人気ブログランキング |

(増補版)582E2/3:2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1893年6月~1893年6月)

題:(増補版)582E2/3:2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1893年6月~1893年6月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1893年6月15日、関西鉄道の桑名~名古屋間の建設に、免許
 状が下付された。
  関西鉄道(かんさいてつどう)は、大阪府中東部・三
 重県・奈良県・和歌山県を中心に路線を展開した。
  周辺鉄道会社を合併することで路線規模を広げ、名古
 屋~大阪間の独自直通ルート開設を実現した。
  東海道線との間で、壮絶な旅客獲得競争を繰り広げた
 ことで有名。
  その一つが・・、関西鉄道は、昼行1往復・夜行1往復
 で料金不要の急行列車を設定した。
  新式の「早風(はやかぜ)」(後の国鉄6500形蒸気機
 関車)を用いた急行は、同区間を昼行では下り5時間34分・
 上り5時間16分、
  夜行は下り6時間41分・上り6時間3分で走破した。
  この時、官鉄の下り急行列車は名古屋駅~大阪駅間に
 おいて昼行が6時間4分、夜行が5時間20分で走破し、運賃
 も同額の1円21銭であった。
  勝負は・・ほぼ互角という話がある。
  この様な前向きな技術的な「しのぎを削る研鑽」が、
 今・現代、世界に誇る新幹線・リニアモーターカーなど
 の日本の鉄道技術の日本の基底にある。
  この様な旅客サービスや車両技術において先進的な試
 みを行った関西鉄道だったが、この背景には、日本の鉄
 道技術の先駆者である島安次郎が、会社設立の初期に、
 技師として同社に在職していたことがあった。
  関西鉄道の本社所在地は、三重県四日市市浜田町。
  設立は、1888年(明治21年)3月。
  業種が鉄軌道業で、代表者は取締役社長・片岡直温。
  資本金は、24,181,800円(払込額)
  関係する人物は、前島密、鶴原定吉、島安次郎
  ∴上記データは1907年(明治40年)現在。
1893年6月17日、オーストラリアのカルグーリーで金が発見
 された。
  オーストラリアの金は、19世紀末に発見され・・、
  1885年に、ゴールドラッシュが起きている。
  この時は、北東部のキンバリー地区であった。
  その後、南西部のサザンクロスなどでも発見された。
  1892年に、クルガーディでも発見され・・次いで・・
  1893年に、近隣のカルグーリーでも発見されると、大
 規模なゴールドラッシュが発生した。
  現在でも、西オーストラリア州は、国内の金産出量の
 75%を占めている。
  因みに、1893年に金を掘り当てたのは、アイルランド
 人のパディ・ハナン。
  本当は、この金は、先住民のアボリジニの方々のもの。
1893年6月21日、初の観覧車(機械式)が公開された(シカゴ
 万博)
  この世界初の観覧車が誕生した切っ掛けは、フランス
 とアメリカの技術力競争だった。
  この4年前の1889年、フランスは、パリ万国博覧会を
 している。
  この時、フランスの技術を誇ったのが、当時、世界一
 の高さ(312メートル)を誇った「エッフェル塔」の鉄塔
 だった。
  当時、鉄がふんだんに使えるようになって建設技術が
 高度に発達した。
  エッフェル塔はその成果で、目玉となった。
  「鉄鋼時代の幕開けを告げる記念碑的存在」だった。
  1993年になり、アメリカは、このシカゴ万国博覧会で、
 このフランスのエッフェル塔を越えたかった。
  ここに現れたのがジョージ・フェリス。
  彼が考え出したのが観覧車・・高さ75.5メートル、ゴ
 ンドラ数36、各ゴンドラには40の座席と、20人の立ち席、
 1周20分、2160人乗り(全ゴンドラに安全確保のため、係
 員の同乗)だった。
1893年6月22日、三井銀行が合名会社に改組した。
  資本金:200万円。
  この年、三井総領家第10代当主・三井八郎右衛門高棟
 は家政改革に着手し、それまでの三井組を三井元方と改
 称した。
  最高議決機関の「三井家同族会」を設置し、組織の明
 確化を進めた。
  しかし、欧米では、資本主義経済が発展するにつれて、
 合名会社から株式会社へと変遷していて、かつ、企業の
 集中化が行われていた。
  1906年、三井家の副顧問を務めていた益田孝は、欧米
 を歴訪して、三井家同族会に「営業組織に対する意見書」
 を提出した。
  益田は、三井家同族や統括機関である三井元方は法人
 格を持たないため、事業は統括できても、三井銀行・旧
 三井物産・三井鉱山などが無限責任の合名会社では、三
 井家の資産を守れないため、有限責任株式会社化を提案
 した。
  検討の結果、三井家営業組織改正の大枠が決まった。
  主な内容は、
  (1)三井家の11名のみを出資社員とする合名会社を
    設立、
  (2)三井銀行・旧三井物産の株式会社化、
  (3)三井鉱山を三井合名鉱山部とする
 ・・などであった。
  全体の資産を統合し、本社を合名会社として参加に株
 式会社化した小会社を置く形は、イギリスのロスチャイ
 ルド家の様なコンツェルン型とした。
  (HPを参考にした)
1893年6月29日、シベリア単騎横断を成功した福島安正中佐
 が帰京し、宮中に参内した。
  福島安正(ふくしまやすまさ、1852年~1919年)陸軍
 軍人・男爵。
  1852年10月27日、長野県の生まれ・・信濃松本藩士・
   福島安広の長男・・
  1869年(17歳)藩命で東京に出て、開成学校(大学南
   校)で英語を学ぶ。
  1871年(19歳)中退。
  (参考)大学南校:(だいがくなんこう)明治初期の
     政府所轄の洋学校で、1868年、江戸幕府の洋学
     校開成所を維新政府が接収し、開成学校の名で
     復興した。
   司法省に入り、翻訳官から語学力を買われて・・、
  1874年(22歳)陸軍省に移る(文官・陸軍省十一等出
   仕)、次いで武官に転じる。
  1877年(25歳)西南戦争では、山県有朋の伝令使とし
   て従軍。
  1878年(26歳)陸軍中尉。
  1882年(30歳)朝鮮に派遣され、対韓作戦計画の調査
   に従事する。
  1883年(31歳)北京公使館付武官となり、
   満州(中国東北部)およびモンゴル方面を踏査した。
   中国・朝鮮関係の官職を経て、
   語学力に優れ、情報収集と外交に手腕を発揮して行
   く。大尉となる。
  1886年(34歳)インド半島を軍事視察する。
  1887年(35歳)3月、ドイツ駐在武官となってベルリン
   に赴任し、バルカン半島を視察する。
  1892年(40歳)駐ドイツ公使館付武官を辞任し、帰国
   の際、
  1892年(40歳)2月から、ロシアのシベリア鉄道建設の
   状況視察のため、1年4カ月かけて、ベルリンからウ
   ラジオストクへと単独騎馬でシベリアを横断して、
  1893年(41歳)6月、帰国した。世界の注目を集める。
  1894年(42歳)日清戦争(~1995年)の際は、第1軍参
   謀・・帰国後は、参謀本部第3部長、次いで第2(情
   報)部長。
  1900年(48歳)義和団事件に際して、臨時派遣隊司令
   官(少将)として出征する。
  1904年(52歳)日露戦争(~1905年)では、満州軍参
   謀、第2課(情報)課長として出征する。
  1906年(54歳)日露戦争後、参謀本部次長(1908年説
   あり)。中将に進む。
  1907年(55歳)男爵に叙せられる。
  1912年(60歳)関東都督になり満州を担当。
  1914年(62歳)陸軍大将となる(予備役)
   陸軍樹井伊一の情報将校として退官。男爵。
  1919年2月18日、没する(68歳)
  著書:「伯林(ベルリン)より東京へ単騎遠征」
1893年6月30日、ダイヤモンドエクセルシア(Excelsior
 Diamond)が発見された(1905年まで世界最大)
  大きさは970carat (190g)
  エクセルシアは、あまりに大きすぎて売れなかったた
 め、10個にカットされたという。
  因みに、世界最大のダイヤモンド原石は・・、
  1905年、南アフリカのカリナン鉱山(当時の名前はプ
 レミア鉱山)で発見された「カリナン」という石。
  大きさは3106カラット(621.2g)。
  長さ101mm、高さ63.5mm、幅50.8mm。
  鉱山の所有者であったトーマス・カリナンの名前にち
 なんで「カリナン」と命名された。
  この原石が採掘された時、現場の鉱夫は、あまりの大
 きさに、誰かがイタズラをして、ガラスを埋めておいた
 ものと思ったという。
  このダイヤモンドは、1907年に、66歳の誕生日を迎え
 たイギリス国王・エドワード7世に献上された。
  このカリナンをイギリスに輸送するときは、盗賊から守
 るために大騒ぎとなった。
  ダミー船もあり、また、ダミーの石もあり・・など
  厳重な警備アリ・・など・・
  しかし、本物は、普通郵便でロンドンへ送られたとい
 う。
  やはり、ダミーは、何度も、盗賊に狙われたという。
  そしてまた、アムステルダムの研磨所に運ぶ時も大騒
 ぎだったという。
  この時は、イギリス海軍の駆逐艦に積まれたという・・
 が・・これは、ダミーだった。
  本物は、研磨所の責任者が、ポケットに入れて、船に
 乗り、汽車に乗り・・アムステルダムまで運んだという。
  そして、3人の専属研磨職人が、1日14時間の作業をし
 て、8か月かかって研磨した。
  合計で1063カラットの9この大きな石と、96個の小さな
 石となった。
  その一つ、530.2カラットの石には、「ザ・グレート・
 スター・オブ・アフリカ(偉大なアフリカの星)」と名
 付けられた。
.
  (今日の言葉)
.
  題:だから、この様なことを続けるのは・・愚行だ・・と、
    ギリシャのチプラスは見た。
.
紀元前3000年、エジプトの乾燥化
  エジプトは、雨が少なくなった。
  森林や草原の後退が始まった。
  砂漠化に追われた人々は、豊富な水が得られる川の流
 域に集まった。
  このナイル川の水での農耕だけの食糧確保の生活とな
 った。
  狩りの獲物、魚、果実などの恵みを得る生活は、無く
 なった。
  この様な生活の変化から、民は、農業の繁栄をもたら
 す神の祭祀(さいし)を行なった。
  この様な中、広い農地を支配した豪族が現れ・・、
  紀元前2850年に、第一王朝が、ナイル川流域を統一し
 た。
  この王は、絶対的な権威を持つ王だった。
  そして、エジプトの中王国(紀元前2050年~紀元前1778
 年)と
  新王国(紀元前1570年~紀元前715年)の時代の都は、
 エジプト南部のテーベにあった。
.
79年8月24日、ベスビオ火山が爆発し、ポンペイが全滅し
 た。
  大噴火の翌日・8月25日の朝、噴火から約12時間後、
 火砕流と土石流が発生した。
  これによって、ローマ帝国時代のポンペイは全滅した。
 約2,000人が死亡した。
  ポンペイは、ローマ人の余暇地として繁栄し、最盛期
 の人口は約2万人と推定されている。
  18世紀に、発掘が開始された。
  娼婦の館などが発掘された。
  ここで、男女の交わりを描いた壁画が多数、出土した。
  このことから、ポンペイは、「快楽の都市」とも呼ば
 れている。
  火山灰を主体とする火砕流堆積物には、乾燥材として
 用いられるシリカゲルに類似した成分が含まれ、
  湿気を吸収し、また、隙間なく埋め尽くされているた
 めに、壁画などの劣化が抑えられ、当時の状態で、よく
 保たれている。
  食事を用意しているそのままが、一瞬に閉じ込められ
 た姿などが発掘された。
  紀元前90年に起きた同盟市戦争では、ポンペイは、反
 ローマ側に加わった。
  そして、市民権を求めて戦った。
  しかし、翌年の紀元前89年には、ポンペイは征服され、
 ローマの植民都市となっていた。
.
1392年、李氏朝鮮が、朝鮮・韓国の地に存在した。
  この年・1392年、高麗の武将・李成桂太祖が、恭譲王
 を廃した。
  そして、自らが、高麗王に即位し、成立させた。
  この国家は、朝鮮民族の最後の統一国家の王朝だった。
  1910年までの・・518年間もの長い期間、存在した。
  しかし、何ら生産的でない長いだけ王朝だった。
  朝鮮の民は・・虐(しい)げられた。
  李成桂は、この翌年・1393年、早くも中国の権知朝鮮
 国事に封ぜられ、属国化した・・
  朝鮮という国号も下賜され、与えられ・・
  1401年には・・冊封された。
  国号を中国皇帝に選んでもらうという事大主義の極み
 がなされていた。
  (参考)事大主義:じだいしゅぎ、自分の信念を持た
     ないで、支配的な勢力や風潮に迎合して、自己
     保身を図ろうとする態度・考え方。
     勢力の強いものにつき従う行動様式。
  中国が明から清に代わっても、冊封され続けた。
  李氏朝鮮・・この時代は、可哀想であるが、非常に貧
 しい時代だった・・どん底状態の朝鮮だった。
  因みに、日韓併合前の朝鮮庶民は、激しい身分制度の
 下で、最下層の奴隷が『30%を占める異常な社会』であ
 った。
  特権を持つ両班(やんばん)による拷問は、日常茶飯
 に行なわれた。
  女性方は、姓名さえ与えられず、もの同然の扱いを受
 けていた。
  一般庶民の方に至っては、一切の教育の機会も与えら
 れないという状態だった。
  (参考)両班:やんぱん、最上級身分の特権的支配階
     級で、官僚を出すことが出来た階級、身分。
      文官は東班(文班)、武官は西班(武班)に
     分けられていた。
      官位・官職を独占に世襲し、種々の特権・特
     典を受けていた。
  この様な、「棄民状態の国民・庶民」の上に居る両班
 たちの改革もなされないという状態だった。
  また、自浄作用の働かない社会だった。
  日本の様な、優秀な下級武士が、自己犠牲で、日本を
 改革して行ったという状況は、「夢のまた夢」であった。
  この様な李氏朝鮮が、長い時代、続いたという悲劇が
 朝鮮にはあった。
  民は、やむなく、この環境下に暮らした。
  ある人は、日本へ逃げて来た。
  今、難民が、EUへ流れ込んでいる様に・・、
  そしてまた、大国に寄ってしか生きられない国の状態
 の事大主義の時代だった。
  だから李氏朝鮮・・この国は、やむなく中国に冊封さ
 れた。
  中国は、属国としてこの国から利益を得た。
  生きるために、李氏朝鮮は、中国からの使節たちを必
 死に接待した。
  女性の提供は、常態化したその接待の一つだった。
  屈辱的なその行為を、朝鮮は、せざるを得なかった。
  その様な国としての行為は、その屈辱感とともに、心
 の底に沈殿した。
  無いことをあるようにして言う、日本の軍の行為が、
 同様ないかがわしさがあったと、日本の行為だけを、た
 だひたすらに・・ないことを、あるように言うのは、そ
 の沈殿した、鬱積(うっせき)した屈辱感の裏返しの行
 為だった。
  中国へ付くしかない状況の中での、日本への貶(おと
 し)め行為となっている。
.
1494年6月7日、トルデシリャス条約・・世界分割条約
  ローマ法王(教皇庁)は、何の権利もないのに、尊大
 にも、ポルトガルに、アフリカ南端を回って、インドに
 至る航海において、到達した陸地のすべてを、永久に、
 領土としてよいとした。
  スペインも、コロンブスが、アメリカに到達し、探検
 での功績をあげると、ローマ法王へ、この地の領有する
 許可を求めた。
  1494年、ローマ法王は、大西洋を東西に分ける線を決
 めた。
  そして、東で発見されるもののすべてを、ポルトガル
 のものとし、その西は、スペインのものとした。
  このキリスト教のローマ法王の愚行は、キリスト教国
 が、『発見したものはすべて自分のもの』という「盗人
 (ぬすっと)根性」の行為を、何ら悪びれず行なうよう
 に差し向けた。
  それと共に、先住民の方々が、何千万人という途方も
 ない人数の方々が、このローマ法王の愚行発言の行為に
 よって、殺されることとなった。
  また、この後、こんなやり方で、「アフリカも分割さ
 れる」。
  卑劣極まりない事が、世界中で、何度も起きる事とな
 る。
  ローマ法王は、16世紀の初め、そのキリスト教の宗教
 の汚さを糾弾され、抗議の嵐がヨーロッパに満ち溢れた
 時、海外へ向かう方針とした。
  それによって、弱者の先住民の「殺戮の布教」という
 蛮行が行なわれる結果となった。
  こんな卑劣な殺人をともなう布教を行なった。
  この方針を、特に、行なったのが「キリスト教のイエ
 ズス会」だった・・(日本では上智大学系列)。
  日本を植民地にしようとしたのも『イエズス会』。
  豊臣秀吉に見破られて、「禁教令を出さざるを得ない
 状況にした」のもイエズス会。
  この会は、世界中で酷いことをした。
  ザビエルも、このイエズス会のキリスト教宣教師。
.
1948年、この年のイギリスのロンドン・オリンピックに、
 日本は、出場停止処分となった。
  日本の戦った第二次世界大戦後、アジアのイギリスの
 植民地が、次々と独立して行ったので、イギリスは、非
 常に日本を憎んでいた。
  戦争前からイギリスは、「植民地が独立したら三等国
 になってしまう」と、植民地の独立を恐れていた。
  ロンドン・オリンピックに出場できなくなった日本の
 選手たちの為に、オリンピックの水泳競技決勝と同じ日
 に、日本選手権を開催した。
  1500メートル自由形に出場した古橋広之進は、18分37
 秒0で優勝した。
  この記録は、ロンドン・オリンピックの金メダリスト
 の記録より40秒以上も早かった。
  この古橋の快挙に、日本中が喜んだ。
  敗戦に打ちひしがれていた日本の方々へ、元気と勇気
 と、再び立ち上げるんだの復興への希望を与えた。
.
1950年11月10日、NHK東京テレビジョン実験局、テレビ
 の定期実験放送が開始された。
  NHKは、放送法に基づく特殊法人として1950年に設
 立された。
  設立目的は、放送法により「公共の福祉のために、あ
 まねく日本全国で受信できるように豊かで、且つ、良い
 放送番組による国内基幹放送を行うと同時に放送および
 その受信の進歩発達に必要な業務を行い、合わせて国際
 放送および国際衛星放送を行うこと」とされている。
  そして、1926年に設立された社団法人日本放送協会の
 業務を継承している。
  今、このNHKは、中国に非常に有利な放送を続けて
 いる。
  NHKが、「中国に人気がある」と自らを自慢するく
 らいだ。
  『NHKが、中国に一番信頼されている』と言うくら
 い、中国の意向に沿った放送をしている。
  「中国に有利な放送をしている」という理由で、この
 様な状態になっている。
  中国文明は、その歴史を見れば分かる様に、多くの民
 族が入れ代わり立ち代わりして来た。
  そして、世界中に華僑や華人社会を構築して来た。
  それ故に、地理的な関係は薄い。
  今、共産体制が、その結束を図っているが・・、
  その共産体制が崩壊すれば、その中心軸の崩壊ととも
 に、中国の一体性は崩壊する。
  冊封態勢にある北朝鮮も崩壊する。
  また、準冊封状態に揺れる韓国は、完全に中国軸へ揺
 れる行動に入っている。
  その様に、国家の存立は揺れ、危ういものなのだ。
  日本も、国家について「ノホホン」としていてはいら
 れない状態に特にある。
  この様な意味からも、日本の中心軸にある貴重な文明
 は、大切にして行かなければならない。
  その日本の文明を、破壊しようとする行動が、種々・
 色々な方面・所から行動を起こされている。
  日本の文明力が衰退したら、国家としての日本もおか
 しくなる。
  このことを知っておかなければならない。
  日本の国家と文明が、一対一の関係にあるのも、他の
 文明圏と大きく異なる所。
  今、この大事さに気付く人々が希薄になっている。
  ここに、日本の危機がある。
  この様な意味で、NHKは、日本の文明を破壊する活
 動をしている。
  戦争で国家の存亡が揺らいでも、日本の文明の「しっ
 かりした基底」があれば、日本は、日本国家は、しっか
 り立ち直った。
  社会に、この文明を残し、教育にも、しっかり引き継
 がれて行けば、安定したアイデンティティの揺らがない
 結果が存続する。
  「文明のゆるぎないこと」が大切。
  NHKには、この文明否定の衝動がある。
  文明破壊の衝動がある。
  日本の破壊に繋がっている。
  過去にもあった古い体質が、NHKにはある。
  国旗・国家への偏見が、NHKにはある。
  リオ・オリンピックで、NHKは、金メダル表彰の国
 旗掲揚を放送しなかった・・無視した。
  また、国歌演奏も放送しなかった。
  しかし、アメリカの国旗掲揚は放送し、また、アメリ
 カの国歌演奏も放送した。
  それも、そのすべてのシーンを、最初から最後まで「
 カット無し」で放送した。
  NHKは、この様な放送局。
  天皇陛下を無視し、軽視も、NHKはする。
  この様な異常な放送態度を、NHKは説明せよ。
  「放送の編集権でやった」と説明したが、それだけで
 は済まない。
  また、「芸術性からやったのだ」と、説明にならない
 説明で、NHKは、説明責任を果たせずに逃げた。
  NHKは、「芸術」や「編集権」を盾に、偏頗(へん
 ぱ)な片寄ったNHKイデオロギーを、NHKの巨大な
 放送機構を利用して、NHKの一部の偏見イデオロギー
 を放送し続けている。
  ロシアのソチ・オリンピックも、この様な状態だった。
  国家の存立にかかわる所を、大きく足を引っ張り下ろ
 すNHKなのだ。
  日本を貶(おとし)める放送もよくするNHK。
  NHKは、「東NHK(HNHK)」と、「西NHK
 (NNHK)」に分離し、互いに、切磋琢磨する組織に
 して・・改革せよ。
.
1991年6月12日、ピナツボ火山が爆発した。
  フィリピンのルソン島西側にある火山で、20世紀の最
 大規模の世界的大噴火をした。
  噴火する前には、標高が1745メートルあったが、噴火
 によって259メートルが吹っ飛び、標高が1486メートルに
 なった。
  噴煙柱最大高度は、成層圏である40kmに達し、
  火砕流は、18km流下し、
  火砕流堆積物総量は、48~71億m3と推定された、
  噴火直後の温度は、摂氏700度となり、
  堆積深が100mを超えたために、山腹の樹木・生物を全
 滅させた。
  この山の山麓には、1565年以来、スペイン人の殺戮を
 逃れた先住民の方々が居られたが、噴火のピークの予測
 に成功して、難を逃れた。
  大きな火山爆発があると凶作となり、数年後に、世が
 不安定となり、事件が起きる事が多い。
  因みに、日本は、この山の噴火後の防災工事の援助を
 行なっている。
.
2004年、腐りきっているEU。
  ギリシャに「まともな政党」が出た。
  苦しい国は、苦しいなりに、その状況を受け入れて、
 財政再建に努力しなければならないが・・それが当然な
 のだが・・そうは行かないギリシャだった。
  この年、その当然のことをしようという政党が、政権
 の座に就いた。
  たちまち、ギリシャの粉飾の財務状態が明るみに出た。
  EUに加盟する条件の3%は、まるで守られていなか
 った。
  粉飾し、その上、EUへも報告されていなかった。
  逆に、あたかも達成されているかのように見せかけて
 いた。
  ギリシャは、EU加盟の条件など最初から達成されて
 いなかった。
  最初から作り話だった。
  それも、何と! EUの多くの諸国が「3%条項を守っ
 ていなかった」という事も判明した。
  また、何と! ドイツでさえ、3%を大きく上回る赤字
 だった(政府の新規国債発行)
  無責任諸国の集まりのEUだった。
  嘘つき諸国の集まりのEUだった。
  2005年、EUのある機関が、「ギリシャの財政監査を
 させよう」としたら、EUの別の機関が止めさせた。
  隠すためで・・その様なEUとなっている。
  無責任組織のEUは、無責任な条件で、世界に存在し
 続けている。
  当然、隠したギリシャは、借金を増やし続けていた。
  外国の金融機関は、こんな隠したギリシャに金を貸し
 続けていた。
  ギリシャの最高責任者の首相も、ギリシャの財政赤字
 は、手に負えなかった。
  財政立て直しの計画は、先延ばしされた。
  それも、2009年、政権交代となった。
  新しい首相は、3.7%と言われていた赤字を、12.5%に
 訂正した。
  大幅修正をして、今までが大嘘だったことを世界に表
 明した。
  しかし、これも嘘だという事が、後で分かった。
  本当は・・15%だった。
  こんなことには、もう、誰も驚かなかった・・信用は、
 すでに、がた落ちのギリシャで、「ユーロ危機が起きた」。
  2008年には、アメリカの嘘である「リーマン・ショッ
 ク」も起きた。
  「正直者が馬鹿を見る」という・・不誠実な世界だっ
 た。
  ギリシャは、大した産業もない国だった。
  ギリシャの歴史のすべてにおいて、ギリシャには競争
 力が無かった。
  だから、ギリシャ政府は、借金の返しようが無かった。
  だから、ギリシャに入った投資という名目の金は、「
 単なる消費に使われた」。
  ギリシャは、食うために使ってしまった。
  投資の金が、新たな金を生む様なことは・・無かった。
  ただ、経済は、ギリシャに、まだ金が入って来る頃は、
  その金に煽られて、「バブルには・・なっていた」。
  そして、その嘘の経済バブルで、高い賃金が支払われ
 ていた。
  公務員の賃上げも、毎年、続けて行われていた。
  福祉にも、気前よく大盤振る舞いがなされていた。
  ギリシャの国民の方々は、ギリシャ政府の嘘で、実際
 の実情を、まったく知らなかった。
  事実が知れて、嘘がばれれば、破綻は、当然、早かっ
 た。
  誰の目にも、そのギリシャの借金は、「ギリシャが、
 返済できない」ところまで、膨らんでいるという事を知
 ることとなった。
  当然、ギリシャ国債の利回りは高くしないと、誰も買
 わなくなった。
  高くしても嫌だの「御免状態」となった。
  ギリシャは、資金調達に行き詰った。
  嘘つきギリシャの「なれの果て」だった。
  誠実にしなければ駄目なのだ・・何事も!
  ギリシャは、「助けてくれ」と、IMFに言った。
  このIMF(国際通貨基金)を通じて、日本のお金も
 流れている。
  日本は、IMFへの出資額は、アメリカに次いで第二
 位(2018年現在)
  日本は、『IMFを大きく支えている立派な国』。
.
2015年6月22日、EUで、醜(みにく)い駆け引きが演じら
 れた。
  結論から先に言えば、「ギリシャは、絶対に倒産させ
 たくない」のEUだった。
  倒産状態のギリシャを、倒産させることのできない
 EU・・ここに大きな矛盾があった。
  自由経済の嘘の不自由があった。
  2015年6月22日、ギリシャは、改革ブラン(改革計画)
 を、この日の締め切り「ぎりぎりの深夜」に提出した。
  EUの首脳が集まっていた。
  集まっていたって深夜で討議ができる訳でもなく、ま
 た、分析は、これからという状態だった。
  意味がないのを知りながら集まったのは『演技だった』。
  誰も居ないと、ギリシャのデフォルト(債務不履行)
 が決定だと受け取られてしまうのを恐れたからだった。
  それでなくても、前の週に、ギリシャでは、取り付け
 騒ぎが起きていた。
  ギリシャ国民が、貯金の引き下ろしに走る騒ぎがあっ
 た。
  1週間で、6000億円相当額が引き下ろされていた。
  そのような騒ぎを起こさない様にという演技だった。
  また、取り付け騒ぎを防ぐため、ECBは、急遽、ギ
 リシャの中央銀行に金を注入していた。
  こんな状態で、株式市場も極めて混乱していた。
  EU首脳は、明るく振る舞い、演技をした。
  しかし、ドイツの財相とフィンランドの財相は、あか
 らさまに不満を露(あら)わにした。
  「時間と税金の無駄だ」・・と、
  「提出リストには、何ら目新しいもの無い」・・と、
  ギリシャの若者の失業率は、50%近くだった。
  年金は引き下げられた・・公務員は退職させられた。
  公的なサービスも、機能しなくなっていた。
  多くの病院は閉鎖状態・・、
  やっている病院は現金支払いでなければ駄目・・
  薬も現金・・
  医療保険制度が崩壊していた。
  こんなギリシャへ、融資するサイドに居るECB・I
 MF・EUは、もっと引き締めをしなければ・・「援助
 はしない」と言った。
  年金のさらなる削減と増税が加わった・・、
  ギリシャの新しく首相になったチプラスは抵抗した。
  これ以上は無理だ・・の抵抗だった。
  ギリシャの儲かりそうなセクターは民営化されて、外
 国資本のものになった。
  これ以上は限界のギリシャだった。
  それでも・・ギリシャは、改革プランを書いたのだっ
 た。
  EUは、不満だったのだろうが受け入れた・・
  ギリシャのデフォルトだけは避けたかった。
  切れている首をつなげた・・
  これは、体よくギリシャの政治を奪っている姿でもあ
 った。
  現実として、奴隷化しているギリシャの姿が、そこに
 あった。
  ストーリーとしては・・「EUを形成する」という話
 はあるのだが・・実際は・・結局は・・ギリシャは牧場
 に放たれた羊状態だった。
.
2015年6月30日、この日が、ギリシャの返済期限だった。
  EUを作るは、机上の空論だった。
  ギリシャに、その金がない事は明白だった。
  この日が、ギリシャが、IMFへ16億ユーロ(約2250
 億円)の借金返済の期限だった。
  ギリシャのデフォルト(債務不履行)か?
  ギリシャが、新たな援助を受けるには、新たに「財政
 を再建する道筋」を「明確に示す」必要があった。
  財政再建の改革プランを・計画を作り、それをはっき
 り提示して、相手も納得し、承認してという手続きが、
 当然、必要だった。
  ここまでに至るほど金を貸した方も悪かったが、この
 状態に至って・・さらに、貸してあげるから、その返済
 計画を立てよと言っているのである。
  この話し合いが行われたが・・穏便に話はつくという
 生やさしい問題ではなかった。
  両者の言い分は、大幅に食い違った。
  両者に言い分はあった。
  ギリシャには、「無いものは返せない」という気持ち
 が基本にあった。
  だから、その改革プランは、返してもらう側からすれ
 ば「お話にならないレベル」というお粗末さだった。
  何度も、何度も、頭を寄せ合って、折衝し、「これが
 最後だぞ」などという言葉も出て、怒ったり、失望した
 り、気を取り直したりと・・子供がやる様な事をした。
  最後通牒なども、ギリシャは突き付けられた。
  「無い袖は振れない」というギリシャは、薄っぺらな
 改革プランを提出した・・その様なプランしか出せない
 チプラス首相のサイドだった・・
  EUサイドは、お話にならないと、ほとんど匙を投げ
 る状態だった。
  EUがギリシャと関係して、ギリシャは疲弊したとい
 うのが経緯であり、事実だった・・
  だから、この様なことを続けるのは・・愚行だ・・と、
 ギリシャのチプラスは見た。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive

by suba28 | 2018-03-09 04:57 | 皆様とともに 幸せになりたい


はじめまして、ブログを始めさせていただきました


by suba28

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
悲惨な戦争を無くしたい
悲惨な戦争を無くせないので
皆様とともに 幸せになりたい
未分類

以前の記事

2019年 09月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

(増補版)655E2/3:2..
at 2019-09-18 03:56
(増補版)654E2/3:2..
at 2019-09-12 04:57
(増補版)653E2/3:2..
at 2019-09-05 03:34
(増補版)652E2/3:2..
at 2019-07-24 05:43
(増補版)651E2/3:2..
at 2019-07-20 03:41

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30