<   2017年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

(増補版)549E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年1月~1892年1月)

題:(増補版)549E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年1月~1892年1月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1892年、その他:つづき
・清国の不穏な動きと軍拡に、日清戦争に備え軍備を進め
 た。
 「眠れる獅子」と言われた清国が、着々と軍拡をしてい
 た(今・現代も・・そうだが・・)。
 日本は、長崎で、その軍備の威容を見せつけられ、街に
 出た中国兵は、横柄な態度を見せ、また、横暴な行為を
 した。
 それは、まさに、日本を見下した行為だった。
 しかし、悲しいかな・・弱小の日本は、強い行動にも出
 られなかった。
 議会の野党は、軍事力への予算配分に反対し、また、厳
 しい緊縮財政下にも置かれていた。
※1873年(明治6年)に、日本は、徴兵制となった、しかし、
 まだ、海軍は沿岸警備程度だった・・
 しかし、国策としては国を富ませて、国を守ろうという
 意気に燃えた「富国強兵」策だった。
※1876年(明治9年)~1879年(明治12年)、清国は、日本
 を意識し、300~400トンの砲艦8隻という大量の艦船を
 イギリスから輸入した。
※1878年(明治11年)、日本は、「扶桑」「金剛」「比叡」
 の3艦の甲鉄艦(2284~3777トン)が就役し、艦隊も作っ
 て行った・・が・・、
 排水量は、清国と、ほぼ同等ではあったが、しかし・・
 日本は、旧式艦や木造艦が大半であった。
 この点で、日本は、清国に、大きく劣位にあった。
 日本は、軍艦建造において、失敗艦も作ったりして、財
 政のない中、苦しくも無駄もしていた。
 1881年(明治14年)~1882年(明治15年)に、清国は、
 ドイツに、装甲艦2隻を発注し、
 1885年(明治18年)に、この大艦は到着した、「定遠」
 と「鎮遠」で、どちらも7335トン、30.5センチ砲4門とい
 う立派さで、
 主砲は、艦首方向へ向くという最新技術を持って、射撃
 性能も重視していた。
 また、この後、清国は、急速に艦数を増やした。
 装甲巡洋艦2隻(「来遠」「経遠」)、巡洋艦4隻(「致
 遠」「靖遠」「超勇」「揚威」)を、イギリス・ドイツ
 に発注し、1887年(明治20年)までに就役した・・、
 1888年(明治21年)には、堂々とした北洋艦隊を作り上
 げた。
※1887年(明治20年)から、日本は、砲台建設を本格化し、
 防衛力を高める構築をした。
※1888年(明治21年)に、日本は、イギリスの技術を本格
 的に入れようと決定した・・これが、日清戦争に間に合
 った。
※1891年(明治24年)7月に、清国の北洋艦隊の主力艦6隻
 が、日本の品川港に入港し、その大きな格差を見せつけ・・
 そして、威嚇した。
※1893年(明治26年)4月~7月に、日本の参謀次長の川上
 次長が、清国の軍事状況を偵察した(思ったほどではな
 いという感触を得て帰国した)
 「畏るるに足らざることを確信」・・と、
 しかし、日本の軍関係者に、勝利を確信できるものは居
 なかったようだ・・しかし、日本の偉かったのは、この
 時の日本には、自国軍の力(相手の力と比較して)を冷
 静に見る姿勢・合理的判断があった。
※1894年(明治27年)6月に、山陽鉄道が、広島まで営業運
 転開始し、順次、輸送(出師・すいし)体制が整って行
 った。
※1894年(明治27年)、まだ、軍需生産が不十分な状態で、
 また、海外派兵をして戦えるかという問題があった。
.
  (今日の言葉)
.
  題:中国の「天動説」を修正できるのは『強固な日米関係だけ』である。
.
紀元前12世紀、この頃まで、レバノンのピブロスは、地中
 海の東岸で、最も栄えていた。
  この時、エジプトから「パピルス」が、地中海各地に
 輸出され、ギリシャ人は、これを得て文明が栄えた。
.
紀元前814年、カルタゴが築かれた。
  フェニキア人は、シチリア島の対岸に位置するチュニ
 ジア北部に、植民市・カルタゴを築いた。
.
紀元前27年、最初のピラミッドが建てられた。
  レバノンの特産品は「レバノン杉」。
  乾燥地のエジプト、メソポタミアは、森林資源に乏し
 く、神殿や宮殿の建築用材として、このレバノン杉が使
 われ、レバノンから大量に輸入された。
  この意味から、レバノンは、交通の要衝となった。
  紀元前27年に、最初のピラミッドが建てられたが、エ
 ジプトは、この時から、レバノンから木材を買った。
.
354年11月13日、アウグスティヌス(キリスト教神学者)が
 生まれた。
  アウグスティヌスは、教父と呼ばれ、キリスト教徒が
 尊敬するなの人だが、
  「ローマ没落は、異教徒たちの罪だ」と、異教徒のせ
 いにして、罪に落とした。
  このアウグスティヌスが意識した異教徒の『異』につ
 いて・・、
  思考の成熟してない未成熟集団に於いて・・、
  年端(としは)の行かない子たちの様な学級に於いて、
  または、未熟な宗教に於いて、その洗脳の中にいる集
 団に於いて、
  殊更(ことさら)に、「目の前の現存する違いを指摘
 する」、またそして、無用に「指摘される」。
  それは、「いじめともなり」、また、「内政干渉」と
 も言われて・・世に存在する。
  言う方は、「その違いが気になるから、言うのだろう
 が」・・「指摘するのだろうが」・・、
  言われて、指摘された方だって、悪いと思ってやって
 いる訳ではない・・また、持って生まれたものでもある。
  悪い様なことを、ことさら、自らする訳はない。
  しかし、適度に指摘する程度で、その話が、行為が、
 終わるのなら良いが・・また、善き忠告ともなるのだろ
 うが・・、
  程度の悪い虐(いじ)めとなると、その行為は世の害
 となる・・
  それは、しつこい虐(いじ)めになり、
  宗教の違う者たち「異」へ・・「異教徒は殺せ」と、
 キリスト教は教義として決めて、異教徒を殺した。
  このキリスト教の教義の様に、「命まで取れ」と神の
 指示となる。
  洗脳して、されて、悲惨な状況が現出する・・ここに
 至れば事は重大となる。
  「いじめ自殺」や「殺戮行為に対する混乱」へ、そし
 て、「戦争へ至る」・・
  発端は、単なる『違い』・・それを、「容認するか?」
 「口に出すか?」から始まる。
  人類の歴史で、悲しく悲惨な、一番の汚点は・・キリ
 スト教が「肌の色の違い」を気にしたこと・・、
  キリスト教は、「肌に色を持つ人種」を蔑視した・・
  卑劣な「有色人種へのキリスト教の蔑視感の植え付け」
 は、南米での大虐殺を発生させた・・現地からの問い合
 わせに、バチカンは「人ではない」と言った。
  アウグスティヌスも、アフリカのエチオピアの方たち
 へこれをやった。
  このあたりの発端から大虐殺、戦争などなどが、人類
 の歴史に、累々と存在している。
  「個性的だと、おおらかに容認することが出来ない宗
 教・・キリスト教」・・この卑劣な行為で、大きな罪を
 背負った・・多くの方々が抹殺された・・
  「異教徒は殺せ」「魔女は、生かしておいてはならな
 い」・・このキリスト教の教義が、人類を悲しみの歴史
 中に置いて来た・・長く続いた異端審問・魔女裁判・・
  そして、キリスト教裁判所で行われる卑劣な拷問の数々・・、
  今・・一神教のように・・一つにするのだと・・グロ
 ーバリゼーションを洗脳し、ある特定の金持ち組織が儲
 かるシステムを展開し・・世界に定着させようとしてい
 る・・そのシステムで儲けた金をふんだんに使って、世
 界展開をしている・・、
  多様性の良さを理解できなくて、排除している宗教・・
  自然において、多様性が存在し、その調和の中に、豊
 かさが成り立って、人類へ、幸を、幸福を、与えている。
  このことが理解できない宗教・・また、その信仰者た
 ち・・
  違いを認め合い、尊重し合う所から・・人類の豊かさ
 と幸せが始まるという事が・・理解できない・・
  あちこちに生まれ出(いずる)違いある生物・・その
 万物が・・人類の幸せを作っている・・
  キリスト教は、以下の様に教える・・
  聖書のあちこちで、繰り返し説かれ、洗脳的に記述さ
 れている『1例』・・(申命記7章1~2節)
  あなたの神、主が、あなたの行って取る地にあなたを
 導き入れ、
  多くの国々の民、ヘテびと、ギルガびと、アモリびと、
 カナンびと、ペリジびと、ヒビびと、および、エブスび
 と、
  すなわち、あなたよりも数多く、また、力のある七つ
 の民を、あなたの前から追い払われる時、
  すなわち、あなたの神、主が、彼らをあなたに渡して、
  これを撃たせられる時は、あなたは、彼らを全く滅ぼ
 さなければならない。
  彼らと何の契約もしてはならない。
  彼らに何のあわれみも示してはならない。
.
1065年、中国で「資治通鑑(しじつがん)」が編纂された。
  「資治通鑑」は、中国北宋の司馬光が、1065年の英宗
 の詔により編纂した。
  編年体の歴史書で、『温公通鑑』『涑水通鑑』ともい
 われ、1084年に成立した(全294巻)
  もとは『通志』といったが、神宗により『資治通鑑』
 と改名され、
  収録範囲は、紀元前403年(周の威烈王23年)の韓・魏・
 趙の自立による戦国時代の始まりから・・、
  959年(後周世宗の顕徳6年)の北宋建国の前年に至る
 までの1362年間。
  この書は、王朝時代には、司馬光の名と相まって、高
 い評価が与えられて来て、また、実際の政治を行う上で
 の参考に供すべき書として作られた。
  「貞観政要」などともに、帝王学の書とされて来た。
  また、司馬光当時の史料が散逸したものが少なくない
 ため、貴重な史料とされている。
  この「資治通鑑」を17回も読んだとされる毛沢東は、
 大躍進政策を行ない、約2000万人の農民を餓死させ・・、
  文化大革命で、3000万人以上の知識人や富裕層を死に
 追いやった。
 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150404-00000016-pseven-cn&pos=1
  中国が言っている「南京虐殺」とは、日本人を虐殺し
 た「通州事件」のことではないのか?
.
1535年、敵を殺さない荒木村重が生まれた(~1586、51歳)
  居城は、有岡城で兵庫県伊丹市にある。
  東西0.8キロ、南北1.7キロ。
  織田信長に反旗を翻した武将、黒田官兵衛が、この城
 に幽閉された。
  信長の包囲攻撃に、10ヶ月耐えて落城する。
  その前に、村重は、脱出。
  残された一族らは捉えられ命を絶たれた。
  信長の死後、村重は、豊臣秀吉に茶人として使え、天
 寿をまっとうした。
  一人生き延びた村重の評判は良くない。
  「脱出したのは援軍を求めるための行動」と弁護の声
 もある。
  「降伏した敵を殺さず、命を大事にした稀有な戦国武
 将で、文人としての素養も高かった」と弁護する声も。
.
1920年3月~1920年5月、尼港事件(にこうじけん)で日本
 人が虐殺された。
  ロシア内戦中の1920年(大正9年)3月~5月にかけて、
 アムール川の河口にあるニコラエフスク(尼港、現在の
 ニコラエフスク・ナ・アムーレ)で発生した。
  赤軍パルチザンによる大規模な住民虐殺事件で・・、
  ロシア・中国・朝鮮などのパルチザン部隊が、ニコラ
 エフスク住民に対し、略奪・処刑を行うとともに、
  日本軍守備隊に、武器を捨てよと、武器引渡を要求し
 た。
  これに対し、決起した日本軍守備隊を、中国海軍と共
 同で殲滅した。
  そして、さらに、老若男女の別なく数千人の市民をも
 虐殺した。
  殺された住人は、総人口の半分に達し、6,000名を超え、
 日本人居留民、日本領事一家、駐留日本軍守備隊を含ん
 でいた。
  この卑劣な虐殺行為は、国際的な批判を浴びた。
  日本人犠牲者の総数は、判明しているだけで731名に
 のぼり、ほぼ皆殺しにされた。
  また、建築物は、ことごとく破壊され、ニコラエフス
 クは廃墟と化した。
  札幌護国神社などに殉難碑がある。
.
1937年7月29日、日本人が虐殺された通州事件(つうしゅう
 じけん)
  通州(現:北京市通州区)において、中国人部隊が、
 日本軍と日本人居留民を襲撃し、殺害した。
  日本の通州守備隊は、包囲下に置かれ、日本の通州特
 務機関は壊滅した。
  街の中は修羅場で、女性は、子供と言えども、ほとん
 どが強姦されて殺害され、また、朝鮮人慰安婦も殺され
 た。(町で商売していた朝鮮人慰安婦で・・従軍慰安婦
 ではない、朝鮮人の女衒が国の朝鮮に帰って、狩り集め
 て来た女性たち・・)
  (注)女衒(ぜげん)は、若い女性を買い付けて、遊
    郭などで性風俗関係の仕事を強制的にさせる人身
    売買の仲介業で、人買いの一種、多くの朝鮮人・
    女衒が中国などあちこちで商売をしていた。
  そして、この事件の殺され方に於いて、200人以上にお
 よぶ猟奇的な殺害(書くことも躊躇し気後れするが、陰
 部などがえぐり取られるなど陰湿な殺害)が、中国人部
 隊により行われた。
  池は血で赤く染まった。
  通州虐殺事件とも言う。
  また、東京裁判に於いて、弁護団が、この事件の証拠
 を提出して、日本だけを悪いことにしようとする裁判は
 おかしいと、弁護しようとする方針を打ち出し、行動し
 たが、東京裁判の裁判長は不公正にも却下した。
  東京裁判は、明らかな予断(よだん、前もって判決を
 予想し判断すること)のもとに行われた裁判で、不公正
 きわまりない裁判だった。
.
1945年、韓国が、日本を、歴史問題で『嘘をでっち上げ』
 て、日本を貶(おとし)めようとしている・・、
  また、新たに・・、
  日本が、戦争中に、朝鮮人労働者を虐待し、虐殺し、
 奴隷労働をさせたと言い出した(2017年)
  この話が、デッチアゲ話と分かる事実は・・、
  戦争が終わった1945年(昭和20年)に、朝鮮人労働者
 は朝鮮に帰った・・が・・、
  しかし、日本での労働が『非常に恵まれていた』ので、
 大勢の朝鮮人労働者が・・『万単位の大勢の朝鮮人労働
 者が、再び、日本に密入国までしようとした(もう一度、
 その職業に就きたいと・・)』。
  日本の好条件の労働に就きたいと密入国をした。
  この様に、『日本での労働が好待遇であるからこそ、
 再び、日本に密入国しようとしたのであって・・、
  韓国の言い出している話は、『日本を貶めようとする
 だけの作り話』である。
  日本は、韓国人労働者を虐待などしていないし、また、
 虐殺などしていないし、奴隷的な労働もさせていない。
  韓国のやることは、皆、この様に『嘘の話を作り上げ
 ているのであって』、慰安婦の場合も、この様な作り話
 なのである。
  この事について・・
  九州大学の三輪宗弘教授は、朝鮮人労働者の虐待、虐
 殺、奴隷労働が、現代韓国人の作り話であることは、
  1945年(昭和20年)の段階で、一旦朝鮮に帰った労働
 者が、再び、日本に戻ろうとした事実を見れば明らかだ
 と述べた。
  三輪教授は、アメリカ国立公文書館の「Illegal
 Entry of Koreans」という統計データから、1945年(昭
 和20年)段階で、1万人近くの朝鮮人が、日本に密入国し
 ようとして捕まり、送り返されていたことが分かると指
 摘した。
  そして、「奴隷労働や虐殺が行われていたとしたら、
 なぜ、再び、日本に密入国してまで戻ろうとするのか?」
 「説明できない」・・と語る。
  どこの国の方々もそうであるだろうが、厳しい環境か
 ら抜け出せたのなら、もう再び、元の状態に戻ろうとす
 る訳がない。
  そこが、好待遇で、居心地が良かったからこそ、元の
 日本へ密入国しようとした。
  日本の歴史においても、ソ連に、不法に抑留された日
 本人が、帰国したあと、再び、密入国してまでソ連に戻
 ろうとしたであろうか・・絶対にあり得なかった。
  万単位の朝鮮人が、帰国後、再び、日本に戻ろうとし
 たのは、日本での方が豊かに、そして、より平和に暮ら
 せると考えたからで・・、
  奴隷労働や虐殺とは無縁の世界が日本だったというこ
 とだ。
  にも拘らず、なぜ外務省は、日本が朝鮮人労働者を虐
 待したとして、そのことを発信する情報センターを作る
 などと約束したのか?
  なぜ、日本の外務省は、自ら敗北へと転んでいくのか?
  歴史問題で、日本を追及しようとする韓国や中国の悪
 意を日本外務省は認識すべきだ。
  韓国が求める情報センターを設置して強制連行があっ
 たとすることは、慰安婦問題と同じ失政を繰り返すこと
 になる。
  (櫻井よしこ氏のブログを参考にした)
.
2016年8月19日、ケント・ギルバート氏の発言 ‎@KentGilbert01
  インドネシア女性大臣 中国の違法船をだ捕し150隻を
 爆破「遊びでやってる訳じゃない」
   http://temita.jp/twitter/34900  
  やるべきことをやらない日本は、国際法を軽視してい
 るとも言える。
  (説明)2014年に就任したインドネシアの女性大臣・
     スシ・プジアストゥティ海洋水産大臣が、拿捕
     した違法中国船を、次々と爆破し、就任以来150
     隻以上となった。
.
2016年、アメリカ経済は、今後、長期的な低成長モードに
 入り、2016年~2025年頃に、財政危機、通貨危機を引き
 起こす可能性が高い。
  凋落するアメリカに、日本を守る「パワー」は無くな
 り、余力は無くなり、
  反対に、中国が、世界第一位の経済力と軍事力で・・、
 その前の素手(すで、何も持ってない)の日本は、中国
 に手も足も出ず、なすすべなくしているしかない。
  尖閣諸島だけでなく、沖縄も危ない・・そして・・
 (北海道?)・・
.
2017年8月20日、中国の世界戦略・・「北朝鮮の核」の背後
 で勢力拡大・・
  この様な表題の論説が、この日の読売新聞に記載され
 ていた・・以下は、その抜粋・・、
  世界は、今、21世紀の新しい勢力均衡に向けて、最終
 局面に入ったかに見える。
  現状変更を仕掛けるのは、世界第二の経済力をエンジ
 ンに軍事力を強化している中国である。
  (注:中国は、世界一の座にあることを、この論説の
 筆者は見落としている)
  西に巨大経済圏構想「一帯一路」、東に「太平洋を米
 中で二分割」という二正面での世界戦略を掲げている。
  中国は、すでに、チベット、新疆ウイグルを抑え込み、
 南沙・西沙諸島、尖閣諸島など、多くの地域で、各地各
 様の緊張や争いを起こしている。
  いずれも、二正面戦略の一環と見られよう。(中略)
  中国をハートランドとして、ユーラシア大陸、アフリ
 カ大陸に広がる「中華共栄圏」を建設する構想だ。
  その特徴は、民主主義、自由主義、法治主義、人権尊
 重といった価値観を標榜(ひょうぼう)することなく、
  (注:その通り、共産中国の最大のいかがわしく、信
 用できない所である)
  巨大な経済力と軍事力により、支配権拡大を志向する
 点にある。
  一帯一路の「後詰め(ごづめ、後方に待機している軍
 勢)」とも言えるのが・・海洋進出である。
  中国は、久しく米国に対抗すべく海・空戦力の増強、
 近代化を進めて来た。
  今や、空母複数隻の建造や、潜水艦隊の増強などが注
 目されているが、
  太平洋・インド洋への進出の意思表示だろう。
  (最終目標は、中国と米国で太平洋を二分する)
  これと表裏一体の関係にあるのが、北朝鮮の核兵器・
 ミサイル開発である。
  中国は、それが北朝鮮の独走だとしつつも、実効的な
 制裁には『常に反対して来た』。
  平仄をあわせる(ひょうそくをあわせる=つじつまを
 合わせる)ように、核兵器・ミサイルの狙いは、日本・
 在日米軍基地、および、米国本土であり・・、
  韓国は、いつでも火の海にできると北朝鮮は宣伝する。
  それが米韓、日韓、日米の分断に一定の効果をもたら
 す。
  すなわち、北の核兵器・ミサイル開発は、中国の太平
 洋戦略のための『地ならしの役割』を果たしている。
  中国は、軍事力の強化と一帯一路構想の巨大さで、世
 界を驚かせているが、
  中国の実力と自信の発露なのか、
  それとも、国内の矛盾から目をそらすための爪先立ち
 なのか。
  日本としては、今こそ、冷静に現実を直視し、浮足立
 つことなく日米同盟にしっかりと腰を据えて成り行きを
 見極める必要があろう。(中略)
  (中国は、急速な経済成長を遂げて来た、しかし)、
  貧富の差が拡大し、失業者や無戸籍者も多数発生した。
  これらの人々の不満を吸収するためには、高い経済成
 長率を維持する必要がある。
  国営企業が、その担い手となったが、世界経済のデフ
 レ傾向と、中国自身の賃金上昇により・・成長は、大幅
 に鈍化するに至った。
  政府の計画に従って国営企業が増産すると、不良在庫
 が累増し、企業内余剰人員がますます増大するという悪
 循環にも陥っている。
  一帯一路は、経済的には、インフラ建設に名を借りて
 失業者と不良在庫を、国境外に排出すること、
  戦略的には、対象地域内の要衝を中華支配体制に組み
 込むことを目的に、構想されたものと考えられる。
  インフラ建設の支援という名分で、失業者を国境外に
 送り込むやり方は、
  国内問題を国外に転嫁する際の常套(じょうとう)手
 段である。
  また、鉄道、道路、港湾などの投資効果のうち利用者
 負担で回収できるのは一部に過ぎない。
  大部分は、保有国の財政負担となる。
  中国は、借款(注:中国が貸すかたち)と、
  自らが主導する国際金融機関「アジアインフラ投資銀
 行(AIIB)」による融資を組み合わせて、海外に資
 金提供する方針だ。
  しかし、返済が困難になったり、滞ったりする場合に
 は、担保として、戦略的に重要な港湾などを、中国の支
 配下に置くことを視野に入れているとされる。
  この意味で、一帯一路は、形を変えた『植民地主義』
 とも言える。
  いずれの場合でも、受け入れ側の政府、住民との間に
 軋轢(あつれき、人の仲が悪く、あい争うこと)を生み、
 国際問題に発展するだろう。
  結局のところ、一帯一路は、国内の社会問題を転嫁す
 るために、中国側が打ち出した窮余の一策であり、
  あり余る力の発露とは見られない。(中略)
  一方、北朝鮮は、今や、相当数の核兵器を保有し、
  米国に届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)を完成す
 るに至ったと見る専門家も少なくない。
  かくして、米国の核抑止力によってもたらされるアジ
 ア太平洋の安定的均衡は、破綻の瀬戸際にある。
  北朝鮮は、中国からの食糧や燃料供給なしには生存で
 きず、
  中国の経済援助なしには核兵器・ミサイル技術も獲得
 できない。
  中国は、その気になれば、いつでも北朝鮮を抑えられ
 る立場にあったが、これまで力を行使しなかった。
  自らの太平洋進出に有用と考えて、北朝鮮に食糧・燃
 料を供給し、
  核兵器とミサイルの開発を財政的に支援し続けて来た
 のだろう。
  国際社会には、核を放棄するように北を説得するポー
 ズを見せる事で、『時間稼ぎ』をしたのだとも考えられ
 る。
  悪役は北朝鮮に背負わせて、日韓両国を揺さぶり、日
 米韓を分断するという詭計(きけい、人をだます計略)
 は、これまで、一定の戦略的な成果を上げてきたとみる
 ことができる。
  ここに至る経緯は、中国が、北朝鮮の核兵器・ミサイ
 ルを自国にとっての脅威ではないと考えていることをう
 かがわせる。
  すなわち、いつでも、北朝鮮を説得し、核開発を放棄
 させられることを、中国は自覚しているのではないだろ
 うか。
  つまり、国際社会は、これからは、中国を正面の交渉
 相手とし、
  中国が、自らの問題として、自らの影響力で、北朝鮮
 に核兵器を放棄させるように、中国への直接の圧力も辞
 さない覚悟で迫って行くことが肝要だ。(中略)
  これまで、習氏を信頼して、中国の北朝鮮説得に期待
 をかけて来た米国も、ようやく両者が共生の構図だと気
 づいたように見える。
  中国の「天動説」を修正できるのは『強固な日米関係
 だけ』である。・・完・・
  (参考)天動説:キリスト教が憐れにも説き、そして、
     信じた説で、
      地球が、すべての中心で、太陽などのすべて
     の宇宙が、地球の周りを回っていると説いた。
      この間違いを科学的に説明したガリレオを、
     逆に、キリスト教は虐げた。
      キリスト教裁判は最悪だった。
      ガリレオは「それでも地球は回っている」と
     言った。
      この事例の様に、中国は、実現できない絵空
     事である「地球上のすべてが、中国の周りを回
     っている」と考えているという譬(たとえ、引
     き合いに出すこと)
  (参考)ハートランド:地政学の用語で、ハルフォー
    ド・マッキンダーが、『デモクラシーの理想と現
    実』の中で、ユーラシア大陸の中核地域を中軸地
    帯と呼んだことに始まり、後に、ハートランドと
    改めた。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive

[PR]
by suba28 | 2017-08-29 01:43 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)548E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年1月~1892年1月)

題:(増補版)548E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年1月~1892年1月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1892年、災害・防災:
・4月10日:東京・神田で大火、1万5000戸が焼失した。
(4000戸の焼失・・説あり)
 4月9日(大火が起きた前日)午後9時頃から、東京に激し
 い北西風が吹き始める。
  夜中(4月10日、午前0時半頃)、神田区(現・千代田区)
 猿楽町一番地の飲食店・宮本周蔵の物置から出火、母屋
 をひとなめにした。
  その炎は消えず・・一つは小川町通りを、一つは表神
 保町通りを、一つは錦町通りを、
  たちまち、三方に分かれ急速に東南へ向け燃え広がる。
  火元の猿楽町をはじめ、同一丁目、裏神保町、小川町、
 表神保町、錦町一、二、三丁目が、あっという間もなく
 全焼した。
  炎は、さらに、錦町一丁目から美土代町一、二、三丁
 目へ、また、三河町一、二、三丁目へと・・、
  神田を灰にした炎は、鎌倉河岸を飛び、堀割沿いに本
 石町通りを東へ進み、鎌倉町、松下町と灰にした。
  朝の午前8時には、今川橋先の堀割も超え、ついに、日
 本橋区(現・中央区)本銀町へ飛んで、本石町二丁目の大
 半を焼失。
  午前9時半になって、また、残り火が烈風にあおられた。
  そして、ふたたび襲いかかり、皆川町、旭町、ろうそ
 く町、関口町も猛火の中で灰と・・、
  その後も、炎は、東へ進み、永富町、新石町、竪大工
 町、上白壁町と、次々と進んだが、一つは、今川町の堀
 割で止まった。
  そして、一つは、鍛冶町の大通りで止まった。
  神田区と日本橋区の一部、約33か町4620戸が焼失。
  小川町警察署、神田区役所をはじめ、
  万世橋直間税分署、東京法学院(現・中央大学)、東京
 英語学校(現・日本学園中、高等学校)、錦城学校(現・錦
 城学園高等学校)、松茂小学校、三省堂、熊田活版所、東
 京電灯会社第四電灯局、パノラマ館・・などの主要な建
 物が全焼した。
  中でも、死亡者24人の内、その大半を出した小川町勧
 工場(ショッピングセンター)洽集館(こうしゅうかん)で
 は、出火と聞いて店の商品を持ち出そうとしたが、
  出口が表と裏の2か所しかなく、18人が逃げ遅れて死亡
 した。
  (参考:東京の消防百年記念行事推進委員会編「東京の
 消防百年の歩み」)
・足尾鉱毒事件について、田中正造が、衆議院に質問書を
 出した(栃木)
  田中正造は、1890年、第1回衆議院議員総選挙に栃木3
 区から出馬し、初当選した・・そして・・
  1891年、鉱毒の害を視察し、
  1892年6月3日、第2回帝国議会で、鉱毒問題に関して質
 問を行った。
  毎日新聞(6月5日)によると・・、
  本会明治25年5月9日河野広中君、及び工藤行幹君は、
 北海道殖民開拓に関する施政方針、北海道官有物払下、
 北海道勧業委托金処分、札幌製糖会社及び札幌製麻会社、
 北海道土地貸付、炭鉱鉄道線路変更の件に付、
  同月11日塩田奥造君、新井啓一郎君及び箕輪勝人君、
 同鉄道始末に対する件に付、
  同月23日加藤淳造君、同北海道炭鉱鉄道会社に関する
 件に付き、
  同月同日、田中正造君は、足尾銅山鉱毒加害の件、及
 び、北海道幌内郁春別鉄道会社命令書違反、神戸造船所、
 釜石鉱山、阿仁及び院内鉄山、小坂銀山に関する件に付
 き以上の質問書を提出したるに、
  政府は、未だ何等の答弁をもなさず。
 議院法第49条には、
  「質問主意書は議長之を政府に転送し、国務大臣は直
 ちに答弁を為し、又は、答弁すべき期日を定め、若し答
 弁を為さざる時は、其の理由を明示すべし」・・とあり、
  黙るに政府は上記数件の質問に対し、未だこれが答弁
 をなさず、
  又答弁すべき期日を定めざる理由如何、若し政府に於
 て答弁能はずとせば、何故にその理由を明示せざるや。
  以上、議院法第48条により提出す、国務大臣はその責
 任を負ひ直ちに明答あらんことを望む。
  明治25年6月3日 質問者 田中正造
          賛成者 塩田奥三 他2名
・7月25日:徳島県下に津波・山崩れ・大洪水が起こり大災
 害となる。
  (1)、1892年7月25日午後2時頃、保勢山の中腹が幅
 300m、長さ800mにわたり崩壊して、海部川を堰き止め
 た。
  崩壊により北岸の山麓にあった3家族11人、及び、山稼
 ぎ36人は、家屋とともに生き埋めになった。
  田畑4町歩も埋没した。
  海部川を堰き止めていた土砂は26日午後7時頃に崩れ、
 下流は大災害となった。
  平井には保瀬大崩壊の碑が建っている。
  (2)、1892年7月25日、台風に伴う集中豪雨により、
 海部川中流右岸の保勢(保瀬)で大規模崩壊が起こり、
 4戸が埋没し、住民11人と山稼ぎ人36人が生き埋めとな
 った。
  崩壊土砂は河道を閉塞し、巨大な天然ダムを形成した
 ため、湛水によって8戸が流出し、9人が水死した。
  さらに天然ダムの決壊により、下流域で流出2戸、半壊
 11戸の被害が出たが、高潮被害と重なり、天然ダム決壊
 による被害のみを分離することは難しい。
  天然ダム決壊の恐れは事前に下流に知らされ、決壊時
 には鉄砲、大砲、狼煙などで伝達された。
  (3)、1892年7月25日、豪雨が海部川上流や那賀川上
 流を襲ったため、保瀬で大崩壊(土量約200万立米)が起
 こり、海部川の水を堰き止めた。
  このため、寒が瀬一帯は濁流に没し、4戸埋没、8戸流
 失、死者47人に被害を出し、上流一里半の樫谷の大杉の
 鞘が水に隠れ、さらに上流の轟神社の扁額が半分水に浸
 かった。(「海部郡誌」による)
  堰き止められた水が一斉に流下して大氾濫を起こすか
 も知れないという情報は上流から下流に伝えられたため、
 下流部では人的被害はなかった。(「海南町史上巻」に
 よる)
  (4)、1892年7月25日の豪雨時に、保瀬で崩壊が発生
 し(崩壊土量200万立米)、天然ダム(湛水量1,400万立
 米)が形成され29時間後に決壊したが、事前に避難。
  (四国災害アーカイブスより)
.
1892年、その他:
・久六島鮑(あわび)岩の帰属問題で青森・秋田の漁民が
 争った。
  青森県西部、艫作(へなし)崎の西方約30キロメートル
 の日本海上にある無人島で、上の島、下の島、ジブの島
 と呼ばれる三つの岩礁からなる(青森県西津軽郡深浦町)
  島名は、難破船から救助された水夫の名によるとか、
 漁夫の名によるとかいう。
  付近は、ホッケ・アワビ、海藻などの漁場。
  16世紀末より、アワビ・サザエ・イカなどの漁場とし
 てきていて、1786年に、船問屋が発見したとも伝えられ
 る。
  好漁場であるため、青森・秋田両県で、50年にわたり
 帰属をめぐり争っていたが、
  1953年、青森県深浦町に帰属、秋田県に入会(いりあい)
 権が認められた。
  津軽国定公園に含まれ、1959年に、光達距離12.5カイ
 リの無人灯台が建てられた。
  (伝説)明治時代、久六島に、島を発見した九六が、
 この島に漁に出かけようとして遭難したという伝説が残
 っていて、
  西津軽郡の人々で、探検を企てようとする人はいなか
 った。
  ただ、男鹿半島の漁民が、時々、偶然に風の都合で久
 六島に流され、そこで、たまたま多くの漁獲を得る程度
 であった。
  1890年、福島県から新しい漁具(潜水具など)と漁夫を
 率いて能代で水産業を営んでいた新妻助左衛門は、久六
 島探検を決意し、7月22日、能代を出航した。
  23日、西風に流されて艫作に上陸、そこで、新妻は、
 久六島の伝説と方向や位置を漁民から聞き、
  午後6時に、艫作を再出航して、久六島に到着し、27日
 にわたって大いに漁獲を得た。
  新妻は、午後6時に、能代に向けて出航したものの、風
 に流されて深浦村に上陸、そこで、久六島の魚影の豊富
 さを村人に話した。
  以後、村人たちも因習を改め、以後、秋田や青森の漁
 民が久六島を訪れるようになった。
  一旦、明治時代に、青森県が、単独で久六島の漁業権
 を得るものの、抗議を受けてそれが取り消される事件も
 あった。
  明治以来、秋田、青森両県の間でその帰属に関して紛
 争が続いたが、
  1953年、自治省の告示で青森県深浦町への地籍編入が
 決定した。
・衆議院議員総選挙で、高岡郡斗賀野で国民派と破壊派壮
 士500名が乱闘をおこした(高知)
  高知県下に保安条例が施行された。
・7月6日:アメリカでホームステッド・ストライキ(暴動)
  カーネギーの製鋼所で暴動が起きた。
  アメリカのカーネギー製鋼会社、ホームステッド製鋼
 工場における組合弾圧により、ペンシルバニア州ホーム
 ステッドで争議が起った。
  労働組合に反感をいだいていた H.フリックは、同社の
 社長に就任するとともに労働組合の破壊を決意し、賃金
 の引下げを計画した。
  300人の会社防衛隊が雇われ、ホームステッドで労使は
 対決し、70人以上の死傷者が出た。
  会社は、8000人の民兵の出動を州知事に要請、
  軍隊の出動によって、労働組合は壊滅し、他の製鋼会
 社もその労働協約を破棄するにいたった。
.
  (今日の言葉)
.
  題:中国の長期的な戦略目標は・・、
   「東アジア地域から、アメリカ軍を追い出し・・」、
   「台湾、日本、朝鮮半島を中国の勢力圏にする・・」
.
1894年、懐中時計の製作に成功(服部時計店)
  服部金太郎は、1884以降、横浜の外国人商館から洋時
 計を仕入れるようになり、品揃えを豊富にしたことが斬
 新な品揃えとして、評判が立つようになった。
  当初は、輸入に頼り、仕入れた時計は飛ぶように売れ
 た。
  国産時計は、1892年に、服部金太郎が作った精工舎で
 始められ、3年後には、輸出も行われるようになった。
  「服部時計店社長・服部金太郎氏の創立に係る、同氏
 は、夙(しゅく、早い時期から)に、時計製造の如き精
 密工業が、最も我国民に適し、他日、必ず、日本の重要
 工業の 一として成功すべきことを確信し、其の創立を
 決意すると共に、現顧問・吉川鶴彦氏を技師長として招
 聘し、
  明治二十五年(1892年)五月、東京市本所区石原町に
 仮工場を設け、始めて掛時計の製造に着手せり・・」
  1894年、精工舎は、創業二年半にして、最初の懐中時
 計である22型タイムキーパー製造にも成功させ、
  清国(中国)に少量ながら輸入も始めた。
  「明治二十九年(1896年)には、懐中時計機械の製作
 を創む、當時の懐中時計は、二十二型 シリン式にして
 之を現時流行品たる八形九形の如き小型の時計と比すれ
 ば全く隔世の感なくんはあらす」
.
1945年8月9日、対ソ防衛戦
  アメリカと戦っている日本に、ソ連が突如として攻め
 て来た。
  満州国において、1945年(昭和20年)8月9日未明に開
 始された日本の関東軍と極東ソビエト連邦軍との間で行
 われた満州・北朝鮮における一連の作戦・戦闘と・・、
  日本の第五方面軍と、ソ連の極東ソビエト連邦軍との
 間で行われた南樺太・千島列島における一連の作戦・戦
 闘。
  この戦闘の勃発により、日本の降伏を決定付ける事と
 なった。
  日本の防衛省防衛研究所戦史部では、この一連の戦闘
 を「対ソ防衛戦」と呼んでいる。
  このソ連の終戦間際に行った行為は、結論から言えば、
 論理的に『正当性は成立しない』。
  日ソ間には、「日ソ中立条約」が結ばれている状態で
 ある。
  そして、「日本は、事実上、敗戦が決定していて、戦
 争は終結している状態」である。
  例えば、イラク戦争で、アメリカとイラクが戦争をし
 て、イラクが負けたが、
  そのイラク戦争で、イラクが負ける直前に、第三国が、
 イラクに宣戦布告をして、イラクの首都のバクダッドを
 占領したら・・、
  バクダッドは、その第三国の占領物・占領した領域と
 なるのか?
  なる訳はない。
  それは、強盗行為である。
  犯罪である。
  また、隣の家に強盗が入って、その家の人が、強盗と
 やり合っている時に、第三者が入って行って、その家の
 物を盗る・・その行為を正統化できるか?
  出来る訳がない。
  盗みの行為である。
  犯罪である。
  だから故に、先に記したソ連の「南樺太、千島列島、
 北方四島」の日本の領土へのソ連の侵略は成立しない。
  強盗行為なのである。
  今・現在の現状は、不法行為の結果なのである・・不
 法占拠なのである。
.
1953年、アメリカが、民主主義を実行していたイランで、
 CIAの工作によるクーデターを起こして、独裁制を押
 し付けた。
  これは、アメリカによる、イスラム教徒の不必要な迫
 害・抑圧であり、イスラム教世界と「文明の衝突」現象
 を作り出してしまった。
  アメリカは、この様な行為を色々している。
.
2003年3月20日、イラク戦争
  アメリカが、レバノン侵略(1982年)を盲目的に支援
 し、虚偽の口実を捏造して、イラクを侵略・占領した。
  アメリカは、この様な、イスラム教諸国と数々の紛争
 を起こし、「文明の衝突」現象を作り出した。
  アメリカは、この様な行為を色々している。
.
2010年、中国の実質経済規模が・・世界一となった。
  アメリカは、2位に転落した。
  米ソ冷戦(東西冷戦)は、日本の貢献度大で、アメリ
 カが勝利し、1991年に、ソ連は崩壊した。
  ソ連の統制経済の社会主義体制と社会主義経済圏が崩
 壊した。
  そして、ロシアが誕生したが・・一極体制とはいうも
 のの・・「借金だらけのアメリカ」という『あだ花』が
 咲いた・・
  そして、資本主義経済・市場経済のグロバリゼーショ
 ンの進行を見たが・・が、しかし・・、
  結局、経済競争は、2010年頃には、日本が『中国』に
 抜かれ、そして、『アメリカも』、中国に抜かれた。
  ただ、「抜かれた、ああ、そうか」では、この話は終
 わらない。
  1996年~1997年に、アジア諸国とロシアは経済危機に
 おちいった。
  この時、IMFを支配するアメリカは、これら諸国に
 対して強大な権力を行使する事が出来た。
  (アメリカの御機嫌を損なったら、IMFから融資を
 受けられない・・というシステム)
  しかし、IMFの投票権は、参加国の実質経済規模に
 比例して割り当てられている。
  故に、アメリカの実質経済規模が、世界一の座を下落
 したアメリカは、IMFの拒否権行使の権利を喪失した
 ことになった。
  中国の世界一は、堂々としている。
  「食料と鉱物資源とエネルギーの消費量」が世界一、
  そして、中国は、「金属産業」の規模も世界一である。
  同様に、「化学産業」の規模も世界一で、「住宅産業」
 も世界一、
  そして、「家電産業」も世界一、「運輸産業」も、「
 造船業」も、
  そして、「流通業」も、そして、「自動車市場規模」
 も世界一。
  そして、世界の「鉄生産」の48%を、中国一国で消費
 している。
  そして、「外貨保有量」と、毎年の国内の「純貯蓄額」
 (資本蓄積量)も世界一・・、
  アメリカ政府の国際通商委員会のチーフ・エコノミス
 トであったピーター・モリシ(メリーランド大学教授)
 は・・、
  「(世界一の借金国)アメリカは、中国に国債(米財
 務省証券)を買ってもらわないと財政破綻(はたん、物
 事が、ほころびて、つくろえないというように、立て直
 しも手詰まりになること)してしまう」・・と言った。
  そして、また、「アメリカ大統領は、中国の前で、(
 国債を買ってください)と頭を下げないと、経済運営が
 できない」・・と言った。
  中国の発言権を、アメリカは無視できない立場にいる。
  そして、この格差は・・広がるばかりなのである。
  そして、世界の叡智は予測する・・
  『アメリカは、今後、破綻(はたん、物事が修復しよ
 うがないほどうまく行かなくなること)する。
  2016年~2025年頃に、財務危機、通貨危機を引き起こ
 す可能性が高い』・・と・・、
.
2017年、アメリカを抜いて、世界一の経済大国になった中
 国は、北朝鮮を支援して、核ミサイルを持たせた。
  今まで、世界一だったアメリカは、「日本には、絶対、
 核は持たせない」とやって来た。
  そして、今・現在、『核とミサイルを持った北朝鮮』
 は、アメリカ領グァム島の周辺海域に、ミサイルを飛ば
 す計画だと言った。
  中国と北朝鮮の両国は、「核とミサイル」を持ってい
 る。
  日本は、「刀狩り」と言って、すでに、400年以上も昔
 に庶民から武器を取り上げた。
  アメリカは、今・現在でも、銃を取り上げられないで
 いる・・銃を無くせないでいる。
  アメリカの社会の中には、銃があふれている。
  銃を無くそうと言っているが、どうしても、社会から
 銃を無くせないでいる。
  そして、今、地球は、どうやら、核だらけの地球にな
 る気配・・、
  アメリカで、銃が無くせない様に、地球から核兵器が
 無くせない・・様だ・・、
  アメリカでは、時々、忌(い)まわしい銃の乱射事件
 が起きて、殺される人、亡くなられる方々が出るが・・、
  今後、地球上に・・この様に増えた核ででも、その銃
 の事件の様な、突然の『忌まわしい出来事』が起きるだ
 ろう。
  銃の場合の様な、一人とか二人とか、10人とかという
 話ではなく・・核の場合は・・、
.
2017年、中国は、完全に・・『経済的にも』、アメリカを
 凌駕(りょうが、他のものを越えてそれ以上になること)
 した。
  あらゆる面で、中国は、アメリカの真似をして来た。
  その真似をして来た中国が、アメリカを追い抜いた。
  また、中国は、軍事的にもアメリカを越した。
  今までアメリカは、自国の主張をして来る国だった。
  中国も、この点まで、アメリカの真似をするだろう。
  アメリカは、「守ってやるよ」「はい、お願いします」
 と、世界に自国の軍を展開して来たが、これも、中国は
 真似するだろう。
  すでに、中国は、世界のあちこちに軍事拠点を作って
 いる。
  アメリカと中国の「二重の軍事カバー領域」が重なる
 地球・世界となる。
  かつてのソ連とアメリカは、領域は接しても、重なる
 ことはなかったが・・ ・・、
.
2017年、「異教徒は殺せ」というキリスト教の考え方が、
 今の、現時点の、状況を作っている。
  「相手の生存を認めない」というキリスト教のこの教
 義。
  この考え方は、完全に間違っている。
  だが、キリスト教徒は、マインド・コントロールされ
 て、洗脳されて、その間違いに気づかない。
  逆に、正しい行為と思う所が『恐ろしい』。
  キリスト教に強く洗脳させられたブッシュは、この考
 え方で、イラクを滅亡させ、トップのフセインを殺した。
  アメリカのブッシュ大統領は、「現代の十字軍だ」と、
 言ってイラクを攻めた・・キリスト教に洗脳されて、そ
 の様に行動をしているという事を示した。
  そして、このキリスト教に洗脳されたアメリカのブッ
 シュ大統領は、北朝鮮も、この滅んだイラクとフセイン
 と同じ「テロ国家だ」と言った。
  次に、イラクのように、北朝鮮を攻める意味を示した。
  北朝鮮は震え上がった。
  異教徒の生存を認めないその考え方・言葉に震え上が
 った。
  生き残る道を考えた。
  相手は、キリスト教に染まった「異教徒の生きる道を
 認めない考え方の者たち」、
  生き残るにはどうすればよいか?・・と・・、
  ミサイルが成功し、核実験が成功し、その時に喜びの
 放送が流れた。
  「将軍様、ありがとう」という言葉だった。
  それは、「助かった」という安堵(あんど、物事がう
 まく行って安心すること)の言葉だった・・のだろう。
.
2017年、アメリカは、養われている国である。
  アメリカ国債を買ってもらって帳尻を合わせている国
 である。
  普通なら自己破産で、存在しえない状況なのだが・・
  その様な国が、何故、出来てしまったのか?
  それは、心底での国を思う気持ちが希薄だからである。
  グローバリズムだなんて言って筋を通しているようだ
 が、結局は、グローバリズム優先で、国を疎(おろそ)
 かにしている。
  その様な国が、何故、存在していられるのか?
.
2020年、今から3年後・・アメリカ経済の実質規模が、『
 17兆ドル』程度と予想されている。
  これに対し、この時の・・中国の実質経済は、2020年
 には『30兆ドル』以上と・・、
  アメリカの1.7倍という『2倍』に手が届くぐらいに、
 拡大していると予測されている。
  『圧倒的な中国優位』の状況となっていると・・、
  アメリカの成長が見込まれない理由・問題点は・・、
   1、戦後生まれのベビーブーマの大量引退。
   2、医療費の重荷・・医療費の過大化。
   3、人口のヒスパニック化。
   4、アメリカ国民の6割が貯蓄をしない無貯金状態。
  アメリカは、軍事費に予算を廻せない状況となる。
  中国との競争が出来ないアメリカとなる。
  今、トランプ下ろしをやっている時ではないのである。
  そして、アメリカのトランプ下ろしの陰には、この「
 中国のマネー」がある・・??
  そして、中国の長期的な戦略目標は・・、
  「東アジア地域から、アメリカ軍を追い出し・・」、
  「台湾、日本、朝鮮半島を中国の勢力圏にする・・」
  実際、「アメリカが、東アジアから撤退する」ことを
 予測するアメリカの学者は・・大勢いる・・
  ハンティントン、ミアシャイマー、フリードバーグ(
 プリンストン大学)、レイン(テキサスA&M大学)、
 ペイプ、マンデルバウム(ジョンズ・ホプキンス大学)、
 カプチャン(ジョージタウン大学)・・などは・・
  「アメリカは、いずれ、東アジア地域の支配権をあき
 らめ、ギブ・アップせざるを得なくなるだろう」・・と・・
  キッシンジャーやブレジンスキー・・も・・
  「中国が、アジアの覇権国となることは、もう避けら
 れない」。
  「アメリカ政府は、中国の覇権を認めて、対中国融和
 政策を採るべきだ」と言っている。
  日本は、加計学園問題なんかに、いつまでも関わって
 なんかいないで・・、
  「日本の立ち位置の検討」・・、
  「自分の国は自分で守る」ことに・・
  真剣に 討議せよ!
  イギリスの様に・・原潜と核は必要!!
.
2025年、中国の経済規模が、世界の『30%』を占める・・
 また、インドの経済規模も、『15%』を占める。
  アメリカ政府の情報機関が、2008年末に公開した「国
 際政治の予測レポート『グローバル・トレンド2025』」
 に・・、
  そして、国際構造は「多極化」していく。
  今後、20年間の国際関係に最大の影響を及ぼす国は、
 中国であろう。
  今から200年前、中国の中国の経済規模は世界経済の30
 %、インドの経済規模は15%だった。
  中国とインドは、以前の経済的な地位を回復する過程
 にある・・と・・、
  因みに、600年代~1830年までの1200年間、中国の経済
 規模は世界最大だった。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2017-08-25 04:14 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)547E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年1月~1892年1月)

題:(増補版)547E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年1月~1892年1月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1892年、発明:
・5月22日:歯磨きチューブが発明された。
  ワシントン・シェフィールド(アメリカ人、歯科医)
・9月:下瀬火薬が発明された。
 大日本帝国海軍技師・下瀬雅允が実用化した爆薬(炸薬
 として砲弾、魚雷、機雷、爆雷に用いた)で、日露戦争
 当時の日本海軍にも採用され、日露戦争(日清戦争には
 間に合わなかった)には大いに活躍し、大戦果の一因と
 なった。
 1905年5月27日の日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を
 粉砕した一因は。この火薬の成果。
 因みに、フランスに派遣された富岡定恭は、「フランス
 で新型火薬と言われる火薬」のサンプルの微量を、爪の
 中にすり込んで日本に持ち帰った。
 この微量のサンプルを分析した結果、この下瀬火薬と同
 様のピクリン酸であると判明した・・下瀬火薬の発明が
 先んじていた。
・10月4日:乾電池の発明
 屋井先蔵(やいさきぞう)が、世界で初めて、完全な乾
 電池を完成させ、特許を出願した。
 発明時期は不明。
 屋井乾電池は、乾電池を用いる製品そのものが普及して
 いなかったこともあって、しばらくは売れなかった。
 1894年に日清戦争が勃発し、満州で使用されていた軍用
 の乾電池の大成功に関する号外記事が掲載された。
 従来の湿電池では、液が凍結したため、満州では使用で
 きなかったが、屋井の乾電池だけは使用できた。
 1910年に、合資会社・屋井乾電池を設立した。
 神田区錦町に販売部を新築し、浅草神吉町に、乾電池の
 製造工場を設けた。
 そして、乾電池の本格量産にとりかかった。
 筒型の金属ケースを用い、現在の乾電池のスタイルを確
 立した。
 屋井乾電池は、海外品との競争にも勝ち、日本国内乾電
 池界のシェアを掌握し、屋井は「乾電池王」と言われた。
.
1892年、医・衛生:
・2月:東京・牛込東五軒町に、東京慈愛病院が設立された。
・6月17日:東京・下渋谷(広尾)に、日本赤十字病院(本
 社病院)が新築され、開院した。
・天然痘が流行し、全国で1万人近くが死亡した。
・福沢諭吉の援助で伝染病研究所が出来、北里柴三郎がそ
 の所長となった。
.
  (今日の言葉)
.
  題:その重大な転機における課題に取り組んでいるトランプ大統領・・
    そのトランプ下ろしをやるアメリカは、現時点は・・、
    その様な時ではないという『深刻な事情』に目を向けるべきだ。
.
1895年4月23日、三国干渉
  急速に力を付けた日本・・明治28年の時である・・
  日清戦争の、まさかの日本の勝利だと世界は思った・・、
  そこで起きたのが・・
  列強各国の、弱小日本への三国干渉・・、
  三国干渉(さんごくかんしょう)は、1895年4月23日に、
 フランス、ドイツ帝国、ロシア帝国の三国が、日本に対
 して行った。
  自分たちがおいしい汁を吸っている中国の領分に入っ
 て来た新参者にいちゃもんを付けた。
  日本の勝利で終わった日清戦争。
  その、日本と清の間で結ばれ、合意された下関条約・・、
  その条約に基いて・・約定(やくじょう、約束して定
 めること)して・・日本に割譲された遼東半島を・・
 おい!それはよせよと・・くちばしを入れたのである。
  日本は、遼東半島を取らないで、取り上げないで、「
 清国へ返せよ」「返還しろよ」と言った・・そういう内
 容だった。
  そこには、ロシアの思惑があった・・ロシアは大きな
 欲をかいていた。
  ロシアは、満洲と中国北部の支配権を拡張したいと目
 論んでいた。
  また、それと並行して、欲張りに欲張って、朝鮮へも
 影響力を拡大したいと思って行動していた。
  ロシアとしての言い分は・・朝鮮は、ロシアのウラジ
 オストクに近いため、ここを他の列強に抑えられると、
 ロシアが圧迫されて怖いのだ・・という理屈・・そして、
 その可能性を防ぎたいと・・
  また、それは、逆に、今時点に例えれば、日本にとっ
 て、38度線が対馬海峡になる様なもの・・
  ロシアは・・日本という国が、朝鮮と対馬の両岸を抑
 える事態になれば、中国の旅順港とロシアのウラジオス
 トク港を結ぶシーレーンが危機に晒されるというロシア
 の論理が・・理屈があった。
  中国のおいしい汁を安心して運べないのだよ・・と・・
  だが、前記した様に、朝鮮半島をロシアが占領すれば、
 圧迫されるのは日本も同じだった。
  今の現時点で、「緊迫した38度線が、対馬海峡になる」
 と想像すれば・・その不安・・危険度・・それと話は同
 じだった。
  そして、この1895年の三国干渉の影響から、朝鮮政府
 は、『反日となり』また『親露となった』・・その様な
 勢力が台頭して行った。
  そして、また同様に、朝鮮国王の高宗が、ロシア軍の
 朝鮮進駐を希望するようになった・・そして、1896年2月
 には、ロシア大使館へ駆け込んだ。
  この様な中で、この状況を解決するために努力がなさ
 れた。
  そして、日本とロシアの間で、『山縣・ロバノフ協定』
 が締結された。
  日本とロシアは、対等の関係で朝鮮に接して行こうと
 いう旨が合意された。
  しかし、ロシアは強硬策に出た・・
  1897年、ロシアは、旅順・大連を占領した。
  当然、日本は、強硬行動をとるロシアが、この様な行
 道・・同様の行為を、朝鮮半島でも行なうだろうと恐れ
 た。
  実際、ロシアには、朝鮮半島への進出を本格化する恐
 れがあった。
  日本は提案した・・「朝鮮半島を日本が管轄し、満洲
 をロシアが管轄する」・・と・・
  しかし、ロシアからは相手にされなかった(満州はロ
 シア軍だらけだった)
  この頃、朝鮮半島に接する鴨緑江沿岸(朝鮮と中国東
 北部・満州の境を流れる川)では、アレクサンドル・ベ
 ゾブラーゾフらのロシア貴族が、
  朝鮮半島北部にロシアの橋頭保を築く目的で、伐採事
 業を開始していた。
  (朝鮮戦争の時も、共産中国軍は、朝鮮半島に流れ込
 もうとこの地域・鴨緑江沿岸に大部隊を集結した)
  ベゾブラーゾフは、ロシアは偉大な大国であるので強
 硬姿勢をとって当たり前であり、東洋人ごときに生意気
 を言われる筋合いはないという信念を持っており・・、
  蔵相ヴィッテの対日融和政策を毛嫌いし、
  「大臣たちは、皇帝陛下に正しい情報を提供せず、陛
 下に自分たちの考えを押し付けている」と批判した。
  これは、ニコライ2世にとっても耳に心地よい意見だっ
 た。
  ニコライ2世は、このベゾブラーゾフを強く信頼するよ
 うになり、対日強硬姿勢を強めて行った。
  因みに、ベラーゾフは、この翌年の1896年に、日本と
 の開戦の必要性を唱える嘆願書を、ロシア皇帝ニコライ
 2世へ提出している・・この様な人だった・・、
  また、ニコライ2世は、「黄色い猿」と日本を侮蔑する
 ような皇帝で、ロシアがどんなに強硬路線を取ろうと、
 「日本に、ロシアと戦争する勇気などあるばずがない」
 としていた。
  また、「ロシアが、自分が望まない限り、日露の戦争
 にはならない」と考えていた。
  また、「ロシアの強硬な圧力を受けて、日本が旅順か
 ら撤退した1895年を思い出す」などとも言ったり、
  「どっちにしても日本は野蛮な国だ」などとも言った。
  ベラーゾフは、強硬派で、イギリスの東インド会社の
 ような組織を設立して、『朝鮮半島と満州における権益』
 を確保して、それらを強制的に征服すべしとした。
.
1899年(明治32年)、義和団の乱
  宗教的秘密結社である義和団が、「扶清滅洋(清国を
 助け、西洋を滅ぼす)」というスローガンを掲げて、山
 東省で蜂起した。
  (1900年6月20日~1901年9月7日説あり)
  義和団とは、義和拳という武術をマスターすれば『鉄
 砲も刀も怖くない』という迷信を持った人々の集団で、
 山東省に始まった暴動は、清国全体に広まった。
  外国勢力に美味しい汁を吸われる民衆の鬱積(うっせ
 き)した不満が下地にあった。
  特に、この外国の武力を後ろ盾にしたキリスト教勢力
 (傲慢な宣教師など)の行動は反感を買い、排外的な機
 運が高まった。
  トラブルの解決に「武力による威嚇」が用いられる事
 が多く、キリスト教会側に有利に妥協させられ、処理さ
 れることが多かった。
  そのため義和団は、キリスト教会を焼き、キリスト教
 徒を殺すという『反キリスト教運動』を行なった。
  民衆の間には、外国人は、官僚より三等上という認識
 が広がっていた。
  民衆は、外国人に、ぺこぺこと平身低頭せざるを得な
 い自国の官僚への失望感が拡大していた。
  そして、義和団は、破産させられた農民と結び付き、
 急速に発展して行った。
  (「義和団事変」「拳匪の乱」「ボクサー・レベリオ
 ン」ともいう)
  1900年になると、反乱集団は、キリスト教徒を殺害し、
 キリスト教会、鉄道、電線など西洋伝来のものを破壊し、
 北京にまで至った。
  乱が、たちまちの内に全土に広がって、外国人にとっ
 て、さながら地獄図のような光景が眼前で繰り広げられ
 た。
  また、この列強の侵略は、中国支配層の中にも対立す
 る集団を作り出した。
  この対立は、守旧派と洋務派という構図で・・、
  守旧派は、従来からの支配者である西太后(せいたい
 こう)らの満州人貴族層が中心で、
  洋務派は、列強が懐柔して、力を伸ばした李鴻章らの
 漢人の大官僚たちであった。
  守旧派の清国政府は、乱の鎮圧がしきれないのを知り、
 逆に利用し、彼らを応援し、列強諸国や洋務派に対抗し
 た。
  義和団の勢いが良いと見るや、清国政府の実権を握っ
 ていた西大后は、義和団の味方をして、清国軍を派遣し、
 北京の公使館や天津の租界を攻撃した。
  また、農村の自衛組織を義和団に組み込んだ。
  短期間に河北全省、満州、蒙古(もうこ)に拡大し、
 キリスト教会を襲い、鉄道、電信を壊し、石油ランプ、
 マッチなどあらゆる外国製品を焼き払った。
  そして、清国は、北京に公使館を置く列強諸国に、1900
 年6月、宣戦布告を行なった。
  これにより、北京では、公使館のある区域が義和団に
 包囲され、そこにいた8ヶ国の人たちが皆殺しにされる危
 険が生じ、その危険が迫った。
  そこで、8ヶ国は団結して連合軍を作り、義和団の大軍
 に合同で立ち向かうことになった。
  8か国は、日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイ
 ツ、ロシア、イタリア、オーストリア・・、
  総司令官には、ドイツ人のガスリーが就任した。
  約2ヵ月後、8ヵ国の連合軍は、首都北京及び紫禁城
 を制圧し、乱を鎮圧した。
  西太后と光緒帝(こうしょてい)は西安に逃れ、失脚
 した。
  守旧派に代わって実権を握った洋務派は、8か国連合軍
 に協力姿勢を取った・・そして、義和団の残部を虐殺し
 た。
  日本は、たった25人の軍人しかいなかったが、柴五郎
 中佐が率いた軍は、規律正しい精悍な精鋭で、抜群の働
 きをした。
  他の国の兵士は怖がってなかなか戦わない状況でもあ
 った。
  日本は、各国から地理的に最も近いという理由で、本
 国から応援部隊を出すよう要請されたが、野心があると
 思われるのを避けるため、なかなか応じなかった。
  しかし、再三、イギリスなどから要請され、福島安正
 少将が、混成三個大隊を率いて天津に来た。
  そして、日本軍の活躍で、連合軍は天津を占領するこ
 とができた。
  その後、連合軍は、日本軍を主力として北京に進軍、
 8月14日に、北京の公使館を包囲していた義和団と清国兵
 を駆逐し、公使館区域の外交官や居留民を救出すること
 に成功した。
  その後、連合軍は、国ごとに分かれて北京を占領した。
  そして、ロシアは、義和団の乱が支那から満州にまで
 及んだときに、増派して、ついには、全満州を占領して
 しまった。
  この乱につけ込んで、ロシアは満州をロシア領にして
 しまった。
  しかし、清国は、ロシアを満州から取り返そう、追い
 払うという努力は一切しなかった。
 (満州からロシアの勢力を追い払ったのは、その後の日
 露戦争に勝利する日本だった)
  (このロシアが占領した満州を、日本は日露戦争でロ
 シアを駆逐し、満州の所有権の移譲を受けた。日本は満
 州を占領したのではない)
  もし、日本が日露戦争で勝利しなかったら・・、
  宣統帝溥儀の家庭教師だったレジナルド・ジョンスト
 ン(イギリスの中国学者)が言うように・・、
  遼東半島のみならず、満州全土も、その名前までも、
 ロシアの一部となっていたことは「まったく疑う余地は
 ない」。
  ※:ちなみに、北京を占領した連合軍は、各所で略奪
   を開始し、美しく綺麗な事で有名だった頤和園(い
   わえん)も略奪と破壊の対象とした。
    しかし、この卑劣な行動に、日本軍だけは、略奪
   に参加しなかった・・(この話は有名)・・、
    当時の戦争では軍隊が市民から略奪、強姦すると
   いう行為は普通に行われていた・・この時も・・
    当たり前の様に北京や上海でも列強各国による略
   奪が頻発していた。
    白人で一番まともなイギリス兵ですら、支那人か
   ら貴重品を取り上げ、かっぱらった。
    ロシアの占領地区では、ロシア兵が虐殺や放火、
   強姦をやり、日本の占領地区に逃げて来る支那人が
   大勢いた。
    北京から遠く離れた所でも、ロシアは大虐殺を行
   なっていた。
    しかし、日本軍だけは、その様な行為はしなかっ
   た。
    日本の占領地域だけは軍規厳正で、治安維持が特
   に優れていた。
    これを見たイギリスが、素晴らしい日本と同盟を
   結びたいと、この後に、日本に日英同盟を求めて来
   たくらいだった。
    日本には天皇陛下の兵隊という、「皇軍」という
   意識があって、卑劣な行為はしなかった。
    南京事件もでっち上げなのだ・・、
.
1963年11月22日、アメリカの第35代大統領ケネディが暗殺
 された。
  アメリカ合衆国テキサス州ダラスで暗殺された。
  ケネディ(1917年5月29日生、46歳)は、軍産複合体を
 追求したから暗殺された・・という話がある。
  1963年11月22日、翌年の大統領選挙キャンペーンとし
 てテキサス州を訪れ、
  この日、フォートワースからダラスに到着し、市内を
 オープンカーでパレード中に、多くの市民が見ている前
 で、何者かに狙撃され死亡した。
  43歳で大統領に就任してから、わずか2年10か月と2日
 の在任期間であった。
  ケネディとジャクリーン夫人は、この日、午前11時40
 分にテキサス州ダラス郊外のラブフィールド空港に到着
 し、
  その後、大統領専用車に乗ってコナリー州知事夫妻と
 ともに市内をパレードした。
  ヒューストン通りからエルム通りに左折して、デイリ
 ープラザに入った12時30分に、後方のテキサス教科書倉
 庫ビルから3発の銃弾が発射され、
  その内の2発がケネディに命中した。
  後の1発が、ケネディの後頭部に当たり、これが致命傷
 となった。
  急ぎパークランド病院に担ぎ込まれたものの瀕死の状
 態で、手当ての甲斐なく、午後1時に、死亡が確認された。
.
1968年、今(2017年)からは想像できないだろうが、この
 頃の若者人口は、非常と言ってよいくらい「非常に多か
 った」。
  この団塊の世代は、若者人口が多いため、小中高と進
 学するごとに、学校の教室が足りないなど社会問題にな
 った。
  大学進学でも激しい競争があり、その実感を「高石と
 もや」がコミカルに歌った「受験生ブルース」が、この
 年(1968年)にヒットした。
.
1977年、横田めぐみさんが、北朝鮮に拉致された。
  日本政府が、北朝鮮による日本人拉致の『容疑』を公
 式に発表したのは、それから20年以上も後の、1997年5月
 であった。
  また、日本政府が、拉致されている日本人の人数を17
 人としているが、警察は866人以上としている。
  残念な事に、日本政府は、長らく「日本人の拉致は存
 在しない」「起きていない」という態度をとってきた。
  そのことに触れることを「タブー」としてきた、情け
 ない事だが・・、
  今でも、拉致された日本人が北朝鮮に居て、日本へ帰
 る事ができていない。
  日本政府は、アメリカから北朝鮮の拉致行為を知らさ
 れていたのに、無視して、何もしなかった。
  国会で、拉致問題が取り上げられたのも、1988年と、
 国会も大変に遅く、国会の与党も野党も、国会のすべて
 が目をつぶった。
  国会議員のすべてが腐っていた。
  これは、日本の何かが壊れている?
  この問題に早期から携わり、真剣に取り組んで来られ
 たのが安倍晋三議員(現:首相)だった。
  横田夫妻から早期に相談を受けた安倍議員は、この問
 題に取り組まれた。
  小泉首相の時には、一緒になって拉致された方々のう
 ち、6名の方々の帰国・奪還を実現された。
  警察は、拉致被害者の数を866人としているが、他の情
 報では1000人を上回るとも言われている。
  日本の海上保安庁は、北朝鮮の工作船に対し、毅然た
 る態度を示して、領海侵犯した国籍不明船(後の調査で、
 予想通りの北朝鮮工作船だった)に、指示に従わず領海
 侵犯行為を続けたため、機銃掃射を行なった。
  工作船側は、証拠隠滅を図って自爆し、沈没した。
  後に、日本は、これを引き上げ、捜査し、北朝鮮工作
 船の証拠を得た。
  北朝鮮が、日本工作をするこの北朝鮮の工作船が・・
 何故か・・この北朝鮮工作船が、直接に、また、当然に、
 北朝鮮へ帰るわけだが・・何故か?・・この北朝鮮工作
 船が、中国に帰ることもあることを確認している(中国
 の工作船か?)
.
2011年2月14日、日本が3位に・・
  日本の内閣府が、14日発表した2010年の国内総生産
 (GDP)速報値で「中国に抜かれ、世界3位に」とある・・、
  今、『重大情報データが、捻じ曲げられている』。
  世界の人々が繰られている。
  上記した様に、2011年2月に発表されて、日本は・・
 GDPが世界3位に転落した・・その事が分かったと言う
 が・・?
  別のデーターもある。
  実は、『中国は、アメリカも抜いている』というので
 ある。
  「2010年のアメリカの実質経済規模は『約14兆ドル』
 であり、中国は『約15兆ドル』」というのである。
  中国が、アメリカを抜いているというのである。
  (参考)実質経済規模:名目的な為替レートではなく
     実際の購買力で計った経済規模のこと。
      つまり、実際に生産し消費している財とサー
     ビスの総量のこと。
  1990年代に、すでに、世界銀行は、中国の実質経済規
 模を為替レートで計った名目経済規模の『5倍~6倍』と
 計算していた。
  IMF(国際通貨基金)と、CIA(中央情報局)は
 『約4倍』と計算していた。
  そして、その後、2007年秋まで、世界銀行、IMF、
 CIAは「中国に実質経済規模は名目GDPの約3倍」
 と計算した(これが妥当と判断されていた)
  しかし、2007年12月に、新たに世界銀行の総裁になっ
 たロバート・ゼリックは、世界銀行とIMFに、「中国
 の実質経済規模を、名目GDPの『2倍』と計算せよ」と
 要求した。
  それは、それまでの『3倍』という計算方法を使ってい
 ると、3年後の2010年には、「中国の経済の実質規模が、
 アメリカ経済の実質規模を凌駕(りょうが、他のものを
 越えてそれ以上になること)してしまう」という理屈だ
 った。
  そうなると・・アメリカ外交の威信の低下と、影響力
 の低下と、そして、恫喝力の低下を恐れてのことだった。
  それ故に、実際の「実態が隠された」。
  相変わらず、世界の認識は、「アメリカが世界一」の
 経済大国であった。
  だから、世界一の軍事大国でもあるというイメージが
 世界中に維持された。
  しかし、この隠し事は、薄々、世界が分かる所となっ
 て来た。
  世界の中には、表立っては言わないけれど・・、
  「21世紀は、中国の世紀だ」と考えて、アメリカを今
 までよりも軽視し、中国になびくという国も・・という
 状況にある。
  そして、その現実が、実態が・・起こすこと、波及す
 る事は・・、
 「アメリカによるIMF支配体制が崩れる」ということ。
  アメリカのIMF体制は・・、
  「世界一の実質経済規模だからアメリカだけがIMF
 の拒否権を持つ」という何だか分からないシステムがあ
 る。
  アメリカは、これによって、だいぶ、得をした。
  外交的にも、脅迫的に使えるという道具ともして来た。
  中国には、「シルクロード経済ベルト」として活性化
 する事を目指す「一帯一路」構想(2014年11月、習近平
 総書記が提唱)があり、
  その前年の2013年に、中国が提唱し、主導する形で、
 アジアインフラ投資銀行(AIIB)が発足していた。
  そして、2015年に、国際機関として創設された。
  2016年1月16日に開業式典を行い、57ヶ国の創設メンバ
 ーとして発足した。
  そして、2017年3月には、日米が主導するアジア開発銀
 行の67ヶ国を上回る・・70ヶ国となった。
  そして、さらに85ヶ国~90ヶ国へ拡大が見込まれてい
 る。
  日本とアメリカは、参加を見送っている。
  創設時の資本金は1000億ドル。
  本部は、中国の北京市にある。
  イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、韓国、ロシ
 ア、ブラジル、エジプト、スエーデン、フィリピン、デ
 ンマーク、クウェート、マレーシア、ポーランド、南ア
 フリカ、タイ、カナダ、ベルギー、香港、エチオピア、
 ペルー、ベネズエラ、バーレーン、ギリシャ、チリ、ボ
 リビア、ルーマニア、アルゼンチン、トンガ、マダガス
 カル・・などが加盟している。
  参加申請が拒絶された国:北朝鮮・中華民国(台湾)
  中国には、この他にも、2014年末に創設した「シルク
 ロード基金」というものがあり・・、
  これによって・・中国のアジアにおける影響力の強い
 経済圏を構築しようと目指している。
  2015年4月に決定された「パキスタンの水力発電所の建
 設事業」が第1号案件となった。
  ここから、中国の台頭と、アメリカ時代の終焉が見え
 る・・・・が・・
  2017年8月16日の読売新聞には・・
  アメリカは、「通商法301条」という法律の伝家の宝刀
 を、中国に対して抜こうとしている。
  この法律は、「貿易相手国の不公正な取引慣行に対し
 て当該国と協議することを義務づけ、問題が解決しない
 場合の制裁について定めた条項の強化版」で・・、
  この法律をちらつかされて、色々と、日本も、嫌とい
 うほど痛み付けられた。
  アメリカの対中国貿易赤字の削減は、トランプ大統領
 の公約の一つでもあるが、
  北朝鮮の貿易の9割を行なっている中国の、北朝鮮への
 対応が効いていないため、相変わらずの北朝鮮となって
 いることも、これに絡んでいる。
  中国からは「明らかに嫌がらせだ」との声や、「強硬
 対決だ」の声も出ている。
  何しろ、米中貿易総額は、57兆円規模である。
  今、中国は、6年連続して成長速度が減速し続けている。
  アメリカのかつての立場は明らかに変わっている・・
  その重大な転機における課題に取り組んでいるトラン
 プ大統領・・
  そのトランプ下ろしをやるアメリカは・・、
  現時点が・・その様な時ではないという『深刻な事情』
 に目を向けるべきだ。
.
2015年、存立危機事態:(そんりつきき‐じたい)
  日本が、集団的自衛権を行使する際の要件の一つで、
  「我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が
 発生し、
  これにより、我が国の存立が脅かされ、
  国民の生命、自由、及び、幸福追求の権利が根底から
 覆される明白な危険がある事態」・・をいう。
  平成27年(2015年)に成立した平和安全法制で事態対
 処法に規定した。
.
2017年、かつて、世界の工場だったイギリスが、働かなく
 なって・・、
  「イギリス病」と世界から揶揄(やゆ、なぶる、嘲弄・
 ちょうろう)され、批難され、蔑(さげす)まれた。
  世界の工場の座を降り、金融という座わっているだけ
 で稼げる仕事をする国になった。
  今、アメリカが、その様な道にある。
  情報を操作して、世界のトップの様な顔をしているが、
 実際は、とうの昔に、中国に抜かれている。
  この基本中の基本のデータが繰られ、真実が伝わって
 いない。
  アメリカの時代はとうの昔に去っている。
  中国は、この陰の存在にいつまでも居ないだろう。
  アメリカも、キリスト教の様に、すでに終わった状態
 になっている。
.
2017年、中国の超急速な軍拡。
  2020年頃、アメリカは、中国に抜かれ、「米中逆転」
 が起きる事が確実視されている。
  中国の軍事予算は、何と、この20年間に二ケタの『超
 ハイ・ペース』で拡大して来た。
  その結果、米中逆転が確実視されているのである。
  2000年17%、2001年16%、2002年21%、2003年17%、
  2004年12.5%、2005年15%、2006年13.5%、
  2007年18.5%、2008年17%・・・、
  中国の実際の国防予算は、この公開されている数字の
 何と! 『2倍~3倍』と言われている。
  このパワー・バランスが逆転するという事は・・、
  米中が逆転するという事は・・、
  日本にとって「生きるか、死ぬか」という重大な問題
 なのである。
  軽く考えていてはいけないのである。
  加計学園問題などなんかに関わっていられない状態な
 のである。
  生き残る道を・・講じよ!
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive



[PR]
by suba28 | 2017-08-22 03:30 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)546E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年1月~1892年1月)

題:(増補版)546E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年1月~1892年1月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1892年、出来事:
・内閣総理大臣:松方正義(第一次松方内閣)
  1891年5月6日~1892年8月8日
・(氷川清話)松方内閣第三会議
・内閣総理大臣:伊藤博文(第二次伊藤内閣)
  1892年8月8日~1896年8月31日
  伊藤博文が、再び、内閣を組織し、陸奥宗光とのコン
 ビで条約改正、日清戦争の遂行をした。
  明治天皇陛下の信任が厚く、詔勅によってしばしば政
 局の危機を乗り切った。
・(氷川清話)伊藤内閣第四会議。
・(氷川清話)品川内相、選挙干渉事件
・(氷川清話)予戒令
・陸軍省陸地測量部(日本陸軍参謀本部の外局)が、5万
 分の1地図の作成を開始した。
 この部は、1888年(明治21年)5月14日に、陸地測量部條
 例(明治21年5月勅令第25号)の公布とともに、参謀本部
 の一局であった位置付けから本部長直属の独立官庁とし
 て設置された(存続:1891年~1898年)
 5万分の1地形図は、1890年(明治23年)から整備が始ま
 り、1916年(大正5年)に全国整備が完了した。
.
1892年、データ:
・日本の総人口:40,508,000人
・紡績工場の数:39
・天然痘の死者:8409人
.
1892年、物価:
・氷1貫目:9銭~14銭
.
1892年、経済・金融・産業・貿易:
・上野不忍池畔で行なわれていた共同競馬会社が経営難の
 ため解散した。
 共同競馬会社主催で、不忍池を周回するコースで行われ
 ていた。
 馬券は発売されず、ギャンブルとしての開催ではなく、
 屋外の鹿鳴館ともいうべき祭典で明治天皇をはじめ華族、
 政府高官や財界人を含む多くの観衆を集め華やかに開催
 された。
 イギリスで競馬は貴族の社交の場であったことをそのま
 ま取り入れた。
 収入は、会費、入場料、天皇陛下からの下賜金、宮内省・
 農商務省・陸軍省からの支援に頼っていた。
 しかし、赤字で、1886年(明治19年)からは一場所二日の
 開催となり、賞金額も減っていった。
 経営難のため1892年の秋場所を最後に終了した。
・長崎半島の西沖合に位置する高島炭坑の南洋井坑が終掘
 した。
 1986年(昭和61年)11月27日、105年にわたる高島炭坑が
 幕を閉じた。
 日本の明治の産業革命の立役者だった。
 日本に、最初に、外国資本と蒸気機関を利用する外国技
 術が導入された最先端の海底炭田を掘る炭坑だった。
 欧米諸国の蒸気船にも石炭補給する拠点だった。
.
1892年、交通:
・碓氷峠でアプト式機関車の試運転をおこなう(群馬)
 横川駅~軽井沢駅間アプト式鉄道に使用するためドイツ
 からエスリンゲン社製C形ワルシャート弁装置付アプト式
 蒸気機関車4両を輸入した。
 東京~新潟間の全線開通を強く望まれる中、急こう配の
 峠越えの方法に難関があった。
 種々の方法が検討される中、視察したドイツのハルツ山
 鉄道を参考にしてアプト式を用いることが提案され、
 1891年2月、最短ルートの中尾線ルートをアプト式で建設
 することが決定された・・そして・・
 1891年3月24日に起工された。
 1892年12月22日、着工より1年9ヶ月という驚くべき短工
 期で、500人あまりの尊い人命が捧げられ、その犠牲者の
 お蔭で工事は完成した。
・日本郵船が、根室国花咲より択捉島への試航に成功した。
 千島航路は、天候の厳しい冬季間、航海途絶し、千島諸
 島の食糧欠乏するため、北海道庁は補助金を出し、試航
 者を募っていた。
 しかし、応募者は無かった・・そこで、日本郵船の創業
 時の会社・三菱会社に対し花咲港~択捉島単冠湾(ヒト
 カツプ)の冬季航海が交渉された。
 そこで、三菱会社は、損益にかかわらず就航したいとし、
 補助金1300円をもって、1892年(明治25年)2月、播磨丸
 (677トン)にて試航し、成功した。
 そして、引継き就航した。
 根室は、日本の領土のオホーツク沿岸地区、並びに、千
 島諸島の中心基地となり、海産物の一大集散地として大
 正末期頃まで釧路を凌いだ。
 また、日本郵船は、北海道より日本領土の樺太に渡る航
 路を開始した。
・大垣停車場構内に、機関車庫が設置された。
・横浜駅に貨物ホームが新設された。
.
1892年、衣:
・雪駄が芸人、洒落者の間に大流行し、また、女物のしゃ
 れた下駄も流行る。
・襟巻に毛糸製品が多くなる(年末から)
・ゴム細工の花かんざしが現る。
・大坂の森田利兵衛がカバン類の口金製造を始めた。
・アメリカからワニ革製品が輸入された。
.
1892年、食:
・アサヒビールが発売された(大阪麦酒会社)
 アサヒビールの創業は1889年。
 鳥井駒吉が大阪府大阪市で「大阪麦酒会社」設立。
 1891年、大阪府島下郡吹田村(現・吹田市)に「吹田村
 醸造所」竣工。
 そして、1892年、「アサヒビール」発売。
 設立当初は「朝日麦酒」ではなく「旭麦酒」と表記され
 ていた。
 1884年(明治17年)からビールを製造していた、小西儀
 助商店からブランド名を譲ってもらったとの説がある。
 大阪麦酒のブランド名「旭」は、1884年(明治17年)から
 大阪で朝日ビールを発売していた薬種問屋の小西儀助が、
 1888年(明治21年)に、鳥井駒吉らの計画を知ると、自
 らビール事業から手を引くことを決め、そのブランド「
 朝日」を設立予定の大阪麦酒に譲り、同社はこれを「旭」
 として引き継いだ、ともいわれている。
 また、小西儀助が大阪麦酒の役人に「もし御入用やった
 らうちの商標を使うておくれやす」と言ったという、大
 日本麦酒大阪支店の大森寅之進の聞書による記録もある。
・安価な支那卵の輸入が始り、内地養鶏は大打撃を受ける。
 支那(当時の中国)からの卵の輸入量は、1921年には、
 日本の国内消費量の32パーセントを占めるまでになった。
 日本政府は、「鶏卵自給増産計画」を立て、官民一体と
 なって取り組んだ。
 その結果、輸入はゼロとなり、国産卵の輸出ができるま
 でになった。
 今・現在は、液卵・粉卵の形で、アメリカ・オランダか
 ら輸入され、殻付き卵の換算で5%前後となっている。
 輸入関税は20%前後。
 (日本の鶏卵業者は善戦している・・しかし、関税がな
 くなれば??となる・・TPPは消えたようだが?)
.
1892年、住:
・東京浅草に陶器製の標札を考案、専売特許をとるものあ
 り、この年、陶器製標札発売。
・箱根電燈所が開業した。
 この年、関東地方初の水力発電所である湯本湯端発電所
 で運転を開始した。
 発電機は三吉電機製で、この発電所は、一時、三吉正一
 の個人所有であった。
 三吉 正一(みよし しょういち、 1853年12月(嘉永6年
 11月)~1906年(明治39年)3月24日)は、明治中期の日
 本の技術者で、日本初の電気機器製造会社である三吉電
 機工場を経営し、電気機器の国産化を図った。
.
1892年、報道:
・新聞創刊、萬朝報(11月1日)を黒岩涙香が創刊した。
 萬朝報(よろずちょうほう)は、明治・大正期の有力新
 聞で・・、
 紙名は「よろず重宝」のシャレから来ている。
 1892年(明治25年)11月1日、都新聞(後の東京新聞)を
 辞した黒岩涙香(るいこう)が東京で創刊した日刊紙。
 「簡単、明瞭(めいりょう)、痛快」をモットーに、黒岩
 の翻案小説、名士の私行摘発(蓄妾(ちくしょう、妾を囲
 っておくこと)実例暴露など)と、キャンペーン(相馬家
 の御家騒動、蓮門教攻撃など)で大衆の関心を集める、
 日本におけるゴシップ報道の先駆者・・、
 権力者のスキャンダルは執拗なまでに追及し、醜聞記事
 でも売り出した。
 「畜妾実例」では、権力者であろうと官吏であろうと妾
 を暴露し、実名年齢や妾の父親の実名職業まで記載した。
 第三面に煽情的な社会記事を取り上げたので「三面記事」
 という語を生んだ。
 低価格政策と相まって、東京第一の発行部数を獲得した。
 日露開戦の気運が高まると、内村鑑三、幸徳秋水、堺利
 彦らが非戦論を展開、注目を集めたが・・、
 1903年(明治36)秋になって、開戦気運が濃くなると「
 萬朝報」も開戦論に転向した、
 内村、幸徳、堺は10月9日社を去った(12日掲載の3名の
 「退社の辞」は有名)
 この頃から、黒岩は、「英文欄」を新設、趣味、文芸、
 科学、思想記事など豊富に掲載したため、学生間に人気
 を集め、読者を増やした。
 大正に入り、憲政擁護運動、シーメンス事件などで反藩
 閥の鋭い論調を張るが・・、
 1920年(大正9)10月、黒岩が亡くなり凋落の道へ、
 1923年9月の関東大震災で被災してから急速に勢威を失い、
 昭和に入ると経営者の交替、社内の分裂相次ぎ、
 1940年(昭和15年)10月、戦時新聞整備計画もあって廃
 刊された。
・議員たち、大臣や役所の悪口は言いたいほうだい。自分
 が言われると告訴とは、なんだ(東京日日)
・衆議院、侮辱する記事を掲載したと、東京日日新聞の告
 訴を決議する。
・政府、予戒令を公布。粗暴の言論、集会の妨害などを禁
 ず(官報)
・民党は、「民力休養・経費節減」を唱え、軍艦建造費な
 どを削除しようとした。
 政府は解散を命じた。
 しかし、この年・2月15日の第2回総選挙で、民党が過半
 数を占める結果となった。
 8月8日、第2次伊藤内閣が成立した。
.
1892年、歌・流行・世相:
・演劇:市村座が新築開場した。
 下谷二長町(にちょうまち)に移転した。
 1932年(昭和7年)5月、焼失して廃座となった。
 1634年(寛永11年)に、村山座として日本橋葺屋(ふき
 や)町に創立された歌舞伎劇場で江戸三座の一つ。
 この座が大道具や絵看板などを始めたと言われている。
 6世尾上菊五郎・初世中村吉右衛門らの若手が時代を掴ん
 だ。
・演劇:三遊亭円朝、「塩原多助一代記」初演
・演劇:三遊亭円朝、「怪談・牡丹灯籠」初演
 (さんゆうていえんちょう、1839年~1900年・明治33年)
 落語家。江戸生まれの江戸人。
 近代落語の祖と言われる。父は落語家の橘屋円太郎。
 師の円生の厳しいいじめが刺激となり、創作を志し、第
 1作「累ケ淵後日の怪談」を高座にかけた。
 1884年(明治17年)、速記術普及のため「怪談牡丹灯籠」
 を速記本として刊行し、以後、次々と円朝の口演したも
 のが活字となって普及し、多くの家庭で読まれ、言文一
 致体小説へ影響を与えた。
 最後は、芸境も高みに達したが、1891年(明治24年)、
 席亭の横暴に抗議して寄席より退いた。
 一時、復帰したが進行性麻痺と続発性脳髄炎のため・・
 61歳で明治33年・1900年に没す。
・帝國通信社が創立された。
 1892年5月に創立された、改進党系の通信社。
 この頃、群小通信社が乱立し、厳しい競争に晒された。
 1929年3月に破産宣告を受けた。
・読売新聞の美人読者投票(十六名媛)
 1892年3月18日、読者投票による「十六名媛」を発表した。
 村松志保子女史は選ばれた一人・・トップ当選だった。
 現在も誇るべき明治の自立した助産師だった。
 女学校・産婆学校を設立した。
 1856年(安政3年)沼田藩御殿医の長女として生まれ、
 男兄弟三人は幼くして亡くなり、女医になる決心をした。
 沼田藩別邸(墨田区)で、父に東洋医学を学び、針術を
 修め、医術の研鑽を深めた。
 安生堂産婆学校を設立し、豊かな教養を身につけた産婆
 育成に尽力し、
 また、安生堂医院では、貧困者に無料施療入院を実施し、
 母子のために保健福祉的な慈善活動を展開した。
・正岡子規、「獺祭書屋俳話」
 獺祭書屋俳話(だっさいしょおくはいわ)は、子規の俳句
 論で士気の俳句革新運動の端緒となった俳論・・先日、
 38年ぶりに対馬で日本カワウソが発見されたが、
 獺祭は、カワウソ(獺)が、捕らえた魚を供物に並べ先
 祖を祭る様を指し、カワウソは捕らえた魚を川岸に並べ
 る習性があり、これを祭儀になぞらえた。
  転じて多くの書物を調べ、引用する人の様を指し、子規
 の命日である9月19日を獺祭忌と呼ぶ。
・森鴎外・小金井喜美子、「美奈和集」
 森鴎外の作品集(森鷗外作・訳)。1892年刊。
 小説「うたかたの記」「舞姫」「文づかひ」の三部作の
 ほか、初期翻訳作品、付録に新声社訳「於母影」を収録
 している。
 後に改定して改訂版は「水沫(みなわ)集」と改題した。
 小金井喜美子(1870年~1956年)は、翻訳家・小説家で
 随筆家・歌人。
 島根県津和野の生まれ、本名はキミ。
 森鴎外の妹で、1881年、東京女子師範付属女学校卒業後、
 東大人類学教授・小金井良精(よしきよ)と結婚。
 翌年、鴎外らとともに訳詩集「於面影」を発表した。
 レールモントフの「浴泉記」の翻訳で知られ、著「森鴎
 外の系族」「鴎外の思ひ出」などがある。
・中江兆民、「四民の目ざまし」
 中江兆民(1847年~1901年)は、明治期の思想家で民権
 運動家だった。土佐藩の足軽の子として生まれ・・年少
 より学に親しみ・・、
 1865年(18歳)、藩給費生として長崎に留学した。ここ
 でフランス学に接し、土佐藩の坂本龍馬に私淑(ししゅ
 く、尊敬する人に直接には教えが受けられないが、その
 人を模範として慕い、学ぶこと)した。
 1867年(20歳)、江戸に遊学し、フランス学を習得した。
 1868年(21歳)、箕作麟祥の塾に学び、大学南校(東京大
 学)でフランス学を講義した。
 1871年(24歳)で、岩倉遣外使節団同行の司法省派遣留
 学生になり、岩倉使節団とともに渡欧し、フランス留学
 で哲学、文学、史学を学んだ。
 1874年(27歳)帰国し、東京番町に仏学塾を開く。
 1875年(28歳)東京外国語学校校長、まもなく辞職し、
 元老院権少(ごんのしょう)書記官をつとめるが、
 1877年(30歳)、元老院を辞した。
 以後、在野で活躍。
 1881年(34歳)、西園寺公望(きんもち)主宰の「東洋自
 由新聞」を創刊し、主筆となった(政府の干渉で廃刊)。
 1882年(35歳)、仏学塾より雑誌『政理叢談』を刊行し、
 西欧近代思想を紹介した。
 ルソー著『社会契約論』の翻訳し、また、注解した「民
 約訳解」の連載は政治青年層に大きな影響を与え、「東
 洋のルソー」と渾名(あだな)された。
 1886年(39歳)、大同団結運動に参加した。
 1887年(40歳)、『三酔人経綸問答』で鋭い政治分析、
 展望を試みた。
 三大事件建白運動に関与、封事を執筆、
 1887年12月(40歳)、保安条例で東京を追放され、大阪
 で『東雲(しののめ)新聞』を創刊して主筆。反政府、
 自由民権の論陣をはる。
 1890年7月(43歳)、第1回衆議院議員総選挙で当選し、
 衆議院議員となり、立憲自由党に加盟、『立憲自由党新
 聞』の主筆となる。
 第一議会の予算問題で、自由党土佐派が妥協したのを憤
 慨し議員を辞職(1891年・44歳)、雑誌『自由平等経綸』
 を創刊する。
 1891年7月(44歳)、小樽の『北門新報』に招かれ、北海
 道の小樽へ移り、小樽初の新聞である『北門新報』を創
 刊して主筆を務める。
 『北門新報』の社主は金子元三郎で、金子は日本へ亡命
 していた朝鮮人革命家・金玉均を介して兆民を紹介され
 たとする説もある。
 1892年(45歳)、『北門新報』は札幌へ進出しているが、
 兆民は『北門新報』を退社すると高知へ赴く。
 1892年1月17日(45歳)、母の柳が死去している。
 1892年2月15日(45歳)、衆議院が解散され、第2回衆議
 院議員総選挙となり、兆民は東京へ向かうと、仏学塾出
 身で長野県五区から立候補した小山久之助・長野県三区
 から立候補した堀内賢郎を応援するため長野県まで赴い
 ている。
 なお、第二回総選挙では小山・堀内両人とも落選した。
 1893年(46歳)、兆民は札幌で「高知屋」を開業する。
 1893年(46歳)大阪に戻り、実業に手を出すが・・結果
 的に実業は失敗した。
 1897年(50歳)、国民党を結成したが不調。
 1900年(53歳)、国民同盟会に参加。
 1901年(54歳)、食道がんを発病、病床で合理主義・唯
 物論の中江哲学の骨格を記した随想集『一年有半』『続
 一年有半』を執筆し、遺稿となった。
 1901年12月13日死去。55歳。
 <著作>『中江兆民全集』全18巻
 <参考文献>桑原武夫編『中江兆民の研究』
・竹越与三郎、「新日本史」
 (たかごしよさぶろう、1865年~1950年、85歳)政治家、
 歴史家。
 「国民新聞」などの記者として活躍。
 西園寺公望らに知られ、雑誌「世界之日本」主筆。
 1902年(37歳)以後、衆議院議員
 1923年(58歳)、貴族院議員
 1940年(75歳)、枢密顧問官と、政友会代議士・枢密顧
 問官などを歴任した。
 著「新日本史」「日本経済史」「二千五百年史」など。
・ 「即興詩人」(作:アンデルセン/訳:森鴎外)
 デンマークの作家・アンデルセンの長編小説。
 アンデルセンが、1833年~1834年のイタリア旅行中、そ
 の芸術と風景に触れ、情熱と市場を掻き立てられ、帰国
 してから書き上げられた(1835年刊)
 自伝的要素を多く持ち、ローマで生まれた主人公アント
 ニオが苦しい修業時代を経て詩人となる。
 即興詩を得意の芸として諸国を放浪する詩人の恋愛と友
 情と成功の物語。
 森鴎外による翻訳が《しからみ草紙》《めさまし草》に
 連載され(1892年~1901年)、その訳文自体が明治浪漫
 主義の代表作とされている。
・指原安三、「明治政史」
 (さしはら やすぞう、1850年~1903年、53歳)、新聞記者、
 評論家、漢学者。
 豊後国臼杵藩(大分県)藩士の子に生まれる。
 幼少時に父を失い、苦学する。
 大阪府巡査を経て上京し、二松学舎、同人社に学び、共
 立学舎幹事となり、漢文を教授。
 機関誌『保守新論』の編集長を務め、国権論を唱えた。
 「明治政史」を刊行した後には、陸軍幼年学校、陸軍学
 校教官を務めた。
・古在由直、「足尾銅山鉱毒研究」
 (こざいよしなお、1864年~1934年、70歳)農芸化学者
 京都出身の東京帝国大学農科大学教授で、後に、東京帝
 国大学総長となった。
 農芸化学的研究のほか、足尾鉱毒事件の学術的調査を行
 い、銅山の銅が土壌を侵していることを証明した。
 助教授時代からの足尾銅山の鉱毒の調査によって、被害
 の原因が銅山にあることを追及し続けた。
 足尾鉱毒事件の発生初期から、鉱毒被害農民の救済の懇
 願と依頼により、同僚の長岡宗好とともに、1890年(26
 歳)初めて、被害原因を科学的に分析し、河水中から銅
 の化合物を検出した。
 (結果は1892年・28歳「足尾銅山鉱毒研究」として「農学
 会会報」16号に発表した)
 1895年(31歳)、ドイツに留学し、牛乳腐敗菌の研究で
 ドイツ学界に名声を得た。
 1899年(35歳)、農学博士
 1900年(36歳)、帰国し、東京帝国大学農科大学教授と
 なる。
 発酵化学の研究で目ざましい業績を残した。
・流行歌:「敵は幾万ありとても」
 敵(てき)は幾万(いくまん)ありとても
 すべて烏合(うごう)の勢(せい)なるぞ
 烏合の勢にあらずとも
 味方(みかた)に正しき道理(どうり)あり
 邪(じゃ)はそれ正(せい)に勝(か)ちがたく
 直(ちょく)は曲(きょく)にぞ勝栗(かちぐり)の
 堅き心(こころ)の一徹(いってつ)は
 石(いし)に矢(や)の立(た)つためしあり
 石に立つ矢のためしあり
 などて恐(おそ)るる事(こと)やある
 などてたゆとう事やある
 小山作之助作曲、
 小山作之助は、1864年に、新潟県(越後潟町村)生まれ、
 1887年(明治20年、23歳)、音楽取調掛(東京芸大音楽学
 部)全科卒業。
 東京府伝習所、東京師範学校、東京盲唖学校などを歴任
 して
 1892年(明治25年、28歳)東京音楽学校助教授
 1897年(明治30年、33歳)から1905年(明治38年、41歳)
 同校教授。
 後、同声会理事長、日本音楽協会初代会長、日本楽器会
 社顧問、文部省検定図書調査委員を務め、後進への面倒
 見がよい先生だった。
 「夏は来ぬ」の作曲家でもある。
・流行歌:「元寇」
 一、(修猷健児)
 四百余州(しひゃくよしゅう)を挙(こぞ)る
 十万余騎の敵
 国難ここに見る
 弘安四年夏の頃
 なんぞ怖れんわれに
 修猷健児あり
 正義武断の名
 一喝して世に示す
 二、(多々良浜)
 多々良浜辺の戎夷(えみし)
 そは何 蒙古勢
 傲慢無礼もの
 倶(とも)に天を戴かず
 いでや進みて忠義に
 鍛えし我が腕(かいな)
 ここぞ国のため
 日本刀を試しみん
 ・・三番、四番は略す・・
 (参考)作詞者と作曲者:永井建子
     永井建子は、日本陸軍軍楽隊士官(男性)
・流行歌:「法界節」
 春風に、庭に綻ぶ梅の花。
 鶯、止まれや。
 あの枝に。
 ささ、ホーカイ。
 そちが囀りゃ、梅が物言う心地する。
 ホーカイ、ホーカイ
 (参考)法界節(ほうかいぶし)は、明治から昭和初期
   にかけて法界屋が門付で、月琴などを演奏しつつ歌
   った曲。
   明治20年代を代表する流行歌だった。
   「ホーカイ」の意味は不明。
   原曲「九連環」の歌詞(中国語)の「不開」という字
   句をふまえるという説もある。
   「法界」は当て字。
・流行歌:「チャクライ節」
 儘になるなら チャンカンポン
 儘になるなら チャンカンポン
 桜の花に レンポンポン
 松の操が チュクライシュ
 松の操が チュクライシュ
 ちょいと持たせたい バラバラボン・・以下、略・・
 (参考)添田唖蝉坊・チャクライ武士/ 土取利行(唄・
    演奏)YouTube
・流行・趣味:メジロ、チャボの飼育
・流行:芸人の雪駄 
 (参考)雪駄:せった、底に皮をはったぞうり。
   後部に鉄片を打ったものもある。席駄(せきだ)。
・流行:パナマ帽子が流行
 (参考)パナマ帽(ぱなまぼう)は、パナマソウの葉を
   細く裂いた紐で作られる、夏用のつば付の帽子。
   日本では戦前、紳士用の正装としてカンカン帽と共
   に夏に愛用されていた。
・流行・生活:美白化粧水、石鹸がバカ売れ
・流行語:菊五郎の「…でガンス」という言い回しが流行
・流行:女義太夫綾之助が人気
 「おんなぎだゆう」の太夫の竹本綾之助は、大阪生まれ
 で、本名石井園(その)。
 10歳で東京・文楽(ぶんらく)座に玉之助(たまのすけ)の
 名で出演。
 稚児髷(ちごまげ)に振袖(ふりそで)姿の愛くるしい容姿
 と達者な語り口で満都の人気を集めた。
 初世竹本綾瀬太夫に師事すると同時に綾之助と改名、女
 義太夫全盛時代のスターであった。
 1898年(明治31年)貿易商の石井健太と結婚、いったん
 引退したが、1908年(明治41年)にカムバック。
 1910年、女義太夫再検討を図って藤菱(ふじびし)会を組
 織したが、
 1927年(昭和2年)秋をもって演奏活動を中止した。
.
  (今日の言葉)
.
 題:池上彰は、巧妙な嘘を言うから、注意を要する・・
.
2世紀、キリスト教で、神が以前より意識され出した。
  そして、神との契約ということが意識され出した。
  そして、最近、キリスト教は、『旧約聖書』をユダヤ
 教の聖書だと言い出した。
  そこには、旧約聖書を積極的にキリスト教の聖書とい
 う言い方をしない・・という意識がある。
  あまりにも、キリスト教の旧約聖書が、近代の進んだ
 社会の理解に当てはまらない・・そぐわないからで・・
  そこで・・
  キリスト教の聖書は、『旧約聖書と新約聖書だ』と、
 かつて言っていた様に言わなくなった。
  旧約聖書が、「都合が悪い聖書」なので捨てようとし
 ている。
  そのうち、「新約聖書も都合が悪くなって捨てるだろ
 う」・・が・・、
  どっちみち、キリスト教は、どうあろうと、論理的に
 成立しない宗教なのだ・・、
  その根幹の宗教論理も、その様な類いなのだ。
  種々の解説書には、また、種々の解説欄には・・、
 「キリスト教の聖書は、旧約聖書と新約聖書からなる」
 と書かれているが、そのうち、この説明は変わることに
 なるだろう。 
  「『旧約』『新約』の『約』とは、神との契約のこと
 で、2世紀頃からキリスト教徒の間で呼ばれ始めた」と
 説明されているが、『旧約』は無くなるだろう。
.
1924年、杉原千畝が、ロシア人と結婚した。
  杉原千畝は、ユダヤ人の方々へビザを発給したと美化
 されているが、
  しかし、杉原千畝には、「ビザを発給する資格が無か
 った」。
  それと、日本は、杉原だけでなく、どこの国の日本大
 使館でも、「ユダヤ人の方々へ、ビザの発給をしていた」。
  何も、杉原千畝だけが、讃美される由縁はない。
  日本のすべてが、「亡国の民」としてユダヤ人の方々
 を強く保護した。
  また、日露戦争で恩義あるユダヤ人の方々へその恩返
 しをした。
  しかし、池上彰は、「日本は、杉原千畝にビザ発給す
 るなと言った」と、テレビで解説だと称して発言した。
  国が、「ビザ発給の資格のない杉原千畝」へ、その様
 な行為は、君には出来ない行為だと言うのは当たり前な
 のである。
  これをキリスト教も利用した。
  キリスト教は卑劣だった、「日本は、三国同盟をドイ
 ツとしていたから、日本は、ドイツと同様に、ビザ発給
 をしなかった」と『二重の嘘』を言った。
 (キリスト教は、杉原千畝がキリスト教徒だとして、嘘
 をついてまでして美化をしたかった)。
  日本は、ドイツのナチスから共同行動をとってくれと
 言われたが、「きっぱりと断り、否定して」、ユダヤ人
 の方々へ、ビザを発給して助けていた。
  池上彰は卑劣である、この様な状況をしっかり説明し
 ないで、日本を貶める言い方をした。
  資格のない杉原千畝の「個人的問題」なのである。
  また、杉原千畝は、ロシア女性と結婚して、このロシ
 ア女性の父親が、ロシア政府の要職に居たことから、情
 報を得ようとした、つまり、杉原千畝は日本のスパイで
 あった。
  杉原千畝は外交官ではない、スパイの職務を持った『
 外務省職員』だった。
  外務省職員で、外交官ではないからビザの発給は出来
 ない立場だった。
  ロシアは、後に、この杉原千畝の本性(スパイ)を知
 って、杉原千畝のロシア入国を拒否するようになった。
  そこで、任務地がリトアニアに代わったのである。
  池上彰は、国民の視聴者の方々へ、間違った発言をし、
 嘘の発言をして、誤解を与えた・・その発言は、テレビ
 で謝罪し、訂正せよ!
  因みに、杉原千畝のロシアでの妻は、杉原千畝にスパ
 イされていた立場ではなく・・、逆に、杉原千畝が、ス
 パイされていた・・という、二重スパイだと言われてい
 る。
.
1945年10月9日、朝日、毎日、読売、東京、日本産業新聞へ
 の事前検閲が開始された。
  これらのGHQによる卑劣な行為は、個人の手紙や電
 信電話にまでおよび・・、
  また、検閲は、隠匿され、日本国憲法施行下にあって
 も強力に実行された。
  卑劣なGHQで・・山本武利は、手紙に進駐軍に残虐
 行為を受けたと書いた人物が、密かにGHQに逮捕され、
 軍事裁判にかけられたという事実を明らかにしている。
 (ただし、検閲に協力した人々の証言がほとんどないた
 めその実態には未解明な部分も多い)
  郵政歴史年表の昭和27年(サンフランシスコ条約の発
 効に伴い日本が主権を回復した年)に、「連合軍による
 郵便物等の検閲廃止」という記載が残されている事から、
 卑劣にも、郵便物にまで検閲を受けていた事がわかる。
  また、江藤淳は、『閉された言語空間、占領軍の検閲
 と戦後日本』という本において、GHQの政策として、
 検閲とプロパガンダ(嘘宣伝)が並立されており、プロ
 パガンダの役割を民間情報教育局が担ったと指摘してい
 る。
.
2009年真夏、民主党は、衆議院議員選挙で地滑り的な勝利
 を収めた。
  そして、「コンクリートから人へ」という・・何か聞
 こえの良い、人当たりの良い、優しそうな・・、
  そして、何か心地のよさそうな「ワンフレーズ表題」
 を掲げて・・政権交代した・・ムードに酔わされた国民
 が居た。
  しかし、その結果を先に記せば、「民主党政権の3年間
 は苦痛の極みだった」・・、
  1年ごとに首相が変わり、わずか3年という短期に合計
 3人の首相の顔が登場した。
  苦しい長い3年間だった・・民主党政治は失敗だった。
  鳩山首相が訪米した時のことが思い出されるが、世界
 が注視するオバマ大統領との記者会見で・・、
  鳩山首相が、「トラスト・ミー Trust me(私を信じて
 くれ)」と言ったとき、オバマ大統領は、一瞬、凍りつ
 き、嫌な顔をし、きまづい雰囲気の両首脳の記者会見が、
 なお一層、程度の低い暗い状況にさらされた。
  世界の記者たちが居並ぶ、眼の前の壇上で、オバマ大
 統領と並ぶ日本の鳩山首相が、何か言いたそうに、もじ
 もじしたから、オバマ大統領も何か言いたいのだろうな
 と、身体を傾け、耳を鳩山首相に近づけた・・その時に
 出た鳩山首相の言葉だった・・「私を信じてくれ」・・。
  その時のオバマ大統領の呆(あき)れた顔が、世界の
 記者たちの目にする所となった・・人間的に完全に「ア
 ウト」の瞬間だった。
  民主党政権がやったことは、結局、財源もないのに無
 理に、「高校を無償化にする」とか、「就学支援金支給」
 とか、甘言の目白押しだった。
  しかし、この民主党の政権になる前の麻生政権は・・、
 2009年度の補正予算で、全国5000棟の小中学校の耐震化
 を目的に2800億円を計上していた。
  しかし、民主党政権に代わり・・この民主党政権は、
 「事業仕分け」なる名の下に、この麻生政権の政策を台
 無しにした、有名無実と化した。
  「コンクリートから人へ」のとばっちりを受けた。
  その結果は悲惨だった。
  それを表わす証拠が、つい先日の2017年8月6日の読売
 新聞が報じていた。
  「小中学校の6割が、避難所に使えない」と報じている。
  つまり、それは、『老朽化対策を実施するのが遅れた
 から』と指摘していた。
  民主党政権が、止めて・・やらなかったからである。
  記事は・・、
  「全国の公立小中学校の校舎や体育館の約6割が、今後
 15年間で、災害時の避難所としては使用できなくなる可
 能性があることが分かった。
  老朽化への対応が遅れているためだが、このところの
 地震や豪雨災害などで避難所の使用頻度は上がっており、
 政府や自治体の対応が急務になっている」・・と報じて
 いる。
  しかし、この民主党政権より強い緊縮政策をとるとい
 う石破氏・・
  景気は縮(ちぢ)んで・・景気が後退し・・不景気が
 来るだろう・・、
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive

[PR]
by suba28 | 2017-08-20 03:10 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)545E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1891年12月~1891年12月)

題:(増補版)545E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1891年12月~1891年12月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1891年12月24日、議会本会議で、私設鉄道買収法案が否決
 された。
  欧米列強に追い付きたいという日本には必要だとして
 建議された私設鉄道買収法案が否決された。
  将来の日本の幹線鉄道路線を決定するため・・、
  政府は、そのための長期計画を立案し、着実に建設を
 行なうための法律、および、資金を得るための公債発行
 の法律が必要・・、
  そして、その幹線鉄道網の一環となる私設鉄道を、政
 府が買収することとした構想の一つが否決された。
1891年12月25日、日本初の衆議院解散。
  民党主張の予算案削減案が可決され、松方内閣は、衆
 議院を解散した(最初の議会解散が断行された)
1891年12月25日、衆議院が解散となったため、鉄道公債法
 案が廃案となった。
1891年12月28日、大隈重信が、立憲改進党に再入党し、代
 議士総会長に就いた。
1891年12月29日、エジソンが、電気的な信号伝送(ラジオ)
 に関する米国特許を取得した。
  因みに、現在、放送されているラジオ方式は、この後、
 また別な発明家が発明したもの。
1891年12月30日、鳥取県淀江町大火(2600戸焼失)
1891年12月30日、文武判任官等級表公布(勅令第249号)
  判任官(はんにんかん)は、明治時代から第二次世界
 大戦敗戦までの官吏の身分上の等級をいい、属官ともい
 う。
  1869年(明治2年)官吏を勅任官、奏任官、判任官に区
 分し、ついで、
  1871年、官等一五の制を定め、三等以上を勅任、七等
 以上を奏任、以下を判任とした。
  判任官については、1886年、および、1911年(明治44
 年)の判任官官等俸給令によって詳細な規定がたてられ
 た。
  判任官は、天皇陛下が官庁に任免を委任するもので、
 高等官(勅任官、奏任官の総称)の下に置かれ、一等か
 ら四等に分けられ、各省大臣、府県知事の権限により任
 免された。
  第二次大戦敗戦後、1946年(昭和21年)公布の官吏任
 用叙級令によって三級官と改称されたが、
  1949年の人事院規則によって廃止された。
1891年12月、法制局長官・尾崎三良『鉄道国有論』刊行
  尾崎三良(おざきさぶろう、1842年3月3日~1918年10
 月13日)は、幕末~明治時代の官僚で、政治家。
  1842年(天保13年)1月22日、山城国(京都市西院)に
 尾崎盛之の第4子として生まれ、
  1862年(文久2年)三条家家臣・戸田造酒の養孫とな
 り、以後、三条実美(さねとみ)の側近としてにつかえ、
 幕末の国事に奔走する。
  特に、三条ら七卿の都落ちに従って、長州から大宰府
 まで同行したが、この時の人脈が、尾崎の官界、政界で
 の同志を形成した。
  1868年(慶応4年)、三条実美の子・公恭(きみやす)に
 したがい、イギリスに留学し、法律を中心に勉学に励ん
 だ。
  これは、後の、法制官僚としてのキャリアにつながっ
 た。
  1873年に、帰国してからは、太政官左院、法制局、参
 事院など、法令実務に携わり、井上毅と並び称された。
  一時、元老院議官に転じたが、再び、政府に入って、
  1890年、参議院議員・・、
  1891年(明治24年)、第一次松方内閣で法制局長官を
 務めた。
  1896年に、男爵を授けられたころから、実業界で尽力
 した。
  しかし、中心となって活動した京釜鉄道建設事業が政
 府主導となる1903年には、自然引退の形となった。
  1918年(大正7年)10月13日、逝去した(77歳)
 ☆:鉄道国有化に関する・・これまでの動き・・、
  日本の鉄道は、創業以来、官設官営を基本方針とした。
  これは、草創期の日本の鉄道行政を頂点に立って牽引
 した井上勝が、熱心な鉄道国有論者であったことが大き
 かった。
  しかし、政府は、財政窮乏により、鉄道をすべてを官
 設官営で建設運営することは不可能で、やむなく、民営
 鉄道に幹線鉄道建設の一部を委ねざるを得ないことにな
 ってしまった。
  そのため、井上は、機会あるごとに、自説の鉄道国有
 論と私設鉄道買収を説き、鉄道国有化法案も、再三、国
 会に提出されたが、井上が退官する1893年(明治26年)
 までにそれが可決されることはなかった。
  政府の財政を窮乏させる原因となったのは、西南戦争
 による過大な戦費支出とともに、清国の軍事費投入の過
 大化に対処する必要性があった。
  これにより、鉄道建設のための予算がなくなり、それ
 までに完成していた京浜間、京阪神間鉄道を民間に売却
 して、その代金により新線建設を行なおうという案まで
 出るほどだった。
  鉄道網速成の方針と、財政窮乏のジレンマが、幹線鉄
 道建設の一部を民間に委ねるという方針転換をさせるこ
 とになった。
  こうして、1881年(明治14年)、日本初の私設鉄道、
 日本鉄道が設立された。
  1883年(明治16年)、井上は、工部卿宛てに意見書「
 私設鉄道に関する論旨」を提出し、この中で、鉄道の用
 途は国道と同様であって、これを民営に委ねるべきでな
 いことを原則とし、民営に委ねた場合に発生する、無用
 の競争や改良努力の怠慢など8項目の弊害を挙げた。
  一方、政府の手厚い保護を受けていた日本鉄道が、当
 然の好調な決算を発表すると、各地で、私設鉄道設立ブ
 ームが起きた。
  1884年(明治17年)阪堺鉄道や、
  1887年(明治20年)の伊予鉄道を皮切りに、
  両毛鉄道、山陽鉄道、水戸鉄道(初代)、九州鉄道(
 初代)、大阪鉄道(初代)などが認可され、
  それまでの官設官営の原則が崩れて、日本の幹線鉄道
 は、官設・私設の両方により建設されることとなった。
  しかし、中には無謀な計画や投資を誘発したものもあ
 った。
  これは、1890年(明治23年)の経済恐慌となってはね
 返り、建設工事の停滞や株式払込みの遅滞、既設私設鉄
 道の経営の悪化を招いた。
  この状況は間もなく回復したが、このような状況の中
 で、1891年(明治24年)、井上は、「鉄道政略に関する
 議」を上申した。
  この上申書で、従来からの鉄道国有論に加えて、既設
 私設鉄道の買収を前面に押し出した。
  そのための私設鉄道買収法の制定が必要であると説い
 た。
  この上申書を契機として、政府は、再三、鉄道公債法
 と私設鉄道買収法を帝国議会に提出したが、いずれも可
 決されず。
  1892年(明治25年)に、買収法案に大幅な修正を加え
 た鉄道敷設法が制定された。
  しかし、これは、予定線建設のために必要がある場合
 のみ、私設鉄道の買収ができ、さらに、議会の協賛を必
 要とする、将来の国有化の可能性をにおわせながらも、
 実際は、予定線の民間による建設を容認するなど、議会
 を構成する私設鉄道の株主でもある華族や資本家、地主
 たちによって骨抜きになった。
  これに憤慨した井上は、翌年・1893年、退官した。
  井上の鉄道国有論に対抗して鉄道民営論を唱えたのは、
 渋沢栄一や田口卯吉、中上川彦次郎、三井や三菱などの
 財界の有力者たちであった。
  資本主義の発展にともなって、鉄道経営が大きな利益
 をもたらすとともに、産業と鉄道との間に密接な関連性
 があることをよく認識された。
  渋沢らが関わる東京経済学協会が1891年に発表した「
 鉄道調査報告書」に掲載された佐分利一嗣の論文では、
 鉄道国有化論に対する反証を一々あげて論じ、「将来の
 鉄道は、私設民営たるべし」という結論を導いた。
  続いて、渋沢らは、1894年(明治27年)に、官設鉄道
 払下計画を立案し、一挙に、理想とする鉄道民営を実現
 させたいとしたが、日清戦争の勃発にともない、計画は
 頓挫した。
  その後、鉄道国有化が政治課題となるのは、1899年(
 明治32年)だった。
  衆議院に「鉄道国有に関する建議案」が提出され、可
 決された。
  調査期間として、首相直属の鉄道国有調査会が設置さ
 れた。
  そして、その報告に基づき、翌年・1900年、鉄道国有
 法案、および、私設鉄道買収法案が帝国議会に提出され
 たが、これも議決されることはなかった。
1891年12月、春木座の新築落成して、四日より開場。
 八百蔵、猿之助、勘五郎、芝鶴らが出演。
  東京都文京区本郷3-14 に本郷座跡というのがある。
  本郷座(ほんごうざ)は、明治初期から戦前昭和まで
 あった劇場で、はじめ奥田座(おくだざ)と言い、次い
 で、春木座(はるきざ)といった。
  本郷座は、1873年(明治6年)7月11日、本郷の地主・
 奥田某が開場させた。
  そして、1876年(明治9年)に、所在地の名を取って
 春木座と改名し、主に歌舞伎を上演し、
  1884年(明治17年)頃には、九代目市川團十郎や五代
 目尾上菊五郎らが出演して活況を呈した。
  1885年(明治18年)から1886年(明治19年)にかけて、
 三田村熊吉の鳥熊芝居を上演した。
  1890年(明治23年)に、本郷大火で類焼した。
  1891年の翌年に、新築開場したが、
  1898年(明治31年)に、また類焼してしまった。
  そして、1899年のその翌年に、再築開場している。
  回り舞台や花道のある大劇場であり、様々な芸能の画
 期となる公演を開いた。
  この明治、大正時代の演劇の拠点になった所は、1902
 年以降は、区名を採って本郷座と改称し、これ以後は、
 新派の川上音二郎一座がハムレットを演じ、盛況を極め
 た。
  新派全盛の原動力となった。
  下町と山の手を結ぶ立地の良さから、東京の六大劇場
 の一つに数えられ、繁栄した。
  しかし、第二次世界大戦の戦災で、跡形もなくなって
 しまった。
.
  (今日の言葉)
.
  題:中国・日本・世界で利権を求める輩たち・・イギリス・アメリカ・・
.
1851年1月、太平天国の乱(たいへいてんごく、~1864年8
 月)
  清朝の中国で起こった大規模な反乱。
  洪秀全を天王とし、キリスト教的組織の太平天国によ
 って起きた乱で、卑劣なことに、2000万人も死んだ。
  この死者のほとんどが民間人という悲惨さだった。
  『長髪賊の乱』とも言われる。
  清朝軍は、イギリスの、卑劣なアヘン(麻薬)売つけ
 で、国や人民が劣化するという非人道的なアヘン戦争で
 消耗していた。
  太平天国軍を平定する力はなかった。
  太平天国軍は、膨れ上がって行った。
  いつもの様に卑劣なイギリスは、裏で絡んだ。
  イギリスは中国の銀を吸収し、手に入れていた。
  1796年~1804年の白蓮教徒(仏教・浄土教の結社)も
 関係した。
  この様な様々な流れの中から生まれた賊軍により構成
 された反乱軍だった。
  匪賊(ひぞく、集団で掠奪や暴行などを行なっていた
 山賊的な賊)も吸収されていた。
  「太平天国」は、「滅満興漢(満州族による政権・清
 朝を滅ぼし、漢民族の世にしよう、復興させよう)」を
 スローガンに掲げる反清朝の民族主義の運動であると共
 に・・、
  「天朝田畝制度」などで、平等社会の実現をめざし、
 満州族の支配と、外国貿易の開始による物価騰貴などに
 苦しむ農民・貧民の心を捉え、大勢力に成長した。
  また、太平天国内では、アヘンの吸引は禁止され、満
 州人の習俗である辮髪も否定され、封建的な纏足の風習
 などもやめることが奨励された。
  また、清朝側は、彼らを長髪族と呼んだ。
  当時は、侮蔑的な長髪族という呼称のほうが一般的で、
 太平天国という呼称が一般化したのは1930年代以降。
  キリスト教に感化していたと言われるリーダーの洪秀
 全は、王宮で女官に囲まれてすごし、次第に統治力を失
 い、若い李秀成などが、軍事面で活躍し、台頭した。
  そして、洪秀全に、かつての様な求心力がなくなり、
 翼王の石達開(せきたつかい、太平天国の指導者の一人)
 も離脱し、太平天国軍は急速に衰退して行った。
  1856年6月、アロー戦争・・、卑劣な事にイギリス・ア
 メリカ・フランス・ロシアは、甘い汁を吸いたいと、衰
 退した清国に戦争を起こした。
  そして、1860年に、清朝政府を屈服させた。
  イギリス・アメリカなどの列強は、清朝を利用し、中
 国での利権を拡大した。
  しかし、民族主義的な太平天国は、この利権獲得に対
 して危険だとするようになり、逆に、その弾圧をするよ
 うになった。
  この外国勢力の欲による離反も、太平天国を弱め、滅
 ぼした。
  アメリカ人のウォードや、イギリス人ゴードンの指導
 した常勝軍や、左宗棠の湘軍(湘勇)や李鴻章の淮軍(
 淮勇)(ともに曽国藩の部下)という郷勇の軍事力が、
 共同して、太平天国軍を攻撃するまでした。
  1864年、洪秀全が病死し、天京が陥落し、鎮圧された。
  この後に、さらに、イギリスなどは、中国を植民地化し、
 侵略した。
  アメリカも、同時に、中国の利権を求めた。
  イギリス・アメリカが植民地化した地域は、中国の大
 都市で、中国市民のの利権を排除して奪って行った。
  ユダヤ系のサッスーン財閥は、中国の利権獲得に功績
 があったと、イギリス政府からイギリス貴族に列せられ
 るほどだった。
.
1938年、中国を支援する輩たち、ソ連から毎年1300万元の
 抗日資金を供与されていた中国共産党。
  しかし、この裏には、狡猾なアメリカが居た。
  アメリカ・イギリスは、ロシア革命を援助したが(ア
 メリカ・イギリスのユダヤ財閥)、
  特に、アメリカの財閥は、ソ連から流出させた金をア
 メリカに持ち帰り、代わりに、アメリカで印刷したルー
 ブル紙幣という紙切れを、ソ連政府と人民に与えた。
  そのアメリカで印刷された紙きれの金(カネ)が、毎
 年の抗日工作費として、中国共産党に供与された。
  この事から、中国共産党は、イギリスが、中国をじゃ
 んじゃん開発して、植民地化しても、何も言わなかった。
  (今・現在は、中国が、国際通貨となった元をどんど
 ん刷って、世界中で配っている・・使っている・・工作
 している)
.
1944年11月、イギリスの植民地担当大臣モイン卿が暗殺さ
 れた・・仇(かたき)を取られた。
  イギリスの厳しい臨検で、第二次世界大戦中に、ボー
 トピープルとして海上をさ迷ったユダヤ人の方々の悲惨
 な話は、非常に多く、ごまんと溢れていた。
  その数々の卑劣な行為の中でも、「ストルマ号事件」
 は、ユダヤ人の方々の、イギリスに対する「恨みと憤り」
 を一層大きく形作った。
  1941年12月、769人のユダヤ難民を乗せ、ルーマニアを
 出港した「ストルマ号」は、イギリスによって上陸を禁
 止された。
  そして、2ヶ月以上も海上をさ迷う運命にされ・・、
 最後には、船は、沈没してしまった。
  ユダヤ人の方たちにとって、この「ストルマ号事件」
 は、イギリスの本性を如実に示す事例として、いつまで
 も忘れることの出来ない事件となった。
  ユダヤの方たちは、この復讐を誓った・・
  「目には目を」・・である。
  1944年11月、当時、カイロに来ていたイギリスの植民
 地担当大臣モイン卿は暗殺された。
  (参考)ナタン・イェリン=モル(シオニズム活動家、
     イスラエルの政治家)は、ウォルター・モイン
     (モイン卿)殺害計画をした1人だった。
      レヒ(イギリス統治領時代のパレスチナのユ
     ダヤ人地下武装組織)は、イギリスからテロリ
     スト集団とされていた。
      レヒは、1944年のカイロにおけるウォルター・
     モイン(駐カイロ英公使)の暗殺をはじめ、
      パレスチナのアラブ人やイギリス人を狙った
     攻撃を行った。
  「ストルマ号」沈没の知らせが入った時、イギリス上
 院のディヴィス卿は、怒って、「イギリス政府は、ヒト
 ラーの政策を助けているのか?」と言った。
  これに対し、クランボーン卿は、イギリス政府の名に
 おいて、次のように答えた・・、
  「この問題は、今日取り挙げない方が賢明というもの
 でしょう・・」・・と・・、
.
1945年8月、戦争が終わった時、日本の供給能力は、戦前の
 2割になっていた。
  8割が失われるという凄(すさ)まじさだった。
  日本経済は、その様な状況から這い上がった。
  しかし、その様な日本に対して・・、
  アメリカ主導のGHQは、なかなか発電所の新設をさ
 せなかった。
  日本の復興・復旧のためには、何より電力回復が必要
 だったのにである。
  アメリカは、日本の復興の足を引っ張った。
.
1945年9月4日、アメリカ軍の進駐によって、神奈川県では
 女学校を休校にすることを指示した。
  (破廉恥な強姦行為を恐れた)
  そして、アメリカの戦後占領政策が始まって行くが・・、
  このアメリカの戦後政策の目指したものは、日本を属
 国(衛星国)とし・・、
  日本を、アメリカの世界支配システムに組み込むこと
 だった。
  そして、半永久的に、日本列島に、アメリカの占領軍
 を配置したいということだった。
  日本を、軍事基地として、半永久的に使用することだ
 った。
  この時から約40年後の・・1983年(昭和58年)11月11
 日のことだが・・、
  日本の中曽根康弘首相は、アメリカのレーガン大統領
 夫妻を、東京の最奥の山の中、日の出村の別荘に招いた。
  何も接待するものさえない様なところで・・、
  囲炉裏の前に、イスもない所に、ただ、笑顔で座って
 いるレーガン夫妻の写真が・・印象に残る。
  その場に似つかわしくない正装姿の夫妻の姿が・・そ
 こにあった。
  その様な時、中曽根首相は、「日本は、不沈空母だ」
 と言った。
  「ゴマすり」なのだろうが・・日本は、敵からいくら
 攻撃されても「沈まない基地だ」という意味だった。
  そして、だから、その沈まない滑走路から、アメリカ
 の為に反撃する戦闘機が発進する・・その沈まない空母
 のようなものです・・と、日本のぎりぎりの貢献の姿を、
 卑屈なまでの表現の仕方で表現した・・そして、日米同
 盟の強固さを、その様な卑屈な言い方で、言った。
  敵から、叩かれても、叩かれても、沈まないという悲
 しいまでの表現で、日米同盟の存立の意義を表現した。
  その心は、卑屈な「アメリカの思う様に、思惑に沿っ
 て行きます」だった。
  日本の求める所は・・本当は・・日米の同盟関係があ
 ろうとなかろうと、日本は、最強の、最新兵器で、強固
 に守られていなければならない。
  国民の『生命』と『財産』が守られていなければなら
 ない。
  強固にヤマアラシという動物が、全身くまなくとげの
 針を出して守っている様に、日本も自力で守られておら
 ねばならない。
  最強・最新の効果ある防衛兵器によって・・、
  『この時のレーガン大統領の礼状』・・・
  1983年12月16日、親愛なる宮岡町長様
  ナンシーと私は、大変短い日本滞在に中に、日の出町
 を訪れる事が出来て大変よろこんでいます。
  私達は、暖かい歓迎を深く感謝します。
  そして、景色のよい町のすばらしい人々の思い出を長
 く忘れないでしょう。
  私達へのステキなプレゼントは、日の出の人々と私達
 が分かち合った友情の思い出となる事でしょう。
  あなたがたの町のハナミズキの木が、私達2ケ国の人々
 の間の歴史的きずなの象徴となることを祈ります。
  あなたがたの心からの好意を大変感謝します。
  ナンシーと私は、あなたとあなたのすべての町の人々
 の永遠の幸福をお祈りいたします。
            ロナルド・レーガン
  そして、『中曽根首相の手紙』・・、
  日の出町皆さん、その後お変わりございませんか。
  先日、日の出山荘で行われました私とレーガン米大統
 領との日米両国首脳会議に際しましては、町をあげての
 心からの御歓迎と御協力をいただき、本当にありがとう
 ございました。
  世界の平和・軍縮・景気浮揚など、広い範囲にわたる
 重要な会談の合間に開かれた日の出会談は、私と妻が主
 催して開いたものですが、レーガン大統領、ナンシー夫
 人ともどもたいへん喜んでくださいました。
  勿論、私とレーガン大統領の二者会談では、日米、及
 び、世界に関する重要な話し合いをいたしました。
  また、大統領ご夫妻は、日本の伝統ある美しい農家の
 たたずまいと、東京近郊外の静かな風情の中での会談は、
 日本の思い出の中でも、とりわけ印象深かったと話し、
 丁重な礼状をいただきました。
  私たちは、囲炉裏の端で、茶の湯や日本酒やお刺身の
 おもてなしをし、ちゃんちゃんこで、ご夫妻にくつろい
 でいただきました。
  私たち日本人の、ふつうの生活のありさまを知ってい
 ただきたかったからであります。
  レーガン大統領は、アメリカ人の健康の面からも日本
 食の普及に強い関心を持っておられました。
  これも、町長様はじめ、町民の皆さんの御理解とご協
 力のたまものと、改めて感謝を申し上げるものでありま
 す。
  日の出町が、この会談を機会に、日本とアメリカの友
 好の象徴の地となり、今後、益々発展されますこと、ま
 た、皆さんの末永い御多幸を心からお祈り申し上げまし
 て御礼の言葉と致します。
  昭和58年12月 内閣総理大臣 中曽根 康弘
.
1989年~1990年、日米構造協議
  アメリカと日本の間で、日米貿易不均衡の是正の名の
 下に・・これを目的として・・1989年から1990年までの
 間、計5次開催された2国間協議。
  1993年に「日米包括経済協議」と名を変え、1994年か
 らはじまる、「年次改革要望書」「日米経済調和対話」
 への流れを形成した。
  この会議に於いて、日本の担当官僚の協議者は、アメ
 リカ官僚に、上から目線で、怒鳴られたり、脅されたり
 しての協議だった。
  結局、アメリカがやりやすい様に日本を改造するとい
 う協議だった。
  そして、「年次改革要望書」「日米経済調和対話」と、
 毎年、毎年、この様なコントロールの状態が続き、アメ
 リカの属州の如くの日本にされて行った。
  アメリカという大きな国の前の日本が「そこにあった」。
  本当は・・日本は・・すべてが自前で揃(そろ)えら
 れる優秀な国なのである・・、
  その揃っているところが「貴重」であり、「優秀」な
 のだ。
  長い歴史の中で・・工夫して、また、苦労して・・で
 きるようになったからだ。
  しかし、このアメリカの圧力の様な外因も一因で、時
 代の経過の中で「匠」と称される人々が居なくなる。
  それと同時に、その匠の方たちの作る物品も無くなっ
 て・・生活の豊かさが失われて来ている。
  歴史のなかで、育まれた「貴重な日本の宝」がなくな
 っている。
  また、外国との経済協定において、外国の低廉品に駆
 逐される・・安いだけの品物に・・、
  「安いのが良いのだ」「安いものが善なのだ」という
 判断スケールを押し付けられる・・、
  長い歴史の中で、育まれ・・やっとできて来た「貴重
 な日本の伝統の技」と「その物品」が失われていく。
  この事例の様に・・自分勝手な判断規準を、押し付け
 て来る国「アメリカ」。
  すべてに供給能力のある日本が・・その揃(そろ)っ
 ているところが優秀なのにだ。
  しかし、その日本の中にあるアメリカの判断基準に合
 わないものが狙われて・・壊されていく・・潰されてい
 く・・(アメリカに合わせろ!と)、
  「日本は規制している」とか、日本の保護策を「アン・
 フェアだ」と言いつのって来る。
  日本のおいしい牛の遺伝子が盗まれたが・・、
  また、酪農に「未来の夢が見いだせなくなった」と言
 う酪農家が自殺したが・・、
  安いだけの物品が・・善であるわけが無い・・
  善の判断基準を・・「自分の好みに作って」「正義だ」
 と押し付ける・・それは間違っている・・正義では無い。
  安いだけで・・強いからと・・その強い物品だけが、
 市場を席巻し、「ある一品だけ」になるという「市場の
 寡占化」が正しい訳が無い・・
  国民の選択肢が限られる・・少ない状況が・・その様
 な姿が・・善であるわけがない・・正しい訳が無い。
  かつては・・干し肉だけを食っているカウボーイのア
 メリカの時代は・・食は・・遠い昔だけにしたい。
  無味乾燥のアメリカ文化を、金科玉条(きんかぎょく
 じょう)にするは・・背筋が寒い・・
  逆に、アメリカは・・豊かさのある日本に学べ!
.
2014年12月17日、日本政府は、アメリカのホロコーストセ
 ンターの行なっている「慰安婦プログラム」に抗議した。
  韓国・聯合ニュースは17日(2014年12月17日)、米・
 ニューヨークのホロコーストセンターが行っている慰安
 婦などに関する講義に、日本政府が「内容が歴史的事実
 と違う」などと抗議したことを伝えた。
  ニューヨークの韓国人団体関係者が明らかにした。
  ホロコーストセンターは、ニューヨーク市立大学クイ
 ーンズボロ・コミュニティ・カレッジの傘下にある。
  問題の講義は、「東アジアの歴史の定義インターンシ
 ップ」というプログラムで、学生に慰安婦や強制労働、
 民間人虐殺といった日本の戦争犯罪を伝えるほか、被害
 者へのインタビューを行い、記録として残す活動もして
 いるという。
  日本側は、先週、同記念館を訪れ、所長から講義の内
 容を聞いたうえで、「歴史的事実と違う」などと主張し
 た。
  また、ホロコーストを後世に伝える目的のセンターが、
 慰安婦問題を取り扱うようになったことにも疑問を呈し
 たという。
  記事は、在米韓国人団体関係者の「日本が米国の地方
 政府関係者と個別に接触しながら慰安婦問題を否定する
 ロビー活動を活発化している」というコメントを紹介し
 たうえで、今回の抗議を「日本が最近、米国政界を相手
 に『慰安婦ロビー』を強化していることの一環」と分析
 した。
  (参考:事実)話は、まったくこの逆なのである。
     元々、韓国・中国が、日本を貶(おとし)める
     活動を行なって来ている事に、今まで、日本は、
     沈黙を守って来た・・しかし、その韓国・中国
     の発言のあまりの酷さに、日本は、正しい発言
     をするべきだと、この様な行動となっている。
.
2017年8月9日、日本の海上自衛隊は、世界最先端で最強。
  ロシアの軍事専門家が、その様に分析した。
  日本国民の『大切な生命と財産』を守っていただいて
 いる自衛隊が、その様な優秀さだと評価されたことは喜
 ばしいが・・しかし、弱点もあると・・
  以下・・その報道・・、
  東シナ海と南シナ海に浮かぶ島の領有権を主張して、
 周辺海域における動きを活発化させている中国は、急速
 に海軍の軍備を増強している。
  中国メディア・今日頭条は8日、「ロシアの軍事専門
 家は、日本の海上自衛隊が、アジアナンバー1だと言っ
 ているが、それは本当なのか」とする記事を掲載した。
  (参考)今日頭条:Toutiao、中国で驚異的な成長をし
     ているニュースのアプリケーション。
      北京字節跳動科技(バイトダンス・テクノロ
     ジー)が運営し、このアプリの名前は、「本日
     のヘッドライン」を意味する。
      会社として記者や編集スタッフを全く抱えて
     いない。
      Toutiaoは、人工知能を活用し他のニュースサ
     イトの記事をキュレーション(インターネット
     上の情報を収集しまとめる)して、配信してい
     る。
  記事は、ロシアの軍事専門家の見立てとして・・
  「日本の海上自衛隊は、世界最先端の海上軍備を持つ
 集団の1つであり、艦船のトン数規模も世界トップレベ
 ルだ」とした。
  また、第2次世界大戦終戦後に、敗戦国として軍備開
 発が制限されるなかで、海上自衛隊は、静かに排水量2
 万トン前後のヘリ空母や、世界最先端の「こんごう」型
 護衛艦、「あたご」型護衛艦、潜水艦、ミサイル艇、揚
 陸艦、掃海艦艇など、各種の艦艇100隻あまりに加え、
 各種固定翼機、ヘリコプターなど160機あまりを有し、
 総兵力は約5万人という軍備を整えていったと伝えてい
 る。
  さらに、海上自衛隊は、対潜能力や掃海能力を非常に
 重視しており、これらが長所となっていると説明。
  日本で生産される通常動力潜水艦は、対艦、対潜能力
 が非常に際立っているとし、その筆頭格として「そうり
 ゅう」型潜水艇のスペック(仕様)について紹介した。
  記事は、そのうえで「ロシアの軍事専門家が、日本の
 海上自衛隊をアジア最強と称するのは、総合的な性能や
 戦力から見れば一理ある。
  しかし、海上自衛隊には、戦略型原子力潜水艦を持た
 ないという欠点がある。
  アジアの中で強くなるためには、大きな不足だ」と評
 した。
.
2017年8月13日、北朝鮮のミサイルは落とせないと、韓国が
 発表した。
  産経新聞、【ソウル=名村隆寛】北朝鮮が、アメリカ
 領のグアム沖に向けた中距離弾道ミサイル「火星12」
 の発射を検討する中、日米韓の3カ国が着々と迎撃態勢
 を整えている。
  韓国軍は、ミサイル防衛(MD)システムによる発射
 の探知や追跡で重大事態に対処する構え。
  韓国軍は自衛隊同様、地対空誘導弾パトリオット(P
 AC3)を保有している。
  ただ、これは、北朝鮮からの短距離ミサイル迎撃を目
 的としたものとされ、グアムを狙った弾道ミサイルの迎
 撃は困難。
  弾道ミサイルを迎撃できるのは、イージス駆逐艦が搭
 載する海上配備型迎撃ミサイル(SM3)だが、韓国海
 軍の駆逐艦にはSM3が搭載されていない。
  このため、朝鮮半島近海での迎撃は、米軍のSM3に
 頼ることになる。
  独自の衛星を保有していない韓国軍が、今回、可能な
 のは、発射直後のミサイル探知と追跡になりそうだ。
  イージス駆逐艦や早期警戒管制機E737、弾道ミサ
 イル早期警報レーダーなどを総動員してミサイルの探知
 に専念し、情報を日米に伝えるとみられる。
  韓国では、北朝鮮の弾道ミサイルに対処する米軍の最
 新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」
 の配備が進められている。
  配備済みは2基で、残る4基も追加配備の予定だが、
 在韓米軍に保管中。
  THAAD配備地では、市民団体の反対で中止が続い
 ていた環境影響評価のための測定が12日、行われ、
  韓国国防省は、電磁波や騒音には問題がないと明らか
 にした。
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領の指示を受け、韓国
 軍は、4基の追加配備を発表済みだが、反対世論を前に
 足踏み状態が続いている。
.
2017年8月13日、池上彰が日本を貶(おとし)める番組(テ
 レビ東京)や、安倍首相への「悪い印象操作」をするテ
 レビ東京の「たちの悪い行為」をした・・、
  テレビ東京、午後7時54分~午後9時54分、番組名「池
 上彰の戦争を考えるSP、「特攻」とは何だったのか」
  日本だけを悪く言い過ぎる番組・・自虐番組・・、
  キリスト教に偏するNHK出身の池上彰が日本を貶め
 た。
  天皇陛下は、基本的に戦争に対して『避戦』であった。
  しかし、池上彰は、この様なことを少しも説明をしな
 いで、戦争を止めようという話に同意しなかった事例を、
 ことさら、それが、天皇陛下のお考えのすべてである様
 に印象操作し、思わせる発言をした。
  まったく、天皇陛下を貶める印象操作を行なった。
  日本国民に対して、天皇陛下の悪印象を持たせようと
 いう悪意ある発言となっている。
  この番組は、この事例の様な様々な事例を、色々取り
 上げて、日本を貶めた。
  そして、日本の悪い所だけをあげつらって、ああだ、
 こうだと、悪印象を持つように言いつのった。
  制作させたテレビ東京もそうだが、この様な番組を、
 金を出して提供する企業の『番組提供の責任』が問われ
 る番組だった。
  日本が、その様に至るアメリカについては全く触れず、
 説明せず、アメリカの非人道的な一般の民間人を、日本
 人を、大量虐殺した大都市や田舎の都市まで含めた、焼
 夷弾の無差別爆撃の悪行為などの事例は、まったく一言
 も触れなかった。
  その行動が起こされる背景のアメリカ側は、まったく
 隠すという偏した番組で、日本を貶めるだけの印象操作
 をした・・公平性の全く無い、公正さの全く無い放送。
  また、テレビ東京は、その後の番組でも、貶める印象
 操作の番組を放送をした。
  番組名「しくじり先生」は、安倍首相の一議員の時の
 事をひたすら取り上げて、安倍首相を悪く印象操作する
 番組だった。
  安倍首相の「首相の時でない一議員の写真」が出る必
 然性は、まったく無いのに、ひたすら安倍首相の顔写真
 を何度も出して、印象付けて放送した。
  この悪い行為を、安倍首相があたかもしたかの様な印
 象操作だった。
  自民党がまったく知識もない劣悪人間を国会議員選挙
 の立候補者にしたという「失敗の連続のお粗末な話」で、
 安倍首相や自民党の悪印象への印象操作した。
  この様に、次から次へとテレビ東京は、日本を貶めた
 り、安倍首相への悪の印象を持たせたりと、貶める番組
 ばかりを放送した。
  提供企業・・
  明治安田生命、ハミング(花王石鹸)、りらくる(株
 式会社りらく)、au(KDDI株式会社)、小林製薬、
 シャドーバーズ(株式会社DMM.comラボ)、朝日新聞、サ
 ントリー、千寿製薬、docomo(NTTドコモ)、ボラギノ
 ール(天藤製薬)、コカ・コーラ(日本コカ・コーラ株式
 会社)
  こんな番組を提供し、後援して、宣伝の目的が果たせ
 るのか・・??
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive



[PR]
by suba28 | 2017-08-17 04:19 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)544E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1891年12月~1891年12月)

題:(増補版)544E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1891年12月~1891年12月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1891年12月15日、ジェームズ・ネイスミス(カナダ、体育
 教育者)が、バスケットボールを考案した。
  この年、ルーサー・ギューリック体育学部長は、授業
 で学生たちに屋内競技の考案を課題として与えた。
  これは、冬季のニューイングランドで、学生たちが体
 を動かせるようにと意図したものだった。
  学生らが提出した様々な案は、ラグビーやサッカーの
 ように身体接触を含み、屋内には不向きのものが多かっ
 た。
  一方で、ギューリックは、ネイスミスが考案した競技
 に興味を持っていて、2週間の期間を与えて、さらに詳細
 を詰めるように指示をした。
  ネイスミスが考え出した競技は、ボールを持ったまま
 走ってはならない、身体接触・衝突をしてはならない、
 競技者の頭上に水平のゴールを置く、競技者はいつでも
 ボールを奪い、得点することができる・・という基本的
 なルールを持った。
  高い位置に水平のゴールを置くことで、得点するには
 力よりも正確さが必要となり、怪我の機会が少なくでき
 ると考えていた。
  この新しい競技は、ラグビー、サッカー、ラクロスが
 ヒントになっていて、
  また、ネイスミスが、少年時代に近所の子供たちとし
 た遊びの要素も入っていた。
  この遊びは、物を置いて、それに石をぶつけるという
 ものだった。
  1891年12月21日、授業で、この競技を初めて行う時、
 たまたま手に入れた桃の籠を、体育館内のバルコニーの
 下に据え付けてゴールとし、サッカーボールを使って1
 チーム9人で行われた。
  競技は、学生の案で「バスケットボール」と名づけら
 れた。
1891年12月17日、鉄道公債法案・私設鉄道買収法案を衆議
 院で審議した(特別委員会に付託)
  1891年11月に提出された内務大臣・品川弥二郎の「鉄
 道政略ニ関スル件」について、
  閣議は、これを修正して、12月14日、第2回帝国議会に
 鉄道公債法案・私設鉄道買収法案として提出した。
  1887年頃~1907年頃は、幹線鉄道の建設を盛んにした。
  地域社会は、みずから資本を調達して、私設鉄道を建
 設する意図をもつ例も少なくなかった・・が・・
  しかし、計画に対して開業にいたる比率ははなはだ少
 なかった。
  この理由は、地域社会における資本蓄積が、まだ、十
 分でないためだった。
  軽便鉄道や馬車・人車鉄道を除いて、その他の鉄道建
 設投資は、巨額な資本投下を必要とし、鉄道建設を行な
 うには、無理があった。
  しかし、その必要性は十分理解されていたため、多く
 の地域社会は、幹線鉄道のルート決定に際し、みずから
 の地域に有利なルートを採択させたいと努力した。
  翌年・1892年に、鉄道敷設法が公布され・・、
  わが国における幹線鉄道網の将来像が画かれ、かつ、
 帝国議会を通じて、地域社会の意志が鉄道建設に反映し
 て行った。
  この動きは活発化して行った。
  1891年11月に提出された「鉄道政略ニ関スル議」は、
 長文の文書で要点は2つあった・・、
  第1:将来の日本の幹線鉄道路線の決定
  政府は、そのための長期計画を立案し、着実に建設を
 行なうための法律、および、資金を得るための公債発行
 の法律が必要。
  第2:幹線鉄道網の一環となる私設鉄道を、政府が買収
 すること。
  政府は、井上勝(いのうえまさる)の建議に基づいて、
 鉄道公債法案と私設鉄道買収法案を、1891年12月、衆議
 院に提案した。
  しかし、「政府の私設鉄道の買収案」は否決され、「
 幹線鉄道路線計画案」は、議決に至らないうちに、衆議
 院は解散されてしまった。
  そして、翌年の1892年5月に、改選された帝国議会で、
 政府は、上記の2法案を、再び、提案した。
  衆議院議員の中からも、「鉄道拡張法案」、あるいは、
 「鉄道敷設法案」の名称で、各地の鉄道建設を促進する
 法案が独自に提案されたりした。
  政府の提案は、これらと折衷され、1892年6月21日、
 「鉄道敷設法」(明治25年法律第4号)として公布され、
 日本の大発展の礎となった。
  政府のしっかりした意思と計画(ビジョン)が示され
 た。
1891年12月18日、田中正造代議士が、足尾銅山の鉱毒問題
 に関する質問書を、衆議院に提出し、政府に対策をせま
 った。
  これは、銅山の開発により、排煙、鉱毒ガス、鉱毒水
 などの有害物質が、周辺環境に著しく影響をもたらすと
 いう日本で初めての公害事件だった。
  田中正造が中心となって、国へ問題提起するものの、
 加害者の決定がなされなかった。
  足尾地区では、江戸時代から銅は採掘されていたが、
 江戸時代前期をピークとして、産出量は低下し、幕末に
 は、ほとんど廃山の状態となっていた。
  明治になり、民間払い下げで、1877年(明治10年)に、
 古河市兵衛の経営となった。
  採鉱事業の近代化を進め、1885年までに、大鉱脈が発
 見され、足尾銅山は日本最大(東アジア一)の鉱山とな
 った。
  そして、銅は、日本の主要輸出品の一つとなった。
  (足尾銅山は、日本の産出量の1/4を占めた)
  それとともに、鉱毒ガスや、それによる酸性雨により
 足尾銅山近辺の山は禿山となり、
  山林の無くなった山地は崩れやすく、崩落・崩壊し、
 山崩れとなった。
  鉱毒を含んだ土砂は、渡良瀬川を流れ、下流で堆積し
 た。
  また、流出する土砂は、天井川となって洪水を起こし、
  流出する鉱毒は、鮎などの川魚を大量死させた。
  周囲一帯には、鉱毒ガスに満ちた。
  農産物は枯死し、廃村となる村も出た。
  対策工事は行われて、一定の効果はあるものの、
  技術のまだ未発達の当時は、その原因の根本である鉱
 毒ガスの無害化は出来ず、根本解決には至らなかった。
  1973年(昭和48年)に至り、足尾の銅は掘り尽され、
 閉山となり、公害は減少した。
  (精錬所は、1980年代まで操業し、鉱毒は流出した)
  鉱毒への闘い:
  鉱毒被害地の農民は、明治30年の1897年、大挙して東
 京へ陳情した(当時は「押出し」と言った)
  世論が高まると、政府は、同年・1897年3月、足尾銅山
 鉱毒調査委員会を設置した。
  そして、数度の「鉱毒予防令」を出した。
  特に、政府の行なった大規模なものは、1897年5月の第
 3回の予防令で・・、
  古河側に、排水の濾過池・沈殿池と堆積場の設置、煙
 突への脱硫装置の設置を命令した。
  これらは、どれもが、数十日の期限付きで、一つでも
 遅れた場合には『閉山する』という厳しいものだった。
  古河側は、当時、珍しかった電灯などを活用して、24
 時間体制で工事を行ない、すべての工事が期限内に完成
 することができた・・が・・
  すべての鉱毒(二酸化硫黄=亜硫酸ガス、銅イオンな
 どの金属イオン、鉛、カドミウム・・)の除去には至ら
 なかった。
1891年12月21日、鉄道買収法案審査特別委員会が開かれ、
 自由党の石田貫之助が、国有反対の意見を述べた。
  また、この日、九州鉄道会社は、下等旅客運賃の値上
 げを申請して(認可された)
1891年12月21日、日本鉄道会社が、23日までの3日間、東京
 帝国ホテルにて、『東京~青森間全通式』を挙行した。
1891年12月21日、ジェームズ・ネイスミスが考案したバス
 ケットボールの試合が、初めて行われた。
1891年12月22日、東京商業会議所が、私設鉄道買収に関す
 る請願書を提出した。
1891年12月22日、海軍大臣の樺山資紀が、海軍省経費削減
 反対の蛮勇演説を行なった。
  衆議院にて、薩長藩閥政府の正当性と功績を力説・
 高揚し、また、民党批判を行ない、反感を買い、議場は
 混乱した。
  1891年11月、第1次松方内閣が、翌年(1892年)の予算
 案を帝国議会へ提出したが・・、
  これは、海軍艦艇建造費275万円・製鋼所設立費225万
 円を含む、前年度比約650万円増となっていた。
  この予算案に対し、民党は、前の第1次山縣内閣時から
 の主張である「民力休養・政費節減」を継続した。
  そして、海軍内の綱紀粛正がなされなければ、予算は
 認められないなどとした。
  そして、海軍艦艇建造費・製鋼所設立費を含む約800万
 を削減した予算改定案が提出された。
  海軍要求を無視するこの改定案に、樺山海相が反論し
 た。
  民党側議員は猛反発し、議場は大混乱した。
  この後、民党は、政府への反発を強め、衆議院で改定
 案を原案とする予算案が可決された。
  このため、松方正義首相は、12月25日に、初めて衆議
 院解散を行なった。
1891年12月22日、東京・京橋の広告社が、探偵業務の広告
 を出した(5月21日説あり)
  1891年5月21日付けの当時の『朝日新聞』に、帝國探明
 會という企業が・・、
  「詐欺師や盗人の所在を調べる。他人の行動調査を実
 施する」との広告を出した(国立国会図書館の蔵書にて
 確認)
.
  (今日の言葉)
.
  題:中国は、世界を繰る、海外を広報戦略するために、
   膨大な金を使っている・・膨大な予算を投資している。
.
1773年12月16日、ボストン・ティーパーティ事件(ボスト
 ン茶会事件)
  アメリカのマサチューセッツ植民地のボストンで・・、
  イギリス本国議会の植民地政策に憤慨した植民地人の
 急進派人々が、
  港に停泊中の貨物輸送船に侵入し、イギリス東インド
 会社の船荷である紅茶箱を海に投棄し、抵抗した。
.
1774年3月、ボストン港閉鎖を含む「耐えがたい諸法」と呼
 ばれる『弾圧法』をイギリスは出した。
  イギリスは、ボストン茶会事件の報復で・・
  ボストン港を封鎖し、
  さらに、強圧的諸条例を制定し、
  植民地のアメリカ側を屈服させようとした。
  「ボストン茶会事件の報復として、イギリスは・・、
 1774年3月、茶会事件の損害1万5000ポンドを弁償するま
 で、ボストン港を閉鎖する」とした。
  ボストン市民は、これを拒否し、
  マサチューセッツ住民やほかの植民地住民もこれに同
 調し・・大陸会議を結成して抵抗した。
.
1785年5月20日、アメリカで「交有地条例」ができた。
  アメリカが独立した当時・・、
  アメリカの領土は、アパラチア山脈の東側、大西洋岸
 一帯の約40万平方マイルに過ぎなかった。
  しかし、これが、1783年のパリ条約で、北はカナダ、
 南はフロリダ、西はミシシッピ川に至る・・88万9000平
 方マイル以上の、二倍となった。
  そして、自分たちに都合の良い「土地法」を制定した。
  1785年の『交有地条例』と、1787年の『北西部領地条
 例』。
  この交有地条例は、1785年5月20日にできた法律で、ア
 メリカ合衆国の連合会議で採択され、連合規約で規定さ
 れた。
  1781年に発足した連合会議は、合衆国の住民に直接課
 税して歳入を上げる権限を持たなかった・・
  そのため、この条例の目的は、アメリカ独立戦争でイ
 ギリスから得たと決めた(勝手な決定)、
   まだ、地図も出来ていない西方の広大な領土を売却
 して、現金を得ることにあった。
  また、北西部領地条例は、1787年に、アメリカの大陸
 会議によって制定された西部の政府組織法で・・、
  この年(1787年)、フィラデルフィアの合衆国憲法制
 定会議で起草された連邦憲法とあわせて、アメリカの基
 本法となった。
  独立戦争の結果、アメリカ領土となったオハイオ川以
 北の(いわゆる旧北西部地方)を、いくつかの地域に分
 け、
  まず、大陸会議の任命した総督による統治、
  次に、自由成人男子人口が 5000人に達したとき議会を
 設けて准邦 (州) となり、
  さらに、自由住民が6万人に達し、共和制に基づく憲法
 を制定することにより、独立 13邦 (州) と対等な邦 (州)
 として連邦への加入が認められる、という連邦への段階
 的加入を規定した。
  なお、3年後、南西部領地条例が制定され、「北西部領
 地条例が全西方領土に適用される」ことになった。
  勝手な法律を勝手に決めて、領土は自分のものとした。
.
1787年9月17日、アメリカ合衆国憲法は、1787年9月17日に
 作成され、1788年に発行され・・
  現在、機能している世界最古の成文憲法だと言って、
 自慢げに説明されているが・・、
  奴隷については、『容認していた』。
  (人権無視の遅れているアメリカ)。
  1865年に、やっと、修正された・・、
  「修正13条(1865年)第1節:奴隷、または、その意に
 反する苦役は、当事者が適法に有罪判決を受けた犯罪に
 対する処罰の場合を除いては、合衆国、または、その権
 限の及ぶいかなる場所においても存在してはならない」
 となったが・・しかし・・まだ・・
  奴隷の存在は認められ・・、
  そして、逃亡した奴隷が自由になれるどころか、元の
 所に戻さねばならないとした・・、
  (奴隷状態に戻さねばならないとして)・・、
  (奴隷状態のままにしなければならない)とした。
  卑劣である・・奴隷制度を容認している。
  キリスト教聖書が、奴隷制度を容認しているが、
  アメリカ憲法も、奴隷制に対して違和感が無く、容認
 した。
  アメリカの北部政権は、リンカーンを記念堂に祀り(
 祭り上げ)、さも、リンカーンが、奴隷解放宣言をした
 から、黒人奴隷が解放されたというロジックで、『嘘の
 プロパガンダ』をしている。
  そしてまた、悪いのは、アメリカ南部のプランターの
 経営者たちだと、罪を擦り付けているが・・これは真っ
 赤な嘘。
  北部・資産家たちも、安価な労働力を得たいと、黒人
 の方々の奴隷労働力を利用していた。
  アメリカは、国全体で黒人の方々を虐(しいた)げて
 いた。
  今・現在でも、北部も南部も黒人の方々を差別し、虐
 げている。
  「北部は、黒人の方々を差別していない」なんて言え
 る状態ではない。
  アメリカは、皆、一緒くたに黒人の方々を虐げ、そし
 て、差別している。
.
1791年~1810年、アメリカにおいて、白人による、黒人の
 方々への差別行為に対しての「抵抗行動」が、この頃、
 ピークに達した。
  アメリカで、地歩を固めて来た黒人の方々は・・、
 特に、自由黒人の方々は・・、
  黒人のための独立の教会を作ったり、黒人のための学
 校を建てたりした。
  キリスト教会は、卑劣にも、白人の為のキリスト教会
 の立場で、黒人の方々を排除していた。
  黒人の方々は、このキリスト教会や、映画館、レスト
 ラン、学校、ホテル、喫茶店など、あらゆるところで差
 別され・・、
  ホテルなど入ることを拒否され、拒(こば)まれてい
 た。
  海水浴場でさえ差別され、「白人専用海水浴場」とい
 う低劣な差別の状況だった。
  これらの改善を求め、黒人の方々は行動した。
  そして、差別行為に抵抗し、白人の力に対抗した力に
 よる対立にも発展した。
  しかし、この力による抵抗行動を、アメリカの白人た
 ちは、「黒人暴動」と表現した。
  そして、歴史書に「黒人暴動起きる」と差別的に記し
 た。
  この白人たちが記す「黒人暴動だ」とされる黒人の方々
 の抵抗行動のピークは、1791年~1810年だった。
  1800年8月の「ゲイブリエル・ブロッサーの蜂起」は、
 大規模な抵抗行動だった。
  この蜂起は、1000人とも、10000人とも言われ・・、
  武装した黒人の方々も居て、また、奴隷の身分の黒人
 の方々も居た。
  しかし、アメリカ軍によって鎮圧されてしまった。
  この黒人の方々の勇気ある栄光の行動が影響を与えた。
  アメリカの隣国のハイチにおいて、1803年に、奴隷の
 方々の抵抗行動が起き、その抵抗行動が成功し、黒人の
 方々による共和国が誕生した。
  そして、このハイチの成功は、この後、ラテン・アメ
 リカの方々へも勇気を与え・・、
  ラテン・アメリカ諸国を席巻する植民地解放闘争へと
 発展した。
  奴隷の方々の解放への戦いは、国際的な広がりの時代
 をもって行った。
  アメリカの黒人の方々の解放要求は、この様な国際的
 にも奴隷解放行動へ『良い影響を与えた』。
.
1865年4月15日、リンカーンが暗殺された。
  リンカーンには、殺される理由があった。
  アメリカは、その理由をはっきり言わない。
  リンカーンの名声を形成している「奴隷解放」は、リ
 ンカーンは行なっていない。
  アメリカは、本音を、真実を隠している。
  真実は、黒人の方々が、自らを解放をして行った。
  そこには、黒人の方々を導びく黒人のリーダーが居た。
  アメリカ白人社会は、卑劣な事に、黒人の方々のこの
 栄光の行動=この事をひたすら隠した。
  しかし、隠しきれずに、黒人の方々のこの部分の歴史
 が、少しづつ、白日の下になって来ている。
  黒人の方々は、白人キリスト教徒に、劣悪な状態の元
 に置かれた・・そして、自らの歴史を残すことが、でき
 にくくされた。
  しかし、その歴史が掘り起こされて来ている。
  黒人の方々は、解放されたいと努力して来た。
  それは、黒人の方々が皆が望む事だった。
  みんなが努力して来た。
  それが、長い虐げの後に、解放へと動き出してきた。
  黒人の方々を解放させようとする黒人のリーダーの方々
 もいた。
  可哀想にも、殺された黒人のリーダーの方々も居た。
  その様な歴史は、アメリカ白人社会はすべて闇の中へ
 と隠した。
  歴史が変遷し、黒人の方々が解放される、解放されね
 ばならない段階へと来た・・その時、たまたま、リンカ
 ーンが黒人解放の宣言をした。
  しかし、このところだけにスポットライトを当てて、
 脚光を浴びせさせた。
  そこだけを明るくしたので、さもリンカーンが黒人解
 放をしたように見えた・・その様にしたのだから当然な
 のだが・・、
  黒人の方々は、地道に、自らの解放をする努力を積み
 重ねて来ていた。
  その最後に、リンカーンが、「すごろく」の「あがり
 者」のごとく、そこに居て、奴隷解放をしたように見え
 た・・見させた・・
.
1938年秋、中国の上海に、ドイツ・オーストリア系ユダヤ
 人が流入した・・、
  ナチスが、オーストリアを合併した1938年秋、イタリ
 ア商船コンテ・ビオレ号から上海に逃れて来たユダヤ人
 の方々だった・・最初の方々だった。
  この上海に避難して来たユダヤ人の難民の方々を保護
 したのが日本軍であって、ファシスト中国=国民党では
 ない。
  ましてや、中国共産党では、まったくない。
  日本は、ユダヤの方々を「亡国の民」として大切に保
 護した・・日露戦争の恩人でもあった。
  (日本人は、受けた恩を忘れない)
  故に、上海の日本租界にあるユダヤ人避難民の方々の
 歴史的記憶遺産は、日本軍が、人道的な貢献をしていた
 記念すべき遺構で、世界的な大切な遺産である。
  この様な理由から、中国の上海にあるというだけであ
 って、中国共産党とは、まったく無関係・・、
  デッチアゲタ南京事件の記念館を作るより、史実のこ
 のユダヤ人難民ゆかりの歴史的記憶遺産を、日本軍の人
 道的貢献を讃えて、後世に残すべきである。
  世界遺産として讃えるべき人物は、、まず、人道的に
 接した日本軍兵士の方々、そして、その様に指導された
 昭和天皇陛下・・、
.
1947年7月11日、ユダヤ人を乗せたエクソダス号が出航した。
  しかし、ユダヤ人の難民の方々・4530人を乗せたこの
 満載の秘密移民船『エクソダス1947号」は、イギリス軍
 によって拿捕(だほ、とらえること)された。
  そして、強制的にフランスのマルセイユに返され・・、
  そして、マルセイユで下船を拒否したユダヤ人の難民
 の方々は、ドイツのハンブルグへ輸送され、
  ドイツのイギリス隔離地区の収容所に入れられてしま
 った。
  しかし、この模様が、逐一、ラジオで全世界に伝えら
 れ、ユダヤ人の方々へ、熱い同情が集まった。
  イギリスは、当然、世界中から、また、西欧諸国の大
 非難を浴びた。
  イギリス国内からでさえも、この難民船強制送還行為
 に多くの反対意見が起きた。
  この後の、国連パレスチナ分割決議への心情的な推進
 力となった。
  このイギリスの破廉恥な行為・エクソダス号事件は、
 映画「栄光への脱出」のモチーフとなった。
  この経緯は・・、
  ベン・グリオンは、パレスチナに到着すればそれでよ
 し、
  失敗してもキプロスの収容所に行けるという両面作戦
 で、大型船を使った数千人単位の移民を計画した。
  (参考)ダヴィド・ベン=グリオン(1886年10月16日
     ~1973年12月1日)は、イスラエルの政治家。
      首相(初代・第3代)を務めた。
       ポーランドのプロニスクで生まれ、
       パレスチナ移住後は、ユダヤ系住民のイギ
      リス軍への参加を呼びかけた。
       また、ナチスの弾圧によって多くのユダヤ
      系難民が、パレスチナへ押し寄せる様になる
      と、これを阻止しようとするイギリス当局と
      折衝した(難民の受け入れをする様にと行動)
       1947年に、国際連合が、パレスチナ分割を
      決議すると、メナヘム・ベギンらが率いるイ
      ルグンなど過激強硬派のテロや反発を抑えな
      がら、独立への準備を進めた。
       1948年5月14日、イスラエルは独立宣言した。
  このベン・グリオンの計画に基づいて、5000人収容可
 能な老朽客船・ウォーフィールド号が用意され、マルセ
 イユに入港した。
  ここでウォーフィールド号は、「エクソダス号」と名
 を改めて、
  4515人の難民(ほとんどが、ナチの強制収容所の生き残
 りの方々であるドイツ系ユダヤ人)を乗せると、
  1947年7月11日、フランスの出港禁止命令(卑劣にもイ
 ギリスが圧力をかけていた)を無視して、パレスチナへ向
 かって出港した。
  しかし、港を出たとたんに座礁した上に、出港翌日に
 は、巡洋艦1隻、駆逐艦6隻からなるイギリスの艦隊(第
 二次世界大戦後では最大の艦隊行動)に捕捉された。
  そして、一週間後、パレスチナ沖22マイルの公海上で、
 イギリス駆逐艦が、エクソダス号に体当たり攻撃をかけ、
 臨検を強行(国際法の違法行為)した。
  イギリス兵は銃撃までした。
  これに対し、難民の方たちは、空き缶や腐った野菜を
 投げつけて応戦した。
  三時間の戦闘で、アメリカ人の船長を含め、三人の犠
 牲者を出したが、難民の方々の抵抗は、臨検隊を海に叩
 き込んだ。
  しかし、体当たり攻撃で、浸水していたエクソダス号
 は、やむなく降伏した。
  難民の方たちは、三隻の船に分けられた後、パレスチ
 ナを離れた。
  三隻は、キプロスの収容所には寄らず、まっすぐマル
 セイユへ向かった。
  フランス政府は難民受け入れを表明した。
  しかし、病気の数人を除き、難民の方たちは、「船を
 下りる場所はパレスチナのみである」と、下船を拒否し
 た。
  マルセイユで、24日間、頑張った。
  しかし、あきらめた三隻は、難民を乗せたまま出港し
 た。
  しかし、イギリスは、ハンブルグに誘導した。
  ここで、難民達は強制的に下船させられた。
  そして、リューベックの収容所に入れられた。
  ナチの手から逃れてきたユダヤ人の方々を、再び、ド
 イツの収容所に入れた。
  ここで、ユダヤの方々へ理解を示していなかったアメ
 リカやヨーロッパ諸国は、イギリスを非難し、ユダヤ人
 の方々へ理解を示すようになった。
  しかし、この後も、イギリスは、ユダヤ人の方々へ、
 厳しい対応を続けた。
.
1952年1月18日、この日、突如、韓国の李承晩大統領が、何
 ら根拠のない、海洋主権宣言なるものを行なった。
  そして、漁船立入禁止線(いわゆる李承晩ライン)を
 主張しはじめた。
  この結果、日本の領土の竹島が、韓国の支配下にある
 とされ、一方的に宣言された。
  1952年のこの宣言から1965年(昭和40年)の日韓基本
 条約の締結までに・・、
  韓国軍は、ラインを越境したという理由で、日本漁船
 を328隻も拿捕した。
  そして、日本人44人を死傷させた(死亡者数は不明)
  また、3,929人を拉致し、抑留した。
  韓国側からの、日本の海上保安庁巡視船への無謀な銃
 撃等の行為は、15件にもおよんでおり、16隻が攻撃され
 た。
.
1953年(昭和28年)1月12日、韓国政府が、急に、主張し始
 めた「李承晩ライン」・・このライン内に出漁したとし
 て、この日、日本漁船を徹底拿捕をはじめた。
  これ以後、日本漁船の拿捕や、卑劣な銃撃行為が相次
 ぐ様になり
  日本の漁業従事者に、死傷者が、多数、出る事態とな
 った。
  同年・1953年2月4日には、第一大邦丸事件が発生した。
 済州島付近で、同船の漁労長が韓国側に銃撃を受け死亡
 した。
  また、日本人漁師の瀬戸重次郎氏が殺害されたりした。
  同年・1953年4月20日には、韓国の独島義勇守備隊(
 日本領の竹島を、韓国は独島と名付けた)が、竹島に、
 初めて駐屯した。
  1953年6月24日、日本の水産高校の船舶が、違法占拠す
 る韓国の独島義勇軍守備隊に拿捕された。
  1953年6月27日、日本の海上保安庁と島根県が、日本の
 領土の竹島の調査を行った。
  そして、「日本島根県隠岐郡五箇村」の領土標識を建
 てた。
  そして、竹島に、勝手に住み着いていた韓国の漁民6名
 を退去させた。
  すると、1953年7月12日に、竹島に上陸して違法占拠し
 ていた韓国の獨島守備隊が、日本の海上保安庁巡視船「
 へくら」に、90mの距離から機関銃弾200発を撃ち込むと
 いう蛮行がなされた。
  以後、領土欲しさの韓国は、事実を捻じ曲げて、鬱陵
 島の警察官約40名を、日本領・竹島に常駐させた。
  そして、日本の艦船の排除をはじめ、日本の艦船の接
 近に対し武力行使している。
  また、竹島の西島に、韓国人夫婦を定住させた。
  そして、韓国軍は、毎年、竹島(独島?)防衛訓練を
 行って、事実作りをしている。
  当然、日本政府は、この韓国による竹島の実効支配に
 抗議をしている。
  しかし、韓国側は、「竹島(独島?)は、韓国固有の
 領土である」と言い出し、「内政干渉だ」と言い出した。
.
1953年2月4日、第一大邦丸事件(だいいちだいほうまるじ
 けん)
  この日、公海上(済州島沖20マイルの農林漁区第284漁
 区の海域)で操業中であった福岡の漁船『第一大邦丸(
 57トン)』、及び、『第二大邦丸(57トン)』が、
  韓国の漁船『第一昌運号』、及び、『第二昌運号』(
 各約55トン)を利用した韓国海軍によって銃撃された。
  そして、拿捕された。
  この際、第一大邦丸漁撈長であった瀬戸重次郎氏(34歳)
 が被弾し、殺害された。
  この時、日本には、対応する軍事力が無く、
  その為、不利な状況で、屈辱的な交渉をするしかなか
 った 。
.
2013年3月8日、中国は、海外を広報戦略するために、膨大
 な金を使っている・・膨大な予算を投資している。
  世界中に、膨大な金で、中国の刷り込み、洗脳、プロ
 パガンダをしている。
  櫻井よしこ氏は、2013年3月8日の産経新聞で、次の様
 に記した・・、
  「中国の対外広報予算は、年間1兆円。
  日本外務省は、200億円にも満たない(中国の100分の
 2以下)」。
  中国は、この膨大な予算を使って、アメリカやヨーロ
 ッパの大学やシンクタンクに金を配る。
  その結果、中国研究者が増える。
  中国への親しみと中国の歴史観の受容と理解が深まる。
  日本研究者の数が先細りし、日本の価値観や考え方へ
 の理解者が減り続けているのと対照的となっている。
  中国は、全世界に孔子学院を創設中。
  また、2012年鋳、中国版CNN「CCTVアメリカ」を開
 いた。
  本拠地をワシントンに、スタジオはニューヨークに置
 いて、中国人は極力表に出ず、キャスターは、アメリカ
 人にして、だが伝える情報は中国の視点に基づくもの。
 (後略)
.
2015年12月、日米開戦から七十数年、一冊の回想録が刊行
 された。
  ジョージ・ナッシュ氏が編集した・・フーバー大統領
 の回想録『Freedom Betrayed(裏切られた自由)』
  ここには、大東亜戦争の歴史の書き換えを迫る重大な
 記録が含まれていた。
  1000頁近くにも及ぶこの大著を、いち早く読破し、そ
 の重要性を指摘されている中央大学客員教授の稲村公望
 氏。
  まず、アメリカ大統領のルーズベルトが、日本を戦争
 に引きずり込んだ事が、明確に裏付けられていると・・、
  フーバー大統領死去から、47年の歳月を経て刊行され
 た同書は、
  フランクリン・ルーズベルト大統領を厳しく批判して
 いて、同書の刊行は、いわゆる「東京裁判史観」の間違
 い、そして、清算のきっかけになるほど重大な意味を持
 つと・・、
  フーバーは、回想録の中で書く・・、
  「私は、ダグラス・マッカーサー大将と、1946年5月4
 日の夕方に三時間、5日の夕方に一時間、そして、6日の
 朝に一時間、二人だけでで話をした。
  私が、日本との戦争のすべてが、戦争に入りたいとい
 うルーズベルト(狂人と称している)の欲望であったと
 述べたところ、
  マッカーサー司令官も同意し、
  また、1941年7月の金融制裁は、挑発的であったばかり
 ではなく、その制裁が解除されなければ、自殺行為にな
 ったとしても戦争をせざるを得ない状態に日本を追い込
 んだ。
  ルーズベルトのやった制裁は、殺戮と破壊以外のすべ
 ての戦争行為を実行するものであり、
  いかなる国と雖(いえど)も、品格を重んじる国であ
 れば、我慢できることではなかったと述べた」・・と・・、
  これまでも、チャールス・A・ビアード博士らが、第
 二次世界大戦の責任は、ルーズベルトにあると主張して
 来ていた。
  また、ルーズベルトは、はっきり戦争になるとも言わ
 れ、忠告されていた・・、
  対日石油禁輸において、ルーズベルト大統領から意見
 を求められたスターク海軍作戦部長は、
  「禁輸は、日本のマレー、蘭印、フィリピンに対する
 攻撃を誘発します。
  そして、直ちに、アメリカを戦争に巻き込む結果にな
 るだろう」と述べられていた。
  しかし、ビアードらの主張は、「修正主義者だ」とし
 て、無視された。
  これ等の事により、ルーズベルトの責任は、明確に示
 され・・、
  そして、フーバーは、明確に書いた・・、
  「ルーズベルトが犯した壮大な誤りは、1941年7月、
 つまり、スターリンとの隠然たる同盟関係となったその
 一カ月後に、日本に対して全面的な経済制裁を行ったこ
 とである」と・・、
  そして、また、書いた・・、
  「その経済制裁は、弾こそ撃っていなかったが本質的
 には戦争であった(アメリカの宣戦布告であった)。
  ルーズベルトは、自分の腹心の部下からも、再三にわ
 たって、そんな挑発をすれば、遅かれ早かれ(日本が)
 戦争を始めざるを得ないことになる・・と警告を受けて
 いた」
.
2017年7月25日、産経ニュース<速報>加戸守行前愛媛県
 知事がスバリ指摘 「前川喜平氏は想像を全部事実のよ
 うに発言している。精神構造を疑う」
  「メディアは報道しない自由、印象操作は有力な手段」
  参院予算委員会で(7月)25日、加戸守行前愛媛県知事
 が、自身の発言を報道しないメディアや「行政がゆがめ
 られた」と主張する前川喜平前文部科学次官に矛先を向
 けた。
  文部官僚として官房長まで務めた加戸氏は、前川氏の
 先輩に当たる。
  自民党の青山繁晴氏は、学校法人「加計学園」(岡山
 市)の獣医学部新設計画を審議した10日の閉会中審査
 について、朝日新聞や毎日新聞などが「ゆがめられた行
 政が正された」などの加戸氏の発言をほとんど報じなか
 った経緯を踏まえ「加戸さんがいなかったがごとく扱わ
 れた。
  メディアや社会の様子をどう考えるか」と加戸氏にた
 だした。
  加戸氏は「メディア批判をして勝った官僚、政治家は
 誰一人いない。せんないことだ」としたうえで「報道し
 ない自由があるのも有力な手段、印象操作も有力な手段。
  マスコミ自体が謙虚に受け止めていただくしかない」
 と皮肉った。
  さらに加戸氏は「あえて申し上げなければならない」
 と、問わず語りでテレビ取材を受けた際の出来事を披露
 した。
  加戸氏の説明によると、取材は、事前に前川氏を取材
 した映像を見せながら加戸氏に見解を問う形式で行われ
 た。
.
2017年、アメリカのキッシンジャーは言う、「戦争に敗け
 た国の取る道は二つある・・と・・
  一つの道は・・目先の利益と安全保障を、安易に、ま
 た、楽に得たいと、占領軍に服従するコラボレーショニ
 スト(利敵協力者)となること」と・・、
  (戦争に敗けて、バンドワゴン方針をとった日本は・・
 これだ・・と・・間接的に示唆する)
  (参考)バンドワゴン:Band wagon、行列の先頭の楽
     隊車のことで、「バンドワゴンに乗る」は、時
     流に乗る・多勢に与する・勝ち馬に乗るの意味。
  (参考)collaborationism:利敵協力(りてききょう
     りょく、英: collaborationism)とは、占領下
     にある地域において行われる、被占領者による
     占領者への協力行為のこと。
  因みに、、キッシンジャーが言うもう一つの道は、「
 ゲリラになってでも、戦い続ける道」・・
  前記の道は、せっせと服従し、恭順の意を示していな
 ければならない・・日本もその様に・・なった。
  しかし、この道は、国家の最も大切なレジティマシー
 (正統性)を失う。
  (参考)レジティマシー(legitimacy)
     1.(法律的な)正当性。
      法的な根拠を持っていること。
     2.(政治的な)正統性。
      統一的な根拠を持っていること。
  敵国だった占領軍が押し付けてきた憲法や法律、行政
 制度、教育制度、歴史解釈などを・・敗北した国は、「
 道徳的に劣等な国」なのだから、またそして、戦勝国は、
 「道徳的に優越した正義の国なのだから」・・という尺
 度を、解釈を、使わせられ・・(結局、最後は、その様
 に思い込まされてしまった日本人・・NHKも、せっせ
 とこの道の洗脳に手を貸した)、
  そして、この様な屈辱的な状況に置かれた国民は、「
 占領軍の言いなりになっているだけの似非(えせ)国家」
 と思うようになる・・
  この様な事を、思いもつかない国民も・・多く居るが・・、
  外見は、「立派な独立国」「経済大国」に見えても・・?
  国民は、属国に過ぎないと・・まともな国民は思い・・
  そして、モラール(士気・気概・競争心)を失い、士
 気を失い、国への忠誠心をも失って行く・・
  そして、キリスト教は国歌斉唱に反対し、国旗掲揚に
 も反対する・・、
  そして、利己的な自分さえ良ければ良いになって行く。
  国防意識も失う。
  敗戦後の日本のコラボレーショニスト・レジーム(隷
 属体制)意識は、この様な経緯で作られて行った・・、
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive

[PR]
by suba28 | 2017-08-09 16:33 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)543E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1891年11月~1891年12月)

題:(増補版)543E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1891年11月~1891年12月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1891年11月21日、第二通常議会が召集された。
  帝国議会(ていこくぎかい、「議会」もしくは「国会」
 と略称される)は・・、
  明治天皇陛下による詔勅「国会開設の詔」(1881年10
 月12日)を経て・・、
  1889年(明治22年)2月11日の大日本帝国憲法(明治憲
 法)発布によって、議会は開かれた。
  議会は、公選の衆議院と非公選の貴族院から成ってい
 た・・そして・・、
  1890年11月29日、第一回議会が開会され・・、
  1891年5月6日、第一次松方正義内閣が成立した。
  松方内閣は、積極財政方針を掲げて、精力的な働きを
 したが・・、
  成立の時から、野党から「二流内閣」と言われた。
  内閣の成立直後に、大津事件などの不幸な事件もあっ
 た。
  そして、そのことによる、主要閣僚が辞意を表明する
 などの・・事態が起きた。
  重要閣僚を欠く内閣ともなり、また、清国の不穏な動
 きの中にもあった。
  その対策の重要案件、日本の防衛問題という重要な討
 議の必要性もあった。
  1891年11月26日に開会した第二議会に、軍艦建造費の
 案件が提出され・・また・・
  製鋼所設立費を含む予算案、鉄道敷設法案などが提出
 された。
  (2017年の今・現在、不穏な動きをする北朝鮮動向に
 対する重要な討議の必要性があるが、野党の架空政治家
 たちは、加計学園問題にかこつけて、まったくこの重要
 案件から逃避している)
  これに対して、自由党・立憲改進党などの民党は、民
 力休養を主張した。
  そして、新規事業の多くを否決、予算の約1割削減を要
 求した。
  この間、軍艦建造費をめぐり樺山資紀海相が、厳しく
 必要性を説く「蛮勇演説」を行った。
  このこともあって、政府と民党の対立は激化し、衆議
 院は空転した。
  松方は、やむなく12月25日に、初めての衆議院解散を
 決断した。
  そして、翌年・1892年2月15日に、第2回衆議院議員総
 選挙が行われた。
  この第2回衆議院議員総選挙では、内務省(品川弥二郎
 内相、白根専一次官)による選挙干渉が行われた。
  これは、死者まで出る事態となった。
  (参考)この選挙干渉について、実際は、複雑な経過
    を辿っている・・が・・、
     解散の2日後に、松方正義首相と品川内相が、相
    次いで府県知事に内諭(ないゆ、表沙汰にしない・・
    さとし)を出して、暗に、政府系の候補者に対し
    て便宜と票の取り纏めを依頼した。
    (戦前には、後の政党内閣期も含め、こうした要
    請が、しばしば行われた)
     この直後に、松方・品川・白根に加え、平山成
    信書記官長・小松原英太郎警保局長・大浦兼武警
    保局主事らによる選対本部が、極秘に組織され、
    政府系候補への選挙支援策が協議された。
     だが、実力行使を含めた選挙干渉を指示した命
    令類はない・・発見されていない。
     逆に、複数の知事から政府に対し、民党進出を
    阻止するために、警察力の行使を求める意見が寄
    せられている。
     このことから、選挙干渉の発案が、内務省側な
    のか、府県知事側の突き上げなのかについては明
    らかとなってはいない。
     ただ、選挙初期から各地で支持者同士の揉め事
    が起きていて、そこに実力による介入の余地はあ
    る。
     各地で、民党候補、及び、支持者と警察との衝
    突が発生し、自由党が強い高知県で政府公式発表
    で死者10名・負傷者66名という流血の惨事が発生
    した。
     この他、全国で25名の死者が出た。
  この様な事態に、伊藤博文や、陸奥宗光農相らから強
 い批判が出された。
  1892年3月、品川内相が辞任した・・さらに・・、
  1892年5月、召集の第3特別議会では、選挙干渉に関し
 内閣弾劾決議が採択された。
  1892年7月、元改進党副総理の河野敏鎌法相が、内相を
 兼任、選挙干渉に関与した内務次官、知事らを免官した。
  このことから、首相の指導力の欠如もあって、閣内対
 立が表面化し・・、
  1892年7月30日、総辞職され・・、
  1892年8月8日、この日に成立した第二次伊藤内閣に引
 き継がれた。
1891年11月26日、第二回帝国議会の開院式が挙行された。
1891年11月27日、山陽鉄道会社が、旅客運賃改訂を申請し
 た(12月2日認可)
1891年11月、歌舞伎座にて、新作「太閤軍記朝鮮巻」が上
 演された。
  第四幕の朝鮮王子らが捕らえられるくだりは、朝鮮公
 使の抗議を受け入れ、その一幕が削られた。
  そして、「義経腰越状」が加えられた。
  この逆のパターンについて、元寇の時、朝鮮は日本を
 攻め、日本の対馬の女性を強姦したり、拉致したりした。
  しかし、この様な逆の場合の配慮はなされたのだろう
 か?
  要求することばかりの国のように感じるが・・?
1891年11月、伊井蓉峰・水野好美らが、済美団を起し、浅
 草公園の吾妻座にて開演した。
  女優として千歳米坡も出演した。
  1888年12月、自由党壮士・角藤定憲が、中江兆民の勧
 めにより、「大日本壮士改良演劇会」と銘打ち、大阪の
 新町座で、自作の小説の脚色『耐忍之書生貞操佳人』と、
 大井憲太郎の大阪事件を脚色した『勤王美談上野曙』を
 上演した・・新派劇の最初。
  ・・ついで・・、
  1891年2月、川上音二郎が、藤沢浅二郎らと、堺の卯の
 日座で、矢野龍渓原作『経国美談』と、板垣退助の遭難
 事件の劇化『板垣君遭難実記』を上演。
  川上も、自由党の壮士で、初め自由童子の名で政治演
 説をしたり、時事風刺のオッペケペー節を歌ったりして
 いたが、やがて同志を集めて一座を結成した。
  技芸未熟なうえに、脚本、演技、演出なども歌舞伎模
 倣の域を出なかった。
  しかし、粗野生硬ながら、青年らしい熱気にあふれた
 動作やせりふ回しが、観客にはかえって新鮮なものとし
 て映り、「壮士芝居」「書生芝居」とよばれ、人気を集
 めた。
  川上一座は、同年・1891年6月に、東京・中村座に進出
 し、成功を収め、東京に地歩を築いた。
  この川上に刺激されて、新演劇を企てる者が多く現れ
 た。
  同年・1891年11月、伊井蓉峰は、演劇改良論者・依田
 学海の後援を得て、「済美館(せいびかん)」を結成し、
 政治色の薄い純粋の演劇運動として「男女合同改良演劇」
 の名のもとに、学海作『政党美談淑女之操』ほかを東京・
 浅草の吾妻座で上演した。
  この時、もと葭町の芸妓・千歳米坡(ちとせべいは、
 1855年~1913年)を出演させて、近代女優の嚆矢(こうし、
 物事のはじめ)とした。
1891年12月7日、朝鮮へ、日本公使が、防穀令の損害賠償を
 求めた。
  朝鮮咸鏡道で防穀令が出され、この事で損害が発生し
 たが、このことに対し、在朝鮮の日本公使が、損害賠償
 を要求した。
  朝鮮王朝 (李朝) の穀物輸出禁止をめぐる日朝対立事
 件 (1889年~1893年) が起きた。
  1879年に百万円、1895年に1千万円、1904年には3千万
 円を超えるという日朝貿易の規模と拡大だった・・、
  この「日朝貿易」という利便性が働いているときは、
 両者にとって良いが、この時、朝鮮には、凶作という事
 情があった。
  また、日本は、国内産業が成長して、欧米製品輸出か
 ら、日本製品の輸出に、徐々に切り替わって行ったが、
  朝鮮産業は未熟で、朝鮮からの輸出品は、日本向けの
 米と、大豆ぐらいで、あとは、金での決済が中心だった。
  (貿易収支の改善策が取れなかった朝鮮側の事情もあ
 った)
  そして、この時、朝鮮は、食料的に行き詰ったため、
 咸鏡道(かんきょうどう)観察使(地方行政監察のため
 の官職)の趙秉式は、1236年(高宗 20 (83) 年)の日韓
 通商章程第 37款に基づいて、古い時代の条例で輸出禁止
 令を発布した。
  しかし、担当地方官の手落ちで、予告期間も不足し、
 これらが原因で紛糾した。
  これらの為、日本商人に14万7000円の損害が発生した
 ため、損害賠償要求が出された。
  この問題は、両国間の外交問題に発展して行った。
  交渉は、当初から難航した・・、
  伊藤博文が、清の李鴻章に斡旋を依頼し、これにより、
 1893年4月、11万円の賠償と大石公使の召還で妥結された。
1891年12月13日、近衛司令部条例が改正された。
  近衛都督を近衛師団長とした。
  1872年(明治5年)4月16日に、「近衛条例」を制定し、
 御親兵掛を廃止し、「近衛局」を置いた。
  そして、8日後の1872年4月24日に、天皇陛下に直隷す
 る近衛都督の下、御親兵を改称した壮兵からなる「近衛
 兵」が創設された。
  宮城警備とともに、鎮台に設置された鎮台兵をも指導・
 訓練する役目も担った。
  (参考)近衛都督(このえととく):1872年に近衛条
    例が制定され、親兵が近衛と改称され、
     各地の鎮台が、陸軍卿の権内におかれた政府軍
    であるのとちがい、新設の近衛の総指揮官である
    近衛都督(初代山県有朋、2代西郷隆盛)が、天皇陛
    下に直隷された。
.
  (今日の言葉)
.
  題:金にものを言わせた印象操作が、盛んに行われている・・
.
1587年6月7日、豊臣秀吉が、島津を攻略し、箱崎(博多)
 に凱旋した。
  日本の施政者としての豊臣秀吉は、初め、キリスト教
 の布教活動に対して寛大さを示した・・しかし・・
  しかし、キリスト教宣教師たちの不穏な動きを知り、
 部下に確認させたところ、種々の不埒(ふらち、道理に
 はずれ不届きなこと)な行動が確認され、しっかり認知
 されるに至った。
  また、鹿児島の島津征伐に九州を転戦するうちにも、
 そのキリシタンたちの不埒な、また、不穏な行動の実態
 をしっかり確認もした。
  (日本の女性・娘たちの人身売買までしていた)
  (参考)島津は、1587年(天正15年)5月8日に降伏し、
     秀吉は、6月7日に、箱崎(博多)に凱旋した。
  秀吉は、キリスト教宣教師たちに質問した・・、
  「なぜ伴天連たちは、地方から地方を巡回して、人々
 を熱心に煽動し、強制して宗徒とするのか?」
  「今後そのような布教をすれば、全員を支那に帰還さ
 せ、京・大阪・堺の修道院や教会を接収し、あらゆる家
 財を没収する」と・・、
  また、更に、秀吉は・・、
  「なぜ伴天連たちは、神杜仏閣を破壊し、神官・僧侶
 らを迫害し、彼らと融和しようとしないのか?」と詰問
 した。
  神杜仏閣の破壊、焼却は、高山右近や、大友宗瞬など
 のキリシタン大名の領地で、大々的に行なわれていた。
  秀吉の質問に対し、キリスト教宣教師たちは答えるこ
 とが出来ず、また、誠実な対応も見えなかった。
  秀吉からの詰問に対し、コエリヨの反応は、極めて傲
 慢で、狡猪な、高をくくった返答だった。
  高山右近を初め、多くのキリシタン大名たちは、コエ
 リヨを牽制(けんせい、ある行動によって相手の注意を
 引きつけるなどして、相手の自由な行動をおさえ妨げる
 こと)をした・・、
  しかし、そのキリシタン大名らの制止を聞き入れず・・、
  宣教師らは、反って、長崎と茂木(現:茂木町)の要
 塞を強化した。
  (キリスト教宣教師たちは、日本の植民地化の一面の
 使命を持っていて・・軍事基地を保持し、強化した)
  それで、長崎などを要塞化し、武器・弾薬を増強し、
 フイリピンのスペイン総督に援軍を要請した。
.
1775年4月19日、レキシントン・コンコードの戦い
  アメリカ独立戦争が始まる契機となったこの戦い・・
  アメリカとイギリスとの間に、戦いが起きた。
  イギリス軍が、ボストン北西に位置するコンコードに
 あった「アメリカ植民地民兵部隊の武器庫」の接収作戦
 を実施した。
  これに反発すべく動いた植民地(アメリカ)民兵隊と
 武力衝突が起きた。
  レキシントンとコンコードで、イギリス軍と民兵隊の
 あいだで、激しい戦闘が行われ、植民地軍は、イギリス
 軍を撃破した。
  規模は小さいながら、アメリカの独立戦争の緒戦を飾
 るものだった。
  アメリカの黒人の方々は、「奴隷状態を解放されて、
 自由が得たい」と、個人で、また、集団で、逃亡行為を
 行なった。
  そして、逃亡して軍隊に加わり、独立戦争の戦闘に参
 加した。
  この独立戦争における大きな戦闘で、黒人の方々が参
 加してない戦闘は一つもないほどに活躍がなされた。
  コンコード、バンカーヒル、タイコンデローガ、ブー
 ンズボロ、サラトガ、ヨークタウン・・などなどの戦闘
 で、黒人兵士は、白人兵士もおよばないほどの勇敢さで
 戦った。
  (参考)1775年6月17日、バンカーヒルの戦い:
     アメリカ独立戦争初期ボストン包囲戦中に起こ
    った大陸軍(アメリカ軍)とイギリス軍の戦闘。
     大陸軍はイズラエル・パットナム将軍が、イギ
    リス軍はウィリアム・ハウ将軍が指揮した。
     この戦いは、独立戦争で2番目の戦闘だった。
     1775年6月13日、ボストンを包囲していた大陸軍
    の指導者達は、イギリス軍の将軍たちがボストン
    市内から部隊を出して、市を取り囲む丘を占領す
    る作戦を立てていることを知った。
     この情報に反応し、ウィリアム・プレスコット
    の指揮する1200名の部隊が、密かにバンカーヒル
    とブリーズヒルを占領し、
     ブリーズヒルには、土盛りの堡塁を造り、チャ
    ールズタウン半島の大半にわたる防御を施した前
    線を築き上げた。
     この後に、戦いは激しく行われた。
     この様な戦いで、黒人の方々が必死で戦ったが、
    白人は、この黒人の方々の功績を過小評価し、
     また、この様な歴史を検証することなく隠した。
     黒人の方々の歴史は隠されて行った。
     近年、この様な黒人の方々の功績の歴史が明ら
    かにされて来ている。
     そして、この様な白人の卑劣な歴史が、明らか
    にされて来ている。
.
1937年6月27日、戦争回避の御前会議
  盧溝橋事件(1937年7月7日)の10日前、天皇陛下は、
 日中の極度に高まっている緊張状態を憂慮され、この
 一触即発の日中関係を緩和しようと、前例のない御前会
 議を開かれた。
  天皇陛下は、首相に就任したばかりの近衛秀麿と、華
 北工作の中止を唱えていた外相の広田弘毅と、参謀本部
 作戦部長の石原莞爾(かんじ)らを集められた。
  天皇陛下は、メンバーの知略をまとめ、避戦をしたい、
 戦争を避けたい、それができると、この会議を開かれた。
  しかし、内大臣の湯浅倉平や、元老の西園寺公望らへ
 伝えた段階で、中国側の発砲という事態で、盧溝橋事件
 が発生してしまった。
  日中戦争の回避の大きなチャンスが逸(いっ)せられ
 てしまった。
  (盧溝橋事件は、日本側の発砲とされていたが、日本
 は濡れ衣を着せられていたが、近年、中国側の発砲とい
 う真実が判明なされた)
  不拡大論の石原は、突き上げられ立場は悪くなってし
 まった。
  やむなく、3個師団の出兵を承知せざるを得なくなっ
 た。
  中国の蒋介石も、「ドイツの和平仲介を断わる」とい
 う強硬論であった。
  日本にあった「全面戦争などしたくない」という状況
 が、この様な状態から、ずるずると引きずり込まれて行
 く状態であった。
  この陰に、アメリカの中国への支援があった。
  戦後、毛沢東主席は、訪中した日本の政治家や元軍人
 に対し、「日本軍が、国民政府軍(蒋介石軍)と戦って
 撃破してくれたお蔭です。感謝したい」と言った。
  日本側メンバーに、その様に発言した毛沢東だった。
  毛沢東の共産党軍にとって、国民政府(蒋介石)打倒
 が最優先だった。
  日本は、中国の現政府の共産党軍とは戦っていない。
  現政権の中国・共産党軍は、戦勝国でも何でもない。
.
1937年7月7日、盧溝橋で軍事衝突(日華事変)
  盧溝橋事件の日本の汚名が晴れた・・
  中国の金振中が盧溝橋事件の真実を吐露した・・白状
 した。
  金振中は、中国軍の大隊長で、「日本軍の計画的犯行
 だ」と中国側が主張していた盧溝橋事件が・・『そうで
 はない』と白状した。
  『中国軍の発砲により始まったのだ』と言った。
  局地的な小さな紛争をデッチアゲて、大きな全面戦争
 へと拡大してしまった。
  この様な事実が知れると、中国(共産党政権)は、そ
 れまでの言い方を変えて来た。
  中国の国定教科書の嘘記述も書き換える必要がある。
  南京事件も慰安婦問題も、この様にでっち上げられて
 いる。
.
2010年3月、TBSテレビの東京放送ホールディングスが、
 2010年3月期連結決算で赤字に転落した。
  原因は視聴率の下落・・
  この金に行き詰まった以降、TBSには外資が入り、
 その時から、偏向放送が多くなって行った。
  外資(外国資本)に繰られ易い放送局になっている・・
  今・現在(2017年)、種々、『印象操作的な政局番組』
 を行なって、あまりの酷さに、世間の批判を受けている
 が、この様な番組が、視聴率を稼げると言っている不埒
 な放送局となっている。
  自分の懐具合(ふところぐあい、所持金の額や金回り
 の状態)を優先する放送局となっていて、国を売る放送
 局となっている。
  公(おおやけ)では、TBSの外国株主は11.3%とな
 っているが・・しかし・・、
  大株主は、日本マスタートラスト信託銀行株式会社、
 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社で、1位と2
 位の大株主となっているが・・、
  実際は、この2社は、信託業務の一環として株を保有し
 ているだけで、実際の株主は「外国株主となっている」。
  また、議決権のない株の外国株主もいる放送局。
  種々の形をとっている「これ等の外国株主」を入れる
 と、完全な違法状態となっている。
.
2017年7月28日、青山繁晴、倒閣運動に絡めた八つ当たりへ
 の反論・・、偏向報道が横行する組織構造
  https://www.youtube.com/watch?v=Cf5CJAjWc2w
  某銀行の現役銀行員の意見:
  (安倍政権以前の)バブル崩壊以降、日銀の腐った金
 融政策、歴代政権の、的外れな景気対策の乱用などによ
 り、20年以上、デフレから脱却できず、日本経済は低空
 飛行を続けて来ましたが、
  安倍政権の政策と、日銀の、連携した金融政策の改善
 などによって、企業収益や雇用などが回復し、ようやく
 日本経済に光が見えてきたところです。
  このまま安倍政権を支え続けて行くことが、日本にと
 って、何よりも国益であると判断する事が合理的であり、
 妥当でしょう。
  ところが、森友や加計などの、くだらない「でっち上
 げ報道」で、安倍政権は深刻なダメージを食らってしま
 いました。
  さっそく、ポスト安倍が話題になっておりますが、
  石破氏は、緊縮と増税派で、民主党政権より悪いです
 し、現行の政策を継承できそうな国会議員も見当たりま
 せん。
  従って、今、安倍政権を失えば、金融市場参加者は、
 日本に失望して、全面的に「失望売り」です。
  せっかく回復しかけた日本経済が、再び、失速してし
 まうでしょう。
  つまり、今の日本は、安倍政権の維持こそが、国益で
 あり、国民の命と財産を守るための、現実的で妥当な手
 段となる構造になっていると思います。
  国会議員は、国民の命と財産を守ることが責務です。
  すべての国会議員に、この状況を認識してもらいたい
 ですし、国民にしっかり知らしめて戴きたいものです。
.
2017年7月、TBSテレビ「ひるおび!」は、偏向した番組
 だ。
  報道の自由と言いながら、政府批判ばかりしている。
  連日の報道で、世論操作を狙っている酷い番組。
  また、同じことを繰り返し、洗脳的に世論操作ばかり
 している。
  重箱の隅を楊枝で突っつく様な「いやらしさのある番
 組」。
  また、伊藤惇夫コメンテーターは、稲田防衛大臣(女
 性)の「つけまつげが大き過ぎる」と、程度の低い人格
 攻撃までする。
  提供企業は・・、
  ミキプルーン(三基商事株式会社)、
  バズキルーペ(プリヴェAG株式会社)、
  セコム(セコム株式会社)、
  (チューリッヒ生命)、
  ポリデント(グラクソ・スミスクライン・コンシュー
   マー・ヘルスケア・ジャパン株式会社)、
  積水ハウス株式会社、
  タケダ(武田薬品工業株式会社)、
  au(KDDI株式会社)、
  dポイント(株式会社NTTドコモ)、
  BIGMOTER(株式会社ビッグモーター)、
  LOTTE(株式会社ロッテ)、
  ソフラン(ライオン株式会社)
  大正製薬株式会社、
  株式会社サカイ引越センター、
  ウナクール(興和株式会社)、
  オートバックス(株式会社オートバックスセブン)、
  味の素株式会社、
  チョコラ(エーザイ株式会社)、
  株式会社バンダイナムコエンターテインメント、
  GODA(高砂熱学工業株式会社)、
  小林製薬株式会社、
  バイクオー(株式会社バイク王&カンパニー)、
  東海銀行(三菱東京UFJ銀行)
  ロート製薬株式会社、
 こんな番組を提供して、逆宣伝になっている。
  (参考)次の様な声もある。 [桜H29/7/14]
  https://www.youtube.com/watch?v=pIgpdwubRVw
  負けるな安倍政権!
  メディアと反日勢力による倒閣運動を許すな!
.
2017年、(庶民の声ー1):最近、朝日・毎日・TBSあ
 たりの捏造報道が露骨になってきた気がする。
  それを批判されると外国人特派員協会に焚き付けて海
 外メディアにも放火を始める。
  青山議員と愛媛元知事のやり取りは、ついに報道しな
 かった。
  もはやジャーナリズムの体をなしていない。
  (庶民の声ー2):愛媛県の元知事の国会証言や青山
 議員の糾弾は立派で正論です。
  多くの国民は同意と思います。
  よって、四国の鳥インフルエンザや狂牛病などに対処
 できる獣医師の増加に反対する朝日、毎日新聞に対し、
 四国の草莽、畜産、水産、農業従事者は、組織的に、今
 こそ購読拒否運動をすればいいと思います。
  (庶民の声ー3):日本の中に北京派と台湾派があり
 マスコミは、内外の北京派に圧力をかけられていると認
 識して良いですね。
  そして、世論調査はいかさまですよね!
  トランプと阿部さんが親密であったことも、アメリカ
 民主党を刺激している。
  (庶民の声ー4):閉会中審査の加戸前愛媛県知事の
 証言は地上波ではカットされています。
  一番ひどいのはTBSとテレビ朝日です。
  (庶民の声ー5):G20での会談で習中国主席が、
 安倍首相に歴史問題と台湾問題で圧力かけてきたことを
 日本は全く報道しませんね。
  台湾の方の話で知りました。
  マスコミは、中国に屈しない安倍首相の姿勢・必要性
 が国民に知られるのが嫌なのでしょうか。
  (庶民の声ー6):恐ろしいほどマスコミの作為を感
 じます。
  TBS「ひるおび」とフジTVバイキング坂上忍や東
 国原、グッディの安藤裕子や高橋克実の印象操作は酷い
 です。
  これらの番組は、元々、目立つ様な安倍政権叩きして
 なかったのに、今年になって急に森友加計学園から容赦
 ない安倍叩き始まりました。
  泉企画含め明らかに計画性を感じます。
  そして、主婦やネット使わない高齢世代がマンマと乗
 せられて選挙に反映。
  昼のワイドショーは危険です!
  (庶民の声ー7):外国勢力とつながる日本の勢力が、
 外国勢力の金で世論を操作する。
  この様な動きで、国が動いてしまうから恐ろしい。
  民主主義の制度が逆利用されて、外国勢力の金で動か
 された声の大きい日本の組織が動き、庶民が洗脳されて、
 動かされてしまう。
  毎日、毎日、聞かされているうちに、その様に思わさ
 れ、その外国勢力の思惑の中に入って行ってしまう。
  イギリスの場合もそうだった。
  繰られ、煽(あお)られたイギリスの国民の方々が、
 EU離脱を決定してしまう。
  事が決した後に、我に返ったイギリスの国民の方々、
 その時は、仕掛けた者たちの姿は消え、急に見えなくな
 ってしまった。
  イギリスの「EU離脱の決定だけが残った」。
  しかし、決してしまったことは、変えることはできな
 いと、その決定に従って行くイギリス・・今までの努力
 は水泡と化した。
.
2017年、TBSテレビの「サンデーモーニング」が、偏向
 番組だと盛んに指摘されているが・・、
  この番組の進行をしている関口宏は、キリスト教系の
 立教大学の出身。
  関口宏は、立教小学校~立教中学校~立教高校とズー
 ット立教のキリスト教育を受けて来た「生粋(きっすい、
 まじりけの全く無いこと)の立教人」。
  立教大学の方針は、「キリスト教で教育された人間で
 日本のメディアを制する」という目的を持っていて・・、
 立教大学出身者を日本のメディアに送り込んでいる。
  それ故、日本のメディアには、立教出身者が多い状態
 となっている。
  偏った人間構成となっている。
  マッカーサー司令官が、日本をキリスト教化したいと
 して国際基督教大学を作ったが・・、この立教大学も、
 このイデオロギーに沿った行動をとっている。
  そして、今・現在も、このサンデーモーニングの事例
 の様な偏向した行動が行なわれ、その異常さが指摘され
 ている。
.
2017年、日本のマスコミが、トランプ大統領を、「トラン
 プ」「トランプ」と呼び捨てにしているが・・、
  なかなか、「トランプ大統領」と言わないが・・、
  こんな形でのトランプ下ろしも行われている・・、
  庶民の方々は、こんな形からも・・印象操作されてい
 る。
  テレビのどのチャンネルに於いても・・その様に「呼
 び捨て」にしている・・が・・
  これは、その様に仕向けられている・・
  アメリカにおいて、まさかのトランプ大統領の誕生の
 時、トランプ降ろしのデモが起きた・・が・・、
  そして、このデモが・・資金によって・・金によって
 仕組まれていると・・指摘われたが・・、
  これらは、ほんの1例で・・、
  この様なやり方・・などなどで、「トランプ降ろし」
 が・・なされている。
  日本のマスコミは、これに、特に、追従している。
  根の深い関係で・・指令で・・アメリカや外資のある
 グループと関係を持っている。
  一体となってやっている。
  このグループは、アメリカ大統領選挙で、クリントン
 を大統領にしたかったグループ・その他で、
  べらぼうな資金力を持っている。
  今まで通りのクリントンの路線で行けると思ったが、
 今回、その思惑通りに行かなかった。
  今まで通り、政治と一体となって稼ぎたいとしていた
 ・・が・・その通りにならなかったグループ。
  その資金力にものを言わせて・・、日本に働きかけて、
 日本で自分好みに洗脳をしたいと・・やっている。
  日本の安倍首相が、トランプ大統領が大統領になった
 初期に訪米し、トランプ大統領と一体となって、行動し
 たことを・・苦々しく思っているグループ。
  「安倍おろし(降ろし)」にもつながって来る。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive

[PR]
by suba28 | 2017-08-03 05:24 | 皆様とともに 幸せになりたい


はじめまして、ブログを始めさせていただきました


by suba28

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
悲惨な戦争を無くしたい
悲惨な戦争を無くせないので
皆様とともに 幸せになりたい
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

(増補版)568E2/3:1..
at 2017-12-12 04:34
(増補版)567E2/3:1..
at 2017-12-01 06:18
(増補版)566E2/3:1..
at 2017-11-22 06:21
(増補版)565E2/3:1..
at 2017-11-17 06:01
(増補版)564E2/3:1..
at 2017-11-10 07:43

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31