人気ブログランキング |

「 他律戒 」 から 「 自律戒 」 へ

題: 「他律戒」から「自律戒」になって はじめて完成される話

 キリスト教は、「他律戒」の啓示の宗教である。
  「 他(=天の神)から、与えられる律(=規則)や戒 」を
                      教義としている。
 キリスト教の聖書の「申命記」には、
  「私が命じる総べての掟と戒めを守れ、
    そうすれば長く生きる事が出来るであろう」との
                    命令型の教義がある。
 また、「主を愛せよ、
     今日、私が命じるこれらの言葉を心に留め、
     子供達に繰り返し教え、
     家に座っている時も、
     寝ている時も起きている時も、
     これを語り聞かせなさい。
 更に、これをしるしとして自分の手に結び、
     覚えとして額に付け、
     貴方の家の戸口の柱にも門にも書き記しなさい」・・と
     ・・・「何々を行え」など・・命令型の教義がある。
 キリスト教の宗教コンセプトは、
     キリスト教信徒を『迷えるひつじ」とし、
     天の神と信徒の間に居るとした聖職者を、
     その中央集権的な序列・ヒエラルキーの上位者と位置付け
     また、聖職者・牧師を「牧童」と見立て、
     迷えるひつじ(=キリスト教信徒)を、
            追い導くというコンセプト・設定である。

 キリスト教の聖書には、
     「世話になった牧羊者の娘の、姉と妹を、同時に口説き
     いっぺんに二人を妻にする」という記述もあり、
     この1例の様な聖書作成時の昔に成立していた道徳観と
     共に存在する、「他律戒」= 「アレするな、コレするな」の
     世界である。
 キリスト教徒の方々の自主性は
     全く考慮されていない。
     それを無用とし、与えず、
     また、キリスト教信徒の自主的な知恵を取り上げ、
     また、信じないという教義設定であり、
     コンセプトである。
 全く、信徒・キリスト教徒の「理性を尊重し、信じる」という
     所がない。 
     天から聖職者を経由して与えるだけというかたちである。

 感じるところがつくづくあったのであろう、
     世界的な権威者に
     「天の神は生活のこまごましたことまで立ち入ってくる」
     という吐露した言葉もある。
 また、キリスト教は間違った他律戒によって判断し、
     ガリレオを有罪にし、ブルーノを焚刑で殺した。

 (注):キリスト教の「他律戒」の一例 :
     「台所に他の女性が入ったなら、その鍋の料理は捨てよ」
     という意味の律(律法)(=トーラー)がある。
 「参考比較」 : 
     仏教は、衆生の行状を知って後、
     キリスト教の様に『駄目だからやめよ』とか、
     「だから、こうせよ」という命じる形はとらない。
     自律戒の形をとる。
     「それは駄目な事だと解らせ」 「悟らせよう」とする。
     そうしてまた、「究極の仏の教えまで、教え導き、悟ら
     せよう」とする。
     衆生・信徒を信じ、
     その「理性を信じる」ことを前提・スタートに置いている。

 『 律法は、他律戒から自律戒になって始めて完成される 』。
     自分の理性によって判断をするべきである。

 (参考1) アインシュタインの言葉 :
     「私が信じる神は、存在するものの整然たる調和の中に
     自らを現している神であり、
     人間の運命や所業に関心を持つ神(キリスト教の神)
    ではない
    (信徒の一挙手一投足までとやかく言う神ではない)』

 (参考2):
    モーゼは、
    「民数記」第31章18節に、違う宗教を立宗したり、
    虐殺したリ。
    また、第31章18節には、「まだ男と寝ず、男を知らない娘は
    すべてあなたがたのために、生かしておきなさい」・・・と。

 (参考3):
    キリスト教の聖書は、 「女性は財産」との道徳観で
    書かれている。
by suba28 | 2011-12-01 03:08 | 皆様とともに 幸せになりたい


はじめまして、ブログを始めさせていただきました


by suba28

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
悲惨な戦争を無くしたい
悲惨な戦争を無くせないので
皆様とともに 幸せになりたい
未分類

以前の記事

2019年 09月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

(増補版)655E2/3:2..
at 2019-09-18 03:56
(増補版)654E2/3:2..
at 2019-09-12 04:57
(増補版)653E2/3:2..
at 2019-09-05 03:34
(増補版)652E2/3:2..
at 2019-07-24 05:43
(増補版)651E2/3:2..
at 2019-07-20 03:41

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30