<   2017年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

(増補版)566E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年10月~1892年11月)

題:(増補版)566E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年10月~1892年11月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1892年10月、神戸工場で、汽車監督リチャード・フランシ
 ス・トレビシックの指導のもとに、1B1形タンク機関車の
 製作を開始した。
  リチャード・フランシス・トレビシック(1845年~1913
 年)は、イギリスの鉄道技術者で、蒸気機関車の発明者
 の一人であるリチャード・トレビシックの孫。
  リチャード・フランシスは、1888年に来日し、お雇い
 外国人として、主に官設鉄道・神戸工場の汽車監察方な
 どを務めた。
  1904年まで、勤務している。
  日本初の国産蒸気機関車となった860形蒸気機関車の製
 作を指導し、その後も、独特な様式を持った機関車を数
 種類製作した。
  弟のフランシス・ヘンリー・トレビシックも、鉄道技
 術者で、兄よりも早く1876年に来日した。
  そして、官設鉄道新橋工場の汽車監察方などを歴任し
 た。
  兄弟ともに、日本の機関車技術の向上と定着に大きな
 役割を果たした。
1892年11月1日、黒岩涙香が新聞「万朝報」を創刊した。
  万朝報(よろずちょうほう)朝報社、社主:黒岩涙香。
  小型4ページの日刊新聞で、「一に簡単、二に明瞭、三
 に痛快」の編集方針のもとに社会正義に根ざした。
  相馬事件や〈蓄妾の実例〉などの上流社会のスキャン
 ダル記事や娯楽記事、社会記事や多様な雑報記事、涙香
 の翻案探偵小説などを載せて発展し、江戸っ子の人気を
 博した。
  1893年に、山田藤吉郎の経営していた再刊の《絵入自
 由新聞》を合併した。
  1900年頃から、内村鑑三、幸徳秋水、堺利彦らの論客
 を迎え、社会批判を展開し、進歩的色彩の強い言論新聞
 となった。
  日露開戦前には、一時、非戦論を主張したが・・、
  日露戦争を前にして黒岩が主戦論に転じたため、非戦
 論の内村、幸徳らは退社した。
  また、報道体制の確立にもおくれをとったため、新聞
 界の主流から次第に離れ、大正期憲政擁護運動で一時的
 に人気を回復したが、
  1920年、黒岩の死後衰退、
  1940年9月、『東京毎夕新聞』 (1910年:創刊、1941年:
 廃刊) に吸収合併された。
  なお、社会事件を表現する「三面記事」は、この万朝
 報の4ページ立ての3面に記載されたことに由来する。
1892年11月1日、北海道炭礦鉄道会社線の追分駅~夕張駅間
 (42.8km)が開業した。
  沿線の炭鉱から産出される石炭を積出港に運搬する役
 目を担った。
1892年11月1日、旅客運賃を改正し、下等100マイル未満は
 1マイル1銭2厘、100マイル以上220マイル未満は1銭、
  220マイル以上は8厘とし、中等は下等の5割増し、上等
 は下等の2倍半となる。
  また、全線にわたり、小荷物配達扱を開始し、配達作
 業を内国通運に請けおわした。
  (東京では日本橋から2里以内、地方では駅から1里半以
 内が配達区域だった)
1892年11月6日 大井憲太郎が、東洋自由党を結党した(11
 月5日説あり)
  大井憲太郎、樽井藤吉らを中心とする自由民権運動の
 左派が組織したが・・、
  これに先立って、大井は、大阪事件の関係者ら急進勢
 力とともに、院外活動組織である東洋倶楽部を結成して、
 自由党の反動化に抗していたが・・、
  1892年6月に、自由党を脱党、小久保喜七、新井章吾ら
 大阪事件に連座した人々と新党を結成するに至った。
  その政綱は、「皇室の尊栄」「民権の拡張」「国権の
 発揚」を説いたもので、対外強硬策を軸とした反政府活
 動に特徴があった。
  機関紙として『新東洋』を発行、
  さらに、政綱実現のための機関として普通選挙期成同
 盟会、日本労働協会、小作条例調査会をおき、労働者、
 貧民の政治的経済的地位の向上を期した。
  第4、5議会において、4人の代議士を出したが、その過
 激な政策のため議会主義と相いれず、1年あまりの活動の
 のち、翌年・1893年12月に解散した。
  大井らはその後、国民協会、熊本国権党などの国家主
 義政党とともに、大日本協会派として活動を続けた。
1892年11月6日、ホームズ彗星が発見された。
  この年、エドウィン・ホームズが発見した。
  2007年10月24日~25日未明(日本時間)にかけて、ペ
 ルセウス座の付近にあったホームズ彗星は2日足らずの間
 に17等星から2等星台にまで(約40万倍)明るくなった。
  明るく黄色い“星”として肉眼でも容易に見ることが
 できるようになった。
  この様な急激な増光(アウトバースト)は、彗星から
 大量のガス、または、チリが突然放出されたことによる
 ものと説明されている。
  なお、この彗星は、1892年に、発見された時も同様の
 アウトバーストを起こしていた。
1892年11月8日、米国大統領選挙でグロバー・クリーブラン
 ドが勝利し(返り咲き)第24代大統領となる(在任期間:
 1893年3月4日~1897年3月4日)
  ニューヨーク州のグロバー・クリーブランドが、現職
 の大統領ベンジャミン・ハリソンを破って復帰し、アメ
 リカ史の中で唯一返り咲きを果たした大統領となった。
  クリーブランドは、1888年の大統領選挙では、一般投
 票でハリソンに勝っていたが大統領となれず・・、
  1892年では、一般投票、選挙人投票共に勝利した。
1892年11月10日、東京下谷に市村座が開場した。
  市村座は、江戸三座の一つで、江戸時代中期から後期
 にかけて江戸町奉行所によって歌舞伎興行を許された芝
 居小屋だった。
  これを、官許三座とか、公許三座と言った。
  市村座は、1663年頃、興行権を村山座から譲り受けた
 名義1世市村羽(宇)左衛門(3世市村羽左衛門)が創
 設したのに始まる。
  そして、この年に、下谷二長町(にちょうまち、現在
 の台東1丁目)に 三階建煉瓦造の新劇場を建てて移転し
 た(開場式:11月12日)
1892年11月11日、国民新聞、「最暗黒の東京」を連載開始。
  国民新聞に、松原岩五郎の貧民街の様子を取材した「
 最暗黒之東京」の連載が始まった。
  今の日本は、夢のような良い社会になったが・・この
 当時は、まだまだ日本は貧しかった・・この様な社会が
 あった。
  この新聞は、1890年2月1日に、徳富蘇峰が創刊した日
 刊紙で・・、
  記者の松原岩五郎は、スラムに入り込んで、残飯屋の
 様子などを『最暗黒の東京』にまとめた。
  松原は1日3回、士官学校に行って、ひとザル(およそ
 15貫目=約56㎏)50銭で残飯を引き取り、これを1貫目
 およそ5〜6銭ほどで販売した。
  ・・以下、その一節・・
  タクアンの切れ端から食パンの屑、魚の骸(あら)や
 焦げ飯など、膨大な量を荷車で運んだ。
  《この残物を買う者如何(いかん)と見渡せば、皆そ
 の界隈貧窟の人々にして、これを珍重する事、実に熊掌
 鳳髄(ゆうしょうほうずい=珍味中の珍味)もただならず
 というべく。
  我らが荷車をひきて往来を通れば、彼らは実に乗輿(
 じょうよ)を拝するが如く、老幼男女の貧人ら皆々手ご
 とに笊(ざる)、面桶(めんつう=1人盛りの食器)、重
 箱、飯櫃(めしびつ)、小桶(こおけ)、あるいは丼、
 岡持(おかもち)などいえる手頃(てごろ)の器什(う
 つわ)を用意しつつ路(みち)の両側に待設けて、今退
 (ひけ)たり、今日は沢山にあるべし、早く往(ゆ)か
 ばやなどと銘々にささやきつつ荷車の後を尾(おい)て
 来るかと思えば、店前(みせさき)には黒山の如く待構
 えて、車の影を見ると等しくサザメキ立ちて、さながら
 福島中佐(シベリア単独横断した英雄)の歓迎とも言う
 べく颯(さっ)と道を拓(ひら)きて通すや否や、我れ
 先(さ)きにと笊、岡持を差し出し、2銭下さい、3銭お
 くれ、これに1貫目、ここへも500目(1目は1匁)と肩越
 に面桶(めんつう)を出し腋下より銭を投ぐる様は何に
 譬(たと)えん、大根河岸、魚河岸の朝市に似て、残物
 屋に似て、その混雑なお一層奇態の光景を呈せり。
  そのお菜(かず)の如き漬物の如き、煮シメ、沢庵等
 は皆手攫(てつか)みにて売り、汁は濁醪(どぶろく)
 の如く桶より汲みて与え、飯は秤量(はかり)に掛くる
 なれど、もし面倒なる時はおのおの目分量と手加減を以
 てす》
  ある日、士官学校からの出物が止まり、「飢饉」状態
 が3日続きました。
  松原は厨房に頼み込んで、豚エサの餡殻、肥料用のジ
 ャガイモ、洗った釜底のご飯などを持って帰ると、人々
 は大喜びで我先にカネを出し始めました。
  松原は、豚のエサに値段をつけて売る自分の姿を見て、
 「世の中で語られる道徳や、行われる慈善は、必ずしも
 本当の道徳や慈善ではない」と痛恨の叫びをあげるので
 した。
.
  (今日の言葉)
.
  題:擬制とされた事で、押し通した・・
.
紀元1世紀~2世紀、日本で、この時、既に、字が用いられ
 ていたらしいという証拠が発見された。
  (読売新聞、2017・11・15)によると、福岡県筑前町
 の薬師の上遺跡(弥生時代中期~後期)から完全な形の
 硯(すずり)が出土した。
  専門家は、「弥生時代に、日本で文字が書かれていた
 可能性を示す発見」とした。
  硯は、長さ15.3センチ、幅6.3センチ、厚さ0.9センチ。
  薄い墨の痕跡が数か所あることが分かった。
  現代のような墨だまりはない。
  朝鮮半島で出土した硯と同じ砂質頁岩(けつがん、粘
 土で固まってできた水成岩で、板状でやわらかく、薄く
 てはがれやすい)製・・、
  そして、形も似ている事から硯だと判断された。
  一緒に出土した土器から1世紀~2世紀とされた。
  これまで弥生時代の硯は、福岡県糸島市の三雲・井原
 遺跡や松江市の田和山遺跡などで破片が見つかっていた。
.
626年、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ、後の天智天皇)
 が生まれた。
  中大兄皇子の和歌に次のものがある・・、
  妹(いも)が家も 継ぎて見ましを
  大和(やまと)なる 大島の嶺(ね)に
  家もあらましを
  万葉集(日本最古の和歌集、巻二・九一)
  〔訳〕愛する君よ、君を、いつも身近に目にしていた
    いのにそれができなくてもどかしい。
     君の家が、大和の大島の嶺(みね)の頂(いた
    だき)に在(あ)って欲しいものだ。
     そうすれば、いつも君のことを目にしていられ
     るのに。
  都(みやこ)が飛鳥(あすか)から難波(なにわ)に
 遷(うつ)って大化の改新(たいかのかいしん)と呼ば
 れる新政が行われていた時のこと・・、
  若き皇太子の中大兄(なかのおおえ、後の天智天皇・
 てんじてんのう)には旧都飛鳥(あすか)に残してきた
 恋人がいました。
  鏡王女(かがみのおうきみ)です。
  いつもその人を身近に感じていたいために、家が山の
 頂上に在ればいいのに・・と、恋人たちは思いもよらな
 いことを思っていた。
  そして、この恋歌を受けとった鏡王女の返歌は・・、
  秋山の 木(こ)の下隠り(したがくり)
  行(ゆ)く水の 我こそ増(ま)さめ
  思(おも)ほすよりは
  万葉集(巻二・九二)
  〔訳〕秋の山々の落葉の下を流れ行く水のように、皇
    子(みこ)をお慕い申し上げるわたくしの心は、
    皇子が、わたくしをお思いくださる御心よりも深
    うございましょう。
     お逢いしとうございます、わたくしも。
  秋の山々の落葉を伝い、流れゆく木の下蔭(したかげ)
 の水は、目には見えませんが、実は大量の水を湛(たた)
 えています。
  王女の歌はその水に、中大兄のへの愛を託したもので、
 黄葉(もみじ)した秋の山々を背景に、深い愛情がつつ
 ましく語られています。
  鏡王女については、近年の発掘調査などにより、舒明
 (じょめい)天皇の皇女で、中大兄の異母妹ではないか
 と言われています。
  王女の御陵(ごりょう)を訪ねた時、遅咲きの満開の
 桜に包まれた王女は千年の眠りについていました。
  (国文学者・石丸晶子氏の文があまりにも美しいので
  参考にさせて戴きました)
.
1866年、アメリカのこの年の南北戦争の後、アメリカが奪
 った新領土と植民地・・、
  アメリカは、本当に、侵略国家だった。
  ミッドウェー諸島(1867年)、
  アリューシャン列島(1867年)、
  アラスカ(1867年)、
  フィリピン(1898年)、
  ハワイ諸島(1898年)、
  グアム島(1898年)、
  ジョンストン島(1898年)、
  ウェーク島(1899年)、
  米領サモア(1899年)、
  パルミア島(1912年)、
  そして、中国の利権獲得へ
.
1905年、ベンガル分割令が出された。
  これは、イギリスのカーソン(インド総督)が出した
 命令で、インドの方々の反イギリス闘争の分裂を狙った。
  しかし、逆に、インドの方々の自治要求運動が激化し
 た。
  しかし、イギリスは、さらに強くベンガル分割令反対
 運動を抑えつけた。
  帝国主義の植民地支配が強まる中で、インドの民族運
 動・反イギリス闘争も力による強い抵抗となって行った。
  イギリスのインド総督を狙ったテロ事件などが起こっ
 た。
  第一次世界大戦が始まると、反イギリス闘争を進めて
 いた革命家は、好機と考えて、武装蜂起を計画するグル
 ープも現れた。
  1915年には、ラホール事件の武装蜂起が鎮圧されて。
  逮捕者が4000人、処刑された方が800人・・という犠牲
 者を出してしまった。
  この時の英雄的な行為者の一人ラース=ビハリー=ボ
 ース氏は、日本に助けを求めた、そして、亡命した。
  これらの過激な反イギリス闘争は、「ガダル(反乱の
 意味)」と呼れた。
  (アメリカの黒人の方々の反抗を、「暴動」と呼ばさ
 れて、悪の印象操作をされたプロパガンダ・嘘宣伝を思
 い出す)
  イギリス当局は、1915年に、インド防衛法を制定し、
 インド人の方々の政治活動の自由を制限した。
  そして、危険人物を予防拘束するという卑劣な事を行
 なってまでして取り締まった。
  インドの方々の抵抗運動が功を奏し、イギリスのイン
 ド担当相のモンタギューは、1917年に、第一次世界大戦
 の後に、インドへ自治権を与えることを約束し、宣言し
 た・・しかし・・
  卑劣にも・・その約束を無視して、イギリスは、一転
 してインド支配の強化に乗り出した。
  1918年には、ローラット法を制定し、翌年、施行して
 弾圧を強化した。
  インドの方々は、反イギリス闘争を激化させた。
  第一次世界大戦(1914年~1918年)の後、民族自決の
 気運が、さらに、高まった。
  新たに国民会議派の指導者となったガンジーによって、
 1919年~1922年に、第1次非暴力・不服従運動(サティヤ
 ーグラハ運動)が盛り上がった。
  1919年4月6日、ガンジーの指導の下に、全国的なハル
 タール(同盟休業)が行われた。
  インド最初の組織的な民族運動が展開された。
  イギリスは必死に弾圧した。
  一部のインドの方々は暴徒化し、アムリットサール事
 件が起きた。
  非暴力主義の指導者ガンジーやネルーは、約束されて
 いたインドの自治権の返還をイギリスへ要求した。
.
1908年3月、アメリカの大艦隊が日本に来た。
  日本を威圧する目的だった(脅し行動)
  また、大艦隊の威勢を世界に誇示する目的だった。
  日本の戦艦が7隻しかない時に、このアメリカの艦隊は
 16隻だった。
  戦艦は白く塗られていた。
  幕末の「黒船」に対して、「白船」と呼ばれた。
  日本は、国をあげて歓迎した。
  横浜に入港した日には、日本の人たちは、小旗を振っ
 て歓迎し、万歳を連呼した。
  アメリカ海軍兵たちは、パーティ攻めにあった。
  また、アメリカ兵たちを乗せた列車が駅に着くと、1000
 人もの小学生が、アメリカ国家を歌って迎えた。
.
1914年、全黒人地位改善協会(世界黒人開発協会アフリカ
 社会連合:UNIA-ACL)が設立された。
  黒人解放指導者の黒人のマーカス・ガーベイは、1887
 年にジャマイカで生まれた。
  アメリカの様な卑劣な黒人差別の無いジャマイカで育
 った。
  1912年(25歳)イギリスのロンドンに向かった。
  1914年(27歳)ジャマイカに帰国。
    ガーベイは、アフリカから来た幾人かの黒人から、
   つぶさに白人のアフリカ侵略の話を聞いた。
    その白人の卑劣な植民地主義と、人種的抑圧に強
   い憤(いきどお)りが沸いた。
    このことから全黒人地位改善協会を設立した。
  1916年(29歳)3月23日、アメリカに渡った。
    黒人のための職業訓練校を、ジャマイカに建設す
   る資金を集めるためだった。
  1916年(29歳)5月9日、ニューヨーク市で最初の講演
   を行った。
    全黒人地位改善協会の本部をニューヨークに移転
   させた。
    そして、機関誌を発行した。
    機関誌名は、「黒人世界(ニグロ・ワールド)」
   と言った。
    彼の運動は、たちまち、多くの黒人の方々の支持
   を集めた。
  1919年(32歳)までに、各地に30の支部を持ち、機関
   誌の「黒人世界」は、たちまち有名になった。
  1922年(35歳)会員数は、アメリカだけで200万人、全
   世界で400万人となった。
   (1920年8月、アメリカで400万人の記述もある)
    しかし、ガーベイの最後は悲惨だった。
    アメリカ合衆国の政治的意図があったと言われて
   いる事だが・・、
  1925年(38歳)ガーベイが投獄された・・そして・・、
  1927年(40歳)釈放され、ジャマイカへ強制送還され
   た。
  1929年(42歳)ジャマイカで初の政党を設立した。
  1935年(48歳)イギリス(ロンドン)へ行く。
  1940年(53歳)6月10日、死去した。
  ・・それから24年後・・
  1964年11月、ジャマイカ政府は、ガーベイを、ジャマ
   イカの国民的英雄に選出した。
.
1917年7月17日、白鹿丸(はくしかまる、11,000載貨重量ト
 ン)が進水した。
  浅野造船所(後の日本鋼管鶴見)で建造された大型貨
 物船。
  この頃、日本で建造された汽船の中で最大の白鹿丸が、
 この日に進水した。
  この頃、日本の造船業界は、空前の好景気の中にあっ
 た。
  第一次世界大戦という景気刺激があった。
  軍需品の輸出も急増していた。
  重工業も急速に発展した。
  また、三井、三菱、住友などの財閥は、金融や貿易、
 造船などの多角経営で急速に力を伸ばした。
  戦争の形態が、国家を挙げての総力戦で行う形になっ
 ていて、これが、この様に関係する世界となった。
.
1919年(大正8年)1月14日、パリに到着した日本全権団は、
 『人種差別撤廃』提案成立のため、各国と交渉を開始し
 た。
.
1919年1月18日、パリ講和会議が開かれた。
  この会議で、日本は、「国際連盟規約に、人種差別撤
 廃条項を盛り込む決議」を提案した。
  (あまりにも、白人社会に、有色人種の差別が多く、
 卑劣で、レベルの低い社会が現出していたので、日本は、
 その様な行為を無くそうとして提案した)
  この提案に対して、「白人の移民しか許さないという
 白豪主義のオーストラリア」は、強硬に反対した。
  また、アメリカは、自国の西部諸州が、「勤勉で優秀
 な日本人移民を排斥する運動」を起こしたりしていて、
 有色人種差別をしているという社会情勢からも反対した。
  しかし、日本の正義の提案は、世界の有色人種国家か
 ら賛意を集め、また、注目も集めていた。
  そして、当然、投票の結果は11対5で、日本の提案は多
 数意見となった・・賛成多数だった・・そして、議決さ
 れる予定だったが・・
  しかし、議長役のアメリカのウィルソン大統領が、重
 要な議題は「満場一致を要する」と独断で決定し・・、
  そして、「否決だ」と宣言した。
  日本の当然の正義の提案は、世界から多大な共感を得
 ていたが、「世界の意見とはならなかった」。
  公正な『正義の社会を築く』ことに棹(さお)をさす
 アメリカだった。
.
1919年1月18日、パリ講和会議
  第一次世界大戦の戦後処理のため、パリで講和会議が
 開かれ、そして、ベルサイユ条約が結ばれたが・・、
  日本は、戦勝した五大国(アメリカ、イギリス、フラ
 ンス、日本、イタリア)の一国として出席した。
  戦勝国は、アメリカの参戦で勝つことが出来たので、
 アメリカのイニシアティブによって進められ、最後には、
 アメリカの提案を受け入れた。
  アメリカの代表は、アメリカの最高責任者である大統
 領のウィルソンだった。
  ウィルソンは、14カ条の提案をした・・、
  ・保護貿易の廃止。
  ・軍備の縮小。
  ・民族自決に基づく植民地問題の公平な解決。
  ・あらゆる国家の政治的独立と領土保全を目的とした
   連盟の設立・・など。
  そして、1920年、アメリカの提案どおり国際連盟が発
 足した。
  しかし、アメリカは、提案者でありながら、国内の意
 見統一が図れないという理由で、アメリカは、国際連盟
 に参加しなかった。
  また、苛酷な賠償金の返済を、敗戦国のドイツへ課し
 たため、ドイツは卑劣な巨額のその賠償金の返済に喘(
 あえ)いだ。
  結局、この解決を求めた行為が、まったく無駄となっ
 て、逆に、第二次世界大戦の誘発の原因を作った。
  アメリカの「他の国の意見をあまりにも聞かない独裁
 的な、また、独断的な行動」が、何ら解決を与えた事に
 はならななかった。
  第二次世界大戦の悲劇が、また、生まれる事になった。
  また、卑劣にも、アメリカは提案しておきながら、国
 際的な解決の場である国際連盟に参加しないという状況
 に居つづけた。
.
1921年12月~1922年2月、ワシントン会議、
  この会議で、日本は、不利で、不公正な、海軍主力艦
 の保有率に決められた。
  アメリカ・イギリスの4割も少ない艦船しか持てなくさ
 れた。
  (アメリカとイギリスが連合軍を組めば、日本は、そ
 の30%の主力艦しか持てないという状態に、大幅に制限
 された)。
  だが、日本は、まじめに、よくこの約束を守った。
  また、アメリカの差し金(さしがね、陰から人をそそ
 のかして、あやつること)で、日英同盟が、この時に解
 約させられた。
  また、中国の山東半島を返還させられた。
  日本は、条約や、第一次世界大戦の勝利国としての功
 績として、正式に条約によって得ていたが、返還の圧力
 がかけられ、返還するに至った。
  何故だか、日本だけに、不利な条件が押し付けられた。
.
1927年4月18日、南京国民政府が樹立された。
  1927年4月、上海クーデターを起こした共産党勢力や
 労働組合を、蒋介石は粛正を行なった・・そして・・、
  1927年4月18日、南京に南京国民政府を樹立した。
  (参考)上海クーデター:1927年4月12日、中国におい
     て、北伐に呼応して第三次上海暴動を引き起こ
     していた労働者を、右派国民革命軍(司令官:
     蒋介石)が、武装解除の命令に応じないで抵抗
     したため、デモを行っていた労働者・市民に対
     して発砲し、虐殺した。
  アメリカやイギリスは、この蒋介石が、南京を首都と
 して「南京政府を樹立する」と、これが、中国の中央政
 府だとして承認した。
  この蒋介石の様な軍閥は、中国のあちこちに居たのに
 である。
  何ら蒋介石が中央政府とされる理由も無いのに、アメ
 リカ・イギリスは、南京政府を中央政府だとした。
  まったくのお好み決定だった。
  リットン調査報告でさえ、「中華民国」を「中央政府
 だ」という考え方は、「法的擬制(ほうてきぎせい)」
 に過ぎないとしていた。
  (参考)擬制:ぎせい、実質は異なっているものを、
     法的取扱いにおいては同一のものとみなす。
      そして、同一の効果を与える。
      そして、この擬制は反対の事実の主張を許さ
     ない。
      つまり、この事例では、蒋介石の政府は、実
     質的にも中央政府ではないが・・、
      法的取扱いに於いて、中央政府だとみなし、
     反論は許さない。
  だから、南京政府は、たまたま、外国勢力から中央政
 府だとみなしてもらって、認められているだけだった。
  ならば、満州に居た人たちが、満州国を建国したこと
 と「どこが違うのだ・・?」
  アメリカは、後から、違うと言い出したが・・?
.
1932年3月1日、満州国が建国された(建国宣言)
  中国は、今現在(2017年)、漢民族が政権を取ってい
 る・・毛沢東も漢民族である。
  過去の中国の歴史には、色々な民族が、中国の政権を
 取って来た。
  この中国の地・領域には、種々の民族が政権を形成し
 て来た歴史にあった。
  そして、中国の領域には、昔から今でも、色々な民族
 の方々が居る・・生活している。
  そして、問題は、アメリカ・イギリスが、漢民族の蒋
 介石政権を「中央政府だ」と承認したところから始まっ
 た・・
  (1928年11月に、アメリカが、そして、1928年12月に
 は、イギリスとフランスが・・漢民族の蒋介石を、中央
 政府だとすると都合が良いとして決めた・・漢民族に、
 この領域を与えたこととなった)
  そして、さらに、問題を深刻化しているのは・・この
 アメリカなどの決定に端を発している事なのだが・・
  今・現在の中国の政権の中華人民共和国(中共)の漢
 民族の政治指導者は・・その地に生活し生存している種々
 の方々・民族の独立権を奪っているところにある。
  中国領とされた新疆ウイグル自治区は、この先、ウイ
 グルの「ウ」の字も無くなって中華人民共和国(中共)
 の領土そのものだと主張されるだろう。
  「チベット自治区」もそうだ・・このチベットの「チ」
 の字も無くなるだろう。
  このチベットの地に・・どんどん漢民族が流入してい
 る・・させている。
  人口比が逆転して来ている・・チベット人は排除され
 ている・・殺されてもいる・・どこもかしこも、こんな
 調子である。
  内モンゴル自治区は影が薄くなっている。
  この地域は、大幅な行政区画の変更が行われて中国名
 の省の名が付けられてしまった。
  内モンゴル人民共和国は、一時、可哀想な事に、歴史
 に名を止(とど)めるだけの地位に落され、置かれた。
  かつて、立派な独立国を形成したことがあるこの民族
 の地であるのにである(今は中共に組み込まれてしまっ
 ている)。
  南シナ海も、急に、我が領域だと中共は主張し、国連
 の主要機関である国際司法裁判所が中共の領域ではあり
 ませんよと言ったって、「関係ない」の態度をとってい
 る・・中共とは、このような国なのだ。
  かつて、中国は、万里の長城を築いたが・・その万里
 の長城の先は、「化外の地」で「関係ない地」で、我々・
 中国とは関係ありませんよとした。
  その様な地の・・万里の長城のはるか北の「中国が化
 外の地とした満州」に、「満州人の居住する地」に、日
 本は、手助けをして「満州国を建国した」。
  今・現代、中共は、この歴史に懲(こ)りたのか?
  この地から満州人の方々を追い出した。
  今・現代、チベットで、中共が、チベットの方々を追
 い出し、どんどんと漢民族を送り込んでいるように。
  結局、今・現代、かつての満州国があった地は、今・
 現代、漢民族が多く住む漢民族の中共という国になって
 いる・・ほとんど満州人は居ないという。
  中共は、沖縄も、「俺のものだという声」を発してい
 る声が聞こえるが、時の経過とともに、この様なやり方
 で、今・現代の沖縄の方々は追い出され、漢民族が住む
 沖縄となる可能性は・・否定できない。
  日本の「満州人の方々の満州国を建国した行動」は・・、
  日本は、当時、一番多かった満州人の方たちの国とし
 て独立の手助けをしたが・・「満州人の方たちだけの国
 では無いという理念」を掲(かか)げた。
  「満州人の方たちと共に五族協和の理念」を掲げた。
  「満・蒙・漢・韓・和の五民族が協調して暮らせる国」
 を目指した。
  この理念ゆえに、ユダヤの方々が逃れて来た時も大き
 く手を広げて受け入れた。
  この満州の中に漢民族も入っていて、排除は、当然、
 していない。
  その建国の手続きにおいても、それまで、アメリカや
 イギリスなどの米欧列強の国がやって来た事と同じにや
 り、また、「法と秩序に最大限配慮」してやった。
  アメリカも国連も、最初、何も問題にしなかったごと
 くである。
  日本は、アメリカなどの米欧列強に学んだ様にして手
 助けした・・法を守る努力をした。
  終始、アメリカや米欧列強の様にやった。
  日本は、アメリカなどの米欧列強に対する責務である
 とさえしていた。
  日本は、漢民族を追い出してはいない。
  しかし、群雄割拠して、あちこちに出来ていた中国の
 一つである軍閥(張学良)に対してだけは、秩序を保つ
 警察行動を行なった・・責任を果たした。
  中国の蒋介石の国民政府が、国連に提訴し、問題とな
 ったが、この中国の一地方の軍閥の蒋介石が、国連に提
 訴して、問題となった(アメリカ・イギリスが提訴した
 のではない)
  そして、アメリカや国連は、当初の態度と違えて、こ
 の段階から、一方的に自分たちが根拠なく承認していた
 国民政府(蒋介石)側に立った。
  問題は、まったくないのにである。
  問題は、国際事件となった・・仕立てられた。
  満州人の居るこの領域が、歴史的に、漢民族の統治す
 る地となったことが無いという「化外の地としている地」
 を、アメリカなどの米欧列強は、その状況を変えようと
 した。
  しかし、アメリカなどの米欧列強は、中共の前政権の
 清国と条約を結んだ・・そして、その清国は、満州人の
 政権だから、満州王朝だから、満州の領域まで、外国に
 付与された特権が及ぶのだと言った。
  だからと・・ここからアメリカなどの米欧列強の屁理
 屈が始まった・・、
  「だから、(漢民族の)国民政府に、満州まで主権を
 及ばせる権利がある」・・と。
  前記の()部分を、アメリカなどの米欧列強は擬制(
 ぎせい)している。
  (参考)擬制:ぎせい、実質は違うのに、そう見なす
     (見せかける)こと。法律で、異なるものを法
     律上同じと見なして、同じ効果を与えること。
  結局、アメリカなどの米欧列強は、この擬制で押し切
 った・・筋が通らぬ無理を通した。
  自分たちの利益のために。
  中国(国民政府)は、筋が通らない事が分かっていた
 ので、この主権を主張する事は出来なかった。
  アメリカなどの米欧列強の世界史なんて、どこを見て
 も、その底を掘り下げて行くとどこもかしこも、皆、こ
 んなもの・・無理を押し通す・・
  その基本には、キリスト教の「有色人種への蔑視観」
 と、その裏返しの「白人の優越観」がある(見下し観)。
  これが、すべてを狂わせている・・素直な正義が通ら
 ない世界となっている。
.
1947年7月21日、オランダが、再び、インドネシアを植民地
 にしようと、インドネシアに侵略した。
  このオランダを含む連合国が、第二次世界大戦後の東
 京裁判で、日本を「侵略の罪」で裁いている最中に・・、
  その日本を侵略したと裁く・原告側に立っていたオラ
 ンダは、インドネシアに「露骨な侵略」をしていた、そ
 して、インドネシアの方々を殺戮していた。
.
1965年9月30日、9月30日事件が起きた。
  インドネシアの方々の、その近代の歴史は、オランダ
 の植民地支配の苦痛の歴史だった。
  その苦痛から逃れ出られたのは、インドネシアの初代
 大統領になった国民的英雄・スカルノ氏らの功績だった。
  旧日本軍は、このインドネシアに残り、この推移に大
 いに貢献し、アジア解放の目的の一つを果たした。 
  1000人の日本兵は、日本に帰らず、インドネシアの独
 立戦争を助けた・・、
  国の代表となったスカルノ氏は、当然のこととして、
 オランダの植民地体制を壊した。
  また、アメリカなどの外国企業の資産を接収し、外資
 の排除も図った。
  また、オランダの手先になっていた華人の影響も排除
 し、地場産業の振興を図った。
  自立経済の樹立を目指した。
  アメリカとスカルノ政権は険悪となった。
  アメリカのCIAが、スカルノ政権の転覆をはかって
 いるという「うわさ」も流れた。
  この様な状況の中、イギリスの肝いりでマレーシアが
 建国されると、この国との関係も厳しくなり・・、
  インドネシアは、国連も脱退をせざるを得ない状態に
 なった(国際的孤立化)。
  そして、インドネシア国内の一体化も崩れて行った・・
 アメリカの工作か??
  その様な国内状況から、今でも不明部分が多いが9・30
 事件が起きた。
  この日、大統領親衛隊第一大隊長の率いる部隊が、軍
 事行動を開始した。
  翌日までに、陸軍の高級将校6名を殺害し、国営ラジオ
 局を占拠し、「9月30日運動司令部」と名乗って、「イン
 ドネシア革命評議会」の設置を宣言した。
  この様な経緯の中で、スカルノ氏からスハルト氏への
 権限移譲が行なわれた。
  そして、この9月30日事件の翌年・1966年2月、インド
 ネシア軍の指導的立場となったアリ・ムルトポ准将が来
 日した。
  そして、佐藤栄作首相、福田赳夫外相と会談した。
  ムルトポ氏は、次のように訴えた・・、
  「東南アジアは、これまで、アメリカ・ソ連・中国の
 代理戦争をして来ました。
  このアメリカ・ソ連・中国を入れないようにASEA
 N(東南アジア諸国連合)という垣根を作ります。
  1967年に、その構想を発表します。
  中国、ソ連、ベトナムに対抗する政治連合です。
  共産国の出方次第では、軍事連合にするかもしれませ
 ん。
  しかし、我々が、政治団体とか軍事団体を結成すると
 言えば、アメリカに壊されてしまうので、当分の間は、
 文化、観光、経済の団体という形の覆面をするつもりで
 す。
  日本にぜひ協力して戴きたい」・・と。
  日本の気付かない新たな動き・・9月30日事件以降の
 インドネシアやマレーシア、シンガポールなど東南アジ
 アのリーダーたちの思いは・・、
  「もうこれ以上、巨大な諸国・・象の様に(アメリカ、
 ソ連、中国)に、我々の士地を荒らされてはかなわない」
 と考え、ピースゾーン(平和地域)としてのASEAN
 建設に一致して動いていた。
  日本は、スハルト大統領体制が発足すると、直ちに、
 大規模なODA(政府開発援助)を供与して、インドネ
 シア政府を支援した。
  1967年、ムルトポ准将の言葉通り、タイ、フィリピン、
 マレーシア、インドネシア、シンガポールと反共を国是
 とする5カ国でASEANが誕生した。
  1976年、総理大臣に就任した福田赳夫は、
 翌年・1977年、東南アジア諸国を歴訪し、マニラで、A
 SEANを全面的に支援する事を約束した。
  この演説は、「福田ドクトリン」として、ASEAN
 諸国から、今でも高く評価されている。
.
1981年1月20日、アメリカと中国は、一体的な軍事関係が
 樹立されている。
  この時に、ロナルド・レーガンが、第40代アメリカ大
 統領になった(~1989年1月20日)・・が・・、
  このレーガン政権時代、マイケル・ビルズベリーは、
 政策計画のための防衛補佐官を務め、「レーガン・ドク
 トリン」と呼ばれる秘密援助プログラムの実施を担当し
 た。
  1975年~1976年に、アメリカが、中国との情報と軍事
 関係を樹立することを勧告する外交政策と国際安全保障
 に関する記事を発表されたが・・、
  このロナルド・レーガンや 、 ヘンリー・キッシンジ
 ャー 、 ジェームズ・シュレシンガーが公式に推薦した
 この提案は・・、
  カーター・レーガン政権時代のアメリカの政策となっ
 た。
  そして、このマイケル・ピルズベリー(米国防総省顧
 問)の言葉・・、
  「かつてアメリカは、日本に黙って中国軍を支援して
 来た」・・と語った。
  (参考)マイケル・ピルズベリー:
  1945年、米カリフォルニア生まれ。
    米スタンフォード大学卒業(専攻は歴史学)後、
   米コロンビア大学にて博士課程を修了。
  1969年~1970年、国連本部勤務を経て、
  1973年~1977年、ランド研究所社会科学部門アナリス
   ト、
  1978年、ハーバード大学科学・国際問題センターのリ
   サーチフェロー、
  1981年、国務省軍備管理軍縮庁のディレクター代行、
  1984年、国防総省政策企画局長補佐、
  1986年~1990年、議会上院アフガン問題タスクフォー
   ス・コーディネーター、
  1992年~1993年、国防総省総合評価局特別補佐官、
  1998年~2000年、国防総省特別公務員(米国国防科学
   委員会)、
  1997年~2000年、米国防大学客員研究フェロー、
  2001年~2003年、国防総省政策諮問グループメンバー、
  2003年~2004年、米中経済・安全保障検討委員会シニ
   ア調査アドバイザー、
  2004年以降、現在も国防総省顧問を続けながら、ハド
   ソン研究所中国戦略センター所長を務める。
     米外交問題評議会と米シンクタンクの国際戦略
   研究所(CSIS)のメンバーでもある。
   著書:『Chinese Views of Future Warfare』『China
 Debates the Future Security Environment』などがある。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive

[PR]
by suba28 | 2017-11-22 06:21 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)565E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年10月~1892年10月)

題:(増補版)565E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年10月~1892年10月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1892年10月8日、ラフマニノフ前奏曲嬰ハ短調が、モスクワ
 にて初演された。
  モスクワ電気博覧会の祝賀会において、作曲者(セル
 ゲイ・ラフマニノフ)自身によって、初演された。
  この初演の後、演奏会全体の中からこの曲のみが取り
 上げられ、「熱狂を捲き起こった」との記事が掲載され
 た。
  https://www.youtube.com/watch?v=p9zSyYd04EU
  セルゲイ・ラフマニノフ(1873年~1943年)ロシアの
 作曲家、ピアニスト、指揮者。
  裕福な貴族の家系の出身だが、セルゲイの生まれた頃
 は、一家は、すでに、かなり没落していたようだった。
  セルゲイは、多感な才能を感じさせる子供だった。
  4歳の頃、すでにその才能を気づかされた。
  姉たちの家庭教師が、セルゲイの音楽の才能に気付い
 た。
  そこで、ペテルブルグからピアノ教師が呼び寄せられ
 た。
  しかし、9歳の時、ついに、一家は破産し、所領は売ら
 れた。
  ペテルブルクへ移住し、まもなく両親は離婚した。
  音楽の素養のあった人物・父は、セルゲイの下を去っ
 た。
  奨学金の助けを受け、セルゲイの音楽の才能を目覚め
 させるペテルブルク音楽院の幼年クラスに入学した。
  しかし、話は順調にはいかなかった・・
  学校を抜け出しスケートをするという状況で、12歳の
 時には、全学科の試験で落第するという状態だった。
  悩んだ母は、親戚のピアニストに相談し、モスクワ音
 楽院に転入する事にした。
  モスクワに寄宿した家=ズベーレフ家のスベーレフは、
 厳格な指導をする事で有名なピアノ教師だった。
  ピアノ演奏の基礎を叩き込まれた。
  また、このズベーレフ邸には、著名な音楽家が訪れる
 という家で、セルゲイは、あの有名なチャイコフスキー
 に才能を認められた、そして、目を掛けられた。
  モスクワ音楽院では、多くの著名な先生から様々な音
 楽的知識を学ぶというセルゲイだった。
  セルゲイが、この様な師のスベーレフ邸を去るのは、
 セルゲイが、作曲への衝動が押さえきれなかったからで、
 この点でセルゲイは、師・スベーレフの作曲の禁止の指
 導と対立した。
  彼は、父方の叔母の嫁ぎ先の家に身を寄せた。
  1891年には、18歳で、モスクワ音楽院ピアノ科を首席
 で卒業した・・そして、卒業生に与えられるという大金
 メダルを得ての卒業だった。
  セルゲイ・ラフマニノフは、この年・1891年、ピアノ
 協奏曲第1番を完成させた。
  1892年には、このモスクワ音楽院の作曲家を卒業し、
 卒業制作として歌劇「アレコ」を書き上げ、金メダルを
 授けられた。
  そして、1892年10月8日、前奏曲嬰ハ短調を初演した。
  聴衆は熱狂した。
  翌年・1893年11月6日、チャイコフスキーが亡くなる。
  セルゲイ・ラフマニノフは追悼のために「悲しみの三
 重奏曲第2番」を作曲した。
  この後の彼・・すべてが順調だったという訳ではなか
 った。
1892年10月12日、アメリカで忠誠の誓いの暗誦が初めて行
 われた。
  (アメリカ) 忠誠の誓いは、アメリカ合衆国への「忠誠
 心の宣誓」である。
  忠誠の誓いは、しばしば合衆国の公式行事で暗誦され、
  アメリカ合衆国議会の会期もまた、忠誠の誓いの暗誦で
 開始される。
  また、アメリカの多くの公立学校では、星条旗を掲げ
 て「忠誠の誓い」というのをしている。
  日本の公立学校でも、同様の事をするべきであるが・・、
 まったくなされる様子はない・・それどころか・・
  日本のNHKに代表されるマスメディアは、『日本貶
 め行為』を盛んに行っている。
  また、キリスト教が、宗教とは別であろうに、日本の
 貶め運動を盛んにしている。
  キリスト教は、日本の国旗である「日の丸掲揚反対」
 し、
  そして、日本の国歌である「君が代の斉唱の反対」を
 している。
1892年10月14日、両毛鉄道会社の旅客運賃改正認可されて、
 賃率1マイル(=1.61㎞)について下等100マイル未満1銭
 2厘、 100マイル以上220マイル未満1銭、 220マイル以上
 8厘、中等は下等の5割増し、上等は下等の2倍半となった
 (11月1日から実施された)
1892年10月19日、日本鉄道会社線の上野駅~大宮駅間の複
 線工事が完成し、翌日の10月20日から使用開始した。
  (荒川橋梁の複線工事完成は、1896年4月1日)
1892年10月19日 東京九段の靖国神社(当時:東京招魂社)
 の大村益次郎の銅像が竣工した。
  (除幕式は翌年・1893年2月5日に執行された)
  因みに、靖国神社は、旧称を東京招魂社といい、戊辰
 戦争以降に日本国内外の事変・戦争で戦没した軍人・軍
 属を祭神とする神社。
  また、大村益次郎は、江戸時代の1824年に、長州藩の
 医師の長男として誕生し、オランダ医学を学ぶ傍ら西洋
 兵学を修め、後に、長州藩の兵制の近代化に貢献した。
  西洋式装備の常備軍「奇兵隊」の整備・育成を始めと
 する成果は、幕府軍を撃破した第二次長州征伐における
 戦いで遺憾なく発揮された。
  戊辰戦争渦中の上野戦争では、彰義隊を一日で鎮圧す
 るなどの活躍をした。
  兵制化を指導するなど、後の日本陸軍創設の中心人物
 でもあった。
1892年10月22日 最初の特別大演習が栃木県で開かれ、明治
 天皇陛下が統監(とうかん、統轄し監督すること)され
 た。
  明治天皇陛下が御行幸し、市内向明館が御在所となる。
  天皇陛下の天覧の下、宇都宮平出原で第1回陸軍特別大
 演習が行われ、陸軍東京第1師団、同仙台第2師団、およ
 び、近衛師団が参加した。
  総勢3万人による大日本帝国初の大軍事演習となった。
  これ以降、御行幸(御幸)地の平出原は「御幸が原」
 と呼ばれるようになった。
  1892年10月26日、観兵式
1892年10月28日、筑豊興業鉄道会社線が開設され、直方駅
 ~小竹駅間(6.2km)が開業した。
  直方駅は、1891年8月30日に筑豊興業鉄道によって開設
 され・・、
  1899年から、筑豊地区の石炭輸送の拠点駅とするため
 に拡張工事が行われ・・、
  筑豊炭田の各地からやって来る石炭車がここで行き先
 別に編成しなおされて送り出されるようになった。
  13本の仕分け線が設けられ、2つの出発信号機が設置さ
 れ、若松・西八幡・上戸畑へと送り出されていた。
  ヤードに、照明灯が設けられ、昼夜を分かたず列車を
 送り出す作業が行われていた。
  1910年3月には、新駅舎が建設された。
  しかし、第二次世界大戦後は、エネルギー革命によっ
 て石炭の出荷が減少、筑豊地区では1958年から石炭輸送
 が減少に転じた。
  これによって直方駅作業も縮小され、1984年2月1日、
 貨物取り扱いが廃止された。
1892年10月29日、伊沢修二の呼びかけで、国立教育期成同
 盟会が発足した。
  1892年12月に、第一回請願書(東京府伊沢修二以下
 10162名)で帝国議会に提出し・・また・・、
  1893年2月に、第二回請願書を提出している。
  伊沢修二(1851年~1917年)は教育運動家で、高遠藩
 (長野県伊那地方)の下級武士の長男に生まれ、
  1870年(19歳)藩の貢進生(こうしんせい、各藩から
   推薦を受け大学南校に入学下生徒のこと)として大
   学南校に入学した。
  (参考)大学南校:神田一ツ橋(錦町)の旧開成所跡
     に設置された。
      洋学教育を担当し、1870年7月の「本校」閉鎖
     後に制定された「大学南校規則」によれば、外
     国人教師による外国語の課程である「正則」、
     日本人教師による日本語の課程である「変則」
     から構成され、外国語学・西洋地歴・数学など
     を科目とする「普通科」修了ののち法理文の各
     「専門科」に進学することになっていた。
      また、同年以降、各藩からの貢進生募集(259
     藩より300余名)や海外への官費留学生派遣(日
     本最初の欧米留学生は南校からの派遣である)
     などの施策も行った。
  1872年(21歳)文部省出仕。
   第一番中学幹事、愛知師範学校校長を歴任。
  1875年~1878年(24歳~27歳)師範学科取り調べのた
   め高嶺秀夫、神津専三郎とともにアメリカに派遣さ
   れ、ブリッジウォーター師範学校で教育学を学ぶ。
    帰国後、東京師範学校に勤め、
  1879年(28歳)校長。
   かたわら、体操伝習所主幹、音楽取調掛長などに任
   命され、洋式体操、および、小学唱歌の創始と普及
   に貢献した。
  1886年(35歳)文部省編輯局(へんしゅうきょく)局
   長となり、教科書の編集出版行政に従事。
  1888年(37歳)東京音楽学校初代校長。
  1890年(39歳)国家教育社を創立して社長となり、国
   家教育主義運動を起こす。
   そして、1890年5月、全国教育者大集会の席上、「同
   志ノ人士ヲ糾合シ以テ一社ヲ設クル」よう提案した。
   そして、賛同した教員・教育関係者たちを中心に結
   成された・・そして・・、
   1890年10月、教育勅語発布をうけて、教育勅語の普
   及を活動の中心に据えるとともに、「国立教育運動」
   を主導した国立教育期成同盟会を設立した。
  1891年(40歳)官を辞し、国家教育社に拠り、学制改
   革運動(→学制)、義務教育費国庫負担運動(→義
   務教育)などに挺身。
  1895年(44歳)台湾総督府随員として台湾へ、学務部
   の創設に努力し、
  1896年~1897年(45歳~46歳)学務部長。
   帰国して貴族院議員となる。
  1899年~1900年(48歳~49歳)東京高等師範学校校長。
  1903年(52歳)楽石社を創立し、吃音矯正、視話法の
   普及に尽力した。
  著書:『教授真法』(1875年)、『学校管理法』(1882
 年)、『教育学』(1883年)、『視話法』(1901年)な
 ど。
  1958年には『伊沢修二選集』が刊行された。
1892年10月、豊田佐吉(25歳)が、東京浅草で機屋(はた
 や、反物を作る家、はたを織る家)を開業した。
  豊田佐吉(とよださきち、1867年~1930年)はトヨタ
 自動車へつながる人である。
  日本で最初の木製の豊田式自動織機の発明者、実業家。
  1867年2月14日、静岡遠江(とおとうみ)吉津村に、父:
   豊田喜一郎:機大工(はただいく)の長男に生まれ
   た・・貧農でもあった。
   新学制によって初等教育を受けた最初の世代だった。
   名古屋に出て織物工場の職工となる。
   若い頃から織機改良に関心を持ち、発明家を目指し、
   小型の織機の製作にも打ちこんだ。
  1890年(23歳)木製人力織機を開発した。
   次々に改良織機を生み出した。
  1897年(30歳)豊田式木製動力織機を発明した。
  1898年(31歳)60台の織機で綿布の生産を開始した。
   やがて三井物産の援助を得て事業を本格化した。
  1899年(32歳)自動織機の特許を受ける。
  1905年(38歳)日露戦争終結。
    この後、まもなく発明した軽便で輸入品より遥か
   に廉価な力織機は、地方中小織物業の力織機化を急
   速に推進するうえで重要な役割を果たした。
    佐吉は、小幅の半木製の織機から広幅の鉄製織機
   に至るまで各種の織機を次々に発明し、発表した。
    ものつくりへのこだわりは、佐吉をバックアップ
   した三井物産との意見対立を招くこともあった。
    また、この年、名古屋織布会社を創立し、三井物
   産と中京・関西の資本家が出資して、佐吉と共に織
   機の大量生産と販売を試みた・・成功しなかった。
  1906年(39歳)豊田式織機株式会社を創立した・・成
   功しなかった。
  1910年(43歳)経営陣と対立して独立。
  1924年(57歳)杼換(ちょかん)式自動織機を完成した。
  1926年(59歳)豊田式自動織機が完成し、これを量産
   するために、同年、トヨタ自動車の前身である豊田
   自動織機製作所(現:豊田自動織機)を設立した。
   「世界の織機王」の名声を得た。
  1929年(62歳)マジックルームと称されたこのプラン
   トの特許使用権は、イギリスのプラット社に自動織
   機の特許権を譲渡されたが、その譲渡代金は、自動
   車開発資金に充用され、豊田自動車成立の礎石のひ
   とつとなった。
  1930年10月30日、逝去した。64歳。
   事業家として腕をふるうかたわら、内外150件に及ぶ
   特許を確立した。
   独創的なアイデアとして注目された環状織機は、い
   くつかの特許を得たが、完全に仕上げられないまま
   世を去った。
   勲三等、藍綬褒章を受章。
.
  (今日の言葉)
.
  題:こうして、一人の勇敢な日本海軍少将の家での、
    忘れることのできない夜の会合は終わった・・アジア解放の一つの顕彰
.
1607年、イギリスが、北アメリカ領土(現:アメリカ)の
 最初の恒久的植民地を建設した(現:バージニア州、ジ
 ェームズタウン)
  1619年、20人のアフリカ黒人の方々を、オランダ船に
   よって、ジェームズタウンへ拉致して来た(イギリ
   ス人たちは、卑劣にも「輸入した」と称した)
    卑劣にも、アメリカに植民して、早々に、黒人の
   方々を人家畜の様に使役して、国づくりを始めた。
    アメリカを創ったのは、「アフリカ黒人の方々だ」
   と言ってよい。
    しかも、1620年のピルグリム・ファザーズが来る
   前である。
    この様な黒人の方々を顕彰する記念堂を建設する
   べきである。
  1620年、ピルグリム・ファザーズと自画自賛する輩た
   ちが来た。
    その者たちの41人が、船上で「メイフラワー誓約」
   に署名する。
    しかし、先住民のインディアンの方々を完全に無
   視していた。
  1641年、マサチューセッツで、「奴隷制度は正しいの
   だ」と法律に決めた。
    国づくりの早々に、奴隷制を合法化するという非
   人道的行為が行われた。
    以後、これが悪例として真似され、他の植民地で
   もこれに倣った。
    アメリカは、最初から奴隷を合法とし、奴隷とさ
   れた黒人の方々によって建設がなされて行った。
  1663年、バージニアで、最初の大規模な奴隷にされた
   黒人の方々の『大規模な反抗行動』が起きた・・当
   然の行動だった。
    アメリカ白人たちは、この異議申し立ての行動を
   『黒人暴動』と破廉恥な言い方をして、黒人の方々
   を弾圧し、蔑視した。
  1672年、イギリスが、王立のアフリカ会社を設立させ
   て、大規模な『奴隷貿易(人身売買行為)』を始め
   た。
    イギリスは、国の政策として、国策として、イギ
   リスという国が先頭に立って、卑劣な行為「黒人の
   方々を拉致して来て、その黒人の方々を物の様に売
   る」という犯罪行為を始めた。
.
1881年10月5日、アトランタ博覧会が開かれた。
  この博覧会には、33の州とアメリカ合衆国外の6つの国
 から1,013点の展示品が集まった。
  しかし、デトロイトの新聞が、自虐的に・・、
  「アトランタの博覧会には、テネシー州のリンチも、
 アメリカの特産物として出品されるべきであった」と書
 いた。
  (リンチ・私刑で、黒人の方々が、黒人蔑視思想であ
 まりにも多く、アメリカのあちこちで殺されていた)
  アメリカでは、卑劣な行為(黒人の方々への殺戮行為)
 が、リンチ(私刑〉として横行していた。
  この様に低劣なアメリカ社会に対し、黒人の知的な開
 放家デュボイスは、リンチ事件に対して・・、
  「我々は、そうしたことに、いつまでも耐えて行くつ
 もりはない。
  仮に、死ななければならぬものなら、(キリスト教の)
 神よ、乾草の様にではなく、人間らしく身を滅ぼさしめ
 よ」と言った。
  キリスト教は、その教義「異教徒は殺せ」と、「有色
 人種への蔑視」によって多くの異教徒と有色人種を殺戮
 して来た。
  そして、黒人のデュボイスは、「せめて人間らしく殺
 してくれ」と叫んだ。
.
1905年9月4日、日本は日露戦争に勝利し、アメリカ東部の
 ポーツマスで、『ポーツマス講和条約』をロシアとの間
 で調印した。
  そして、日本は、1905年10月10日、この講和条約を批
 准し、ロシアは、1905年10月14日に批准した。
  この講和内容で、「日本は、ロシアから南満州鉄道の
 営業権を譲り受けた」。
  (ロシアは、東清鉄道の内、旅順~長春間の南満洲支
 線と、付属地の炭鉱の租借権を日本へ譲渡した)
  しかし、まだ、この後も、この満州地域の北には、常
 に、ロシア(ソ連)の脅威が、この後も存続し続けた。
  また、中国は、国民政府軍と共産党軍がぶつかり合い、
 この満州に向かって、南から国民政府軍が、力をおよぼ
 して来ていた・・満州はその様な空白地域だった。
  (南からも、北からも圧迫が続くという状況)
  そして、アメリカにとって・・、革命をした共産主義・
 ソ連は、それまでの帝政ロシアより「ずっと危険な対抗
 勢力」の存在となった。
  共産主義・ソ連は、アメリカなどの『帝国主義を否定』
 した。
  共産主義・ソ連は、帝国ロシア時代のアメリカなどの
 米欧列強との『不平等条約』を認めず・・、
  また、アメリカなどの米欧列強が、特権を享受してい
 るシステムの『基盤そのものを否定』し、直撃した。
  そして、中国の蒋介石・国民政府が、アメリカなどの
 米欧列強にとって都合がよく・・、
  そして、中国・国民政府の蒋介石が、南京に軍事政権
 を樹立すると、これを中央政府として承認した。
  これは、中国のおけるソ連勢力を弱める目的もあった。
  そして、これでも、アメリカなどの米欧列強は、中国
 国内に高まって来ている民族主義による、外国人排斥運
 動の高まりを恐れていた。
  また、これまで、アメリカなどの米欧列強が、帝国主
 義の直接手段で、中国から奪って来た以上の「力と革命
 的スローガン」で、ソ連が、中国の権益の獲得行動をす
 るのではないかと恐れた。
  この様な状況の中で、満州事変が起きた。
  また、この頃、アメリカなどの米欧列強が、中国での
 権益を守り、権益を拡大しようとする行動において、ア
 メリカなどの米欧列強同士の対立が生じていて、潜在的
 な大きな問題となっていた。
  争っているのは、ただ単に、日本と中国という構図で
 はなかった。
  ロシア革命によって、より攻撃的なソ連が生まれ、そ
 のソ連が加わったという複雑な様相の中国だった。
  満州事変を、アメリカなどの米欧列強が承認した「中
 国・南京政府」が、国際連盟に提訴したことにより、こ
 の事のみが、特に、国際舞台の上に上がり、とやかく論
 議されることとなった。
  この満州鉄道だって、アメリカなどの米欧列強も、利
 権(鉄道租借権)を中国から得ていた。
  日本も、同じ様に条約によって、正式に、また、法的
 に得た合法的財産となっていた。
  アメリカなどの米欧列強が、その自国の財産を守るた
 めに、中国に軍隊を駐留させているが・・これと同じよ
 うに、日本も軍隊を駐留させていて、そして、それは、
 何らおかしなところがある訳ではなかった。
  (日本は、条約によって正当に駐留させている訳であ
 って・・侵略なんかではない)。
  アメリカなどの米欧列強は、上海、天津など、あちこ
 ちに軍隊を駐留させ、軍艦を中国の河川に往来せさてい
 るという状況だった。
  満州事変も、日本の財産を守るための警察行動だった。
.
1910年~1930年、第一次大戦の頃より、アメリカ南部の黒
 人の方々は、ブラック・ベルトと呼ばれたその地帯から、
 アメリカ北部の都市へ移住した。
  ジェームス・アレンは、その数を、100万人以上にのぼ
 ると推定している。
  しかし、この黒人の方々も、北部において差別された。
  都市生活に慣れていない彼らに待っていたものは、「
 南部も、北部も変わらないアメリカの人種差別」だった。
  キリスト教に洗脳された差別だった。
  賃金は安く、住居も「ゲットーと蔑(さげす)み呼ば
 れた隔離された貧民街の一区域」に押し込められた。
  住む自由も与えられなかった。
  「日本を貶めるだけのNHK」は、決してこの様な事
 を放送しない。
  1919年の夏を頂点として、この頃に頻繁(ひんぱん)
 に起きていた黒人の方々の抵抗行動は、こうした社会的
 背景があった。
  1919年7月のシカゴで起きた人種反抗は最大であった。
  黒人の方々の「栄光の抵抗行動」の歴史的事実となっ
 ている。
  逆に、白人アメリカ人にとっては、非人道的行為・差
 別をしたという「歴史的汚点」となっている。
  この時、白人アメリカ人は、黒人アメリカ人を差別し
 て「黒人の方々が、泳いではいけないという海」を勝手
 に決めた。
  17歳の黒人青年は、イカダに乗って遊ぶうちに、知ら
 ない間に、うっかりこの地域に入ってしまった。
  これが始まりだった。
  黒人青年は、何ら悪くは無かった。
  この様な区域を作った白人アメリカ人に「すべての悪
 さ」があった。
  しかし、黒人青年は、白人アメリカ人たちに殺されて
 しまった。
  黒人の方々の抗議の嵐は3日間も続いた。
  人種戦争の様相と化した。
  そして、23人の黒人の方々が殺され(白人の死者数は
 15人)、傷つけられた黒人の方々は1342人(白人178人)・・
  また、数百軒の黒人の方々の家屋が焼き払われた(焼
 かれた白人の家屋は・・ほとんどなし)。
  因みに、この年、日本は、国際条約の場で、「人種差
 別撤廃」を提案している。
  1919年1月14日に、パリに到着した日本全権団は、人種
 差別の撤廃提案を成立させるために、各国と交渉を開始
 した。
  しかし、米欧各国の思惑から成立しなかった。
  そして、このアメリカで差別を受けていた黒人の方々
 は、この講和会議の日本の人種差別撤廃案に期待をして
 いた。
  日本の説明で・・うまく運んでいたが、アメリカのウ
 ィルソン大統領が『議長裁定』により法案を成立させな
 かった。
  この事に対し、アメリカ黒人の方々は、自国政府の行
 動に対して、多くの都市で人種暴動が勃発させ、その卑
 劣さを訴えた。
  悲しいかな・・この行動においても、多くの黒人の方々
 の多くの命が失われた(この様な事を放送しないNHK
 ・・日本を貶める放送はよくするNHK)
.
1927年3月24日、南京事件
  こう名付けられる事件を、アメリカは起こした。
  アメリカは、中国・南京で、アメリカ戦艦を使い、南
 京砲撃の武力行使をしている。
  日本領事館などを含む外国領事館と居留民に対する砲
 撃だった。
  日本の政策は、この事件によって大きく変わった。
  その意味で、重大なアメリカの武力行使だった。
  しかし、アメリカは、自国民を守る「警察行動だ」と
 言った。
  (しかし、これと同じ様な事変である、満州事変は、
 警察行動ではないと、アメリカは主張した)
  (参考)事変は、「異常な出来事」のこと、そして、
     「非常の出来事」のこと)
  満州事変は、当初、アメリカは何も言っていなかった
 が・・後になって、このトラブルのことを過大に扱った。
  アメリカは、後になって、「ことさら大きくしたい」
 アメリカに変わった。
  この頃、中国は盗賊だと言い訳を言うが、中国・正規
 軍がトラブルを、色々と起こしているという時世だった。
  また、この事件の3日前の1927年3月21日には、中国の
 国民政府軍(蒋介石軍)は、上海を占領している。
  そして、この日の前日の1927年3月23日には、南京を攻
 略しようと「南京城を包囲」している。
  完全に、中国・国民政府軍とアメリカは、共同戦線を
 張って、中国において日本を攻めて来ていた。
  宣戦布告なしの、アメリカの中国における「日本との
 戦端が開かれた事実」の一つである。
.
1927年、中国革命軍が、イギリスの租借地を攻撃して取り
 返した。
  中国は、漢口と九口を、1861年に、イギリスの租借地
 にされ・・、
  1898年には、その租借地領域を拡張されているが・・
  1927年のこの時、中国革命軍は、この租借地を攻撃し、
 イギリス軍を駆逐し、この地を取り戻した。
  アメリカは、満州事変を、「日本が侵略した」と言い
 つのるが、中国にしてみれば、アメリカなどの米欧列強
 の方が、広い地域を奪っていて、ひどいと感じていた。
  この戦闘は、この中国の不満が爆発した戦いだった。
  因みに、アメリカは、上海、天津、温州に租借地を持
 っている。
.
1928年、中国・清朝が滅亡した後、中国各地には、私兵を
 抱(かか)えた軍閥が群雄割拠した。
  孫文の後を継いだ国民党の蒋介石は、各地の軍閥と戦
 い国内統一を目指した・・『戦国時代の様相』だった。
  そして、1928年、蒋介石は、北京を抑えて新政府を樹
 立した。
  今・現代、まだ、その様な戦国時代から、中国は100年
 も経っていない・・
  その様な国・・文化は熟成していない・・
.
1929年10月24日、アメリカに始まった世界恐慌は、世界を
 経済的混乱に陥(おとしい)れ、苦しめた。
  1922年に、イタリアに「ファシズムの政府」が生まれ、
 独裁政治を始めた。
  これが、ムッソリーニのファシスト党だった。
  そして、1935年に、このファシズムのイタリアは、エ
 チオピアへ侵攻した。
  そして、このファシズムが、1929年の世界恐慌後、経
 済混乱に苦しみ、経済的に困窮する国々に広がった。
  アメリカ発の恐慌は、この様な世界を現出した。
.
1929年、大きくなるナチス党
  ドイツは、第一次世界大戦後、巨額な賠償金を背負わ
 されて苦しんだ。
  物価は高騰した。
  庶民は生活に苦しみ、不安の中に暮らしていた。
  ここに生まれたのが「ヒトラーの率いたナチス党」だ
 った。
  ヒトラーは、「民族の栄光の復活」を掲げた。
  国民も賛同して行った。
  1929年に始まった世界恐慌は、ナチス党を大きくした。
  恐慌によるドイツ経済の悪化と・・、
  ベルサイユ条約の賠償金支払い方法としてヤング案が
 合意されると、ドイツ国民の反発を呼び、ナチス党は支
 持を集めて行った。
  (ヤング案は、1929年9月1日に遡及して適用された・・、
  ドイツの支払いは遅滞した。
  また、世界恐慌の経済混乱の影響があっても・・、
  当事者各国の協調によって、このヤング案は堅持され
 た)
  1932年7月、選挙でナチス党(ナチ党)は、全584議席
 中230議席を獲得し、ついに第一党となった。
  そして、翌年の1933年1月30日には、ヒトラーのナチス
 党は、政権を握り、ヒトラー内閣が発足した・・そして、
 独裁体制を作った。
  ここから酷い世界史が始まった。
  切っ掛けは、アメリカから始まった世界恐慌と第一次
 世界大戦のドイツに対する苛酷な責任追及だった。
.
1930年、世界恐慌、日本に波及、不況状態となる(前年の
 1929年に起きたという説がある)、
  日本の農村は、アメリカ向けの生糸の輸出額が激減し
 たことによって・・、
  農村の暮らしは、極限の貧しさに一気に転落して行っ
 た。
  この昭和恐慌・・娘を身売りさせるという悲しい話も
 聞いた・・まだ、日本は発展途上の国だった・・
  ほぼ1932年頃まで続く・・、
  この年・1930年、ロンドン軍縮会議で、日本は、不利
 な協定を受け入れざるを得ない状況となった。
  軍部から不満の声が出た。
  また、政府が、野党から厳しく攻撃された。
  この様な世情不安の時、浜口雄幸首相は、暴漢に襲わ
 れ重傷を負い、そして、1831年8月26日、死に至った。
  経済も波乱状態の上に、政治も波乱の時代だった。
.
1931年9月18日、アメリカやヨーロッパの列強諸国は、初め、
 満州地域への関心は「まったく無かった」・・
  ほとんどと言ってよいほど「関心の欠片(かけら)」
 も無かった。
  だから、当初は、アメリカは、日本の行動を、当然、
 侵略だなんて言っていない。
  その様な歴史的記録は一切ない。
  アメリカは、後になって、都合で「侵略だ」と言い出
 した。
  当初は、アメリカは、ただ単に、日中双方に、事変の
 戦闘を停止するように求めただけに過ぎなかった。
  また、同様に、国際連盟も、同じ様に、戦闘の停止を
 求めたに過ぎなかった。
  そして、国際連盟は、それ以上を問題としないで「休
 会に入ってしまった」ほどだった。
  そんな調子だった・・が・・後から、火がついたよう
 に日本を攻めて来た・・
.
1931年9月18日、そして、アメリカは、この時の満州事変が、
 後になって、自国に有利に使えそうだと、ことさら過大
 に取り扱われてしまう様になった。
  アメリカはじめ米欧列強の植民地で起きたことは、国
 内の事件として処理されていたが・・ことさら、日本の
 事は過大に取り扱われた。
  特に、この満州事変がそうであった。
  中国が国連に提訴したが、アメリカなどの入れ知恵の
 感がする。
  例えば、イギリスは、植民地のインドで、インドの方々
 を、さも猛獣狩りをするようにして、インドの方々を、
 毎日のように、殺戮していたが・・、
  また、道の木々に、インドの方々を吊るして殺し、そ
 のままの「吊るしたまま」にして・・インドの方々は、
 同胞の方々のその様な状態を、毎日、見せつけられると
 いう状況だった・・が・・、
  また、アメリカは、フィリピンで、60万人ものフィリ
 ピンの方々を殺戮するという様なことをしていたが、
  これらが、国連で討議されるようなことはなかった。
  国内問題とされ、「警察行動によってだ」とされた。
  しかし、満州事変は、ひたすら拡大的に取り扱われた。
  アメリカなどの米欧列強の思惑通りの推移だった。
.
1933年5月31日、塘沽協定(とうこきょうてい)が、この時、
 河北省塘沽において日本と中国との間に締結された(停
 戦協定)。
  これによって、柳条湖事件に始まる満州事変の軍事的
 衝突は停止された。
  この中国との停戦協定が結ばれ・・1934年3月1日には、
 溥儀(ふぎ)が皇帝として即位し、満洲国は帝政に移行
 した。
  国務総理大臣(国務院総理から改称)に、鄭孝胥(後
 に張景恵)が就任した。
  満州国は、五族協和、王道楽土建設のスローガンのも
 と、満州には、日本の重工業が発展したりして、経済成
 長をした。
 中国人が、著しくその様になった満州へ流入して来た。
  (参考)五族協和:ごぞくきょうわ、満州国の目指し
     た理念で、「和(日)、韓、満、蒙、漢(支)」
     の五族が協調して暮らせる国を目指した。
  (参考)王道楽土:おうどうらくど、満州国の建国理
     念で、アジア的理想国家(楽土)を、西洋の武
     による統治(覇道)ではなく、東洋の徳による
     統治(王道)で造るという意味。
  この地域は、荒野も多かった・・種々の民族が住む地
 でもあった。
  ロシアが不凍港が欲しくて模索し、ウスリー河、アム
 ール川流域を手に入れたりした様に、確定的な地ではな
 く・・、
  また、近年まで、中国とロシアが国境で揉めたがごと
 くの状況であった。
  また、必ずしも、中国の領土という事でもなく・・、
  しかし、ここに先住する多くの民族の独立の権利は、
 喪失させられてしまった。
  今・現在、満州国があった地には、ほとんど満州人は、
 居なくなってしまった状態だという。
  チベット人の方々が、チベットに居られなくなってい
 る様に・・
  因みに、万里の長城のはるか北方のこの地は、中国は
 「化外の地としていた」。
.
1935年、アメリカ外高官のマクマリーの中国情勢について
 の見解・・、
  「人種意識がよみがえった中国人は、故意に自国の法
 的義務を軽蔑し、目的実現のために向こう見ずに暴力に
 うったえ、挑発的なやり方をした。
  そして、力に訴えようとして力で反撃されそうな見込
 みがあるとおどおどするが、敵対者が何か弱みのきざし
 を見せると、たちまち威張り散らす・・
  中国に好意を持つ外交官たちは、中国が外国に対する
 敵対と裏切りを続けるなら、遅かれ早かれ、一二の国が
 我慢しきれなくなって手痛いしっぺ返しをしてくれるだ
 ろうと説き聞かせていた」。
  また。。、
  幣原喜重郎(元外務大臣)の中国の外交に対する見解・・、
  「日本は、不平等条約の辛酸をなめ、その撤廃を図(
 はか)るにあたっては、列国を攻めるよりもまず己(お
 のれ)を攻めた。
  打倒帝国主義などと叫ばずして、まず静かに国内政治
 の革新に全力を上げた。
  帝国主義時代において、我々の先輩の労苦は容易なら
 ざるものがあったが、国内の近代化が達成されると、列
 国は快く対等条約に同意した。
  日本は、外国人が治外法権を享有(きょうゆう、当初
 から、初めから持つこと)した時代でも、列国の帝国主
 義を呪うことなく国を進歩させた。・・
  我々は、必ずしも日本の先例の通りにしろという訳で
 はないが、シナ(中国)が早く平等の地位を占めること
 を望むがゆえに、同国官民の自重を求めざるを得ない」。
  中国に、ロシア革命の影響を受けて外国人排撃の暴力
 が横行していた頃に対する言葉・・、
.
1936年12月12日、西安事件
  西安(シーアン)は、中国・陝西省(せんせいしょう)
 の中心都市で、古都・長安である。
  中国・共産党は、抗日で国共両党が協力することを呼
 びかけた。
  しかし、蒋介石は、まず国内の共産党勢力を倒し、そ
 の後に、日本軍と戦うという方針を変えなかった。
  国民党軍の戦いの方針は次第に変わって行く・・、
  中国国内には、ロシア革命に刺激されて、外国勢力の
 排斥の風潮があったが・・、
  アメリカに武器・弾薬を供給されている国民党軍は、
 当然、外国勢力の米欧は敵ではなく、外国勢力で日本だ
 けを敵として認識させられて行く。
  共産党軍は、圧倒的な兵力を持つ国民党軍に追い詰め
 られた。
  満州地方の軍閥で、日本軍に駆逐された張学良は、蒋
 介石に、共産党及び共産党軍を討伐する事を命令されて
 いたが、内心は共産党の抗日の呼びかけに賛同していた。
  張学良は、1936年12月12日、蒋介石を西安で監禁した
 (西安事件)。
  そして、共産党との内戦の停止を迫った。
  そして、強引に同意させてしまった。
  この様に拘禁された蒋介石が西安に来た理由は・・、
  共産軍が、国民政府軍の共産党の討伐戦により21万人
 から7万人まで大幅に勢力を弱め、陝西省・甘粛省の2省
 に追い詰められていた。
  このため、蒋介石は、共産軍を殲滅する最後の軍議を
 西安で開いて、20個師団と100機を超える航空機を投入し
 て2週間から1月間以内に、8年間にわたる対共産党軍戦を
 終わらせようとしていた。
  蒋介石の言葉(将軍たちへの訓示)・・
  「剿匪(共産党軍を殲滅する意味)の完全成功まで、
 いまや最後の5分間の段階に来ている。
  各自はこの機会を逃すことなく、勇敢迅速に行動して
 ほしい」・・と、繰り返し命令した。
.
1937年12月、中国の国民政府軍の蒋介石が、南京が陥落し
 たので、さらに、中国奥地の重慶へ首都を移した。
  そして、対日戦を続けた。
.
1947年7月21日、オランダが、インドネシアに侵攻した。
  オランダは、戦後、インドネシアを再び植民地としよ
 うと不当な戦争をした・・それは侵略戦争と言えた。
  オランダはインドネシアを侵略した。
  日本によって、インドネシアを追い出されていたオラ
 ンダは、そのままで過去300年以上の甘い汁を吸い続けた
 利権をあきらめるような国では無かった。
  (参考)オランダは、日本へ、1941年12月10日に、宣
     戦布告した・・そのため、日本は、インドネシ
     アのジャワ島へ上陸部隊を送った。
      オランダ軍は、1942年3月10日に、日本軍に
     全面降伏した。
      日本は、オランダ軍に監禁されていたスカル
     ノ(後のインドネシア大統領)やハッタなどの
     指導者を解放し、協力体制を取った。
  卑劣にも、オランダの副総督ファンモークは、スカル
 ノの独立宣言を無視した。
  そして、インドネシアの港町スラバヤに、イギリス軍
 とともに上陸した。
  欧米列強は、いつも、卑怯である・・弱小国に、いつ
 も、この様に連合を組んで侵略する。
  (街のやくざが群れる様に・・日本も、まだ近代化し
 ない幕末に、これでやられ、大金をむしり取られた)
  オランダのファンモークは、「インドネシア人は、日
 本軍が降伏した現在、オランダ軍が上陸すれば、インド
 ネシアは、直ちに、元通り従順な植民地になるに違いな
 い」と考えた。
  しかし、「インドネシアは、日本軍によって羊が虎と
 なっていた」とオランダは驚愕した。
  (日本は、すでに、自衛ができるようにと、インドネ
 シア軍を教えていた(郷土防衛義勇軍・ペタの育成)・・
 それは、オランダの差別的な弾圧政策と雲泥の差があっ
 た)
  イギリス軍は、連合軍の管轄として、日本兵の武装解
 除、本国輸送などの役割を果たすために来たという名目
 もあったのだが(言い逃れ)・・このインドネシア独立
 戦争に関わり、大きな犠牲を出した。
  それ故、1946年11月になって、軍隊を撤退させた。
  しかし、オランダは諦めなかった。
  1947年7月21日に、戦車、飛行機、機関銃で武装した部
 隊約10万人を投入した。
  (この後、オランダは、1948年12月19日にも、二度目
 の大規模侵攻をする)
  そして、大規模な攻撃に出た。
  インドネシア共和国軍は独立に燃えていた。
  しかし、兵員こそ200万人もいたが、武器は、大東亜
 解放の旧日本軍から秘密裏に渡された小銃4万丁ほどに
 過ぎず、大半の兵士は竹槍を手に立ち向かった。
  オランダ軍は、瞬く間にジャワの大部分と、スマトラ
 油田地帯を含む産業地帯を占領した。
  オランダの「明らかな侵略戦争」は、世界中の非難を
 浴びた。
  国連安保理は、「オランダの敵対行動の即時停止」と
 「平和的手段での解決」の決議案を採択した。
  しかし、オランダは、この決議案を受け入れて、停戦
 に応じるかと見せかけたが、占領地域からの軍隊撤退を
 拒否した。
  外交交渉は暗礁に乗り上げ、局地的戦闘が続くという
 状態だった・・
  国連決議なんて何の役にも立たない状況だった。
  1948年12月20日、オランダは、再度、空挺部隊による
 第二次攻撃を開始し始めた。
  オランダとのインドネシア独立戦争では、日本軍人の
 数千人が、戦後も、インドネシアに残って、インドネシ
 ア軍を助け、共に戦った。
  その日本人英雄の中には、インドネシア国立英雄墓地
 に祀られている人々もいる。
  国際世論は、特に、インドを始めとするアジア諸国は、
 オランダによる都市の無差別爆撃に激しい非難を浴びせ
 た。
  (アメリカが、日本にも散々やった、無実の市民が居
 る都市の無差別殺戮爆撃である)。
  国連安保理も、1949年1月28日、オランダに対して、イ
 ンドネシアから撤兵するよう勧告する決議案を採択した。
  アメリカ議会の中では、これ以上、軍事行動を続ける
 ならば、マーシャル・プラン(アメリカによる欧州経済
 復興援助)を打ち切るべきだという声が出た。
  これが、最終的にオランダを諦めさせた。
  結局、国連による非難決議だけでは、オランダの侵略
 に対する有効な阻止手段とは・・悲しいかな・・ならな
 かった。
  3年半の独立戦争で、インドネシアが払った犠牲は、
 死者:80万人、負傷者:1000万人を超えた。
  しかし、オランダは謝罪するどころか、戦費を賄(ま
 かな)うためにオランダが発行した軍票60億ドルのイン
 ドネシア政府による弁済、オランダ人官吏への恩給支給、
 オランダ人所有の不動産の権利承認などを要求した(臆
 面もない不当な要求)
  (参考)臆面もなく:おくめんもなく、遠慮すること
     なく、図々しく・・
  インドネシア政府は独立確保のために、オランダの要
 求のすべてを呑んだ。
  ここまでしてから、やっと、再度の侵略の心配がなく
 なった1963年に、インドネシアは、「オランダの要求を
 否認する」という声明を出した。
  その時の外相であったルスラン・アブドルガニー氏は、
 次のように語った・・、
  「インドネシアは、ようやく力がついてから、全世界
 の見ているところで、オランダとの約束を全部破り捨て
 ました。
  つまり、植民地主義と戦うには力がなければ勝てない
 のです。
  オランダと戦う力、つまり軍事能力を戦時中、日本が
 与えてくれたおかげで我々は独立することができました」
 と語った。
  エピソード・・、
  1945年8月16日の終戦の翌日、前田精海軍少将は、スカ
 ルノとハッタを自らの公邸に受け入れ、インドネシア独
 立宣言の打ち合わせを行った。
  この会議は、8月16日23時から始まり、翌・8月17日の
 午前2時過ぎまで続いた。
  会議には50人ほどが出席していた。
  その間にも、多数の青年グループ達が会議の結果を待
 っていた。
  日本人は、前田の他に日蘭商業新聞記者・吉住留五郎、
 第一六軍軍政監部司政官・三好俊吉郎、海軍嘱託・西嶋
 茂忠が同席した。
  後に、インドネシア共和国初代外務大臣となるスバル
 ジョは自著の中で、1945年8月17日未明に行われた独立
 準備委員会による独立宣言に関する会合について・・
  「こうして、一人の勇敢な日本海軍少将の家での、忘
 れることのできない夜の会合は終わった」と述懐してい
 る。
  1976年(昭和51年)、前田は、インドネシアの建国功
 労章を授与された。
  アジア解放の大東亜戦争の一つの顕彰であった。
  (参考)顕彰:けんしょう、功績などを一般に知らせ、
     表彰すること。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive

[PR]
by suba28 | 2017-11-17 06:01 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)564E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年9月~1892年10月)

題:*(増補版)564E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年9月~1892年10月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1892年9月、ロシア皇帝のアレクサンドルⅢ世は、シベリア
 鉄道建設反対派の蔵相・ヴィシネグラツキー(1849年~
 1915年)を更迭した。
  この当時、ロシアは首相職がなく、蔵相職が事実上の
 政府の最高責任者だった。
  シベリア鉄道の建設計画は、1882年に、アレクサンド
 ル3世によって決定され、
  1891年から実行に移された。
  (全長8000キロに及ぶ膨大な計画で、建設費が巨額の
 ための着工遅れた)
  この時の蔵相がヴィシネグラツキー。
  このヴィシネグラツキー蔵相は、財政均衡を重視し、
 鉄道建設に、終始、難色を示して来ていた。
  しかし、皇帝は、人口の稠密(ちゅうみつ、ちょうみ
 つ、隙間もないほど多く集まっていること)状態の改善
 と、
  当時、中国において、イギリスとドイツが半植民地化
 して、美味しい汁を吸い、勢力拡大していた。
  これに、対抗して加わりたいとした(このロシアと、
 この後、日本はぶつかる)
  また、イギリスは、アムール河やウスリー河の地域を
 も侵略・拡大しつつあり、覇権を獲得しつつあった(中
 国の最大の植民地獲得国・イギリス)
  この地域の人口1200万に対して、ロシア人7万3000人
 (0.6%)という、ほとんど居ないという状況だった。
  しかし、ロシア皇帝は、鉄道敷設によって、この地域
 の領土確保をしたいとした。
  皇帝は、建設着工式に、皇太子のニコライ2世を出席さ
 せ、日本にも立ち寄らせ・・大津で暴漢に襲われる事件
 が起きた。
  ロシア経済は、急成長していたものの、まだ、植民地
 収奪の先輩の西洋列強諸国に比べると劣っていた。
  皇帝は、鉄道反対派のヴィシネグラツキー蔵相を解任
 し、鉄道建設を良く知るウィッテを蔵相に任命した。
1892年10月1日、小包郵便業務が開始した。
  小包郵便取扱(小包郵便法を実施した)
  日本は、郵便制度の超先進国で、日本において通信制
 度が現れたのは、伝馬などを利用して公用通信に供した
 「大化の駅制」だった(645年の大化の改新時に、唐にな
 らって日本は始めた)。
  この駅制は盛衰を続け、鎌倉時代に至って飛脚が出現
 する。
  戦国時代には、大名の書状送付に飛脚が頻繁に利用さ
 れるなどの発達を経て・・、
  徳川時代(江戸時代)には、幕府の整備により、武家
 や町人までもが利用できる飛脚屋・飛脚問屋などの制度
 が発達した。
  また、幕末期には、開国され、各国領事館も設置され、
 その公文書が蒸気船や軍艦によって運搬させた。
  また、日本国民の手紙も便乗させた(領事館郵便)
  そして、これが、業容を拡大し、独立の局舎を設けて
 専任の従業員を抱えた。
  これが在日外国郵便局で、アメリカ・イギリス・フラ
 ンスが、横浜・兵庫・長崎に持った。
  この在日局は、各国の郵便ルールに従った。
  切手販売、手紙引受、押印という基本的な業態が行わ
 れた。
  因みに、横浜の居留地では、サザーランド切手が使わ
 れた。
  明治時代に入って郵便となり・・、
  1870年5月、駅逓権正となった前島密が、太政官に郵便
 制度の創設を建議した。
  1870年6月、前島が上野大蔵大丞に差添し、渡英したこ
 とで、郵便制度創設の建議は、後任の駅逓権正・杉浦譲
 と各地の官史に引き継がれた。
  1871年1月24日、「書状ヲ出ス人ノ心得」及び「郵便賃
 銭切手高並代銭表」、「郵便規則表」等、郵便に関する
 一連の太政官布告が公布された。
  1873年、そして、特に、それまでの法制を改めた1873
 年の郵便規則が布(し)かれ・・、
  1882年、郵便条例・・そして・・
  1892年、小包郵便法が補完された・・そして・・、
  1900年、旧郵便法が、明治憲法下で公布され、統合さ
 れて、近代的な郵便法制が確立した。
  日本は、郵便事業は、大切な国家事業であるとの認識
 で精力的に進められて来た。
1892年10月1日、乗車綴切符取扱手続を制定し、施行した。
  「綴切符」は、1冊100枚つづりで、上・中・下等に共
 通して使用できた。
  乗車区間・運賃など、発売の都度、記入する方式だっ
 た。
1892年10月1日、両毛鉄道会社が、日本鉄道会社への業務委
 託を解除して、業務の自営を開始した。
  両毛線は、関東平野の北部を東西方向に結び、栃木、
 佐野、足利(あしかが)、桐生(きりゅう)、伊勢崎(いせさ
 き)、前橋などの都市を連ねているが・・、
  これ等の都市は、江戸時代から機業地(きぎょうち、
 絹・木綿その他の布を織る事業地)として知られ、
  この地域を相互に連絡する目的で、1888年~1889年、
 両毛鉄道によって開業した。
  (新前橋~前橋間の一部は、1884年に、日本鉄道によ
 り開業する)
  そして、日本鉄道への統合を経て、1906年に国有化さ
 れた。
1892年10月1日、シカゴ大学が開校した。
  アメリカのイリノイ州シカゴにある私立大学で・・、
  1890年に創立された。
  ロックフェラー財団の経済的援助と、初代学長ウィリ
 アム・レイニー・ハーパーをはじめ、歴代学長の識見や
 指導力によって急速に発展した。
  都市社会学を開拓・推進したシカゴ学派。
  初代総長W・R・ハーパーは、真の学術研究中心大学
 の創造を目ざし、学部課程のカレッジ教育、大学院教育、
 専門職業教育、地域社会へのサービス奉仕、大学出版部
 活動など、高等教育の活動と考えられるものはすべて大
 学に取り込もうとして取り入れ、研究重視の新しい総合
 大学の創造に尽くした。
  1896年、教育実験学校を設置
  1919年、オリエント研究所が設けられ、
  1920年代、シカゴ学派と呼ばれる都市社会学の研究者
   が輩出・・、
  1929年、30歳で第5代学長になった教育学者ロバート・
 R・ハッチンズ(1899年~1977年)は・・、
  古典による一般教育カリキュラムを導入、ジョン・デ
 ューイの教育実験学校の設置、四学期制の創始(クォー
 ター制)、成人のための公開講座やプログラムの開始、
 大学前期教育としてのジュニア・カレッジの考え方、女
 性に対する平等な教育や就職機会の開放(シカゴ・プラ
 ンによって特色あるカレッジ教育)を行なって、アメリ
 カ高等教育の先駆けとなったことから大学の名を高から
 しめた。
  大学の課程、研究分野として生物、自然、社会、人文
 などの科学領域 (学部、大学院共通) があり、大学院の
 専門部門として商学、神学、法学、医学、社会事業など
 がある。
  また、成人対象の経営など実学系プログラムも含む一
 般教養を学ぶグラハム・スクールも擁している。
  そして、学部課程よりも、大学院レベルの学生数が圧
 倒的に多い。
  図書館、研究所、病院などの諸施設を有し、成人教育
 講座、通信講座も置かれている。
  2003年現在、教員数2160人、学生数約1万3400人(学部
 課程の学生は約4400人)。
1892年10月4日、乾電池の発明
 世界で初めて、日本人の屋井先蔵(やいさきぞう)が、
 完全な乾電池を完成させ、特許を出願した。
  佐久間象山(1811年~1864年)は、すでに、日本人とし
 て初めて電池(ダニエル電池:液体式か?)を製作してい
 たが・・、
  1863年、世界に誇る日本人による乾電池の発明者:屋
   井先蔵が、新潟県長岡の越後長岡藩士屋井家に生ま
   れる。
  1869年(6歳)父が死去し、叔父に引き取られる。
  1875年(13歳)東京の時計店の丁稚となるが、病気の
   ため帰郷する。
    そして、修理工として年季奉公をした後、東京高
   等工業学校(現・東京工業大学)の入学に臨むが失
   敗。
    独力で永久自動機などの研究をする。
  1885年(22歳)電池で正確に動く「連続電気時計」を
   発明した。
    しかし、使用した電池が、液体式のダニエル電池
   などで、手入れが必要なうえ、冬場は凍結し、使え
   なくなった(乾電池の開発動機)
    日中の会社の仕事をしてから後の、夜に、電池開
   発を続けた。
    3年間の平均睡眠時間は3時間程度だった。
    東京物理学校(現:東京理科大学)の実験付属の
   職工ともなって頑張った(屋井は産学協同の先駆者
   とも言える)
    正極(+極)に薬品が沁み出し、金具腐食が起き
   て使えなくなることが問題だった。
    この点の改良に悩まされ、苦労した・・しかし・・
   炭素棒にパラフィンを含浸することにより解決策を
   見い出した。
  1887年(24歳)「乾電池」が発明された。
    しかし、日本における乾電池の特許の第一号は、
   屋井ではなく、高橋市三郎となっている。
    海外では、ドイツのガスナー、デンマークのヘレ
   センが、1888年に、乾電池の特許を取得している。
  1891年(28歳)「連続電気時計」が特許として認めら
   れた。
    (わが国の電気に関する初めての特許)
    また、この年に、繁(しげ)と結婚をしている。
  1894年(31歳)に、日清戦争が勃発し・・、
    ある日、発行された号外で、満州において使用さ
   れた軍用乾電池の大成功に関する記事が掲載された。
    従来の液体型の電池が使われていたら、満州の寒
   気で使用できなくなっていたが、
    乾電池であるから、満州の寒気に乾電池だけが使
   用できた。
    号外で、「満州での勝利は、ひとえに乾電池によ
   るもの」と報道された。
    新聞は、この乾電池が、屋井のものであることを
   聞きつけ、取材され、翌日の新聞にこれが書かれた。
  1910年(47歳)屋井乾電池販売部を、神田区錦町一丁
   目に新築して立ち上げ、同時に浅草神吉町に工場を
   設け、乾電池の本格量産にとりかかった。
    現在の乾電池のスタイルを確立していた。
    海外品との競争にも勝ち、国内乾電池界の覇権を
   掌握するまでに発展し、「乾電池王」とまでうたわ
   れるようになった。
  1927年6月1日(63歳)若いころからの刻苦勉励がたた
   ったのか? 屋井は、胃がんに侵された。
    そして、急性肺炎を併発して急逝された。
   (享年63歳4か月だった)
    残念なことに、屋井乾電池は、後継者を得なかっ
   た・・そして・・
  1950年(昭和25年)屋井乾電池の名が、乾電池工業会
   の名簿から消えてしまった。
  2014年、世界最大の技術者団体、電気電子技術者協会
   であるIEEEマイルストーン(IEEE=The Institute
   of Electrical and Electronics Engineers 、本部
   米国)が、この年、屋井先蔵らの栄誉を顕彰した。
  尚、エピソードとして、要確認情報だが・・、
  発明にしたにもかかわらず、貧乏のため乾電池の特許
 を取得はできなかった。
  (特許取得料が高額で出願できず・・もし、世界特許
 に出願していたら、日本に特許料が入り、国も潤ってい
 たであろう)
  また、乾電池を発売した当初、大半の世論は「乾電池
 などという怪しいものが正確に動くはずがない」という
 見方で、屋井先蔵の乾電池は全く売れなかった。
  さらに、持病の為に寝込む日が続き、生活は貧窮を極
 めた。
  さらに、屋井先蔵の乾電池の価値を知った外国人が、
 万博にて自分が発明したものだと主張したため、しばら
 くの間、世界で最初に乾電池を発明したのが、屋井先蔵
 であると認知されなかった。
  (電池工業会のホームページなどを参考にした)
.
  (今日の言葉)
.
  題:北朝鮮の核とミサイルは完成している・・日本は、完全に射程範囲内に入っている。
  この核抑止力の為・・アメリカの原潜と核ミサイルを乗員ごと、とりあえず1隻・・買え!!
.
紀元前1200年頃、ペトラ遺跡
  エドム人がペトラ付近に住み始めた。
  1985年、ユネスコの世界遺産に登録された・・、
  また、2007年、新・世界七不思議に選出された。
  ペトラ遺跡は、ヨルダンにある遺跡。
  死海とアカバ湾の間にある渓谷(岩礁地帯)にあり、
 自然の崖にある要害(ようがい、地勢がけわしく、敵を
 防ぐのに適している所)となっている。
  紀元前1200年頃から、エドム人たちがペトラ付近に居
   住した。
  紀元前300年頃に、文化が発祥・・、
  紀元前1世紀頃から、立地条件の良さから、古代ナバテ
   ア人の有力都市として栄えた。
   エドム人たちは、南へとナバテア人たちに追いやら
   れた。
   ナバテア人は、アラビア付近の貿易を独占し、栄え
   た。
  紀元前64年、ローマのポンペイウス将軍に、ナバテア
   人は支配下に置かれた。
   ローマは、ナバテアの自治を認め、課税した。
   ローマ風建築の造営が始まった。
  紀元後105年、ペトラが反乱を起こすが(武力の格差)、
   ローマに降伏させられる。
  紀元後106年、ペトラとナバテア人は、ローマの属州と
   して完全に組み込まれた。
   この頃から、墓を使わなくなる。
  紀元後365年、地震が起き(363年説あり、ガリラヤ地
   震)、多くの建物が崩壊し、また、水路網も破壊し
   た。
   この後、キリスト教を受け入れ、キリスト教に改宗
   させられる。
  5世紀初め、大洪水が起きた。
   完全な岩礁地帯であるので、農業は出来ない。
   また、雨が降ると、鉄砲水となって渓谷内をその水
   が流下(りゅうか、流れ下ること)して行った。
   都市は流された。
   ナバテア人はダムを作って対策を取った。
  6世紀後半まで生存した。
   水道管を通して給水設備を作り上げた。
   ナパテア人は、砂漠に水を引くことで農業が可能と
   なった。
   雨水を貯水した。
   テラコッタ(粘土で作った素焼きのもの)によって
   水を浸透しにくくして貯水し、また、水を通した。
   王宮には巨大なプールがあった。
  663年、イスラム帝国によって征服された。
   ペトラは、次第に衰退へ向かう・・、
  748年頃(749年説あり)また、ガリラヤ地震が起きた。
   大きな被害が発生し、ついに、ナパテア人はペトラ
   を断念し、放棄する。
  1812年、スイス人探検家(ルートヴィヒ・ブルクハル
   ト)が発見し発表した。
  20世紀初頭から発掘調査がなされ始めた(現在も続行
   中)
  2014年現在でも、なお85%が未発掘となっている。
   荘重(そうちょう、厳かで重々しいこと)な東側入
   口は有名、宝物殿(エル・カズネ)、列柱通り、ロ
   ーマ劇場、宮殿の墓、北の壁、大神殿、凱旋門、翼
   を持ったライオンの神殿、博物館、砕石場、水路、
   ダム、ローマ兵の墓、べビのモニュメント・・など
.
19世紀、欧米列強は、自分たちの植民地の卑劣な虐(いじ)
 め支配を、歪曲した言い方で正当化した。
  19世紀は、「重荷を担った白人」とか、「未開民族の
 啓蒙」とか・・という言葉で正当化し、この言葉が新聞
 紙面に踊った。
  20世紀になると、「解放」とか、「後進地域の自決権
 と民主化を行なってあげた」だった。
  いずれの時も、自分たちの搾取の行為を、勝手に、ま
 た、都合のよい言葉で正当化し、自分たちの利益を非人
 道的行為で得ていた。
  そして、アメリカは、第二次世界大戦後、日本を「元
 の島国に戻すという方針の目的を持った」。
  そして、アメリカは、中国を、ロシアの対抗勢力にし
 ようと考えた。
  アメリカの勝手な「やりたい放題」だった。
  そして、世界へ向かって「日本は、狂暴で貪欲だから
 だ」と説明し、アメリカは正当なのだと宣伝した。
.
1897年11月、中国の山東省で、ドイツ人カトリック宣教師
 が殺害された事件を口実に、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世
 が山東省に派兵し、膠州湾を占領し、そのまま清政府か
 ら同地を租借地として奪った。
.
1905年7月、アメリカの黒人の方々の解放へ向けての活動で
 ある「ナイアガラ運動」の第1回会議が開かれた。
  これは、アメリカにおける公民権運動の先駆となった
 運動で・・、
  アメリカの黒人社会運動家W・デュ・ボイスの呼びか
 けだった。
  教員や編集者などの急進的な黒人の代表者の方々が、
 黒人の権利獲得のために、黒人を組織化しようとした。
  第1回会議は、1905年7月に、ナイアガラ瀑布付近のカ
 ナダ領フォートエリーで・・、
  W・デュ・ボイスら黒人知識人が集まり・・、
  すべての黒人の方々が、差別反対運動を展開すること
 を訴える宣言をした。
  そして、人種や、皮膚の色に基づく差別の撤廃、成年
 男子の普通選挙権、教育の機会均等などを発表した。
  第2回会議は、翌年・1906年8月に、J・ブラウンの蜂
 起の地であるバージニアのハーバーズフェリーで行われ
 た。
  そして、黒人の方々のための完全な人権の確立、公共
 施設における差別の撤廃、だれとでも交際できる権利の
 獲得、黒人保護のための効果ある法律の制定、子弟の教
 育の保障を要求をした。
  1909年、資金難やワシントン派との抗争などの影響で、
 運動体としては大きく成長できず、この年、全国黒人向
 上協会の前身にあたる全国黒人委員会に合体することに
 なった。
  組織としては発展的解消ということになった(1910年
 説あり)
  組織体の解消とはなったが、その果たした役割は大き
 かった。
  この「ナイアガラ運動」という知的な黒人の方々によ
 って、黒人差別制度に対する抵抗運動を起こしたことは、
  また、「近代的な黒人解放運動家」が、少数だが、再
 び、戦闘的積極的な黒人の方々が立ち上がって行った。
  また、1881年には、アラバマ州のタスキーギに、黒人
 の方々のための「職業教育の大学」が創設された。
  徳性のある中産階級の黒人の方々が生まれ、白人と尊
 重し合う階層の人々が生まれることを目指した。
.
1906年、アメリカのサンフランシスコ市の教育委員会が、
 日本人や朝鮮人学童の隔離教育を決定した。
  極東の異人種に対する卑劣な隔離政策。
.
1910年8月、日韓併合
  日本は、アメリカやイギリスが、植民地支配としてア
 ジアでやっていた略奪一方の植民地搾取行為と違って・・、
  日本が、朝鮮・韓国でしたことは・・、
  朝鮮・韓国社会に役立つこと、社会インフラの巨大投
 資をするなど、多岐にわたって行った。
  しかし、韓国は、なんだかんだと日本を貶(おとし)
 める。
  ダムを作り、鉄道を引き、学校などを建てて教育制度
 を充実させ、行き渡らせたりなどなど・・その日本の貢
 献をまったく評価しないで無視する・・逆に、日本を貶
 める。
  2014年の韓国の教科書には、ありもしない記述がなさ
 れている。
  それは、「鉄道建設のための用地買収に応じない反日
 地主を捕らえ公開銃殺をした」と、感受性の鋭い子供た
 ちの教科書に、この様な嘘記述をした・・、
  これは、まったく根拠のない嘘話であり、作り話であ
 る。
  何で、今まで、「徒歩で行かなければならない所」を、
 鉄道敷設をして、「すぐに行けるようにしますよ」と言
 われて反対し、死ぬ様な事までの行為をするのか??
  本『歪められた朝鮮総督府』には・・、
  「総督府が、民衆や義兵を、実に十万人単位で虐殺し
 た」という嘘があると記したものだが・・、
  なぜ日本人は、韓国人ばかりを虐殺したのか、他地域
 では起きていないことを、「した」というのか? その
 原因など・・どう考えても理由がわからない。
  この韓国の虐殺話は嘘で、作り話なのである。
  十万人単位の虐殺の記録が、『まったくない』という
 状況なのである。
  しかし、韓国は、「虐殺された、虐殺された」の話だ
 けが存在するという状況にしている。
  感謝の「かの字」もない。
  その膨大な死体は・・どう処理されたのか?
  ナチスのようにその処理場が必ずある訳だ。
  そして、その処理場があって、行為があったと言える
 のだ。
  その様な事の立証も、証明も、韓国は出来ない。
  特殊な処理工場や大きな遺構など、なんでも韓国は立
 証できるはずなのだが、その立証行為もできないし、立
 証しようともしない。
  ただただ、日本に対して悪口を言うだけ・・、
  韓国の言うその虐殺人数の痕跡が何もないという事は、
 ただ、嘘を言うだけ、デッチ上げを言うだけとしか言え
 ないこととなる。
  韓国という国は、昔からこの様な国なのである。
  日本がそれをしたというなら、日本側にその特殊部隊
 が居る訳だ。
  半端な数ではない、その人数は、昨日・今日、殺され
 たという程度の話ではない、行為ではない、そんな簡単
 にできる行為ではない。
  韓国の誠実な立証行為が必要な話なのだ。
  万単位の人間の死体が埋められたというなら、必ず分
 かる人数で、規模なのだ。
  発掘すれば多くの、大量の遺骨が出る訳だ。
  その、何一つ、韓国は立証していない、立証できない
 事という話に、これまでの時間の流れが立証している。
  そんなウソ話を、韓国は、子供の教科書に記述して、
 何も知らない子供を繰っている・・洗脳している。
  日本に対する嫌悪感を、ただただ、植え付けている・・、
.
1910年、日韓併合について、アメリカとイギリスは反対も
 しなかった・・それは、条約による正式な「双方の合意」
 に基づくものとの当然の見方をした。
  世界も、当然、その見方であった。
  しかし、嫌日国家の韓国は、その様には考えない。
  アメリカとイギリスは、逆に、日本に朝鮮(韓国)に
 『居てもらいたい』と考えていた。
  積極的な「日韓併合・賛成論」なのである。
  ロシアが、朝鮮(韓国)に居る事が許せなかった。
  また、朝鮮(韓国)自身も、また、中国も、西洋勢力
 が朝鮮(韓国)に居るより、日本が居る方が良いとした
 事実があった。
  そして、「西洋勢力から遠ざかりたい」とした。
  それまでの欧米列強のえげつない収奪に辟易していた。
  また、アメリカ・イギリスの本当の狙いは中国であっ
 て、朝鮮(韓国)はどうでも良かった(美味しい中国だ
 けで十分だと)
  その証拠に、1870年代半ばまで、朝鮮(韓国)は、何
 ら、欧米列強と関係のない状態に置かれていた。
  関心外の朝鮮(韓国)だった。
  日本は、その間、数々の戦いを列強各国と行っていて、
 痛い目に会い、罰の大金を払わされていた。
.
1910年8月、日韓併合のこの頃、「日朝同祖論」という思
 想が日本に風靡した。
  そして、日本では、朝鮮(韓国)人との結婚を奨励し
 たりした。
  朝鮮(韓国)を特別に大切に扱おうとして、『血縁共
 同体』を強調した。
.
1910年8月、日韓併合がなされて、朝鮮(韓国)の内政は、
 正されて行った。
  それまでの韓国の国内は乱れに乱れていた。
  アメリカ人のハルバートは、本「朝鮮滅亡」に書いて
 いる・・
  「裁判は、金の力で正義の秤(はかり)が上下する」
 と・・、
  また、「文明国なら、たちまち民衆の反乱を呼び起こ
 すに相違ない様な不正かつ野蛮な事件を見聞きしないで
 済む日はない」と・・云々・・とある。
.
1911年、辛亥革命(しんがいかくめい)で清朝が滅んだ。
  ラストエンペラーの溥儀(ふぎ)が紫禁城を追われ、
 中華民国が生まれた。
  しかし、いくつもの軍閥が入り乱れて勢力争いをする
 という乱れた状況となった。
.
1919年11月7日、日本が、日本委任統治領「南洋群島」を、
 ヴェルサイユ条約の批准によって委任統治を開始した。
  (~1945年8月15日まで、ポツダム宣言受託により領有
 権を放棄したとされている)
  第一次世界大戦の講和条約であるヴェルサイユ条約(
 1919年6月28日)によって、日本が委任統治をする事にな
 った。
  日本は、南洋庁を置いて、島々を開拓し、産業の扶植
 を行なった。
  そして、学校を建て、教育も行った。
  第一次世界大戦では、アメリカは、日本にドイツと戦
 いなさいと言って、ドイツが敗れるとドイツの持ってい
 た太平洋上の島々(南洋群島:北マリアナ諸島、パラオ・
 マーシャル諸島、ミクロネシア連邦)を日本にくれた。
  国連のお墨付きの承認の日本の委任統治領となった。
  しかし、この様なアメリカは、第二次世界大戦の後は、
 アメリカは、日本のこの領土を得た。
  アメリカ信託統治領「太平洋諸島」とした。
  そして、アメリカは、終戦後すぐに、ビキニ環礁にお
 いて、原子爆弾の実験をし、放射能で汚染した。
  そしてまた、その後、水爆実験場ともして、幾度とな
 く核実験の放射能汚染で、住民の方々を泣かす様な行為
 をした。
  悲しいかな、住民の方々は、核アレルギーの精神疾患
 を持つ様な方々にされてしまった。
.
1922年2月6日、九カ国条約(ワシントン)
  ワシントンでの会議によって・・、
  第一次世界大戦で、日本は、ドイツに対してアメリカ
 と共に戦ったが・・、
  そのドイツから得たドイツの中国権益の返還などを・・、
  この時、後になっての1922年に、アメリカなどから求
 められた。
  ドイツの権益を得る時、日本は、国際法上においての
 問題もない「中国との条約」を交わしていた。
  日本は、条約で、中国の主権を尊重し、領土保全と門
 戸開放も確認し、機会均等も確認してもいた。
  この時の「山東省のドイツ権益(膠州湾)」の返還な
 どが求められ・・決められた。
 この九カ国は、アメリカ・イギリス・フランス・イタリ
 ア・ベルギー・オランダ・ポルトガル・中国・・そして、
 日本の九カ国だった。
  何で、条約で「いいですよ」と了解した中国が居るの
 だ・・と言いたい・・アメリカの命令・・、
  アメリカは、中国の大都市に大租界を持ち、軍隊を駐
 留させ、中国の河川や海上に自国・アメリカの砲艦を遊
 弋(ゆうよく、艦船があちこちを航行すること)させて、
  そして、治外法権の特権を持っていた。
  そして、中国以外にも、アジアのあちこちに覇権を持
 つ第一の大国だった。
  また、中国での勢力権を持って支配していた。
  国際連盟は、日本と満州との結びつきについて、何ら
 非難するという事もなく認める形にあったのだが・・
  つまり、アメリカは、れっきとした中国の大覇権国で
 あり、アメリカより狭い日本の満州との関わりに、非難
 が起きる状態ではなかった。
  この様な日本を、アメリカは、「日本が侵略した、侵
 略した」と称した。
  日本が侵略国なら、アメリカこそ「大侵略国」だった。
  つまり、アメリカは、アメリカの勢力圏だと思ってい
 た中国に、日本が来て・・「その日本が目障りとなって
 来ていた」。
  また、日本の勢力圏を取りたいためもあった。
  そこには、「まだ弱小国である日本」が、中国に勢力
 圏を持ったという蔑視観もあった。
  日本が、アジアの小国が、西洋列強の様な事をやった
 という面を咎(とが)めた。
  アジアの民族が、そのアジアに、勢力圏を持つという
 怖さもあった。
  歴史的には、「アメリカ・イギリスによる膨張する日
 本を抑え込む行動」と記されている。
  幕末に、「列強の連合」に押え込まれた日本であった
 が、この時も、この状況の様に、日本は、また、抑え込
 まれる立場に置かれた。
  また、この時、アメリカが合意し、アメリカとの間で
 交わされていた石井・ランシング協定も破棄された(手
 のひら返し)
  この九カ国条約は、「アメリカの外交上の勝利」と言
 われた。
  しかし、この条約の卑劣な所は・・また、劣った所は、
 『チベット人、トルキスタン人、モンゴル人、満州人、
 回教徒の方々などの存在を無視し、このすべてを、漢民
 族に与えた』ところにあった。
  これ等の民族の方々の「独立権をも無視した」・・
  これが、今・現在においても、虐げられ、苦しめられ
 ている状況が、今なお続き、現出し、その苦悩が極まっ
 ている。
  アメリカなどの列強の「欲得で世界をいじくった」『
 未解決の大きな罪』となっている。
.
1922年11月13日、アメリカ連邦最高裁判所が、「黄色人種
 (日本人を指している)は、『帰化不能外国人』であり、
 帰化権はない」とする判決を出した。
  まったく、驚くべき破廉恥な判決である。
  人種差別の悪が極まった判決である。
  この様な判決を出す国自体をさえ軽蔑する。
  この判決は、『すでに帰化した日本人の権利』まで剥
 奪できるとした。
  また、第一次世界大戦で、アメリカ兵として従軍し、
 死を賭して戦った日本人移民(日系アメリカ人)にまで
 帰化権を(時を遡って)認めず、剥奪した。
  (注)法律を、時を遡って適用するという事はあり得
    ない行為・・
  この時の判決の趣旨説明は・・
  「1790年当時の(帰化)法の立案者が考えたことは、
  アメリカに居住していた黒人やインディアンを除外す
 る目的で作られたが、
  これら2人種だけを、当時は除外の対象としていたとい
 うのは真実かもしれないが、
  法律立案者の意図が、その2人種だけに限られると解釈
 するのは法の肯定的形式を無視することになり、
  本規定は、黒人とインディアンを除外すると言ってい
 るのではなく、
  実質的に、自由白人のみを「帰化権有資格者」に含め
 ると言っているのであって(白人優越思想)、
  つまり、法の意図するところは、建国の父が白人とし
 て認めていた人のみに市民権を授与し、
  逆に、それに当てはまらない何者にもこれを拒否する
 という事だ」・・と・・、
  さらに、アメリカは、『ケーブル法』を制定し、二世
 女性にまで直接的な攻撃を加えた・・、
  ケーブル法は、いかなるアメリカ人女性でも、「帰化
 不能外国人」と結婚した場合、「アメリカ市民ではなく
 なる」と規定した。
  (市民権剥奪で脅して、白人女性の日本人との結婚を
 否定し、拒否した)
  そして、またさらに、アメリカは、1924年に、さらに
 さらに『異常な法律』を制定する。
.
1933年9月、フランクリン・D・ルーズベルト(第32代アメ
 リカ大統領、在任期間:1933年3月4日~1945年4月12日)
 の言葉・・、
  「朝鮮(韓国)の独立は、その戦略的位置に鑑(かん
 が)み、日本の死命を制する大事であった。
  したがって、日本は、朝鮮(韓国)が名実ともに独立
 する事を心から願っていたのである。
  しかしながら、独立は悪政に潰された。
  朝鮮(韓国)国民の能力を超えるものであった。
  朝鮮(韓国)が、中国、または、ロシアの手に落ちる
 のを防ぐため、日本は二度の戦争を経て、朝鮮(韓国)
 を保護下に置くことを宣言した。
  この実験は失敗した(戦争には勝ったが・・)。
  そこで、1910年に締結した併合条約によって、日本は、
 (朝鮮・韓国の)廃墟の上に新しい朝鮮(韓国)を建設
 する責任を担ったのである」。
  水野錬太郎「現代の日本」1933年9月
.
1940年、アメリカが、中国に武器・弾薬を渡していたが、
 その「援蒋ルート」が、日本軍によって、1940年の北部
 仏印進駐と、1941年の南部仏印進駐によって遮断された。
  アメリカは、1937年の日中戦争が始まって以降、秘密
 裏に、中国・国民政府(蒋介石)軍へ武器・弾薬などを
 援助した・・、
  また、後に、秘密裏に参戦もして、日本軍と交戦して
 いた。
  時を遡って、この事を見てみると・・、
  第一次世界大戦の後、世界一の経済大国となったアメ
 リカで、1929年、株価が大暴落し恐慌が起こった。
  不況の波は世界中におよび、怖(おそ)ろしい世界恐
 慌となった。
  悲惨な世界恐慌の嵐にもまれて日本は苦しんだ。
  この恐慌の後、日本国内に、ドイツやソ連のような国
 家体制の下での統制経済を理想とする風潮が広がった。
  また、1933年頃から、広大な植民地を持っていたイギ
 リスやフランスなどは・・経済のブロック化を行なった。
  イギリスやフランスなどは、本国と植民地との経済的
 な結びつきを強め、その経済圏の内部で重要な商品の自
 給自足を図りつつ、高い関税をかけて圏外の商品を締め
 出すブロック経済の政策をとった。
  日本は、この後、このブロック経済から締め出される
 という卑劣な虐(いじ)めに会う。
  また、さらに、ABCD包囲網という卑劣な連合体制
 で、よってたかって経済的孤児とされた。
  大切な物品の輸入が出来ない状況とされた。
  まったく、国が存立の出来ない状況に置かれ、このた
 め、自衛のための戦争をせざるを得ない状況に追い詰め
 られて行った・・第二次世界大戦へ至る道へ追い込まれ
 て行った。
  日中戦争においても、アメリカは、中立を守っている
 風を装った・・が・・、
  卑劣な事に、中国・国民政府(蒋介石)を秘密裏に支
 援していた。
  蒋介石を援助するルートという意味の「援蒋ルート」
 があった。
  援蒋ルートには、仏印ルート、ビルマルート、香港ル
 ート、ソ連ルートがあった・・、
  後になって、隠せなくなってアメリカは、公然と支援
 を行なうようになった。
  これも、アメリカと日本との戦争の原因の一つとなっ
 た。
.
1941年、日本と第二次世界大戦を戦うという「この年のア
 メリカ」であったが、この様な時にも、盛んに私刑(リ
 ンチ)をして、黒人の方々を死刑にするという卑劣なア
 メリカがあった。
  黒人の方々の・・何と多くの血が、流された事であろ
 うか??
  黒人の方々は・・、黒人の方々への差別を無くす法律
 を、アメリカ国内に成立させて来た。
  本当に誇らしい歴史を刻んで来た。
  リンカーンなんかじゃない・・黒人の方々の努力だっ
 た・・命をかけた戦いだった。
  このアメリカが、外国へ法を説く時には、「民主主義」
 を説いた。
  ・・が、しかし、このアメリカの民主主義が分からな
 い国には、アメリカは、『正義をかざして』、「武力を
 行使する」ことまでして、「アメリカの民主主義を強制」
 した・・それが『正義なのだ』と称した。
  しかし、自国・アメリカ国内の黒人の方々に対しては、
 この民主主義の『民』さえない状態だった。
  黒人の方々を、暴力で殺戮する白人・アメリカ人で組
 織される集団が、いくつもできるというアメリカだった・・
  そして、アメリカ国内のあちこちで、黒人の方々の殺
 戮行為が横行した。
  アメリカ国内に、その国土に、風土の中に、この様な
 状況が定着していた・・軽蔑すべき状況だった。
  白人優越=黒人蔑視の人種偏見の社会だった。
  キリスト教の教義・考え方「有色人種蔑視」に洗脳さ
 れ、大々的に宣伝されていた。
  また、社会は、絶えず暴力を扇動し、黒人の方々を迫
 害するという状況だった。
  私刑(リンチ)が絶えず行なわれるという、「卑劣な
 死刑が行われる」という卑劣さであった。
  1890年~20世紀初頭が、その中でも特に酷かった。
  1882年~1947年の期間を、ざっと調べただけでも3426
 件のリンチがあった。
  凄まじいリンチ社会だった。
  アメリカが、日本に戦争・第二次世界大戦を仕掛けた
 1941年も、アメリカという国は、盛んに有色人種への
 蔑視から来るリンチをする社会だった。
  また、アメリカを動かす「アメリカ北部」。
  その中心的な位置にいる「アメリカ北部資本家」。
  独占段階に達したアメリカ資本主義。
  たんに黒人の方々を搾取するのではなく、労働者階級
 全体を搾取していた。
  その為に作りだされた法制的、暴力的、イデオロギー
 的なアメリカ特有な収奪体系で社会は動いていた。
  この差別の風潮は、北部諸都市の雇用、住宅をはじめ
 様々な所で現れた。
  「ジム・クロウ」という言葉がはやった。
  (参考)1896年、アメリカ最高裁判決:「隔離は差別
     ではない」「隔離すれども平等」と判決した。
      この判決の考え方・理屈で、差別が合法とさ
     れて、差別が、全国的に堂々となされるアメリ
     カ社会であった。
      卑劣なアメリカ社会は、このジム・クロウ制
     度が、黒人の方々への差別の法体系として全面
     的に発展した。
      そして、長期間に渡って続いた。
      ホテル、学校、キリスト教会、病院、映画館、
     レストラン、バス(乗り物)、トイレ、投票権
     など、あらゆるところで、入場拒否、隔離行為、
     差別などが行なわれた。
      公立学校でさえ差別された。
      キリスト教徒の新島襄が、日本に居る時、美
     しい話をキリスト教宣教師に言われて、アメリ
     カに行ったが・・有色人種の日本人の新島襄は、
     卑劣な人種差別に会い、まったくキリスト教と
     アメリカという国に失望する。
      ほとんどすべてのキリスト教会も、厳格な人
     種隔離の原則を採用するというアメリカだった。
      この卑劣な判決があって、黒人の方々の運動・
     行動もまったく正当化されなかった。
.
1948年1月6日、アメリカ陸軍長官ロイヤルが、演説中「日
 本を反共の砦(壁)にする」と発言した(反共・封じ込
 め政策開始)
  1948年6月、ヨーロッパでは、共産勢力の台頭を防ぐた
 めマーシャルプランが発令された。
  また、日本については、日本と他のアジアの労働者の
 質を現実的に比較して、
  日本の工業施設を、戦後賠償としてアジアに移転させ
 てしまうより、役務賠償や日本で生産した工業製品によ
 る現物賠償が有力という現実的な判断が深まり、日本製
 造業の見直しの機運を盛り上げた。
  さらに、日本の経済的自立の立ち遅れが、アメリカの
 占領費用負担に繋がるという納税者の論理も働いていた。
.
2016年7月6日、読売新聞(2016・7・6)によると・・、
  中国は、財政が困窮するギリシャの最大の港(ピレウ
 ス港)を買った。
  そして、このたび、この港を活用した経済協力の拡大
 で両国は一致した。
  「地中海最大のコンテナ積み替え港にしたい」と、中
 国の習近平国家主席は述べた・・と読売は伝えた。
  「本音は、中国艦船の軍港として使いたい」と言われ
 ている。
  中国の世界戦略の中のヨーロッパ地域の拠点となる。
.
2017年11月1日、韓国が、ユネスコの『世界の記憶(世界記
 憶遺産)』に申請した『慰安婦問題の関連資料』の登録
 が見送られた(読売新聞、2017年11月1日)
  日本政府は、「適切な対応がなされた」と評価した。
  2015年には、これも嘘の「南京大虐殺の文書」が、中
 国の申請で登録されるというミスがあったばかり・・、
  これは、審査の中立性や透明性のない中での登録だっ
 た。
  今後、当事者間で、事実関係や歴史認識について、見
 解が異なる案件は、話し合いがまとまるまで審査を保留
 することになった。
  慰安婦問題について、韓国は、『慰安婦問題の真実を
 未来の世代に伝え、不幸な出来事が再び起きないように
 教育する努力」が政府の責務で、登録に向けて「外交的
 努力を続けて行く」と表明した。
  韓国政府は、韓国政府が音頭をとって、韓国の若い女
 性方たちを組織して、外資を稼ぐため、慰安所を作って、
 売春行為を韓国政府の官制で行わせて来た。
  不幸な出来事が再び起きないよう、未来へ伝えるため
 教育する努力が政府の責務と言うのならば、この長く続
 いた韓国政府の外貨稼ぎの官制慰安所の話もユネスコへ
 登録申請をすべきであるし、また、韓国の小学生の教科
 書にも書くべきである。
  また、韓国は、冊封下にあった中国に、長い期間、
 慰安婦接待を常にして来た韓国政府の行為をも教えるべ
 きであり・・、
  また、アメリカ軍への慰安婦所を作って、長い期間、
 韓国女性方たちへ外貨稼ぎをさせたことも、また教科書
 に書くべきだし、
  また、ベトナム戦争時の韓国兵のベトナム女性への行
 為などもユネスコへ申請し、かつ、小学生や中学生など
 へ教育の努力を、その様に言われるのなら・・おやり下
 さい。
  この様な、女性の人権を踏みにじる行為を、数々、韓
 国政府もろともやって来ましたと教育しなさい。
.
2017年、北朝鮮の核とミサイルは完成している・・日本は、
 完全に射程範囲内に入っている。
  この核抑止力の為・・、
  アメリカの原潜と核ミサイルを乗員ごと、とりあえず
 1隻・・買え!!
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive


[PR]
by suba28 | 2017-11-10 07:43 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)563E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年9月~1892年9月)

題:(増補版)563E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年9月~1892年9月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1892年9月7日、現行のボクシングの基礎となるクインズベ
 リー・ルールを適用した初のボクシング公式試合が開催
 された。
  この日の世界ヘビー級タイトルマッチで、ジョン・L・
 サリバン対ジェームス・J・コーベットで適用された。
  クインズベリー・ルールは、1865年、ロンドン・アマ
 チュア・アスレチック・クラブのジョン・グラハム・チ
 ェンバースによってルールが定められ、
  第9代クインズベリー侯爵ジョン・ショルト・ダグラス
 が保証人となったことで成立したので、彼の名を冠し「
 クインズベリー・ルール」と名付けられた。
  それまでは、ロンドン・プライズリング・ルールズで、
 このルールから変更された点は・・、
  (1)リング:一辺が24フィート(7m32cm)の四角形
  (2)1ラウンドを3分、インターバル1分
  (3)5オンスグローブ着用
  (4)投げ技の禁止
  (5)10カウント以内に立ち上がれない場合はKO負け
  (6)ベルト以下への打撃の禁止
  (7)腰より下の抱込みの禁止
  (8)倒れた相手への攻撃禁止、蹴り技、頭突き、目玉
    えぐりの禁止
1892年9月10日、九州鉄道会社線の門司駅~熊本駅間の各駅
 と、山陽鉄道会社線の神戸駅~尾道駅間の各駅との間に
 大阪商船会社所属の尾道~門司間航路を介して、旅客・
 貨物の連絡運輸が開始された。
1892年9月13日、イギリスのアームストン曲馬団(Harmston's
 circus)が来日し、興行を開始した。
  このアームストン親子の興行は、「アームストン大曲
 馬」と言われ、両国の回向院で行われた。
1892年9月16日、九州鉄道会社が、経費節減のため、前年に
 引続いが職員の給料を減額し、人員整理を実施した。
  1873年から1896年は、世界的な大不況で、構造不況と
 言われる不況だった。
  この大不況は、1873年恐慌に始まったが・・、
  原因は、広範な産業分野における生産力の向上があっ
 た。
  その増産、特に、銀の増産によって、価格が下落した。
  増産は、新知識・技術の発展による新鉱山の発見と、
 電解精錬の効率化だった。
  採掘量が増え続け、また、その雑多な鉱石からも銀が
 得られるようになった
  そして、ドイツ帝国は、普仏戦争で獲得した50億フラ
 ンの賠償金で、ロンドン市場などから金塊を買い上げ、
 種々の法律を成立させて金本位制を採用し、
  また、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、オラ
 ンダ、フィンランドも金本位制へ移行した。
  (フランス、アメリカは、その前に金本位制になって
 いる)
  この様な動きの中で、ドイツは、当時の年間銀産出高
 の3倍の6000トンの銀(旧銀貨)を鋳潰(いつぶ)して
 売却(予定)した。
  この大量売却見込みは、銀の単価を下落させた。
  世界の金融バランスは大崩れし、資金引上げにあう国
 が出たり、公定歩合の大幅引き上げ騒動などが起きた・・
 そして、銀価格は急下落した。
  経済バランスは完全に崩れ、穀物移動も混乱し、金流
 出も急激で、フランス銀行は危機的水準に陥った・・な
 ど・・世界は大混乱・・、
1892年9月25日、全国に15ヶ所あった商業会議所の連合体と
 して「商業会議所連合会」が結成され・・、
  また、第1回全国商業会議所連合会も開催された。
  商業会議所は、商工会議所の旧称で、
  1890年の商業会議所条例によって設置されていた。
  (参考)商業会議所:商業会議所条例によって市域を
     単位に組織された地域別の資本家団体で、
      この年・1892年に、全国商業会議所連合会が
     結成され、全国的連合会としての性格をもつよ
     うになった。
  商業会議所は、商工業に関する制度や法律などについ
 て資本家の立場から意見を発表し、
  商工業の発達を図ることを目的として活動を始めた。
  これまで、1887年に、イギリスの商法会議所連合会議
 の件が官報に報じられるなどして来て、
  1890年の商業会議所条例の設置の時より、全国組織の
 必要性が唱えられていた。
  そして、この日に、関西地区の5つの商業会議所の呼び
 かけで、京都にて、第1回の連合会が開かれた。
  今後は、年1回の定期会と、必要に応じて臨時会を開く
 事などの規則が定められた。
1892年9月26日、スーザ吹奏楽団がニュージャージー州で、
 第1回の公演をした。
  ジョン・フィリップ・スーザ(1854年~1932年)は、
 アメリカの作曲家で吹奏楽指揮者、ワシントンD.C.に生
 まれた・・
  父は、ポルトガルの出身で、ワシントンの海軍軍楽隊
 のトロンボーン奏者・・母はドイツ人。
  幼い頃から音楽を得意として、
  ワシントンやフィラデルフィアの劇場でバイオリン奏
 者、指揮者として活躍し
  1880年(26歳)海兵隊軍楽隊(大統領の儀礼用)の楽
   長に就任した。
  1892年(38歳)軍楽隊を辞任し、みずからのスーザ吹
   奏楽団を組織した。
    この年、デヴィッド・ブレイクリーという興行師
   の誘いで楽団を辞任し、「スーザ吹奏楽団」を結成
   した。
    この日・1892年9月26日に、ニュージャージー州
   プレインフィールドで第1回の公演を行い、そのまま
   全米各地への演奏旅行に出発した。
    ブレイクリーの根回しが少々雑だったのか、公演
   は必ずしもすべて成功とは行かなかった。
  1896年(42歳)、ブレイクリーが急死し、その報を聞
   いて帰る船の中で浮かんだメロディーを元に作曲さ
   れたのが『星条旗よ永遠なれ』だった・・、
  1914年(60歳)第一次世界大戦の勃発に伴い、スーザ
   吹奏楽団を解散し、海軍軍楽隊訓練所長として復役
   した。
    終戦後に、軍楽少佐まで進んで退役し、
   その後、再び、吹奏楽団を再結成し、レコーディン
   グや演奏旅行をした。
  1932年(78歳)3月6日、ペンシルベニア州でコンサー
   トを開いた後、帰って来たホテルで急死した。
  作曲作品には、行進曲、オペレッタ、舞曲、歌曲など
 があり・・、
  『星条旗よ永遠なれ』『忠誠』『ワシントン・ポスト』
 『自由の鐘』『士官候補生』『美中の美』など行進曲 を
 136曲を作曲し、「マーチ王」と呼ばれた。
  このほか『エル・カピタン』オペレッタも手がけた(
 この行進曲もある)。
  チューバを改造してスーザフォーンを作った。
1892年9月27日、官吏療治料支給方が公布された(明治二十
 五年勅令勅令第80号)
1892年9月、米原・彦根間軟弱路盤に水防石垣を造成した。
1892年9月、筑豊興業鉄道が、複式6輪連結テンダ機関車を
 使用した(複式機関車使用の最初)
  複式機関車は、複式機関を搭載した蒸気機関車で、
  これは、蒸気機関が全盛のころ、船舶用蒸気機関で熱
 効率を高めるために一定の成果を挙げていた。
  これを蒸気機関車にも取り入れようとするのは当然で、
 様々な形式が試みられた。
  構造が複雑になって、整備に手間がかかった。
  そして、この年・1892年、日本に輸入された最初の複
 式機関車が、国鉄8000形蒸気機関車9号機だった・・
  そして・・その翌年・1893年には、国鉄860形蒸気機関
 車が、何と、日本で最初に製造された。
1892年9月、下瀬火薬が発明された。
 大日本帝国海軍技師・下瀬雅允(しもせまさちか)が実
 用化した爆薬(炸薬として砲弾、魚雷、機雷、爆雷に用
 いた)で・・、
  1893年に、日本海軍は、この火薬を採用し、下瀬火薬
 と名付けた。
  日露戦争当時の日本海軍にも採用され、日露戦争には
 大いに活躍し、大戦果の一因となった。
  因みに、日清戦争には間に合わなかった。
  この火薬は、ピクリン酸を成分とし・・、
  ピクリン酸は、1771年に、ドイツで染料として発明さ
 れていたが・・、
  100年後になって、爆発性が発見された。
  猛烈な爆薬であるが、同時に消毒液としての効果もあ
 る。
  しかし、ピクリン酸は、容易に金属と化学結合して変
 化してしまう為、鋭敏な化合物を維持する点で実用上の
 困難があった。
  下瀬雅充は、弾体内壁に漆を塗り、さらに内壁とピク
 リン酸の間にワックスを注入して、この問題を解決した。
  なお、日本海軍規格の下瀬火薬(下瀬爆薬)は、ほぼ
 純粋なピクリン酸で、 爆薬として用いた場合の爆速は
 7,350m~7,800m/s・・、
  爆速は、爆薬が爆轟現象をおこした場合の、爆轟の伝
 播速度で・・、
  ニトログリセリン(爆速7,700m/s)は、有名なノーベル
 が実用化し、ダイナマイトなどに加工される。
  因みに、最大の爆速を持つヘキサニトロヘキサアザイ
 ソウルチタン(爆速9,400m/s)は、2017年時点で、実用化
 量産されている爆薬の中では最大威力を持つ。
  この爆薬は、スーパーコンピューターによって、分子
 内の電子軌道計算を行ない、理想的な爆薬としての化合
 物の構造の計算が先にあった。
  こうして、先に分子構造を決定したうえで、合成法が
 研究され、実用化されたもので、天然には存在しない。
  爆速は、ニトログリセリンの1.22倍・・、
  用途は広く、砲弾などの炸薬からマルチベース火薬(
 多成分系無煙火薬)の原料として弾薬・実包などにも使
 用されている。
  破壊力をトリニトロトルエン(TNT)比に換算したRE係
 数は2.04であり、国連の危険物輸送に関する勧告ではTNT
 換算190%とするように通達されている。
  1999年、旭化成工業で、メタノール溶媒でα型、β型、
 γ型のヘキサニトロヘキサアザイソウルチタンを溶解さ
 せ、溶媒を蒸発させて結晶を析出させることで第四のε
 型結晶が発見された。
.
  (今日の言葉)
.
  題:1000年の恨みは、ここにこそある。
.
1937年8月13日、第二次上海事変(大東亜戦争の始まり)
  この戦いから長い戦争が始まる・・故に、この戦いか
 らを日中戦争としている。
  (盧溝橋事件は4日後に解決しているので、日中戦争に
 は含めないという歴史的考え方で、ここから『大東亜戦
 争』が始まった)
  この戦いは、アメリカの大量の物量に補強された中国
 国民政府(蒋介石)軍、そして、その大部隊が、上海の
 「日本租界」を幾重にも包囲し、攻撃を開始して来た。
  この中国(蒋介石・国民政府軍)の攻撃開始によって
 戦いは始まった(日本から始めた戦争ではない)
  日中戦争は、日本と中国・国民政府(蒋介石)軍との
 戦いであって・・、
  卑劣な事に、中国・共産党軍は、日本と国民政府軍を
 戦わせ、消耗させ、どちらかが倒れた後に出て行こうと
 の作戦を立てた。
  このため、日本は、中国の現政権の中国・共産党軍と
 は戦っていない・・
  現政権の中国共産党軍は、戦勝国ではない。
  また、表面的には、日本と、この中国の国民政府軍と
 が戦っているように見えるが・・、
  実質的には・・アメリカが、中国・国民政府軍へ武器・
 弾薬を援助していた・・その為、この日中戦争は、日本
 とアメリカの消耗戦であった。
  このため、日中戦争が、泥沼化し・・長引いて行くの
 は当たり前だった。
  アメリカの目的の一つが、「日本を消耗させたい」で
 あった。
  アジアに台頭する日本を、アジアでイニシアティブを
 取らせたくないアメリカは、「何しろ、日本を叩きたい」
 があった。
  アメリカは、ベトナム戦争の時の様に、最初は、ベト
 ナム軍に戦わせていたが、徐々にアメリカ軍が介入した
 ように、この日中戦争も、アメリカ軍と、直接、日本は
 戦端を交えた。
  しかし、このことを、アメリカは卑怯な事に秘密にし
 た。
  しかし、れっきとしたアメリカの公式文書に、アメリ
 カ軍が派遣されていることが記述されている・・
  この事が知られると・・更に卑怯な事に、アメリカは、
 最初、ボランティアだと言い逃れした・・、
  しかし、アメリカ軍の中国派遣の正式な公式文書があ
 ることが分かった(大統領の命令書)
  アメリカは、「真珠湾攻撃の時が、初めての日米戦争
 の始まりだ」と言っているのは、「まったくの嘘」の発
 言である。
  アメリカは、真珠湾攻撃前の日中戦争において、隠密
 に日本と戦端を交えている。
  そして、この中国・国民政府軍へのアメリカの武器弾
 薬の支援を止めさせようと、日本は努力したが・・、
  アメリカの、この中国・国民政府軍の蒋介石軍への武
 器弾薬の援助のルートを遮断(援蒋ルートの遮断)の目
 的で、日本は、この目的をはっきり説明して(アメリカ
 が、援蒋ルートを使って武器弾薬の支援をしているから
 戦争は続く、そのため、この援蒋ルートを遮断する目的
 で南部仏印へ進駐すると説明して)・・、
  1941年7月、日本軍は、サイゴン(現:ベトナム・ホー
 チミン)に入った(南部仏印進駐)
  この様に、明確な説明があったのにもかかわらず、ア
 メリカは、日本のこの行為に対して、懲罰的な対応を日
 本に対して行なった。
  在米の日本資産を凍結した。
  また、対日石油輸出の全面禁止をした・・また・・、
  その他種々の行為・・そして、「ABCD包囲網」と
 言われる国々によって、戦争的行為を日本に対して行っ
 た。
  これは、今・現代、ここまでされれば戦争は起きてし
 まう、これは、事実上の日本に対する「宣戦布告である」
 と言われている。
  最初から、アメリカには、アジアに台頭する日本が目
 障りで、「日本を叩きたいとの思惑があった」。
  この思惑を見破られないため、アメリカは、あれこれ
 と小細工をしていた。
.
1937年9月23日、中国、抗日民族統一戦線が結成されたと言
 われているが・・?・・これは嘘・・、
  西安事件後を契機に、壊滅寸前の共産党は、コミンテ
 ルンの方針もあり国民党との合作に活路を見つけようと
 した。
  (参考)コミンテルン(Comintern)は、1919年から
     1943年まで存在した、共産主義政党による国際
     組織。 別名:第三インターナショナル。
  しかしながら、国民党内の共産党不信は根強く、合作
 の交渉を捗(はかど)らなかった。
  それに対し、北京盧溝橋事件と上海で起きた日本軍と
 の軍事的衝突の矢面に立たされた蒋介石国民政府は、ソ
 連との中ソ不可侵条約締結と共産党の合法化による共産
 主義勢力との連携で難局の打開を試みた。
  最近の研究による新事実は、今まで、抗日民族統一戦
 線は結成されていたというのであったが、
  実際は結成されていない・・
  国共合作の成立は疑わしく、成立してないとされてい
 る。
  作為された史実が書き換えられている・・誰が作為し
 たか・・?
  第一次の国共合作(1924年~1927年)も失敗している。
  この様な中国・・このような状況下で、北京郊外の盧
 溝橋で日中両軍の小規模な衝突が発生し(1937年7月7日、
 盧溝橋事件)・・、
  共産党は、発生の翌日・1937年7月8日、全面交戦を呼
 掛けたが、現地で停戦協定が結ばれ(4日後の7月11日)
 戦火の拡大はおさまった。
  そして、上海で、日中両軍は航空戦を含む全面的な戦
 闘状態に入った(8月13日、第二次上海事変)
  中国・国民政府(蒋介石)は、ソ連と中ソ不可侵条約
 を締結し(8月21日、同29日発表)、
  アメリカ・イギリスの大量の物資援助も入れて、精鋭
 の大部隊をつぎ込んで日本へ攻撃を仕掛け・・全面戦争
 となった。
  アメリカとイギリスは、大量武器援助をして、日本と
 戦争をしなさいと『けしかけた形』となった。
  後に、アメリカ軍は、直接、日本と戦端を開く。
.
1938年3月、ユダヤの方々が、シベリア鉄道のオトポール駅
 に、ドイツの迫害を逃れて、ビザを持たずに到着した。
  日本は、ビザのないこのユダヤの方々を救済した。
  杉原千畝がビザ発給をしない時・・発給をする、大分、
 以前の事である。
  ユダヤの方々が、満州に近いこの駅に到着したのは、
 日本がユダヤの方々を差別なく受け入れる事を知ってい
 るからだった。
  日本は、このユダヤの方々を、「亡国の民」として、
 ビザを持たないこのユダヤの方々を満州へ受け入れた。
  そして、後に、日本の神戸などへ行き、内地で受け入
 れられている。
  当然、日本は、満州へ入国することを認めた。
  この頃、日本は、ドイツと友好関係にあったが、(ド
 イツとの同盟関係は、まだ、結ばれていない)
  ハルピン特務機関長の樋口季一郎少将(東条英機の部
 下)は、満州国建国の「五族協和」の理念からも人道的
 に対応していた。
  救援列車を次々とオトポール駅へ向かって出した。
  この事を知ったドイツは、日本に抗議して来た。
  しかし、日本は、ドイツの属国ではないと、きっぱり
 とドイツの抗議を撥(は)ね付けた。
  この後も、このルートで、多くのユダヤ人の方々を日
 本は救援した。
  (参考)五族協和(ごぞくきょうわ、Five Races Under
     One Union)は、満州国の建国の基本理念で、民
     族政策において「和(日)・韓・満・蒙・漢(
     支)」の五民族が協調して暮らせる国とする。
.
1940年7月、杉原千畝が、この時、職権を越える違反行為で
 「ビザの発給行為」をした。
  杉原が、この行為をした時、日本はドイツと同盟を結
 ぶ以前で・・、
  しかし、杉原千畝が、キリスト教徒であったことから、
 キリスト教は、この杉原千畝を美しくデッチ上げた。
  杉原千畝を美化したいがため、杉原千畝がビザの発給
 の出来ない身分であることを隠した。
  杉原千畝の『重大な違反行為』であることを隠した。
  また、キリスト教は、日本がドイツと同盟をしていた
 からと嘘を言って・・ドイツがユダヤ人を迫害したよう
 に、日本もドイツから同じ行動をとるように言われてい
 たと、キリスト教は、この事についても嘘をデッチ上げ
 た。
  それ故、キリスト教は、「日本は、ユダヤ人へのビザ
 発給に反対だった」と、嘘の屋上屋を重ねる重大なウソ
 話をデッチ上げ、日本を貶(おとし)めた。
  キリスト教徒の杉原千畝を美化したいがため、日本と
 いう国をも貶めた。
  日本は、ドイツと同盟をした後でも、堂々とユダヤの
 方々を救済していた。
  そして、抗議するドイツを撥ね付ける日本だった。
.
1941年12月8日、真珠湾攻撃
  第二次世界大戦(大東亜戦争)のことで嘘ばかり言う
 アメリカ。
  アメリカは、日本と戦争をした、「勝利すると分かっ
 ている戦争」をした・・日本を叩きたかったからだった。
  日本の「戦争を終わらせる打診」も無視ばかりしてい
 た。
  アメリカは、日本の「完全破壊」を目指していた。
  完全にキリスト教の「シャロームの教義の考え方」だ
 った。
  キリスト教のシャロームの教義の考え方は、「完全破
 壊の後に平和が来る」という平和の考え方だった。
  知識水準の高い方々から、「すべてを破壊して、誰も
 居なくなった地に、キリスト教会を建てて何になる」と
 言われていた。
  そして、アメリカは、原爆も試してみたかった。
  戦争を終わる時もこんな調子で、嘘ばかりの、不誠実
 なアメリカだった。
  戦争を始める時も、「日本を叩きたい」があって、日
 本を追い込んで行った。
  また、「戦争はしたくない」というアメリカ国民の方々
 の世論を卑劣な方法で変え、そして、操作した。
  アメリカ大統領のルーズベルトが、イギリスのチャー
 チルと会談した時に、「そのことについて話をしている」。
  そして、「日本の真珠湾攻撃を奇襲だ」と仕組んだ。
  そして、アメリカ国民の方々の非戦論の世論を転換さ
 せた。
  また、アメリカのルーズベルト大統領は、アメリカ国
 民の方々の非戦論を変えるために・・次のことを仕組ん
 だ・・、
  アメリカは、第二次世界大戦(大東亜戦争)を戦う正
 当性を、「日本が、世界征服を目論(もくろ)んでいる
 からだ」と嘘のデッチ上げの話を作って言った。
  歴史上の検討においても、これは、明らかに、「アメ
 リカ国民の方々が非戦論であったため、このアメリカ国
 民の方々を煽る意味でプロパガンダ(嘘宣伝)した」と
 分かっている。
  アメリカ大統領のルーズベルトは、奇襲でも何でもな
 い真珠湾攻撃を「奇襲された」と言ったが、アメリカ国
 民の方々へ嘘を言ったが・・、
  ルーズベルト大統領は、日本が攻める前日に「明日(
 あした)、日本が攻めて来るよ」と親族に口を滑らせて
 言っている。
  それほど、日本の奇襲性はなく・・事前に知っていた。
  この様に、『日本の奇襲」という嘘話を否定する事実
 は一杯ある・・
  アメリカの真珠湾へ向かう戦艦の無線交信だって完全
 傍受されていて、解読されていた。
  刻々とハワイへ迫る日本連合艦隊、それを、逐一、傍
 受しているアメリカだった。
  日本だって、ハワイの真珠湾に、「今、アメリカ艦隊
 が集結している」ということを知っていた。
  その逆においても、日本の連合艦隊が日本を出発した
 時から、アメリカは完全にその行動を知っていた。
  それは当然だった・・最大の破壊力を持つ敵の艦隊を、
 常に、把握していなければならないという「一触即発の
 危機の時」であった。
  日本の連合艦隊の無線は、そのすべてを傍受していた。
  また、日本の連合艦隊より、航行速度の遅い日本の潜
 水艦の複数隻が、先行して真珠湾へ潜航してしている。
  この日本の数々の潜水艦が、すべてアメリカ軍艦と交
 戦し、日本の潜水艦兵士はそのほとんどが戦死した。
  しかし、その日本の潜水艦兵士を、アメリカは救助し
 ている。
  急に、日本の兵士が、海の中から出て来る訳はない・・
  これ等の事のすべてを、アメリカは隠した。
  「日本の奇襲だ」という嘘を作るために・・、
  この日本の潜水艦と、アメリカの軍艦が交戦している
 事を隠し、アメリカ国民の方々へ伝えなかったアメリカ。
  1隻や2隻の潜水艦ではない。
  複数の日本の潜水艦と真珠湾攻撃の前に交戦をしてい
 る。
  このことのすべてをアメリカ国民の方々へ隠した・・
 世界の人々に隠したアメリカだった・・不埒な、不誠実
 なアメリカだった。
  日本の奇襲をでっち上げたいばかりに、その交戦は「
 クジラだった」とおとぎ話のような嘘を言った。
  日本と戦争をして日本を叩きたいアメリカは、あらゆ
 る嘘をデッチ上げていた。
  真珠湾攻撃のはるか以前から、中国へ軍隊を派遣して
 いる事も隠し、武器を中国へ渡している事も隠し、日本
 を攻撃していることも隠し・・卑劣の数々のアメリカだ
 った・・
  そのデッチ上げの一つが『日本が、世界征服をしよう
 としている』・・
  だから、日本と戦争をするのは正義なのだという嘘だ
 った。
  アメリカは、国民の方々へ、頭にこびりつくほど繰り
 返し言った・・「アメリカは、世界を征服しようとして
 いる日本を駆逐する正義がある、戦争をする正義がある」
 と・・、
  それなら・・??
  何処(どこ)で?
  何時(いつ)?
  誰(だれ)が?・・その様なことを言っていたか?
  アメリカは、この疑問に対して「一切、答えられない
 アメリカ」だった。
  日本は、この点でも、「濡れ衣を着せられた」。
  アメリカは、戦争を始める以上、立派な理由を、アメ
 リカの国民の方々へ、「嘘でも言いたかった」。
  しかし、その理由は虚構であって、アメリカの正当性
 は無い。
  この非常に大事なことを・・アメリカは嘘でデッチ上
 げた。
  アメリカは、今でも、この事を説明ができない・・説
 明していない。
  逆に、「アメリカのデッチ上げである」と歴史は示し
 ている。
  アメリカは、戦争をすれば、確実に勝てる相手である
 日本を、戦争をして潰そうというアメリカの意図を歴史
 家は明白に示している。
  今は、日本の真珠湾攻撃についても、アメリカが、真
 珠湾攻撃の「奇襲だ」という話をでっち上げたことが明
 白になっている。
  日本を戦争へ至らせ様と、色々とやって来たアメリカ
 の破廉恥行為も明白になっている。
  自分の言って来た裏付けを言えないアメリカと共に、
 何が明白になったのかが「分かる今」となっている。
  歴史は誤魔化せない・・時とともに真実が出て来る。
  日本は、戦争回避を、必死に、それまでアメリカと折
 衝をしている。
  しかし、そのすべてをアメリカは撥ね付けた。
.
1941年12月8日、日本は、真珠湾攻撃をしたが・・、
  日本の手の内を完全に知っていたアメリカ。
  だから、日本の行動のすべてを知っているアメリカは、
 4隻の航空母艦のすべてを隠した。
  さすがに、戦いに最大に重要な航空母艦だけは・・隠
 さざるを得なかった。
  結果、日本は、アメリカの航空母艦が、最大の攻撃目
 標であったが、その巧妙に隠された航空母艦は捜し出せ
 ずに、1隻の航空母艦に対してすらも、損傷すらも与えら
 れなかった。
  日本は、真珠湾攻撃の何時間も前に、マレー半島に上
 陸するために、日本の艦船群を終結させていた。
  しかも、この日本の輸送船団の上空には、日本艦船を
 護衛するための日本の九七式戦闘機がぶんぶん飛んでお
 り、
  この時、哨戒(しょうかい、敵の襲来を見張って、警
 戒すること)していたイギリス機と遭遇し、戦闘し、日
 本軍機が撃墜している。
  前の日にこんなことまで起きている、イギリス機が、
 先に撃ったかは不明であるが、哨戒機が敵機と遭遇し、
 発見したら無線で『確実に報告する』のが任務である。
  近くに、れっきとしたイギリス軍1個旅団が配置され
 ているのである。
  上陸した人数だって、秘かに2人や3人何て話ではなく、
 日本軍5300名が上陸したのである。
  アメリカと一触即発のこの時に、この真珠湾攻撃前の
 日本の艦船の終結は、当然、確実に、この地域を守るイ
 ギリスに知る所となっていた・・はずだ。
  「真珠湾攻撃前に、マレー半島に、日本軍は艦船を集
 結させ、そして、日本軍が上陸しました・・イギリス軍
 はまったく知りませんでした」・・などという話が成立
 するわけが無い。
  そうであるなら、まったく馬鹿々々しい話である。
  しかし、アメリカの論理は、このマレー半島での日本
 の軍事行動まで、イギリスが知らせなかったのか、何だ
 かに口を閉ざした・・そして、真珠湾は奇襲だったと言
 い張った。
  本当に、馬鹿々々しいがそのような話になっている・・
 そこには、嘘つきのアメリカがそこに居る。
  マレー半島に上陸した日本軍は、イギリス軍と激烈な
 戦いを展開した。
  日本は宣戦布告をしていた。
  日本は、「自存自衛のための戦いである」と宣言して
 いた。
  そして、「アジアの解放を図るための戦いだ」という
 ことの「大東亜戦争」と命名していた。
  今、現在、アメリカは、「日本の放送で、『大東亜戦
 争』と放送する事に、クレームを付けている」。
  日本の放送において、「大東亜戦争」と言えないとい
 う「放送の自由」が、アメリカによって、今だに奪われ
 ている。
  アメリカという国は、日本にこの様な事までしている。
.
1942年、日本を解放軍として迎えたインドネシアの人々。
  数百年に渡ってオランダの植民地とされたインドネシ
 アでは、昔から一つの伝説が口伝えに語り継がれていた。
  「今に、北方から黄色い人々が現れて、圧政者を追放
 し、トウモロコシの実がなる頃には立ち去る。
  そうして、我々は解放される」・・と。
  インドネシアの方々は、日露戦争で、日本海軍がバル
 チック艦隊を破って大勝利を収めたことを知って、「北
 方から来る黄色い人々とは、日本人の事に違いない」と
 信じる様になり、秘かに、日本の南進を待ち焦(こ)が
 れた。
  1942年、日本軍がオランダ軍を破り、進駐すると、イ
 ンドネシアの方々は道端に集まり、歓呼の声を上げて日
 本軍を迎えた。
  日本軍は、オランダを追放してくれた解放軍だった。
  日本は、3年半の期間に、PETA(ペタ〉と称する軍
 事組織の訓練、中等学校の設立、共通語の設定など、後
 のインドネシアの独立の基礎となる多くの改革を行なっ
 た。
  (参考)PETA(ペタ):インドネシアの方々の軍
    隊の祖国防衛義勇軍Tentara Pembela Tanah Airの
    略称。
     1942年、日本軍は、オランダ軍をやぶり、日本
    軍は、は解放のためにやって来た英雄として歓迎
    された。
     また、インドネシアの方々の民族意識の覚醒を
    させた。
     その様な経緯の中、PETAは、1943年の設立
    から終戦までに、ジャワ全土で66大団が編成され、
    約3万3000のインドネシア人将兵が日本式軍隊教育
    の下で養成された。
     日本のインドネシアの方々への活動と支援は、
    オランダの圧政下で、その経験から来た地位と社
    会的環境に甘んじていたインドネシアの方々へか
    なりの影響を与えた。
     この様な中から、スカルノのような政治指導者
    も生み出されるという良いきっかけが作られて行
    った。
  これまで、インドネシアは、350年間続いた軍事力を背
 景にしたオランダによる植民地支配の圧政が続き、苦し
 められて来ていた。
  オランダ人、および、ヨーロッパ人は、この資源が豊
 かな国・インドネシアを『エメラルドの首飾り』と呼ん
 で、その美味しい資源をしゃぶりつくした。
  最初、1596年、オランダは、ヨーロッパ諸国が欲して
 いる香辛料をインドネシアに求めた。
  (冷蔵庫のないこの時代、すぐ腐る肉の臭みを消すこ
 の香辛料は、銀と同じ価値を持つくらい高価であった)
  1602年、オランダは、インドネシアを国ごと自分のも
 のにしようと軍事力を行使し、侵略した。
  この後、すでに侵略していたインドの東インド会社を
 拠点に、例のヨーロッパ列強のやる様に、インドネシア
 からの収奪の限りを尽くした。
  小国のオランダも、その350倍の大きな国・インドネシ
 アを、350年間、好きなようにして利益の限りを吸い上げ
 た。
  軍事力(暴力)の限りを尽くして、インドネシアの方々
 の土地を次々に奪った。
  そして、自分の儲けの大きい作物(香辛料、砂糖、コ
 ーヒー)とさせ、作らせた。
  当然、インドネシアの方々の食糧は無くなった。
  そんなことはお構いなしのオランダだった。
  インドネシアの方々を、オランダが奪ったプランテー
 ションで、「奴隷農場栽培」をさせた。
  食糧の栽培は許さなかった・・
  逆らうと、さらに食糧が手に無い入らない仕組みを、
 オランダは、卑劣にも構築した。
  当然、インドネシア社会には、悲惨な状況・餓死者が
 出た。
  そして、ただの様な超安い賃金で、子供のころから働
 きづめにされた。
  オランダ人は、優雅で快適な生活を送っていた。
  当然、独立の意識は芽生え、幾度となく、戦いも起こ
 したが、その度に、武力の格差が大きく、力なくインド
 ネシアの方々は制圧された。
  そして、その様な反抗の後には、多くのインドネシア
 の方々が、見せしめの拷問や虐殺に会った・・
  卑劣な事に、女性や子供に至るまで、オランダは、こ
 の様な行為を行なった。
  また、オランダに都合が悪いからと、教育の努力は、
 まったくなされず・・そして、愚民化政策が行なわれた。
  そして、キリスト教への改宗を強制し、改宗した者を
 優遇し、差別した・・
  そして、その者たちを良いポジションに付け卑劣な差
 別・・警察官や軍人などの行為をした。
  また、有色人種蔑視観から、インドネシアの方々の人
 権を軽視し、女性は簡単に強姦された。
  その様にして、生まれた混血の子供たちを、中間支配
 層として育て、キリスト教のヒエラルキー(序列)の教
 義で仕分けした(民族の分断も狙っても居た)
  経済は、インドネシアの方々に、携わらせなかった・・
 華僑に行わせた、そして共に、経済的搾取を行なった。
  これは、インドネシアの方々の憤懣を、華僑へ向かわ
 せて、オランダ自身へ直接、憎悪が向かわない様に目論
 んだ結果でもあった・・この点において、オランンダは
 常に、良い子の位置に居られた。
  オランダは、差別的な地域を構築し、環境の良い一角
 に集団で住み、別荘の様な豪邸の居住空間には、差別し
 て・・インドネシアの方々が近づくことを禁止した。
  また、インドネシアの方々が、集会や団体行動をする
 ことを禁じた。
  これは、当然、インドネシアの方々の団結と、その抵
 抗行動を恐れたからだった。
  3人のインドネシアの方が、路上で話をする事すら許
 さなかった。
  この禁止処置を侵せば、反乱罪とされ、処罰された。
  また、インドネシアの方々に、国家意識を持たせない
 様にした・・
  その為に、全国各地にあった320種族語をそのまま
 にさせた・・一つの標準語にまとめさせることは・・そ
 の企ては、「絶対」という厳命で許さなかった(これを、
 オランダを追い出した日本が、インドネシアの方々へ標
 準語を作ようにと促し、努力をした)
  今(2017年)、日本を悪くプロパガンダしようという
 動きが、また、活発的になっているから注意を要する。
  今、真実を隠し、日本を悪く悪く言う動きがある。
  因みに、終戦の時、日本の将兵が、インドネシアに
 1000人も残り、インドネシアの独立戦争に加わり、イン
 ドネシアの独立を目指して戦った方々が居た。
  この様な事をする民族は、日本だけで、歴史上、この
 様な行動する・・行為をする・・国民は居ない。
  インドネシアの方々の身になれば、独立を助けたくな
 る民族が・・「日本民族なのだ」。
.
1945年3月26日、沖縄戦(~6月23日、約3ヶ月間)
  アメリカ軍が、沖縄県慶良間諸島の座間味島に上陸し、
 沖縄戦が始まった。
  凄まじい激戦が行なわれた。
  日本の指揮官の牛島満大将、長勇(ちょういさむ)中
 将、大田実中将が戦死した。
  また、アメリカ軍指揮官のサイモン・B・バックナー
 大将が戦死した。
  戦力:日本116,400人、アメリカ連合軍548,000人
   (1:4.7)
  損害(死者、行方不明者):
     日本、沖縄県民間人94.000人
        兵士28,228人
        県外(兵士)65,908人
     アメリカ、総死者数20,195人
          戦傷者55,162人
          戦闘外傷病者26,211人
     イギリス、死者85人
          戦傷者82人
  物的損害:日本、特攻機1,895機
          戦艦1
          軽巡洋艦1
          駆逐艦1
          その他航空機1,112機
          戦車27輌
       アメリカ、駆逐艦16
          その他艦艇20
          航空機768機
          戦車272輌
          海軍艦艇368損傷
       イギリス、空母5隻損傷
          航空機98機
.
1945年7月25日、保戸島空襲
  終戦まであと数日というこの日、アメリカ軍がこの島
 を空襲した。
  そして、小学校が爆撃され、小学生が、大勢、死んだ。
  大分県津久見市の半島の突端、手の届きそうなところ
 に浮かぶ島=保戸島。
  この島に、この日の午前10時頃、アメリカ軍機が襲っ
 た・・保戸島空襲が起きた。
  アメリカ軍は爆弾を投下し・・また、アメリカのグラ
 マン戦闘機が機銃掃射をした。
  一般島民は逃げ惑(まど)った。
  保戸島国民学校(現:保戸島小・中学校)にもグラマ
 ン戦闘機が来襲し、爆弾を投下した。
  児童・生徒たちのいる校舎を直撃した。
  1年生と5年生の全員が死んだ。
  また、他学年を含め児童・生徒124人が犠牲になった。
  また、教師2名も犠牲となり、学校に来ていた教師の子
 1名も犠牲となり、127名の尊い命が絶たれた。
  何で、ここを攻める必要があるのか?
  何で、ここを攻める理由があるのか?
  この時、小学校3年生だった鈴木研治氏は、一命を取り
 留め・・この時、亡くなった妹(1年生)の昭代(あきよ)
 さんの遺体を探した。
  誰が誰なのか判別できないほど損傷の激しい遺体が横
 たわる学校中を捜した。
  昭代さんの「指1本だけでも見つかってほしい」と捜し
 た。
  しかし、「とうとう見つける事は出来なかった」と鈴
 木氏は語った。
  鈴木さんは、今、お寺の御住職になられている。
  そして、戦災殉難者追善法要をされている。
  参列した中学3年生は、「小学生の時から、毎年、法要
 に参加している。
  現在、毎日、平和な保戸島で、私よりずっと幼い子供
 たちが空襲で亡くなったことを、最初に聞いた時は信じ
 られなかった。
  そんな悲しいことが二度と起こらないよう、私たちが
 保戸島空襲を伝え続けて行きたい」と語った。
.
1985年、この年まで、韓国に、アメリカ軍兵士相手の慰安
 婦所があった。
  実は、慰安婦像は、この事を訴えるために存在してい
 る。
  おとなしくて、優しい、弱い日本をあげつらっている
 が・・
  これは、朝鮮戦争で荒れた国を復興するために韓国と
 いう国が、在韓米軍を新たな復興への資金源としたこと
 に起源がある。
  お粗末な事に韓国という国が、韓国女性を人身御供に
 した。
  その後ろめたい怒りを日本へぶつけた・・、
  この膨大な金は、韓国ヤクザに地価の金として流れ、
 ヤクザの温床ともなった。
  韓国は、ベトナム戦争時には、ベトナムにまで派遣し
 た。
.
2010年、韓国に、可哀想な話であるが、この年まで、「キ
 ーセン・ハウス」という、韓国の国営の慰安婦所があっ
 た。
  これも、外貨を稼ぐために韓国の国が設けていた。
  韓国の某氏が、涙を流して、「この様な事までしなけ
 ればならない国の経済状態です」と泣いたという。
  ソウルのキーセン・ハウスは、「清雲閣」「大苑閣」
 「三清閣」の「3閣」が有名な慰安所だった。
  また、伝統的なキーセン・ハウスで残っていた「梧珍
 庵」 (오진암) は、この年、閉店した。
  何も、韓国が、デッチ上げの嘘で騒ぐ、一時期の日本
 人兵士対象の慰安婦ばかりでなく、
  韓国は、卑劣な事に、常に、自国民や、駐韓アメリカ
 人兵士を対象に、『常態化した形』で慰安婦の接待所を
 作って行って来た歴史がある。
  また、中国に冊封され、属国化された韓国・朝鮮半島
 は、中国に対しても、常態化した、そして、慣習的に、
 常に、盛んに慰安婦接待を行なって来た歴史がある。
  (参考)高麗から李氏朝鮮末期まで『約1000年間』、
     常に、2万名~3万名の妓生がおり、
      また、卑劣な事に、自国民を対象に、李朝時
     代には官婢として各県ごとに10名~20名、郡に
     30~40名、府に70名~80名ほどが常時置かれて
     いた。
      行政の一業務として行った糾弾すべき事実が
     ある。
      それこそ女性の人権を、長い歴史の間、踏み
     にじって来たという『世界遺産に登録すべき項
     目』がある。
      『朝鮮の女性方の1000年の恨みは、ここにこ
     そある』。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive

[PR]
by suba28 | 2017-11-05 05:29 | 皆様とともに 幸せになりたい


はじめまして、ブログを始めさせていただきました


by suba28

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
悲惨な戦争を無くしたい
悲惨な戦争を無くせないので
皆様とともに 幸せになりたい
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

(増補版)568E2/3:1..
at 2017-12-12 04:34
(増補版)567E2/3:1..
at 2017-12-01 06:18
(増補版)566E2/3:1..
at 2017-11-22 06:21
(増補版)565E2/3:1..
at 2017-11-17 06:01
(増補版)564E2/3:1..
at 2017-11-10 07:43

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30