<   2016年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

(増補版)464E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1888年6月~1888年6月)

題:(増補版)464E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1888年6月~1888年6月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1888年6月6日、御歌所設置(所長に高崎正風)
  宮内省御歌掛を廃止し、御歌所を設置した。
  御歌所(おうたどころ)は、天皇陛下や、皇族方の御
 歌や御歌会に関する事務を扱った所で、明治21年(1888
 年)創設され、昭和21年(1946年)廃止されている。
1888年6月7日、2回目の博士号が25人に授与された。
1888年6月10日、乃木希典が、ドイツ留学より帰朝した。
  乃木希典(のぎまれすけ)が、約1年半のドイツ留学を
 終え帰国した。
  しかし、帰国してからというものは、昔の磊落(らい
 らく、度量が広く、小事にこだわらないこと)な振る舞
 いが一転し、
  古武士の風格を尊ぶような謹厳そのものに変貌し、乃
 木を知る人々を驚かせた。
  性格一変して、謹厳そのものとなったという。
  その性格が一転して変ったの理由には、一つは、ドイ
 ツ留学中に、ドイツ国の偉大な所が、軍人が節制を守り、
 規律に服し、軍人の面目は死を以て守るにあると観て、
  さらには、ウィルヘルム二世の崩御に際し、国民挙げ
 て謹慎哀悼の状を表するを見て、痛くこれに感じ入り、
 顧みて近年の日本人は、一身の利を求めて国家を忘れる
 者多きことを嘆き、乃木は、山鹿素行を私淑し、常に、
 武士道の振る舞いをすることで、その模範を広く示そう
 とした。
18886月13日、市町村統合が始まった。
1888年6月15日、皇室典範草案の審議が終了する。
1888年6月18日、枢密院会議が開かれた。
  枢密院が、大日本帝国憲法草案の審議を開始した。
  明治天皇陛下が御臨席なされ、また、伊藤博文を議長
 として憲法議事の第一回が開かれた。
  枢密院は、明治憲法のもとの天皇陛下の最高諮問機関
 で、
  この年に、大日本帝国憲法草案審議のために設置され、
 議長・副議長・顧問官により組織した、内閣から独立さ
 れた機関だった。
  1947年(昭和22年)日本国憲法施行によって廃止とな
 った。
1888年6月18日、雑誌『日本人』が、高島炭鉱の批判報道を
 開始する。
  坑夫になりすました記者の記事が掲載された。
  長崎の高島炭鉱の、厳しい労働が記事となり、社会が
 沸騰した。
  当時の女性方も男性と同等に頑張っていた。
  今・現在、当時のことを、女性方は明るく思い出して
 話すが・・
  当時の日本人は、皆、列強諸国の圧迫に抗すことの出
 来る日本を作ろうと頑張っていた。
  NHKは、恵まれた今・現在から見ると、落差の大き
 い当時のことを、悲惨な当時の事を、状態を、何でも「
 ことさらに大きく、酷(ひど)く」「日本を貶(おとし)
 めて」放送する放送局だが・・、
  ある意味、正しい・正確な報道をしていない放送局と
 なっている。
  そして、日本の国民の方々をプロパガンダ(嘘宣伝)
 し、偏頗(へんぱ、かたよっていて不公平なこと)な方
 向へ導こうとする放送局となっている。
1888年6月18日、整理公債条例が追加公布された。
  紙幣整理による物価安定を図り、
  また、幣制(へいせい、貨幣の発行や流通などについ
 ての制度)を統一して、
  新しい国家体制を確立していきたいという意図の中だ
 った。
  富国強兵の国家の方針の中で、伊藤博文内閣は、税収
 不足で立ち遅れた海軍の造船計画を実施するために、海軍公債
 を起債した。
  1886年(明治19年)6月に、海軍公債証書条例を公布した。
  応募は3倍を突破するという状況だった。
  これから、毎年、起債された。
  不換紙幣のせいろを終えた松方正義大蔵大臣は、国債
 整理への取り組みを積極化させ、
  1886年9月に、整理公債条例を公布した。
  目的は、発行済みの高金利の国債を、市中金利の低下
 に合わせて低利借り換えし、利払い費の節約を図りたい
 とした。
  また、国債法規の統一を図ることにあった。
  日本銀行に整理公債事務を命じ、繰り上げ償還などを
 行なって行った。
  整理公債は、交換発行、普通募集、特別発行という3つ
 の方法で発行した。
  交換発行は、満期を迎えた国債の償還元金の代わりに
 整理公債を公布するなどして発行された。
  普通募集は、中山道鉄道公債の発行以降採用された価
 格競争入札によって行われた。
  1892年までに、5回の募集が行われ、入札はすべて成功
 した。
  特別発行は、1888年のこの年に、整理公債条例6条に
 「市場の時価に準し整理公債証書の価格を定め臨時之を
 発行して日本銀行に公布する事を得」との一項を追加す
 ることによって、始まった。
  大蔵省預金局向けに、この年の1888年から1897年まで
 に8回、発行された。
1888年6月19日、日本赤十字社に資金が下賜された。
  1877年2月、日本赤十字社の前身の博愛社が、元老院
 議員である佐野常民(さのつねたみ)と大給恒(おぎゅ
 うゆずる)によって設立された。
  1887年、日本赤十字社と改称された、昭憲皇太后陛下
 が積極的に活動されていた。
  正式紋章は、昭憲皇太后陛下の王冠のデザインを似て
 使わせて戴いている。
  家族の方々が指導的立場に就いていた。
  昭憲皇太后陛下は、1888年7月15日に、会津磐梯山の
 噴火で甚大な被害が出た福島での被災者救護に当るよう
 に、日本赤十字社に対して命じられている(日本赤十字
 社の初の災害救護活動)。
  以後、日本赤十字社は天災救護活動を本格化させた。
1888年6月21日、皇城内に初めて電燈が点火した。
  東京電燈は、1883年(明治16年)2月に、設立が認可さ
 れ、
  矢嶋作郎が初代社長に、大倉喜八郎が取締役に就任し
 た。
  資本金は20万円だった。
  1887年(明治20年)から電気の供給を開始した。
  エジソンが世界で始めて、ニューヨークのパール街に
 火力発電所をつくり、付近の需要家に白熱電灯で電気を
 供給し始めてから、5年後だった。
  麹町区麹町と日本橋区南茅場町、京橋区新肴町、神田
 区錦町、北豊島郡千束村(後の浅草区千束)の5カ所に火
 力発電所を建設して、その周辺へ電気を供給した。
  当初、電気料金は、16燭光の半夜灯で1ヶ月1円50銭だ
 った。
  当時、盛りソバが8厘から1銭、牛メシが1銭だった。
  今、駅の立ち食いモリソバが400円とすると、1ヶ月の
 電気代が6万円に相当する。
  庶民の手の届くものではなかった。
  それでも東京電燈の電灯契約数は、開業時の138から、
 4年後には1万を超えた。
  そして、10年後には3万7千以上にもなった。
  電灯は、東京市内に爆発的に広がった。
  東京電燈株式会社による電気供給事業が、1887年(明
 治20年)に始まったのに続き、
  翌年・1888年に、神戸電燈、
  翌々年・1889年に、大阪電燈、京都電燈、名古屋電燈
 が開業し、
  1890年(明治23年)には、横浜共同電燈と深川電燈が、
  1891年(明治24年)には、熊本電燈、北海道電燈など
 が開業し、
  電燈の電気を供給する事業が全国に広がっていった。
  1897年(明治30年)末には、全国で電気を供給する会
 社は39社にも達した。
  東京電燈の設立を計画し、初代社長に就任し、
  神戸電燈、京都電燈の設立にも参画したのが、
  幕末時では、長州藩の志士だった矢嶋作郎であり、
  矢嶋作郎は、わが国の電気事業の創始者といえる。
  (電気事業起業家と九電力体制、志村嘉一郎氏の論文
 を参考にした)
1888年6月27日、九州鉄道会社が設立された。
  九州鉄道(きゅうしゅうてつどう)は、九州の私設鉄
 道会社で、九州初の鉄道路線を開通した会社。
  1887年(明治20年)松田和七郎、藤金作、伊丹文右エ
 門、渋谷清六、白木為直、嘉悦氏房の6名が、会社設立発
 起者総代となり、福岡・熊本・佐賀の各県令に呼びかけ
 て創立した。
  この年・1888年、政府に設立認可され、初代社長に高
 橋新吉が就任し、
  初の路線は、1889年に、開通した博多駅~千歳川仮停
 車場間であり、後に鹿児島本線の一部となった。
  北九州市門司区に旧本社の建物が残存し、2003年から
 九州鉄道記念館として利用されている。
.
2012年、  (今日の言葉)
.
  題:日本は、近隣諸国の方々から、『本当に好きだ』と言われている国である・・、
.
  武田邦彦教授が、下記のことをYouTubeで発表されて
 いる。
  題:武田邦彦:意外?世界の反日国家一覧
  https://www.youtube.com/watch?v=AbRqzQxHk4o
  以下は、その調査結果である。
  日本が「大好き+好き」が、韓国・中国は60%ぐらい
 であるが、
  他のアジアの国々の方々は、90%から100%近い方々が、
 日本を、「大好き」もしくは「好き」と言われている。
.
韓国:大好き 11%、好き47%、嫌い22%、大嫌い20%、計、100%、大好き+好き58%
中国:    21、   45、   16、    18、 計、100        66
台湾:    44、   45、    2、     9、 計、100        89
香港:    31、   51、    8、    10、 計、100        82
タイ:    55、   42、    2、     1、 計、100        97
マレーシア: 51、   43、    5、     1、 計、100        94
シンガポール:59、   36、    4、     1、 計、100        95
インドネシア:45、   49、    5、     1、 計、100        94
ベトナム:  64、   33、    1、     2、 計、100        97
フィリピン: 50、   45、    1、     4、 計、100        95
.
  また、『日本が一番頼りになる国だ』と言われている。
.
§頼りになる国(2012年)
  世界に良い影響を与えると思う
1、日本.....58%
2、ドイツ...56%
3、カナダ...53%
4、イギリス.51%
5、中国.....50%
6、フランス.48%
6、EU.......48%
8、アメリカ.47%
9、ロシア...31%
.
  そして、「やはり」と言うのか、「そうだろうな」と
 言うのか、
  『ロシアが、一番、世界に悪い影響を与えている国だ』
 と言っている。
  因みに、『アメリカ合衆国が、二番目に、世界に悪い
 影響を与える国』になっている。
  アメリカも、ロシアと一緒に反省しなさい。
.
  世界に悪い影響を与えると思う(2012年)
9、ロシア...36%
8、アメリカ.33%
7、中国.....31%
6、EU.......25%
5、フランス.22%
4、日本.....21%
3、イギリス.20%
2、ドイツ...16%
1、カナダ...14%
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-11-30 02:56 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)463E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1888年5月~1888年6月)

題:(増補版)463E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1888年5月~1888年6月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1888年(明治22年)5月21日、鐘淵紡績所の設立が許可さ
 れた。
  東京の繰綿(くりわた、綿繰り車にかけ、種の部分を
 取り去っただけの、まだ精製していない綿)問屋5店は、
  1886年、東京綿商社の設立を決議した。
  翌・1887年、認可され隅田川の鐘淵に紡績所(工場)
 を建設した、
  資本金100万円、錘(すい)数3万錘で出発。
  しかし経営不振で、
  1888年に、綿売買を廃止し、鐘淵紡績会社と改称した
 (渋沢栄一は顧問)。
  1892年の苦境期に、三井銀行が再建・支援に乗り出し、
  1894年、兵庫工場を建設し、続いて・・
  1899年に、上海紡績など7社を合併、
  1905年には、織布部門、
  1908年には、絹糸部門、
  1922年には、絹布、絹製品、
  1934年には、毛糸、化学繊維、麻製品に進出、多くの
   紡績会社を吸収し、
   さらに鉱業、化学、農牧畜を兼業し、
  1938年には、これ等を分離して鐘淵実業を設立、
   その後、鐘淵実業は、製鉄、航空機製造などに事業
   拡張、また、中国各地に直営事業を経営し、また、
   投資し、重化学工業へも進出した。
  1944年の第二次大戦中に、鐘淵紡績と、繊維以外の事
   業を行なっていた鐘淵実業が合併して鐘淵工業(株)
   が発足した。
  1946年の第二次大戦後は、繊維事業中心に転換し、鐘
   淵紡績(株)と社名復帰し、化粧品・食品等の事業に
   も次々進出、
   また、持ち株会社に指定され、
  1948年に、過度経済力集中排除法が適用され、
  1949年に、非繊維部門を鐘淵化学工業(現:カネカ)
   として分離した。
   朝鮮戦争による特需景気で繊維部門を再建した。
  1971年、鐘紡(株)となる。
  2004年に、債務超過などの理由から、産業再生機構に
   支援を申請、支援が決定した。
  2004年の同年に、化粧品部門をカネボウ化粧品として
   分離。
  2005年の翌年6月に、有価証券報告書の虚偽記載を行っ
   ていたことにより『上場廃止』となった。
  2006年に、産業再生機構による支援が終了し、
   投資会社3社に主要事業を譲渡。
   カネボウは、その他事業の運営、清算業務等を行っ
   たのち、
  2007年に、解散、社名を海岸ベルマネジメントに変更
   し、清算業務だけを行った。
  2008年に、海岸ベルマネジメントは、投資会社3社出資
   の買収受取会社であるトリニティ・インベストメン
   トに吸収合併された。
   なお、カネボウが譲渡した主要事業会社は、2006年
   に、カネボウ・トリニティ・ホールディングス(現:
   クラシエホールディングス)を統括会社として再出
   発、2007年には、社名、商標名を「Kanebo」から「
   Kracie(クラシエ)」に変更した。
  アメリカとの「繊維摩擦」で、この会社も、苦労し、
 虐げられた。
  (鐘紡百年史、及び、その他史料などを参考にした)
1888年5月25日、憲法草案会が開かれた。
1888年5月29日、麒麟(キリン)ビール発売
  日本麦酒醸造会社が、麒麟ビールを発売した。
1888年5月、米津風月堂が、アイスクリームと、アイスキャ
 ンディーを発売した。
1888年5月、電気学会が創立された。
  一般社団法人・電気学会(いっぱんしゃだんほうじん
 でんきがっかい)は、電気学術の調査・研究と広報・普
 及を目的に創立された学会で、
  初代会長は榎本武揚(52歳)が就任し、会員数は約二
 万四千人、元文部科学省所管・・と説明がある。
1888年6月1日、東京天文台が、麻布に新設された。
  帝国大学付属として、東京天文台が東京港区麻布飯倉
 に設立され、
  帝国大学理科大学天象台(学生用観象台)と、海軍省
 海軍水路部観象台と、内務省地理局が統合された。
  初めは、1878年に創設された東京大学付属の天文台で、
 創設当初は、観象台と称して文京区の東大構内にあった
 が、
  この年に、港区麻布に移って東京天文台と改称 し、
  1924年(大正13年)に、都下三鷹市に移った。
   日本は、第二次世界大戦後、各種の観測を進めてい
   くために各地に観測所を設立してきた。
  1949年(昭和24年)に、乗鞍(のりくら)コロナ観測所
   (岐阜・長野県境乗鞍岳)、
  1960年(昭和35年)に、岡山天体物理観測所(岡山県
   鴨方(かもがた)町)、
  1962年(昭和37年)に、埼玉県都幾川(ときがわ)村(
   現ときがわ町)に堂平(どうだいら)観測所(2000年
   3月、観測環境の悪化等により閉所)、
  1969年(昭和44年)に、野辺山(のべやま)太陽電波観
   測所(長野県南牧(みなみまき)村)、
  1974年(昭和49年)に、長野県三岳(みたけ)村(現:
   木曽町)に木曽(きそ)観測所、
  1978年(昭和53年)に、野辺山宇宙電波観測所が建設
   され、
  主な観測器械としては・・、
   188センチメートル反射望遠鏡(岡山)、
   105センチメートルシュミット・カメラ(木曽)、
   65センチメートル屈折望遠鏡(三鷹)、
   25センチメートルコロナグラフ(乗鞍)、
   45メートル電波望遠鏡(野辺山)・・など世界の水
  準に匹敵する装置を保有し、
   位置天文学から天体物理学までの広い範囲の研究と
  ともに、
   宇宙科学研究所(現:宇宙航空研究開発機構)の研
  究にも参加し、
   また、時刻の測定・保持、暦の編纂(へんさん)など
  も行った。
  1988年(昭和63年)に、東京天文台は、東京大学から
   独立して、
   文部省水沢(みずさわ)緯度観測所(現:国立天文台
   水沢観測センター)、名古屋大学空電研究所の一部
   と統合し、
   文部省(現文部科学省)直轄の研究機関「国立天文
   台」になった。
1888年6月1日、後藤象二郎が、機関紙「政論」を創刊した。
  主宰・後藤象二郎が、大同団結運動の機関紙「政論」
 を発行した。
  後藤象二郎(ごとうしょうじろう)は、
  1838年(天保9年)3月19日生まれの土佐高知藩士。
   土佐藩政の最高責任者・参政を務め、そして、明治
   期の政治家。
   公武合体運動に活躍し、また、
  1867年(慶応3年)1月(29歳)、脱藩者の坂本龍馬と、
   長崎の清風亭で会談したことが、
   土佐藩が、大政奉還に向けて動き出す契機となった。
   坂本龍馬は、姉の乙女らへの手紙で、後藤について、
   「実ニ同志ニて人のたましいも志も、土佐国中で外
   ニハあるまいと存候(ぞんじそうろう)」・・と評し
   ている。
   公議政体論を唱え、前藩主・山内豊信に大政奉還を
   建白させ、
   江戸幕府末期の徳川慶喜の大政奉還運動に活躍した。
   明治維新後は、新政府に参与、参議を歴任して仕え
   たが、
  1873年(明治6年)(35歳)征韓論に敗れ、西郷隆盛、
   板垣退助とともに下野した(明治六年の政変)
  1874年(明治7年)1月12日(36歳)に、板垣・江藤新
   平・副島種臣らと愛国公党を組織し、民撰議院設立
   建白書の提出に参画した。
  1874年(36歳)に、実業界へ転身して商社「蓬菜社」
   を設立。
   政府から高島炭鉱の払い下げを受けて経営するが、
   2年後に放漫経営のために破たんした。
   三菱の岩崎弥太郎へ売却している。
  1881年(43歳)に、自由党の結成に際し、板垣に次ぐ
   副党首格で参加した。
   自由民権運動末期の大同団結運動を提唱し、大きな
   役割を果したが、後に、政府への協力に転じる。
  1887年(49歳)、進歩党の結成に尽力し、黒田内閣や、
   第1次松方内閣で逓信大臣(1889年~1892年)、
   第2次伊藤内閣では農商務大臣(1892年~1894年)を
   歴任した。
  1894年5月(56歳)、商取引所の開設にまつわる収賄事
   件の責任をとって大臣を辞任した。
  1896年夏頃(58歳)、心臓病となり、箱根で療養につ
   とめたが、
  1897年8月4日(59歳)没した。
.
  (今日の言葉)
.
  題:弱小の民族を助ける・・日本
   勿論、日本は、ユダヤの方々を助けていました。
   嘘つき新聞となった・・読売新聞・・
.
1938年、日本は、世界の会議で、「民族の平等」を訴えて
 来ていた、
  そして、この年、日本は、ユダヤ人難民を救出するた
 め、当時、日本と関係のあった満州国の住民とする河豚
 計画(ふぐけいかく)が進められた。
  だから、勿論、日本は、ユダヤ人の方々の入国拒否は
 しておりません。
  逆に、日本は、ユダヤ人の方々を助けていました。
  河豚計画(ふぐけいかく)とは、1930年代に、日本で
 進められた、ユダヤ難民を助けるための移住計画のこと。
  日本には、立派に、ユダヤの方々を助ける運動を続け
 て来ていた。
  日本は、欧米列強(アメリやかヨーロッパの武力にも
 のを言わす「しいたげ行」為)のアジアの方々を苦しめ、
 そして、虐(しいた)げる状況を、江戸時代から、「常
 に、苦々(にがにが)しく」思って来ました。
  明治という時代になって、早く、「豊かになろう」、
 そして「強くなろう」と努めたのは、その表(あら)れ
 でした。
  だから、ユダヤの方々を、日本が差別するようなこと
 が、絶対に、あるわけがありません。
  なのに??
  読売新聞に・・何のかかわりがあるのか?
  読売新聞が、杉原千畝の『嘘のデッチアゲ話し』の片
 棒を担(かつ)いでいる。
  本当に、新聞という『真実を伝えない媒体』として、
 信用を落す行為をしている。
  バカじゃないか?・・と言いたい。
  杉原千畝の嘘のデッチアゲの映画の後援をしている。
  杉原千畝の嘘のデッチアゲ話の宣伝をしている。
  読売新聞の社歴を『汚す行為』をしている。
  読売新聞の歴史に『汚点を残そうと』している。
  立派な読売新聞の社歴が『台無しになる』。
  日本は、ユダヤ人の方々を差別していなかった。
  ドイツのナチスから言われても、頭を縦に振らずに、
 ドイツのナチスに、その点は「同調できない」ときっぱ
 り断っていた。
  日本人は、ユダヤ人の方々を決して差別してはいない。
  ユダヤの方々の入国を、「ずーっと」認めていた。
  こんなはっきりした事を、読売新聞は「日本がユダヤ
 人の入国を拒否していたという嘘の記述をした」。
  杉原千畝の嘘話の筋書きに乗っかってしまっていた。
  そして、その筋書きの映画の後援までし始め、
  そして、その嘘話の記事を読売新聞に掲載することま
 で始めた。
  ユダヤの方々が、満州に逃げて来た時、満州にいた軍
 のトップだった東条英機は、当然、日本の方針通り、「
  ユダヤ人の方々の満州国への入国を認めて、満州国へ
 ユダヤ人の方々は入国できている」。
  勿論、船で、日本に逃れて来たユダヤ人の方々も、日
 本に入国できている。
  こんな、杉原千畝の嘘のデッチアゲを、読売新聞は、
 何故(なぜ)に?乗る様な事をするのか?
  この杉原千畝の嘘話は、キリスト教がデッチアゲタ。
  杉原千畝がキリスト教だという事で、キリスト教がデ
 ッチアゲタ。
  逃げて来たユダヤ人の方々へ、日本の方針を無視して
 ビザを出したと・・美しく仕立てた嘘の話をデッチアゲ
 タ。
  この当時、外国の日本国大使をされていた馬淵睦夫氏
 らも、呆(あき)れられている。
  馬淵大使らは、「日本は、ユダヤの方々の入国を認め
 ていたから、どこの大使館でも、ユダヤの方々へビザを
 発給していました」とはっきりと言われている。
  そして、杉原千畝の話は呆れた話で嘘の話だと言われ
 ている。
  何故?こんなはっきりした話に・・日本を貶めるキリ
 スト教の活動方針の話に、読売新聞は乗っかっているの
 か?
  因みに、杉原千畝だけを、キリスト教徒だという事で、
 キリスト教が大きくでっち上げるが、
  杉原千畝以前に、日本は、『日本という国として、ユ
 ダヤの方々を助ける計画を進めていた』、
  そして、また・・、
  1939年6月には、駐ベルリン満州国公使館書記官・王替
 夫氏が、難民にビザ発給し、杉原千畝の倍以上のユダヤ
 人の方々へビザの発給をしてもいた。
  (1940年5月まで、ユダヤ難民含む合計12,000人以上)
  杉原千畝だけを、キリスト教が行なう美化行為は、で
 っち上げのプロパガンダ(嘘宣伝)だ。
  (参考)史料:
  関東軍のハルピン特務機関長であった樋口季一郎少将
 は、部下とともに、ナチスドイツの激しい反発を受けな
 がらも、東条英機関東軍参謀(後の首相)の許可の下に、
 なんと1万人ものユダヤの方々を、この年(1938年)に救
 っていたという事実がある。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-11-27 05:23 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)462E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1888年5月~1888年5月)

題:(増補版)462E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1888年5月~1888年5月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1888年5月5日、札幌製糖会社が設立された。
  甜菜(てんさい・サトウダイコン)は、今、北海道が
 100%の生産。
  寒さに強い作物で、適温は25℃。
  1870年(明治3年)日本の甜菜業が東京に官営で始まり、
 同時に、この年、北海道紋鼈(もんべつ)に製糖所が設
 立された。
  1871年(明治4年)に、現在の函館市で試作され、また、
  1878年(明治11年)に、札幌農学校でも試作された。
  そして、1879年に、現在の伊達市(旧西紋鼈村)に、官
 営甜菜製糖所を建設・操業し、
  1887年(明治20年)に、紋鼈製糖株式会社設立し払い
 下げした後1896年廃止。一方・・、
  1888年に 現在の札幌市(旧苗穂村)に、同じく製糖工場
 (札幌製糖株式会社)を建設・操業した。
  台湾製糖の影響により、1901年に、両社は廃止された。
  (注)1896年に、紋鼈製糖所は、3階建大工場であった
    が、機械がフランス式で技術が悪く1896年に解散
    し、機械は台湾製糖に譲られた・・の、記述もあ
    る。
     そして、1921年に、日甜が、北海道糖業で生産
    を再開した・・とある。
1888年5月5日、特別認可学校規則が制定された。
  法令番号: 明治21年文部省令第3号
  明治二十年七月勅令第三十七号文官試験試補及見習規
 則第十七条第三項文部大臣ノ認可ヲ経タル学則ニ依リ法
 律学政治学又ハ理財学ヲ教授スル私立学校ニ関シ特別認
 可学校規則ヲ定ムルコト左ノ如シ
  明治二十一年五月五日 文部大臣子爵 森有礼
  特別認可学校規則
  第一条:本令ニ於テ特別認可学校ト称スルハ明治二十
     年七月勅令第三十七号文官試験試補及見習規則
     第十七条第三項文部大臣ノ認可ヲ経タル学則ニ
     依リ法律学政治学又ハ理財学ヲ教授スル私立学
     校ヲ謂フ
  第二条:特別認可学校ハ修業年限三箇年以上ニシテ法
     理学法学通論憲法行政法民法訴訟法刑法治罪法
     商法国際法財政学理財学統計学史学論理学等ノ
     諸学科中七科目以上ヲ学修スル為メ一定ノ課程
     ヲ設クルモノタルヘシ但法律学ヲ主トスル学校
     ニ於テハ擬律擬判ノ課ヲ設クルヲ要ス(以下略)
1888年5月7日、初の博士誕生
  前年・1887年5月に制定された学位令の規定に依り、最
 初の「博士号」が25人に授与された。
  学位は、初めは、1879年(明治12年)に、東京大学の
 学部卒業者を対象に「学位授与ノ規則」が制定され、
  学士称号を学位とみなした。
  そして、1887年(明治20年)に、博士学位制度が導入
 され、
  この年・1888年に、文部省が、学位令によって、加藤
 弘之・箕作麟祥・池田謙斎・菊池大麓・古市公威・鳩山
 和夫・高木兼寛ら25名に、博士号を授与した(日本初の
 博士号)
  因みに、夏目漱石は、1911年(明治44年)に博士号に
 選ばれたが、返上した。
1888年5月8日、枢密院の開院式が行われた。
  天皇陛下の諮問機関。
  この日、5月8日、枢密院開院式が行われ、臨席された
 天皇陛下が、皇室典範と憲法草案諮詢の勅語を下された。
  (参考)諮詢:しじゅん、参考として機関などに意見
     を問い求めること、
  枢密会議において初めて皇室典範を議せ、
  皇室典範、憲法諮詢の勅諭渙発された。
  (参考)渙発:かんぱつ、詔勅(しょうちょく)を広
     く国の内外に発布すること、
1888年5月8日、東京洋紙会社が開業した。
  1888年5月、岩崎家が経営に参画しKobe Paper Mill Co.
 (神戸製紙所、後の三菱製紙)となる。
  日本の製紙業黎明期の6社の一つである。
  1889年12月、製紙会社気田工場が、わが国初の亜硫酸
 パルプの生産を開始した。
  因みに、日本で最初の製紙会社は、有恒社、および、
 抄紙会社(王子製紙)、蓬莱社、三田製紙所、パピール・
 ファブリック、神戸製紙所。
  また、この6社に加えて、大蔵省印刷局も製紙機械を導
 入して紙を抄いている。
  (三菱製紙株式会社、百年史などを参考にした)
1888年5月10日、日本石油会社が創立した。
  有限責任・日本石油会社が、新潟県刈羽郡石地村に設
 立された。
  現:新日本石油株式会社
  新潟県にあった尼瀬油田の石油開発ブームを受けて創
 立された有限責任日本石油会社が前身。
  現在、石油・石油化学以外のエネルギー事業で・・、
  液化天然ガスや、石炭の輸入販売や、燃料電池・エネ
 ファームの開発を進めるほか、
  製油所・製造所併設の発電所や、油槽所に設置した風
 力発電設備などを使用した電力卸供給事業 (IPP) や、
 電力小売事業 (PPS) を展開している。
1888年5月12日、陸軍各条令大改正が公布された。
  鎮台制は廃止となり、新たに師団制が採用された。
  (1886年1月28日説あり)
  最初、鎮台制は、有力諸藩の兵士を天皇の親兵として
 結集した(近衛兵の前身)。
  そして、軍備の強化が必要と考えられ、旧武士を編成
 した。
  そして、さらに、徴兵制が制定されて国民皆兵となり、
 国内の重要拠点に置いた。
  国内の内乱対策や治安を意識したのが主眼だった(当
 該地方の警護)。
  1877年の西南戦争のとき、軍の近代化と兵制の改良の
 必要を痛感した明治政府は、富国強兵策をとり、諸外国
 の兵制を取り入れ、師団制をとるようになった。
  因みに、鎮台の歴史は・・
  1871年(明治4年)4月、御親兵が設置され、
  1871年6月、東山 (石巻) 、西海 (小倉) の2鎮台が設
 けられ
  1871年7月の廃藩置県に伴い、1871年8月、これまでの
 鎮台を廃止し、新たに東京、大阪、鎮西 (熊本) 、東北
  (仙台) の4鎮台が設けられた。
  1873年1月に、名古屋,広島に新設された。
  そして・・、
  師団は、独立して行動出来るような編成に拡張された
 集団で、各種の兵種も備えていた(歩兵、騎兵、砲兵の
 全てを有していた)。
  そして、独自の作戦行動をとる事も可能だった。
  日清、日露戦争の時は、これが威力を発揮した。
  海軍は、主要な軍港に、鎮守府を置いて、連合艦隊制
 だった。
  鎮台は国内向けで、師団は外国まで視野にいれた編成
 だった。
  (参考)
  1885年5月、鎮台の下に旅団が常設され、
  1888年5月12日、鎮台を廃止してこれを師団に改編した。
1888年5月14日、陸海軍参謀本部条例改正
  この年の鎮台が廃止され師団が創設されると、それま
 での鎮台の衛戍地域を大隊区に分けた。
  同年・1888年5月の「大隊区司令部条例」(明治21年勅
 令第29号)による。
  管轄区域は、1888年5月14日に公布された「陸軍管区表」
 (明治21年勅令第32号)によって定められ、
  所属する師管、旅管が指定された。
  必要に応じて、警備隊区が設置された。
1888年5月14日、「鎮台條例」 廃止
「陸軍参謀本部條例」、「海軍参謀本部條例」、「師団司令
 部條例」、「旅団司令部條例」
  この日、鎮台条例を廃止し、師団司令部条例、旅団司
 令部条例を公布した。
  これにより、鎮台は廃止となり、新たに師団が編成さ
 れた。
1888年5月14日、陸地測量部条例が公布した。
   (明治21年5月勅令第25号)
  この年に、陸地測量部が発足するまで、業務は輻輳(
 ふくそう、物事がひとところに集中すること)していた。
  陸地測量部(りくちそくりょうぶ)は、日本陸軍参謀
 本部の外局で国内外の地理、地形などの測量・管理等に
 あたった、現在の国土地理院の前身の一つで国家機関。
  参謀本部の一局であった位置付けから、本部長直属の
 独立官庁として設置された。
  日本水準原点は、当時の庁舎敷地内(東京三宅坂国会
 前庭付近)に設置されたもの。
.
  (今日の言葉) 中国に関係する話・・
.
  題:中国の『化けの皮』が剥(は)がされて来ている・・
.
1937年、「中国の赤い星」という本が出版された。
  これが曲者(くせもの)の本だった・・、
  共産圏の北朝鮮は、国家ぐるみで麻薬、偽札、マネー
 ロンダリング、他国民の拉致という犯罪行為を堂々とし
 ている。
  また、諜報活動に血道(ちみち)を上げている。
  また、国民監視の密告システムがある、また、国民抑
 制システムがある。
  そして、中国も同じ体質にある・・、
  しかし、中国は、それを分かりにくくしている点、注
 意を要する。
  2005年春の中国の「反日デモ」は、中国政府の指令に
 よる「やらせのデモ」だった。
  しかし、インターネットや携帯電話で集まった自然発
 生的なものだと思わせた。
  また、自然発生だと強く言うという工作まで行った。
  嘘の操作をするという「屋上屋を重ねる」バレバレ行
 為までした。
  巧妙に行なう所は、北朝鮮よりも始末が悪い。
  第二次世界大戦で中国の「撫順戦犯収容所」に捕虜に
 なって収容された日本兵を、徹底的に洗脳した・・、
  そのすさまじさの為、完全にその日本兵の生涯、中国
 の主張通りの事を言い続けるということが起きた。
  あらゆる洗脳がなされ、脅迫もなされ、延々とすさま
 じい洗脳の結果、
  帰国後も、中国を讃美し続け、嘘のデッチアゲまでし
 て、してもいない戦争犯罪まで自(みずか)らやったと
 告白して、懺悔して、日本を貶(おとし)め、中国を讃
 美し続けた。
  人間性を踏みにじられ、中国国家体制維持に利用され
 た元日本兵の哀れな姿があった。
  1937年に出版されたアメリカ人のエドガー・スノーの
 本「中国の赤い星」は、
  毛沢東の半生記が書かれた本であるが、一面、これも、
 日本兵の例の様だった。
  この本は、後で判明した事であるが・・、中国関係機
 関にコントロールされて書かれていた。
  つまり、中国の体質が、逆から解る本ともなった。
  何と! この本は、毛沢東の検閲も受けていた。
  また、エドガー・スノーは、中国共産党が、探し出し
 た共産主義シンパのジャーナリストという事も分かった。
  中国共産党の情報部とも連絡を取り、
  コミンテルンとも気脈を通じている人物だった。
  中国共産党の本拠地の延安にも行くという人だった。
  そして、毛沢東から聞いた話をそのまま描いたという。
  確かめることもなく・・、
  中国共産党政治局も大いに関わっているという「デッ
 チアゲ本」だった。
  この本が出版された時、世界で大反響が起き、そして、
 信じられた。
  長い間、世界を欺(あざむ)き続けた。
  この化けの皮を剥(は)がしたのが、2005年に出版さ
 れた本「マオ」(ユン・チアンとジョンハリデイの共著)
 だった。
  「中国の赤い星」は、共産中国の政治目的を持って、
 世界を繰ろうとする巧妙な嘘の宣伝本だった。
  嘘の「毛沢東像」、嘘の「中国共産党政権像」が、世
 界中に、あたかも強烈に洗脳した状態にした・・
  いや、今も、世界は、その洗脳された状態にいる。
  中国共産党の本当の実態が隠されている。
  また、本当の毛沢東像が隠されている。
  多くの虐殺が隠されている。
  ちなみに、この嘘本「中国の赤い星」を書いたエドガ
 ー・スノーは、死ぬ間際の1972年に・・、
  「自分は騙された(そして、本を書いた)」と、
  そして、後悔しているということを言った。
  今や、世界は、「中国の文化大革命」で、多くの人々
 が殺戮されたことを知っている。
  本の嘘が世界に知れ渡って、やっと、この著者・スノ
 ーは、「自分は騙された」「あの本は欺瞞だ」と言い残
 した、口にした。
  しかし、この明確な嘘の事が、洗脳の恐ろしさからか?
 あまり一般化されていない。
  逆に、その洗脳の恐ろしさが分かる事例となっている。
  そして、中国では、この「スノー」を、大成功の対外
 宣伝作戦の模範だとされている。
  日本の某大学の中国専門課程では、このスノーの本を、
 今だに「推薦図書」としているから、注意したい。
  また、中国は、この逆もしている。
  日本の次期総理候補が・・中国にとって不都合となる
 と、失墜情報を工作する。
  中国工作が、日本のマスコミを利用し、また、日本の
 マスコミが利用されて、日本を繰っている・・繰られて
 いる。
.
1989年、中国、天安門事件が起きた。
.
2004年11月、中国の原子力潜水艦が、日本領海を侵犯した。
.
  続きの(今日の言葉)
.
  題:日本国内に1000人の活動家がいると・・中国外交官が・・、
.
2005年、中国の外交官が亡命した。
  これが、ただの亡命なら何も問題なかったが、
  この中国の外交官は、「日本の国内には、1000人をは
 るかに超える中国のスパイがいて、盛んに活動している」
 と言った。
  2005年、この中国外交官は、オーストラリアのシドニ
 ー総領事館にいた一等書記官で、オーストラリアに亡命
 した。
  また、彼は、中国国内で、中国の民主化の活動をした
 活動家が、身の安全が危うくなり、海外へ逃れても、中
 国は、その活動家を拉致して、中国・本国へ連れ帰る事
 もしていると暴露した。
  約100年前、ロンドンにいた孫文が、当時の中国清朝政
 府に拉致され。
  北京に連れ戻されそうになったが、その血が、今だに
 中国共産党政権にも流れている。
.
  そして、また、続きの(今日の言葉)
.
  題:完全に・・コントロール下にあった。
.
2005年4月9日、中国の中国政府による「官製の反日デモ」
  北京で、日本に対する大規模なデモの一部が暴徒化し
 た。
  4月16日には、上海でも、日本に対するデモの一部が暴
 徒化した。
  これは、中国政府の『ガス抜き行為』が正しい見方。
  2005年4月16日の共同通信社電でも、「ガス抜き狙いが
 裏目」と記している。
  ただ、「中国政府のコントロールがきかなくて、大き
 くなり過ぎた」と言うのは嘘。
  中国政府は、完全にコントロールできる状態にいる。
  このジャンルは、中国政府の『宣伝』と、『工作』が
 酷いジャンルだ。
  完全に乗せられている。
  中国の国民の方々は、酷い格差に、そして、社会に大
 きな矛盾を感じている。
  こうなるのは・・当然の帰結だった。
  中国が、改革開放路線に踏み出した時に、「先に、豊
 かに成る者は、先に、豊かになって貰おう」という路線
 だった。
  格差は、当然、生まれるという、公認のやり方だった。
  貧富の差は、さらに拡がった。
  内陸部の農民の方がたは、相変わらず貧しく、喘(あ
 え)いでいた。
  その恩恵に浴せない不満は鬱積(うっせき)していた。
  そして、失業者層の不満も高まっていた。
  暴動が頻発した。
  また、デモも頻発した。
  そして、中国語で「革命」を意味する「起義」という
 言葉が飛び出る状況、飛び交う状況だった。
  この状況は、中国政府にとっても脅威であった。
  ここで、「反日」「愛国」のデモをやらせて、下手に
 抑え込まないという手に出た。
  反日デモは、中国全土に広がった。
  しかし、政府のコントロールよろしく、どの都市でも
 警察の対応は、初めから「見てみぬふり」だった。
  しかし、政府のコントロール下にあるという事を証明
 する事があった・・、
  2005年5月4日の「五・四運動」の日だった。
  この歴史的抗日記念日には、気が抜けたような静穏の
 日の始末だった。
  まったく何も起こらず、静穏な時間が過ぎていた。
  これは、約1ヶ月前の反日デモが、国際社会から強い批
 判を浴びたからだった。
  中国は、『国際批判に弱かった』。
  中国政府も、「デモをするな」と公言した。
  だから、「ピタッとでもが止まった」、
  大事な記念日なのに、デモは起きなかった。
  中国政府の『完全なコントロール下』にあった。
  天安門のあのデモを強権で抑え込んだ中国。
  国民を弾圧した姿。
  この時の中国の品位のママが示された。
  いつでもどこでも、デモを抑えることなど簡単な事だ
 った。
  演技。
  そして、ガス抜き、
  そして、その使い分け、
  完全に・・コントロールしている状態。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-11-25 05:40 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)461E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1888年3月~1888年5月)

題:(増補版)461E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1888年3月~1888年5月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1888年4月3日、雑誌「日本人」が創刊された。
  志賀重昂、杉浦重剛、三宅雪嶺らが、政教社を結成し、
 雑誌「日本人」を創刊した。
  創刊早々、高島炭坑の坑夫虐待問題でキャンペーンを
 組み、国会の大臣弾劾権問題を特集した。
  また、政府が急ぐ鹿鳴館的西欧化を批判し、頻繁に発
 禁処分を受けた。
  雑誌は、紆余曲折、変転したが・・
  1906年(明治39年)、日本新聞の社長交代を不服とし
 て多くの社員が政教社へ移り、
  三宅雪嶺は、『日本人』誌と『日本』紙との伝統を受
 け継ぐとして、雑誌を『日本及日本人』と改名して主宰
 し、『日本人』誌は通巻449号で発展的に終刊した。
1888年4月9日、陸羯南が、日刊紙「東京電報」を創刊した。
  東京電報は、1889年2月9日に終刊し、
  1889年2月11日から、日本(新聞)となった(~1914年
 12月31日まで)
  事業者:日本新聞社。
1888年4月13日、初の喫茶店
  東京・下谷上野西黒門町(現=台東区上野1丁目1)に、
 日本初の珈琲喫茶店「可否茶館(かひいさかん)」が開
 店した。
  創始者・鄭永慶が、上野ではじめての本格的なコーヒ
 ーショップを開いた。
  1階がビリヤード場、2階が喫茶室の2階建て洋館で、
 コーヒー1杯が1銭5厘、牛乳入れ5厘、席料1銭5厘。
  1杯2銭の牛乳よりは安い。
  開店広告には「珈琲の美味なる思わず腮を置き忘れん
 こと疑いなし」(意味:美味すぎてあごが外れるどころ
 か、 美味過ぎてあごを置き忘れてしまう)
  国内外の新聞や雑誌をそろえ、知的で自由な談論風発
 の場を提供したいとした。
  しかし、3年後に潰れた。
  もりそば1杯1銭の時代に高すぎたという・・、
1888年4月17日、市制、町村制案を内閣で修正後裁可された。
1888年4月18日、仙台に二高、金沢に四高を設置した。
  第二高等学校は、後身の新制大学は東北大学で、
  第四高等学校の後身は金沢大学。
1888年4月21日、三池鉱山払下規則が告示された。
  1889年に、三井財閥に明治政府から払下げられた。
  払い下げられた三池炭鉱は、地下水との戦いから始ま
 った。
  炭鉱は官営で操業がなされ、採炭されていたが、深く
 まで掘り進んだことから湧き水が多く、対策が必要だっ
 た。
  排水を主目的とした『宮原坑』が掘削される計画だっ
 たが、
  三井の責任者となった團琢磨が、宮原坑第一竪坑を、
 1895年(明治28年)2月に着工した。
  当初は地下水との戦いが続き・・、
  3年後の1898年(明治31年)に、排水・揚炭のための坑
 外設備が完成した。
  その後は順調に揚炭・入気・排水・人員昇降その他を
 兼ねる主力坑として・・年間40~50万トンの出炭を維持
 できるように大きく改善して行った。
  1898年第一竪坑の成功の後、更に、1901年に、第二竪
 坑を完成させた。
  次々に難題を克服して、竪坑を完成に導いていった團
 琢磨は、工部省三池鉱山局勤務だった1888年(30歳)の
 時に、三井に炭鉱が払い下げられたため一旦失職した。
  旧三井物産社長の益田孝の招聘で、三井三池炭鉱に入
 社した。
  翌年1889年、三池炭鉱社を組織し、團は総責任者の事
 務長に就任した。
  MIT(マサチューセッツ工科大学)で修めていた鉱山学・治金学
 (MITを1878年・明治11年卒業)、
  更には、湧き水対策を学ぶために、欧米各国の炭鉱施
 設を視察した経験などを活かし、
  的確に三池炭鉱の総合開発・近代化・合理化を進めて
 行った。
  明治日本の産業革命は、何といっても「石炭エネルギ
 ー」が必須であった。
  團琢磨は、1891年(明治24年)蒸気機関車による三池
 炭鉱専用鉄道を開通させて、炭鉱開発に着手した。
  1898年の三池炭鉱宮原坑を皮切りに、万田坑、三池港
 築港と次々に近代化も進めた。
  海外の日本侵略の恐怖から、早急な富国強兵策が必要
 な日本だった。
  金属を溶かす溶鉱炉・反射炉から始まり蒸気で動く機
 関車、汽車、蒸気で進む軍艦、輸送船、電力を作るター
 ビンなどが必要な日本だった。
  この燃料の大半を石炭が担っていた。
  この三池炭鉱の成功を機に、全国各地で炭鉱ブームが
 起きた。
  そして、国民の努力の結集の結果・・わずか50年余で
 日本は、国を護る力を得る事が出来た。
  (九州観光推進機構、ホームページを参考にした)
1888年4月25日、市制及び町村制を公布した(市町村制)
1888年4月30日、枢密院が設置された。
  「枢密院官制」 の公布で、
  憲法審議の天皇諮問機関とする枢密院が設置され、
  伊藤博文が首相を辞任し、初代枢密院議長に任命され、
 就任した。
  内閣の後継として黒田清隆が組閣した。
  枢密院置く(氷川清話)
  勝海舟、枢密顧問官と成る(氷川清話)
1888年4月30日、黒田清隆内閣が成立し、発足した。
  農商務大臣の黒田清隆が、第2代内閣総理大臣に任命さ
 れた(1888年(明治21年)4月30日~1889年(明治22年)
 10月25日)
  伊藤博文は、大日本帝国憲法の制定に専念するため総
 理を辞し、
  初代枢密院議長に転じることになり、
  後任には、薩摩閥の中心的存在のひとりで農商務大臣
 として閣内にあった黒田清隆を推奏した。
  黒田は、自分が務めていた農商務大臣を逓信大臣の榎
 本武揚に兼務させた。
  そのほかは、全閣僚を留任させ、新内閣を発足させた
  (農商務大臣には後に井上馨を専任)
  黒田内閣の役目は、憲法制定と議会開設によって再燃
 が予想された自由民権運動に対する取締り、そして、欧
 米列強との間に交わされたままとなっていた不平等条約
 の改正実現だった。
  黒田内閣(氷川清話)
1888年5月1日、東京・品川硝子会社が開業した。
  主にビール瓶を製造した。
  1885年(明治18年)政府は、品川硝子製造所を西村勝
 三、稲葉正邦に払い下げ、民営化を図った。
  1888年(明治21年)西村らは、「有限責任・品川硝子
 会社」を設立し、業務を拡張した。
  食卓用の各種ガラス器を製造した。
  また、ドイツ人技術者を雇用し、日本で始めての大量
 生産によるビール瓶製造に乗り出した。
  これは丁度、この年、横浜のビール会社「ジャパン・
 ブルワリー(現:キリンビール:麒麟麦酒株式会社)」
 が、麒麟を商標にしてビールを販売開始したのだった。
  品川硝子会社は、キリンビール用にビール瓶納入を成
 功し、
  1889年(明治22年)には、最高の150名の職工がいたと
 いう。(出典:品川歴史館。講演記録)
  キリン歴史ミュージアムHPには、1888年の重役会議事
 録(英文)がある。
  そして、10月の項には、品川硝子会社との契約に関す
 る議事録がある。
  尚、この時、製造されたビール瓶が、明治村に1本、品
 川歴史館に1本、所蔵されている。
  興味を引くところは、重さ840gと、現代物(約600g)よ
 りかなり重く、
  比重は、現在のものと同じなので、鉛ガラスではなく
 てソーダガラス製で、
  ガラスが4割も厚く、底が2cm位凹んで、ガス圧に耐え
 る設計になっている。
  当時のビール瓶はコルク栓だった。
  王冠で蓋をするのは1900年(明治33年)から・・、
  (ウランガラス同好会、ホームページを参考にした)
.
  (今日の言葉)
.
  題:権力者であるのに・・弱い者いじめをする陰湿な権力者・ルーズベルト大統領・・
.
1944年初夏のころ、リンドバーグは、やっと、民間パイロ
 ットの肩書きで戦争に赴くことができた。
  ルーズベルトの「戦争をしたい」という隠されていた
 真実を暴露し・・、
  そして、「戦争の道を回避したい」とする個人のリン
 ドバーグに対して・・、
  権力を持っているアメリカ大統領のルーズベルトは、
 卑劣にも・・追い落とし行為をした。
  ルーズベルト大統領のスピーチライターのロバート・
 シャーウッドさえ・・婉曲に、遠回しに・・リンドバー
 グに味方したくらいだった。
  シャーウッドは言った、「リンドバーグは激しく、そ
 して、雄弁な孤立主義者(戦争反対者)だった。
  ラジオ演説において、ルーズベルト最大のライバルだ
 った」・・と、
  リンドバーグは、明らかに戦争反対を言っていたので、
 この言葉を言ったルーズベルトのスピーチライターの頭
 の中には・・
  「ルーズベルトを、リンドバーグのライバル=戦争論
 者」と表現した・・
  この様に、戦争が始まる前から、このスピーチライタ
 ーの頭の中には、ルーズベルトを、「戦争推進論者」と
 いう見方になっていた。
  戦争が始まると・・リンドバーグは軍務に復帰するこ
 とを拒否された。
  ルーズベルト政権の厳しい追い詰め策の結果だった。
  ルーズベルトは陰湿だった。
  軍務復帰の道は閉ざされた。
  陸軍長官はリンドバーグへ言った、「数々のスピーチ
 で示された(君の)考え方を考慮し、受け入れることは
 出来ない」・・と、
  また、リンドバーグは、ルーズベルト政権の手が回っ
 ていたのか・・民間企業への就職もままならず・・、
  リンドバークは言った、「民主主義は、色々な意見を
 抱擁するはずなのだが、この国の大統領(ルーズベルト)
 は、自分の意見にそぐわないものは排除する様だ」・・
 と・・、
  後になって、1944年初夏のころ、リンドバーグは、民
 間パイロットの肩書きで戦線に赴いている。
  国に忠誠を尽くすためにである。
  戦争の肯定ではない。
.
  そして、次の(今日の言葉)
.
  題:アメリカが行った『日本兵への虐殺と拷問』
.
1944年7月13日、アメリカの卑劣な日本兵虐殺が行われた。
  リンドバーグは書いた・・
  「アメリカ兵の一部が(日本兵)捕虜を残虐に拷問し
 ていることは誰もが知っていた。
  (日本兵)捕虜を射殺りたり、手を上げて降伏する日
 本兵を即座に、まるで、動物の様に殺すことに何の躊躇
 もない。
  降伏してもどうせ殺されるのだから(日本軍には)玉
 砕しか残された道はなかった。
  この点においてアメリカ合衆国が日本よりもモラルの
 点で高いとはどうしても思えない」と。
  (リンドバーグ、第二次大戦日記)
  (感想〉このアメリカ合衆国兵は、東京裁判で裁かれ
 るべきだった・・捕虜虐待で・・、アメリカは卑怯にも
 この事実を隠した。
.
  そして・・
.
1944年9月15日、ペリリューの戦い(~1944年11月25日)
  ペリリューかく戦えり。
  アメリカの提督が、日本兵の勇敢さを讃えた。
  讃えられた日本兵も素晴らしいが、讃えたアメリカ提
 督も素晴らしかった。
  ペリリューの戦いは、太平洋戦争中の1944年(昭和19
 年)9月15日から11月25日にかけペリリュー島(現在のパ
 ラオ共和国)で行われた、日本軍守備隊(守備隊長:中
 川州男陸軍大佐)とアメリカ軍(第1海兵師団長:ウィリ
 アム・リュパータス海兵少将、第81歩兵師団長:ポール・
 ミュラー陸軍少将)の陸上戦闘。
  アメリカ側の作戦名はステールメイトII作戦は(「膠
 着」の意味)
  要塞化した洞窟陣地などを利用しゲリラ戦法を用いる
 という日本軍が見せた組織的な抵抗、戦術は、後の硫黄
 島の戦いへと引き継がれていくことになった。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-11-24 03:26 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)460E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1888年1月~1888年3月)

題:(増補版)460E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1888年1月~1888年3月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1888年1月、日本セメント会社が創業した。
  官営の深川工作分局セメント工場を起源とする。
  (旧)日本セメントを系列化した鈴木商店は、大正末
 期には、大蔵省から台湾銀行を経て鈴木商店理事に迎え
 られた長崎英造を役員に送り込んだ。
  1939年(昭和14年)日本セメントは、浅野セメントに
 吸収合併され、
  1947年(昭和22年)浅野セメントは、新生・日本セメ
 ントに商号変更された後、
  1998年(平成10年)秩父小野田と合併し、太平洋セメ
 ントとなり業界最大手のセメント会社が誕生した。
1888年1月、一字名の雑誌が流行(はや)る(「文」「学」
 「友」「情」「法」など)
1888年2月1日、大隈重信が、外相に就任した。
1888年2月1日、元老院が、町村制修正案を上奏した(2月8
 日説あり)
  内閣は、市制町村制法案を元老院に付議したが、
  その元老院は、1875 年に設置されたものの、
  後年の国会と違い、公選の議員よりなるものではなく、
 政治家、学者、知事、軍人などがメンバーとなっている
 ものであった。
  また、その権限も不完全なものであり、
  内閣から交付された議案を修正できるが、その修正は
 必ずしも拘束力を持たないといったものであった。
  このように、元老院の審議を経た後、地方長官を招集
 してその意見を聞いた。
  地方長官側より、準備期間を置くことを要望したので、
 府県知事の具申を待って、順次、施行することとされた。
  市制町村制法案は、1888年2月1日に上奏され、
  1888年3月21日に、閣議に提出されたが、
  そこでさらに、市長の公選制(市会が推薦した候補者
 3名の内から、内務大臣が選任し、天皇が任命する)、
  その時点の案では適用外とされていた東京、京都及び
 大阪への市制の適用という変更が行われた。
  このような経緯を経て、市制町村制は・・
  1888 年4月17日に公布された。
  (財団法人・自治体国際化協会、政策研究大学院大学・
 比較地方自治研究センター、立命館大学政策化学部・上
 子秋生教授より)
1888年2月3日、 文部省が、「紀元節歌」を学校唱歌と定め
 た。
  高崎正風詞・伊沢修二曲の「紀元節歌」を学校唱歌と
 して府県・直轄学校に送付した。
1888年2月11日、新聞「日本」が創刊された。
  日刊新聞で、日刊紙『東京電報』の後身として、『日
 本新聞社』から発行された。
  フランスの輪転機を輸入し発刊したが、発行部数が伸
 びず、その稼働率は低かった。
  過度な欧化主義を嫌い、国権の伸張を唱える国民主義
 で、同紙は『新聞停止法』により頻繁に咎められた。
  1888年(明治21年)から 1897年までに22回、延べ131
 日間の発行停止処分を受けた。
  1892年(明治25年)入社の正岡子規(常規)は、最初
 は短歌、後に俳句も手掛けた。
  また、高浜虚子(高浜清)らも投句していた。
  1898年(明治31年)には、正岡が『歌よみに与ふる書』
 を連載した。
  そして、根岸短歌会を経て、短歌のアララギ系や俳句
 のホトトギス派が隆盛となる基礎を作った。
  伊藤欽亮(実業家)が社長に就任すると、新聞『日本』
 は性格を変え、立憲政友会からの支援を受けた保守系新
 聞となった。
  そして、社屋が火事となり、事業継続が不可能となり、
 1914年(大正3年)12月31日廃刊となった。
1888年2月25日、大阪・名古屋・広島・熊本の各師団に、騎
 兵大隊を設置した。
  1888年(明治21年)、大日本帝国陸軍が、鎮台から師
 団に組織変更をした際、
  騎兵の兵力は、1個師団あたり1個騎兵大隊というもの
 であり、この時点では騎兵連隊は存在しなかった。
  騎兵連隊の前身である騎兵大隊は、1888年から1896年
 (明治29年)にかけて存在した。
  1894年(明治24年)~1895年(明治25年)の日清戦争
 時点では・・、
  騎兵第1大隊(東京、第1師団)
  騎兵第2大隊(仙台、第2師団)
  騎兵第3大隊(名古屋、第3師団)
  騎兵第4大隊(大阪、第4師団)
  騎兵第5大隊(広島、第5師団)
  騎兵第6大隊(熊本、第6師団)
1888年2月、皇城(東京城、江戸城)の正殿が完成した。
  中庭に対して南面し、木造平屋建て、外観は和風で入
 母屋造り。
  内部は二重格天井。
  シャンデリア、絨毯などを取り入れた折衷様であり、
 外国使臣に東洋屈指の大美術と賞賛された。
  1889年(明治22年)2月11日、大日本帝国憲法発布式典
 が挙行された。
  1945年(昭和20年)の東京大空襲により他の宮殿殿舎
 とともに焼失した。
1888年2月、鈴木政吉が、バイオリン製造をはじめた(1887
 年説あり)。
  鈴木政吉は、1859年(安政6年)、現在の名古屋市東区
 宮出町に生まれた。
  父・正春は尾張藩士だったが、乏しい家禄で、生計を
 たてるのが困難だった。
  そこで、細工好きの腕を琴・三味線づくりの内職に役
 立てた。
  長兄は夭死し、次男・政吉は奔放に育った。
  8歳から3年間は、漢学を習った。
  その後、様々な勉学に励むが、時代の流れとともに維
 新の政変と貧乏にさいなまれた。
  地代が変わったことで、家禄も奪われ、内職を家業に
 くら替えした。
  政吉は、武士の商法に打って出た父の手助けをした。
  この家業手伝いの2年が過ぎた14歳の時、
  政吉は、従姉の嫁ぎ先である東京浅草の塗物商・飛騨
 屋の奉公人として上京した。
  この奉公生活は、主人夫婦が揃って亡くなるまでの約
 3年間だった。
  この期間の試練は貴重な体験となった。
  深夜には、読売仮名付新聞で文字を覚えた。
  また、記帳や発信の基本を自習したりした。
  この日毎夜毎に養い鍛えた知識が、かけがえのない財
 産となり将来のバイオリン製作に活かされたと、後に語
 った。
  3年後に帰郷し、家業の三味線づくりの下職に従事する
 ようになる。
  政吉は、飛騨屋仕込みの早起遅寝で奮闘し、翌年には
 父から一家をまかされるようになった。
  しかし、大工の半分くらいしか稼げぬ苦境が続く。
  唯一、仕事に対する面白さだけを糧に、苦境に耐えた。
  そして、明治17年に、父が病死する。
  その後の不況は、政吉に、格別な試練となる。
  また、鹿鳴館の鼓動が容赦なく和楽器の需要難に拍車
 をかけた。
  そんな苦境の中、政吉は、高給が望める音楽教師にな
 ることを考えた。
  父の奨めで長年稽古していた長唄の素養を活かせば教
 師になることが可能だと聞いたからだった。
  稽古仲間のつてで、愛知県師範学校音楽教師恒川鐐之
 助の門を叩いた。
  入門後程なくして、運命の出会いとなる。
  政吉は、同門の甘利鉄吉から和製バイオリンを見せら
 れ、たちまちそれに魅了された。
  徹夜でそれを模写た。
  1週間で仕上げ、苦心のバイオリン初作を恒川に見せた。
  そして、その嘉賞と激励を励みに手掛けた第二作が売
 れ、注文も舞い込んで来る。
  助手を数名を雇うようになった。
  1887年(明治20年)初頭のことだった。
  数ヶ月後、岐阜県師範学校に本物の舶来品があると知
 り、政吉は自作を携行してこれに一騎打ちの比較を挑ん
 だ。
  結果は、見事な惨敗だった。
  しかし、その舶来品のバイオリンは、日本の梅雨の湿
 気にやられて板がはがれた。
  何と!その修理が政吉にまかされたのだった。
  この時、この舶来バイオリンを、政吉は、とことん模
 写した。
  これが、製品的にも、また、精神的にも飛躍のチャン
 スだった。
  1890年(明治23年)、生家から東門前町の借家に仕事
 場を移した。
  そして、さらにその翌年に、大枚300円を投じ、向かい
 の住宅を買入、これを工場にして生産・研究を続けた。
  その結果、第3回内国勧業博の有功賞(1890年・明治23
 年)を皮切りに、
  北米コロンブス世界博の賞牌(1893年・明治26年)、
  第4回内国勧業博の進歩賞(1895年・明治28年)を受賞
 し結実していった。
  政吉は、これらの表彰によって自信を得ながらも、用
 材の選定から乾燥の具合、塗装の配合等といった製作上
 のあらゆる難問にぶつかり、経験を積んだのだった。
  しかし、長唄の稽古で養った自慢の耳と、口癖にいう
 “二つのぼう”で、彼はそれらの難問と戦いながらバイ
 オリン製作に没頭して行った。
  二つのぼうとは、辛抱(しんぼう)と貧乏(びんぼう)
 のことだった。
  その様な精神のもと、政吉は、その後に訪れる経済恐
 慌を凌いで行った。
  (鈴木バイオリン、ホームページを参考にした)
1888年3月1日、帝国生命保険会社が開業した。
  後の朝日生命保険相互会社で、古河グループに属する。
  近代的生命保険会社では2番目に設立。
  因みに、タモリは、福岡時代に、同社の保険外交員と
 して3年近く勤務していた時期がある。
1888年3月19日、勝海舟、孫女伊予子誕生(氷川清話)
1888年3月、荏原郡三田村(恵比寿)にビール工場地を購入
  日本麦酒醸造会社(現=サッポロビール)が、東京・
 荏原郡三田村(現=渋谷区恵比寿)に、
  工場地として9000坪を購入した。  
  工場建設(1889年)
.
  (今日の言葉)
.
  題:正義の人・・リンドバーグ・・
   アメリカよ、歴史に恥ずかしくない行動をせよ!
   目先の利に捉われて・・ずる賢いことはするな! 恥ずかしいことはするな!
.
1939年、リンドバーグが、アメリカに帰国した。
  リンドバーグは、大西洋の単独横断飛行を成功させた
 英雄で・・、
  彼は、アメリカ大統領のルーズベルトが、アメリカ国
 民の方々の意思に反して、戦争へ向かっている事を知っ
 た・・その時・・、
  リンドバーグは、その戦争への道を回避しようと行動
 を開始した。
  ラジオなどで訴えた。
  ルーズベルトの下で、ルーズベルトの意を受けて働く
 内務長官のイッキーズは、
  そのリンドバーグの行動に対抗し、抵抗した。
  リンドバーグ批判を繰り広げた。
  リンドバーグは、ルーズベルトへ、手紙も書いて訴え
 た。
  リンドバーグは、1939年に、アメリカに帰国して以来、
 戦争回避の活動をつつけていた。
  ルーズベルト政権の内務長官・イッキーズは、リンド
 バーグを激しく攻撃した。
  リンドバーグを「ナチの回し者」となじった。
  また、「敗北者」と言った。
  また、「ドイツの荒鷲の騎士」とドイツの回し者を印
 象付けようとして言った。
  リンドバーグは、「大西洋横断の偉業」を、各国から
 表彰されていた。
  アメリカ大使館は、ドイツとの関係を改善したいと、
 ドイツへ、リンドバーグ表彰を強く要請していた。
  ドイツは、その要請を受け・・、
  「大西洋横断単独飛行など航空産業への貢献をした」
 として、ドイツの最高の名誉勲章である「ドイツ鷲十字
 章」をリンドバーグへ与え、表彰した。
  リンドバーグも、各国から与えられる表彰一つと考え
 て、その勲章を受けていた。
  しかし、卑劣にも、ルーズベルトの内務長官イッキー
 ズは、この事を攻撃した。
  リンドバーグは、「アメリカを戦争へ導く」三つのグ
 ループがあると分析していた、
  一つが、イギリスで、戦争が窮地に陥っていた、ドイ
 ツの占領域が拡大の一途だった。
  二つ目が、ユダヤ人、ドイツのユダヤ人の方々への苦
 難から当然だった。
  そして、三つ目が、ルーズベルト政府・・、
  そして、リンドバーグは、戦争への最大の先導者は、
 このルーズベルトなのだと分かっていた。
       (エール大学「リンドバーグ文庫」)
.
  リンドバーグの絡(から)む・・次の話・・
.
1944年6月、太平洋のニューギニアの日米の戦いについて、
 リンドバーグは訴えた・・、
  「アメリカは、残酷な戦いをしている」・・と・・、
  リンドバーグは書いた・・、
  「アメリカ兵は、死者への尊厳を、いっさい、持たな
 くなったようだ。
  敵兵(日本兵)の勇気についても考慮しない。
  遺体の歯を足で蹴(け)って金歯を取り出し、土産に
 する。
  武器も食糧もなく、降伏しようとする日本兵を容赦な
 く射殺する。
  われわれは、果たして本当に文明国家を代表している
 のだろうか」・・(リンドバーグ第二次大戦日記)
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-11-23 05:42 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)459E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1888年1月~1888年1月)

題:(増補版)459E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1888年1月~1888年1月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1888年1月1日、日本標準時が実施された。
  制定(1886年)
  1886年(明治19年)に、日本の標準時に関して初め
 て制定された法令が、本初子午線経度計算方及標準時ノ
 件(明治19年勅令第51号)だった、
  1886年(明治19年)7月13日に公布された。
1888年1月4日、日本初の新聞通信社・時事通信社が創立
 された(1888年11月4日説あり)
  三井物産創業者の益田孝により「時事通信社」(現在
 の時事通信社とは無関係)が創立された。
  同社は、当時の内務省警保局長・清浦奎吾(のち首相)
 の肝煎りで設立された御用機関であったが、
  激しい内紛に見舞われ、3年足らずで事実上の休業に陥
 った。
1888年1月4日、山陽鉄道会社が設立され・・、
  1888年4月の株主総会で、中上川彦次郎が、社長に選出
 された
  山陽本線は、山陽鉄道会社により神戸側から建設が開
 始され、
  1888年11月1日に、兵庫駅~明石駅間が開通し、
  1888年12月23日に、神戸駅~姫路駅間が開業し、
  1889年9月1日に、神戸駅~兵庫駅間が開通し、
  そして、順次延長開業し、
  下関までの全通は・・1901年5月27日であった。
  社長の中上川は、線路勾配を「100分の1以下」にする
 用に指示したことから、東海道本線などの他の主要幹線
 と比較しても、ほとんどが平坦な路線となった。
  この事により、勾配緩和のための大規模な線路移設も
 行わないで済む路線となった。
  1906年、鉄道国有法により国が買収し、山陽本線とな
 り、
  1942年7月に、関門トンネルが開通して、終点駅も門司
 となった。
1888年1月8日、東京・日本橋の呉服店越後屋が、洋服店を
 開業した。
  1886年(明治19年)に、洋服部を新設し、
  1888年に、駿河町に洋館建物「三越洋服店」を開店さ
 せた。
  この頃、1883年に完成した鹿鳴館が、華族と在日外
 国人の社交場として洋装の発信地となっていた。
  また、越後屋と競争関係にあった白木屋が、先んじて
 1886年(明治19年)に洋装店を開いていた。
  しかし、洋服は、中々、一般庶民まで浸透しなかった。
  三越洋装店は、早期の閉鎖(1895年末)に追い込まれ
 た・・、
1888年1月10日、三田(農具)製作所が、岩崎由次郎ら3人
 に入札払下げられた。
  1874年(明治7年)前身の内務省勧農局工場(内藤新宿
 農事試験場付農機具工場)が東京新宿に誕生し、農機具
 等の製造を開始した。
  1879年(明治12年)芝の三田四国町(現在の東京都港
 区芝五丁目)へ移転、三田製作所と改称した。
  1888年(明治21年)東京機械製造株式会社と改称し、
 各種農機具、煙草製造機、輸入印刷機用部品等を製作。
  1906年(明治39年)国内メーカーとして初の輪転機を
 完成した。
  1911年(明治44年)社名を株式会社東京機械製作所と
 改称した。
1888年1月11日、大日本帝国水産会社(帝國水産会社)が設
 立された(1887年12月11日説あり)
  明治のこの頃、日本の漁業資源の産業化は、日本国内
 における重要な課題の一つであり、
  西川貞二郎(明治期の企業家、近江商人、カニ缶を初
 めて商品化した)は、政府の要請に応じて、大規模漁業
 の事業化に着手した。
  ただし、莫大な資本を必要とするため海産物問屋等へ
 出資を勧誘すると共に、政府にも出資者募集を依頼した。
  三井家がこれに応じ、1888年(明治21年)帝国水産株
 式会社が設立された。
  しかし、直後に、三井家は事業から撤退した。
  そのため、貞二郎が全面的に資金支援を行った。
  当初、社長には政府からの申し出もあり、薩摩出身の
 河野圭一郎が就任したが、会社経営に不慣れであったこ
 とから、三井家撤退後は、北海道庁水産課長の伊藤一隆
 を迎え入れ、貞二郎の盟友である高田義甫を補佐役とし
 た。
  当初は、政府要請もあり千島樺太方面の海獣密漁防止
 のため海獣猟を中心に行っていた。
  しかし、国内の海獣毛皮の需要は乏しく、横浜のイギ
 リス商人を介して、足元を見られた取引に終始した。
  千島・樺太は、古来からの日本の行動地域内で範囲内
 である。
  何故、ロシアが奪おうとするのか・・?
1888年1月26日、国産初の自転車製造会社の帝国自転車製造
 所が創業した。
  東京浅草の向山嘉代三郎が開業した。
  明治21年1月26日付けの郵便報知新聞によると・・、
  帝国自転車製造所で製造販売開始
  従来、内地にて、自転車を製造するものあらざりしが、
 過日の広告に見えしごとく、
  今度、浅草北三筋町なる帝国自転車製造所にて製造を
 始めしに、
  既に、続々、諸方の注文を受ける由。
  また、同製造所にて、両三日前、小松宮より修繕を命
 ぜられたる自転車は、同宮が、先般欧州へ赴かれる節、
 かの地にて買い求められたるものにて、
  総体にニッケルを用い、大小四輪にて、前後二人を乗
 する装置なりと云う。
  明治23年4月1日~7月31日 第3回内国勧業博覧会に出品 
 向山嘉代三郎
  明治27年4月11日付け東京朝日新聞には・・、
  新形安全自転車製造広告、帝国自転車諸機械製造所 向
 山嘉代三郎・・などとある。
1888年1月27日、大隈重信が、外相就任の条件を撤回して入
 閣を了承した。
  大隈の外交手腕を評価する伊藤博文は、不平等条約改
 正のため、政敵である大隈を外務大臣として選び、
  1888年(明治21年)2月より、大隈は外務大臣に就任し
 た。
  同年・1888年、黒田清隆が組閣すると大隈は留任する
 が、外国人判事を導入するという条約案が反対派の抵抗
 に遭い、
  1889年(明治22年)10月18日には、国家主義組織玄洋
 社の一員である来島恒喜に爆弾による襲撃(大隈重信遭
 難事件)を受け、右脚を切断するとともに、辞職した。
  右脚の切断手術は、ベルリン大学医学部で日本人初の
 ドクトルを取得した順天堂医院院長の佐藤進や大隈夫妻
 の主治医であるドイツ人医師のエルヴィン・フォン・ベ
 ルツらによって行われた(「ベルツの日記」)。
.
  (今日の言葉)
.
  題:人種差別の国・・アメリカ・・そして、傲慢な圧力・・
.
1807年1月19日、この日に、アメリカ南部連合の軍司令官の
 リー将軍が生まれた。
  アメリカ史上屈指の名将と評価が高い。
  しかし、南北戦争の発端と言われる1861年4月12日に始
 まった戦いの『サムター要塞の戦い』の後、
  アメリカ連邦軍を辞職し、故郷のバージニアに帰った。
  そして、南部軍の陸軍総司令官にまでなった人。
  リー将軍の戦いは、常に北部軍より劣勢の軍を指揮し、
 補給も乏しい中・・、
  機知に富んだ敵の意表を突く攻撃などによって、北部
 軍と堂々と戦い、戦果を挙げた。
  アメリカ南部の英雄となっている・・だから・・、
  アメリカ南部では・・、
  「リー将軍の誕生日は祝日だ。リンカーンは敵だ」
  アメリカの南部人はこの様に言う・・
  そしてまた、言う・・、
  「南部には、黒人問題なんてもんは無い、勝手に北部
 の連中が作った作り話さ」・・と、
  これは、ある程度まで真実、その様なことがある・・
  しかし、だれが何と言っても、アメリカ人は・・
  「北部人も、南部人も、黒人の方たちを、自分たちと
 同じ人間だとは考えていない」・・(キリスト教の劣悪
 教義の影響が大きい)
  こういうアメリカが・・厳然と・・存在している。
  アメリカに、「ファースト・シティズン」という言葉
 がある。
  「どこにでも入って行ける人間」という意味の言葉だ・・、
  つまり、キリスト教会でも・・とある・・
  ・・という事は、ある人たちに対しては、「入場御断
 りをするキリスト教会がある」ということ・・である。
  また、悲しい事で・・愚かなことだが・・
  「セカンド・シティズン」や、「サード・シティズン」
 や・・、そして・・、
  「それ以下シティズン」が居ることも意味している。
  キリスト教の有色人種蔑視意識が根強くある。
  キリスト教ヒエラルキーの序列が・・厳然とアメリカ
 社会にある・・そして、差別が・・
  そして、このファースト・シティズンは、「最上等の
 白人」をさす事は、『暗黙の了解事項』となっている。
  そして・・、
  2000年代、21世紀に入ったというのに、アメリカは、
 相変わらず黒人の方々たちを人種差別している・・、
  アメリカ合衆国は、アフリカ大陸で生活していた黒人
 の方々を連れて来て、1800年代から家畜同然に使うの奴
 隷状態にして虐(しいた)げて来た。
  自国のプランテーションの安い労働力を得たいと、儲
 けたいと、一番に、受け入れて、また、長く受け入れた
 国・アメリカだった。
  そのアフリカの黒人の方々を、このアメリカに連れて
 行ったのが・・「悪の片棒担ぎのイギリス」だった。
  この『アメリカとイギリスの悪コンビ』が人類最悪の
 行為を行なった。
  そして、この・・あまりにも汚辱にまみれた歴史を払
 拭(ふっしょく)したいと・・
  「この奴隷を解放したアメリカの大統領はリンカーン
 だ」・・と言った・・が・・、
  これも悪の行為の『屋上屋を重ねる不名誉なプロパガ
 ンダ(嘘宣伝)』であった。
  本当に、悪いことを重ねて次々とやる国だ。
  リンカーンは、奴隷解放どころか奴隷を容認する大統
 領だった。
  アメリカ南部が奴隷の悪い行為をしていたという擦(
 なす)り付けも・・「北部人たち」がしている。
  しかし、どうしてどうして・・北部人たちも黒人の方々
 を虐(しいた)げていた。
  アフリカのリベリアという国は、1847年(リンカーン
 が38歳の時)に独立しているが、
  アメリカがこの国を作り、ここへアメリカの黒人の方々
 を棄民しようとして建国した。
  奴隷として使えなくなったら、自由民となったら・・
 棄民という行動に出た。
  リンカーンもこの棄民活動に加担した。
  http://blog.livedoor.jp/kokyo2054/archives/8681199.html
  (リンカーンは、奴隷だった黒人の方々を、そのまま
 アメリカ市民に組み入れようとせず、アフリカへ送還す
 る考えを持った大統領だった)
  アメリカの黒人の方々を、本当に奴隷から解放したの
 は、黒人の方で、アメリカ副大統領候補にもなった・・
  「フレデリック・ダグラス」という方・黒人解放運動
 家だった。
  この様に、アメリカは、「黒人の方の名誉」まで奪う
 行為をしている。
  リンカーンが、奴隷解放者ではないという史実は「た
 くさんある」が、
  その一つは、何と!! 
  リンカーンの大統領就任演説が・・
 「奴隷財産を擁護する論理展開をするという演説」だっ
 た。
  まったく愚かな大統領だったと感じる。
  南北戦争で北部が勝ち、その北部からアメリカ政治が
 始まっているので、
  その時のリンカーンの・・その大統領の「リンカーン
 記念堂」までも建てて、美しく政治の歴史を始めたいの
 でしょうが・・クエスチョンです・・?
  事実と違うプロパガンダ(嘘宣伝)をしている。
  そして、卑劣な事に、今・現代もアメリカは、この黒
 人の方々の差別を続けている。
  アメリカ南部のジャズバンドも、黒人のバンドと、白
 人のバンドは分かれている。
  そして、白人が「黒人のバンドを褒める」にも意味が
 あった。
  ジャズが黒人の方々のもの、天性のもので誉める場合
 と、
  キリスト教宣教師夫人は、明らかに「私は、人種の差
 別はしていません」とあからさまに表現していた。
  この様に、逆をわざわざ言う気づかいを・・言葉で気
 遣わねばならない人種差別国のアメリカなのだった。
  他人の国にはいろいろと口出しし、内政干渉するが・・
 自分の足元を見よ!・・と、強く言いたい・・、
  また、アメリカは、大変優秀である黒人の1人の大学生
 を 卒業させるか? させないか? をひどくもめる国
 なのだ。
  こんな国ってあるのか・・??
  結局、「黒人の卒業生の方々」を、大学が名誉に思っ
 ていない。
  この優秀な黒人の方が、揉めた所は、成績はずば抜け
 ていた成績なので・・問題なのではなく、
  やはり、問題は・・彼が黒人であるという事だった。
  付随的につけられたのが・・在学中に黒人運動をして
 いたという事だった。
  結局、彼は、可哀想に・・卒業を見送られた。
  そして、さらに、彼に押し付けられた差別行為は、北
 部の大学へ転校処置にさせられた。
  彼の運動は、レストランの座り込み行為だった。
  黒人差別をするレストランの前に、みんなと一緒に座
 り込んだだけだった。
  大学は黒人排斥だった。
  黒人運動を応援するこの行為だけの事によって、一人
 の青年の人生が狂ってしまった。
  彼のこれまでの努力も無になってしまった。
  彼の親としても、人間的形成のために、黒人運動に反
 対して、子供(息子)とも対立できない。
  そして、前記した、このキリスト教宣教師夫人は、別
 の所では、別の場所では、年がら年中、南部に対する不
 満と、黒人の方々に対する偏見・差別を言うという状態・・、
  そして、「蔭へ回ると、すぐ私のことを『ヤンキー』
 だ何て言う」「小学校へ行っている末娘が『汚い南部な
 まり』を覚えて来て困る」などなどと言う宣教師夫人レ
 ベルの多くいるアメリカ社会・・、
  立派な大学での教員免状も持っている婦人なのだが?
  アメリカは、人種のるつぼと言われる・・が・・
  その人種のるつぼの陰で、「人種間の偏見のるつぼ」
 と化している。
  だから、アメリカ人が、「人種差別・偏見」を持って
 いないと思うのならば・・そういう風に思い込むのなら
 ば・・それは大いに危険なことである。
  顔には、出ていなくても、人種のるつぼ的な環境の内
 で、至極当然なその心の落ちどころで偏見行為が行われ
 ている・・、
  白人の優越感は、キリスト教が植え付けている・・、
  陰では・・日本人は『名誉白人だ』というレッテルを
 貼られて・・日本人はほっとして喜んでいる・・が・・、
  ほぼ単一民族の中で、その様なことにまったく思いが
 及ばない日本とは、ここが大きく違うところ・・、
  日本人の想像できないところ・・、
  人種偏見の対抗軸に「同族」とか「同族意識」が強く
 アメリカにはある・・、
  黒人の方々は、地方議会であろうと、アメリカでは傍
 聴できない・・、
  だから・・当然と言ってもよいくらい、国政の場も傍
 聴できない・・、
  黒人の方々が、座り込みの『差別撤廃活動』をしてい
 るが、
  涙ぐましいこの活動で、すこしづつ黒人方の入れるカ
 フェテリアなどを開かせることに成功したりしている・・
 が・・、
  また、入れる映画館を作るということもしている・・、
  やり方は、映画館は黒人の方たちに切符を売らない・・、
  だから、切符を売らなかったら、引き下がるが、直ぐ
 に、次が、切符売り場の前に立つ・・、
  これを、延々と繰り返す。
  これで、白人が入れないので、黒人方も、入れざるを
 得なくなるだろう・・として活動している。
  この様なことが、
  アメリカでの、白人の「黒人方への偏見・差別」が、
 200年以上も行われている。
  また、アメリカの圧力で・・、
  日本も英語化されるというが、「いつも、お天気の話
 のレベル」では、国も劣化する。
  また、英語を社内語に採用している会社も、この様な
 道をたどるだろう。
  複雑な理論展開が出来る訳がない。
  また、会社発展の高レベルの微妙な施策が、理路整然
 と、皆に一致して合議、実施されていくわけがない。
  フィリピンの方々が、どれほど苦労したか??
  フィリピンの方々は、アメリカに殺されたり、虐待さ
 れたが、この言葉の上での虐(しいた)げも、酷(ひど)
 い影響を与えた。
  フィリピンでも、アメリカは罪なことをした・・
  そして、日系人の今・・、
  日系アメリカ人は、今・現在、長い歴史の中にあるが、
 彼ら日系人の内で完全にアメリカに同化し、アメリカ人
 になり切っているものでも、
  アメリカ社会で、完全に平等な待遇を受けるところま
 では行ってない。
  その1例を示すと・・、
  初め、アメリカに来て、最初の1年間は、自分が黄色人
 種として差別されているとは、全然、思わなかった。
  しかし、アメリカ人との接触が、濃くなって行くと、
 アルバイトとか、求職の際、電話では何でもなかったが、
 出掛けて顔を見ると必ず断られた。
  白人の友人が付いて来てくれても、結局、どうにもな
 らなかった。
  キリスト教の有色人種蔑視。
  (参考)フレデリック・ダグラス:1818年~1895年2月
 20日、アメリカ合衆国メリーランド州出身の元奴隷。
  奴隷解放運動家。政治家。新聞社主宰。
  奴隷の家族に生を受け、奴隷としての人生を運命づけ
 られた・・アメリカに根付く考え方で、可哀想に奴隷と
 して生まれてしまった。
  自由の民とはなれなかった。
  奴隷は、文字を習う事も違法とする差別の極の劣悪状
 態のアメリカだった。
  この様な中、彼は勉強に努力し・・そして・・
  逃亡奴隷となり自由を得る。
  23歳の時、マサチューセッツで反奴隷制の演説をした、
 「皮膚の色・性別を問わず、人は皆平等の権利を与えら
 れるべきだ」・・と、そして、新聞も発行した。
  アイルランド・イギリスなどの国外でも奴隷解放の講
 演をする。
  リンカーン大統領などとも奴隷解放の協議をする。
  そして、解放奴隷救済銀行の総裁も務める。
  奴隷解放運動を幅広く展開した・・、
  1872年、大統領選挙では、副大統領候補に指名された。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-11-22 05:00 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)458E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1888年1月~1888年1月)

題:(増補版)458E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1888年1月~1888年1月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1888年、出来事:
・内閣総理大臣:伊藤博文:1885年(明治18年)12月22日
 ~1888年(明治21年)4月30日
・内閣総理大臣:黒田清隆:1888年(明治21年)4月30日~
 1889年(明治22年)10月25日
・枢密院(すうみついん、天皇陛下の最高諮問機関)が設置
 された。
  伊藤博文が、枢密院を置いて初代議長となり、憲法草
 案の審議を司会した。議会開設後、初代貴族院議長を務
 めた。
・国歌「君が代」が制定され、公布された。
・大隈重信外相が、条約改正に努力するが失敗した(~1889年)
・市制・町村制、市町村を定める。市町村制公布。(4月)
・1道3府43県716郡に整理(12月)
・海軍大学校が開設された。
・日比谷から青山に練兵場が移転した。
・日墨修好通商条約が締結された。
・香川県が愛媛県より分離した。
.
1888年、データ:
・紡績工場の数:24
・自作農33.4%、自子作農46.0%、小作農20.6%
.
1888年、産業:
・御木本幸吉が、英虞湾(あごわん)で真珠の養殖を始め
 た。
・石炭無税輸出の件が公布された(7月20日)
・神戸港以外より米輸出されるに至る(下関・門司・口ノ
 津)
・わが国初の火災保険会社、東京火災保険会社が、営業開
 始した(10月1日)
・品川硝子製造所が、民間に払下げられビール瓶の製造に
 成功した。
・秦孝一郎が、孵卵器の改良をして安価となった。
・伊豆地方の種無し密柑が、和歌山をしのいで東京市場を
 賑わした。
・山葉寅楠が、日本製オルガンの製造に成功した。
 山葉風琴製造所(現:ヤマハ)
 山葉寅楠(やまはとらくす)が、浜松市に設立し、オル
 ガンの国産に乗り出した。
.
1888年、交通:
・山陽鉄道の兵庫駅~明石駅間が開通した(11月1日)
・姫路まで開通した(12月23日)、全通は1901年。
・警視庁が、不潔な円太郎馬車を諭告した。
・東京府は、乗合馬車の馭者、馬丁満20歳以下を禁じ、乗
 合馬車が激減した。
・東京に二人乗人力車が多かったが、漸次減少した。
.
1888年、衣:
・三越洋服店が開業した(1月)
・綿ネルの支那への輸出が始まった。
・花柳界より小紋の着物が流行した。
.
1888年、食:
・天長節の宴会に、大隈外相は、鹿鳴館に1000余名の招待
 状を出した。
・日本橋の西洋料理店「新吾妻」玉突場の営業広告を出した。
・麒麟(キリン)ビール発売(5月29日)
・非常に暑く、氷がよく売れた。
・東京米津風月堂が、アイスクリームと、ウォーターアイ
 ス(アイスキャンディー)を作り、発売した(5月)
・喫茶店が、はじめて上野黒門町にできた。
.
1888年、住・建築:
・皇城二重橋が、二ヵ年を要して竣工した(10月14日)
・国会議事堂の起工式をあげた(10月10日)
・辰野金吾設計の工科大学本館が落成した(7月30日)
・神戸電燈会社が開業した(9月)
・東京市内に、ガラス障子の家がかなり出来てきた。
.
1888年、報道:
・アメリカで発行の邦字新聞「世界の魁」は、治安を乱す
 内容があり、輸入禁止した(郵便報知新聞)
.
1888年、教育:
・東京美術学校が、上野に設立された(12月11日)
.
1888年、論・文学・本:
・『日本人』(政治評論雑誌)が創刊された。(4月)
・山縣有朋「軍事意見書」論文。
・中江兆民「國會論」論文。
・勝海舟「海軍歴史」執筆
・「朝鮮地誌略」刊行
・山縣悌三郎「少年園」創刊
・山田美妙「夏子立」
.
1888年、美術:
・慈母観音(狩野芳崖)
.
1888年、歌・流行・世相:
・最初のコーヒー店が、東京の上野黒門町に可否(かっひ
 ー)茶館ができた。
・神奈川県の、海水浴場の男女混泳が区分けされた(7月)
・支那カバンが柳行李にかわり流行する
・川上音二郎、オッペケペー節で人気を博した。
  民権運動家の川上音二郎が、大阪の井筒寄席で、政権
 を揶揄した「オッペケペー節」を始め、大人気を得た。
・「帝国」の語が流行した、帝國○○という会社名が増え
 た。
.
1888年、演劇:
・演劇の市村座が新築落成した。
角藤定憲らが改良演劇を上演した。
.
1888年、発明:
・下瀬火薬が発明された。
・最初の写真印刷法発明特許、池田早苗出願(12月3日)
・キネトスコープが発明された。
  アメリカのエジソンが、映像の再生可能な機械を発明
 し特許出願した。
  キネトスコープと呼ばれ、のぞき穴式で1度に一人しか
 見られなかった。
・G・イーストマンが、カメラを発明した。
  イーストマンのロールフィルム式の箱型カメラが登場
 した。
・李錦裳が、オイスターソースの製法を発明した。
.
1888年、医・衛生:
・パストゥール科学研究所が設立された(11月14日)
・文部省が、学生生徒の健康診断に当たる活力検査を開始
 した(12月28日)
・コレラの流行のため「長崎くんち」の奉納踊りがなしと
 なった(10月)
・東京師団に、白米病といわれた脚気患者が出た。
.
1888年、科学・技術・学問:
・東京帝国大学理学部の観象台を東京天文台に改称した。
 創設は1878年。
・静岡~東京長距離電話試験に成功した(東京~熱海間電
 話開通)
・那珂通世「支那通史」
・牧野富太郎「日本植物志図編」第1巻第1集が刊行した。
・電磁波の発生実験:ドイツのハインリッヒ・ヘルツが、
 火花放電で発生した電磁波を検出する実験をした。
  電磁波の存在は、理論的に証明されていた(2月2日)
.
1888年、災害・防災:
・磐梯山爆発した。
  噴火した噴出物で、ふもとに多数の湖沼ができ、死者
 461名が出た。
  老衰期火山の水蒸気爆発の典型。
.
  (今日の言葉)
.
  題:自分さえ利があれば、法律を犯したってやるという
   アメリカ大統領のルーズベルトだった・・、
.
1939年4月15日、リンドバーグが、ルーズベルトと会談した。
  アメリカ大統領のルーズベルトが、「戦争を作った」
 と言って始まった第二次世界大戦の約2年半間前のこの日
 に・・、
  飛行機で、大西洋を単独横断を成功させた事で有名な
 リンドバーグは、ホワイトハウスで、この大統領に会う
 機会を持った。
  二人の会談は、わずか15分であったが、リンドバーグ
 は、この時の印象を日記に書いて残していた。
  「大統領は、部屋の隅にある大きな机の後ろに座った
 まま、前かがみになって握手で迎えてくれた」・・と、
  そして、「足が悪いなどとはまったく気づかせないそ
 ぶりに感心した」・・と・・記述し・・続いて・・、
  大統領の話しぶりが、驚くほどスムーズで、しかも、
 もの柔らかい・・と、書いた。
  魅力に溢れていた・・と、書いた。
  しかし、リンドバーグは、そのあまりに居心地のよい
 語り口に、逆に、『何か違和感を感じた』と書いている。
  そして、それも・・話の内容が、日常よくある「たわ
 いない内容」であるのに・・とも言う・・、
  リンドバーグは、この前年、パリのアメリカ大使公邸
 に滞在した時のことを・・思いを重ねていた。
  この時、リンドバーグは、ウィリアム・ブリット大使
 から『奇妙な相談』を受けた。
  それは、このルーズベルト大統領が、秘密裏に、アメ
 リカの法律を破る行為をしようとしている・・というこ
 とだった。
  ブリット大使が、「極秘に・・(してもらいたい)」
 という前置きで話したことは・・、
  それは・・、アメリカは、その時、中立法という、ア
 メリカに有るこの法律によって、交戦国には、武器を輸
 出する事が出来なかった・・、
  しかし、ルーズベルトは・・、
  「戦闘機や爆撃機を、本格的に(フランスへ)渡す計
 画を進めている」・・ということだった。
  ドイツと交戦する可能性が高かったフランスには、法
 律違反となる行為だった。
  そこで、ルーズベルトは、カナダに工場を建設して、
 そして、やろうとしている・・と・・、そうすれば、本
 格的に支援が出来ると・・、
  リンドバーグは、一応、相談に応じるとしたという。
  アメリカが、完全に、戦争介入するという「脱法行為」
 の悪計(あっけい、わるだくみ)だった。
  アメリカ大統領という立場で・・ルーズベルトは、こ
 の様に、法を犯してまでも「違法行為を平気でやる」と
 いう性格の大統領だった。
  自分に利があれば、アメリカ国民の方々に対してウソ
 の行為となっても、
  その嘘をつき続けるという・・アメリカ大統領ルーズ
 ベルトだった。
  (参考)脱法:だっぽう、法律に触れない様な方法で
     法律で禁止していることを行なうこと。
.
  そして、次の(今日の言葉)
.
  題:もったいない事に・・この年に、松方コレクションが・・焼失した・・
.
1939年10月8日、松方コレクションが焼失した。
  ロンドンの「パンテクニカン」に保管されていた。
  記録には3点を除き、すべてが焼けた・・とある。
  その3点の行方(ゆくえ)は不明となっている。
  国立西洋美術館は、松方コレクション復元目録の作成
 をしている。
  この焼失は、まったく惜しい事である。
  実業家の松方幸次郎〈1865年~1950年)は、個人とし
 ては指折りの美術品を収集していた。
  このうち、パリに保管されていた分は、現在、多くが
 東京・上野の国立西洋美術館に収蔵されている。
  イギリス保管分が、まったく残念だったが、最近、そ
 の作品リストが確認された。
  イギリスのテート美術館が発表した。
  そのリストは、953点(現在の評価で250億円)。
  マネ・ゴッホ・ドラン・シャバンヌなどの巨匠もある。
  イギリス人画家ブラングィンが、約半数の450点ある。
  ちなみに、パリの18点は、フランス政府が返還を拒否
 している。
  そして、約22点は売却などをしたとの事。
  まったく無責任。
  また、日本にあるコレクションは、浮世絵約8000点で、
 これは、帝室博物館(現:東京国立博物館)に。
  西洋美術の約1000点は、国内外へ逸散した。
  (読売新聞、2016年9月6日)
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-11-19 03:21 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)457E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年12月~1888年1月)

題:(増補版)457E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年12月~1888年1月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1887年12月19日、東京・日本橋の大火(約1700戸焼失)
  東京・日本橋明治20年蛎殻町の大火:
  消防署に初めて電話が架設された7日後、2年前の1885
 年(明治18年)3月の大火で焼失した南茅場町と、日本橋
 川一つ隔てた蛎殻町二丁目15番地の劇場中島座より、午
 前1時ごろ出火した。
  同夜は、やや強い北風が吹いており、火の手はたちま
 ち金属葺き二階建ての同劇場の屋根を吹き抜け、
  蛎殻町二丁目、三丁目と延焼、
  炎は松島町も全焼させ、
  そこから南へ転じて、箱崎町の河岸一帯の民家を全半
 焼した後、
  午前6時15分、栄久橋のたもと付近でようやく鎮火した。
  焼失面積4万270平方m、家屋全焼1652戸、同半焼38戸。
  (出典:東京の消防百年記念行事推進委員会編「東京の
 消防百年の歩み)
1887年12月25日、「保安條例」公布(12月26日説あり)
  即日施行で、同条例違反に当たる民権運動家ら570人が
 次々と東京追放処分となった。
  別史料:尾崎行雄・中江兆民ら294人が、宮城(皇居の
 こと)の三里外に退去命令となる。
  別史料:星享、中島信行、中江篤介ら294名、皇居より
 三里以外に放逐。
  別史料:片岡健吉、尾崎行雄らが「皇居三里以内お構
 い(東京追放)」となる。
  別史料:片岡謙吉,尾崎行雄,中江兆民ら民権運動家570
 名が12/28までに東京市外へ追放される。
  (氷川清話)保安条例頒布
1887年12月27日、伊藤博文が、大隈重信に外相就任の再交
 渉を行った。
1887年12月28日、改正新聞紙条例などが公布された。
  勅令により、新聞紙条例(発行届出制に)
  出版条例改正が公布(1893年4月14日に廃止)
  版権条例(学術雑誌の版権登録を許すことに)
  脚本楽譜条例公布(脚本・楽譜などにも版権が認めら
 れることになった)
  (参考)出版条例は、明治政府によって、言論統制の
 一環として、出版物の取り締まりのために、1869年に、
 公布された条例であった。
  この時(1887年12月28日)出版条例は、新聞紙条例そ
 の他とともに全部改正が行なわれた。
  この改正は、取り締まりを厳しくするというよりも、
 むしろ法規の整理という面が強かった。
  原稿検閲の規定は廃止され、まったくの届け出主義と
 なった。
  しかし、その一方、治安を害し風俗を壊乱する出版物
 については、内務大臣に発売頒布を禁じ印本を差し押さ
 える行政処分権を認めた。
1887年12月28日、帝国生命保険会社が設立された。
  沿革:
  1886年9月、加唐為重、飯村知、千早正次郎の三名は、
   生命保険事業を研究し、我社の創立を盟約す。
  1887年11月、創立委員に加唐為重、福原有信、伊藤幹
   一、松本伊兵衛、小疇治郎兵衛の五名を挙ぐ。
    創立事務所を東京市日本橋区堀留町二丁目二十番
   地に置く。
  1887年12月5日、創立委員五名の連署にて、設立願を東京
   府農商課に提出、
  1887年12月28日、認可。
  1888年2月28日、創立総会を東京市日本橋区坂本町の
   銀行集会所に於て開催。
  1888年3月1日、東京市日本橋区堀留町二丁目二十番地
   の創立事務所に於て営業開始。
    株式資本金三十万円、払込資本金三万円、一株額
   面五十円、第一回払込一株に付金五円。
    最初の役員は社長(理事員)小疇治郎兵衛、理事員
   福原有信、同松本伊兵衛、同小野寺大三郎、理事員
   兼会計検査員伊藤幹一、理事員兼幹事長加唐為重の
   五名。
    保険種類は尋常終身(略号終甲)、有期終身(略
   号終乙)、養老年齢満期(略号養甲及養乙)、短期
   保険の四種。
    死亡表は英国十七会社表、予定利率は年四分。
    診査は医師鳥山巍氏に嘱託。
1887年12月29日、日本画家・渡辺小華が没した(享年53歳)
  江戸生れで、渡辺崋山の次男、(1835年~1887年)
  三河(愛知県)田原藩家老。
  7歳のとき父が自刃(じじん)。
  父の門人・椿椿山(ちんざん)に画法を学び、椿山歿
 後は福田半江に教えを受ける。
  また、経史(経書と史書)を大橋訥庵(とつあん)に、
 詩文を関根痴堂(ちどう)に学び、明治初期の絵画共進
 会において数度受賞した。
  花鳥画を得意とした。
1887年12月、勝海舟、特旨(とくし、特別の考え、君主の
 おぼしめし)を以って従三位に叙せられる(氷川清話)
1887年12月、勝海舟、「吹塵録」35冊、「吹塵余禄」9冊編
 集成る(明治23年大蔵省出版)(氷川清話)
1887年10月、フランス領のインドシナ連邦が成立した。
  フランスが1887年~1945年の間領有したインドシナに
 おける植民地および保護領で、
  (参考)インドシナ連邦:
  トンキン (北部ベトナム) 保護領、アンナン (中部ベ
 トナム) 保護領、コーチシナ (南部ベトナム) 直轄植民
 地とカンボジア保護領、ラオス保護領の5領をもって構成
 されたのがフランスの植民地インドシナ連邦。
  1858年に、フランスは、宣教師殺害事件を口実に、ベ
 トナムに侵攻した。
  1862年、サイゴン条約によって南部ベトナムの東3省を
 奪い、
  1867年に、実質的に西3省を併合した。
  これらは、フランス領コーチシナと呼ばれた。
  1870年代は、さらに、中国内陸部への商業ルートとし
 てのソンコイ川(紅河)に注目して、領土奪取の目的で、
  1873年に、ガルニエ事件を引き起こした。
  やりたい放題、取りたい放題だった。
  1900年代になると、アメリカが、我が領土の顔をして、
 ここに援蒋ルートを作り(中国蒋介石軍を援助する金と
 武器を運ぶルート)、秘密裏に援助した。
  日中戦争が、秘密の下に日中(米)戦争と化した。
  この援蒋ルートの存在を知った日本は、このルートを
 遮断しなければ戦争は延々と続くと、
  ルート遮断のため上陸すると、
  その行為を侵攻したと(自分も先に勝手に秘密に上陸
 しているのに)ひたすら日本だけを悪く言った。
  そして、戦争原因を日本が作ったとした(自分のして
 いる足元の事はまったく言わなかったアメリカだった)
  アジアの国々をいじめ放題の卑劣な列強各国だった。
・ベトナム:1887年に、フランス領インドシナ連邦となっ
 た。
  第二次世界大戦後独立、ベトナム人が、フランス軍に
 反抗して優位に立ったが、
  アメリカが干渉して、一時南北に分断、
  後に、ベトナム戦争を経過して、1975年に南北が統一
 され、1976年にベトナム社会主義共和国となる。
・ハワイ:ハワイは、19世紀には、捕鯨地として価値が高
 まり、捕鯨船が頻繁に訪れる様になった。
  やがて、真珠湾に、利用価値を見い出したアメリカは、
 1887年に、独占使用権を獲得。
  1893年には、親米派によるクーデターを起こさせ、共
 和国が誕生した。
  この時、幽閉されたリリウオカラニ女王が作ったのが
 アロハ・オエという歌。
  その後、1898年、フィリピンへの中継地点として絶好
 の立地だったハワイは、アメリカに併合されてしまった。
1887年7月14日、エスペラントが創案し、この日に発表した。
  創案者は、ポーランドの眼科医ザメンホフ。
  1905年に、国際語・エスペラントの世界大会が開かれ
 た。
1887年10月31日、蒋介石が生まれた(1887年~1975年)
1887年10月、孫文が、香港の医学校に入学する。
.
  (今日の言葉)
.
  題:戦犯裁判は、戦争に負けることを犯罪とした。
.
1887年、バーナード・モントゴメリー(イギリス)が生ま
 れた。
  題:負けることを犯罪とした。
  イギリスの子爵であるモンゴメリー元帥(バーナード・
 モントゴメリー、1887年~1976年)は、
  「戦犯裁判は、戦争に負けることを犯罪とした」との
 言葉を残している。
  「ニュルンベルク裁判は、戦争をして負けることを犯
 罪とした。
  敗者側の将軍たちは、裁判に付され、絞首刑に処せら
 れるというわけだからだ」・・と。
  そして、
  キリスト教の『宗教改革をした』というルターは、
  どうしてどうして、キリスト教の古い体質を『引きず
 った』キリスト教徒だった。
  宗教改革など、そっちのけの話がある。
  ルターは、猛烈な『魔女信仰』を持っていた。
  中世は、魔女にされて、焼かれた女性が、あちこちに
 いた。
  ある村は全滅してしまった。
  ヨーロッパ中が、魔女を焼く煙で煙っていたと言われ
 ているくらいな、忌むべきキリスト教の大汚点なのだが、
  この魔女観念を、ルターは『熱烈に』持っていた。
  ルターは、ヴァルトブルクという城で悪魔と戦ったと
 言った。
  悪魔は、袋からクルミを出し、床に撒いたりして攻撃
 して来た・・と、
  ルターは、その悪魔にインク瓶を投げつけ、戦ったと・・、
  今でも、インク瓶からこぼれたインクが、染みとなっ
 て、この城の壁に残っているという・・、
  故に、民間に信じられていた魔女信仰を、ルターは信
 じていた。
  「悪魔と魔女の情交」「愛撫術」なども良く知ってい
 た。
  また、ルターは、ルターの母が魔女からいたずらされ
 ていると信じていた。
  ルターは、出エジプト記の「魔女は生かしておいては
 ならない」というキリスト教の教義を信じ、そして、忠
 実だった。
  このキリスト教の教義に影響され、多くの女性が魔女
 して焼いた。
  ルターは、ドイツ語に翻訳した。
  ルターは、完全に教会悪魔学の「魔女理論」を引き継
 いでいる。
  ルター自身も、卑劣な事に、実際、女性を『火あぶり』
 にしている。
  それでなくても、ルターは農民戦争で農民を多く殺し
 た。
  そして、その火炙りの女性は、『魔女だ』という罪状
 だった。
  そして、キリスト教の最悪な事は、自分で免罪符を出
 しながら、極悪のし放題をするところだった・・、
  強盗が、極悪な事をする前に、先に『無罪の判決書』
 を自分で自分に出して、極悪行為をする様なものだ。
  キリスト教は、キリスト教の神を「殺人者製造マシン」
 に堕落させた。
  そして、ヨーロッパの土着民族だった「ケルト民族」
 が、聖なる色とした『黒』を、キリスト教は忌んだ。
  ・・が、後に受け入れ、黒を、びっくりしなくなった
 キリスト教徒・・、そんなことはよくあることさとした。
  キリスト教は、忌んでる『黒』に、後々まで、何だ、
 かんだと関わり、とうとう、『黒いマリア像』まで出現
 させた。
  この様に、コロコロと変わる教義だった。
  ローマ法王が、命を狙われた時、
  銃弾によって狙撃された・・その時・・、
  危うく助かったローマ法王は、『黒いマリア像に感謝
 している。祈った』・・と言った。
  ローマ法王が祈ったのは、天に居るというキリスト教
 の神ではなかった・・『三位一体神』ではなかった。
  「黒マリア」だったとは・・??
.
  そして、次の(今日の言葉)
.
  題:キリスト教聖職者は「初夜権」を持っていた・・
.
1746年3月30日、ゴヤが生まれた。
  だいぶ前の番組だが・・
  テレビ東京の番組の「美の巨人たち」・・で、
  (テレビ東京の番組は、2015・9・26、午後10時~
   「美の巨人たち、ゴヤ」)
  ゴヤの絵の説明の時、初夜権の行使を領主がやったと
 説明した・・、
  さすが・・キリスト教聖職者がやったと説明できなか
 った。
  魔女にした女性を、キリスト教裁判所で、キリスト教
 聖職者が・・女性を裁き、その女性を焚刑にしたが、
  その女性の死が救われるためにという名目で(いつも、
 キリスト教聖職者たちは、自分たちに都合のいい・・こ
 の様な理屈をつけるのだが・・)、
  その女性の死が悪魔の災禍から逃れるためにと、キリ
 スト教聖職者が、その女性が焚刑になる前の日に、キリ
 スト教の聖職者が、その女性の体を奪う行為をしていた。
  女性は、悪魔の罪過を逃れるためと称してキリスト教
 聖職者から体を奪われていた。
  キリスト教裁判所でも・・、
  キリスト教聖職者の裁きの行為において、魔女にした
 女性の四肢を四方に引っ張り、女性に酷い形にしたり、
 露わな形にした。
  拷問なのであるが、
  四肢を引っ張る苦痛と共に、女性が隠したいものまで
 見るという行為までしていたキリスト教聖職者たちであ
 った。
  女性の方々へ恥辱まで与えるというキリスト教聖職者
 たちであった。
  キリスト教聖職者たちは、性的な不満をこういう卑劣
 な状況・形で処理していた。
  その上・・最後には、この魔女にした女性がたの命を
 奪う事をするというキリスト教聖職者たちだった。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-11-17 05:32 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)456E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年10月~1887年12月)

題:(増補版)456E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年10月~1887年12月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1887年10月15日、三大事件建白書を提出する(10月29日説
 あり)
  諸県の代表が東京に会合し、建白書提出について協議
 した。
  2府18県の有志と片岡健吉が、政府に建白書「三大事件
 建白書」(言論と集会の自由・地租改正の軽減・不平等条
 約の改正・外交失政の挽回)を元老院に提出した。
1887年11月4日、大阪府の大和地方を分離して奈良県を設置
 した。
  1887年10月5日、大和国出身の大阪府会議員5人が、内
   務大臣・山形有朋に奈良県再置の件を請願した。
  1887年11月4日、大阪部から奈良県を分離、
  1887年12月1日、県庁開庁式を挙行した。
  そして、これまで・・、
  1868年(慶応4年)1月、新政府は、添上郡奈良に大和
 鎮台を設置。
  大和鎮撫総督府を経て、
  同年・1868年5月19日に、奈良県(第1次)、
  1868年7月29日に、奈良府となり、色々変遷があって、
  1871年(明治4年)に、第1次府県統合により、大和国
 10県が統合され、改めて奈良県が設置されたが、
  1876年(明治9年)に、堺県に編入されてしまう。
  1881年(明治14年)に、堺県は大阪府に編入され、奈
 良は「大阪府の大和地域」とされた・・しかし・・、
  1887年(明治20年)11月4日に、大阪府より分割され、
 奈良県(第2次)が再設置された。
1887年11月6日、浅草六区に、高さ32mの富士山の模型が置
 かれ、見せ物興業が行われた。
  安政の大地震(1855年)の時、浅草寺の五重塔が損傷
 を受けた。
  その修繕が、やっと、1886年(明治19年)に着工とな
 った・・が・・、
  この時、修繕費用を集める目的で、代金を1銭を取って、
 組んだ足場に登らせた。
  これが評判になった。
  これにヒントを受け・・明治20年のこの時・・、
 香具師の寺田為吉という人物が、浅草公園六区に、木造
 の富士山を作った。
  「富士山縦覧場」と言った。
  この時・1887年11月6日付の読売新聞広告に・・、
  「今般浅草公園第六区の地へ木造にて新築したる富士
 山は、その高さ18間(32.8m)、裾廻り150間(273m)、
 登りの長さ200間(364m)、降り230間(418.6m)にして、
 頂上の廻り18間(32.8m)、
  此の所に、天文鏡を備え、太陽内部の黒点を審らかに
 望み、
  その他望遠鏡を設け、東は隅田川より鴻の台を眺め、
 西は箱根の連山より富士の本山を望み、南は府下の市街
 を一覧し、北は吉原の遊郭、及び、千住戸田近郊を却下
 に見下ろす絶景なり。
  実に、開闢以来未曾有の観物なれば、開業当日より四
 方の諸君陸続御光臨の程伏して奉願上候」・・とある。
1887年11月10日、屋外集会と示威運動の規制
  警視庁が、野外集会・示威運動は、3日以前に届け出て
 認可を受けるようにした。
1887年11月29日、東京電灯会社が、市内配電を開始する。
  東京の日本橋茅場町から電気の送電を開始する。
  この年1887年の末には、火力発電所を、東京5箇所に設
 置する工事を始め、直流送電を行った。
  しかし、旺盛な電力需要の高まりに交流送電への転換
 を余儀なくされ、
  1893年(明治26年)には、200kWの国産大出力交流発電
 機を備えた浅草火力発電所の建設を開始した。
  そして、3年後の1896年に、完成させた。
  この時、浅草発電所において、東京電燈は、ドイツの
 AEG製交流発電機も併せて購入使用したが、
  これは交流50Hzによる電気を供給するものであった。
  これに先立ち関西の大阪電燈が、アメリカゼネラル・
 エレクトリック製の交流60Hz供給発電機を採用したが、
 これが現在まで続く、日本の東西で商用電源周波数が異
 なる原因となった。
1887年11月1日、法律取調所(委員会)を司法省へ移管した。
  法律取調委員会は、法典の起草を行なう機関であり、
 日本の法典整備に大きな役割を果たした。
  不平等条約の改正を進めていく中で、フランス公使シ
 ェンキェヴィッチが、司法大臣・山田顕義に対して、「
 日本が近く備えるであろう諸法律の体系をばらばらにし
 ない必要」があるが、「そのためには、一人の大臣を委
 員長とし、法典起草を担当する外国人を委員とする委員
 会を作るほか良策はないのではないか」と進言した。
  山田司法大臣は、この進言をいれ、井上外務大臣と協
 議を行い、山田から伊藤博文総理大臣宛に、法律取調委
 員会を設けること、その委員長には井上を任命すること
 が上申された。
  委員長、各委員は、伊藤より天皇陛下の裁可をへて、
 1886年8月6日付で任命された。
  明治期の日本国政府にとって、欧米諸国との間の不平
 等条約の改正ほど、難航をきわめた外交問題はなかった
 が、この外交問題が、日本国法制の近代化の原動力とも
 なった。
  治外法権の撤廃を求める以上、外国人に適用される法
 律は外国人から見ても納得のいくものでなければならな
 い。
  日本国政府は、条約改正の交渉を進めていく過程で、
 西欧型(泰西の法原則)に従った諸法律を作成するため、
 法律取調委員会を、1886年(明治19年)8月に、外務省に
 設置した。
  1887年11月1日、委員長山田司法大臣は、法律取調委員
 会略則を伊藤総理大臣に提出した。
  略則は、内閣で一覧されたようであるが、政令でもな
 く、勅令でもなく、委員長限りでの委員会の運用につい
 ての構想を文章化したもののようであった。
  法律取調の目的、内部に報告委員組合(民法組合・商
 法組合・訴訟法組合)を設けるなど委員会の組織、法案
 の外国語への翻訳等について規定していた。
  そして、司法省へ移管された、
  外務省に一時移っていた法律取調委員会が、再び、司
 法省に移管されると、顕義は、法律取調委員長に就任し
 た。
1887年12月1日、東京手形取引所が開設された。
  1879年12月に、16の銀行が参加した大阪手形交換所が
   日本の最初のものであり、
  以後、手形法制の整備に伴って、
  1880年10月に、東京でも為替取組所が創設され、
  1883年9月に、東京銀行集会所の機関である手形取引所
   が創設され、
  1887年に、東京手形交換所が、その下部機関として発
   足した。
  1891年3月には、日本銀行も参加してロンドンで行われ
   ていた銀行が、日本銀行に持つ当座預金を通じた振
   替決済が導入された。
    また、この時東京銀行取引の直属の機関となり、
   東京交換所と改称した。
   その後・・、
  1897年に神戸、1898年に京都、1900年に横浜、
  1902年に名古屋と、各地の主要都市に手形交換所が設
   置されていく。
  1903年には、全国の手形交換所の代表による第一回各
   地交換所組合銀行連合会も結成された。
1887年12月4日、龍池会が、日本美術協会と改称した。
  龍池会(りゅうちかい)は、明治時代初期の美術団体。「
  明治初年は、急激な西洋化の流れがあり、その結果、
 従来の美術作品は価値を落とし、作家も需要を失って窮
 乏した。
  この様な状況を危惧した佐野常民、河瀬秀治、九鬼隆
 一らは、1878年(明治11年)3月、上野の天龍山生池院
 (弁天堂)に集まった。
  これが、後の、「龍池会」の始まりだった。
  会頭は佐野、副会頭は河瀬が担当し、古美術品の鑑賞
 会(「観古美術会」)や、同時代の作品の品評会を主な
 活動とし、上野で会合を持った。
  当初は、旧来の美術をそのままに保護しようという方
 針であったが、
  重要なブレーンであったフェノロサは、狩野芳崖を通
 じて和洋折衷の新しい日本画の創出を目指すようになり、
 内部での対立を生み出した。
  この結果、1884年(明治17年)に、九鬼や岡倉覚三(
 天心)、今泉雄作らの文部省組が離反して、新たに「鑑
 画会」を発足させた。
  この運動は、1887年(明治20年)の東京美術学校の設
 立へと至った(同校の授業開始は1889年(明治22年)
  鑑画会の革新運動に危機感をいだいた龍池会側は、宮
 内省との関係を深め、
  1887年(明治20年)に、有栖川宮熾仁親王を総裁に迎
 えて「日本美術協会」へと改称する。
  純粋な伝統絵画を保存しようという方針の下に、伝統
 画派の重鎮が集まり、鑑画会系の革新派が新派と呼ばれ
 たのに対して旧派と呼ばれた。
  1888年(明治21年)には、会報である『日本美術協会
 報告』を創刊した。
1887年12月6日、島津久光が逝去した(享年70歳)
  島津右大臣逝去(氷川清話)
  幕末・明治の政治家。
  薩摩藩主・島津斉興の三男(5男説あり)(1817年~
 1887年)
  島津斉彬は異母兄。
  初名は忠教、幼名は普之進・又次郎。
  号は頑古道人・大簡等。
  斉彬の死後、久光の実子(じっし、血を分けた自分の
 子)の忠義が藩主となった後は、本家に復帰して藩政の
 実権を握った。
  兄・斉彬の遺命で子・忠義が藩主の座につき、久光は
 国父として藩政の実権を掌握する。
  急進派と佐幕保守派の両者を排して朝廷と幕府との間
 を妥協させようとする公武合体派の中心人物となり、
  1862年、公武合体周旋のため兵を率いて入京し、
  その立場から、寺田屋騒動では討幕派志士・藩内尊攘
 派を武力鎮圧した。
  さらに、勅使・大原重徳(しげとみ)を奉じて江戸に
 向かい幕政改革を実行した。
  帰途、生麦事件が発生し、薩英戦争の種をまいた。
  1874年(明治7年)維新後の新政府で左大臣に任じられ
 るが、保守的意見がいれられず、まもなく帰国し、
  1875年(明治8年)引退した。
  明治20年(1887)12月6日、歿、
1887年12月9日、最初の大型鉄橋である隅田川の吾妻橋(
 あづまばし)が竣工した。
  最初の架橋は、1774年(安永3年)10月17日で、それま
 では「竹町の渡し」と呼ばれた渡し舟があった。
  江戸時代に隅田川に架橋された5つの橋のうち最後の橋
 で、1769年(明和6年)4月に、浅草花川戸の町人・伊右
 衛門と下谷竜泉寺の源八の嘆願が幕府によって許可され、
 着工後5年で完成した。
  長さ八十四間(約150m)、幅三間半(約6.5m)の橋で、
 武士以外の全ての通行者から2文ずつ通行料を取ったと記
 録にある。
  1786年(天明6年)7月18日の洪水の時に永代橋、新大
 橋がことごとく流され、両国橋も大きな被害を受ける中
 で無傷で残り、
  架橋した大工や奉行らが褒章を賜ったと言われている。
  その後、幾度かの架け替えが行われたとある。
1887年12月15日、郡山~塩釜間が開通。
  日本鉄道の郡山駅~塩釜駅間が開通し、これにより、
 上野駅~塩釜駅が全通した。
   上野~仙台は1日12往復で、所要時間は12時間20分。
1887年12月16日、宮城(皇居)二重橋、木橋を石造に改築
 して竣工した。
  木造橋の時に、橋桁が上下二段に架けられていたこと
 から、「二重橋」と呼ばれるようになった(奥の橋)
  二重アーチ構造であることから、「この石橋が二重橋
 である」との誤認が多い。
  また、「手前の石橋と奥の鉄橋が同じ濠に2つ重なって
 架かる橋だから二重橋」というのも正確ではない。
1887年12月17日、倉敷紡績所の設立許可(営業許可)が出
 された。
  1888年、岡山県窪屋郡倉敷村(現,倉敷市)に設立され
 た有限責任倉敷紡績所に始まる。
  初代社長は地元の実業家大原孝四郎。
  1906年~1939年、社長をつとめた大原孫三郎は孝四郎
 の次男。
  1889年から綿糸生産を開始、
  1893年に、倉敷紡績(株)に社名を改めた。
  合併・買収等で規模を拡大し、
  1924年には、精紡機20万錘を有するまでになった。
  また、経営多角化をすすめ、
  1926年に、倉敷絹織(現,クラレ)を設立してレーヨン
 に、
  1935年には、倉敷毛織を設立して羊毛紡織に進出した。
1887年12月18日、島津久光の国葬が鹿児島で行われた。
  葬儀のために道路が整備されて、熊本鎮台からは儀仗
 兵1大隊が派遣された。
  1887年9月21日、従一位
  1887年9月29日、金製黄綬褒章
  1887年11月5日、大勲位菊花大綬章
.
  (今日の言葉)
.
  題:停戦を引き延ばす・・『アメリカ』と『ソ連』・・
.
1945年7月17日、ポツダム会談
  ポツダム会談は、ナチス・ドイツ降伏後の1945年7月17
 日~1945年8月2日に行われた。
  ソ連占領地域となったポツダム(ドイツのベルリンの
 近く)に、アメリカ合衆国、イギリス、ソビエト連邦の
 3カ国の首脳が集まった。
  このポツダム会談は、イギリス首相のチャーチルの強
 い要望で始まった。
  ドイツが降伏して、アメリカ軍が、日本の戦線へ移動
 するため、欧州から引き上げているのに対し、今まで味
 方だと思っていたソ連赤軍の占領地域が広がっていた恐
 怖からだった。
  まったく愚かな事だった。
  アメリカ大統領のルーズベルトのそそのかしによって
 領土欲を強く持ったソ連のスターリンは、東アジアにお
 いても、アメリカの思惑以上の侵略欲を行使しようとし
 ていた。
  このヨーロッパ戦線においても、そのソ連軍の恐怖が
 始まっていた。
  1945年7月18日、ポツダム会談の中で、ソ連のスターリ
 ンは言った・・、
  「日本から要望書が来ている。どう対応すべきかアド
 バイスしてほしい」・・と、
  それは、日本の近衛公が、和平努力のため、モスクワ
 を訪問するという日本からの『正式要望書』だった。
  そして、スターリンは言った・・、
  「こういうのは無視するに限る」・・と、(この時は
 まだ、日ソ中立条約が継続中(成立している)
  そして、また、「近衛訪問はまだ問題があり、貴国(
 日本)はしばらく静観すべし」と解答する予定だと言っ
 た。
  (もう、完全に、ソ連のスターリンは、日本をだまし、
 日ソ中立条約を破棄して、戦端を開く腹積もりになって
 いる・・日本の領土が欲しい・・だった)
  ソ連には、日ソ中立条約を破棄して、日本領を奪う予
 定がはっきりあり、領土奪取にとらわれていた。
  (もう完全に・・アメリカ大統領ルーズベルトのマイ
 ンド・コントロールにはまってしまっていた)
  アメリカ大統領のトルーマンは、日本の暗号は完全に
 解読し、
  日本の交信は、すべて知っていて、日本が、スウェー
 デンや、スイスに停戦の仲介を求めている事も知ってい
 た。
  日本の和平努力は、空回りしていた。
  アメリカが、早期に戦争を戦争を止めたいのなら、ア
 メリカは、どんどんスウェーデンや、スイスに働きかけ
 て、戦争を終わらせる努力をするわけだ・・が・・そう
 しなかった・・正義があるなら、話をするべきだった。
  しかし、アメリカは、その様な事を知っていながら、
 その様な努力は・・しなかった。
  何故か?
  同席して居たアメリカの国務省ロシア専門家のボーレ
 ンは、「(アメリカが、ソ連へ撒いたエサ)対日参戦で
 約束された「獲物」の事を考えれば、スターリンの意図
 はむしろ停戦の可能性を引き延ばす事にあった」と思っ
 たと記録に残しているが・・
  しかし、ソ連の、『そのことだけだった』のだろうか?
 それだけだっただろうか?
  アメリカが、日本の意思(早く停戦したい)を知って
 いながら、積極的に停戦へ向けて動かなかったのは・・
 アメリカはアメリカで、停戦時期を延ばす目的があった、
  「原爆投下の予定があったからだった」。
  原爆投下後の・・アメリカの動きからも・・その予想
 できる。
  ソ連は領土、そして、アメリカは、この後、「戦略的
 に重大な重みをもつ原爆」の威力が知りたくて、試した
 かった。
  卑劣な事である。
  これが真実なのである・・、
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-11-16 04:50 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)455E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年9月~1887年10月)

題:(増補版)455E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年9月~1887年10月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1887年9月26日、日本・タイが修好した。
  この日に「日暹(にちせん)修好通商に関する宣言」
 (日タイ修好宣言)が調印されて、
  日本とタイとの間に、正式な外交関係が開始された。
  日本とタイ間の外交関係は、両国の王室・皇室間の親
 密な関係も基礎となっていて、
  また、活発な要人往来や、幅広い人的交流の拡大とも
 なっている。
  そして、持続的な日本の直接投資や両国間貿易にみら
 れる緊密な経済関係もより大きな両国関係を築いている。
1887年9月、「日本の女子(日本之女学)」が創刊された
 (8月説あり)
  この頃の、女性誌の主な創刊を見ると・・、
  ・女学新誌 (じょがくしんし):1884年(明治17年)6
   月、修正社
  ・女学雑誌 (じょがくざっし)1885年(明治18年)7月、
   万春堂
  ・女学叢誌 (じょがくそうし)1885年(明治18)年12月、
   績文舎
  ・以良都女 (いらつめ)1887年(明治20年)7月、
   成美社
  (女子教育を論じ、婦徳を高め、その地位の向上を期
   すると共に、言文一致の文体を世にひろめることを
   主としていた)
  ・日本之女学、1887年(明治20年)9月
  ・東京婦人矯風雑誌、1888年(明治21年)4月
  ・婦人教育雑誌、1888年(明治21年)5月
  ・日本新婦人、1888年(明治21年)9月
  ・文明の母、1888年(明治21年)10月
  ・大日本婦人教育会雑誌、(明治21年)12月
  ・国乃もとゐ (くにのもとゐ)1889年(明治22年)4月、
   興文社(日本婦人雑誌系列)
  ・女学生1890年(明治23年)5月
  ・婦女雑誌、1891年(明治24年)1月
  ・花乃園生、1891年(明治24年)2月
  ・女鑑、1891年(明治24年)8月
  ・女権、1891年(明治24年)9月
  ・家庭雑誌、1892年(明治25年)9月
  ・うらにしき、1892年(明治25年)11月
  ・婦人衛生会雑誌、1889年(明治22年)5月
  ・婦女雑誌 (ふじょざっし)1891年(明治24年)1月、
   修正社
  ・婦人弘道叢記、1894年(明治27年)10月
1887年9月:日本麦酒醸造会社が設立された。  
  工場地購入(1888年)
  恵比寿ビール発売(1890年)
1887年9月、沖縄県尋常師範学校に、天皇・皇后両陛下の御
 真影が下付された。
1887年10月3日、後藤象二郎が、大同団結運動推進のために
 丁亥倶楽部(ていがいくらぶ)を結成目指し、
  4日に、各党関係者が協議した(~1889年)
  (1890年の国会開設が間近になり、民権運動の再興が
 急務となった。
  1886年10月、旧自由党・立憲改進党の有志が、全国有
 志大懇親会を開き、小異を捨てて大同につくことを確認
 しあったのが端緒だった。
  そして、その翌年・1887年、井上馨(かおる)外相の条
 約改正案の屈辱的内容が暴露されると、両派は提携し、
 全国各地で、条約改正中止建白運動を展開した。
  それは、さらに地租軽減、言論・集会の自由をあわせ
 た三大事件建白運動に発展し、
  建白書提出委員が続々上京した。
  往年の民権運動の全盛期を再現するに至った。
  こうした下で、同年・1887年10月、後藤象二郎(しょう
 じろう)は、丁亥倶楽部(ていがいくらぶ)を設立し、
  全国同志の団結を呼びかけた。
  旧自由・改進両党有志の懇親会と、それに続く丁亥倶
 楽部の設立に始まると、古老財産家と壮士とが結合し、
 議会政治を実現することを訴えた)
  大同団結運動は、後藤象二郎、星亨、中江兆民らによ
 って進められた自由民権運動後期の政治運動(統一運動)
 だった。
  この運動は、当初、星・中江らが、主に旧自由党員に
 「小異を捨て大同団結する」ことを求める呼びかけを起
 すことに始った。
  翌・1888年2月に、改進党の実質的党首の大隈重信(お
 おくましげのぶ)が外相に就任し、運動の分断が策された。
  同年・1888年、後藤は、大同団結を唱えて地方遊説を
 行い、雑誌『政論』を発行し、地方名望家層の政党への
 組織化を図った。
  しかし、改進党系の多くは、この動きに加わらず独自
 の組織化に着手したため、旧自由党系中心の運動に転化
 した。
  しかも、1889年3月、後藤自身が、逓(てい)相に就任し、
 運動から退くと、
  直前の恩赦で、多くの有力民権家が出獄し、指導者に
 迎えられたこともあって、運動は分裂し、大同倶楽部と
 大同協和会が発足した。
  ここに、大同団結運動は完全に終焉(しゅうえん)した。
1887年10月4日、東京音楽学校が設立された(10月5日説あ
 り)
  この年に、上野の東四軒寺跡地に開校した日本で最初
 の音楽専門学校で、
  初代校長は、音楽取調掛長であった伊沢修二。
  文部省図書取調掛を東京美術学校とし、音楽取調掛を
 東京音楽学校とあらためた。
  両校は、後の東京芸術大学の前身。
   1879年に文部省に設置された音楽取調掛は、勅令第五
 十一号、および、文部省告示第九号によって、東京音楽
 学校と改称された。
  この日本初の音楽学校の誕生にあたって、大きな役割
 を果たしたと言われるのが、1886年に、文部大臣・森有
 礼に提出された「音楽学校設立ノ儀ニ付建議」だった。
1887年10月5日、文部省に専門学務局と普通学務局が設置さ
 れた。
  文部省官制はしばしば改正された。
  この明治二十年(1887年)十月、文部省官制の改正に
 より、学務局を廃止して、専門学務局・普通学務局の両
 局を設置し、
  明治二十三年(1890年)六月には、編輯局を廃して、
 総務局の中に図書課を置き、従来編輯局が扱っていた教
 科用図書規定・図書の編集・飜訳などの事務を処理させ
 ることとした。
  二十四年(1891年)七月には、各省官制通則の改正に
 よって総務局が廃止され、
  また、文部省官制の改正で会計局が廃止されたので、
 文部省の機構は大臣官房のほか専門学務・普通学務の両
 局を残すだけとなった。
  (文部科学省のホームページを参考にした)
1887年10月5日、東京音楽学校が開校した。
1887年10月5日、図画取調掛を東京美術学校と改称し設立さ
 れた。
  この年に東京府に設立された官立(唯一)の美術専門
 学校で、略称は「美校」。
  日本最初の美術教員・美術家養成のための機関であり、
 当初は、文人画を除く伝統的日本美術の保護を目的とし
 たが、
  その後、西洋画・図案・彫塑など西洋美術の教育も行
 うようになった。
  修業年限5年のうち、最初の2年を基礎実技と学科を担
 当する「普通科」、後の3年を専門科目を担当する「専修
 科」とした。
  1886年(明治19年)~翌・1887年にかけて、文部省図
 画取調掛委員として岡倉覚三(天心)、および、フェノ
 ロサは、欧米調査旅行を行った。
  この旅行は、美術教育全般に関わる調査を目的とした
 ものであったが、
  美術学校の組織管理、および、学科教授法も含まれて
 おり、2人の報告に基いて、
  1887年10月、勅令によって図画取調掛、および、工部
 大学校内「工部美術部」を統合・改編して、東京美術学
 校が設立された。
  1889年2月の開校後、1890年に就任した岡倉覚三(天心)
 が事実上の初代校長であった。
  副校長はフェノロサが務めた。
  1949年に、音楽取調掛から東京音楽学校に改称した学
 校と共に、両学校が統合され「東京芸術大学」になった。
1887年10月7日、日本初の上水道が、横浜で給水された(10
 月17日説あり))
  横浜に上下水道が完成した、給水人口は10万人。
1887年10月8日、陸軍大学校条例が公布された。
  陸軍大学校(りくぐんだいがっこう)は、大日本帝国
 陸軍の参謀・高級将校養成教育機関(軍学校)。
  略称は陸大。
  1882年(明治15年)に、「陸軍大学校条例」が制定さ
 れて創設され、教官にはフランス軍将校があたっていた。
  1883年(明治16年)4月に、赤坂の参謀本部敷地内に、
 生徒10人で開校した。
  1884年(明治17年)には、ドイツ帝国の陸軍大学校を
 モデルとすることになり、
  参謀本部長・山縣有朋、陸軍卿・大山巌によりドイツ
 人教官の招聘が決定された。
  日本からの要請を受けたドイツの陸軍大臣ブロンザル
 ト・フォン・シェレンドルフや、参謀総長ヘルムート・
 カール・ベルンハルト・フォン・モルトケは、
  1885年(明治18年)に、クレメンス・ウィルヘルム・
 ヤコブ・メッケル参謀少佐を陸大に派遣した。
  教官となったメッケルは、それまでの図上演習等に加
 えて現地における参謀業務の実習、戦術教育を重視し、
 3年次には参謀演習旅行を行った。
  メッケルは、1888年(明治21年)に退任したが、その
 教育は高く評価され、後年まで影響を与えた。
  第一条:陸軍大学校は、歩騎砲工兵科士官の入学志願
     者を選抜し学生となし其学術を進達せしめ、将
     来能く参謀の職務に堪ゆべき者を養成する所な
     り。
.
  (今日の言葉)
.
  題:1945年にあったこと・・二題・・
.
1945年7月24日、ポツダム会談が行われているこの日、ソ連・
 赤軍のアントノフ将軍は、この会談で言った、
 「ソ連は、8月15日以降に日本に対する攻撃準備を完了す
 る」・・と。
  そして、この会談において、アメリカ大統領のトルー
 マンは、会談の合間に、通訳を連れずに、ソ連のスター
 リンに近づき、そして、言った・・、
  「実は、通常爆弾では考えられない破壊力を備えた新
 兵器開発に(アメリカは)成功した」・・と。
  原爆の開発が成功したことを意味していた。
  この事は、ソ連側通訳を通して、内容が、スターリン
 へ伝えられ、スターリンは、「アメリカの原爆開発成功」
 を知った。
  アメリカ大統領のこの原爆告知が、対日本への参戦の
 時期を早まった。
  そして、これから、満州・千島列島などの日本領への
 ソ連の奇襲が始まる。
  満州には、戦車軍団が国境を越えて殺到する。
  多くの日本人殺戮が始まる。
  満州では、無抵抗の満州開拓団の日本人は、ソ連戦車
 に踏みにじられ、蹂躙され、また、無差別な機関銃の乱
 射を受け、
  機関銃の乱射を浴びせられた日本人の方々には、想像
 を絶する地獄図の様相が現出した。
  アメリカの卑劣なそそのかしは、この様な形にもなっ
 て表れた。
  アメリカのあおりに乗ったソ連の悪行がなされた。
  国際法違反の一般市民への、無抵抗な市民への殺戮だ
 った。
  東京裁判で、裁かれるべき事項だった。
  アメリカは、見逃した。
.
  そして、次の(今日の言葉)
.
1945年8月14日、日本が降伏した。
  日本の有条件の降伏の意思が伝えられていたアメリカ
 は、日本の降伏が、この日に成立した。
  アメリカの国体までの破壊を要求しないという有条件
 の降伏だった(無条件降伏ではない)。
  この日、8月14日、アメリカのワシントンにある国務省
 では、激しい議論がなされていた。
  日本の降伏後、日本が管轄していた地が、空白となる
 事についての考えの違いについての議論だった。
  ルーズベルトのソ連の対日参戦のそそのかしにおける
 話は、千島・南樺太・満州が話に出ていただけで、他は、
 話に出ていなかったからだった。
  アメリカは、どこまで占領すべきかだった。
  国務省・陸軍・海軍の考え方は違っていた。
  ただ、陸軍と海軍は、戦争に疲弊していたので消極的
 だった。
  これに対し国務省は、「中国北部まで進むべし」と強
 気だった。
  また、自国・アメリカが、火をつけたソ連の東アジア
 侵攻が気がかりだった。
  ソ連は、どこまで侵攻するのか?である。
  満州全域を占領し、朝鮮半島をのみ込むのは時間の問
 題だった。
  まったく愚かなアメリカだった。
  自分の撒いた種で苦悩した。
  日本が、この地域の安定を保ち、豊かな地にしようと
 努力していた有り難さ・・、
  開拓民の方たちの汗、朝鮮の方々と一緒になって、ど
 ちらかというと朝鮮の方々の方が多い方々という一緒に
 なっての開拓の汗・・、
  また、日本の、自国の資本を持って行って・・そして、
 その資本投下する開発行動などなど・・が、
  この時に、アメリカに、つくづく有り難く感じさせた
 であろう。
  アメリカ国務省での議論は、深夜も延々と続いた。
  やっと、朝鮮半島は、アメリカが進駐(侵攻)すべき
 地だと決まった。
  そして、朝鮮半島のすべてか? 一部か?
  一部ならどこまでか?・・議題は、延々とあった。
  ソウルは、アメリカ側だろうな?
  こんな思いや、話で・・時は過ぎて行った。
  歴史は・・この様な・・形で・・作られて行った・・、
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-11-14 06:03 | 皆様とともに 幸せになりたい


はじめまして、ブログを始めさせていただきました


by suba28

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
悲惨な戦争を無くしたい
悲惨な戦争を無くせないので
皆様とともに 幸せになりたい
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

(増補版)561E2/3:1..
at 2017-10-19 05:00
(増補版)560E2/3:1..
at 2017-10-15 04:13
(増補版)559E2/3:1..
at 2017-10-10 04:31
(増補版)559E2/3:1..
at 2017-10-10 04:31
(増補版)558E2/3:1..
at 2017-10-04 04:25

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧