<   2016年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

(増補版)447E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年4月~1887年4月)

題:(増補版)447E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年4月~1887年4月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1887年4月26日、第26回 條約改正會議で、改正案が成立し
 た。
  第二十六回条約改正会議で、裁判管轄に関するイギリ
 ス・ドイツ案を修正して議定(ぎじょう、合議してこと
 を決めること、また、その評議)した。
  その内容は、領事裁判権を撤廃する・関税自主権の一
 部を回復する(輸入税率を5%から10%に引き上げる)
  代わりに、次のことを実行する。
  (1)批准後2年以内に、日本内地を外国人に開放する。
  ハリスとの条約では、横浜・神戸などの居留地以外で
 は、外国人は、居住・通商・不動産所有は禁止されてい
 た。
  領事裁判権も、居留地のみに適用としていた。
  井上案によると、外国人に内地雑居の地を認める。
  つまり、どこでも居住・通商が出来ることになる。
  (2)そのために、外国人にも通用する西洋主義によ
   る法典を編纂する。
  そのためには、日本の国家主権が制限される。
  (3)内地雑居の地で起きた外国人が関係する事件では、
    すべての裁判所で、外国人判事・検事を半数、任
    用する・・というものだった。
1887年4月26日、九代目市川団十郎、井上馨邸にて「勧進帳」
 を演じ、栄誉に浴した。
  東京.麻布鳥居坂の井上馨邸で、明治天皇陛下が歌舞
 伎を観覧された。
  初めての天皇陛下の演劇観覧だった。
  また、井上の他にも、伊藤博文や松方正義などの元老
 などの国内外の関係者が観劇し、演目は「勧進帳」のほ
 かもあった。
  これによっても、歌舞伎の高尚化が進み、歌舞伎役者
 の社会的地位も良くなり、
  近代歌舞伎が、国劇の地位を確保する大きな転換点と
 なった。
  政府側も、欧米に文明国・日本を印象付けるため、内
 外上流社会の社交場として、外国大使らを招く国際的な
 観光行事として取り組んだ。そして、
  天覧劇への外国要人の招待は、不平等条約改正を図る
 「鹿鳴館外交」の一環とされた。
1887年4月28日、農業の振興に大切な化学肥料・・、
  東京人造肥料会社が設立された(2月説あり)
 後の大日本人造肥料、そして、日産化学工業株式会社へ。
  同社のホームページより、以下その沿革・・、
  1887年(明治20年)高峰譲吉、渋沢栄一、益田孝ら明
 治の先覚者により、わが国初の化学肥料製造会社である
 東京人造肥料会社として創業した。
  その後、関東酸曹株式会社、日本化学肥料株式会社等
 を合併し、
  そして、大日本人造肥料株式会社に商号変更、
  1937年(昭和12年)に、日本産業株式会社傘下の日本
 化学工業株式会社に資産等を包括譲渡したのちに、現在
 の社名である日産化学工業株式会社に改称した。
  最初の工場は、現在の江東区大島1丁目に建造され、い
 まも跡地の公園には当時を偲ぶ記念碑がある。
  1887年(明治20年)2月、東京人造肥料会社(のちの東
 京人造肥料株式会社)設立
  1889年(明治22年)7月、日本舎密製造会社(のちの日
 本化学肥料株式会社)設立
  1891年(明治24年)3月、日本舎密製造会社小野田工場
 (現在の当社小野田工場)完成
  1895年(明治28年)12月、合資会社王子製造所(のち
 の関東酸曹株式会社)設立
  1897年(明治30年)11月、関東酸曹株式会社王子工場
 (のちの当社王子工場)完成
  1907年(明治40年)12月、東京人造肥料株式会社小松
 川工場(のちの東京日産化学株式会社)完成
  1910年(明治43年)7月、東京人造肥料株式会社が大日
 本人造肥料株式会社と改称
1887年4月30日、法律顧問ロエスレル「日本帝国憲法草案」
 を提出する。
  政府の法律顧問であったドイツ人・ロエスレルが、法
 制局長官の井上毅に、独文での憲法試案を提出した。
  ロエスレルは、1878年、当時の駐独公使・青木周蔵の
 周旋によって、外務省の公報顧問として招聘された。
  ロエスレルは、1834年、ドイツ・バイエルン地方のラ
 ウルに、弁護士の子として生まれた。
  カール・フリードリヒ・ヘアマン・ロエスレルは、エ
 ルランゲン大学やチューリッヒ大学で、法学や国家学を
 学んだ後、
  ロストック大学の教師となると、
  1861年に、27歳の若さで同大学の国家学教授となった。
  1878年に、訪日するまでその地位にあって、イギリス
 の経済学者アダム・スミスを批判した書や、社会行政法
 に関する書を著し、学界の指導者として知られていた。
  ドイツ公使だった青木周蔵のあっせんにより、外務省
 の法律顧問として訪日したロエスレルは、
  1881年3月ころから、民法の起草をするかたわら、
  岩倉具視の知恵袋といわれ、
  のちに、大日本帝国憲法(明治憲法)の起草者のひとり
 となる井上毅に、ドイツ(プロイセン)流の君主主義的憲
 法の採用をアドバイスした。
  一方、大隈重信は、イギリスにならった開明的憲法を
 つくるように政府に提案したが、
  同年・1881年7月、岩倉によって憲法制定の根本方針は、
 ドイツ的立憲主義とすることが上奏され、
  他の事件とのからみもあって大隈は罷免された(明治
 十四年の政変)。
  その後、ロエスレルは、内閣顧問に抜擢(ばってき)
 されて、伊藤博文の信任を得た。
  1886年秋ごろから、伊藤の私邸で、伊藤、井上、伊東
 巳代治、金子堅太郎を中心に大日本帝国憲法の草案作成
 が極秘のうちに着手された。
  ロエスレルも、私邸近くに宿泊して助言を求められた。
  1887年夏に、「日本帝国憲法草案」ができあがったが、
 その草案の多くは、ロエスエルが、4月に提出した私案の
 大半が採用されたと言われている。
  そして、「日本帝国憲法草案」は、そのまま受け入れ
 られ、
  1889年に発布され、1890年に公布された。
  その後、ロエスレルは、商法を起草したが、民法とと
 もに施行延期となっている。
  1893年に帰国し、翌年・1894年に、妻子の住むオース
 トリアに移り、亡くなった。享年60歳。
1887年4月、「対馬要塞」が建設を開始した。
  温江砲台・芋崎砲台・大平低砲台を起工した。
  そして、この年の9月に、大石浦砲台も着工した。
  翌年の1888年には、この4つの砲台が竣工している。
  対馬の防備のため設置された大日本帝国陸軍の要塞。
  対馬中部の浅茅湾を防備するため、1887年4月から工事
 が開始された。
  この工事は、東京湾に次いで日本で二番目のもので、
 1888年10月までに、4砲台が竣工し、日清戦争を迎えた。
1887年4月、長崎海運局の前身となる長崎司検所が開所した。
1887年4月、三菱社社長岩崎彌之助が、大蔵大臣伯爵・松方
 正義に長崎造船局の払下げを申請した。
  1887年6月、代金45万9000円で許可を受け、長崎造船局
 は三菱社の所有となる。
  現在、三菱重工業長崎造船所となっているが、日本を
 支えて来た、そして、これからも支えて行くこの社の流
 れ(沿革)は・・、
  1857年(安政4年)江戸幕府直営「長崎鎔鉄所」の建設
    着手。
  1860年(万延元年)「長崎製鉄所」と改称。
  1861年(文久元年)完成。
  1868年(明治元年)官営「長崎製鉄所」となる。
  1871年(明治4年)工部省所管「長崎造船局」と改称。
  1879年(明治12年)立神第一ドック完成
  1884年(明治17年)三菱経営となる。
    「長崎造船所」と改称。(三菱重工業は、この年を
    創業年としている。)
  1887年(明治20年)設備の払い下げを受ける。
  長崎県長崎市にある本工場(長崎造船所)、香焼工場、
 幸町工場と、諫早市の諫早工場からなる。
  大型客船や大型タンカー、LPG船等の船舶のほか、発電
 プラント、環境保全設備、海水淡水化プラント等、多岐
 にわたる製品を製造している。
  本工場(長崎造船所)は、1857年(安政4年)に、日本
 初の艦船修理工場「長崎鎔鉄所」として誕生し、江戸幕
 府から明治政府に管理が移った後、
  1887年(明治20年)三菱に払い下げ、以後民営の造船所
 として多数の艦船を建造した。
  戦艦「武蔵」を建造したことでも有名。
  戦後、三菱重工は3社に分割されるなど親会社は紆余曲
 折したが、本工場は賠償撤去指定工場を免れ存続する。
   一時期は受注も途絶え小型の漁船を細々と建造する
 有様であったが、
  1950年(昭和25年)の朝鮮戦争前後よりその高い造船
 技術を評価され 、
  以後オイルショック頃まで大型タンカー受注が続いた。
  現在は、民間船舶の他、海上自衛隊の自衛艦も多数建
 造している。
  1950年代には、後甲板の傾斜に特徴的な設計を持つ護
 衛艦を多く建造し、護衛艦における「オランダ坂」の名
 前の由来となった。
.
  (今日の言葉)
.
  題:マッチポンプ・・アメリカ・・
.
1980年9月22日、イラン・イラク戦争(湾岸戦争)が起きた
 (~1988年8月20日)
  アメリカのブッシュ(父)大統領の時に起きた。
  因みに、ブッシュ(子)大統領の時には、イラク戦争
 (2003年3月20日~2010年8月31日にオバマ大統領によっ
 て「戦闘終結宣言」が出された)が起きた。
  このブッシュ(父)大統領の時の「イラン・イラク戦
 争(湾岸戦争)」で、アメリカはイラクを応援した。
  そして、イスラエルは、イランを応援した。
  (アメリカは、なんだかんだとイスラエルを支援する
 という、両国は緊密関係にあるのだが・・?
  この緊密関係にある両国が、まったく敵対する違う国
 を、それぞれ応援するという・・不思議・・??)
  そんなことしたら・・そうしたら・・戦争はいくらで
 も続いてしまう。
  そこで、「これでは戦争は、いつまでも続くではない
 か??」・・と、伊藤貫氏が質問すると・・??、
  「そうだ、それでいいのだ」、
  「それが、我々の目的だ」、
  「それが、我々に都合がよいのだ」という返事が返っ
 て来たという・・??
  YouTube「西部邁ゼミナール、文明の衝突と不介入主義
外交」の、14分00秒あたりから23分00秒あたりの発言。
  日中戦争(本当は、日・中米戦争)の当時、
  日本と中国の戦いだと思われたこの戦争も、陰でアメ
 リカが、れっきとした戦力(=アメリカ正規軍)で、日
 本と戦っていた。
  (日本とアメリカの戦争は、『真珠湾で始まった』な
 んていう話は真っ赤な作り話・・なのだ。
  この『日・中米戦争』で、既に、日本とアメリカは、
 戦争状態にあった。
  ただ、アメリカが、卑怯な事に、卑劣な事に、秘密に
 して、隠していただけ・・今は、明らかになっている事)
  そこで、日・中(米)戦争と書いたが・・、
  この日・中(米)戦争も、先ほどの伊藤貫氏の発言の
 如くの状況から、日・中(米)戦争が泥沼化して行った。
  アメリカが、汲めども尽きぬ無尽蔵の「金と武器」を
 中国へ注ぎ込み支援していた、隠れて流していた。
  これでは、戦争が終わる訳がない。
  この中国へ支援するルートを、「中国の蒋介石を支援
 するルート」という意味で「援蒋ルート(えんしょうる
 ーと)」と言った・・が・・、
  日本は、この存在を知って、これがあっては戦争は何
 時までも終わらない・・と、
  東南アジアにあったこの地域のこのルートを遮断しよ
 うと上陸した。
  アメリカは、この日本の行為を「侵略だ」と声を大き
 くして国際社会にプロパガンダ(嘘宣伝)し、
  (アメリカ軍だって上陸していて、こんな戦争の物資・
 武器を上陸させているのに・・だ)、日本を悪者に落と
 し、それ(日本)と戦うのが正義だとした。
  マッチポンプという言葉があるが、それは、「自分で
 火をつけておいて、火事だ火事だと騒いで、火事を消す
 行為」のことを言うが、
  アメリカは、まさしく戦争をこの様にして、そして、
 また、戦争を作って、行っていた。
  (注):伊藤貫氏の上記のYouTubeのURLは・・、
https://www.youtube.com/watch?v=529u9sljqXA&index=4&list=PLn2kLGRySM2jWCzJaowldZXCZrT7Nlda3
  表題:文明の衝突と不介入主義外交・西部邁ゼミナール
  (参考)マッチポンプ:《(和)match+pomp(オランダ)》
    自分で問題やもめごとを起こしておいてから収拾
   を持ちかけ、何らかの報酬を受け取ろうとすること。
   また、その人。
    マッチで火を付けてポンプで消火するという二役
   を一人でこなす意。
    自分の利を得るためだけで、こんな卑劣な行為を
   する輩の行為。
    何ら世界や相手への思いやりなど微塵もない。
    理屈は何でもつくから「やりたい放題」だった。
  そして、この年に・・、
1980年代、ソ連は、経済の行き詰まり、官僚制による体制
 の硬直化が明らかになった。
  1985年にソ連共産党書記長になったゴルバチョフは、
 体制の危機を乗り越えるための「ペレストロイカ(改革)」
 に乗り出した。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-10-31 04:54 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)446E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年3月~1887年4月)

題:(増補版)446E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年3月~1887年4月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1887年3月 天満紡績・平野紡績会社が設立された。
  天満紡績(てんまぼうせき)は、大阪近郊に存在した
 紡績会社で、
  1887年3月のこの時に、第三十四国立銀行頭取の岡橋治
 助ら大阪の商工業者が中心となって設立され、
  資本金は60万円で、
  本社工場を、大阪府西成郡川崎村(現在の大阪市北区)
 に置いた。
  翌・1888年に、約7000錘の工場が完成して、操業を開
 始し、
  続いて、約27000錘規模の第2工場の建設も開始した。
  第2工場は、1889年に完成し、資本金も120万円にまで
 増やした。
  これによって創業から2年余りで、当時の日本国内屈指
 の紡績会社となった。
  ところが、その矢先の1889年9月、天満紡績争議が発生
 し、
  その5年後の1894年1月にも大規模な争議が発生した。
  そのためか、増資と減資を繰り返すなど、経営は不安
 定となり、役員を総交替させるなどの措置を取ったもの
 の、状況は回復できず、
  1900年3月、同じ西成郡を拠点とする大阪合同紡績と合
 併した。
  以上の様に日本の産業革命期の紡績業は突出した成長
 をした。
  そして、それを大企業が先導した。
  日本農家の副業的な綿生産は、欧米からの低価格・高
 品質な綿糸に駆逐されるて行く。
  明治10年(1877年)には、わが国の輸入総額の3割~4
 割が、輸入された綿製品の輸入額となる。
  この様な巨額の綿糸輸入額に危機感をいだいた明治政
 府が、近代的な機械紡績を奨励した所以である。
  因みに、日本最初の洋式紡績工場は、1867年に竣工し
 た薩摩藩営の鹿児島紡績所である。
  この様に、近代紡績への日本の試みは早いのである。
  この様な経緯の中、渋沢栄一の慧眼(けいがん、物事
 をはっきりと見抜く力)により、海外製品に対抗しつつ、
 近代紡績業を事業として成功させるために、10000錘規模
 以上の工場を建設する必要を感じていた。
  この構想は、大坂紡績として実現した。
  (下記部分は、法政大学イノベーション・マネジメン
 ト研究センターの論文を参考にした)
  平野紡績の沿革は・・
  1887年3月25日、平野紡績、14代末吉勘四郎・津田六蔵・
    中瀬九兵衛らは、平野紡績の設立手続きを行なう。
  1887年6月7日、平野紡績創立、資本金250,000円、社長
    に14代末吉勘四郎。
  1887年8月2日、菊池恭三が平野紡績に入社。
  1887年10月12日、平野紡績が、技師菊池恭三に紡機購
    入と技術研究のため渡英を命じた。
  1888年4月、平野紡績の本社工場起工、英人トーマス・
    ウォルター・ドランスフイルドを据付けと連転指
    導のため招聘。
  1888年6月、平野紡績社長に金沢仁兵衛就任。
  1889年5月1日、平野紡績操業を開始、11,520錘。
  1889年6月26日、尼崎紡績・平野紡績は技菊池恭三の傭
    聘を発起人会できめる。
  1889年9月6日、尼崎・平野の両紡績会社で菊池恭三傭
    聘契約書を交換。
  1890年5月30日、尼崎・摂津・平野の3紡績会社間で菊
    池恭三の傭聘契約書を交換。
  1893年、第2工場増設。
  1895年(明治28年)10月1日、平野紡績取締役金沢仁作
    が大阪紡績の山辺丈夫と上海に赴く(11月0日帰国)。
  (ニチボー株式会社、75年史を参考にした)
1887年4月18日、文部省が、仙台に旧制高等学校の第二高等
 中学校を、そして、金沢に第四高等中学校を設立を決定
 した。
  この第二高等中学校は、中学校令に基づき、全国で5校
 のナンバースクールの高等中学校の一つとして設立され
 た。
  1886年設立の東京の旧制一高、京都の旧制三高に次ぐ
 ものであるが、
  高等中学校としては山口高等中学校に次ぐ全国第4番目
 の設立となる。
1887年4月20日、鹿鳴館で大仮装舞踏会(4月25日説あり)
  伊藤博文首相主催の仮装舞踏会が開催された。
  日本の識者・庶民の常識が、欧化主義批判をした。
  これに、世論がさらに沸騰した。
1887年4月21日、富山市の大火(約900戸焼失)
1887年4月22日、条約改正列国会議が終了した。
  条約改正会議で、欧化政策に基づいた法典と外国人も
 参加した司法制度の整備を行うことで、治外法権撤廃を
 決定した。
  そして、この第26回条約改正列国会議は終了するが、
 外国人を登用するなどの条件に、政府部内を中心に反発
 の声が挙がった。
  さかのぼる事、この条約改正会議は、1886年(明治19
 年)7月、関税率改正については、ほぼ日本の原案に近い
 案が合意をみた。
  内地開放を税率改正の条件とする主張に対しては、井
 上は、それを認めると法権回復交渉のカードを失うこと
 となるため拒否した。
  また、「泰西主義(西洋、もしくは西洋かぶれ)」に
 基づく法律制度整備のため、井上は「法律取調所」を外
 務省内に設置した。
  日本が、制定する法律を各国に「通知」する件を巡っ
 ては、やや交渉が難航した。
  各国は「通知」の意味を、その内容が「泰西主義」に
 合致するかどうかを監査する権利を持つものと理解した
 が、
  それを認めると、日本は、法律制定に外国の介入を認
 めることとなってしまうので、井上は、列国が「泰西主
 義」に合致しないと見なされた場合であっても条約無効
 の判断は外交上の協議を経ることを要件とする条件を付
 け加えることを提案し、各国もこれに合意した。
  かくして、条約改正会議は、新しい通商条約案と英独
 共同案に修正を施した修好条約案がほぼ合意をみること
 となり、
  1887年(明治20年)4月22日の第26回会議で終了した。
1887年4月25日、紋鼈(もんべつ)製糖所を伊達邦成らに貸
 下げた。
  そして、1890年3月に、払い下げた。
  この製糖所は、日本最初の官営の製糖工場だった。
  現在、日本甜菜製糖、北海道糖業、ホクレンの3社8工
 場で、日本一の生産量を誇っている。
  日本の甜菜業は、1870年(明治3年)東京に官営で始ま
 り、
  同年・1870年、北海道紋鼈(現:伊達市)に製糖所が
 設立された。
  3階建大工場で、機械はフランス式で技術が悪く、1896
 年解散、
  機械は、台湾製糖に譲られた。
  1921年、日甜、北海道糖業で生産再開、戦後合理化し、
 北海道寡占となった。
  北海道糖業道南製糖所入口に台湾返還の日本最古機械
 (三重蒸発効用缶、結晶缶)が残っている。
  (参考)甜菜:てんさい、サトウダイコンの別名。
      甜菜糖は、この大根の根から作った砂糖。
1887年4月25日、木曽川橋梁が完成した。
  1885年(明治18年):着工。
  1887年(明治20年):完成。単線で長さ1,800ft
  1891年(明治24年):濃尾地震により大きな損害を受
   けるが、翌年・1892年に復旧する。
  上り線:618.9メートル、下り線:619.4メートル、
  構造:ワーレントラス橋
  立派な架橋技術が日本に出来上がった。
.
  (今日の言葉)
.
  題:新たな戦争すべき相手が出現したという・・『アメリカの恐ろしい妄念』
   妄念:誤った、よからぬ考え・・邪念・・妄執・・、
.
1945年5月19日、アメリカの新たな戦う相手が現れる・・と、
 感じたと・・
  第二次世界大戦型たがわれているこの時、早くも、ま
 た、愚かにも、アメリカに、「新たな戦うべき相手」が
 現れた。
  この時は、ドイツが敗れ、まだ、盛んに日本との戦い
 がなされている・・
  その戦いの最中のこの時、早くも、アメリカで、共産
 主義の脅威が囁(ささや)かれ始めた。
  何と愚かなアメリカであろうか?
  日本が脅威だと感じたアメリカが、日本との戦争を作
 り(アメリカ大統領のルーズベルトは、「日本との戦争
 を作った」と白状している)、
  そして、この時、その日本との戦いが終わりが近づい
 ているこの時に、
  今度は、共産主義のソ連に脅威を感じた・・と、「新
 たな倒すべき相手」と言い出した。
  アメリカ国務長官代行のジョセフ・グルーは、眠れぬ
 日々を過ごしたと記録している。
  そして、1945年5月19日の朝早く、5時、グルーは起き、
 次なる文を書いた。
  「このドイツと日本との戦争は、『二度と戦争を起こ
 さないための戦争』とはなり得ず、
  ただ、全体主義独裁を枢軸国(ドイツ・イタリア・日
 本)から単にソ連に移し替えただけの事ではないのか。
  (中略)
  ひとたびソ連が、日本に参戦すれば(これも、ルーズ
 ベルトがソ連のスターリンをそそのかして煽(あお)って対日参戦さ
 せたのに)モンゴル、満州、さらに、朝鮮半島が、ソ連
 の手に落ちるだろう。
  そして、いずれは、中国や日本も同じ(ソ連の手に落
 ちる)運命をたどる」・・と。
  グルーは、このメモを、翌日(1945年5月20日)、アメ
 リカの駐ソ連大使とソ連専門家、そして、ヤルタ会談の
 通訳だった者にに伝えた。
  対ソ連外交の最前線に立つ二人は、グルーの意味する
 ところを理解し、大きくうなずいた。
  際限なく繰り返される、超強大な武力を持つアメリカ
 のミス・失敗・・アメリカはそれに気づいた。
  こんなことは戦争する前から分かっていたこと・・、
  ソ連のシベリアの東への拡大は続き、太平洋にぶち当
 たって、南下政策になって、不凍港が欲しいのなんのと
 言っていたではないか?
  そして、日本とぶち当たっていたではないか・・何を
 今さら言うのだ・・?
  共産主義・ソ連が急に出来たわけでもないし・・、
  そして、この年・・
1945年9月28日、占領軍の軍医総監と公衆衛生福祉局長の
 サムス大佐が、東京都衛生局防疫課長に対し、具体的な
 都内の売春街等の話を出しながら、占領軍用の女性を世
 話をしてくれと要求した。
1945年10月2日、GHQ(連合国最高司令官総司令部)が、
 東京に総司令部を設置した。
  このGHQの占領政策の基本コンセプトが、「日本を
 改造し、弱体化させる」・・ということも、すでに、歴
 史的に実証済となっている。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-10-30 04:50 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)445E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年2月~1887年3月)

題:(増補版)445E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年2月~1887年3月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1887年2月8日:逓信省全般の徽章を「T」字形とすると発
 表した。
  2月19日、「T」は「〒」の誤植と訂正した(2月14日
 説あり)
  逓信省は、2月8日に、郵便マークに「テ」を定めるが、
 外国では料金未払いの意味だと判り、まもなく「〒」と
 改めた。
  この「〒」マークは、日本国独自のものであり、日本
 国外では使用できない。
  因みに、1871年6月7日(明治4年4月20日)に、日本の
 郵便事業が始まった。
  当初は、特に定められた徽章はなかった。
  ただ、「郵便」の文字だけでだった。
  1877年(明治10年)頃から、大きな赤丸(「日の丸」
 的な徽章)に太い横線を重ねた赤い「丸に一引き」が郵
 便マークとして用いられ始めた。
  1884年(明治17年)6月23日、太政官布達第15号により、
 正式に「郵便徽章」と定められた。
  1887年(明治20年)に、「〒」が、逓信省の徽章に定
 められた際、この郵便徽章は自然消滅に属するとされた。
  1885年(明治18年)郵便等の所管官庁として、逓信省
 が創設された。
1887年2月13日、東京綿商社(のちの鐘淵紡績)が開業した。
  この時に、東京府南葛飾郡隅田村の通称:鐘ヶ淵(現:
 東京都墨田区墨田。墨堤通り沿い)に、東京綿商社とし
 て創立され、紡績会社として創業した。
  紡績工場は、1889年に完成した。
  すでに、大阪紡績は、錘数1万0500錘で、動力源として
 蒸気機関を導入するなど大規模で、また、近代的なもの
 であり、当初から好業績を記録し、規模を拡大していた。
  これに刺激されて、1886年に、三重紡績(東洋紡績の前
 身)が設立され、
  1887年に、この東京綿商社(現:鐘紡)の大規模紡績会
 社が相次いで設立された。
  国内生産力は、大幅に増加した。
  しかし、この結果、綿製品は、供給過剰に陥り、
  1890年に、綿紡績業は、初の不況を経験することとな
 った。
  この1890年には、早くも輸入綿糸を上回った。
  また、この頃から、最新式のリング精紡機が、ミュー
 ル精紡機に代わって中心となり、生産性が高まり、また、
 女工比率も上昇した。
1887年2月15日、民友社創業され、『国民之友』が創刊され
 た。
  主宰:徳富蘇峰が、民友社を興し、雑誌「国民の友」
 が創刊された。
1887年2月、彫刻競技会が、東京彫工会と改名した。
  江戸時代には、仏師や宮彫大工、人形師はいたが、彫
 刻家は存在しなかった。
  作られるのは欄間(らんま)であり、木版の版木だっ
 た。
  草分け的な彫刻家として登場したのが、高村光雲だっ
 た。
  東京浅草に生まれた高村光雲(本名:中島光蔵)は、
 奉公に出て働くその時、偶然から大仏師の高村東雲を奉
 公先に決まった。
  めきめき腕を上げた光蔵は、年季が明けた時、師は、
 光蔵に「光雲」の号を贈った。
  才に恵まれた弟子への愛情だった。
  そして、近代彫刻科としての歩みを始めた。
  明治初年の廃仏毀釈は、仏像の需要を減らしたのみな
 らず、貴重な仏像仏具が二束三文で外国人に叩き売られ、
  その上、金銀荘厳だけ剥がされて薪のごとく燃やされ
 るという惨状を生んだ。
  仏師や宮彫大工の仕事も激減し、彫物職人たちは生計
 を輸出工芸品に頼らざるを得なかった。
  この様な時に、生活を求める中、この時代に一世を風
 靡したのが「牙彫(げぼり)」=象牙彫刻であった。
  光雲は、木彫一筋を通した。数えるほどの人だった。
  この様な牙彫家にも、「谷中派」の職人と、彫刻を志
 す「彫刻競技会」の二派があった。・・しかし・・、
  1887年(明治20年)光雲は、後者の彫刻協議会の派と、
 「東京彫工会」を結成した。
  以後、光雲は、この東京彫工会や、日本美術協会に、
 作品を発表した。
1887年3月14日、 明治天皇陛下が、海防の整備のために、
 海防に関する詔勅とともに御手許金30万円を下賜された。
1887年3月20日、伊藤博文、柳原前光、井上毅、伊東巳代治
 ら、皇室典範、皇族条例草案を検討する。
1887年3月23日、所得税法を公布した。
  日本の所得税法は、この時に導入された。
  導入の当初は、所得金額300円以上の高額所得者のみを
 納税義務者としていた。
  そのため、この税を、名誉税と呼んだ。
  税率は最大3%で、税収に占める割合は僅かだった。
  しかし、酒税と地租以外、有力な税収を持たない明治
 政府にとって、将来的には、公平な負担をもたらす有力
 な税収になるとして期待されていた。
  帝国議会制定前に制定されたので、大日本帝国憲法制
 定後は、大日本帝国憲法第63条が適用された。
  1899年、法人所得を第一種所得として課税するように
 なった。
1887年3月23日、海防整備費用の献金を、府県知事に訓示し、
 地方有志から集めた。
1887年3月23日、陸軍で初めて「伝書鳩」を飼育した。
  陸軍が、東京と静岡県久能山の間を使って伝書鳩の実
 験を行い成功した。
1887年3月、清国水兵事件が北京に移された。
  1886年8月に起きた「清国水兵事件」の事件調べが、清
 国の北京に移された。
  後に、東京での、井上外務大臣と徐清国公使との会談
 で和議が成立した。
  「関係者はそれぞれの国の法律で処理する。双方の死
 傷者に対し、互いに弔慰金、見舞い金を送る」
.
  (今日の言葉)
.
  最近の新聞記事から・・「切り抜き」・・
  ディグニティー:威厳。尊厳。また、品位。気品は・・どこにあるのか?
.
  題(その1):アメリカの「核の傘」は・・?
.
2016年10月21日、アメリカの『核の傘』理論
  (読売新聞、2016・10・21)に以下の記事があった。
  それは、アメリカの『核の傘』に疑念を持ったところ
 から発した事柄だった。
  それは、もっともな面もあった。
  アメリカ大統領候補のトランプ氏が言った・・、
  「もう、アメリカは、日本の安全保障の責任はとれな
 い、日本に原爆を持たせてもよいではないか」・・とい
 う主旨の発言しているが、この様な発言も影響している
 とも考えられる。
  ・・以下は、その新聞の内容・・、
  見出し:米韓「核の傘」強化合意
     2プラス2 次官級の「戦略協議」新設
  米韓両政府は19日、ワシントンで外務・防衛閣僚会合
 (2プラス2)を開き、
  在韓米軍へのミサイル防衛システム「最終段階高高度
 地域防衛(THAAD)」配備をできるだけ早期に行う
 方針で一致した。
  「核の傘」などの拡大抑止強化を議論するため、次官
 級による「戦略協議」の新設も決めた。
  会合には、米国のケリー国務長官とカーター国防長官、
 韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相と韓民求(ハンミン
 グ)国防相が出席した。
  北朝鮮の核兵器開発が完成に近づいていることを受け、
  韓国は、米国に対し、有事に核兵器の使用も辞さない
 方針を示して、北朝鮮の核兵器使用を自制させる「核の
 傘」を含めた拡大抑止の強化を求めた。
  カーター氏は、会談で、「米国の韓国防衛への関与は
 揺(ゆ)るぎないものだ」と述べた上で、
  「米国の関与は、米軍のすべての兵器体系で保障され
 た拡大抑止の提供を含む」と強調した。
  米韓が、拡大抑止の強化で合意したのは、韓国内で高
 まっている「核武装論」の沈静化を図る意図もある。
  ケリー氏は、会談の後の記者会見で、北朝鮮の核ミサ
 イル開発について、
  「米国の次期大統領に誰がなろうとも、非常に集中し
 て取り組むべき課題となる」と述べ、
  米新政権の重要な外交課題になるとの認識を示した。
.
  題(その2):最近の韓国経済・・、
.
2016年9月23日、韓国の最大の海運会社が倒産
  (読売新聞、2016年9月23日)によると、
  韓国の海運会社が破綻(はたん)し、物流が大混乱し
 ているという。
  コンテナ量で世界7位の韓進海運が・・、
  8月31日、ソウル中央地裁に法定管理(日本の会社更生
 法に相当)を申請した。
  負債総額は、約4500億円。
  各地の港湾当局や荷役業者が、燃料費や荷役料の滞納
 を恐れ、荷降ろしや出入港を拒否した。
  韓国最大の海運会社で、貨物船が立ち往生し、世界的
 な物流の混乱は、少なくとも2ヶ月~3か月間、続く見通
 し。
.
  題(その3):世界中の制海権が欲しい・・、
.
2016年10月1日、(読売新聞、2016年10月1日)に・・、
  「中国『海洋強国』急速に」
  「国産空母、周辺国威圧」
  「アメリカに対抗」・・とあった。
  内容:
  中国軍が、丁寧省大連で建造する国産初の空母は、
  中国の習近平政権が、野心的な「海洋強国」建設を急
 ピッチで進めている事を改めて示した。(中略)、
  この空母の建造は、昨年初め頃に始まった。
  中国国防相は、昨年末に、建造を公式に認めた。
  排水量は、空母としては小型の5万トン級、
  原子力ではなく、通常動力を採用していると説明した。
  (中略)、
  習政権は、「2020年までに、空母戦闘群を3個編成にす
 る」との目標を掲げているとされる。
  中国が、10隻以上の空母を保有して、世界中の「制海
 権」を握るアメリカに対抗し、周辺国を軍事力で威圧す
 る狙いだ。
  公式発表はないが、3隻目の空母も、上海で建造中との
 情報がある。
  軍事関係筋は、「中国軍の初期目標は、南シナ海と東
 シナ海への空母の展開」と見る・・(後略)
.
  余談:「アメリゴ」という言葉の意味に「ウソをつく
     人」という意味がある・・
     また、アメリカの語源は、「嘘吐き」とある・・
.
  題(その4):中国が、人民元の札をどんどん刷り始めるか・・?
   すでにやっているのか・・?
   ならば、やりたいことは何でもできることになる・・?
.
2016年10月2日、(読売新聞、2016年10月2日)に・・、
  中国の人民元が、国際的な主要通貨に加わった。
  今・現在、その「主要5通貨」は・・、
   米ドル (42.5%)、
   ユーロ (30.2%)、
   英ポンド( 7.5%)、
   日本円 ( 3.4%)、
   人民元 ( 1.9%)、
  国際通貨基金(IMF)が特別引き出し権(SDR)
 の構成通貨に人民元を加えたことで、
  中国が目指す「人民元の国際化」に一歩前進した。
  一方、国内総生産(GDP)で、世界2位の経済大国と
 なった中国には、国際金融市場での存在感に見合った責
 任を果たすことも求められる。
  しかし、国際化へ問われる改革・・、中国は2020年を
 めどに人民元相場を自由化する方針を示しているが、
  市場では「今のペースでは難しい」との見方が大勢だ。
  むしろ、「改革が後退している」との声も上がる。
  中国では・・(以下、略)
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-10-29 05:12 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)444E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年1月~1887年2月)

題:(増補版)444E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年1月~1887年2月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1887年、発明:
・ベルリナー(ドイツ出身)が、大量生産可能な円盤型の
 録音再生用レコードを発明した。
・徳川慶喜と自転車:最後の将軍、徳川慶喜は、静岡にお
 ける自転車の開祖となった。
  この年、紺屋町の邸内で乗り回していた。
  この当時、鉄製だった車輪をゴム輪に改造させていた。
・ゴム印が発明された。
  ただし、高価のため、その普及は日清戦争後だった。
  (1886年説あり)
  日本に海外から、ゴム印が渡って来たのは1886年(明
 治19年)。
  日本は、すぐに彫刻ゴム印を作った。
  外国で使われている鋳造ゴム印より、美しく文字も自
 由に表現できた。
  字体も自由で、好きなように彫れた。
  外国人は、その日本の技術に驚ろいた。
  東京で、ゴム印の材料であるゴム板を最初に作った店
 が、佐々木商店であり、初代、佐々木浜太郎氏。
  佐々木氏は、当初、浅草の雷門で印材商を営んでいた。
  佐々木氏は、日本に伝わってきたゴム印に着目し、家
 にあったゴム製の潜水服の一部分を切り取り、これを板
 に貼り付け、ゴム印の材料とし、販売した。
  当時、とても貴重なものだった。
  星野印版工業という会社の初代社長であった星野福次
 郎氏が、1889年(明治22年)、アメリカ人からゴム印を
 作る方法を習得した。
  これが鋳造ゴム印だった。
  この翌年・1890年には、彫刻ゴム印を製造した。
  これが、日本で初の彫刻ゴム印と言われている。
  星野氏は、1894年(明治27年)、回転ゴム印をアメリ
 カから仕入れた。
  そして、同じ物を日本で作り、これが、日本最初の回
 転ゴム印だった。
・馬にひかせる蒸気ポンプができた。
  1884年(明治17年)6月、日本初の蒸気式消防ポンプ(蒸
 気ポンプ)が、警視庁消防本署(現・東京消防庁)に配置さ
 れた。
  そして、腕こぎポンプの龍吐水が廃止されるようにな
 ったが、
  輸入品のため非常に高価だった。
  1890年2月の浅草の大火で、蒸気ポンプの強力な消火能
 力を体験した消防署部内では、国産化推進の検討がなさ
 れ、
  市原喞筒(ポンプ)製作所に製作を依頼した。
  この日、警視庁消防署では、歴史上初めて、国産蒸気
 式消防ポンプの試作機性能試験を行い、
  有効証明書を発行した。
  価格も、輸入品の半額となる見通しがついて量産化が
 進められた。
  ちなみに、国産蒸気ポンプには手引きのものと、馬引
 きのものとの2種類があった。
  手引きの蒸気ポンプは、ポンプ車の梶に綱をつけて、
 消防隊員が引っ張り、火災現場へ向かった。
  一方、馬引蒸気ポンプは、馬を1~3頭立てにし、ラッ
 パ(後に大鈴)を鳴らしながら、現場に急行した。
  各地への配備は、翌年・1900年(明治33年)、神戸市と
 函館市、
  1908年(明治41年)には、横浜市、
  1910年(明治43年)には、名古屋市などで、消防設備近
 代化の第一歩を記した。
.
1887年、スポーツ・科学・文化・物価・流行・世相:
・先住民が、アイヌかコロポックルかの先住民論争が起こ
 る。
.
1887年1月1日、東京気象台が、中央気象台として発足する。
  管轄は内務省。
  1870年(明治3年)、日本は、国土の測量の必要から、
 測量助師のイギリス人ジョイネル(明治3年に京浜間鉄
 道布設のために来日、明治4年に工部省測量司に移る)を
 招いた。
  このジョイネルが、気象観測の必要性を建議した。
  1873年(明治6年)5月、工部省測量司は、気象台を設
 けることを決め、ロンドン気象台長に気象器械のあっせ
 んを依頼した。
  ジョイネルの上司・測量師長・マクビーンは、フラン
 スからイギリスに帰化したシャーボーの日本招へいに成
 功し、
  そのシャーボーに、気象器械の調達を依頼した。
  シャーボーは、15か月間にわたり、イギリスで、各種
 器械の購入にあたり、
  1874年(明治7年)7月、それらの器械を携えて来日し
 た。
  シャーボーは、「日本は地震が多いと聞いたが、測量
 の測点が移動しては困る、日本で測量をするには、まず、
 地震観測が必要だと考えた。
  そして、イタリア製の地震計を、気象器械とともに持
 参した。
  1875年(明治8年)5月、これらの気象観測器械と地震
 計の据付けが完了した。
  場所は、内務省地理寮構内(現在の東京都港区虎ノ門
 2-10ホテルオークラのあたり)だった。
  そして、同年1875年6月から観測が開始した。
  当初は、御雇外人ジョイネルが、一人で担当し、1日
 3回の気象観測を行い、
  地震があれば、土蔵の中の地震計まで飛んで行った。
  間もなく、ジョイネルの要請により、
  同年・1875年9月から、正戸豹之助(地上・山岳観測、
 通信等多方面で事業整備に尽力、のち中央気象台統計課
 長)、
  下野信之(のち大阪測候所長)、
  中條信倫(馬場と改姓、のち商船学校教授)、
  大塚信豊(地震・火山業務を経て、長崎測候所長)、
  武林貞次郎(のち長崎測候所長)らが、ジョイネルの
 伝習生となり、徐々に観測に加わった。
  その後、1877年(明治10年)6月には、ジョイネルの満
 期解雇のあとをうけて、正戸豹之助が観測主任になった。
  1883年(明治16年)3月1日に、東京気象台で、初めて
 天気図を作成し、毎日の印刷配布が、
  さらに、翌・1884年(明治17年)6月1日には、毎日3回
 の全国の天気予報の発表が開始された。
  東京気象台は、1887年(明治20年)1月に、中央気象台
 と改称し、
  1956年(昭和31年)7月に、気象庁となった。
  2001年(平成13年)1月の中央省庁等の再編に伴い、気
 象庁は国土交通省の外局として新たに業務を開始した。
 (気象庁、ホームページを参考にした)
1887年1月9日、ブッセとハウスクネヒトの両人が、帝国大
 学に着任した。
  ハウスクネヒトは、ドイツ人の教育家で、日本に、ヘ
 ルバルト派教育学を導入した功績者。
  1890年まで、東京の帝国大学文科大学で、当時、有能
 な教員を育成するために設けられた教育学科の特約生に
 対してヘルバルト学派(J.F.ヘルバルト)の教育学とドイ
 ツ語を講義した。
  谷本富(とめり)、湯原元一(もといち)らを教え、日本
 にドイツ教育学が入る端緒をつくった。
1887年1月17日、皇后陛下が、婦人の洋装を奨励する思召書
 を出し、華族婦人などに洋装が広まった。
1887年1月22日、東京で営業の電灯が点灯された。
  東京・麹町の鹿鳴館に、東京電灯株式会社が、白熱電
 灯を設置する。
  そして、移動式石油発電機を使って、白熱電灯を点灯
 した。
  これ以降、電灯設置営業が進んだ。
  因みに。初の電灯は、1878年に、虎ノ門の工部大学校
 で、初めて電灯「アーク灯」が点灯している。
1887年1月24日、地方制度編纂委員会が設置された(2月説
 あり)
  地方制度編纂の基本針である『地方制度編纂綱領』は、
 1887年に、閣議決定された。
  委員会は、山縣内務大臣を委員長とし、ほか4名の委員
 からなった。
  山縣は、国家の基礎を強固にするには、町村自治を整
 備すべきとした。
  また、地方の人材と財源を充実させてから自治制を実
 施すへきとし、実施が急務であると述べた。
1887年1月29日、大阪撚糸会社が設立された。
1887年1月30日、登記制度が開始した(2月1日説あり)
  1886年(明治19年)8月13日、登記法(旧登記法)は、
 公文式(明治19年2月26日勅令)によるわが国最初の法律
 (法律第1号)として公布された。
  そして、翌・1887年2月1日から施行された。
  旧登記法の制定の目的は、「第一ニ保護、第二ニ収入」
 で、第一に、国民の権利の保護、第二に、国の税収を目
 的とした。
  しかし、実際は、やはり税収第一だった。
1887年1月、長崎の馬町の西洋料理専門店「自由亭」が廃業
 した。
  後に、長崎地方裁判所が買収、し検事正官舎になった。
1887年2月3日、ルートヴィヒ・リースが、帝国大学史学科
 教師として着任し、ドイツ歴史主義を紹介した。
  約半年後の9月に、史学科が設置された。
  これまで、法学科と哲学科で、ヨーロッパ史と日本史
 に関する授業が行われていた。
  リースは、日本の「史学的地理学」の必要性を説き、
 その影響を受けた国史科の卒業生や在学生らが中心とな
 って、1899年(明治32年)に、日本歴史地理研究会(後
 に、日本歴史地理学会と改称)を設立した。
.
  (今日の言葉)
.
  題:大きな理念を達成するために・・
.
1941年12月8日、日本は、大きな理念達成・成就へ向かって
 立ち上がった。
  世には、『白人絶対思想』『白人絶対思考』があった。
  キリスト教の「有色人種の蔑視の教義」によって、有
 色人種は虐(しいた)げられていた。
  日本だけに関してでも、「排日移民法(1924年)」に
 悩まされ、侮辱を受けていた。
  有色人種は、世界各地で、白人たちに蹂躙(じゅうり
 ん、暴力・強権などをもって他を侵害すること)され続
 けて来ていた。
  キリスト教に洗脳された白人たちは、世界中で有色人
 種を差別し、虐(しいた)げ、殺戮し続けて来た。
  世界中のあちこちで、何千万人規模で、白人によって、
 ジェノサイド(集団殺戮)され、虐殺され、そして、そ
 の行為をされ続けて来た。
  20世紀に至るまで、それは語るに尽きないキリスト教
 に洗脳され、マインド・コントロールされた白人たちに
 よって、有色人種の悲劇は続いていた。
  その『白人絶対の時代』は・・、
  有色人種の誰かが立ち上がって・・、
  その有色人種の誰かの「実力」で、打ち破らない限り・・
 終わらない事態となっていた。
  白人と有色人種の差別のない正義を目ざし・・、
  「人種は平等なのだという、当たり前であるが・・崇
 高なる理念の主張」を・・、
  有色人種の誰かが・・
  「実力」でもって主張し、
  打破しなければならなかった。
  その様な状況の「白人絶対の世界」だった。
  20世紀に至って、その崇高な行為が・・行われた。
  日本は、その以前から国際会議で、「人種は平等であ
 るべきだ」「人種平等を目指すべきだ」と主張して来た。
  (日本は、「人種的差別撤廃法案」を、1919年のパリ
 講和会議で、ぜひ成立させたいと提出していた)
  そして、国際会議で、日本の「各人種は、平等である
 べきだ」の主張は、多数の意見となった。
  しかし、決定される方向にあった日本のその「人種の
 平等の主張」は、会議の議長国・アメリカによって成立
 を止められた、阻止された。
  アメリカは、この時、「多数決では駄目だ」と言って、
 成立を阻止した。
  議長国・アメリカの「議長特権」で、成立を阻(はば)
 まれた。
  この人道的な、当たり前の主張を、成立をさせなかっ
 た。
  アメリカは、「全員一致という条件」を持ち出した。
  このアメリカの主張は、「私・アメリカが、反対だか
 ら全員一致とならない、だから、廃案です、ダメです」
 と言っている様だった。
  これも、大東亜戦争(第二次世界大戦)が起きる要因・
 遠因の一つとなった。
  日本は、遠い昔から、平等の意識を当たり前の様に持
 ち、また、常に、平等を尊んで来た。
  (平等院があるごとく、平等は、古くからの日本の理
 念なのだ)、
  そして、日本は、この理念の元に、已む無くこの不正
 義に対し、行動を起こして行く。
  この様にして、20世紀に、人類にとっての最大な事件
 は起きた。
  1941年12月8日の事だった。
  白人サイドから、白人側から、開眼して、事態が打開
 されるという可能性は、『まったく・・なかった』。
  キリスト教に頑(かたく)なにマインド・コントロー
 ルされ、洗脳された『宗教的理念となって』、『信仰的
 正義となって』、白人絶対・有色人種蔑視となって・・
 その日本の理念は・・阻(はば)まれていた。
  天から、時には駆けつける阿修羅のごとき憤怒でもっ
 て諭(さと)さねば、事態は打破できない所まで至って
 いた。
  改善された次なる事態が開かれない状況となっていた。
  また、人種差別の旧態が打破できない事態だった。
  「白人種が最優秀」という観念が、長い年月に連綿と
 続き、こびりついた「思い込み」は・・、
  我が身を顧みない行動によってのみ打破され、開かれ、
  その行動が無ければ・・諭され得ない状況となってい
 た。
  白人のかたくなな思い込みと、醜悪さの中にあった。
  「白い肌に生まれた人間でなければ・・成し得ない」
 という迷妄(めいもう、道理が分からず、事実でないこ
 とを事実だと思い込むこと)なる迷信に疎(うと・む、
 嫌って遠ざける、うとんずる)まれた社会だった。
  「優秀なる人種=白人」の思いの疑念に、まったく疑
 義(ぎぎ、意味・内容がはっきりしない点)すら持たな
 い迷妄なる状況だった。
  アメリカには・・、
  「白人女性が、有色人種と結婚するのは進化の法則に
 反する犯罪だ」・・という論文があり、また、考え方が
 あり、信じられているというアメリカ社会だった。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-10-28 05:26 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)443E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年1月~1887年1月)

題:(増補版)443E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年1月~1887年1月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1887年、論・文学・本:つづき
・「国民の友」発行(2月)
  民友社(徳富蘇峰の設立)が発行した機関誌で、1899
 年(明治32年)8月の第 372号で廃刊した・・、
  「新日本之青年(1887年) 」で一躍評論家の雄となった
 蘇峰が、主筆となって始めた雑誌で、進歩的な社会評論
 誌。
  標榜(ひょうぼう)するところは、「人民全体ノ幸福ト
 利益」を主張すると言う・・平民主義。
  (この後、日清戦争の後に、蘇峰が、国家主義に転換
 して衰退した、「国民新聞」に併合されて廃刊)
  総合雑誌の先駆となった。
  中江兆民・田口卯吉・島田三郎・内村鑑三・坪内逍遥・
 北村透谷らが・・、
  また、二葉亭四迷、山田美妙(びみょう)、森鴎外、山
 路愛山らの文学者も寄稿し、
  政治・経済・社会・文学の各分野で、多彩な論調を展
 開、社会主義の紹介にも努めた。
  初め、月刊であったが、月2回、3回、週刊となり、時
 の藩閥政府の干渉政策に対抗し、自由と平等の実現を期
 する『急進的平民主義』の立場をとった。
・「支那地誌」 刊行
  著者:参謀本部管西局 編
  1887年から参謀本部によって刊行された『支那地誌』
 『満洲地誌』『蒙古地誌』には、いずれも「物産」の項
 目が含まれていた。
  初歩的な成果を収めたと評価された。
・ 「婦女鑑」(編:西村茂樹)
  「婦女鑑」(明治20年)は、明治天皇陛下の皇后陛下
 の内意を受け、
  宮内省文学御用掛であった西村茂樹によって編纂され
 た。
  そして、天皇陛下の内意を受けて元田永孚が中心とな
 り編纂した『幼学綱要』(1882年)の補遺として作成さ
 れた。
  作成の目的は、華族女学校の教科書に充てるためだっ
 たが、
  実際に、皇后陛下が行啓して、生徒に下賜された。
  この様な、特筆すべき成立事情が有する。
  全6巻、120の例話で126人の掲載は、当時としては他
 書を量的に圧倒した。
.
1887年、歌・流行・世相:
・鹿鳴館仮装舞踏会
  (氷川清話):鹿鳴館時代
  (氷川清話):明治20年には鹿鳴館時代が開始。また、
 保安条例公布による正論家たちの皇城3里外への追放。
  西欧に、形の上でも追い着き、条約改正をしたかった。
  その様な経過の中で生まれた鹿鳴館の舞踏会も、1887
 年4月20日の仮装舞踏会「ファンシー・ボール(fancy
 ball)」に至った。
  この舞踏会は、実際は、鹿鳴館ではなく、総理官邸で
 行われたもので、しかも、外交とは直接関係のない催し
 だった。
  伊藤博文総理・梅子夫人の主催ということで開かれた
 この舞踏会は、
  実際には、時のイギリス公使夫妻が主催したもので、
 伊藤は、好意で官邸を会場に貸し出したにすぎなかった。
  しかし、当時の常識ある人たちは、行き過ぎた催しと
 指摘し、
  外務大丞をつとめたこともある勝海舟でさえ、これを
 契機に憂国の感を深め、建白書にしたためて政府に意見
 したぐらいだった。
  西洋に媚びる面もあるこの「欧化主義」の臭いのする
 催し、
  鹿鳴館の洋装・洋服も行き着いてしまった末の仮装の
 感があった。・・そして・・
・この年に、女性(婦人)に「吾妻(東)コート」「肩掛
 け(ショール)」が流行した。
  吾妻(東)コートと肩掛け(ショール)のセットのフ
 ァッションだった。
  吾妻(東・あずま)コートは、着物の上に羽織るコー
 トで、ショールカラー(へちま襟)や道行襟(スクウェ
 アーネック)の四分の三丈コートのことで、和装用コー
 トの走り。
  東京から流行し始めたので「東」コートと命名された。
・「国益」という文字が流行した。
  マッチの製造にも、牛肉店にも、この2字がつくぐら
 いだった。
・流行歌:「ノルマントン号沈没の唄」
  一番:岸打つ波の音高く、夜中の嵐に夢さめて
     青海原をながめつつ、わが兄弟は何処ぞと
     木々の影はゆらゆらと、
  二番:呼べど叫べど声はなく、たずねさがせど影はなし
     うわさに聞けば過る月、二十五人の兄弟は
  三番:旅路を急ぐ一筋に、外国船とは知りつつも
     航海術に名も高き、イギリス船ときくからに
  四番:ついうかうかと乗せられて、波路もとおき遠州の
     七十五里もはや過ぎて、今は紀伊なる熊野浦
・日本製の絹ハンカチが、外国で評判になる。
・食の流行:西洋料理
  1876年(明治9年)東京の上野に、日本人のための本格
 的な西洋料理店ができたが、
  明治期は、西洋料理は高級なものであり、フランス料
 理が中心であった。
  当時の厨房は、現在とは比較にならないくらい原始的
 な設備で調理を行っていた。
  そのため、その調理技術は極めて特殊で、熟練が求め
 られた。
  それもあって、職人は、非常に重宝され、腕の良いコ
 ックは、破格の高給の処遇を受けていた。
  この年・1887年(明治20年)の『時事新報』には、西
 洋料理のコックについて、
  「甲が十五円を与うれば、乙は二十円を与えんと言い
 出し、雇い主の間に競争を生じたり」という記事が載っ
 たほどだった。
  この獲得競争の結果、富士屋ホテルの記録によると、
 明治30年頃の給与台帳では、支配人の月給が二十五円で
 あったのに対し、料理長の月給は五十四円五十銭もあっ
 た(支配人の倍以上)。
・生活面の流行:自転車
  この年、アメリカのオバーマン・ホイール・カンパニ
 ーが、前輪にスプリング・フオーク(サスペンション装
 置)を取り付けたビクター号を開発した。
  この翌年・1888年、東京浅草の向山嘉代三郎が、帝国
 自転車製造所を開業した。
  1887年4月、大型の二輪車(自転車)が流行の記録も
 ある。
  また、次の記録もある・・、
  1887年1月13日、1月13日快晴 午後2時散歩の際、徳川
 将軍、及び、公子が、自転車を召されて市中御散歩を相
 見たり(松本亀次郎日記より)
  1887年2月18日、静岡大務新聞、自転車脱税の取締り。
  1887年3月8日、静岡県令第30号、自今道路ニ於テ夜中
 自転車ノ使用ヲ禁止ス。
  1887年4月29日、めさまし、水曲社の水上自転車
  1887年5月5日、毎日新聞、曲乗りの水上自転車 浅草公
 園の旧勧工場跡にて興行中なる水曲社の水上自転車は、
 大小二輪車に乗り水面を行く事あたかも平地を走るに異
 ならず、随分珍しきよしにて種々の曲乗りをなすと言う。
  1887年5月14日、毎日新聞、三輪車は卒業、二輪車の客
 が多い。
・娯楽面の流行:娘義太夫
  大阪では、豊竹呂昇が人気で、
  東京では、1887年には、大阪から上京した竹本綾之助
 が空前の人気となり、
  芸能での人気を歌舞伎と二分するほどになった。
  また、別史料には・・、
  娘義太夫.、明治20年代から40年代にかけ、浄瑠璃の一
 派「義太夫」を若い女性が演じて、東京を中心に大流行
 が起こった・・とある。
  また、別史料には・・、
  絵は、洗耳筆「寄席(娘義太夫)」『東京風俗志下の
 巻』94頁で・・、
  2階席はないものの、電燈が附いている。
  また、書生さんらしき姿は見えないので、本郷や神田
 あたりの寄席ではないと思われる・・とある。
  屋根には、真打の芸名を記した軒行灯を掲げ、木戸口
 の横には一座の芸人名や演芸を連ねて記した大行灯を掲
 げる。
  木戸口を入ると、札場、下足預り場がある。
  芝居小屋に見られるような花道、桝席はない。
  女義太夫で賑わい、メッカの一つだった若竹亭・・と
 ある。
・娯楽の流行:花合わせ、トランプ
  大阪で流行の記述あり、
  また、東京日日新聞の、1887年11月16日に・・、
  拙者、西洋カルタ(トランプ)引取のため横浜商館に
 到り、談話の際、洋人の曰く、日本の花骨牌は盛に流行
 して販路広大なるに反して、
  我西洋カルタは、東京を除くの外、甚尠なし、
  欧米各国の如きは、孰の国を不問、「トランプ」の流
 行、殊に盛に、文明国としてトランプの流行せざる事な
 きはトランプをもつて文明の遊具といふに依ても明なり
 といふ
  尚、高位貴顕の方にもトランプのため、交はりを結ぶ
 等の益あり
  今日、東洋の開明国と称せらるゝ日本にして、此の流
 行なかる可からずと、
  本年本国より取寄たるトランプの着荷は、土蔵の床板
 も下る計りの噸数に及びたり、
  然るに、これを引取る商人なく、幸ひ貴家に於ては、
 日本花骨牌の販売広く、且つ、西洋骨牌も亦狭からずと
 〓けば何とか拡張を謀る方法なきやと、
  我答曰、トランプ流行せざるにあらず、未だ、使用法
 の委しからざると、価の高価なるがため、随て販路狭き
 のみ、
  若し、これを拡張せんとなれば、着荷を従来の半額に
 て、五万個を限り売捌く憤発ありたし、
  上方屋も亦、是に憤発を加へ、トランプ使用法を無代
 価で添るとせば、自然販路を拡張するの道に適せんと、
  洋人、大に賛成なし、愚意に随ひ来る
  十一月十五日より、三十日迄を限り、左の拡張安売仕
 候、元より西洋人の拡張心より安売仕候事に付、同業者
 と雖も左の直段より更に引なし
  又日限後は、通常直段に引直し候ことは無論、
  地方の御注文は、是亦拡張のため、今般限り郵券代用
 不苦安売代価の外に、一個に付逓送税八銭、御添の程願
 上候
.
  (今日の言葉)
.
  題:フィリピンのこと(その1~その3)・・、
    その1:独立を目指して・・、
.
1896年8月23日、フィリピン革命戦争
  「プカット・ラウインの雄叫び」で、フィリピン革命
 戦争が始まった。
.
1896年のフィリピン革命
  モロ戦争の歴史。
  1896年のフィリピン革命は、ミンダナオのムスリムに
 対して、民族的な情熱を沸き立たせる契機となった。
  スペイン支配下には、どうしても拭う事の出来なかっ
 た「キリスト教徒対ムスリム」の対立が、一時であった
 が解消した。
  キリスト教徒とムスリムの混成部隊が、スペインと戦
 うこともあった。
  スペイン支配のシンボルであったフォート・ピラーが、
 これによって陥落した。
  アルバレス将軍が、革命政府のサンボアンガ知事に任
 命された。
  しかし、1899年に、アメリカ軍が、フィリピンにやっ
 て来ると、キリスト教徒とムスリムは、再び、対立に変
 えられた。
  アメリカ軍は、ジョン・べーツ将軍をホロ島のスルタ
 ン・キムラ2世と会談させ、
  1899年8月、アメリカの主権を認めるべーツ協定が成立
 した。
  だが、ムスリムは、これを拒否した。
  ムスリムの民族独立戦争は、今度は、アメリカに対し
 て続いた。
  アメリカは、無慈悲に強力な武器で弾圧した。
  特に、初めの10年間は、特に卑劣だった。
  アメリカは、殺傷力の強いダムダム弾や、強力な最新
 兵器を使って殺戮した。
  また、ムスリムの反抗に、神経質に、即時、徹底的に
 武力で弾圧し、鎮圧した。
  また、最悪な事に、1906年には、徴税に反対したブド・
 ダホの女性の方々や、子供たちの600人を、アメリカ軍は
 虐殺した。
  アメリカ軍は800人で行った。
  しかし、情報管制され詳細が不明で、闇の中に、葬り
 去ろうとした。
.
  そして、次の(今日の言葉)
.
  題:評論家:伊藤貫氏が対談で話す・・
    その2:アメリカのした事・・フィリピンの場合・・
.
1898年、アメリカが、フィリピンを軍事占領した。
  下記は、伊藤貫氏(国際政治・米金融アナリスト、政
 治思想家、評論家)の対談での言葉である。
  下記のURLを御覧ください。
  https://www.youtube.com/watch?v=Kla8vz0fx-U&index=3&list=PLn2kLGRySM2jWCzJaowldZXCZrT7Nlda3
  ・・略・・
  (中国がアメリカの言う通りのことをしたら、アメリ
 カは)皆、拍手したわけね、
 だけど、すごく滑稽なのは、その前の年にね、
 その(中国が)門戸開放宣言をやった前の年にね、
 アメリカは、米西戦争をやっているわけ、
 米西戦争をやって、スペインからキューバとフィリピン
をもぎ取ったわけよ、
 米西戦争をやる時、アメリカは、フィリピン人に独立さ
せると約束しておきながら・・、
  一旦、フィリピンを取ったら、独立させるという約束
 を、あっという間に裏切って・・、
 (フィリピン人の)独立派を、20万人か、30万人を殺し
ている訳ですよ、
 1898年に、フィリピンを軍事占領して、
 独立を願うフィリピン人を、20万人~30万人殺してね、
 要するに、1899年もね、殺している最中な訳です、
 フィリピンを自分たちの植民地にしようと思って、フィ
リピン人をいっぱい殺している最中に・・、
  日本人とか、ロシア人とか、ヨーロッパ人とかには、
 (理想的な)ジョン・ヘイの三原則とか、領土保全とか
 言っているわけですよ、
 これって、おかしいでしょう?
 フィリピンで、めちゃめちゃな事をやっておきながら、
 アメリカ人って、そういう人たちで・・、
  要するに、フィリピンでめちゃくちゃやってても、他
 の国に対して、ものすごく立派な事を、『我こそ理想主
 義者』という態度でお説教をするわけね ・・略・・、
.
  そして、次の(今日の言葉)
.
  題:アメリカ人は、フィリピンの方々を蔑んだ・・、
 その3:しかし、マッカーサーだけは違ったと・・
   そして、それは、アメリカ人としては「珍しい」と
  フィリピンの方々は言った。
   そのくらい、アメリカ人は、フィリピンの方々を蔑んでいた。
.
1930年9月、アメリカ人は、フィリピンの方々を蔑(さげ
 す)んだ。
  それは、アメリカ人は、最初からフィリピン人を軽蔑
 し、「無知と怠惰の抜け殻」と蔑(さげす)み発言する
 のが常だった。
  だが、1930年9月に、ダグラス・マッカーサーが、フィ
 リピンを去る時、「アメリカ人、フィリピン人双方が、
 互いの欲望、希望、そして、熱望に対して、同情的理解
 を共有する事が必要だ」と語った。
  フィリピンの方々は、ダクラスは、フィリピンを理解
 する珍しいアメリカ高級軍人だと感じた。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-10-27 05:43 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)442E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年1月~1887年1月)

題:(増補版)442E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年1月~1887年1月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1887年、報道:
・この頃から、新聞広告が活発になった。
  また、この頃までの新聞広告の料金は安かった。
  広告もごく少なく、1行8分銭で、社会的な意義が認識
 されていなかった。
・ナショナル・リーダーの海賊版を各社が出した。
  アメリカの出版社より抗議があり、役所は関係者を集
 め版権を話し「この出版社名を削除しろ」と命じた(郵
 便報知新聞)
  (注):ナショナルリーダーは、明治期に最も広く用
    いられたとされる5巻からなる舶来英語教科書。
     1883年~1884年、米国Barnes社から出版された。
     もとは、米国の小学校用教科書。
     日本では、数多くの翻刻版や、独案内(独習書)
    が出版された。
・政府の官報はわかりにくく、地方官も困るし、反対論も
 出やすい。
  そこで説明欄を作って、補足の文をつける(朝野新聞)
.
1887年、論・文学・本:
・チャンブレン「日本小文典」刊(4月)
  西洋人の本格的な日本語研究は、ロドリゲスから始ま
 り、チェンバレンで完成した形になるとされている。
・二葉亭四迷「浮雲」第一編刊(7月)
  主人公の文三とその従姉妹のお勢、友人の本田の3人の
 姿を中心に描かれている。
  しくじった訳でもないのに退職した文三。最初、文三
 に気があったお勢も次第に本田の方へ心が動く。要領の
 よい本田、何もできない文三・・、
  言文一致の文体(ダ体)で書かれた日本の近代小説の
 始まりを告げた作品で、四迷の代表作。長編小説。
・中江兆民「平民のめさまし」刊(8月)
・中江兆民 「三粋人経綸問答」
  3人の思想の異なる登場人物、洋学紳士(紳士君)、豪
 傑君、南海先生が酒席で議論する物語。
  一度酔えば即ち政治を論じ哲学を論じて止まるところ
 を知らぬ南海先生のもとに、ある日、洋学紳士、豪傑君
 という二人の客が訪れた。
  次第に酔を発した三人は、談論風発、大いに天下の趨
 勢を論じる。
  民権運動の現実に鍛え抜かれた強靱な思想の所産であ
 り、日本における民主主義の可能性を追求した。
・井上円了 「妖怪玄談」 刊行
  一滴の水も一片の雲もみな妖怪。
  天狗、幽霊、コックリさんから、宇宙旅行!?の話まで、
 東洋大学創立者にして元祖妖怪博士の気宇壮大な思想が
 展開される。
・末廣鐡腸 「花間鷺」
  末廣鐡腸(すえひろてっちょう、1849年~1896年)は、
 政治家・新聞記者・小説家。伊予の人。本名:重恭(し
 げやす)。政治活動のかたわら「二十三年未来記」「雪
 中梅」「花間鶯(かかんおう)」などの政治小説を発表
 した。
・徳富蘇峰 「新日本之青年」
  徳富蘇峰の「新日本之青年」(明治二十年)は、同
 時代の若者の間に多くの反響を呼んだ。
  「青年」という新しい存在様式の形成やその散布に大
 きな力となった。
  二葉亭四迷は、近代精神について、また、その広がり
 について、この文章から私たちは、自分が言えなかった
 ことを蘇峰が変わって述べてくれたことへの感謝以上の
 ものを読み取ることが出来た・・とある。
・山田美妙(やまだびみょう)「武蔵野」
 ああ今の東京、昔の武蔵野。
  今は錐も立てられぬほどの賑わしさ、昔は関も立てら
 れぬほどの広さ。
  今仲の町で遊客に睨みつけられる烏も昔は海辺四五町
 の漁師町でわずかに活計(くらし)を立てていた。
  今柳橋で美人に拝まれる月も昔は「入るべき山もなし」、
 極の素寒貧(すかんぴん)であッた。
  実に今は住む百万の蒼生草(あおひとぐさ)、実に昔
 は生えていた億万の生草(なまくさ)。
  北は荒川から南は玉川まで、嘘もない一面の青舞台で、
 草の楽屋に虫の下方(したかた)、尾花の招引(まねぎ)
 につれられて寄り来る客は狐か、鹿か、または兎か、野
 馬ばかり。
  このようなところにも世の乱れとてぜひもなく、この
 ころ軍があッたと見え、そこここには腐れた、見るも情
 ない死骸が数多く散ッているが、戦国の常習(ならい)、
 それを葬ッてやる和尚もなく、ただところどころにばか
 り、退陣の時にでも積まれたかと見える死骸の塚が出来
 ていて、それにはわずかに草や土やまたは敝(やぶ)れ
 て血だらけになッている陣幕などが掛かッている。
  そのほかはすべて雨ざらしで鳥や獣に食われるのだろ
 う、手や足がちぎれていたり、また記標(しるし)に取
 られたか、首さえもないのが多い。
  本当にこれらの人々にもなつかしい親もあろう、可愛
 らしい妻子もあろう、親しい交わりの友もあろう、身を
 任せた主君もあろう、それであッてこのありさま、刃の
 串(くし)につんざかれ、矢玉の雨に砕かれて異域の鬼
 となッてしまッた口惜くちおしさはどれほどだろうか。
  死んでも誰にも祭られず……故郷では影膳(かげぜん)
 をすえて待ッている人もあろうに……
  「ふる郷に今宵ばかりの命とも知らでや人のわれをま
 つらむ」……
  露の底の松虫もろとも空しく怨みに咽(むせ)んでい
 る。
  それならそれが生きていた内は栄華をしていたか。
  なかなかそうばかりでもない世が戦国だものを。
  武士は例外だが。ただの百姓や商人(あきゅうど)な
 ど鋤鍬や帳面のほかはあまり手に取ッたこともないもの
 が「サア軍だ」と駆り集められては親兄弟には涙の水杯
 で暇乞(いとまご)い。
  「しかたがない。これ、忰(せがれ)。死人の首でも
 取ッてごまかして功名しろ」と腰に弓を張る親父が水鼻
 を垂らして軍略を皆伝すれば、
  「あぶなかッたら人の後に隠れてなるたけ早く逃げる
 がいいよ」と兜の緒を緊(し)めてくれる母親が涙を噛
 み交ぜて忠告する。
  ても耳の底に残るように懐かしい声、目の奥に止まる
 ほどに眤(した)しい顔をば「さようならば」の一言で
 聞き捨て、見捨て、さて陣鉦(じんがね)や太鼓に急(
 せ)き立てられて修羅の街(ちまた)へ出かければ、山
 奥の青苔が褥(しとね)となッたり、河岸の小砂利が襖
 (ふすま)となッたり、その内に……敵が……そら、太
 鼓が……右左に大将の下知が……そこで命がなくなッて、
 跡は野原でこのありさまだ。
  死ぬ時にはさぞもがいたろう、さぞ死ぬまいと歯をく
 いしばッたろう。
  血は流れて草の色を変えている。
  魂もまた身体から居どころを変えている。
  切り裂かれた疵口(きずぐち)からは怨めしそうに臓
 腑(ぞうふ)が這(は)い出して、その上には敵の余類
 か、金(こがね)づくり、薄金(うすがね)の鎧をつけ
 た蝿(はえ)将軍が陣取ッている。
  はや乾いた眼の玉の池の中には蛆(うじ)大将が勢揃(
 せいぞろ)え。
  勢いよく吹くのは野分(のわき)の横風……変則の匂(
 にお)い嚢(ぶくろ)……血腥(ちなまぐさ)い。
.
  (今日の言葉)
.
  題:ロビイスト
.
21世紀、アメリカのシカゴの事だが、21世紀に入って以来、
 シカゴは、秘密結社的な政治グループによって動かされ
 ていると言われているという。
  だから、大統領に関わる所でも、「オバマ大統領の知
 らない所で閣僚が決められているのではないか?」と言
 われた。
  そして、「オバマが、ワシントンでまずやるのは、ロ
 ビイスト(このような裏の仕事をする)を追放する事だ」
 と言われた。
  ビル・クリントン政権末期に、クリントン大統領の友
 人たちが汚職事件で有罪になる話もある。
  ロビイストは、ロビイストが関連する政治的な利権に
 巣食っている。
  キリスト教に偏するNHKも、膨大な予算、豊富な予
 算を持っているが、
  その予算から、一般の会社の何倍もの給料を支払って
 いる優遇さがあるが、
  また、不必要と言われるくらいの役員を抱えているが、
  この役員が、日本の国会へ押しかけ、「ロビイスト活
 動」をやっているという報道がある。
  当然、NHKに有利になる活動をしている。
  ちなみに、中国は、盛んに、当然にと言ってもいいほ
 どアメリカにロビイストを送っている。
  そして、ヒラリー・クリントンは、「中国寄り」と言
 われている。
  気になるのは、ヒラリー・クリントンは、「日本嫌い」
 と言われることだ。
  日本の作り上げられた話の『慰安婦問題』の時、日本
 を『セックス・スレイブ(性奴隷)』と蔑んだ。
  まったく事実ではない話を作り上げて、口にした。
  事実の話と言えば、アメリカ自体に、アフリカの方々
 を奴隷として虐(しいた)げて、
  このアフリカの女性の方々を、セックス・スレイブと
 して来た卑劣なアメリカだったことについては一言も言
 わない。
  謝罪もしない。
  第二次世界大戦の時には、フランスのパリ市長が、泣
 き付いたほど、フランスの女性の方々の人権を無視した
 行為をしたアメリカ、
  この件も一言も謝罪してない。
  また、沖縄に来れば来たで、沖縄の女性の方々を、
  そして、日本本土に来れば来たで、
  そして、朝鮮戦争のときは、朝鮮で、朝鮮の韓国の女
 性の方々から訴えられ、
  ベトナム戦争のときは、またまた、ベトナム女性方を、
  アメリカは、自分の足元を見よ!
.
  そして、続きの(今日の言葉)
.
  題:中国や韓国を相手にするときは・・一喜一憂しないこと・・、
.
1904年2月8日、日露戦争がこの日に起きたが、中国も、こ
 の戦争に加わっていた。
  日・露中戦争なのだ。
  共産圏の国家が、いかに完璧に「秘密を保つことが出
 来る」かは驚くばかり・・、
  それであるからして、共産圏の外交が、特務工作によ
 って、民主主義国における世論操作を、いかに巧みに展
 開できるかに感嘆すべき凄さ・・、
  中国の政治と外交は、帰結する所は、宣伝謀略工作で
 あると言える。
  今(2016年)も盛んに、シカゴの新聞社を手に入れた
 りして活動している。
  静かに分析すれば、共産主義諸国がする、表(おもて)
 の発言や「報道」と、裏の真意・実態が大きくかけ離れ
 ている事は、日常茶飯事・・、
  場合によっては、180度違う事もよくある・・、
  昨日は土砂降りでも、臆面もなく、次の日は「カラッ
 と晴れる」・・、
  また、当然、その逆もある(韓国もこれ)
  一喜一憂したり、振り回されたりしない事・・、
  中国は、特に、古来から「政治とは謀略の営み」と見
 てきた面があり・・、
  「それに長けている」のが優れているという見方であ
 る。
  中国の歴史の大きな転換点に、この特務工作、情報活
 動、謀略が、常に、決定的役割を果たしてきた。
  日本は、ある意味、誠実であった、あり過ぎた。
  これが、日本の特質であり、国際的に信頼を得る所で
 もあるが、しかし、見方を変えれば未熟であった。
  情報収拾や諜報と言われる範囲まで、そして、工作と
 言われるところまでも習熟して行くべき。
  (日本はスパイ天国とも言われている。スパイが、う
 ようよ、あちこちに居るという)
  憲法も誠実に守り過ぎた、関係するところは変えて行
 くべき・・、
  「平和は本当に、いいなあ」と、戦争を体験なされた
 方々が、嘆息なされておられるが、
  北朝鮮も、生き延びるため、また、生き残るため、「
 核とミサイル」を持った今、
  日本も、生き延びる方策を真剣に問う必要がある。
  日露戦争に参戦していた中国だったのだ。
  秘密条約によって、中国は参戦していた。
  教科書には書かれていない史実だ。
  しかし、この様な歴史の事実を条件を入れて、現実を
 処さなければならない・・のだ。
  (参考)日露戦争:日本の陸軍部隊は韓国領内を北上
 し、5月に、鴨緑江を渡った。
  最初の戦闘で、ロシア軍を敗退させ、
  また、南山の戦でも激戦の末に優位を占めた。
  6月に、満州軍総司令部が編成され、総司令官に大山巌、
 総参謀長に児玉源太郎を任命し、
  その下に、第1軍から第4軍が統轄されることになった。
  8月末~9月初めの遼陽の戦は、日露両軍が、総力を結
 集した戦闘となり、
  双方ともに、2万名以上の損害を出すという激戦となり、
 ここでも、ロシア軍は後退したが、日本軍の被った打撃
 も深刻なものがあった。
  日露戦争は、1904年(明治37年)2月8日~1905年(明
 治38年)9月5日)大日本帝国とロシア帝国(秘密裏に中
 国も参戦)との間で、朝鮮半島とロシア主権下の満洲南
 部と、日本海を主戦場として発生した戦争である。
  両国は、アメリカ合衆国の仲介の下で終戦交渉に臨み、
 1905年9月5日に締結されたポーツマス条約により講和し
 た。
  ロシアの南下政策の下で、日本の安全保障が脅かされ、
 日露の戦端が開かれたのだった。
  ロシアの狙いは、満州の租借権と、関東州の租借権が
 欲しかった。
  また、鉄道施設権などの利権も欲しかった。
  そして、満州にロシア軍を駐留させたかった。
  そして、その利権を朝鮮半島まで拡大したかった。
  この勢いで、まだ弱小とみられていた日本へ圧力をか
 けていた。
  アジア各国、世界も日本が勝つとは思っていなかった。
  この時まで、アメリカは日本寄りにいた。
  因みに、この時、世界の観戦武官が来ていた。
  その国々は、アメリカ、イギリス、ドイツ、オースト
 リア、イタリア、スペイン、スイス、スエーデン、ノル
 ウェー、ブラジル、チリ、アルゼンチン、オスマン帝国
 の13カ国、70人以上の武官。
  この結果だろう、アメリカの日本を見る目が変わった
 のは・・、?、
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-10-25 05:31 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)441E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年1月~1887年1月)

題:(増補版)441E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年1月~1887年1月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1887年、食:
・日本・札幌・大阪の三ビール会社設立
  1869年(明治2年)、ロシアが南下して来て、日本領土
 を脅かしていたころ、
  この年に、北海道に設置された開拓使は、殖産興業に
 燃える新政府の成長株として大いに期待され、
  外国人技師の招へいが行われ、
  そして、「開拓使麦酒醸造所」を含む、30種以上の官
 営工場が開設された。
  輸入品の「舶来ビール」や、横浜の外国人技師が作る
 「居留地ビール」が発信源となって、ビールは、次第に、
 認知度が高まっていた頃だった。
  ビールは、新しい時代を象徴する飲み物であった。
  国内消費や、輸出にも有望なマーケットが期待されて
 いた。
  北海道は適地だった。
  ホップが自生する地で、ビール大麦の栽培にも適し、
 だから、原料の自給自足が可能で、低温で発酵させるた
 めの氷が入手しやすかった。
  また、気候風土が、ビールづくりに適していた。
  政府の勧農・殖産興業政策に合致するビール醸造事業
 が導入された。
  開拓使麦酒醸造所によるビールづくりは、1876年(明
 治9年)に醸造所の建設から始まり、
  1877年(明治10)年)夏には、日本人として初めて本場
 ドイツで修業した醸造技師・中川清兵衛によって仕込ま
 れた第1号商品冷製「札幌ビール」が、
  サッポロビールのトレードマークである「五稜星」★
 が描かれた開拓使旗 (北辰旗) を立てた船艦によって東
 京へと運ばれた。
  そして、開拓使ビールの発売からほぼ10年後、
  多くの困難を乗り越えた先駆者たちの努力によって、
 国産ビールの総生産量は、ついに、舶来ビールの輸入量
 を上回った。
  また、サッポロビールの先駆者たちも、ビール醸造に
 適した大麦の栽培に苦心し、
  品種改良や、栽培方法などの研究を積み重ねて行った。
  なかでも、荒野を開墾し、畑を耕した屯田兵とともに
 取り組んだ原料づくりは、彼らの功績とともに、今日の
 サッポロビール社の「協働契約栽培」のルーツとして輝
 いている。
  その後、開拓使麦酒醸造所は、渋沢栄一らが経営に参
 画し、民間会社の「札幌麦酒会社」として新たなスター
 トを切った。
  1887年(明治20年)前後になると、ビール事業の将来
 性に期待する資本家などが、大小様々なビール会社を設
 立した。
  サッポロビールの前身である「日本麦酒醸造会社」も
 また、中小の資本家によって現在の東京・銀座に設立さ
 れた。
  しかし、大掛かりな設備を要するビール事業には、十
 分な資本が不可欠で、
  日本麦酒醸造も、翌年・1888年、三井物産会社の資本
 参加による増資によって、ようやく醸造所の建設と製造
 にこぎつけることができた。
  1890年(明治23年)に、第1号となる「恵比寿ビール」
 を発売した。
  国産とは言うものの、原料も、設備も、技術者も、本
 場ドイツからそのまま移転させて製品化したような「恵
 比寿ビール」は、まさに、本格的なドイツビールで販売
 直後から評判を呼んだ。
  1893年(明治26年)に、日本麦酒醸造は、「日本麦酒
 株式会社」に社名を変更した。
  翌年・1894年(明治27年)に勃発した日清戦争を契機
 に、ビールの消費量が急激に増大すると、
  日本麦酒は、積極経営に転じて、増資を行い、設備の
 更新と拡張で増産体制を確立した。
  この積極策が実を結び、当時、偽ビールが出回るほど
 になっていた「恵比寿ビール」の人気と相まって、日本
 麦酒は、日本一の製造量を誇るビール会社に成長した。
  急増した製品輸送の便を図るため、1901年(明治34年)
 に、貨物専用の「恵比寿停車場」が設置されると、
  付近の都市化と、人口の増加が急速に進み、やがて、
 旅客も扱う駅となり、
  1928年(昭和3年)には、付近の地名は「恵比寿」とな
 った。
  こうした成長の陰で、手腕をふるったのが、当時の経
 営トップだった馬越恭平だった。
  のちに「東洋のビール王」と呼ばれる馬越は、イベン
 トや広告、口コミによる宣伝など、プロモーションを含
 めた販売戦略の才能にも長けた。
  1899年(明治32年)には、「恵比寿ビールBeer Hall」
 を開業させた。
  この日本初のビヤホールは、新しい物好きの東京人に
 受けて、たちまち大繁盛店となった。
  この間にも、日本麦酒は、設備の新鋭化と先端技術の
 吸収、幹部技術者の育成などに注力して、「恵比寿ビー
 ル」の品質向上に努め、
  1900年(明治33年)には、パリ万博で金賞を、4年後の
 セントルイス万博ではグランプリを受賞するなど、様々
 な金字塔を立て、日本を代表するビール会社となった。
  (サッポロビール、ホームページを参考にした)
.
1887年、住:
・横浜水道が竣工した(9月)
  横浜市の水道は、わが国最初の近代水道として、
  1887年(明治20年)10月17日に、給水が開始された。
  戸数わずか87戸ほどの一寒村であった横浜の人口は、
 日増しに増加し、市街は急激に発展した。
  当時、住民は、水を求めて井戸を掘っていたが、横浜
 は、海を埋め立てて拡張してきたので、良質な水に恵ま
 れず、
  ほとんどの井戸水は、塩分を含み、飲み水には適しな
 かった。
  このため、神奈川県知事は、英国人技師H.S.パーマー
 を顧問として、相模川の上流に水源を求め、
  1885年(明治18年)近代水道の建設に着手し、
  1887年(明治20年)9月に完成した。
  (横浜市水道局、ホームページを参考にした)
・東京電燈会社が開業し、市中に点灯した。
  1883年(明治16年)富国強兵の国策には電力が欠かせ
 ないという大局的判断のもとに、
  矢島作郎らの発起人は、国からの会社設立許可を受け
 るべく請願書を提出し、この年、認可された。
  しかし、日本の電源開発と言っても、当初の内容は、
 開発というにはほど遠いものであった。
  1886年に至り、企業活動を開始し、
  1887年に、東京電灯会社は、最初の発電を行ったが、
 それは、30馬力のボイラーと、25kWの直流発電機で発電
 し、
  210Vの電圧で、1~2kmほどの範囲に送電するものであ
 った。
  1880年代末から1890年代末にかけて、電灯会社が、全
 国主要都市に設立されたが、
  それらは、電灯需要に応じた都市における小規模火力、
 市内送配電という共通の内容をもっていた。
.
  (今日の言葉)
.
  題:1991年のこと・・、
   自分のことは、「自分で責任をとれよ」と教えている人類の歴史
.
1991年9月16日、アメリカ上院が、フィリピンの米軍基地
 撤廃を決議した。
  そして、1992年末までに、撤退を完了した。
  この撤退は、戦略的な判断ではなく、アメリカとフィ
 リピンの政治的な事情・問題が反映した決断だった。
  フィリピンは、アメリカに英語化されたが、その問題
 も絡んでいた。
  (フィリピンは、英語を含む、異なる二つの言語を話
 さねばならないという国の事態になっていた・・言語の
 分裂化・・最初は、英語だけを強制されるという『非人
 道的状況』に置かされた・・アメリカ人にとっては都合
 が良かっただろう、そうさせれば・・)
  また、アメリカは、フィリピンを防衛するという『大
 義はどうでもよかった』、
  その大義から判断するという事から離れ、金銭的に判
 断するという態度になっていた。
  結局は、アメリカの在比して防衛するという大義意識
 が崩れ去っていた。
  フィリピンの意見・判断は別にして、そっちのけにし
 て、アメリカだけで、この判断はなされた。
  戦略的判断や、同盟の絆などという話は無かった。
  アメリカだけの都合によって、事態が変わった。
  フィリピン側から言わせれば、アメリカだけの都合に
 よって、フィリピンの防衛態勢が変えられた・・という
 事になった。
.
1991年、ソ連の連邦政府の権限縮小(共和国の権限拡大)
  政策に不満を持つ側近のクーデター失敗事件が起こり、
 ソ連共産党の解散、
  ソ連の解体と独立国家共同体(CIS)への移行がなされ、
 1922年に誕生したソ連の歴史が終わった。
.
1991年12月、「一超多強」・・ソ連が崩壊し、冷戦が集結
 した・・「アメリカ、一強」の時代の到来。
  1991年12月、ソビエト連邦共産党が、解散した。
  それによって、各連邦の構成共和国の主権国家として
 の独立が消えた、また、
  1991年12月25日に、ソ連大統領のミハイル・ゴルバチ
 ョフが辞任し、ソ連は解体された。
  そして、アメリカが、受動的に一強となった、2-1で
 ある。
  一超大国:アメリカが、この時に出現した。
  しかし、その時は、そのことは、もう、「ひと昔まえ
 に起きたこと」と言った方が適切な今(2016年)となっ
 ている、
  その時から、25年という年月が流れている、経過して
 いる。
  そして、21世紀へ、この先は、長期的に、確実に、多
 極化へ向かって進んで行っている。
  その多極の国々は、そのグループは、確実に力を付け、
 アメリカとの差を縮め、地球のあちこちで、その次なる
 グループが形成され、力を付けて来ている。
  多極化は、確実に進んでいる。
  過去の中心にあった米欧の結束は崩れ、米欧の離反が
 進んでいる。
  ロシアは、プーチン政権の「新ツァーリズム」が進ん
 でいる。
  (参考)ツァーリズム:ツァーリによるモスクワ・ロ
     シア、および、ロシア帝国の絶対君主制体制の
     ことをさす。
  (参考)ツァーリ:ツァーリ、あるいは、ツァールは、
     ブルガリア・ロシアなどスラヴ語圏で使用され
     た君主の称号。
  中国は、経済発展にあり、「アジアの覇権」を目ざし、
 アメリカへの対抗を意識した長期戦略の実行をしている。
  アメリカは、この確実な流れの中で、「グローバルな
 協調の進展」を声高に叫んでいる。
  また、「国際社会の統合」と叫んでいる。
  そして、アメリカは、その統合された社会の頂点に、
 当然の様に、立ちたいという態度で来た。
  勿論、自分の(アメリカの)お好みの社会システムで
 統合され、その頂点に立つ、それが、正義なのだという
 統合である。
  これは、遠い過去から、キリスト教組織がやって来た
 事で、その形を変えてやっている事に過ぎない。
  キリスト教は、そのキリスト教の『最高会議』におい
 ても・・、
  その判断は、統合において、統合に反する異は、「異
 端だ」として・・抹殺を『是』として来た。
  統合の為には、その統合を阻害する『異』は消し去る
 という考え方・教義であった。
  中国の動静において、2016年の現在から見ると、
  南シナ海の中国のサンゴ礁を埋め立て、そして、軍事
 基地化し、
  そして、国際法違反の判決が出ても、その判決に従お
 うともしない。
  逆に、相手のフィリピンは、中国の人民元の金と投資
 が欲しいと、中国参りをし、そして、握手をしている。
  中国は、自国の金・人民元をばらまいて自国の主張を
 押し通そうとしている。
  日本の沖縄県尖閣島を含む東シナ海も、同じ状況とな
 っている。
  今でも、中国は、軍艦を使って日本の沖縄県の一角を
 奪おうと、日本の統治実態はないと言おうとの行動を行
 なっている。
  南シナ海のサンゴ礁の様に、中国の更なる行動が起こ
 される事態にある。
  この様な行動によって、中国の巨額な軍事費の投資の
 見返りを得ようとしている。
  中国は、アメリカに「太平洋を半分づつにしよう」と
 言ったが、それは、日本という国を飛び越えて、世界戦
 略へと進んでいる。
  当面、日本は、日米同盟路線は重要だが、台湾が中国
 の手に落ちるか?否か?
  台湾の方々の民族自決に委(ユダ〉ね、その決定を、
 世界が、尊重する事になるか?否か?
  中国は台湾をのみ込み、そして次に、国境となる沖縄
 県尖閣をのみ込み、沖縄をのみ込み、
  そして、遠い昔から「日出づる国」として、日本が中
 国に従属しなかった国、その日本を、従属させたかった
 様に、『日本を従属させ』、太平洋を半分づつにしたい
 としている。
  その後は、アメリカの西部開拓が、太平洋にぶち当た
 っても止まらなかった様に、「中国だって止まらない』
 と。
  アメリカだって止まらず、中国の行動を咎(とが)め
 られない様に、中国は、よりアメリカと近接するところ
 までその歩みは止まらない。
  アメリカだった止まらず、やって来たではないか・・
 と、中国は言いたげである。
  そして、中国の国内の利権のおいしい汁を吸ったでは
 ないか・・と、言いたげである。
  この様な行動をする輩の国が跋扈(ばっこ)する世界
 である。
  北朝鮮が、核兵器を持った理由がここにあった。
  自分の利のみを追求する大国、この様な輩が跋扈する
 大国の間にあって・・「核を持った」。
  逆に、この様な輩の跋扈する大国の中で「核を持たな
 い国、勇気あるその様な国になれなかった」とも言える。
  ある意味、「弱い国」と言える・・が・・、
  死にたくなかったのだ。
  「弱い民族は滅んで来た」が、人類の歴史なのだ。
  自分の事は、「自分で責任をとれよ」と教えている人
 類の歴史・・なのだ。
  (参考)跋扈:ばっこ、《「後漢書」崔駰伝から。「
    跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越
    えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞う
    こと。また、のさばり、はびこること。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-10-24 02:32 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)440E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年1月~1887年1月)

題:(増補版)440E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年1月~1887年1月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1887年、産業:
・綿作の中止拡大する。
  養蚕を広めるためだった・・、
  そして、この頃、外国産の綿製品が、日本に流入した
 ぐらい「外国産の綿」が優れていた。
  特に、アメリカ産。
  江戸時代、西日本を中心として綿作が盛んとなった。
  特に、畿内はその中心地であった。
  幕末になると、「開国」によって外国産の綿製品が日
 本に流入して来た。
  この事によって、日本の綿作は危機にさらされた。
  その後、日本の綿作は衰退して行くが・・、
  その日本の綿作の衰退については二つの説がある。
  外国の綿製品の流入によりそのまま衰退したとする説
 と、
  外国産綿製品と日本産綿製品とは品質が違うので、ス
 トレートに衰退したわけではない・・とする説である。
  綿作は、明治期がその分岐点となった。
  その一方、「開国」によって、日本は、外国へ主とし
 て生糸を輸出する方向へなって行った。
  そして、養蚕・製糸業は、輸出産業として活況を呈し
 て行った。
  明治期は、まさに、衰退していく綿作と、成長する養
 蚕とが交差する時代であった。
・深谷市上敷免(じょうしきめん)に、日本で最初の煉瓦
 製造会社が創立された(1888年説あり)
  日本煉瓦製造株式会社(にほんれんがせいぞう)は、
 1888年(明治21年)に、現在の深谷市上敷免において、
 操業を開始し、
  2006年(平成18年)までの120年間にわたり存続したレ
 ンガ製造会社で、
  ここで焼成された煉瓦は、東京駅をはじめとする建築
 物に使用され、
  日本の近代化に大きな役割を果たした。
  明治政府は、銀座周辺を近代的建築による官庁街とす
 る「官庁集中計画」を立ち上げ、
  1886年(明治19年)に、臨時建築局を設置した。
  建物群は、西洋風のレンガ造りとするため、多量のレ
 ンガが必要となった。
・勧工場(かんこうば)多し
  勧工場は、日本独特の百貨商品陳列所で・・、
  一つの建物の中に、多くの店が入り、いろいろな商品
 を即売した所で、デパートの進出により衰えた。
  1877年、上野公園に開設した第1回内国勧業博覧会で、
 閉会後、出品者に売れ残りの品を返したが、
  出品者の希望によって、その一部を、残留陳列して販
 売することになり、
  翌年・1878年、商工業の見本館が開設された(これが
 勧工場のはじめ)
.
1887年、経済・金融・貿易:
・国産石鹸の支那向け輸出が始まる。
  この頃の石鹸は、高価な贅沢品であった舶来物か、
  廉価で、手に入りやすいが品質の劣る国産のどちらか
 だった。
  1905年の「清国広西省梧州視察復命書」があるが、
  それに、以下の記述がある(翻訳文)
  「石鹸ハ日本、獨逸、佛蘭西、製多ク、殊ニ日本ノ佛
 製模造品賣行最モ好シト。
  梧州地方の人は、一般的に湯で体を拭く習慣があり、
 タオルの使用が広く流行していた。
  そのためタオルの需要は多く、輸入額も急増した。
  ところが、日本製のタオルも梧州市街のいたるところ
 の店頭に見られたが、
  その輸入額は、総額の三分の一にも満たず、イギリス
 製と称するドイツ製のものが多額を占めていた。
  また、フランス製を模造した日本産の石鹸が好まれ、
 その他に輸入額が多い日本製品については次のものがあ
 った。
  日本品ニシテ當市場ニ輸入セラルヽモノ多シ、蓋シ綿
 毛織物類ヲ除キ外國品中最多額ヲ占ム、其重ナルモノハ
 綿布、綿縮、燐寸、海產物等ナリ。
  因みに、花王石鹸は、この3年後の1890年に創業された。
.
1887年、交通:
・新宿駅に改称
  日本鉄道品川線「内藤新宿」駅が「新宿」駅に改称さ
 れた。開業は1885年だった。
.
1887年、衣:
・皇后陛下の婦人服制に関する思召書が発布された。
  1887年1月に、皇后陛下が、洋服を奨励する思召書が出
 された。
  「勉めて我が國産を用ひんの一言なり。もし、能く國
 産を用ひ得ば、傍ら製造の改良をも誘ひ、美術の進歩を
 も導き、兼ねて商工にも、益を與ふることおおかるべく」
 ・・と、国産の洋服の着用を呼びかけられている。
・陸海軍将校が、儀式・宴会に夫人同伴の時は、洋装する
 ことも申合す。
  鹿鳴館と男子洋装の位置づけは、女子の場合ほど明確
 な意味は持たなかったが、
  夫人同伴のダンスと、飲食を伴う社交の場で、洋服が
 着用されたのは画期的な変化だった。
  鹿鳴館を中心とした欧風化により、さらに、洋装化が
 促進された。
  新聞報道がこの事を裏付け、また、世間の認識を、急
 速に改めさせた。
  朝野新聞の「洋服全盛の時代」や、郵便報知新聞の「
 洋服流行」の記事などがある。

・大阪市内学校の一部で、「洋服裁縫」の授業を始める。
  世間は「洋服流行」の中にあった。
  この様な中で、洋服の注文に応ずる洋服裁縫師が、多
 忙を極めていた。
  学生たちにも洋服が受け入れられ、
  1885年(明治18年)には、大学予備門の生徒が、一同
 申し合わせの上、モヘルの洋服を着用することを決め、
  慶應義塾生徒も過半数が一斉に洋服に改めた。
・三井呉服店が、フランス人裁縫師を招く
  1872年(明治5年)の正月、三井首脳陣は、大蔵大輔・
 井上馨の邸に招かれ、
  そこで「三井家は呉服業を分離して、銀行設立に専念
 せよ」と内命を受けた。
  銀行設立を一番の目標としていた三井首脳陣はこれを
 了承した。
  ・・とはいえ、伝統の家業をおろそかには出来ない。
  東京・京都・大坂の重役が集まり、協議した結果、
  越後屋呉服店を大元方の所管事業から切り離した上で、
 新たに「三越家」を興し、
  三井家が、三越家へ呉服業を譲渡する形をとり、分離
 独立させることにした。
  1874年(明治7年)、日本橋駿河町に三越家経営の越後
 屋が新たに開店した。
  1886年(明治19年)には、洋服部を新設し、
  1888年(明治21年)に、洋館建物「三越洋服店」をオ
 ープンさせた。
  この頃、1883年(明治16年)に「鹿鳴館」が完成し、
 華族と在日外国人の社交場として洋装の発信地になって
 いた。
  また、越後屋のライバル・白木屋も、先んじて明治19
 年に洋服店を開いていた。
  しかし、洋服は、一般庶民にまでにはなかなか浸透せ
 ず、三越洋服店は閉鎖となった。
  1893年(明治26年)の商法施行に際し、三越得右衛門
 を三井姓に戻し、越後屋を合名会社に改組。
  再び、三井家の事業とし、「三井呉服店」と改名した。
  ここに、三井高利から続いた「越後屋」の店名は失わ
 れた。
  高利が、1673年(延宝元年)に、江戸で越後屋を開い
 てから230年、もはや、呉服業は三井の主流事業ではなか
 った。
  1895年(明治28年)、三井銀行大阪支店長・高橋義雄
 が三井呉服店の理事に就任した。
  高橋は、アメリカの百貨店を研究しており、ガラス張
 りショーケースの陳列や、「意匠部」を新設するなど、
 三井呉服店の近代化を図った。
  高橋は、中上川彦次郎を通じて、三井銀行本店副支配
 人の日比翁助に三井呉服店入りを勧め、
  1898年(明治31年)日々は、三井呉服店副支配人とな
 り、近代化改革をさらに推し進めた。
  1904年(明治37年)12月、三井家の事業再編の中で、
 三井呉服店は、再び分離され、
  株式会社化した上で「三越呉服店」と名称を変更した。
  三越の専務となった日比は、設立された同月・12月、
 「デパートメントストア宣言」を、全国主要新聞に広告
 掲載し、日本初の百貨店としての道を歩み始めた。
  1906年(明治39年)、日比は、欧米を視察し、イギリ
 スのハロッズ百貨店を目標に決め、同年・1906年、洋服
 部を再開した。
  靴、洋傘など、三越ならではの輸入品を販売し、品ぞ
 ろえの幅を広げて行った。
  また、宣伝にも工夫を凝らし、有名は広告コピー「今
 日は帝劇、明日は三越」も生まれた。
  1914年(大正3年)、三越呉服店の本店(現:日本橋三
 越本店)は、鉄筋5階建ての新店舗となり、日本初のエス
 カレーターが設置され、全館暖房となり、時代をリード
 する百貨店となった。
  (三井広報委員会ホームべージを参考にした)
・柳原古着屋に女性用の洋服が、ぶら下がるようになる。
  柳原土手通りが古着市場となっていた。
  柳原土手は、神田川下流の浅草御門(現在の浅草橋付
 近)から、筋違御門(現在の万世橋と昌平橋の中間付近)
 までの南岸に築かれた土手で、
  柳の木が植えられていた。
  古地図には、浅草御門から「是ヨリ筋違迄ヲ柳原通リ
 ト云」と書かれている。
  明治時代に、この土手は壊され、今はないが、街路樹
 の一部に柳の木が植えられている。
  柳原土手は、夜鷹が現れる場所として小説に登場する。
  その様な、神田川の南岸に沿って築かれていた柳原の
 古着屋街。
  それは、最初は、総延長1.5km弱の土手に沿った通りに、
 土手を背にして屋台店が並んでいた。
  軒数は不明だが、明治初年に、同所での店営業の許可
 が検討されるが、その許可軒数は約550軒くらいだった。
 成立年代は不明だが・・、
  店の場所全体は、八つの区画に分かれていて、それぞ
 れの区画ごとに、幕府からの営業認可を受けていた。
  その認可は、18世紀前半に順次出されたが、それ以前
 から無認可の営業が存在しただろう。
 古着市場の成立年代もはっきりはしないが、ここの古着
 商売への史料の言及は、1730年代以降に出て来る。
  店の場所が、幕府から認可された18世紀前半頃に、柳
 原土手通りの古着市場も形成されたのだと考えられる。
  古着を扱う店数は、100~200軒程度だったのだろう。
・編物が、神戸にも流行する。
  明治19年代から20年にかけ編物の流行を思わせる記事
 がある 。
・商人が、鳥打帽子を使い始める。
  鳥打帽子(とりうちぼうし)は、狩猟などに用いた所
 から出た名で、前びさしのついた丸く平たい帽子(ハン
 チング帽)
  明治の取り入れられた頃は、和服姿にも似合うと親し
 まれた。
・中折帽子を、地方の役人たちが被るようになる。
  中折帽子(なかおれぼうし)は、もっぱらフェルト製
 で、ソフトハットとも呼ぶ。
  第二次世界大戦前頃まで一般的に使用され、当時の公
 務員や会社員に愛用されていた。
  イタリアのボルサリーノ製品が有名で、1900年頃には、
 75万個が製造され、半数以上が外国に輸出された。
・ネル製品の襟巻が多くなる。
  ネルは、フランネルの略で、
  フランネルは、紡毛糸で平織りまたは綾織りにし、布
 面をやや毛羽立たせた柔らかな毛織物。
  紡毛糸(ぼうもうし)は、羊などの比較的短い毛や再
 生毛などでつくった糸で、毛羽(けば)が多く、縮絨(しゅ
 くじゅう)しやすい。
  縮絨は、毛織物の仕上げの工程で、組織を緻密 (ちみ
 つ) にし、また毛端を絡ませてフェルト状にすること。
 石鹸 (せっけん) 溶液やアルカリ性溶液で湿らせ、圧力
 や摩擦を加えて収縮させる。
  フェルトは、羊毛などの獣毛に蒸気・熱・圧力を加え
 て縮絨(しゅくじゅう)させ、布状にしたもの。
・衣類の防虫に関する関心が多くなった。
  漢の武帝(紀元前2世紀)の時代に曝衣楼が造られ、7
 月7日に宮廷人たちが衣類を出してこの楼台で干したとい
 う。
  この日は衣服ばかりでなく書物の虫干しも行われた。
  後漢の「四民月令」は民間の年中行事を伝える最古の
 書と言われるが、その7月7日の条には「経書及び衣裳を
 暴すれば虫なし」とある。
  古代は、衣服や書物の虫退治は大問題だった。
  日本における防虫は、奈良・正倉院の曝涼(ばくりょ
 う)がある。
  (参考)曝涼:ばくりょう、夏、または秋の天気のよ
     い乾燥した日を選んで衣類・書籍などを日にさ
     らし風を通して、かびや虫のわくのを防ぐこと。
     虫干し。
  その曝涼帳として787年(延暦6年)がある(曝涼使解)。
  また、811年(弘仁2年)の「官物使解」には、収蔵し
 ている香薬や諸宝物を点検しながら風日に曝したことが
 克明に記されている。
  その中には毛皮や衣類・毛氈(もうせん、フェルト的
 なもの)が含まれていた。
  日本は、その他、仏具や衣類、書画などを風日に曝し
 ていた。
  夏ばかりでなく春や秋にも行われていた。
  言葉としても、虫干し、虫払い、土用干し、風入、御
 衣(おんぞ)干し、夏干しなどがある。
  寺社では「什宝虫払い」の行事が恒例として行われて、
 庶民の方々は、それを拝観していた。
・東京綿商社が設立された。
  鐘紡はこの年に設立された。
  1886年(明治19年)東京・日本橋に9軒の繰綿問屋があ
 ったが、その中の5軒が、シナ綿の定期売買を主業とする
 東京綿商社という資本金10万円の会社を創立した。
  1887年(明治20年)ところか需給の関係から、綿花の
 在庫に悩まされ、その打開策として90万円の増資を断行
 し、紡績経営に乗り出すことになった。
  5月6日設立登記。
  8月、「東京綿商社」を解散し「鐘ヶ淵紡績株式会社」
 と改称し、初代社長に三井得右衛門が就任した。
  1888年(明治21)三井の出資を得て、土地を東京府南
 葛飾郡隅田村隅田川畔「鐘ヶ淵」に求め、イギリスより
 最新式の機械を輸入して模範的工場の建設に着手した。
  1889年(明治22年)工場の設計は挙げて学者に託し、
 費用を惜しまず建材や設備に舶来品を用い、30,240錘の
 当時我が国最大の工場を造った。
  世間てはこの工場を見て「三井の道楽工場」といった
 という。
  そして、残念なことだが、2007年、カネボウは消滅し
 た。
.
  (今日の言葉)
.
  題:「ノホホン」とした「あなたまかせの論理」は・・、
    空論なのを・・知らなければならない。
    結局、アメリカは、自分の口が大事・・、
.
1998年2月、韓国に金大中政権が発足した(~2003年)
  1997年12月18日の大統領選挙で、金大中が選ばれてい
 た。
  この政権は、対米外交に苦慮した。
  そして、韓国には、この頃から反米感情が高まって行
 った。
  韓国内にあるアメリカ企業の利益団体である「駐韓米
 国商工会議所」は・・、
  1997年3月15日、韓国政府に「1997年度の年次報告書案」
 を提示した。
  そこには、「外国人の営業環境を改善するために韓国
 政府が履行すべき事項」が、何と『23の分野』にわた
 って列挙されていた。
  この報告書案は、その次の年の1998年の3月末、本国の
 アメリカ政府が議会へ提出する「国家別貿易障壁報告書」
 の基礎資料となった。
  アメリカ政府の・・韓国へ対する「市場開放圧力」の
 一端があった。
  その主な要求事項は・・、
  (1)韓国は、輸入自動車に対する宣伝を積極的に行な
    う。
  (2)自動車の輸入に影響を与える措置に関しては、前
    もってアメリカ政府に通達する。
  (3)輸入自動車に対する関税を、アメリカ国内の水準
    にまで引き下げよ。
  (4)農協に農産物の輸入許可を取り扱えること、
  (5)私的所有権の保護に関し、検察は捜査の強度を高
    め、裁判所は「より厳格な判決を下すこと」、
  (6)法定退職金制度を廃止し、労組を不当労働行為の
    摘発対象に含めよ、など・・、
  アメリカ政府は、アメリカの自国民と企業の権益を擁
 護するために、内政干渉的な強圧をかけた。
  (第二次世界大戦後も、利益を得ようと、利益を得た
 いと、アメリカは、アジアで、こんなことをやっている)
  韓米間の力関係から考えると、これは、韓国政府に対
 する『横柄、かつ、不当な外交圧力』としか言えない。
  特に、(2)は・・、
  韓国政府が、アメリカ製自動車の輸入を規制する何ら
 かの措置を取ろうとすると、事前に、『アメリカ政府の
 裁可を得よ』との言い方であり、
  これ程までの『露骨な内政干渉』は、今・現在の時代、
 他に類例を見ないほど『従属国的に愚弄(ぐろう)』し
 ている。
  (今、アメリカは、日本の皇室関係についても、非常
 に内政干渉的な事を言っている・・自国の悪さの足元も
 見ないで・・)
  こうした『駐韓米国商工会議所』の要求に対して、韓
 国政府は、「私的所有権の保障に関しては、韓国の検察、
 および、裁判所が誠意をもって対処している」との回答
 を伝達した(3月6日付「東亜日報」)
  これに先立つ1998年3月9日、アメリカ通商代表部(U
 STR)は・・、
  「韓国政府が設けている輸入規制を除去するために圧
 力を強化する」との『宣戦布告』をした。
  ガイドナー財務副次官も、同日に・・、
  「韓国政府が、経済構造の調整査過程で企業に支援金
 を提供するなら、国際通貨基金(IMF)の借款は中断
 されるだろう」と・・威嚇を加えた。
  IMFの救済金に依存せざるを得ない金大中政権は、
  (IMFは210億ドルを支援したが、この時、日本も
 100億ドルを支援した・・韓国は、今、感謝しているのだ
 ろうか?)
  この時、韓国は、アメリカ政府からのこうした理不尽
 な『通商圧力』を受けていた・・、
  これに対して、韓国は、殆ど、無抵抗の状態に置かれ
 ていた。
  1997年11月に、表面化した韓国の経済危機に関して、
  2月26日付『ニューヨーク・タイムズ』の記事は、その
 背景に、アメリカ政府の『巧妙な手口』が隠されていた
 ことを暴(あば)いた。
  1996年6月、クリントン政権の国家経済会議(NEC)
 が、韓国政府に対し、「金融市場の自由化に踏みきれば、
 経済協力開発機構(OECD)への加入を許可する」と
 の韓国が欲しがっているエサを・・韓国へ投げた。
  韓国は、「先進国への仲間入りを宣伝する格好の機会」
 だと判断し・・
  金泳三政権は、このアメリカの言葉に飛びついた。
  国内の金融機関が、十分な対応力を備えていないノー
 ガードの状態で、金融自由化が施行されたために、
  案の定・・韓国の金融市場は、アメリカの投機資本の
 餌食(えじき)にされた・・、
  韓国は、深刻な為替危機に陥(おちい)ってしまった。
  年金と基金などを含めると、アメリカの金融資本は、
 1995年の段階で『20兆ドルの規模』であり、これは、世
 界の年間交易額の4倍という巨額に相当した。
  彼ら・アメリカにとって、リスクの高い第3世界よりも
 韓国のような「新興市場」が、より魅力だった。
  また、IMFは、1996年の夏、「インドネシアに続き
 韓国政府が、金融資本の自由化を施行したことを歓迎す
 る」とのコメントを発表した。
  韓国のことわざには、「病にかからせ薬も与える」と
 いうことわざがあるが、
  まさに、これは、韓国の経済危機に一役買ったIMF
 に救いを求め・・その指示を受けながら・・市場の更な
 る開放へ突き進む・・開放を断行している・・金大中政権
 の現状は、希望と「ま反対」の極めて皮肉なものとなっ
 た。
  1998年4月1日に、金大中政権が、為替の自由化に踏み
 切り、韓国経済は、全面的な市場開放に向けて乗り出し
 た。
  外国資本は、すでに、韓国の証券市場を左右するだけ
 の絶対的な影響力を発揮していた。
  上場企業の株価のうち19%を占有するに至った外国資
 本は、株主総会でその存在を誇示した。
  そして、大量の外貨が・・韓国から流れ出る、外へ向
 かって流出し始める。
  浦項製鉄は、世界第一の粗鋼生産企業で、1兆1229億ウ
 ォンの純益をあげているが、外国資本の株式保有率は、
 既に、38.1%に達していた。
  半導体部門で世界第一の実績を誇る三星電子(3132億
 ウォンの年間純益)も、外国資本の持ち株が51%と半分
 以上・・、
  そして、韓国電力が、3月に、7億5千万ドルの株式を
 海外で売却し、
  5月には、韓国通信が、12億ドルの株式を外国資本に売
 却する。
  国家の基幹産業が売られて行った。
  アメリカの要求した金融自由化の旗の下に、韓国を支
 えてきた生命線とも言える基幹産業を、
  次から次へと外国資本の手に、安売りする金大中政権
 の経済政策を、『韓国の国民は、容認しなかった』。
  ムーディス社のような、アメリカの信用調査機関が、、
 『韓国経済は危機を脱した』として評価ランクを格上げ
 したり(まゆつば格上げ、お手盛り格上げ、嘘つき格上
 げ、実際、韓国は苦しみ続ける)、
  IMFが、韓国を『IMFの模範生』として称賛した。
  (IMFなんて、何ら国際性はない・・私企業と言っ
 てもいい)
  このIMFの意味は、金大中政権が、アメリカ金融資
 本にとって最大の利益を保証するシステムを受け入れた
 ことへのリップサービス(口先だけの御世辞、おべんち
 ゃら)に過ぎない。
  恐ろしい甘言であった。
  (本当に韓国の事を思っていたのか?)
  この様なことで、韓国では、この頃から反米感情が高
 まって行った。
  韓国に駐在するアメリカ兵が、ソウルの町であからさ
 まな嫌がらせを受けたり、
  在韓米軍基地に、大々的なデモがかけられたり、
  在韓米軍の関係者の住宅に火炎瓶が投げ込まれたり、
  ・・と言った事件が相次いだ。
  その頃の韓国在任のアメリカ人高級将校は・・、
  「我々は韓国という『敵地・戦争している地』に進駐
 している部隊だと思っている」と言った。
  そして、「日本へ来て、ようやく味方の戦戦に戻って
 来たようで・・『ほっ』とする」と言う。
  アメリカのクリントン政権時代(1983年~1992年)の
  アメリカの軍人の間では・・
  「世界で一番嫌な任地は、クェートでも、サウジアラ
 ビアでも、ボリビアでもない・・韓国だ」・・と、
  将来を約束されているエリート将校でも、韓国勤務を
 命じられたら、その人事に対して異議を申し立てる。
  将来を棒に振ってでも、異議申し立てをするほど「嫌
 な任地」だという。
  それほど、韓国の方々の反米感情は強く、そして、そ
 の影響が、米兵に対しても出ていた。
  今後、長期に渡って深刻化して行くと言われる「米韓
 危機」である。
  (表面的にはくっついても、心は離れている・・その
 様なものだ)
  この米韓関係に完全な亀裂が入った場合、日本の長期
 的な安全保障は不安定の中に入って行く(安心してはい
 られない)。
  今、現に、「日本の安全保障から下りることを明言す
 るアメリカ大統領候補も居る」。
  日本の安全保障は、結局、日本人が真剣に考え、努力
 をして行かなければ「手に入れられるものではない」。
  「ノホホン」とした「あなたまかせの論理」は、空論
 なのを知らなければならない。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-10-22 04:58 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)439E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1886年12月~1887年1月)

題:(増補版)439E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1886年12月~1887年1月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1886年、バッファロー・ビルというアメリカ人は、人気の
 ショー「ワイルド・ウエスト」を興行していた。
  彼の人物像は、以下のように書かれていた・・
  「バッファロー・ビルは、アメリカ西部開拓時代のガ
 ンマン、興行主。
  本名は、ウィリアム・フレデリック・コディー。
  1859年、コロラド州で金鉱開発などにも携わった。
  西部の情報通であったことから軍と深い交流があり、
 斥候を務めるなどして、また、シェリダン将軍のインデ
 ィアン討伐にも協力した。
  1880年ころから拳銃捌(さば)き・駅馬車襲撃などを
 実演してショー化した『ワイルド・ウェスト・ショー』
 を立ち上げ、米国内やヨーロッパを巡業した。
  往年のガンマンや無法者、そして、スー族インディア
 ンのシッティング・ブル本人などが参加したため人気を
 集め、興行は大成功した」。
  そして、彼の興行の出し物の一つが、テレビ番組や劇
 場での公演で知られた「アニーよ銃をとれ」のアニー・
 オークレーという射撃の天才少女を出演させていた。
  彼女は、30歩離れた距離からトランプカードをめがけ
 てピストルを撃ち、これを撃ち抜いたという。
  また、アメリカ・インディアンも見世物にした。
  キリスト教の有色人種の蔑視感がその行為を安易にな
 させた。
1886年5月1日、合衆国カナダ職能労働組合連盟がシカゴを
 中心に約35万人の労働者を動員、8時間労働制を要求し
 ゼネストを行なった。
  これは、1890年5月1日、第1回国際メーデーが行なわれ、
 また、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、ラテン
 アメリカの労働者が8時間労働制を要求したさきがけと
 なった。
1886年10月28日、自由の女神像が完成
  アメリカ合衆国のニューヨーク湾のベドロー島(現=
 リバティ島)に建つ自由の女神像が完成し、除幕式が行
 なわれた。
  像は、アメリカ合衆国独立100周年を記念してフランス
 から贈られた。
  高さは48.05メートル(46m?)、重さは225トン
  右手にはたいまつを、左手には独立宣言書を持つ。
  フランスで1884年に完成し、
  1885年に、214個に分解されて海路ニューヨークに運ば
 れ組み立てられた。
  正式名称は「世界を照らす自由 」
.
ーーー1887年ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
.
1887年、出来事:
  この年に、最初の世界恐慌が発生した。
  この年の前後に、産業界は目を見張る活況を呈した。
  1873年から1896年にわたる世界的な構造不況(大不況)
 があった。
  この1873年に始まった大不況の原因は多様であるが、
 その原因は、広範な産業分野における生産力の向上で、
 特に、銀の増産と価格の下落があった。
  増産は、新鉱山の発見と電解精錬の成果であった。
  鉱山は、従来から探索が続き、鉱床に関しては、独仏
 資本の入り乱れたロレーヌ(アルザス地方)等を例に浚
 渫技術が向上した。
  そして、電解精錬技術の革新に画期的な面があった。
  雑多な鉱石からも銀が得られるようになった。
  金銀比価は開いていった。
  特に、価格差が、1891年から数年間、著しくなった。
  その様な中、各国は金本位制を採用して行った。
  銀価格が下落して行った。
  南米では事業が縮小した。
  1876年の下落は大きかった。
  アメリカからの食糧買い付けの為、ヨーロッパの金の
 流出が大きかった。
  フランス銀行の金準備は危険状態となった。
  国際的な会議をするが物別れに終わった。
  金に余裕あるアメリカはインフレーション法を制定し
 た。
  ヨーロッパ各国は、金を新たに獲得するためアフリカ
 分割に精を出した。
  金の流出を防ぐため、金利操作も激しく行われた。
  この様な中の1882年、パリ証券取引所での株価暴落が
 起き、フランスは恐慌に突入した。
  この恐慌は、長く、そして、深くフランスを苦しめた。
  フランスの国民純生産(NNP)は、1882年から1892
 年にかけて減少し続けた。
・東京に電燈が灯る。そして、横浜で水道が給水開始した。
.
1887年、データ:
・日本の総人口:38,703,000人
・小学校の実質就学率:30.2%
  日本人の優秀さは、信長・秀吉の時代から、日本人は
 褒められていたが、
  1870年(明治3年)の日本における読み書きの普及率は、
 かなり高った。
  おそらく当時の一部のヨーロッパ諸国以上、少なくと
 も引けをとらない高いレベルだった。
  この1870年頃には、各年齢層の男子の40%~50%、女
 子の15%が、日本語の読み書き算数を一応こなすレベル
 にあり、自国の歴史、地理を多少わきまえていたとみな
 してよい(ドーアの調査)。
  また、日本の家庭内の教育も良いとの外国人の報告も
 ある。
  ただ、日本の地域的な差はあった。
・横浜居住の外国人は約3,900人(この年の4月の居留地)
  1858年に、徳川幕府は、欧米各国との間で通商条約を
 締結し、
  1859年に、横浜港は国際港として開港した。
  開港後の横浜は、急速な勢いで貿易港としての機能を
 高め、貿易額は1860年から明治に入るまで、国内貿易額
 の約7割~8割を占めていた。
  大消費地の江戸に近い事も良かった。
  生糸が横浜港の発展に大きく貢献した輸出品だった。
  輸入品は、鉄鋼類・繰綿・兵器類・米など多様だった。
  生糸は、幕末の開港以来、外国商人の支配下にあった。
  外国人は、日本商人をはるかに上回る資本を有し、ま
 た、需要地の情報を独占していた。
  また、不平等な条約もあった。
  外国商人は、様々な不公正な取引慣行を日本側へ押し
 付けた。
  日本側の商人が力を発揮してくるのは、1900年を過ぎ
 てからだった。
  その日本側の商社が、「横浜生糸」「三井物産」「原
 商店」だった。 
  外国商人は、すでに中国との貿易で利益を上げていた
 ジャーディン・マイセン商会などで、開港場の市街地を
 形成した。
  現在の山下町一帯は外国人居留地(山下居留地)とし
 て整備された(関内と呼ばれるようになる)。
  1866年の大火によって、日本人町の3分の1が焼失した
 が、その後の復興は、沼地などの埋め立てが進んで、関
 内の整備は一段と進んだ。
  居留する外国人は、ヨーロッパ人・アメリカ人が約4割
 に対して、中国人6割ぐらいであった。
  1890年を過ぎると5000人ぐらいへと増加して行く。
  1876年:約2300人、1898年:5369人(中国人約70%、
 イギリス人約16%、アメリカ人約5%、ドイツ人約3%。
  貿易商社の人が27.6%、ホテル・レストランなどのサ
 ービス業17.2%、家具や繊維品などの製造業14.5%。
.
  (今日の言葉)
.
  題:1928年のこと・・、
   世界を煽(あお)っていたアメリカ・・、
   世界を主導していたと言うが・・?
.
  アメリカが、日本を蔑視して作った「排日移民法(1924
 年)」から4年後の1928年ことである・・、
.
1928年6月4日、張作霖爆殺事件は、日本軍の仕業に見せか
 けたソ連軍諜報機関の謀略工作だった、という証拠が、
 旧ソ連文書で明らかになった(「正論」平成18年4月号)
  日本の関東軍がやったというのはウソ・間違い。
  日本は、プロパガンダ(嘘宣伝)で罪を着せられてい
 る。
  本当の真犯人は、ゾルゲらを繰っていたソ連のGRU
 (赤軍情報部)の工作であった。
.
1928年6月4日、張作霖爆殺事件(ちょうさくりんばくさつ
 じけん)が起きた。
  この事件は、1928年(昭和3年)6月4日、中華民国・奉
 天(ほうてん、現:瀋陽市・しんようし)近郊で、日本
 の関東軍によって奉天軍閥の指導者である張作霖が暗殺
 された事件と説明されているが・・これは間違い。
  中華民国や中華人民共和国では、事件現場の地名を採
 って、「皇姑屯事件」とも言う。
  「終戦まで事件の犯人が公表されず」と説明されてい
 るが、日本が行った事ではない。
  また日本を貶(おとし)めようというメディアは、さ
 も、日本が犯人の様に、日本政府が隠して「満洲某重大
 事件」と呼ぶ・・みたいな説明をするが、日本の犯行で
 はないなら曖昧(あいまい)に言うしかない。
.
1928年6月4日、この日に張作霖爆殺事件が起きたが、この
 事件は、日本が引き起こしたとされて来た・・が・・、
  ソ連軍諜報機関の謀略工作であったという証拠が、旧
 ソ連の文書で明らかとなった。
  戦後、60年を経た以降、マル秘とされていた資料が、
 公開されて来た。
  その結果・・真実が分かって来た。
  また、1937年の盧溝橋事件も、日本の行為ではなく、
 日本が罪を擦り付けられていたことが分かり、証明され
 た。
  日本は、この事件の後、事態の穏便な収束を目ざし、
 不拡大の方針のもとに努力をしていた。
  しかし、この日本の解決を進める行為を、何としても
 止めようと・・、
  そして、日中全面戦争へ引きずり込もうと、スターリ
 ンと中国共産党は工作した。
  そして、上海で、日本軍へ総攻撃を始めた。
  戦端は収束せず、拡大する一方だった。
  そして、全面戦争へ至って行った。
  新史料によって、この様なことが証明できるようにな
 った。
  アメリカが主導して始めた東京裁判は、間違った史料
 で裁いた事になった。
  つまり、東京裁判は成立してない裁判という事になる。
  現在の法なら「再審」となる。
  裁判のやり直しとなる裁判なのだ。
  東京裁判の判決は、だから「誤審」なのだ。
  コン・チアン他著「マオ(上)」第19章の参照を。
  先年(1991年12月)、ソ連が崩壊して後、諜報関係や
 コミンテルン関係の資料が多く公開されて来ている。
  今、真実が明らかにされて来ている。
  過去の間違った史実は、塗り替えられて来ている。
  アメリカのプロパガンダ(嘘宣伝)は暴(あば)かれ
 て来ている。
  アメリカの不誠実な行為は、『正義の下で正されなけ
 ればならない』。
  ハル・ノート(コーデル・ハル)なんて、国際的なお
 墨付きがあるように思わされ、言われているが・・、
  偏った(かたよった、不公平・不均衡)作り話だ。
  完全に公平な、そして、公正な第三国の作成でなけれ
 ばならなかったのだ。
  アメリカ主導の作り話が、展開していた。
  今、イギリスでは、プロパガンダされ、扇動(せんど
 う、気持ちをあおられ、ある行動を起こすようにしむけ
 させられること)され、
  騙(だま)されて、EU離脱に投票させられたという
 民衆が渦巻いている・・が・・、
  アメリカも、この様な事をしていた。
  EU離脱が決まると、離脱を煽(あお)った宣伝映画
 の監督らは、スーッといなくなってしまった。
  煽った人々が、居なくなってしまったという「怪」が、
 イギリスで起きている。
.
  そして、次の話・・
.
1943年2月、スターリングラードで、25万の兵力のドイツ軍
 が崩壊した。
  その年の1943年10月30日に、スターリングラードのド
 イツ軍崩壊から約8ヶ月後に、
  クレムリンの大広間で、夕食会が開かれた。
  アメリカの代表のコーデル・ハル(アメリカの国務長
 官)は晴れやかだった。
  ソ連の対日戦の参戦の話が進展するからである。
  ハルはこの様な人物だった。
  ハル・ノートは公正でもなく、公平でもあるはずがな
 かった。
  ハルは、この時、スターリンのすぐ右側の席が与えら
 れ、最高のもてなしを受けた。
  ハルは、この会食の会談の成功を予測し、そして、祝
 して心にある期待を演説した。
  何と、スターリンも、唐突にしゃべり出した・・、
  「ドイツとの戦争が決着すれば、ソ連は、日本を倒す
 ことをお手伝いしましょう」・・と。
  『日ソ中立条約の存在』など、どこかへ吹っ飛んでい
 た。
  スターリンは、すっかり、対日戦に参戦して、日本の
 領土を手にしたらの、ルーズベルト・アメリカ大統領の
 誘いに酔い、すっかりその気になっていた。
  また、ハル・ノートというお手盛り報告書を書いたハ
 ルは、このスターリンの演説に満足し、米ソ共同のハレ
 ンチ(恥を恥とも思わず平気でやること)な裏切り行為
 が進んで行く(千島・満州に進攻され、多くの日本人が
 死に、千島・北方四島は取られ、まだ、未帰還だ)
.
  そして、また、次の(今日の言葉)
.
  題:キリスト教の焦(あせ)り
.
1928年、キリスト教の聖書に記される「カナンの地」が、
 この年に、ウガリットと言うシリアの古代の都市遺跡を、
 『再度』発掘したら見つかったと、まったくデッチアゲ
 的な話がこの年に生まれた。
  イスラエルよりだいぶ北で、まったく、イスラエルと
 関係ない場所である。
  トルコに近い所と言うより、トルコ国境の脇と言いた
 いところで、「カナンの地」と関係ない所で発掘された
 神話が、ユダヤ教の神話と似ていると言ったのである。
  だからだ・・と言う、こじつけである。
  キリスト教は、長いユダヤの歴史のずーっと後から、
 最後に生まれた宗教で、周りのあちこちの事などを都合
 よく取り入れた宗教だった。
  だから、ウガリットがカナンだとは無理な論理だ。
  因みに、馬小屋に生まれたイエスの話も、当時、この
 辺りにあちこちにあった話を取り込んだものである。
  また、生まれたクリスマスの日も、まったく別の宗教
 の祭日が、あまりにも盛大に行われていたので、同じ日
 にしただけである。
  天使だってほかの宗教から拝借している・・、こんな
 他宗教から借りて来た話は一杯ある。
  キリスト教は、根拠のほとんどない宗教である。
  そして、この古代は・・、
  そして、特に、恵まれないこの地域は、砂漠の地は、
 わずかな恵まれた地を取り合った。
  「カナンの地」は、「甘い蜜の流れる地」だと、周り
 の諸民族は憧(あこが)れた。
  そして、「カナンの地は、乳の流れる地」とも讃(た
 た)えられた。
  (学者は、カナンを死海の北の辺りかと推測する、
 シリアの地とはまったく違うのだ・・さらにその北の方
 の地とはまったく関係がない)。
  周りの小さな諸民族の「カナンの地」へのあこがれは
 増した。
  天のなせる罪、それは、「恵みの雨を降らせない」こ
 とだった。
  そこに群がる少数の各部族は、そのため、生きる事に
 喘(あえ)いでいた。
  ここで生まれた宗教が、キリスト教だった(砂漠の宗
 教)。
  当然、この様な民が生きるための宗教となった。
  この地の、この時代に適応し、生まれた宗教だった。
  当然、この地、この時の宗教は、生きるか死ぬかの時
 には、「隣の民族の富を奪ってよい」と教えた。
  ここに生きる民は、そのような宗教を作った。
  当然、この事によって起きる戦いに、その相手の民族
 を「殺して奪え」とキリスト教の神は教えた。
  「(キリスト教の)神の義があれば、人を誅しても良
 い」と殺人を許容した。
  「○○人は全滅せよ」「△△人は男だけを殺せ」「生
 娘(きむすめ)は生かしておけ」「奴隷にせよ、奴隷に
 せよ」と、キリスト教の神は、好き勝手に、殺人許容を
 叫び、口走った。
  しかし、「この地」の、「この時」の、この宗教が伝
 播して行った。
  そして、この教義、この殺人許容のキリスト教の教義
 が、独り歩きをし始めた。
  愚かな事である。
  その時・その地より豊かな地、豊かな時にであるのに、
 欲ある者たちは、殺人許容のキリスト教教義を都合よく
 取り込んだ。
  豊かな地や豊かな時には、そぐわない「そのキリスト
 教の殺人許容教義」に洗脳され、
  マインド・コントロールされ、
  世界は、『奪い取りの地』となった。
  アメリカの新大陸では、何と、1000万人を越える先住
 民の方々・アメリカインディアンの方々が殺戮され、殺
 された。
  スペインのキリスト教徒と、キリスト教聖職者たちが、
 考えのおよばない様な多くの方々を殺した。
  キリスト教の大本が、現地のキリスト教聖職者の問い
 合わせに「(先住民の方々を)人間ではない」と言った。
  有色人種蔑視のキリスト教の教えから殺戮が始まった。
  先住民の方々は、キリスト教徒とキリスト教聖職者た
 ちの進んだ武器によって、50年近くもの長い長い期間に
 渡って殺され続けた。
  また、オーストラリアでは、イギリスによって、アボ
 リジニの方々が、さも、動物の狩りをするごとくに殺さ
 れた。
  「今日は○○人殺した」と記す日記も残されている。
  アメリカ・インディアンの方々も、アメリカ合衆国と
 カナダによって殺された。
  カナダでは、インディアンの方々の食べているバッフ
 ァローを殺して、インディアンの先住民の方々を餓死さ
 せた。
  アメリカもこの手を使った。
  バッファローを自分たちの食糧にする訳ではなく、先
 住民の方々の餓死の目的だけだった。
  殺したバッファローは、ただ、野に積み上げられた。
  バッファローの頭蓋骨が山の様になった。
  非人道的な行為をした。
  アメリカは、近代的な兵器を持った武力集団・騎兵隊
 によってインディアンの方々を殺戮し続けた。
  ハワイの先住民の方々も同じように殺戮した。
  フィリピンの方々も殺戮した。
  これらすべてを、ユネスコの世界記憶遺産に登録せよ!
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-10-20 16:49 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)438E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1886年12月~1886年12月)

題:(増補版)438E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1886年12月~1886年12月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1886年12月22日、小宮山桂介(天香)が、翻訳本の出版に
 際し版元の鳳文館館主との契約書に「一部拾銭」(印税
 の始まり)と記した。
  東京朝日新聞社の初代主筆を務めた小宮山桂介(こみや
 まけいすけ)(天香(てんこう))が、
  エルクマン・シャトリアンの『マダム・テレーズ』を
 『慨世史談・断蓬奇縁(だんほうきえん)』と改題して出
 版した際、
  鳳文館(ほうぶんかん)の前田円と出版契約を交わして
 決めたのが最初。
  翻訳出版の場合は、原作者と翻訳者への印税が合算さ
 れるため高率になる。[
1886年12月30日、水戸で大火(上市の大火)、焼失1800戸
  水戸は、江戸時代、徳川御三家の一つ水戸藩の城下町
 として栄え、
  台地に築かれた水戸城を中心に、武家屋敷が建ち並び、
 上市(うわいち)と呼ばれた。
  一方、それより東側の低地には、町人が住みついて職
 業ごとの城下町を形成し、
  街道沿いには、問屋街が出来て、市が立つなど、流通
 と軽工業で発展し、下(しも)市と呼ばれた。
  その下市が、1884年(明治17年)5月、1200余戸を焼失す
 るという大火に見舞われた。
  そして、その2年後の1886年のこの日、今度は、上市が
 大火に見舞われた。
  午後2時ごろ、信願寺町より出火し、泉町、五軒町、荒
 木町、藤坂町と、次々と灰にした炎は、
  瀧岡町、西町から仲町、鉄砲町と延焼、
  大坂町、備前町まで焼き進むなど、上市の8割を焼土と
 化した。
  焼失家屋1800余戸、
  上市には、官公署や学校、会社が集中していたので、
 甚大な損害となった。
  主な、焼失した施設は、電信分局、水戸警察署、陸軍
 駐在所、東茨城郡役所、大林区署、茨城県尋常師範学校
 (現・茨城大学教育学部)、上市戸長役場、上市東小学校、
 茨城日報社、第百四国立銀行(現・常陽銀行)、川崎銀行
 水戸支店など。
  火災後、当時の茨城県知事は、この大火を契機として
 とらえ、水戸市街地の街区を整備し、道路を拡大するな
 ど、近代的な都市づくりを行った。
  (出典:水戸市史編さん近現代専門部会編「水戸市史
  下巻 1」を抜粋、参考にした)
1886年12月、河竹黙阿弥(かわたけもくあみ)が、チャリ
 ネ曲馬団を舞踊化した「鳴響茶利音曲馬(なりひびくち
 ゃりねのきょくば)」を千歳座で初演した。
  別史料に:チャリネの人気を当込みに、十一月十六日
 より尾上菊五郎が東京千歳座で「鳴響茶利音曲馬」を上
 演した。
  別史料に:1886年(明治19年)11月16日、地域:東京、
 劇場:千歳座、外題:鳴響茶利音曲馬、音曲:義太夫と
 清元、芸種:歌舞伎・・とある。
  また、別史料に:1886年に、この公演に強い衝撃を受
 けた五代目尾上菊五郎は、『鳴響茶利音曲馬』という猛
 獣使いなどが登場する歌舞伎を上演している・・の記述
 あり。
1886年1月、イギリスが、ビルマを併合した。
  19世紀の初頭、ビルマ(現ミャンマー)は、清国を宗
 主国としていた。
  後に、イギリスの侵略を受けた。
  1824年に、ビルマ戦争が始まる。
  清国は、ビルマへの援軍を出し、ビルマ軍と共に、イ
 ギリスと戦うが・・敗れてしまう。
  この時は、領土の一部が奪われた。
  イギリスは、1852年に、領土がさらに欲しくなり、再
 び、侵略を開始した。
  ビルマは、再び、清国に援軍を要請するが、イギリス
 は、卑劣にもフランスを味方に引き入れ、天津の攻略な
 どを行って、清国をかく乱した。
  清国は、ビルマへの援軍どころではない状況になった。
  狡猾なイギリスのアジア侵略の行動だった。
  援軍が来たらず、ビルマは敗北し、国は無残な姿とな
 る。
  そして、1885年に、ビルマ国王のシーボウは降伏した。
  国王は、イギリスに幽閉されてしまった。
  そして、英清条約によって、清国とビルマの関係は切
 り離された。
  1886年、何と! ビルマは、イギリス領であったイン
 ドに併合される。
  ビルマという国はなくなされてしまった。
  イギリスは、武力にものを言わせて、やりたい放題だ
 った。
  歴史ある国・ビルマは、インドのある一つの州となっ
 てしまった。
  ビルマに暗黒の時代がおとずれた。
  公用語は、英語にされた(戦後、日本も、アメリカに
 英語にされそうになった・・が・・)
  そして、イギリスの差別行動が始まる。
  ビルマの民族衣装のロンジーは侮蔑される。
  ビルマの伝統的教育は停止される。
  そして、解体された(日本も、アメリカ占領軍にあら
 ゆる検閲を受ける・・)
  そして、ビルマは、ごく一部のビルマ人のみしか、教
 育を受けることができないという状況に強制的に置かれ
 た。
  あとのビルマ人は、白人の下働き、「よき下僕となる
 ことが良いのだ」とされた。
  今までにない、まったく差別される状況、差別の中に
 扱われるようになった。
  優越の中にイギリスは居た。
  イギリスの植民地支配は狡くて巧みだった。
  イギリス植民地のインドから、インド人労働者を大量
 にビルマに送り込んだ。
  そして、資本を投入した。
  資本的にも支配した。
  そして、ビルマ人の労働者も圧迫した。
  ビルマ人の方々は職にあぶれた。
  イギリスに仕向けられたインドの方々は、労働以外に
 も農業開発資金を貸し付ける金融業者として、
  あるいは、あらゆる商業経済に属するものへ、ビルマ
 の方々の経済を圧迫した。
  また、イギリスは、インド人とビルマ人を反目させた。
  その上にイギリス人が君臨するという形を作った。
  デバイド・アンド・ルールだった。
  (参考)デバイド・アンド・ルール:分断統治(ディ
    バイド・アンド・ルール)は、民族間を分断し、
    民族同士が力を結集しないように対立を作り出し、
    互いに争わせて、
    宗主国が統治しやすいように、
    宗主国への抵抗を和らげるための植民地支配政策
    だった。
  さらに、ビルマは、支那人の移住にも悩まされた。
  ビルマは、イギリス、インド、支那から二重三重に搾
 取されるようになった。
  この様な状況で、イギリスに支配されるビルマの方た
 ちは、どんどん無気力になって行った。
  1900年頃に至り、ビルマ独立運動を展開していたオッ
 タマ僧正がいた。
  当時のビルマの方々といえば、ビルマの港に、イギリ
 スの巨大なタンカーが停泊して、
  本来は、ビルマの方々のものであるべき石油が、どん
 どんイギリスに収奪されていくのを見ても、
  何らその行為を、収奪行為と感じなくなっていた。
  その様な無気力、無自覚となったビルマの方々に、転
 機が訪れた。
  それは、ボーア戦争(1899年~1902年)と日露戦争(
 1904年~1905年)だった。
  ボーア戦争は、南アフリカに移住したオランダ系農民
 が、原住民とともに、イギリスの統治に反抗して戦った
 戦争で、
  結果は、イギリスの勝利となったが、ビルマの方々へ
 大きな影響を与えた。
  また、日露戦争も、有色人種の日本人が、白人の大国・
 ロシアに勝利した戦争で、ビルマの方々へ勇気を与えた。
  ビルマの歴史家ティン・アウン博士は・・、
  「この頃に、ビルマの最初の映画館が出現したが、上
 映されたのはボーア戦争と日露戦争の記録映画であった。
  ビルマの観客は、スクリーンに写し出されたマフェキ
 ン(イギリス軍に包囲されたボーア人の町)のボーア人
 救出に安堵のため息をつき、
  また、日本軍の兵士が、鉄道で輸送されるロシアの軍
 隊を攻撃する場面に拍手を送った。
  その頃は、映画の検閲などもちろん無かったうえに、
 イギリスの役人たちは、ボーア人に対するイギリスの勝
 利を印象づける映画や、
  イギリスの同盟国(日英同盟)である日本が、ロシア
 に勝つ映画は、ビルマ人に見せても害はないと考えてい
 た」。
  独立運動を展開していたオッタマ僧正は、日露戦争の
 日本勝利に感激し、
  日本へ2回行き、その感激を「日本」という著書に表し
 た。
  そして、ビルマ国民の奮起を促した。
  「日本の隆盛と戦勝の原因は、英明なる明治大帝を中
 心にして、青年が団結して起ったからである。
  われわれも仏陀の教えを中心に、青年が団結、奮起す
 れば、必ず独立を勝ち取ることができる」
  「長年のイギリスの桎梏(しっこく、手かせ足かせ、
 自由を奪うもの)からのがれるには、日本を頼る以外に
 道はない」・・と語り、そして、記した。
  オッタマ僧正は、1939年(昭和14年)に亡くなったが、
 僧正のビルマ独立の悲願は、その約4年後に達成された。
  その契機となったのが、大東亜戦争(第二次世界大戦)
 だった。
  以下のURLを御覧ください。
 http://jjtaro.cocolog-nifty.com/nippon/2011/08/post-2082.html
  尚:参考文献は・・、
 徳間書店「GHQ焚書図書開封2」西尾幹二(著)
 PHP「日本はどれほどいい国か」日下公人・高山正之(共著)
 PHP「ビルマ独立に命をかけた男たち」遠藤順子(著)
 転展社「世界から見た大東亜戦争」名越ニ荒之助(編)
 参考サイト:Wikipedia「ミャンマー」
.
  (今日の言葉)
.
  題:奥に居る策士は・・チャーチルか? 
    チャーチルとルーズベルトの二人は策謀する。
.
1943年11月28日、テヘラン会談(~12月1日)
  この時の写真に、ルーズヘルト・アメリカ大統領、チ
 ャーチル・イギリス首相、ソ連・スターリン議長が写っ
 ている。
  この時、この3人の連合国首脳によって、第二次世界大
 戦の戦争上の諸問題、そして、戦後処理について話し合
 われた・・が・・、
  この話し合いの前には、ルーズベルトとチャーチルの
 話し合いが行われていて、
  大筋は、実際は、この二人で話し合いで決まっていた。
  ある意味、この二人の会談・悪計で決まっていた。
  ソ連の対日参戦を確実にするために、ソ連のスターリ
 ンへ「さらなる手土産」が用意された。
  それは、ソ連のスターリンへ、「不凍港を持ったらど
 うだ?」と持ち掛け、
  ソ連が不凍港を持ちたいという弱点を突いて、その欲
 望に火を付けるという策だった。
  会談が進んで行って・・チャーチルは、話を、ソ連の
 広大な領土の話題へ持って行った・・その時に、この話
 は始まった。
  チャーチルは言った、「それほどの国なのだから、当
 然、不凍港を持つにあたいする」・・と・・、
  スターリンは、「それでは、極東に何らかのものを期
 待してよいのだろうか」・・と・・、
  スターリンは続けた・・、
  「ウラジオストク港は完全な不凍港でなく、また、対
 馬海峡を通じて、常に、日本に封じられる位置にある」
 ・・と、答えた。
  ルーズベルト・アメリカ大統領は、かねて、チャーチ
 ルと打ち合わせていた通り、ここで発言した・・、
  「大連を(ソ連が使える〉自由港にするというのはど
 うだろうか?」・・と・・、
  スターリンは言った・・「中国が嫌がるだろう」と、
  その言葉に、ルーズベルトは・・「国際的保証があれ
 ば、中国はむしろ乗り気だろう」と答えた。
  実は、ルーズベルトは、この日から3日前に、中国の国
 民政府・蒋介石と打ち合わせをしていて、
  中国が、アメリカの支援を欲しがっているのを知って、
 アメリカが、「中国の後ろ盾になる」ことを約束してい
 た。
  「旅順の米中共同管理」の希望を、蒋介石がアメリカ
 へ言い、
  蒋介石は、アメリカ軍の旅順駐留を望み、その様な形
 の「後ろ盾」が欲しいと言った。
  これに答えて、ルーズベルト・アメリカ大統領は、「
 共同管理する国際港」という言葉を使った。
  ソ連へのさらなる「対日参戦の餌(エサ)」は、この
 様にして、アメリカ大統領ルーズベルトによって作られ、
 撒かれた。
  そして、このテヘラン会談では、1944年6月のノルマン
 ディー上陸作戦の最終確認もなされた。
  (参考)策謀:さくぼう、はかりごとをめぐらすこと。
     たくらみ。策略。
  (参考)策士:さくし、好んで事をたくらむ人。
     因みに、今、イギリスで、策士・チャーチルの
    評価は落ちているとのこと。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-10-18 16:24 | 皆様とともに 幸せになりたい


はじめまして、ブログを始めさせていただきました


by suba28

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
悲惨な戦争を無くしたい
悲惨な戦争を無くせないので
皆様とともに 幸せになりたい
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

(増補版)568E2/3:1..
at 2017-12-12 04:34
(増補版)567E2/3:1..
at 2017-12-01 06:18
(増補版)566E2/3:1..
at 2017-11-22 06:21
(増補版)565E2/3:1..
at 2017-11-17 06:01
(増補版)564E2/3:1..
at 2017-11-10 07:43

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧