)も言った。
  こんな失敗は、2008年に、アイスランドでも起きてい
 た・・?
  この悪者は、ローンを「異常にやった銀行」が悪者だ
 と言われた。
  こんな事ばかりが起きているEUなのに・・グローバ
 ルさはどこにもない?
  ひっかきまわして『悪くしている』だけ・・
,
2015年7月5日、ギリシャ国民投票が行われた。
  EUなどの国際債権団が、ギリシャ再建策として歳出
 削減策などを提示したが、その受け入れを、ギリシャ国
 民の方々は、「拒否する民意」をこの投票で示した。
  賛成38.7%、反対61.3%で受け入れは拒否。
  そして、その後の話・・、
  EU・・グローバリゼーション・・??
  ヨーロッパをグローバルに統合して皆で豊かになろう
 といいう美しい理念で始まったEU(欧州連合)。
  しかし、ギリシャで躓(つまづ)いている。
  EUは、経済的に弱小な国ばかりだった。
  その弱小国の諸国を支える国は、ドイツだけという寂
 (さび)しい状態。
  そこに、ドイツの支援をとことん食いつぶすギリシャ
 という国が現れた。
  ギリシャが支援を受けて浮上して、困った国をドイツ
 と共に支える国になれればよいが、現実は、ドイツから
 借りた金は返せない、「焦げ付き」となる状態。
  ギリシャの国の資産を売って辻褄(つじつま)を最大
 限とろうとしているが、その売れる資産も先が見え、再
 建策も次々と厳しくなるばかり。
  借金返済免除のカードも何度も出したが、事態はよく
 ならず・・、
  とうとう、チプラス氏に何とかしてもらいたいと、首
 相に選任され、チプラス首相が行なった国民投票で、ギ
 リシャ国民の方々の意思を問えば・・、
  『EUの再建プランの受け入れは拒否する』となった。
  ここでルールは、ギリシャの財政破たん・・なのだが
 ・・??
  とことん行き詰ったEU。
  ギリシャを、財政破たんをさせたくないEU。
  ドイツはとことんギリシャを攻めていたが・・ギリシ
 ャの国民投票の2日後・・そのトーンが変わって来た・・
  ギリシャを厳しく糾弾する声が変わった・・
  「チプラスはごろつきだ」と言っていた声が変わった・・
  厳しくなる一方のギリシャへの再建策の提示への後ろ
 めたさか??
  「金融緩和だ」の声が出て来た・・
  とことん冷え込んだギリシャの景気・・こんな状態で
 ギリシャ経済が回復するわけがない・・の声だった。
  つまり、金融緩和は、景気刺激のために金を供給する
 こと・・、
  おい、待てよ・・こんなことは前にやっていたではな
 いか?・・
  失敗したではないか??・・
  ・・という声とともに・・「人道援助だ」の声が出て
 来た・・
  困っている人がいるのなら、食糧、医療品、エネルギ
 ーなど、必要物資の援助をするのが筋だ・・の声だった・・
  EU加盟国に、こんなになるまで放っておいたのは誰
 だ・・の声まで出た・・
  「ドイツだ」・・と、「ドイツが悪者」の声も出る・・
  ドイツだけを攻めたって?・・という事も出た・・
  ギリシャだって税収の酷さ、税金を払わない国民性と
 でも言える状態・・、
  ギリシャの国鉄でさえ未納の税金の山、
  その調査を2012年に行えば、賄賂の横行が明るみに出
 る・・という国・・、
  ギリシャ経済は、25%の「4分の1が裏で動いていた」。
  汚職の横行も酷い。
  富裕層は・・税金逃れの責任を取れ、
  ギリシャは、ここから直さなければならない国。
  そして、それから投資を促して、雇用を促進して、経
 済が勢いがつくまで社金の返済免除をして・・と
  結局、振出しに戻って来る・・最初、それをしようと
 やっていたら、ギリシャはすべて消費に回してしまって
 いた。
  国の実体が壊れていて・・税をとる方も半分あきらめ
 てしまっていた・・ここまで壊れているギリシャ・・
  とことん借金を免除をしたドイツは・・これ以上は無
 理だ・・の顔をしている・・
  ここで借金の免除をすれば、「何でギリシャだけ??」
 と・・、
  スペイン・ポルトガル・イタリアなどの擬似ギリシャ
 国も、私も私もと言うだろう・・
  ドイツだけの財布に群がるその様な「EU諸国」・・、
  NHKは年収1800万円の高給も珍しくない組織だが、
 NHKが美しく言うグローバリゼーションで、年収200万
 円のあちこちの家の財布と一緒になって、年収400万円に
 なったら、笑って居られるか??
  NHKは、小池知事が実施した様に、「NHKの給与
 半減の法を提出せよ」・・NHKは、日本の人たちの4倍
 の給与を貰っている。
  半減しても・・「それでも2倍だ」。
  これと同じ話の様な・・豊かなドイツがギリシャを救
 えるか?
  グローバルだと財布を一緒に出来るのか?
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive

[PR]
by suba28 | 2018-04-02 05:02 | 皆様とともに 幸せになりたい


はじめまして、ブログを始めさせていただきました


by suba28

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
悲惨な戦争を無くしたい
悲惨な戦争を無くせないので
皆様とともに 幸せになりたい
未分類

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

(増補版)608E2/3:2..
at 2018-08-20 04:59
(増補版)607E2/3:2..
at 2018-08-13 04:51
(増補版)606E2/3:2..
at 2018-08-06 16:33
(増補版)605E2/3:2..
at 2018-07-30 04:12
(増補版)604E2/3:2..
at 2018-07-23 17:05

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31