<   2016年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

(増補版)341E1/3:気になった事柄を集めた年表(1877年1月~1877年1月)

題:(増補版)341E1/3:気になった事柄を集めた年表(1877年1月~1877年1月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1877年、食:
・北海道開拓使が、缶詰製造の伝習を始める(1877.10.10)
  開拓使石狩缶詰所・・、
  開拓使は、北海道の産業を振興させるために、色々な
 事業を行なった。
  「札幌麦酒醸造所」(後のサッポロビール)、「真駒
 内牧牛場」など、北海道各地で官営事業を興した。
  この「開拓使石狩缶詰所」も、その一つ。
  缶詰工場は、この他にもエトロフ島や厚岸など5か所に
 設置した。
  そして、アメリカ製の製缶機や製造機械を導入して、
 本格的に事業を開始したのが、1877年10月10日だった。
  事業を進めたのは、アメリカ人指導者2人、伝習生11人、
 など総勢19人だった。
  そして、アメリカやフランスの万国博覧会に出品をし、
 好評を博した。
  作った缶詰は、鮭缶、スモーク・サーモン缶、カキ缶、
 シカ缶、牛缶だった。
・ブドウ酒の苗木を導入した。そして後に、山梨県のブド
 ウ酒醸造場が設けられた。
  1873年(明治6年)に、大久保利通は、日本におけるワ
 イン造りを奨励した。
  その理由は、大久保は、明治維新後まもなく、フラン
 ス視察で、夕食時にあたり前のようにワインを楽しむ「
 先進国の豊かな文化」を体験したからだった(1871年の
 岩倉使節団で体験)。
  大久保は、帰国後すぐ、国策の近代化を図る「殖産興
 業政策」の一環としてワイン造りを奨励した。
  1877年(明治10年)になって、大久保の命を受けた前
 田正名(農商務省の官僚)が、
  留学先のフランスの、国際的な農学者で苗木商のシャ
 ルル・バルデから、ブドウの苗木を大量に購入して、帰
 国した。
  そして、それを、東京・三田に「三田育種場」を開設
 し、苗木を増やし、
  そして、全国に配布した。
  「メルシャン株式会社」のルーツとなる日本初の民間
 ワイン会社「大日本山梨葡萄酒会社」が、山梨県勝沼の
 地に誕生した。
  山梨県令・藤村紫朗により地元有志が募られ、「大日
 本山梨葡萄酒会社」が設立された。
  これが、日本初の民間ワイン会社だった。
・ウイスキー会社の集まりの英国蒸留酒協会が発足、
  そして、1888年には、大坂の小西儀助が、ウイスキー
 の製造を始める。
  1877年に、ウイスキー会社が集まって英国蒸留酒協会
 (DCL)が発足した。
  政府と協力しつつ、次々と製造業者を吸収した。
  スコッチの五大ウイスキーメーカー(ホワイト・ラベ
 ル、ジョニー・ウォーカー、ブラック・アンド・ホワイ
 ト、ホワイト・ホース、ジョン・ヘイグ)が、これに参
 加し、当時ウイスキー取引の60%を抑えるまでに大きく
 なった。
  日本では、明治になってアルコールが輸入され、模造
 の清酒(後の合成清酒)や、ウイスキーなどがつくられ
 たが、
  本格的なウイスキーは、1924年(大正13)、寿屋(こと
 ぶきや)山崎工場(現:サントリー山崎蒸留所)において
 初めて製造された。
  また、小西儀助商店を調べると・・、
  1870年、古西屋の屋号で薬種業を始めた。
  1880年頃、洋酒の輸入販売を開始した。
  1888年、大阪洋酒醸造会社を創立し、ウイスキー・ブ
 ランデーなど製造販売をする。
  1925年、株式会社小西儀助商店に改組・・とある。
・札幌のホップ園が設置された。
  1877年に、開拓使が、札幌にホップ園を設置した。
  そして、翌・1878年に、東京芝に桜田ビールが創立さ
 れた。
  1878年に、東京の洋酒販売商・金沢三右衛門が、発酵
 社を設立し(芝・桜田本郷町)、
  そして、発酵社は、明治10年代後半に、日本最大の製
 造高を誇った。
  「桜田ビール」を醸造し、日本のビール産業草創期を
 牽引したビールを発売した。
・横浜で、氷水が流行り出される。
  「横浜新誌」(1877年)に・・、
  「氷水を估る(うる)者は彩燈を照らし、麦湯(むぎ
 ゆ)を售る(うる)者は燈影暗らく」と記されている。
  また、1890年、渋沢栄一や浅野総一郎など、財界のそ
 うそうたるメンバーが、株主として名を連ねて青山製氷
 所が設立された。
・初めて人造氷が作られた。
  雪国の加賀藩は、将軍への「献上氷」を始めた。
  そしてまた、加賀藩は、氷と同時に、日本海で獲れる
 真鯛も運んで献上した。
  この様な文献が残されている。
  また、この様な雪国の加賀藩は、氷で物を保存する事
 を知っていた。
  加賀から江戸まで、献上氷だけでなく、氷で保存した
 真鯛も運んだのだった。
  そして、駒込にある加賀藩の前田藩邸から江戸城まで、
 この氷の荷を運ぶ際には、はね落ちる冷水のしぶきを一
 滴でも受けようと、沿道には、人が群がったという。
  この様に、明治時代の初期までは、冬の間に氷室(ひ
 むろ)で保存していた天然氷が利用されていた。
  しかし、1877年(明治10年)に、初めて人造氷が作ら
 れ、次第に人造氷の生産が増えて行った。
  (注):氷室(ひむろ):天然氷を夏までたくわえて
    おくために設けたむろ。
     地中や山かげに穴をあけ、上を茅 (かや) など
    でおおう。
     昔は宮中用の氷室が山城・大和・丹波・河内 (
    かわち) ・近江 (おうみ) にあった。
  (参考):氷室の節句(ひむろのせっく):江戸時代
    の行事の一。
     暑い盛りの陰暦6月1日に、前年の冬の雪水で作
    った折餅(へぎもち)または氷餅(こおりもち)など
    を祝って食べた。
・この頃、卵を売る目的の養鶏が始まった。
  1861年に、福岡県に生まれた伊藤伝右衛門(代議士)
 は、13歳の時に、家計を助けるために卵売りをしたとい
 う、これは1874年のこと。
  また、岡山県出身のジャーナリストの岸田吟香(岸田
 劉生・洋画家の父)が、1877年頃に、「卵かけごはん」
 を食べたと言っている。
  養鶏の卵ではないだろうが、そもそも、人類が、最初
 に卵を食べたのは、
  人類が、サバンナの地上生活を始めた頃の、約500万年
 前と考えられている。
  地上に卵を産むダチョウの卵を食べたのだろうと・・、
  また、約4万年前の人類が、ダチョウの卵の殻で装飾品
 を作っている。
  この卵の装飾品が、アフリカ東海岸の中央ケニアの岩
 窟で発見されている。
  家禽(かきん)として飼育された、世界での最初は、
 4000年前と言われる。
  エジプトの古文書に、紀元前1500年頃には、すでに鶏
 が、ほぼ毎日のように産卵したという記録がある。
  また、2500年前のローマでも、鶏が、採卵用に品種改
 良されたことが記されている。
  その後、鳴き声や尾の長さを鑑賞するために鶏が飼育
 されている。
  そして、日本には、古事記に、天照大神を呼び戻すた
 めに鶏を鳴かせたという話がある。
  「常世の長鳴鳥」の話。
  紀元前100年頃に、日本へ朝鮮半島からニワトリが伝わ
 ったという。
  奈良時代には、鶏は「時告鳥」として飼い、食べなか
 ったが、
  雉(きじ)は食べたようだ。
  この頃の人は、病気の時に卵が良いという事を知って
 いた。
  但し、日本人が鶏肉として食べる様になったのは江戸
 時代の頃からという。
  また、江戸時代には、卵売りの行商がいたという。
  1785年に出版された有名な料理本の「万宝料理秘密箱
 (まんぽうりょうりひみつばこ)」の「卵之部」に、103
 種類の卵料理が紹介されている。
  1850年には、イギリスで商業用の「採卵養鶏」が始ま
 っている。
  130年前(1875年)頃に、アメリカの小規模養鶏産業が
 盛んになり、近代養鶏に用いられる鶏の品種の多くが、
 主に、卵生産を目的として品種改良され、発展した。
  この頃の鶏肉は、卵生産の副産物だった。
  1955年代(昭和30年代)に、アメリカから新品種の養
 鶏の新技術が、我が国に導入され、
  以後、盛んになったという。
  我が国は、世界屈指の生産国であり、消費国となって
 いる。
・多くの野菜が、タマネギ、ハナハボタンなど移入される。
  1876年に、札幌農学校が開校したが、
  そして、ここに着任したクラーク博士が、欧米農業の
 導入の窓口として、農業試験場のような役割をしていた。
  1877年、ここに、農業分野担当として、ウイリアム・
 ベン・ブルックスが着任した。
  クラークの後を引き継いだブルックスは、日本に腰を
 据え、日本の農業発展に大いに寄与した(10年間の在職)。
  その間、多くの野菜や牧草の種子を海外から取り寄せ、
 大いに日本の農業発展に尽くした。
  彼は、栽培法を学生だけでなく、周囲の農家にも熱心
 に指導した。
  栽培作物もどんどん増えた。
  玉ねぎ、ジャガイモ、とうきび、キャベツ、トマト、
 ニンジン、エンダイブ、コールラビなど・・と。
・長崎ハクサイを栽培した。
  長崎市の橋本氏が栽培したという記録がある(農事試
 験場試験時報、昭和12年8月)
・大浦の生鮮食料品を扱う片岡商店が、日本人で初めての
 製パン所を併設した。
1877年、住:
・コンドルが来日した。
  日本政府の招聘により、英国の建築家のジョサイア・
 コンドルが来日した。
  工部大学校造形学科(現=東京大学工学部建築家)の
 初代教授に就任し、
  日本で初めて、本格的な西欧式建築教育を行った。岩
 崎邸竣工(1896年)
・日本初のコンクリート造の小曽根邸が建築された。
  大工の大渡伊勢吉は、港外伊王島灯台の建設に来た英
 人・ブラントからコンクリートの技法を習った。
  応用して、日本初のコンクリート造の小曽根邸が建築
 された。
  この建物は、戦時中に建物の強制疎開となり取り壊さ
 れた。
  また、この大工棟梁・大渡伊勢吉は、初の洋式無筋コ
 ンクリート造の伊王島灯台旧吏員退息所を建てた。
・工作局に器具染物製造所を設けて、欧米風の家具、及び、
 ラック塗、ワニス塗の業を始めた。
1877年、その他:
・宮内省で、初めて電話の実演を行った。
  来日したグラハム・ベルが、宮内省で自身が発明した
 電話を実演した。
  グラハム・ベルは、工部省の招きで日本へやってきた。
  この日、並みいるお歴々を前に、ベルは、厳(おごそ)
 かに受話器を取り上げると、別室のメンバーと英語で通
 話してみせた。
  実験成功の直後、東京音楽学校の校長になる伊沢修二
 と留学生仲間で、後に、司法大臣になる金子堅太郎が、
 その電話で会話した。
  これは、日本語だったから、英語に続いて世界2番目に
 通話に使われた言語となった。
  工部省は、「これは便利」と早速同じものを『複製』
 して、各官庁間に設置した。
  ところが、電話を使う習慣がまったくなかったから子
 供の糸電話と同じとからかわれ、電話をかけるよりも出
 かけた方がよほど早いと敬遠された。
  それが、12年後の1889年(明治22年)には、東京~熱
 海間に公衆電話が開設され、翌年・1890年には、東京~
 横浜で電話交換業務が始まった。
  ようやく電話の便利さが認知されて、庶民向けのサー
 ビスが始まった。
.
[今日の言葉]
  アメリカの「民営化の圧力」で、民営化したため、日
 本で起きたことは・・?
  官公庁の手を離れたことで・・何が起きているのか・
 ・・?
  アメリカは内政干渉レベルの事を日本に要求して来た。 
  アメリカは、内政干渉の悪行為を、日本にして来た。
  まったく、自分だけの理屈を、アメリカは日本に強い
 て来た。
  その結果は・・?
  アメリカの「民営化せよ」との圧力で、民営化したた
 め、官公庁の行為が後退し、そのため、日本の品質・・
 その品質が低下をきたしている。
  その一つが・・「建築の検査」。
  日本が大きく揺れた問題・・、杭のデーター捏造で、
 大きな問題が起きたが、これも、そのほんの一つの1事例。
  民間へと移った検査が、厳しい官公庁へ検査を依頼す
 る事が、避けられ、ほとんどが民間の検査となっている。
  この事は、実際に起きていることを、体験し、多くを
 見聞きしているので、間違いない事なのである。
  民間委託した検査は『甘い』。
  競争状態においたとアメリカは言うが、検査を甘くし
 て、客を取ろうとする(一見、競争状態の)民間検査機
 関。
  こんな事が、こんな状態が、アメリカの言う「競争の
 実態」なのである。
  損をするのは、被害を受けるのは、「日本国民である」。
  当然である・・
  検査の申請を、甘い検査をする民間機関に持って行く
 のは当然である。
  委託された民間検査機関に、検査依頼する事が当然で、
 多くなっている。
  そこに、甘い検査がある。
  癒着もある。
  良く言えば、その民間の検査機関は、「融通をする」。
  そして、また、良く言えば、「善処する」・・である。
  事なきを得る・・ことを、起こしてくれる民間検査機
 関となっている。
  次も、その人は・・次も、その客は・・その民間検査
 機関へ検査依頼書を持って行くだろう。
  こんなことが・・日本で起きている。
  官公庁での検査の時には起きていなかったことが・・
 起きている。
  アメリカの圧力に屈した検査制度を、元に戻すべきで
 ある。
  アメリカの圧力に屈したすべてを・・元に戻すべきで
 ある。
  アメリカは、日本を自分の理屈で・・内政干渉までの
 口出しはしないこと。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-04-28 15:20 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)340E1/3:気になった事柄を集めた年表(1877年1月~1877年1月)

題:(増補版)340E1/3:気になった事柄を集めた年表(1877年1月~1877年1月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1877年(明治9年~明治10年)出来事:
・西南の役において、佐野常民(さのつねたみ、政治家、
 赤十字事業の創始者)が、博愛社を起こした。
  1887年(明治20年)5月に、博愛社は、日本赤十字社と
 改称した。
  万国赤十字社にも加入した。
  1887年9月29日に、ドイツで開催された万国赤十字社大
 会に、森鴎外が日本の代表として出席した。
  因みに、佐野常民は、日本人による最初の蒸気車・蒸
 気船の模型を作り走らせた。
  また、枢密顧問官・第一次松方内閣の農商務省を歴任
 し、また、龍池会(後の日本美術協会)を結成して、美
 術工芸の発展にも寄与している。
・上野彦馬(うえのひこま、写真家)が、長崎県の北島秀
 朝県令を通じ、新政府軍から戦場写真の撮影を依頼され
 た。
  門人2人を連れて、西南戦争に従軍した。
  21日間にわたり、暗箱を人夫8人に担がせ、転々として
 戦場を駆け巡り、4つ切り記録写真を69枚を残した。
  因みに、上野は、日本で初めて銀板写真法(ダゲレオ
 タイプ)を輸入し、島津斉興を撮影したと言われている。
・西南戦争が勃発し、記者の犬養毅が「郵便報知新聞」に
 従軍ルポ「戦地直報」を掲載し、また、
  福地源一郎(東京日日新聞)、犬養毅(郵便報知新聞)の
 従軍記事は人気を博した。
  1881年(明治14年)に、矢野龍渓は、大隈重信と共に
 報知社を買い、犬養毅・尾崎行雄らが入社し、立憲改進
 党の機関紙となった。
  記者だった原敬は、反発して退社した。
・東京警視本署が内務省へ移管した。
  東京警視本署が、内務省警視局に主幹事務が移され、
 内務省の一部局となった。
  設置(1874年)、再設置(1881年)
・急速に発展する日本、
  中国の文人で、外交官の黄遵憲(こうじゅんけん)が、
 駐日公使の随行員として東京に赴任して、巡査が鉛筆で
 手帳に何か書きためている事や、
  タバコ屋の店番をしている女の子が、新聞を読んでい
 るのを見て、こんな事は中国ではありえない、ハイカラ
 な事だと驚嘆した。
  明治も10年も経つと、西洋化が町の中に入って来てい
 る。
  ペリーの来航から維新までの変化が、非常に速やかで
 あったが、維新から西南戦争を経た15年位までの変化も
 急速だった。
  因みに、黄遵憲は、詩人でもあり、日本研究家でもあ
 った。
  また、黄遵憲は、アメリカ合衆国の中国人排斥が酷い
 ため、この解決に、サンフランシスコ総領事として奔走
 してもいる(1882年)。
  著作に、「日本国志」「日本雑事詩」「人境廬詩草(じ
 んきょうろしそう)」などがある。
1877年、データ:
・日本の総人口、35,870,000人
1877年、経済:
・紙幣乱発で、物価が高騰した。
  不換紙幣の乱発でインフレを招いた。
  米1石が5円を超えた、そして、1881年には、15円のそ
 の3倍を超えた。
  原因に、西南戦争の戦費の為だった。
  イギリスは、日本の外債募集案に喜んで貸すと言い、
 エジプトは外債の利子が払えずに、イギリスに、スエズ
 運河を取られていた。
  また、チュニジアは、金が返せず、国を獲られた(フ
 ランスに、これを理由に併合された)
  この様な危険な因子を含んだ外債だった。
  日本は、1882年に、お金の発券権を持っていた国立銀
 行から、日本銀行を設立して、発券銀行とした。
  そして、1885年に、銀兌換の日銀券を発行し、
  1886年から兌換開始し、銀本位制とした。
  インフレは収束して、政府財政も好転して行った。
・租税総額に占める地方税の割合…27.4%
1877年、物価:
・米価:1石=5円61銭
・国産ビール…16銭/本
・西洋料理…スープ8銭5厘、牛肉鳥類8銭5厘、
・ライスカレー12銭5厘、
・コーヒー2銭、
・パン2銭、
1877年、本:
・1877年3月10日、「頴才新誌(えいさいしんし)」 創刊。
  《団々(まるまる)珍聞》《芳譚雑誌》のように、投
 書を重視する雑誌が多かった明治初期に、
  小学校生徒の作文を中心にした青少年の本格的な投書
 専門誌として出発した。
  投書内容は、修身や立身出世を扱った教科書風の紋切
 型が多かったが、しだいに文学色を濃くして行った。
  尾崎紅葉、大町桂月、田山花袋らの明治の文学者の多
 くが、本誌の愛読者・投稿者であり、
  文学愛好の青少年に、投稿を習慣づけることによって、
 明治文学の基盤づくりに寄与した。
・1877年8月、文部省編 「日本教育史略」
  日本の教育史学の発祥を象徴する書で、後に、府県師
 範学校の教科書となった。
  日本における最初の教育史。
・田口卯吉著 「日本開化小史(にほんかいかしょうし)」
  古代~江戸幕府終末までを、貨財の生産組織を基礎と
 する社会発展の過程を体系的に述べたもので、
  イギリスやフランスの文明史観を吸収して、独自の見
 解を示した。
  日本近代歴史学の記念すべき著作となっている。
・「馬爾去斯氏人口論要略」(著:マルサス/抄訳:大島貞益)
・「民約論」(著:ルソー/訳:服部徳)
1877年、美術:
•『鮭』(高橋由一)
1877年、流行・世相:
・東京で牛肉屋が激増した。
  1877年の東京における牛鍋屋は、550件を超えるほどあ
 ったという。
  また、朝野新聞・1877年11月8日の記事に、東京府内の
 牛肉屋の数488とある。
・大阪では紺木綿(こんもめん)が払底 → 西南戦争の
 兵士の紺足袋5万足、紺脚絆1万足を調製したため。
・熊本縣 → 西南戦争余波の農民騒動 31件。
  「この年、熊本はじめ諸県で農民騒動47件」の史料も
 ある。
  この騒動の原因は・・、
  政府の西南戦争の戦費は4100万円にのぼり、
  当時の税収4800万円のほとんどを使い果たすほど莫大
 になった。
  政府は、戦費調達のため不換紙幣を乱発し(→国立銀
 行)、インフレーションが発生した。
  このため、のちの大蔵卿・松方正義は、増税、官営企
 業の払い下げ、通貨整理を行って、兌換紙幣発行に漕ぎ
 付け、通貨の信用回復により、日本が欧米列強に並ぶ近
 代国家になる下地が作られた。
  しかし、この過程で、松方デフレが発生し、
  農民の小作化が進んで(小作農率の全国平均38%→47%)、
 大地主が発生した。
  また、小作を続けられないほど困窮した農民は、破産
 して、都市に流入した。
  そして、官営企業の払い下げで発生した財閥が経営す
 る工場で、低賃金労働者となった。
  都市部の貧困層が拡大した。
  また、財政難となった国は、「原則国有」としていた
 鉄道の建設が困難になり、
  代わって私有資本による鉄道建設が進んだ。
  西南戦争は、士族の特権確保という所期の目的を達成
 出来なかったばかりか、
  政府の財政危機を惹起させて、インフレ、そして、デ
 フレをもたらし、
  当時の国民の多くを占める農民をも没落させ、
  プロレタリアートを増加させた(農民の労働者化)。
  その一方で、一部の大地主や財閥が資本を蓄積し、そ
 の中から初期資本家が現れる契機となった。
  結果、資本集中により、民間の大規模投資が可能にな
 って日本の近代化を進めることになったが、貧富の格差
 は拡大した。
・東京で揚弓(ようきゅう)が大繁盛 → 風紀壊乱のた
 め取締を強化した。
  矢を拾う女性との風紀が乱れたため。
・西郷星(さいごうぼし)…人々の人心の動揺から起きた。
  150年ごとに地球に大接近する火星と重なった。
  西南の役で、全国の人心が動揺していたとき、火星が
 地球に近づいてきて、大接近の9月3日には距離5630万km、
 光度-2.5等あまりとなった。
  世間では、これを西郷星と呼び、その赤い光の中に陸
 軍大将の正装の西郷隆盛が見えると言って騒いだ。
1877年、衣:
・京都白川にモスリン加工工場できる。
  (注):モスリン:木綿や羊毛などの梳毛糸を平織り
    にした薄地の織物の総称。日本語では、主に、毛
    織物をモスリンと呼ぶ。
  (注):梳毛(そもう):羊毛繊維をくしけずって短
    いものを取り除き、長い繊維を平行にそろえるこ
    と。
  1875年のこと・・、毛織物の輸入が多くなりつつある
 日本は、このままでは大事な部分を外国に頼らざるを得
 なくなることを危惧した内務卿の大久保利通は、
  「毛織物は国産で興す」ことを決断した。
  そこで、大久保利通は、官が率先して模範を示そうと、
  1875年(明治8年)に、官営下総牧羊場設置と、
  そこで刈り取られた羊毛を使う官営千住製絨所の1879
 年(明治12年)設立開業を、太政官に具申し、実現した。
  大久保卿は、後に、同製絨所の初代所長となった井上
 省三をドイツに派遣し、
  機械設備を購入させて、
  同製絨所を紡毛機6台、整紡機6台、織機42台でスター
 トさせた。
  その後、後藤恕作(ひろさく)など、民間の手で毛織物
 工業に乗り出すものが現れ、
  1896年(明治29年)に、日本毛織が設立されるなど、日
 本の毛織物業界は黎明期を迎えた。
  最初期の日本の毛織物は・・、欽明天皇の御代(509年
 ~571年)に、下野国で、羚羊(カモシカ)の毛を織物とし
 て、これを計牟志呂、(けむしろ)と称したという古い記
 録がある。
  慶長年間(1596年~1615年)には、京都で兜羅(とろ)
 錦という棉と毛の交織物を織出しているが、これも一向
 にふるわなかった。
  明治初年には、西洋式の風俗が流行り出し、羅紗(ラシ
 ャ)服の需要に迫られて、
  1872年(明治5年)、明治新政府が、積極的に乗出して
 アメリカから綿羊数頭を輸入した。
  そして、東京雉子橋外の官邸で飼育を始めた。
  しかし、土地の関係もあり飼育場の、知識なり設備も
 甚だ不備であった為に、
  そのほとんどが失敗に終わった。
  しかし、一方、羅紗の需要は、益々増加し、年々輸入
 される量も大した額に上るので、
  政府は、1877年(明治10年)に、東京府下南千住に製絨
 所を設立し、
  また、京都の白川にはモスリンの加工場を設けて、
  毛織物の製造が、やっと、その端緒に入る事ができた。
  しかし、その原料たる綿羊の飼育が、ようやく奨励さ
 れ出したのは、昭和に入ってからだった。
  一方、稲畑勝太郎(いなばた・かつたろう、1862年~
 1949年)は、日本の染料業界をリードし、後に、関西経
 済界も指導した経済人だったが、
  また、フランスで発明された映画装置「シネマトグラ
 フ」を日本で初めて輸入し、映画興行を実現した人物で
 もあったが・・、
  繊維産業の発展にも寄与した人物だった。
  稲畑は、京都の和菓子屋に生まれ、京都師範学校(現
 :京都教育大学)在学中の1877年(明治10年)に、
  京都府政アドバイザーのレオン・ジュリー(フランス人)
  から推薦されて、京都府派遣勧業生(合計8人)の一人
 として、当時の繊維産業のメッカ、フランスのリヨンに
 留学した。
  フランスでフランス語を修得したうえで、工業学校に
 進み、
  卒業後は、マルナス染工場の工員(研修生)となって生
 産現場を体験し、
  さらに、リヨン科学工業技術学校(現:リヨン大学)
 で工芸化学を専攻し、
  1885年(明治18年)に帰国すると、明治政府から農商務
 技師への誘いがかかるが、これを断り、京都で洋式染色
 技術普及(京都府染工講習所の設立)に奔走した。
・鎮台所在地の一般人にもシャツの使用はじまる。
・山高帽子が、ナベボーシの名で地方でも着用される。
・西南の役によりメリヤス製造者が激増した。
・旧来のお白粉、人体に害ありと騒がれる。
・ジャカード織機の国産試作が行われた。
  (注):ジャカード織機は、1801年に、フランスの発
    明家ジョゼフ・マリー・ジャカールによって発明
    された自動織機。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(今日の言葉)
  アメリカ系の外資系企業が、精神攻撃的な悪どいテレ
 ビ・コマーシャルをしている。
  「あなたの食卓テーブルには菌がいる」「あなたの夫
 は、悪臭がする」・・などという、目に見えない「菌」
 や「臭い」の宣伝話題で宣伝している。
  普通では気づかないことを「神経過敏」にして、自社
 商品を売り込もうという算段。
  テレビという影響力の強い媒体を使って、繰り返し、
 繰り返し、悪どい繰り返し手法を使って、
  また、あらゆる種類の精神攻撃的コマーシャル放送を
 している。
  「あなたの車も臭い」「あなたの亭主の靴下も臭い」
 「あなたの布団も臭い」「あなたのまな板も菌だらけ」
 「貴方の洗濯物も臭い」などなどと際限なくやっている。
  節操なく。
  品の良くない精神攻撃的コマーシャルを、あらゆる手
 を使って長い期間、続けている。
  あなたが神経過敏症になって、そのアメリカ外資系企
 業の商品を買わざるを得ない状況に追い込んでいる。
  「日本系企業では絶対にしない節操ない行為をしてい
 る」。
  儲かれば、日本人が神経過敏症になろうが、構わない
 というような宣伝となっている。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-04-27 03:10 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)339E1/3:気になった事柄を集めた年表(1876年10月~1876年12月)

題:*(増補版)339E1/3:気になった事柄を集めた年表(1876年10月~1876年12月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1876年11月1日(明治9年)、官軍が、秋月の乱を平定す。
  1876年10月24日の「神風連の乱」が起き、そして、
 この3日後の27日、今度は九州・福岡で、旧秋月藩士・
 宮崎車之助ら400名が、神風連に続けと蜂起したが、
  しかし、鎮台が出動すると、敵(かな)わないとみて
 大分方面に逃走し、
  現地の士族たちに呼応を呼びかけたが応じる者もなく、
 結局、小倉鎮台に鎮圧された。
1876年11月3日、宮中御宴にて、初めて洋楽が演奏された。
  宮内省雅楽課が、初めて、洋楽を演奏する。
1876年11月4日、「甜菜(てんさい)より砂糖製造の法」
 を内務省にて翻訳し、これを地方産業開発のため領布し
 た。
1876年11月5日、前原一誠らが捕らえられた。
  陸軍少将・三浦梧桜(みうらごろう)が、萩に進撃し、
 前原一誠の餘党を破り、平定した。
  乱の首謀者・前原一誠と横山俊彦は、出雲瓜港にて捕
 えられた(11月6日説あり)。
  この萩の乱の首謀者の前原一誠(いっせい)は、10月
 30日に山口県令・関口隆吉(たかよし)を急襲し、萩で
 の市街戦を行なうが、
  前原らは、途中で戦線を離脱し、
  その後・11月5日、わずかな人数で出雲にいたところ
 を逮捕された。
  その出雲の島根県令の佐藤信寛は、前原の気持ちを理
 解した。
  佐藤も、新政府の一員でありながらも、中央政府の一
 部・政治家の不誠実な行為に批判的な気持ちがあった。
  その佐藤が、前原に言った「東京への護送において、
 天皇陛下に訴えるチャンスを与えたい」・・と。
  しかし、大量の逮捕者を、東京に護送し、裁判を行う
 事が難しいと判断した中央政府は、彼らを、萩に護送し、
 そこで裁判を行うことに決定した。
  萩での審議は、1週間に渡って行われ、
  1876年(明治9年)12月3日、前原以下・幹部7名+1
 名を斬刑に、48名を懲役刑に、14名を除族+放免に、残
 り388名を放免する・・と判決した。
  その日のうちに、刑は執行された。
  前原一誠、享年43歳・・
  除族:(じょぞく)華族・士族の者がその身分を除か
 れて平民とされること。
1876年11月6日、玉木文之進(たまきぶんのしん、長州藩
 士、教育者、山鹿流の兵学者、松下村塾の創立者、吉田
 松陰の叔父)が自害した。
  前原一誠による萩の乱に、養子の玉木正誼や門弟の多
 くが参加したため、
  玉木文之進は、その責任を取る形で、11月6日に、先
 祖の墓の前で自害した。享年67歳。
  その後は、正誼の子・正之が相続した。
1876年11月9日、谷干城(たにたてき)が、熊本鎮台司令
 長官となった(1872年説あり)。
1876年11月16日、日本初の幼稚園
  東京・神田の東京女子師範学校(お茶の水女子大学)
 構内に、官立幼稚園の附属幼稚園が設立された。
  中流以上の家庭の3歳~7歳の幼児をあずかり、教育
 を施こした。
  日本で最初の幼稚園で、主任・保母は、幼稚園教育の
 祖・フレーベルの教えを受けた。
  日本で、1872年(明治5年)に公布された学制に、小
 学校の一種として「幼稚小学」がある。
  「幼稚小学ハ甲女ノ子弟六歳迄ノモノ小学ニ入ル前ノ
 端緒ヲ教ルナリ」(第二十二章)・・と規定された。
  就学前の幼児教育施設として、日本で、実際に設けら
 れた最も早いものは、1875年(明治8年)12月に、京都
 上京第三十区第二十七番組小学校(後の柳池小学校、現
 在の京都市立柳池中学校)に付設された「幼穉遊嬉場(
 ようちゆうきじょう)」。
  これは、フレーベルのキンダー・ガルテンに倣って、
 官民一致で設けられたもので、しかし、1年半しか存続
 しなかった。
  キンダー・ガルテンの訳語として「幼稚園」を最初に
 名乗ったのが、1876年(明治9年)に開園した東京女子
 師範学校附属幼稚園だった。
  これが、日本で最古の幼稚園とされている。
1876年11月29日、東京・京橋の大火(約8500戸焼失)
  東京・日本橋数寄屋町から出火し、2万戸を焼失。
1876年11月、「朝野新聞(ちょうやしんぶん)」が、社
 屋を銀座4丁目に移転した(現:和光の地)。
  イギリス人・ブラックが「日新真事誌」を創刊した地
 を買い取った。
  1877年(明治10年)の西南戦争の現地取材を逡巡し、
 時期を逸し、遅れて、社長兼主筆の柳北が、京都まで行
 って、記事を送り、読者を失望させた。
1876年11月、伊勢暴動(12月18日および19日説あり)
  この時に、三重県飯野郡(現在の三重県松坂市)に端
 を発した、地租改正反対一揆(竹槍一揆) 。
  愛知県・岐阜県・堺県(現在の大阪府南西部)にまで
 拡大した。
  受刑者数は50,773人に達した。
  この暴動を通して、地租が、3%から2.5%に引き下げ
 られたことから「竹槍でドンと突き出す二分五厘」とう
 たわれた。
  12月18日、翌日に控えた租税取り立ての延期を現在の
 三重県松阪市に相当する地域の農民が、戸長らに申し入
 れた。
  この農民と戸長らの話し合いはもつれ、松阪の農民は
 北と南に分かれ集団で行進を始め、
  各地で新政府に関係する施設の破壊・放火を行った。
  特に、北へ展開した一揆は、三重県を越え、愛知県や
 岐阜県にも広がった。
  こうした動きに対して、新政府は、鎮台や警視庁の巡
 査を派遣して農民を抑え込んだが、結局、地租を引き下
 げざるを得なくなった。
1876年12月1日、鉄道の複線の新橋~品川間が初開通した。
  新橋~品川間の鉄道が複線運転になった。
1876年12月1日、中外商業新報(ちゅうがいしょうぎょう
 しんぽう、日本名材新聞の前身)が創刊された。
  この時、三井物産の益田孝らが週刊で創刊したタブロ
 イド4ページの『中外物価新報』が起源(12月2日説あり)、
  1882年7月には、三井物産の手を離れ、
  1885年7月から、日刊となり、
  1889年1月27日に、「中外商業新報」に改称した。
  1911年8月、資本金 10万円で日本の新聞社最初の株
 式会社となり、
  1920年7月、一挙に 100万円に増資した。
  1924年12月、『大阪中外商業新報』を創刊して、関
 西にも進出した。
  1942年11月1日、政府の新聞統合令により「日刊工業」
 「経済時事」両紙と合併。
  「日本産業経済」と改題し、東日本唯一の経済新聞と
 なった。
  1946年3月1日、社名を日本経済新聞社に、題号を「
 日本経済新聞」に改めた。
1876年12月3日、前原一誠以下、萩の乱徒処分される。
1876年12月9日、各家毎に氏名の標札掲示を命ず。
  東京府 明治9年12月9日ほか
  東京府管内では、明治九年十二月九日に雛形を示し、
  明治十年一月三十一日を期限として標札等を標出致す
 べし旨の布達。
〇東京府布達 明治九年十二月九日甲第百四十四號
  ※戸籍札更ニ一定候様別紙標札心得書相示シ候條
來明治十年一月三十一日限リ標出可致此旨布達候事※
  標札心得
  第一條 宅地番號札ハ家主ニ於テ戸數點檢札ハ地主ニ
    於テ、戸主名札ハ居住人ニ於テ各自標出スヘシ
1876年12月15日、吉野朝の忠臣・新田義貞に正三位、楠
 木正行に従三位を追贈する。
1876年12月19日、函館の海防に備え湾岸砲台を設ける(
 砲12門に中隊長以下92人を置く)
1876年12月19日、伊勢暴動(三重騒動)
  三重県下で地租改正の反対する農民たちが、竹槍、ム
 シロ旗を押し立てて蜂起した。
  12月23日、東海地方にまで拡大し、日本の百姓一揆史
 上最大と言われる。
1876年12月27日、地租軽減の建議
  内務卿・大久保利通が、地租軽減を建議した。
  1873年7月28日に、地租改正法(上諭と地代の3%を地租
 とする旨を記載した1ヶ条で構成)と、
  (注):上諭(じょうゆ):公布の冒頭に記され天皇
    陛下の裁可を示す文章)。
  具体的な規定を定めた地租改正条例などから成る太政
 官布告第272号が制定され、
  明治政府は、翌年・1874年から地租改正に着手し、
  政府は、当初、検地が農民からの反発を受けることを
 懸念し、農民からの自己申告主義を採った。
  すなわち、農民自らが地押丈量を行い、面積・収量を
 算出し、
  (注):地押(じおし):田畑の等級や石盛 (こくも
    り) は従来のままとし、反別 (たんべつ) を測量し
    て修正すること。
  (注):丈量(じょうりょう):土地の面積を測量す
    ること。
  地方庁は、地方官心得書の検査例に基づいて点検し、
 これを経て地方庁が地券(改正地券)を発行する形を取
 った。
  しかし、この方法では、全国一律公平の租税を徴収す
 る目的は達しがたく、
  また、1874年の改租結果から、目標の租税額が確保で
 きそうにないことが明らかとなった。
  また、政府高官間の政争の産物である「大蔵省分割問
 題」も影を落としていた(内務省設置による測量機構と
 税額算定機構の分離)。
  このため政府は、1875年に、内務省及び大蔵省の両省
 間に地租改正事務局を設置し、
  これを中心として改租を強力に進めるよう方針転換し
 た(明治8年太政官達第38号)。
  この中で、府県庁は、地租改正事務局があらかじめ見
 当をつけた平均反収を絶対的な査定条件とし、
  申告額がこれに達しない場合は、農民が自らの労力と
 費用をかけて算定した地価を否定し、強圧的に変更させ
 たことから、伊勢暴動をはじめとした大規模な暴動が各
 地で頻発した(地租改正反対一揆)。
  これを受けて政府は、1877年1月に、地租を100分の
 3から100分の2.5に減額することを決定した。
  その後、政府の強硬姿勢は、1878年頃まで続いたが、
 税収の見込みがつくようになると、徐々に緩和されてい
 き、
  1880年に、耕地宅地の改正作業が完了した。
  地租改正は、約7年にわたる大事業であった。
  安定した税収を得たい政府方針に対して・・、
  税率を地価に対する一定率とすることにより、従前の
 ように農作物の豊凶により税収が変動することなく、政
 府は安定した収入を確保することができるようになった。
  具体的には、農作物の価格変動リスクを、政府から農
 民へ転嫁したものといえる。
  しかも、「旧来の歳入を減じない」という政府の方針
 によって3%という高額な税率が算定された。
  (地租改正の推進派であった木戸孝允は、この高税率
 を聞くと、農民を幕藩体制よりも酷い状況に追い込むも
 のだとして、最後まで反対した)。
  これは、結果的に、大多数の農民の負担を高めること
 につながり、
  また、土地の所有者がおらず、納税が困難な入会地が
 事実上、政府に没収されたことなどから、伊勢暴動、真
 壁暴動など一揆(地租改正反対一揆)が頻発し、
  自由民権運動へ影響を与えた。
  このため、士族反乱と農民一揆の結合を恐れた大久保
 利通の建議(意見)で、1877年(明治10年)に、税率
 が2.5%に引き下げられた。
1876年12月29日、三条実美および岩倉具視を、各勲一等に
 叙し、旭日大綬章を賜う(臣下勲章拝受の始まり)
1876年3月10日、電話が発明された。
  スコットランド生まれの科学者であるアレキサンダー・
 グラハム・ベルが、電話を発明した。
  助手との間で初の通話に成功した。
  ベルは、金銭的支援を受けて、トーマス・ワトソンを
 助手として雇うことができ、
  2人は、1875年6月2日に、実験を行った。
  その時、ワトソンは、偶然金属リードの1本を引き抜い
 てしまい、受信側にいたベルが、その金属リードの倍音
 を聞いた。
  倍音は、音声の伝送に必要である。
  この事から、ベルは、複数のリードは不要であり、1
 つのリードでよいと気付いた。
  これにより、明瞭な音声は伝えられないが、何らかの
 音だけは伝送できる電話の様なものができた。
1876年6月25日、インディアンの方々の最後の戦い
  アメリカ・インディアンとアメリカ政府軍・第七騎兵
 隊の戦いが起きた。
  この戦いを、インディアンの方々は、「グリージーグ
 ラス川の戦い」と言い、
  アメリカ合衆国は、「リトルビッグホーンの戦い」と
 言った。
  アメリカ合衆国軍のカスター将軍が、この戦いで戦死
 した。
  アメリカ・インディアンの方々と、アメリカ合衆国軍
 との戦いを、時系列的に大きく見ると、
  インディアンの方々の居留地の位置と、大きさを示す
 図において、
  年と共に、アメリカ・インディアンの方々が、東から
 居なくなっていく。
  つまり、西へ行けと、東の地に居られなくされて、追
 い出されている。
  そして、そこの西へ行ったところへ、また、白人のア
 メリカ人が入り込んで来て、さらに西へ移動させられる
 インディアンの方々。
  そして、ある特定の区域に住むようにさせられている。
  そして、その区域が、時代が進むにつれて狭くなって
 行き、居留地の広さ、大きさが小さくなって行く。
  そして、最後は、ゴマ粒のような居留地が、転々とあ
 るという姿になって行く。
  つまり、アメリカ合衆国は、インディアンの方々と条
 約を結んだりしているが、前の条約を無視して、その条
 約の約束を破って、常に、変更している約束が続く歴史
 となっている。
  そして、最後は、ゴマ粒のような居留地が、アメリカ
 中西部にばらまかれたように残るという状況へ至る。
  この戦いの発端も、現在のワイオミング州のビッグ・
 ホーンに金が発見されると、
  白人・アメリカ人は、ほってはおけなくなる、
  そこが、インディアンの方々の土地で、狩場であろう
 となかろうと。
  白人・アメリカ人は殺到した。
  約束も何もないように振る舞う白人・アメリカ人と、
 スー族の方々と衝突するのに、時間はかからなかった。
  当然、白人・アメリカ人が悪いのである。
  白人・アメリカ人のインディアンの方々の土地奪いが
 始まる。
  境界を侵しているのは欲に絡んだ白人・アメリカ人で、
  アメリカ合衆国政府は、カスター将軍に指示した。
  (力で奪って来いという命令になっている)
  命令を受けたアメリカ軍のカスター将軍は、
  公然と、インディアンの方々の意見や権利の主張を嘲
 弄(ちょうろう、相手を馬鹿にしてからかう事)して、
 インディアンの方々を挑発した。
  (西部劇映画でよく見る悪漢が嘲弄して、相手に、先
 に銃を抜かせるという・・あの悪巧みである・・こんな
 カスター将軍に、そして、将軍に命令したアメリカ合衆
 国に正義がある訳がない、卑怯なアメリカだった)。
  解決への道が閉ざれた中で、インディアンの方々は結
 集する。
  そして、この日に戦いは起きた。
  そして、カスター将軍と285人のアメリカ軍兵士は、
 リトル・ビッグ・ホーン川で殲滅させられる。
  このアメリカ軍の敗北は、アメリカ社会を大きく揺さ
 ぶった。
  一握りのアメリカ・インディアンの方々が、アメリカ
 合衆国軍を相手にして戦い、カスター将軍を失わせる勝
 利を得た。
  アメリカ政府は、直ちに報復・復讐に出る。
  正義も、また、復讐する正しい論理もない行動に出る。
  そして、この不名誉を挽回する策を取った。
  参謀本部へ命令した。
  今度は、クルック将軍が、最新の武器で、武装を固め
 た兵士、数千人と共に、スー族に立ち向かって行ってた。
  容赦のない攻撃を仕掛けた。
  アメリカ・インディアンの方々の抵抗の最後の砦であ
 った強大なスー族が敗れる時が来た。
  スー族を率いていたシッティング・ブルは、カナダへ
 逃れた。
  クレージー・ホースは、居留地に戻ったが、卑劣にも、
 そこで、アメリカ合衆国は殺した。
  インディアンの方々は、勇敢に機敏に、インディアン
 の方々に正義がある戦いを戦った。
  機関銃と大砲を持つアメリカ合衆国軍と、弓と矢で立
 ち向かったインディアンの方々。
  インディアンの方々に正義と勇気があったが、結果は、
 その武器の差で決着がついた。
  小さな戦いが、この後あるが、インディアンの方々の
 大きな戦いは、この戦いが最後だった。
  シッティング・ブルの、自分たちの土地を当然の権利
 として主張し、そして、要求した言葉:
  「われわれは白人が好きではない、ブラックヒルズは
 われわれのものだ」・・と、(その通り)。
1876年、イギリス女王ビクトリアがインド皇帝の座につい
 た(事実上、インドを奪う行為)
1876年、オーストラリア人(イギリス人)の絶滅行為
  イギリスは、タスマニア島のアボリジニーの方々を全
 滅させた。
  イギリスが、オーストラリアを占有して、オーストラ
 リアのタスマニア島に、19世紀に入った直後には、8000
 人のアボリジニの方々が居た。
  少なく見積もっても2500人のアボリジニの方々が居た。
  しかし、このタスマニア島のアボリジニの方々は、こ
 のイギリス人(オーストラリア人)に殺されて、約30年
 後に300人まで激減した。
  そして、この年の1876年に、最後のアボリジニーの女
 性が亡くなり、タスマニア島のアボリジニーの方々は絶
 滅した。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-04-25 03:02 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)338E1/3:気になった事柄を集めた年表(1869年~1876年10月)

題:(増補版)338E1/3:気になった事柄を集めた年表(1869年~1876年10月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1869年、ハリエット・タブマン氏(1820年または1821年~
 1913年3月10日)の半世紀『ハリエット・ダブマンの生涯
 の情景』が、この年・1869年に、出版された。
  そのハリエット・ダブマン氏が、アメリカの新20ドル
 札の肖像になった。
  (時事通信社)は・・、
  2016年4月20日に、アメリカ合衆国のルー米財務長官は、
 新20ドル札に奴隷解放運動家の黒人女性、ハリエット・
 タブマンの肖像を採用すると発表した。
  欧米メディアによると、米紙幣に黒人の肖像が採用さ
 れるのは初めて。
  女性は「1世紀余ぶり」(長官)で、マイノリティー
 (少数派)重視を掲げるオバマ大統領のレガシー(遺産)
 づくりとの見方もある。
  自身も奴隷だったタブマンは、1800年代半ばに地下運
 動で多数の奴隷を逃亡させて自由の身にしたほか、女性
 の参政権獲得にも尽力。
  ルー長官は「米国の価値観や民主主義を体現した」と
 讃(たた)えた。(時事通信社)
  また、(毎日新聞)は・・、
  米紙幣に黒人女性が採用されるのはこれが初めて。
  女性としても19世紀末以来、約120年ぶりとなる。
  (女性差別や女性蔑視などない日本は、すでに樋口一
 葉氏がお札の肖像となっている・・筆者記入)。
  女性の参政権を認めた憲法修正19条施行から100周年に
 なる2020年にデザインを確定し、発行する予定。
  奴隷だったタブマンさんは、19世紀半ばから奴隷解放
 運動に参加。
  黒人奴隷を米国南部諸州から北部各州に逃がす「地下
 鉄道」と呼ばれる秘密輸送ルートを構築した。
  昨年6月に財務省が紙幣のデザイン一新を図る考えを表
 明して以後、タブマンさんの採用を求める声が相次いで
 いた。
  ルー長官は「単なる歴史的な存在にとどまらず、模範
 的なリーダー」と採用の理由を説明した。
  現在の20ドル紙幣に使われているジャクソン大統領の
 肖像は、紙幣の裏面で引き続き使われる。
  米紙幣に女性の肖像が使われるのは、1891年~1896年
 に発行された1ドル銀兌換(だかん)紙幣の、初代大統
 領夫人マーサ・ワシントンさん以来(遠い昔の話・・筆
 者記入)。
  タブマンさんは3人目(毎日新聞)。
  ハリエット・タブマン氏は、アメリカ合衆国メリーラ
 ンド州ドーチェスター郡出身の奴隷だった。
  後に、奴隷解放運動家、また、女性解放運動家。
  特に、地下鉄道(アンダーグラウンド・レールロード。
 アメリカ北部やカナダへ黒人奴隷が逃亡するのを援助す
 る秘密結社)の女性指導者のひとりだった。
  メリーランド州で、黒人奴隷である両親から生まれた。
  5歳からメイド兼子守りとして働かされた。
  (奴隷の子は、『自由』を持って生まれて来たのでは
 なかった。
  何が『自由の国だ』なんて言うのだ・・アメリカ。
  アメリカは遅れた国で、普通の人間を、奴隷にして使
 役するという悪事を行なった上に、
  さらに、この様な、生まれて来た子供にまで『奴隷と
 いう運命』を背負わせた。
  そうする事によって、自分たちに利があるのでその様
 にした。
  そこには、悪意があるだけで、愛の存在する社会では
 ないし、あるのは、ただ『低俗なる倫理観』『我が利が
 得られれば』の欲の世界しかなかった。
  この様な事は、是非、世界記憶遺産に登録すべきで、
 また、銅像を建立するべきだ・・と思いたくなる)
  ハリエット婦人は、1844年ごろ、同じく奴隷であるジ
 ョン・タブマンと結婚し、長年の奴隷生活に堪え続けた。
  奴隷監督からの殴打などを含む虐待に耐え、
  さらに酷いことに、この奴隷監督から頭部に受けた殴
 打は、後遺症を残し、
  生涯ナルコレプシー(脳疾患・睡眠障害)とてんかん
 に悩まされることになった。
  奴隷国・アメリカ合衆国は、人権蹂躙(じんけんじゅ
 うりん)が酷く、低劣な厳しい状況だった。
  1847年、ハリエット婦人の奴隷主が死に、奴隷が売ら
 れことになった。
  この事を知ったハリエット婦人は、脱出を渋る夫を残
 して北部のフィラデルフィアへ逃亡した(夫は、射殺を
 恐れたのであろう)。
  逃亡の途上、奴隷解放運動主義者で非合法組織である
 地下鉄道を支援していた組織に助けられた。
  フィラデルフィアでは、レビ・コフィンやトーマス・
 ガレット、フレデリック・ダグラス、ジョン・ブラウン
 らの黒人奴隷解放運動家と交流を持ち、
  奴隷解放の地下鉄道の「車掌役」として、その奴隷解
 放の運行をはじめた。
  1850年~1860年の間に、約19回の南部との往復を繰り
 返し、300人余りの奴隷達の逃亡を助け、自由に導いた。
  ハリエット・タブマン婦人は、一度も捕えられず、「
 救助者・車掌」として成功をおさめた。
  そのためタブマン婦人に掛けられた賞金額は、合計4万
 ドルを超えた。
  (アメリカは、非人道的な国で、奴隷を射殺すること
 が許されていた、ダブマン氏は必死だったと思う)。
  南北戦争中は、コックおよび看護婦として働くととも
 に、
  北軍のためのスパイをも務めた。
  タブマン婦人へ、アメリカ政府は、恩給の支給をしな
 かった(卑劣な差別である)。
  ダブマン婦人の晩年は、ニューヨーク州に拠点を構え、
 身寄りのない元奴隷や、戦死した黒人兵の遺族への支援
 を続けた。
  1913年に、肺炎で死去された。93歳だった。
  アメリカ合衆国は、人種差別の国で、黒人奴隷解放家
 の運動内容や、その歴史、そして、その存在は、ひた隠
 しに隠した。
  それが、黒人の方々の努力によって、隠されて来た事
 実が、最近になって、徐々にその一端、その歴史が明る
 みに出て来た。
1876年9月1日、開拓使雇のウイリアム・ホィラーが、石狩
 国札幌区東創成通り教師舘内で気象観測を開始した(日
 本最初ではない)。
  後に、1879年10月28日(明治12年)に、国営へ移管し、
 文部省所管となり、中央気象台札幌支台へ改称した。
  因みに、日本最初の気象観測は、1872年で、
  函館地方気象台の前身である「函館気候測量所」が、
 日本で最初の気象観測をはじめた観測所。
  1872年(明治5年)から観測を開始している。
1876年9月6日、元老院に憲法起草を命じる詔勅
  明治天皇陛下は、元老院議長・熾仁親王を召され、国
 憲草案の起草を命じられた。
  この頃の、自由民権家は、皆、明治維新を闘った尊皇
 家で、天皇陛下の御存在に、国民の権利、国の利益の究
 極の擁護者の地位を仰ぎみていた。
  例えば、草の根の人権憲法として名高い千葉卓三郎ら
 の憲法草案(いわゆる五日市憲法)でも、
  天皇陛下による立法行政司法の総轄や、軍の統帥権、
 天皇陛下の神聖不可侵を定めている点などは、大日本帝
 国憲法と同様であった。
  この日・1876年9月6日(明治9年)、明治天皇陛下は、
 「元老院議長有栖川宮熾仁親王へ国憲起草を命ずるの勅
 語」を発っせられた。
  この勅語は・・、
  「朕、ここにわが建国の体に基づき、広く海外各国を
 成法を斟酌して、もって国憲を定めんとす。
  なんじら、これが草案を起創し、もってきこしめせよ。
  朕、まさにこれを撰ばんとす」
 ・・として、各国憲法を研究して憲法草案を起草せよと
 命じられた。
  元老院は、この諮問に応えて、憲法取調局を設置した。
1876年9月13日、府県裁判所(ふけんさいばんしょ)を地方
 裁判所と改称
  府県裁判所は、1872年9月5日(明治5年8月3日)司法省
 によって定められた5種 (司法省臨時、司法省、出張、府
 県、区) の裁判所中の1つで、
  1875年5月4日、府県裁判所職制章程が定められ、それ
 によって本裁判所が民事を始審し、刑事の懲役以下の判
 決をする任務を持ち、
  本裁判所をもたない府県では、地方官が裁判官を代行
 することなどが明示された。
  そして、この日・1876年9月13日、府県裁判所の廃止に
 伴い、府県裁判所は廃止され、新たに「地方裁判所」が
 開庁された。
1876年9月23日、国産ビール醸造、初めて工業化される(北
 海道札幌の開拓使麦酒醸造所の開業)
  札幌にビールの醸造所を開業。
  北海道開拓使に麦酒 (ビール) 醸造所が設立される。
  日本に初めてビールの醸造が工業化されたのは、1876
 年(明治9年)9月23日、札幌の開拓使麦酒醸造所開業を
 以て出発とされる。
1876年9月23日、儒者:安井息軒(やすいそっけん)が没する
 (78歳)。朱子学派の儒学者。
  日向(ひゅうが)(宮崎県)飫肥(おび)藩士で、江戸で昌
 平黌(しょうへいこう)に入り、また、松崎慊堂(こうどう)
 に古注学を学ぶ。
  飫肥(おび)藩校の助教、後、江戸に三計塾を開き、後
 に、昌平坂学問所の教授に抜擢される。
  考証にすぐれ、海防・軍備などの政策も論じた。
  「海防私議」「弁妄」など警世の論がある。
1876年9月25日、大阪堂島に米穀取引所(どうじまべいこく
 とりひきじょ)を開設した。
  1893年(明治26年)、大阪堂島に設立された米穀取引
 所は、江戸時代以来栄えた米市場の後身で・・、
  1876年(明治9年)に設立の大阪堂島米商会所が、改称
 されたもの。
  1939年(昭和14年)配給制度導入のため閉鎖した。
  さかのぼること明治2年(1869年)に、明治政府により
 廃止され、
  それに伴い堂島周辺の諸藩の大名蔵屋敷も没収された
 が、
  その後、明治4年(1871年)に、「堂島米会所」として
 復活した。
  そして、明治6年(1873年)に、油取引を加えて「堂島
 米油会所」となったが、
  明治9年(1876年)のこの時に、油取引を分離して「堂
 島米商会所」となった。
  明治26年(1893年)に、「大阪堂島米穀取引所」へと
 発展し、
  大正7年(1918年)には、過剰投機により米騒動を引き
 起こした。
  また、昭和14年(1939年)に、米穀配給統制法による
 日本米穀株式会社に吸収され・・幕を閉じた。
1876年10月2日、東京兜町に米商会所が開設された。
  日本で先物取引が開始されたのは、1730年(享保15年)
 のことで、「大坂堂島米会所」で行われた米取引が、最
 初とされる。
  一方、江戸でも間もなくして、日本橋小網町・小舟町
 周辺に米会所が開設され、取引が盛んに行われるように
 なった。
  明治時代に入っても、米の先物取引は活発で、その中
 心を担ったのが、1874年(明治7年)に、日本橋蛎殻町の
 西郷隆盛屋敷跡に開業した「中外商行会社」・・、
  現在、この地には、農産物を専門にする先物取引の市
 場「東京穀物商品取引所」が建っている。
  同取引所の起源に当たる「中外商行会社」は、1876年
 (明治9年)に、発布された米商会所条例により、同年、
 「蛎殻町米商会所」に再編された・・、
  さらに、1883年(明治16年)には、隣町で営業する「
 兜町米商会所」との協議の結果、
  互いの繁栄のため合併が最善という結論が出され、
  「東京米商会所」に改められた。
  その後も、1893年(明治26年)に、「東京米穀取引所」
 に、1908年(明治41年)には、「東京米穀商品取引所」
 へと、度々の再編が行われた。
1876年10月9日、秀英舎が開業した(後の大日本印刷)
  木版から活版印刷に
  秀英舎は、活版での印刷会社として東京・京橋の弥左
 衛門町に創立した。
  秀英舎は、主に新聞印刷や、中村正直の「西国立志編」
 の活版による再版などに代表する書物の印刷会社として
 発展した。
  その頃、活字の供給は、印刷局と築地活版のみが行っ
 ており、
  創立当初は、活字を購入していたが、
  1881年(明治14年)、保田の創案のもと、字母(父型)
 を購入し、活字の自家鋳造を開始した、
  更に、1882年(明治15年)、山下町に製文堂を設置、
 それを本格化させた。
  築地活版や、印刷局の書体を受け継ぐ五号系統と、筆
 跡新しい初号系統の2書体は、ここで形成された。
  明治30年代半ばのことである。
  後に、秀英体(秀英型とも。特に初号系統をいう)と
 呼ばれた書体群で、活版印刷減衰の後も、写植書体やデ
 ィジタル・タイプとして覆刻され、
  また、大日本印刷の書体としてポイント制活字、ベン
 トン母型を経ながらも使用され続けている。
1876年10月12日、賞勲事務局(賞勲局、しょうくんきょく)
 が設置された。
  賞勲局は、勲位・勲章・褒章など、栄典に関する事項
 をつかさどる内閣府の一部局で、
  この時・1876年(明治9年)に、太政官正院に設置され
 た。
  この年・1876年12月に、賞勲局に改称した。
  第二次大戦後、1949年に、総理府が設置されると、賞
 勲部に改組され、
  1964年(昭和39年)に、生存者叙勲の再開に伴って総
 理府が設置されると、総理府賞勲局に昇格となり、
  2001年(平成13年)以降は、中央省庁再編により、内
 閣府の管轄となった。
1876年10月24日、敬神党ノ乱(けいしんとうのらん、神風連
 ノ乱ともいう・・士族の反乱・反政府暴動)
  神風連の乱:熊本県士族の大田黒伴雄らが、熊本鎮台
 を襲撃し、また、県令・安岡良亮らを殺傷した。
  この神風連(じんぷうれん)の乱:夜11時、熊本県で
 旧守派の「敬神党」を結成する大田黒伴雄ら170人が、熊
 本鎮台(軍隊)の兵営などを襲撃し、火を放った。
  そして、司令官の種田政明少将を殺害した。
  政府の洋化政策に反発し、廃刀令がきっかけだった。
  この年に、金禄公債条例が発行され、士族の経済的な
 没落が、特に顕著となっていた。
  士族層の間に、明治新政府に対する不満はみなぎって
 いた。
  鎖国攘夷を依然主張する敬神党は、かねてから、新政
 府の洋化政策への激しい憤りを示そうといだいていたが、
  1876年3月の廃刀令の発布に端を発し・・て、
  同年・1876年10月に、党首領・太田黒伴雄らが決起し
 た。
  そして、百数十人に上る武装集団をもって、熊本鎮台
 司令長官・種田政明、県令安岡良亮らを斬殺した・・が、
  翌日、鎮台兵により鎮圧された。
1876年11月25日、福沢諭吉著の『学問のすすめ』が完結し
 た。17編刊、
  初版・重版を併せて・・25万部が出版された。
  一説には、最も売れた書籍で、最終的に300万部以上売
 れたという。
  その一文は・・、
  「されども今廣く此人間世界を見渡すにかしこき人あ
 りおろかなる人あり貧しきもあり冨めるもあり貴人もあ
 り下人もありて其有様雲と坭との相違あるに似たるは何
 ぞや」
  ・・と、記して・・
  「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言わ
 れている__人は生まれながら貴賎上下の差別ない。けれ
 ども今広くこの人間世界を見渡すと、賢い人愚かな人貧
 乏な人金持ちの人身分の高い人低い人とある。その違い
 は何だろう?。それは甚だ明らかだ。賢人と愚人との別
 は学ぶと学ばざるとに由ってできるものなのだ。人は生
 まれながらにして貴賎上下の別はないけれどただ学問を
 勤めて物事をよく知るものは貴人となり富人となり、無
 学なる者は貧人となり下人となるのだ。」
  ・・と・・、
1876年10月25日、熊本に乱をなす神風連の叛徒・大田黒伴
 雄らが、翌日のこの日に、戦死(その他の者は自首、或
 は、逃走)
1876年10月27日、秋月の乱(あきづきのらん)(10月26日
 説あり)
  福岡県下の秋口で、旧秋月藩の不平士族らが、開明政
 策を掲げる新政府に対して、
  また、政府の対韓政策を批判して起した反乱で、
  主謀者の宮崎車之助(みやざきしゃのすけ)、磯淳ら
 二百数十人は、
  豊前豊津に進撃し、萩の乱の前原軍と合流しようとし、
  また、熊本の神風連(じんぷうれん)の乱に呼応し挙兵
 した。
  熊本神風連の乱に続いて、攘夷主義を旗印に蜂起し、
 萩の前原一誠と連絡をとりつつ、付近の士族に参加を呼
 びかけたが、進撃なかばにして 11月3日、豊前豊津で、
 小倉鎮台の政府軍により鎮圧され、一味は処刑された。
1876年10月27日、萩の乱(10月28日説あり)
  山口県萩で、長州藩士で、明治新政府参議、兵部大輔・
 前原一誠が、
  守旧主義の立場から 政府を去り、
  郷里の不平士族に擁立されて、
  1876年10月28日に、反政府の旗を掲げ、神風連の乱・
 秋月の乱に呼応して蜂起・・萩に迫った。
  しかし、しかし・・11月6日に鎮圧された。
  前原一誠は、1869年(明治2年)に参議、ついで、兵部大
 輔となったが、
  当時の開明的な政府の方針や、木戸孝允らと対立した、
  翌年・1870年に、辞職、郷里萩に帰っていた。
  そして、一誠らは、不満をつのらせて・・
  1876年10月28日、萩の旧藩校・明倫館(めいりんかん)
 に・・200人余を集めて・・蜂起(ほうき)した。
  しかし、期待した薩摩(さつま)の不平士族らの協力は
 得られず・・、
  広島鎮台司令長官・三浦梧楼(みうらごろう)らによっ
 て・・1週間余で鎮圧された。
  一誠は、島根県で捕らえられ、首謀者8人とともに12月
 斬首(ざんしゅ)された。
1876年10月29日、思案橋事件(しあんばしじけん)
  永岡久茂らの・・千葉県庁襲撃計画・・発覚
  萩(はぎ)の乱に呼応して、永岡久茂(ひさしげ)ら、十
 数名の士族が、
  千葉に兵をあげようとして、未然に・・鎮定された士
 族反乱未遂事件・・。
  永岡久茂(ながおかひさしげ)は、旧会津藩士、戊辰(ぼ
 しん)戦争では、松平容保(かたもり)を擁して、官軍と戦
 い・・そして、敗れ・・江戸に幽閉された・・が、
  1870年、陸奥(むつ)国斗南(となみ)藩権少参事(ごんし
 ょうさんじ)となり、
  ついで、青森県権大属(ごんのたいぞく)などを経て、
 1874年上京し、『評論新聞』の海老原穆(えびはらぼく)
 と親交を結び、萩の前原一誠(いっせい)と通じた。
  1876年10月、熊本で神風連(しんぷうれん)、秋月で宮
 崎車之助(しゃのすけ)らが反乱し、ついで、萩で前原ら
 が蜂起(ほうき)するに及び、
  呼応し・・そして、千葉県庁を襲撃しようとした。
  東京・日本橋の思案橋から船で、千葉に行こうとした。
  この永岡久茂らの会津士族らを、不審に感じた船頭が
 通報・・、
  駆けつけた巡査4人と斬り合いとなった、
  そして、逮捕された。
  計画では・・千葉県庁を襲い・・佐倉鎮台の兵を味方
 に引き入れ・・会津にはいり・・萩の前原と呼応し・・
 政府を転覆させるという・・計画だった。  
1876年10月、「小笠原諸島の領有宣言」
  日本が領有を宣言した当時、すでにイギリスが領有し、
 アメリカ人が入植していた。
  1543年に、スペイン船によって発見。
  1827年に、イギリスが領有宣言。
  1830年に、アメリカ人とハワイ人(当時、ハワイは独
 立国)が入植。
  1853年、ペリー寄港。
  1862年、外国奉行が測量。
  1876年、日本による領有を関係国に通知。
  小笠原に入植したアメリカ人の子孫は、日本に帰化し
 ている。
  小笠原諸島の住民は、日本の領有と統治に賛成し、
  日本の領有に異議を唱えた国もなく、
  日本の領有は国際的に認められて来て、経過し、そし
 て、今・現在に至っている。
  因みに、日本の領土である竹島は・・、
  1905年の110年以上も前のこと、日本は、竹島を島根県
 に含めるという日本の閣議決定をした。
  そして、日本人の役人が、竹島調査のため鬱陵島(う
 つりょうとう)に渡り朝鮮の鬱陵島郡守らに会う。
  鬱陵島にいた朝鮮の官吏らはすぐに、日本が竹島を島
 根県領としたことを朝鮮朝廷に報告した。
  しかし、朝鮮王府は、何の異議も唱えなかった。
  不満をこぼすこともなく、また、
  ただの1度も。全く。黙って、何もしなかった。
  当然のことと理解を示した。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-04-22 16:10 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)337E1/3:気になった事柄を集めた年表(1876年1月~1876年8月)

題:(増補版)337E1/3:気になった事柄を集めた年表(1876年1月~1876年8月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1876年1月2日、第二次府県統合
  府県数:3府35県に統合した。
  現在は、1都1道2府43県で47の都道府県であるが、
 この時、3府35件の38の府県だった。
  因みに、1871年の時は3府302県の305に分かれていた。
  そして、1872年2月10日に、3府72県の75分割(第一次
 府県統合)になり、
  (古代の日本は68だったので、近づけたのかの推定意
 見がある)、
  そして、この時、1876年1月2日、3府35県(第二次府県
 統合)をした。
  因みに、四国は愛媛県と高知県だけだった。
  東京府は、ちっちゃい東京府がちょこんとある。
  その分、神奈川県が大きかった。
  1876年の第二次府県統合は二度行われた。
  ちょっとした変更を入れると十数回の変遷の後、
  1946年9月27日に、府県制改正により北海道庁を北海道
 に移行し、1都1道2府42県となり、
  1972年5月15日に、沖縄返還により沖縄県が復帰し、現
 在の1都1道2府43県となった。
1876年6月27日、鉄道桟橋が、初めて神戸港に竣工し、港
 湾と汽車運輸の連結が成った。
1876年7月1日、三井銀行が開業した。
  最初の民間普通銀行。
1876年7月5日、新聞雑誌発禁の制を布告(出版統制の最初)
  評論新聞を発禁、急進的な新聞の弾圧を強化、
  国安妨害記事を掲載した新聞・雑誌について内務省で
 発売禁止等を布告した。
1876年7月13日、警視庁に初めて電信を設けた。
  警視庁が、電信を初めて架設し、緊急連絡に活用する。
1876年7月20日、奥羽・北海道巡幸の明治天皇陛下が、軍艦
 ではない汽船「明治丸」で、青森から横浜に御帰着(海
 の日の始)
1876年7月26日、大阪~京都間の鉄道試運転を開始する。
  この年は・・、
  1876年6月12日、品川〜川崎間に大森停車場を設置
  1876年8月9日、大阪〜高槻間に吹田および茨木停車場
   を設置
  1876年9月5日、大阪〜京都仮営業開始
  1876年12月1日、新橋〜品川複線化完成、中間に田町仮
   駅を設置
1876年8月5日、金禄公債証書発行条例 (秩禄処分)
  特権であった家禄の支給を廃した。
  華族484人・士族40万8800人余へ家禄支給を廃し、代り
 に金禄公債支給の条例を制定した(太政官布告108号)。
  これによって、封建支配層としての領主・武士層は、
 消滅した。
  彼らは、すべて公債を所有する利子生活者となり、士
 族たちの特権が奪われた。
  秩禄処分(ちつろくしょぶん)は、明治政府が、1876
 年(明治9年)に実施した秩禄給与の全廃政策で、
  秩禄とは、華族や士族に与えられた家禄と、維新功労
 者に対して付与された賞典禄を合わせた呼称。
  金禄公債(きんろくこうさい)は、1876年、明治政府
 が金禄公債証書発行条例に基づいて発行した公債で、江
 戸幕府の家禄制度を廃止する代償として、旧士族に交付
 した。
  発行総額は、約1億7390万円だった。
  この措置は、1869年(明治2年)の版籍奉還と、
  1871年(明治4年)の廃藩置県とともに、
  封建的身分関係を崩壊させるものであった。
  歳出の約3割にも達っしていた秩禄支給の負担が軽減
 され、近代化を進める政府の財政を助けた。
  この公債は、窮乏した士族が、すぐ手離さないよう当
 初は売買が禁止されていたが、
  1878年9月に、この禁が解かれると、多くが商人らへ
 その権利が売られ、商人の手に渡った。
1876年9月22日(明治9年8月5日)政府の財政難から鉄道払
 下条約の契約が成立した。
  大蔵卿・大隈重信および工部卿・伊藤博文と華族組合・
 九条道孝ほか25人との間に、鉄道払下条約の契約が成立
 した(お金を持っていた華族層が購入した)。
  日本の鉄道政策は、1869年12月(明治2年11月)の三条
 邸におけるイギリス公使パークスと三条、岩倉、大隈、
 伊藤等の対談の日に始まった。
 この日に、誰が、どこに鉄道を建設し、経営するかが決
 められた。
 明治政府は、巨大な財力を持つ諸大名を統括し、産業を
 開発して、『富国強兵』を実現するための手段としての
 鉄道を、
  政府以外のものの手に委ねることは考えていなかった。
  また、パークスも、それを勧めた、それは、パークス
 は、建設費のための外債を引受けるつもりなので、政府
 でなければ信用できないからだった。
  かつ、イギリスでは、小規模の民営鉄道で発足したの
 で、いろいろの障害を生じたことも知っていた。
  明治の俊英たちは、イギリスを我が方につけ、商売を
 適宜(てきぎ、状況に合わせ、適当)させて、また、知
 識を、うまく出させていた。
 この時、東京~京都~神戸間と敦賀~琵琶湖岸間、それ
 に、すでに江戸幕府に出願があった東京~横浜間が計画
 された。
 高島嘉右衛門(たかしまかえもん、横浜の実業家、京浜
 間鉄道敷設の必要性を伊藤博文と大隈重信に説明してい
 た)は、
  1871年(明治4年)東京~青森間、1872年(明治5年)
 東京市内の外濠循環線を出願していた。
 江戸時代の我が国の交通は、道路と船によっていた。
 道路で、車を使用することは禁止され、駄馬、または、
 駕龍によるほかはなかった。
 道路は、東海道(江戸~桑名~京都)、中山道(江戸~
 薮原~京都)、中仙道(木曾街道)、奥州街道(江戸~
 白石~三厩)、日光街道(奥州街道、宇都宮~日光)、
 甲州街道(江戸~甲府~岩淵)の5街道をはじめとして、
 多数の脇街道もあり、
  蝦夷地(北海道)以外は、一応、道路網ができ上って
 いた。
 上記の鉄道敷設予定区間は、旧街道に沿って計画されて
 いるが、琵琶湖畔~敦賀間は別だった。
 汽船・汽車、すなわち船舶と鉄道は、いずれも近代化さ
 れた交通機関となっていたので、これを併用しようとし
 たのは当然だった。
  東京~青森間は、東京~兵庫間と同様の縦貫線である
 以上に、北海道との連絡を持つ重大な使命があった。
  明治政府は、未開発の各種資源に富む北海道に深い関
 心を特っていて、その開発のため“開拓使”という官庁
 を特設していた。
  高島は、岩倉具視に自分の意見を進言し、賛同を得た。
  1872年12月(明治5年11月)政府は、小野友五郎に予定
 線を踏査させた。
  また、1870年(明治3年)秋には、東京~京都間を引続
 いて踏査させた。
  1870年(明治3年)京都府は、敦賀~琵琶湖畔でなく、
 敦賀~京都間とするように建議し、政府の賛同を得た。
 海陸運の併用の方針によって、東京~兵車間の鉄道は、
 中山道経由と予定された。
 1874年8月(明治7年7月)技師長V・ボイルは、中山道
 線と、その途中から分れて、新潟に至る線路を踏査した。
  開拓使もまた、独自の立場から、1881年1月(明治13年
 12月)J・クロフォードに命じ、青森~東京間を再調査
 している。
 1881年2月(明治14年1月)日本鉄道設立に際し、岩倉は、
 これらのほか、九州の大里(現在の門司)から長崎に至
 る線と、
  その途中から分れて、肥後(現在の熊本県一円)に至
 る線を予定線として計上した。
  岩倉は、また、敦賀~富山、長浜~四日市間の東北鉄
 道も計画した。
  創立願には“而シテ海路ハ又、危険非常ニシテ”と日
 本海岸の冬季の航行難を理由の一つにしていた。
  井上は、坂井(現在の三国)・伏木の河港の間に線路
 を新設し、
  敦賀~坂井、伏木~北海道間は、船舶を利用するよう
 勧奨し、
  長浜~四日市間は、長浜~武豊間に変更して、鉄道局
 が建設することにした(海陸運併用の考え方の典型的な
 もの)。
  明治政府の財政状態は、鉄道を全部官設にすることは
 不可能だった。
  東京~横浜間鉄道でさえ、1876年9月22日(明治9年8月
 5日)のこの日、華族組合に年賦払下げを契約している。
 大隈は大蔵省、伊藤は工都省の最高責任者であり、
  契約にも政府側を代表して記名調印した。
 その世話は井上馨がやっていた。
 華族は、一般資本家とは異なったものという観念はあっ
 たが、金のない政府の財政状態を示していた。
  東京~高崎間の中山道線(京都へ結ぶ目的の線)も着
 工に至らなかった。
  (着工されたものの工期と工費が、当初の見込みを大
 幅に上回る事が判明したため、東京~京都を結ぶ幹線鉄
 道としての東海道線の建設を行なう事に方針が変更され
 た)。
  岩倉の推進していた日本鉄道の計画が、1880年7月15日
 (明治13年)に至り、やっと結実した。
  (1878年4月(明治11年)に、1000万円分の国債を発行
 して、このうち鉄道建設費に213万9914円を割り当て、
 京都~大津間と、米原~敦賀間をいよいよ着工すること
 になった。
  この段階では、まだ、東西連絡幹線の全区間に着工す
 ることはできず、とりあえず本州横断路線を建設するこ
 とになったのであった。
  京都から馬場(後の膳所)間は、1880年(明治13年)
 7月15日に全区間が開通し、
  それまでの建設工事と異なり、お雇い外国人の助けを
 借りることなく、養成に努めていた日本人技術者の手だ
 けで初めて開通する鉄道路線となり、
  当初の見積もりに比べて約2割の工費節約も実現した)
  政府の願いは、一日も早く鉄道を完成することが第一
 だった。
  日本鉄道の主な出資者は、華族だったが、
  民間の出資もあり、財政当局は、その経費が浮くこと
 になり、大いに賛成された。
  財政難で、東京~横浜間鉄道さえ手離そうとした。
  その為、こうした形でなければ1891年10月(明治24年
 9月)東京~青森間鉄道を全通させることは事実上、不可
 能だった。
  大阪~堺間の鉄道は、1872年(明治5年)から計画され、
 1882年6月(明治15年5月)出願したところ、監督官庁の
 工部省では、「単ニ大阪府内ニ止リ且其性質普通ノ鉄道
 ト異ル」ものとして、大阪府限りで処理するように指示
 した。
  軌間も838mmであり、一地方の交通のみを目的とするも
 のと判定されたからだった。
  この他、地方的なものとして馬車鉄道は、設備も簡単
 なので広く各地に敷設された。
  鉱山用の専用鉄道は、1869年(明治2年)から、土木工
 事用の仮設鉄道は1881年(明治14年)から敷設され、機
 関車を使用するものもあった。
  日本の発展の基盤づくりの一つ運輸が、確実に達成さ
 れて行った。
  日本人の誠実さと勤勉さによる努力が結実して行った。
1876年8月14日、札幌農学校が設立された。
  札幌学校が、札幌農学校と改称して開校式を挙行した。
  初代校長に調所広丈、教頭にマサチューセッツ農科大
 学学長のウィリアム・スミス・クラークが招かれた。
1876年8月19日、水夫の名称を改め水兵とした。
1976年8月26日(7月7日)明治天皇陛下が、奥羽巡幸
  盛岡の馬匹4500頭を御覧給い、畜産を奨励し給う。
  1876年7月22日(明治9年6月2日)明治天皇陛下は、奥
 州街道を北上して奥羽(おうう)巡幸へと向われた。
  49日間におよぶ巡幸となった。
  明治維新に際し、奥羽諸藩の多くは、新政府に最後ま
 で抵抗していたため、国内の安定という意味で、今回の
 巡幸は待望されていた。
  聖徳記念絵画館壁画「奥羽巡幸馬匹御覧(おううじゅ
 んこうばひつごらん)」の絵は、1976年8月26日(明治9
 年7月7日)、天皇陛下が、岩手県の盛岡八幡宮にお立ち
 寄りになり、境内(けいだい)に設けられた天覧(てん
 らん)所で県産の馬を御覧になっている様子であるが、
  4、5百頭もの馬の行列が続き、軍馬術や豊年踊りが
 披露された。
  当時、日常的にも、そして、農事や軍事的にも、馬は、
 重要な役割を果していた。
  そのため、天皇陛下は、馬事に御関心を持たれ、馬の
 改良を奨励された。
  そして、奥羽巡幸では、各地で産馬を御覧になった。
  天皇陛下の愛馬として特に知られているのが「金華山
 号(きんかさん)」という名の南部馬で、
  奥羽巡幸の道中、岩手県の水沢で買い上げになり、最
 も活躍し、愛情が注がれた御料馬(ごりょうば)だった。
   のる人の心をはやくしる駒は
     ものいふよりもあはれなりけり (明治35年)
  もの言わずとも背に乗る主の心の内を汲みとる馬のい
 じらしさ、かわいらしさを詠(よ)まれた御製。
  天皇陛下にとって、馬への愛着は格別だった。
1876年8月31日、海軍提督府を廃し、東海、西海両道に鎮守
 府を設置した。
  海軍提督府(かいぐんていとくふ)は、旧海軍の機関
 で、海軍の根拠地として艦隊の後方を統轄し、その前身
 は、1871年(明治4年)兵部省内に設置された。
  1875年に、日本周辺を東西の2海面に分け、東西両指揮
 官の指揮下に置くことになり、
  1876年に、東海、西海の両鎮守府を設置することにな
 った。
1876年8月31日、『柳橋新誌(りゅうきょうしんし)』(成
 島柳北)と『東京新繁昌記(とうきょうしんはんじょう
 き)』(服部誠一)が発売禁止になった。
  柳橋新誌は、漢文戯作体の随筆集で、1874年に刊行さ
 れ、1876年に三編が成ったが、発行停止(文部省から発
 行差し止め)となった。
  二編が、特に、柳橋の花柳街を舞台にして、江戸から
 明治への人情、風俗を描いているが、明治文明に対する
 見方が、物質万能の明治の文明開花だと見て、また、卑
 俗で浅薄だと見て、その側面を辛辣に批判した。
  表現は自由であるが、明治の偉人の努力や汗を、売ら
 んかなで批判した(よく欧米に追い付け、蹂躙されるな
 と努力する姿は見えなかった様だ)
  また、薩長の政府高官の無風流を低俗に揶揄(やゆ)
 した。
  東京新繁昌記は、随筆であるが、明治維新後の文明開
 化の波に洗われる東京の世相・風俗を、
  破格の漢文戯作体で書き綴ったコント風の記録となり、
 また、人情小説的に、著名人の艶聞や政治への諷刺批評
 を縦横に記し、大きな反響を得た。
  揚げ足取りの三文記事だった。
  努力する皆を横目で見て、批判を口すさんだ。
  今でも、テレビという絶大なる放送媒体を私物と化し、
 まったく、深い意味合いのない論理を展開し、我が物の
 様に使っている公共放送がある。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-04-21 14:02 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)336E1/3:気になった事柄を集めた年表(1876年5月~1876年6月)

題:(増補版)336E1/3:気になった事柄を集めた年表(1876年5月~1876年6月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1876年5月17日(明治9年)小判切手と呼ばれる新デザイン
 の近代的な凸版印刷の切手が発行された。
  「大日本帝國郵便」「IMPERIAL JAPANESE POST」の和
 英両文の国名表示がそろっている。
  1892年までに30種類が発行され、中央部分に小判型の
 縁取りがあるため「小判切手」と称された。
  これは、同時代のヨーロッパの各国に於いて、お馴染
 実のデザインで、江戸時代の貨幣である大判、小判の様
 に高い金額(料金)であった。
  明治政府は、さまざまな教育・産業の分野で、西洋の
 近代的な技術を早く学び、手に入れようと、ヨーロッパ
 やアメリカから技術者を招き入れた。
  紙幣、および、切手製造においても、印刷産業の先進
 国ドイツの印刷会社から、この会社に勤めていたイタリ
 ア人のエドアルド・キヨッソーネ(1833年~1898年)が、
 指導者として招かれ、ヨーロッパの精密な印刷方式のエ
 ルヘート凸版(ハンダ盛り上げ電胎法凸版)による「小判
 切手」が誕生した。
1876年5月、クラーク博士が来日した。
  札幌農学校開校にクラーク博士が、北海道開拓使の黒
 田清隆の招きで、米マサチューセッツ農科大学の休暇を
 利用して来日した。
  7月に札幌農学校の初代教頭として赴任し、教育方針を
 マサチューセッツ農科大学を規範とした。  
  1876年8月14日、札幌農学校(北海道大学の前身)の開
 校式が行なわれた。
  北海道大学の前身で、近代技術を導入し北海道開拓の
 指導者を養成する目的で開校した。
  1876年8月17日、授業が開始された。
  1876年9月9日、「札幌農学校」という校名に正式に改
 められた。
  言葉:「青年よ大志を抱け」(1877年)
1876年6月2日、明治天皇陛下が東北訪問
  明治天皇陛下が、奥羽地方巡幸のため帝都を御発輦(
 はつれん、天皇陛下の御車が出発すること)。
  岩倉、木戸、大隈、徳大寺が供奉(ぐぶ、行幸や祭礼
 などの時にお供の行列に加わること)す。
  明治天皇陛下の東北地方訪問の旅に出発し、草加、宇
 都宮、白河、福島、仙台、水沢、盛岡、青森から函館に
 至った。
  岩倉具視、木戸孝允らが随行し、7月16日に、青森港浜
 町桟橋から日本初の鉄製蒸気船「明治丸」に御乗船し、
 函館を経て、7月20日に横浜港に御帰着された(海の日)。
1876年6月6日、ドイツの医師ベルツ博士が来日した。
  エルヴィン・フォン・ベルツ(ドイツ、1849年1月13日
 ~1913年8月31日)は、ドイツ帝国の医師で、明治時代に
 日本に招かれたお雇い外国人のひとり。
  27年にわたって医学を教え、医学界の発展に尽くした。
  滞日は29年に及んだ。
  1849年(0歳)、ヴュルテンベルク王国のビーティヒハ
   イム・ビッシンゲンで生まれる。
  1866年(17歳)、テュービンゲン大学医学部に入学。
  1869年(20歳)、ライプツィヒ大学医学部に転学、カ
   ール・アウグスト・ヴンダーリヒ教授の下で内科を
   修める。
  1870年(21歳)、軍医として普仏戦争に従軍。
  1872年(23歳)、ライプツィヒ大学医学部卒業。
  1875年(26歳)、ライプツィヒ大学病院に入院中の日
   本人留学生・相良玄貞を、たまたま治療することに
   なり、日本との縁が生まれる。
  1876年(明治9年、27歳)、お雇い外国人として東京医
   学校(現在の東京大学医学部)の教師に招かれる。
  1881年(明治14年、32歳)、東海道御油宿(愛知県豊
   川市御油町)戸田屋のハナコと結婚。
  1900年(明治33年、51歳)、勲一等瑞宝章を受章。
  1902年(明治35年、53歳)、東京帝国大学退官、宮内
   省侍医を務める。
  1905年(明治38年、56歳)、勲一等旭日大綬章を受章。
   夫人とともにドイツへ帰国。
   熱帯医学会会長、人類学会東洋部長などを務める。
  1908年(明治41年、59歳)、伊藤博文の要請で再度来
   日。
  1913年(64歳)、ドイツ帝国のシュトゥットガルトに
   て心臓病のため死去(64歳没)。
1876年6月8日、国道、県道、里道の制、初めて定められる
 (国道一等幅七間以下各種)
  国道の1等は幅7間(約13メートル)、
 県道は4、5間(約9メートル)とする。
  そして、国道とは、
  ・帝都である東京から各開港場に達するもの
  ・東京より伊勢神宮及び二府(京都・大阪)各師団に
   達するもの
  ・東京より各県庁に達するもの、及び、各県庁を連結
   するもの
  ・東京から各鎮守府に達するもの及び各鎮守府と各師
   団とを連結するもの
1876年6月12日、大森駅(東京)が開業した。
  官設鉄道の駅が開業。
  旅客営業のみの旅客駅。
  因みに、東京駅は、1889年(明治22年)に神戸まで全
 通した官設鉄道の新橋駅と、
  私鉄・日本鉄道の上野駅を結ぶ高架鉄道の建設が、東
 京市区改正計画によって立案され、
  1896年(明治29年)の第9回帝国議会でこの新線の途中
 に中央停車場を建設することが可決された。
  日清戦争とその後の日露戦争が終わった1908年(明治
 41年)から建設工事が本格化し、
  1914年(大正3年)12月20日に開業した。
  中央停車場は、皇居(宮城)の正面の原野に設定され、
  「東京駅」と名付けられた。
1876年6月21日、横須賀造船所にて初の国産軍艦「清輝」が
 竣工した。
  スループ型3本マストの木質艦で、排水量は897瓲。
 速力九節半(ノット)。
  15糎克砲1門、12糎克砲4門、6ポンド砲1門、1イ
 ンチ機砲3門を装備
  1878年(明治11年)年末、井上良馨が艦の艦長となり
 日本を出発、ヨーロッパ諸港を回航
  軍艦・清輝はヨーロッパ航海を最初に成し遂げた日本
 艦となる。
  因みに、速力九節半=9ノット=9×1.852=16.97km/時
     瓲=トン、糎=センチメートル
      6ポンド=6×0.453=2.72kg
      1インチ=2.54センチメートル
1876年6月25日、卑劣な武器使用。
  この時、1876年6月25日に、カーター将軍が、リトルビ
 ッグホーンの戦いで、アメリカ・インディアンの方々に
 敗けるた。
  アメリカ合衆国は、まさかの敗北にいきり立った。
  アメリカ合衆国政府は、大勢の兵士を繰り出し、また、
 機関銃や大砲という強力な武器を使って、卑劣な武器を
 使った復讐の怨念で、インディアンの方々を攻めて行っ
 た。
  卑怯な、卑劣な手を使い、勝つと分かっている戦争を
 した。
  そして、インディアンの方々を蹂躙し、そして、殺戮
 した。
  イギリスもアヘン戦争の時、悪いのはイギリスである
 のに、イギリスの外貨の流出を少なくしたいと、単純な
 経済的問題を解決しようと、やってはいけないアヘン(
 麻薬)を中国の方々へ売った。
  いくら禁止令を中国が出しても止めないイギリス。
  ほとほと、困った中国は、ファイトバックした、反抗
 した、当然の反抗をした。
  イギリスは、待ってましたとばかりに、勝つと分かっ
 た戦争・アヘン戦争を始めた。
  中国の方々を、「これでもか」と言うほど、やっつけ
 た。
  イギリスには少しも正義は無かった。
  正義の戦争でも何でもない戦争をイギリスはした。
  弱い者いじめをした。
  オーストラリアは、オーストラリアの土地を奪うため
 に、遠い昔から住んでいる方々=先住民のアボリジニー
 の方々を殺戮した。
  何ら抵抗する術(すべ)を持たないアボリジニーの方々
 を、動物の狩りでもするがごとくに殺戮した。
  「今日は○○人、殺した」というオーストラリアに来
 たイギリス人の日記が残っている。
  この様に、イギリス人の皆が、アボリジニーの方々を
 殺した。
  アメリカは、負けることが確実で、負けると分かって
 いる日本に・・、
  だから・・、日本が負けると分かっているからアメリ
 カは、日本へ「降伏しろ」とポツダム宣言を出した。
  それなのに・・、敗ける事が確実な日本へ、
  「原爆を落とした」。
  それも戦闘員ではない「一般の市民の方々」が、「非
 戦闘員の方々」が、「女性や子供やお年寄りの方々」が
 大勢死ぬと分かっているのに、
  その非人道的な、卑劣な、地獄の様な行為をした。
  当時、れっきと存在していた国際的な法律である国際
 法違反の行為で、「非戦闘員殺戮」をアメリカ合衆国は
 した。
  アメリカ合衆国が、何と言っても、国際法違反である
 ことは免れる事は出来ない。
  それも二発も、やってはいけないことを、二度もした。
  広島と長崎の原爆投下は、アメリカがやりたいことが
 あった。
  卑劣な実験としての地獄の行為だった。
  アメリカは、「ウラン型原爆」と「プルトニウム型原
 爆」の効果を知りたかったのだった。
  ただ、それだけの事で、広島と長崎に原爆を落とし、
 多くの方々を死に追いやった。
  まったく卑劣と言っても言い足りない。
  アンフェアなアメリカ、卑劣なアメリカだ。
  ヨーロッパの知識人たちが、「アメリカは、ドイツに
 落とさなかった」と言う、
  「ドイツには落す気は、なかった」と言う。
  「キリスト教の有色人種の蔑視」を言う。
  アメリカは、その為に、広島・長崎に、
  それまで、爆撃をして来なかった都市に、投下した。
  原爆投下の威力、その効果が分かるように・・、
  普通爆撃をしないという、実験の効果を知る適地を、
 最初から作っていたアメリカだった(計画的犯罪行為)。
  東京裁判と同様に、アメリカのこの行為も国際的に裁
 かれるべき国際法違反行為だ。
  相変わらず、自国の事になるとホッカムリするアンフ
 ェアなアメリカ。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-04-20 04:49 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)335E1/3:気になった事柄を集めた年表(1876年3月~1876年5月)

題:(増補版)335E1/3:気になった事柄を集めた年表(1876年3月~1876年5月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1876年3月31日(明治9年)、私立銀行の誕生
  大蔵省が、三井銀行設立許可を東京府に指令した。
  私立銀行の始まり。
  そして、7月1日に三井銀行が開業した。
  三井グループの中核で日本最古の銀行。
  1872年(明治5年)、三井組は小野組と共同出資で三
 井小野組合銀行を設立した。
  1873年(明治6年)に、その後身の第一国立銀行の創立
 に資金を出資した。
  1876年(明治9年)、日本初の私立銀行として三井銀行
 が開業した。
  まだ、日本銀行が出来てない時で、日本銀行創業前に
 は政府の「為替方御用」を拝命していた。
  因みに、1943年(昭和18年)に第一銀行と合併し、帝
 国銀行が発足した。
1876年3月、自由民権運動に弾圧が激しくなる(言論弾圧)
  明治の自由主義運動において、福沢諭吉ら明六社系の
 啓蒙家による、ヨーロッパから紹介された自由・民権思
 想や、
  また、日本に既にあった自由民権思想の受け皿となる
 思想、
  例えば、「営業の自由を要求した国訴のような裁判闘
 争」、「百姓一揆」、「封建的支配を否定した世直し、
 「『天』の思想に基づく儒教の革新的解釈、天理教・金
 光教・丸山教などの民衆宗教で主張された神の前の人間
 平等観」など・・、
  ・・に基づいて、在野の旧士族と豪農、農民らが中心
 となって藩閥専制政治に反対した。
  そして、国会開設や憲法制定(立憲政体)、地租軽減、
 地方自治、不平等条約撤廃・・という五大要求を掲げ、
 要求した。
  1874年(明治7年)の板垣退助らが、民撰議院設立の要
 求に始まり、国会期成同盟を中心に全国的に広まって行
 った。
  運動は、1880年~1881年が高揚期で、
  1881年に、10年後の国会開設を約束する詔勅を引き出
 す事に成功した。
  自由党や立憲改進党などの政党結成へと進んだ。
  しかし、政府の弾圧強化と運動内部の対立が起き、
  1882年の福島事件や、1884年の加波山事件など、激化
 事件が相つぐなかで衰えて行った。
  しかし、国会開設が近づくと、旧自由党の星亨らは、
 1886年に、民権派の再結集を呼びかけ(大同団結運動)、
  1887年に、不平等条約の不十分な改正案反対を中心と
 する三大事件建白運動が起こり、全国から自由民権家が
 上京した。
  それに対し、政府は、保安条例を出して在京の民権派
 を東京から追放して、運動は鎮圧された。
  政府は、讒謗律(ざんぼうりつ)、新聞紙条例、出版条
 例改正(以上1875年)、集会条例(1880年)、集会条例
 改正追加(1882年)などで運動を弾圧した。
1876年3月、群馬商人が、初めて生糸をアメリカへ直輸出
 した。 
  新井領一郎(あらいりょういちろう)は、上野国勢多
 郡(現:群馬県桐生市)の農民であったが、
  明治初期に製糸業と生糸貿易の将来性に着目した兄の
 星野長太郎と連携して、日本製生糸の市場開拓のためニ
 ューヨークに渡った。
  直ちに顧客獲得に取り組み、日本初の生糸直輸出を実
 現した。
  有力絹織物業者などとの取引を通して、生糸輸出量の
 飛躍的拡大を図り、また、絶えず高い品質維持を目指し
 品質向上にも努めた。
  そのため、市場からの高い評価と信頼を勝ち取った。
  『ニューヨーク・タイムズ』紙は、「日米生糸貿易の
 創始者」と評した。
  また、やはり、群馬県の星野長太郎(ほしのちょうた
 ろう、実業家、政治家、衆議院議員)は、外国人居留地
 外商を介さず、日本初の日本人による生糸直輸出を実現
 した。
  産業組合結成などにも取り組み、明治期における日本
 製生糸の品質向上と、輸出の飛躍的拡大の先駆者である。
  星野は、群馬県初の日本人の手による民間洋式器械製
 糸所を開設したり、
  実弟をニューヨークへ派遣して、市場開拓・販路を確
 保するなどして生糸直輸出を実現した。
  また、生糸の品質改良を積極的に推進し、伝統的製法
 による改良座繰製糸の普及に努めたりもし、
  模範的製糸業者、また、生糸直輸出運動の指導者と名
 声を高めた。
  1904年(明治37年)に、衆議院議員となり、また、多
 くの公職も歴任し、全国を舞台に活躍し、生糸貿易と蚕
 糸業の発展に貢献した。
  製糸界の元勲ともいわれ、藍綬褒章も受章した。
1876年4月1日、男満20年を成年とする太政官布告
  太政官布告第41号:「自今満弐拾年ヲ以テ丁年ト相定
 候」が出された。
  芸術家の岡本太郎の母の岡本かの子の小説『秋の夜が
 たり』にも書かれたが、男20歳にして丁年(ていねん、
 成年)となり、徴兵対象者となり、大方が戦線へ出て行
 って仕舞ひ、その上まもなく戦死した・・云々と書かれ
 ている様に、男尊女卑からの男満20年を成年とするとい
 意味はもうとう少しもなかった。
  逆に、女性の方々を守った日本という形だった・・女
 性の方々には、銃後の守りを宜しくという考え方だった。
  古来から、日本は女性方を大切にする国柄だった。
  日本国民の総氏神とされる天照大神(あまてらすおお
 みかみ)が、天岩戸に神隠れして日本中が真っ暗になっ
 たという話があるが、
  天照大神を、大日女尊(おおひるめのみこと)、大日
 女(おおひめ)とする神社があるごとく女性とも考えら
 れている。
  大切な女性が隠れて日本中が真っ暗になったという話
 にもなっている。
1876年4月4日、樋口一葉が、裕福で幸せな時・・
  一葉の父則義は、第4大区7小区本郷6丁目5番屋敷(旧
 7小区扱所の置かれた浄土宗法真寺の境内、現文京区本郷
 5丁目26番地)の土地家屋を高橋小四郎から買取り、
  明治14年7月までの5年間を居住。
  (1872年生まれの一葉が4歳~9歳の時で、一葉は、明
 治29年に24歳で没している)。
  一葉が、経済的に最も豊かな時代。
  宅地233坪、屋敷45坪。
  一葉の二階建てのこの建物は、大邸宅の回廊のように
 渡り廊下と縁側で結ばれている。
  二階の窓の障子を開けると、桜の大樹が築山の上に植
 えられている。
  一葉は晩年、幸せな時代を振り返り、その桜の木に因
 んで「桜木の宿」と名づけた。
  樋口家は、甲斐国山梨郡中萩原村重郎原(現:山梨県
 甲州市塩山)の長百姓で、祖父の八左衛門は、一葉が生
 まれる前年に没している。
  祖父は学問を好み、俳諧や狂歌、漢詩に親しんだ人物
 で、江戸の御家人・真下晩菘(専之丞)から江戸の情報
 を知り、横浜開港に際しては、生糸輸出の事業もしてい
 る。
  一葉は後に『にごりえ』で、八左衛門の教養や反骨精
 神を主人公お力の祖父に重ねて描いた。
  父の則義も農業より学問を好んだ。
  妻の多喜(一葉の母)との結婚を許されなかったため、
 駆け落ち同然で江戸に出た。
  則義は、蕃書調所勤番であった晩菘を頼って同所使用
 人となり、1867年(慶応3年)には同心株を買い、運良く
 幕府直参となり、明治維新後には下級役人として士族の
 身分を得て、東京府庁に勤めたが、
  1876年(明治9年)に免職。
  1877年(明治10年)には警視庁の雇となり、
  1880年(明治13年)には、勤めのかたわら闇金融、土
 地家屋の売買に力を入れた。
  職権などで入手した情報などをもとに、不動産の売買・
 斡旋などを副業に生計を立てた。
  一葉の少女時代は、読書好きの子で、上野元黒門町の
 私立青海学校の高等科第四級を首席で卒業した。
  しかし、母の考えから上級には進まなかった。
  父・則義は、娘の文才を見抜き、知人の和田重雄のも
 とで和歌を習わせた。
  1886年(明治19年)、父の旧幕時代の知人である医師
 の遠田澄庵の紹介で、中島歌子の歌塾「萩の舎」に入門
 した。
  ここで、和歌のほか千蔭流の書や古典文学を学び、
  源氏物語などの王朝文学が一葉の初期作品のモチーフ
 になった。
  萩の舎時代に、一葉は、親友の伊東夏子や田辺龍子と
 出会い、素養を積んでから、助手として講義も行った。
  萩の舎は、当時、公家や旧大名などの旧体制、明治政
 府の特権階級の政治家・軍人の夫人や令嬢らが通う歌塾
 だった。
  名家の令嬢であった田辺龍子(三宅花圃)は「思い出の
 人々」という自伝の中で、一葉を語っているが、この時、
 一葉15歳、龍子18歳で、
  後に2人は、萩の舎の二才媛と呼ばれた。
1876年4月、政府が、品川硝子製造所を開設した。
  近代ガラス工業の礎となった品川硝子製造所。
  1873年に、品川興業社・硝子製造所が開設されたこと
 に始まる。
  太政大臣・三条実美の家令(かれい、事務・会計を管
 理し、使用人の監督にあたった人)だった村井三四之助
 は、三条実美の支援により、イギリスから設備を輸入す
 ると共に、トーマス・ウォルトンを招聘し、国内のガラ
 ス職人を採用した。
  しかし、ガラス器の製造は困難で、1876年に、政府に
 買い上げを願い出る。
  品川硝子製造所は、政府の殖産興業政策を受けて、1876
 年に、工部省が興業社を買い上げ、官営の「品川硝子製
 造所」となり、工場の拡大も図った。
  1879年に、英国人ガラス技術者ジェームス・スピード
 らを雇い入れ、板ガラスの製造を目指したものの、これ
 を達成することは技術的に困難だった。
1876年5月9日、上野公園開園式 (明治天皇臨幸)
  東京・上野公園の開園式が行われ、明治天皇陛下も御
 出席された。
  掛け茶屋が取り払われて精養軒・八百善ができ、不忍
 池畔が整備され、桜が植えられた。
  上野公園は博物館所轄となった。
  1873年(明治6年)の太政官布告により日本初の公園に
 指定された。
  太政官布告第16号「三府ヲ始、人民輻輳ノ地ニシテ、
 古来ノ勝区名人ノ旧跡地等是迄群集遊覧ノ場所 東京ニ
 於テハ金龍山浅草寺、東叡山寛永寺境内ノ類、京都ニ於
 テハ八坂社、清水ノ境内、嵐山ノ類、総テ社寺境内除地
 域ハ公有地ノ類、従前高外除地ニ属セル分ハ永ク万人偕
 楽ノ地トシ、公園ト可被相定ニ付、府県ニ於テ右所ヲ択
 ヒ、其景況巨細取調、図面相添ヘ大蔵省ヘ可伺出来」
  ・・と定め、旧社寺地等を接収し、公園としたのが国
 営造物公園の始まり。
  1875年に、上野の寛永寺本坊跡に博物館を開設する方
 針が内定すると、
  博物局は、一帯の整備に着手し、「上野公園貸地条例」
 を定めるとともに、道路の修築拡張、休憩所の修繕、公
 園事務所の設置などを行った。
  そして、公園の整備が一段落した1876年5月9日に、明
 治天皇・皇后両陛下の行幸啓を仰ぎ、開園式が挙行され
 た。
1876年5月10日~11月10日、アメリカ(フィラデルフィア)
 万国博覧会に参加した。
  会場には、8万平方メートルの広大な面積を有する鋳鉄
 構造の本館と、木造の機械館があった。
  会場全体は、これらを含む7つの主要会場と日本館を含
 む250の各国館など、
  それまでに見ないほど多くのパビリオンが作られ、素
 晴らしい景観となって配置されていたが、本館などの建
 築は、開催直前まで完成せず、
  展示品も開催後に到着したものもあった。
  閉幕近くに、集客数は伸びたが、万博全体は大幅の赤
 字に終わった。
  日本の万国博参加は、1862年のロンドン万国博覧会ま
 では、日本を知る外国人の手により、日本の品々が紹介
 されて出品されていた。  
  1867年のパリ万国博覧会で、日本は初めて参加した。
  日本の品々が、日本人の手によって展示されたが、
  ここでは、幕府を中心に、薩摩藩、佐賀藩、そして、
 民間の商人も加わって出品した。
  そして、1873年のウィーン万国博覧会においては、
  明治政府として、一体となった参加がおこなわれた。
  「ジャポニスムのパリにおける盛行を促した大きな動
 因として、1867年のパリ万国博と、それからほぼ10年を
 経て開催された1878年のパリ万国博への日本の参加があ
 った。
  そして、これら二つのパリ万国博覧会は、ジャポニス
 ムにとって重要な意味を持った。
  これらの万国博覧会の間に開催された万国博が、ウィ
 ーン万国博覧会とフィラデルフィア万国博覧会であった。
  欧米の日本愛好家にとって注目に値する万国博覧会だ
 った。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-04-19 02:02 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)334E1/3:気になった事柄を集めた年表(1876年1月~1876年3月)

題:(増補版)334E1/3:気になった事柄を集めた年表(1876年1月~1876年3月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1876年1月14日、千島に占守郡(しゅむしゅぐん)などが設置
 され、千島国となった。
  因みに1878年8月に、占守島の千島アイヌ(首長アレキ
 サンドル・プリチンまたはチェルヌイ)が、日本国籍を
 取得した。
  そして、1879年9月9日(明治12年7月23日)に、郡区町
 村編制法の北海道での施行により、行政区画としての占
 守郡が発足した。
1876年1月23日(12月27日)明治天皇陛下が、雜司谷村に陸
 軍び御閲兵をされた。
1876年1月27日、警視庁が、売淫罰則を制定した(法令類纂・
 巻之63,法令全書)
  1872年に、娼妓解放令が出されていた。
  1876年のこの布達で罰則が決められた。
  (1872年明治5年太政官布告第295号)
  人身売買ヲ禁シ諸奉公人年限ヲ定メ芸娼妓ヲ解放シ之
 ニ付テノ貸借訴訟ハ取上トス 一 人身ヲ売買致シ終身又
 ハ年期ヲ限リ其主人ノ存意ニ任セ虐使致シ候ハ人倫ニ背
 キ有マシキ事ニ付古来制禁ノ処従来年期奉公等種々ノ名
 目ヲ以テ奉公住為致其実売買同様ノ所業ニ至リ以ノ外ノ
 事ニ付自今可為厳禁事
  (売淫罰則)
  警視庁第23号 1876年明治9年1月27日
  売淫罰則左ノ通相定候条此嘗各区ヘ可相達候事
  第一条 凡ソ許可ヲ得スシテ売淫ヲ為シ及ヒ媒号容止
    スル者初犯ハ拾円以内再犯以上ハ弐拾円以内窩主
    初犯ハ拾五円以内再犯以上ハ三拾円以内之罰金ヲ
    科ス
    但シ父母等ノ指令ヲナス者ハ其罰ヲ指令者ニ科ス
1876年、恤救規則(じゅっきゅうきそく、救貧法)論議盛ん
  明治新政権は、それまで幕府や藩などで実施していた
 救貧政策を、
  1874年(明治7年)に、明治政府の太政官達162号によ
 って布達された慈恵的(じけい、慈愛の心をもって他に
 恵みを施すこと)な貧民救済制度。
  済貧恤救は人民相互(共同体的性格による救済)の情
 誼によるべしとし、それで救済できない貧困者や70歳以
 上の労働不能の者、障害者、病人、13歳以下の児童等に
 一定の米代を支給することを定めた。
  「極貧ノ者独身ニテ廃疾ニ罹リ産業ヲ営ム能ハサル者」
 「独身ニテ七十年以上ノ者重病或ハ老衰シテ産業ヲ営ム
 能ハサル者」「独身ニテ疾病ニ罹リ産業ヲ営ム能ハサル
 者」「独身ニテ十三年以下ノ者」
  給付は現物(米)から現金給付(米代等)へ
  1931年(昭和6年)救護法制定とともに廃止。
  因みに、明治政府の要人(大久保)は、イギリスのマ
 ルサス主義な救貧法批判は知っていた(岩倉遣外使節と
 して学んで来ていた)。
  その論理は、パターナリズムに代表される貧困層への
 チャリティーの考えは効果がなく、膨大な貧困層の増加
 をもたらすだけであるとの推論から導かれており、
  1834年の新救貧法に体現される給付の縮小というホイ
 ッグ党の経済学の考え方に発展した。
  反対者たちは、「マルサスの法案は、貧困層が海外に
 移住し、低賃金で働き、粗末な種類の食物での生活を余
 儀なくするように考案された」と述べた。
  貧困層の暴動や放火を招いた。
1876年1月(12月)斉藤一諾斎(さいとういちだくさい62歳)
 が没した。
  武蔵国江戸出身。幕臣の家に生まれる。
  1818年(6歳)の頃、浅草今戸の潮江院にて出家。駒込
 吉祥寺の僧となり、甲斐国山梨郡など、各地の住職を歴
 任した。
  1868年3月に、甲陽鎮撫隊(新選組)が甲州へ訪れると、
 56歳にして入隊。
  甲州勝沼の戦いに敗れた後は、土方と共に宇都宮・会
 津への転戦し、仙台で新政府軍に降伏した。
  釈放後、多摩郡中野村(現、八王子市由木中野)に定
 住して学校を設立。
  土方家、近藤家、佐藤家と深い交流を持った。
1876年2月2日、大阪の大火(道頓堀芝居小屋より発火、16
 街道に延焼(「大西芝居の火事」)
1876年2月20日、大阪毎日新聞が創刊された。
1876年2月20日、東京府王子村(現、北区)に、最初の洋紙
 専門工場が建てられた(現在の王子製紙)
1876年2月26日、日朝修好條規(江華嶋條約)
  日朝修好条規(にっちょうしゅうこうじょうき)が調
 印され、効力が発生した。
  全12款からなり、日本と李氏朝鮮との間で締結された。
  朝鮮が清朝の冊封から独立した国家主権をもつ独立国
 だと明記した。
  李氏朝鮮が、それまで世界とは限定的な国交しか持た
 なかったが、開国する契機となった。
  この条約を契機にして、アメリカ・イギリス・ドイツ・
 フランス・ロシアと似たような内容の条約を締結した。
  これを契機に、李氏朝鮮は、世界の資本主義の中へ入
 って行った。
  この頃は、アメリカ・西欧列強が弱肉強食を旨として
 浸透してくる時期だった。
  1866年には、フランスが、キリスト教が関係する丙寅
 迫害の報復として、軍艦7隻・総兵力1000人で、朝鮮の江
 華島を攻撃・占領する丙寅洋擾が発生したり、
  1871年には、アメリカ合衆国が、ジェネラル・シャー
 マン号事件(1866年発生)の報復として、軍艦5隻・総兵
 力1200人・艦砲85門で、朝鮮の江華島に攻撃・占領を行
 なわれたり、いい様にやられていた(辛未洋擾)。
  日本との条約の主な内容は、外交使節の相互派遣、釜
 山などの2つの港の開港、開港場での日本領事の領事裁判
 権を規定。
  修好は、国家と国家とが親しく交流するという意。
  これを機に、朝鮮のエリート官僚が、次々と日本に来
 て、進展した日本を学んだ。
  また、日本の指導者たちも、朝鮮の独立の大切さと必
 要性を指導し、また、朝鮮近代化を説いた。
  加那大学の崔基鎬(チェケイホ)教授が、本「日韓併
 合」で以下の様な事を書いている。
  朝鮮の李朝成立後、484年が過ぎた1876年2月に結ばれ
 た「日朝修好条規」は全文12条からなる。
  この修好条規の第1条に「朝鮮国は自主の国」とあるこ
 とは、極めて重要な意義を持つ。
  1392年の李朝開国は、高麗の重臣であった李成桂(り
 せいけい)が、明との戦いで遼東(りょうとう)地方奪
 回に出陣し、秘かに敵と通じて、威化島(いかとう、鴨
 緑江・おうりょっこう下流の島)で軍を翻し(回軍)、
  逆に、時の高麗王(禑王・ぐおう)と上官の崔瑩(さ
 いえい、総理兼参謀総長)将軍を殺し、政権を簒奪(さ
 んだつ)した結果によるもので、
  敵国であった明の協力で打ち立てた国であるから、そ
 の後の李朝が明の隷属国家に転落したのは必然だった。
  国民は奴隷民族化され、私有財産も没収された。
  李朝は専制王権制度に体制を変え、朝鮮民族が古代か
 ら高麗に至るまで連綿と持ち続けた国際的自尊心を放棄
 させられ、明の属国としての堕落が始まった。
  この様な環境の中で、階級制度は固定化し、創意工夫
 の精神は圧殺された。
  こうして李朝は、搾取(さくしゅ)と虐政(ぎゃくせ
 い)の中にあり、国王は名ばかりで何ら政策も施さず、
 その政府には国家の予算案すら存在しないという無軌道
 ぶりだった。
  いわば民衆は無政府状態の置かれていたのだった。
  それを考えると、「日朝修好条規」第一条の「朝鮮国
 は自主の国」との言葉の持つ意味の重大さが分かってく
 る。
  だが、清と朝鮮との主従関係を断ち切ろうとした日本
 の狙いは、実際には実現にほど遠く、清の保護下にある
 李朝の専横は変わることなく、民衆は相も代わらず、塗
 炭の苦しみを味わい続けていた。
  近代化と自主独立の道を拒否し続ける李朝の存在は、
 東アジアの情勢に不穏な種を宿していた。
  李朝は1897年、国号を「大韓帝国」と改め、年号を「
 光武」とした。
  王を皇帝と称し、表面的には510余年ぶりに明・清の束
 縛を脱し、独立国家を形成したが、実態は変わるところ
 がなかった。
  1904年、日清戦争に次いで日露戦争を控えた日本は、
 こうした朝鮮の惨状を見かねて目賀田種太郎(めがたた
 ねたろう、1853年~1926年)を財政顧問として派遣し、
 日本からの財政支援をもとに、李朝をまともな国として
 立て直すという体制がようやく緒(ちょ)につくことに
 なった。
  目賀田政顧問と総監府は、朝鮮の歳入不足分を補てん
 するために、日本国民の税金から、大韓帝国政府に無利
 子、無期限の資金「立替え」を実施した。
  また、そのほか、直接支出で援助した。
  例えば、1907年度で、朝鮮の国家歳入は748万円しかな
 く、必要な歳出は3000万円以上であったから、その差額
 は全額日本が負担した。
  1908年度には、これがさらに増えて、合計3100万円と
 いう巨額の資金を日本は支出した。
1876年3月2日、新聞号外の始まり
  東京日日新聞社より、朝鮮問題談判の平和落着を急報
 のため号外が発行された。
1876年3月12日、土曜半休、日曜休日制を公官庁で実施
  太政官布告により、官庁や学校は1、6の休日を廃し、
 日曜が休み、土曜日が半休(半ドン)に決まった。
  (なお、振替休日は1973・4・6に立法化)
  1・6日制が改正され、欧米にならって、官公庁の"土
 曜日半日制"、"日曜休日制"に改正された。
  それまでは、"1の日"と、"6の日"を休日としていたが、
 これだと、外国との付き合いに不具合が生じるからと、
  "週休制"にして、"日曜日"が休みになり、土曜日が半
 休となった。
  土曜が半分休みになることを「半ドン」と言っていた
 が、これは、皇居で、今の時報のような時間を知らせる
 大砲「午砲(ごほう)」がドンと撃たれていて、これが、
 ちょうど"正午"を知らせるものだったことから、ドンと
 鳴ったら仕事も終り・・・と「半ドン」となった。
1876年3月15日、植木枝盛が、「民権自由論」などで専制政
 府を攻撃し、筆禍事件となり逮捕された。
1876年3月21日、水交社(すいこうしゃ)が、芝山内に創立
 された。
  旧日本海軍の将校の懇親、研究、共済団体。社団法人。
1876年3月25日、大阪に、書籍館(しょじゃくかん)が設置
 された。
  東京都文京区の湯島聖堂内にあった図書館。
1876年3月28日、「帯刀禁止令(廃刀令)」 公布
  大礼服着用者、軍人、警察官以外の帯刀を禁ずる法令。
  太政官布告第38号「大禮服竝ニ軍人警察官吏等制服著
 用ノ外帶刀禁止」
  廃藩置県の直後、政府は、散髪脱刀令(1871)を発し
 て礼式以外は脱刀してもよいとした。
  しかし、士族のなかでは帯刀する者も多く、
  徴兵令施行(1873年)以後、国家治安にとって士族の
 帯刀は不都合だとして、
  1875年に、陸軍卿(きょう)・山県有朋(やまがたありと
 も)は、軍人以外の帯刀禁止を政府に建言し、
  翌年・1876年に、帯刀禁止令発布となった
  これによって、士族の封建的諸特権はことごとく奪わ
 れ、神風連(しんぷうれん)の乱のような不平士族の反乱
 が起こる。
  アイデンティテーの否定であったが・・、
  アメリカ合衆国も、当然の事であるが、「銃社会から
 脱するべきである」(遅れた国アメリカ)
  100年を大きく超える以前に、日本はこの様に放棄した。、
  また、秀吉の「刀狩り」を入れれば、気が遠くなるほ
 どの以前に・・すでに・・
  『日本国民は、武器の所有を放棄していた』。
(追伸)射殺された日本の若者。
  今・現在においても、卑劣なことにアメリカで、
  日本の若者が、ハロウィンの日に、ハロウィンの服装
 をして、ある白人のアメリカ人の家を訪れた時、
  そうしたら、射殺されてしまった。
  全く卑劣な行為である。
  ハロウィンの日に、ハロウィンの服装で訪れるのは、
 当たり前でしょう? 普通でしょう?
  警告もなく、
  また、射殺する行為に対して、何等の罪悪感もなく、
 安易に、まったく安易に、日本の若者の命は奪われた。
  安易に銃が使われた。
 (また、この白人・アメリカ人の悪意は、足などを狙わ
 ずに、心臓を撃ち抜くところにあった)
  その後についても、よくある様に、いつもの様に、こ
 のアメリカの白人に対して、
  なんだかんだと、自分たちだけに都合の良い理屈が付
 けられて、何らの罪には・・問われなかった。
  よく黒人の方たちが、アメリカで、これと同じ様な「
 仕打ちを受けて」、抗議行動をしているが・・、
  まったく、この時も、白人・アメリカ人の罪は、何に
 も問われなかった。
  無罪だった。こんな事がある訳はない・・、
  殺された被害者が有色人種の場合、そして、行為者が
 白人の場合、いつもの様な無罪となった。
  残念ながら、こうなると予想した。
  「この様にならないでくれよ」と思いながらも、無罪
 となってしまった・・
  憤りが・・、今回もそうだったかと、心の湧いた。
  沖縄の場合でもそうだった。
  沖縄で起きた事件でも、まったくこれと同じような悔
 しさを味わわされて来た。
  今回のこの場合もそうなると予想されたが、まったく
 予想通りとなった。
  キリスト教の最高ポジションにいる人が、南米の現地
 から、先住民のインディオの方たちと遭遇した時、
  派遣された現地から、キリスト教の最高責任者へ、「
 この先住民をどのように扱えばよいか?」の問い合わせ
 が来た・・この問い合わせに対して、
  「人間ではない」・・と、このキリスト教の最高責任
 者は答えた。
  ひどい話ではないか。
  キリスト教の教義である「有色人種蔑視」。
  この問い合わせに対する返事から、この答えから、イ
 ンディオの方たちへの殺戮が始まった。
  50年にも及ぶ「大大殺戮(さつりく)」がスペイン・
 キリスト教国によって行われた。
  この行為は、この50年という超長期に、アメリカ新
 大陸の隅々にまで、この大悪事はおよび、行われた。
  このキリスト教の最高部署から出た「人間ではない」
 という殺戮指示によって、
  インディオの方々が、1000万人を超すという驚愕
 する様な多くの方々が・・殺されてしまった。
  一緒にこの殺戮行為に加わったキリスト教宣教師・・、
  また、インディオの方々の金銀・黄金の財貨を奪う行
 為も行なったキリスト教宣教師は、50年もの悪事をし
 てから後に、やっと気付く、
  「このままでは天に召されない」と。
  キリスト教宣教師は、50年もの悪事の後に、「このま
 までは天に召されない」と、本国に、この悪時の事を話
 に行く。
  キリスト教の教義による指示によって、今までやって
 来たことは間違いだと・・やっと気付いた。
  そもそも、この様な「隠れたキリスト教の悪教義」が
 あるキリスト教を信じ、そして、キリスト教のその教義
 による行為を行ったところに、
  「このままだと、天に召されない」という理由が、あ
 るのだ。
  自分だけが、天に、たとえ、召されたって、殺された、
 亡くなったインディオの方々は帰って来ない。
  「自分だけ良ければよい」のキリスト教の理念が、こ
 の話にも出ている。
  キリスト教は、このところを、「(キリスト教の)神
 の義があれば、良い」と言い、
  キリスト教信徒の方々を洗脳し、マインド・コントロ
 ールし、繰って来ている。
  「キリスト教を離れなさい」。
  知らず知らず、交わっていると・・、
  この点に、この様な恐ろしい点に気づかず、違和感を
 持たなくなってしまいます。
  キリスト教との関わりから離れなさい。
  今でも、キリスト教は、皆様の見えない形で、「こと」
 を行っていますが、
  目先の利益などで判断し、関わってしまうようなこと
 がないように・・、
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-04-17 02:27 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)333E1/3:気になった事柄を集めた年表(1876年1月~1876年1月)

題:(増補版)333E1/3:気になった事柄を集めた年表(1876年1月~1876年1月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1876年(明治5年~明治6年)出来事:
・経済および景気が順調。
   製糸業が盛況、生糸の大当たりと洋銀の相場下落に
 よる。
・東京・本所柳原(現=江東区江東橋1丁目)で「新燧社」
 が設立され、マッチの製造が始まる。
・ベルツ来日、ドイツ人の医師ベルツ博士がて来日して東
 京医学学校(東大医学部の前身)の教授として着任した。
  生理学、病理学、産婦人科学、精神医学などを講義し、
 みずらかも診療にあたった。
  また、温泉の効用を調べ転地療養に活用し、近代温泉
 医学の祖といわれた。  秘湯・名湯「草津温泉」
・東京~塩釜間の水準測量を開始。1877年に終了した。
・ 「大阪日報」(のちの大阪毎日新聞) が創刊された。
・「郵便報知」に記載された記事によると・・
  条例のため、新聞記事も○○論など、伏字がふえた。
 それに便乗し「○○亭」という寄席ができた。
1876年、流行:
・貸し自転車が登場した。
  東京下谷広小路の水茶屋で、1巡=1銭5厘で三輪自転車
 を貸し出した。
・ラムネ(飲み物)が流行した。
  ラムネは、炭酸水にレモン香料と砂糖で風味をつけた
 日本独特の清涼飲料で、ガラス玉の入った特殊な瓶に詰
 め、ガラス玉がガス圧により持ち上げられて密栓をする
 ようになっている。
・東京で藤八拳、玉突が流行。
  藤八拳は、二人が相対し、両手を開いて耳のあたりに
 上げるのを狐、ひざの上に置くのを庄屋、左手を前に突
 き出すのを鉄砲(または狩人)と定め、狐は庄屋に、庄
 屋は鉄砲に、鉄砲は狐にそれぞれ勝つ。狐拳 (きつねけ
 ん) 。
  玉突は、ビリヤードのこと。
1876年、データ:
・この年の兵役免役者率=全国平均82%、兵役を免除される
 率が82%だった。
  政府にとって、常備兵の人員を確保する事は重要な事
 なのであるが、
  兵役不適格者・徴集不能者は、徴兵検査をやってみな
 ければ分からない事で、検査会場で初めて明らかになる
 事だった。
  1875年は、77.3%の徴収不能者(検査落ち)となった。
  因みに、常備兵の人員徴集率は、1875年(88.0%)、
 1876年(48.2%)、1877年(59.1%)、1878年(77.7%)、
 1879年(79.7%)で、
  徴集候補者中の約5割弱(1876年)から8割弱(1879年)
 の人員確保となった。
  上記の様に、計画人員を満たす事は出来ていなかった。
1876年、本:
・ 「写真新文」 創刊。
  東京で初の写真雑誌の創刊だった。
・ 修史局の編纂による 「明治史要」
  修史局(しゅうじきょく)は、官立の国史編纂所。
  明治史要(めいじしよう)は、1867年10月14日の大政
 奉還から、1882年12月30日までの史実の綱文(こうぶん)
 と典拠史料名を、編年体で日を追って記した史書
・ライマン 「日本蝦夷地質要略之図」
  B.S.ライマンは、日本地質学の偉大な恩人と言わ
 れている。
  門弟たちと言語に絶する艱難辛苦を重ね、3年に及ぶ北
 海度の全島調査をした。
  この調査は、地質調査だったが、地形測量の地図作成
 という難行(道なき道を進む苛烈なもの)だった。
  石狩炭田の発見もしている。
  そして、この年、1876年5月10日に、この本を刊行し、
 日本地質学史に金字塔を打ち立てたと讃えられている。
  この5月10日は「地質の日」に制定し、ライマンの業績
 を偲ぶ日となっている。
1876年、衣:
・士族の廃刀令を発布した。
1876年、食:
・内務省が、甜菜種子を輸入し、東北・北陸諸県に配った。
  甜菜は「てんさい」のこと。
  別名:サトウダイコンで、根から作った砂糖を甜菜糖(
 てんさいとう)という。
  今でも北海道では製糖原料用の甜菜を作っているが、
 その種子の7割がヨーロッパ産で、国内産は3割となって
 いる。
・工部省が、品川にガラス製造所を設け、食器その他の製
 造をはじめた。
  この工部省品川硝子製造所(登録有形文化財)は、今、
 明治村にある。
  1873年(明治6年)、イギリス人技術者を雇い入れて、
 品川興業社硝子製造所が開設された。
  1876年(明治9年)、工部省は、この製造所を買い上げ
 て官営とし、その後この建物等が建てられた。
  壁体は、レンガ造イギリス積、屋根は瓦を葺き。
  開口部はアーチ式のものが主体。
  工部省は、日本に近代工業を根付かせ、その発展を図
 るために1870年(明治3年)設置され、目的は極めて広く、
 鉄道、土木、燈台、造船、電信、製鉄などの実技面から、
 工学技術教育に至るまで網羅された。
  早急な育成のため、設備、技術者など必要なもの一切
 を導入する方針がとられ、各地に多業種の工場が建設さ
 れ、多数のお雇い外人が来日し、指導に当たった。
  この硝子製造所でも、イギリスのガラス工ウォルトン、
 スピートなどが指導に当たり、フリントガラスの製造設
 備をもって、食器など日用ガラス器の製作をした。
・札幌ビール製造所創立
  政府の開拓使が、北海道札幌市に札幌麦酒醸造所を設
 立し、「冷製札幌ビール」を製造した。
  この商品に由来して、現:サッポロビールがある。
・熱海で湯治客に牛乳を売り出した。
1876年、住:
・東京府にガス局が新設された。
  日本で、ガス事業の立ち上げに関わってくる人物は、
 高島嘉右衛門、フランス人のアンリ・プレグラン、渋沢
 栄一の3人。
  イギリスから遅れること60年、1872年(明治5年)に、
 横浜に工場を作り、ガス灯を立て、照明として始まった。
  高島嘉右衛門は学校を作ったり、鉄道建設に力を尽く
 したりしている実業家。
  また、新橋や横浜の駅舎を作ったり、横浜の町に洋風
 建物を作ったりした。
  この時に協力したのが清水建設の創業者の清水喜助。
  アンリ・プレグランは日本に来る前、上海でガス事業
 を興す事もしていた。
  その実績から日本に招かれ、横浜と東京にガス事業を
 興した。
  ガス灯を灯す時も、日本に資材がないので、プレグラ
 ンはイギリスやフランスへ資材の買い付けに行ったりし
 て苦労した。
  この時に、高島が東京府に話を持ち掛け、共にやる事
 になり、東京の資材も一緒に買って来た。
  この時に東京府に江戸時代から江戸の町民が積み立て
 ていた七分積金という資金が残っており、その資金が使
 われたという。
  この様ないきさつから、東京に1874年(明治7年)に、
 ガス事業を興して始まった。
  1876年(明治9年)に七分積金を出した東京会議所がな
 くなり、この事業が東京府に引き渡され、東京府ガス局
 という公営事業となった。
  ガス事業は、その後発展し、民間会社でもやって行け
 る状況となり、1885年(明治18年)に、民間会社に払い
 下げられた。
・和製の手押し水汲ポンプ販売の新聞広告が出る。
1876年、その他:
・野口英世が生まれた。
・日曜日を休み、土曜日午後を休暇とする
・大阪で火葬場を新設開場する
・京都~大阪間鉄道開通
  明治期のアジアは、日本やタイ王国などの一部を除い
 て欧米列強諸国による植民地化が進んでいた。
  明治政府は、植民地化の回避のために富国強兵策を推
 し進め、近代国家の建設を掲げた。
  西洋を範とした近代化を目に見える形とするため、
  大隈重信・伊藤博文らは、鉄道の建設を主眼とした。
  ( 明治政府による、鉄道建設の決定は、1870年(明
 治3年)だった)
  これまで日本は、海上交通(海運)が栄えていたもの
 の、貨物・人員の輸送量が増えて、陸上交通においても
 効率化を図る必要があった。
  初め、東京~京都・大阪・神戸の間の、日本を支える
 三府を結ぶ路線と、
  日本海側の貿易都市である敦賀へ、米原から分岐して
 至る路線を敷設しようとした。
  しかし、この頃、版籍奉還から廃藩置県に至る政治に
 伴い、政府は、約2400万両(現在の価値でおよそ5600億
 円)もの各藩負債を肩代わりしていた。
  そのため、建設予算が下りなかった。
  民間からの資本を入れてでも、建設をおこなうべきと
 いう声もあった。
  そこで、モデル的に鉄道を見せる必要もあって、首都
 である東京と横浜間の29kmの敷設が、1869年(明治2年)
 に決定し、
  品川駅~横浜駅(現・桜木町駅)までの仮開業を1872
 年6月12日にした。
  そして、追って10月15日に新橋駅(後の汐留駅)~横
 浜駅(現・桜木町駅)が正式開業した。
  開業式は、9月12日に、新橋と横浜の両駅で行われた。
  すでに、仮営業中のこの鉄道を利用されていた明治天
 皇陛下は、式にあたって「我国ノ富盛ヲ期シ百官万民ノ
 為メニ之ヲ祝ス」と、富国への鉄道への大きな期待を述
 べられた。
  当時、人々は、この鉄道を「陸蒸気(おかじょうき)」
 と呼んだ。
  当時の運賃は、かなり高かったが、新橋~横浜間で、
 下等が当時の汽船、中等が人力車運賃を少し上回る金額
 だった。
  しかし、新橋~横浜間の片道所要時間が53分と、
 それまでの、徒歩で約10時間、人力車で6~7時間、汽船
 で3-4時間に比べ、画期的な速さであった。
  このことから乗車率は非常に高かった。
  また、この時間の短縮だけでなく、翌年から貨物の輸
 送もされて物流を大きく改善し、良さが見直された。
  しかし、財政資金難から次の鉄道建設ができなかった。
  東京~京都間を結ぶ幹線鉄道の建設は、統一国家の象
 徴として、早い時期から、当初から構想されていた。
  その経路検討に於いて、水陸交通に恵まれた東海道よ
 りも、開発の遅れている中仙道をという意見があった。
  また、外敵に対する防衛上の理由から、軍の意向もあ
 って、中山道ルートが先行した。
  しかし、中部山岳地帯への敷設は、予想以上のが難工
 事が予測できたため、東海道ルートに変更された。
  1874年(明治7年)5月11日、日本で2番目の鉄道として、
 大阪駅~神戸駅間が開業した。
  開業当初の途中駅は、西ノ宮駅と三ノ宮駅だけだった。
  当時の三ノ宮駅は、居留地が近かったため設けられた。
  この翌月に、住吉と神埼(現尼崎)が開業した。
  神戸~旧三ノ宮間は、当初から複線(日本初の複線)
 であり、他の区間は単線で、すべて地上に敷設された。
  天井川の石屋川、住吉川、芦屋川は、川底トンネルを
 掘った。
  石屋川の川底トンネルは、日本で最初の鉄道トンネル
 である。
  この時の神戸駅舎は、英国風レンガ造り平屋建て。
  この建設には、イギリスで募集した外債の一部をあて
 たが足りず、政府資金で補った。
  そして、大阪から京都への線路延伸に3年を要した。
  資金部族の中、1874年(明治7年)6月1日に、神崎駅
 (現在の尼崎駅)、住吉駅が開業した。
・東京府立病院内に、産婆教授所設立事業が開始された。
・国道・県道・里道の制が施行された。
  太政官布告第60号により、道路は、国道・県道・里道
 の3種類に分けられ、
  江戸時代以来の主要な街道は、国道に指定されて番号
 が付けられた。
・秀英舎・三井物産・三井銀行などが設立された。
・[独]オットーが内燃機関を発明した。
1876年1月9日(12月13日)日本陸戦隊が、朝鮮軍民と釜山
 で衝突した。
1876年1月12日、医術開業試験法(いじゅつかいぎょうしけ
 んほう)が制定された。
  医師の開業試験で、1916年まで行われた。
  医術開業試験は、西洋医学の知識を問う問題が出題さ
 れた。
  それまでは、医師といえば、医師は漢方医が主流であ
 った。
  しかし、この医術開業試験の導入により、新規に開業
 する医師は、西洋医学の知識が必須となった。
  これは、近代日本での医師の西洋化において画期的な
 ことだった。
1876年1月13日、この日に記録されたマイナス9.2度が東京
 の最低気温。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-04-16 04:04 | 皆様とともに 幸せになりたい

(増補版)332E1/3:気になった事柄を集めた年表(1875年10月~1875年12月)

題:(増補版)332E1/3:気になった事柄を集めた年表(1875年10月~1875年12月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1875年10月31日(明治8年10月3日)明治天皇陛下、朝鮮処
 分意見を奏聞(そうもん、天子に申し上げること)。
1875年11月1日(10月4日)明治政府が、国税として煙草税
 を創設した。
  この年に雑税整理を行なった。
  雑税整理は、幕府の時代から続く各地の約1500種類の
 雑税を全国的に整理し、国税と地方税の区別に先鞭をつ
 けた税制改革だった。
  この雑税整理に伴って煙草税則が公布され、翌年に施
 行された。
  これまでは、煙草は各地で独自に課税されていた。
  これまで税が地租に偏り過ぎていたために煙草税が創
 設された(租税収入の8割が地租だった)
1875年11月1日、仮名垣魯文(編集)の『仮名読新聞(かな
 よみしんぶん)』が横浜で創刊された。
  明治時代初期の代表的小新聞で横浜毎日新聞会社(現
 :毎日新聞社)の創刊。
  魯文の「猫々(みょうみょう)奇聞」など、軽妙洒脱(し
 ゃだつ)な筆で人気を集めた。
  1877年3月から東京に進出した。
1875年11月14日、明六雑誌が停刊した。全43号。
  福沢諭吉らが、出版への圧力に抗議して、『明六雑誌』
 を自主廃刊した。
  定価:3銭~5銭(頁数により異なる)
  月に平均2回ないし3回刊行、
  使用紙:和紙(雁皮紙)
  発行部数:毎号平均3205冊余発行(2840冊説あり)
  サイズ:17センチ×12センチ(B6版相当)または、21
 センチ×14.5センチ(A5版相当)、12頁~24頁。
  因みに、「演説」は福沢の作った言葉、
  変な和製英語のカタカナ語の多い現在であるが、福沢
 のこれらの功績は大きい。
  「個人」という訳語の定着もこの頃。
  明六雑誌は、「人々」「各個」「奴隷根情」などの訳
 語を多く、世に送り出した。
  この様な英傑が、今は居ないことを憂える。
  特に、ラジオの株の放送は、意味不明の和製英語のカ
 タカナ語の連続で、株主への説明だと称して、説明にな
 っていない状況となっている。
1875年11月22日(10月25日)征韓論で、板垣退助・後藤象
 二郎らが参議を辞職 した。
  板垣退助は、1875年に参議に復帰し大阪会議に参加し
 たが、間もなく辞職して自由民権運動を推進した。
  後藤象二郎は、1873年に、征韓論争に敗れて板垣退助、
 西郷隆盛らと共に下野した(明治六年政変)。
  その後、板垣や江藤新平・副島種臣らと共に愛国公党
 を結成し、
  1874年、民撰議院設立建白書署名の1人となった。
  そして、1874年に、実業界に転身して商社「蓬莱社」
 を設立した。
  約55万円で、政府から高島炭鉱の払い下げを受けて経
 営に乗り出したが、
  1881年に、放漫経営のため破綻し、福澤諭吉の要請で
 三菱の岩崎弥太郎に売却したりした。
1875年11月24日、阿部信行(あべのぶゆき、陸軍大将、内閣
 総理大臣)が金沢で生まれた。
  第二次世界大戦の終戦間際の最後の朝鮮総督であり、
 日本統治終了以後の朝鮮半島が、無政府状態に陥るのを
 恐れ、民衆保護のために第17方面軍司令官・上月良夫と
 ともに朝鮮へ自治権を与え、朝鮮人民共和国を成立させ
 た。
1875年11月28日、勝海舟、願いにより本官免ず。
  勝海舟が、元老院議官になったが、ほどなく止め、著
 述に専念した。
  氷川清話には・・
  この頃より、氷川の小室に起臥(きが、起きる事と寝
 ること。また、生活すること)し、
  内は、旧主家の家政に注意し、
  外は、窮生(きゅう、貧しい、困窮した)を救い過激
 を鎮撫し、余暇著述に心を寄せ20余年を送る。
  その間、流行の転地旅行もせず、又、官民貴賤を分か
 たず来客と会い、中外(ちゅうがい、うちとそと)の事
 情を詳にし、貢献(こうけん、ある事や人のために、自
 分の持っている力をできる限り出して、力になること)
 する所少なからず(氷川清話)
1875年11月29日、最初の女子師範学校、東京で1874年に開
 校し、1885年に、東京師範学校への統合された。
  東京女子師範学校 :1874年に設立された官立師範学校。
  1885年の東京師範学校への統合を経て、
  1890年に「女子高等師範学校」として分離・改組、
  1908年、東京女子高等師範学校に改称された。
  現在のお茶の水女子大学の旧制前身校。
  お茶の水女子大学のホームページには、1875年11月29
 日に、「東京女子師範学校」として設立と記されている。
1875年11月29日、新島襄が、京都に同志社を開校した。
  新島襄が、京都寺町に官許同志社英学校を開校する。
  京都府知事槇村正直、府顧問 山本覚馬の賛同を得た。
  上京第22区寺町通丸太町上ル松蔭町18番地高松保実邸
 の半分を借りた校舎。
  教員は新島襄とJ.D.デイヴィスの2名。生徒8人であっ
 た。
  新島襄初代社長に就任。
1875年12月2日(11月5日)イギリス公使が、小笠原諸島を
 日本領と認めた。
  1861年12月17日(文久元年11月16日)、幕府は、列国
 公使に小笠原の開拓を通告した。
  1862年1月(文久元年12月)、外国奉行・水野忠徳の
 一行が咸臨丸で小笠原に派遣された。
  1862年1月18日、咸臨丸は二見湾に投錨した。
  1875年12月21日(明治8年)明治丸が父島へ行く。
  1876年の明治政府による領有宣言。
  内務省所轄とし、日本の統治を各国に通告した。
  1882年(明治15年)居住していた20戸72人全員が、帰
 化し日本人となる。
1875年12月7日(11月10日)千島樺太交換条約が成立し、公
 布された。
1875年12月14日(11月17日)東京米倉の浅草文庫が公開さ
 れた。
1875年12月24日(11月27日)最初の鉄道用鉄橋を六郷川に
 架設竣工、この日、開通式(工費34万円、英国セルヴィ
 ントル監督)
1875年2月、フランス 「第三共和国憲法」 が制定された。
  第三共和政下で、議会の多数派が多くの政党・政派の
 離合集散によって不安定であった。
  そのため、内閣の変動は著しく、この共和政の存続70
 年間に合計108回もの内閣の改造・更迭があった。
  政治の実権は、官僚が握り、さらに、政治を基本的に
 動かすものは政治家・官僚と結び付く大金融資本であっ
 た。
  第三共和政は、ブルジョアジーの優位性をまず保障し
 た。
  そして、社会的不平等を存在するままにした。
  しかし、下級市民層の青年にも昇進の可能性を与え、
  1882年の非宗教的無料初等義務教育法の制定以来、広
 くフランス民衆の中に共和主義的意識を定着させた。
1875年3月3日、歌劇「カルメン」が、パリで初演された。
  カルメンは、フランスか激の代表作として世界的に人
 気があるが・・、
  この時、パリのオペラ=コミック座で初演された時は、
 不評であった。
  作曲家のジョルジュ・ビゼーは、初演から間もなくに
 死去した。
  初演後、エルネスト・ギローにより台詞をレチタティ
 ーヴォに改作されて上演され、人気を博すようになった。
1875年5月1日(3月26日)李承晩が生誕(黄海道・京城北
 方の農村)。
  家は両班(りょうはん・やんばん・りゃんばん) だっ
 た。
  両班は、民衆搾取の身分と言われている。
1875年8月25日ドーバー海峡初横断。
  記録に残っている中で最初にドーバー海峡を泳いで渡
 ったのは1875年8月25日、イギリスのドーバーを出発し21
 時間45分掛かって8月25日フランスのカレーに到着した
 イギリス人男性マシュー・ウェッブである。
1875年12月(11月)イギリスが、スエズ運河の実権を握る。
  イギリスは、スエズ運河を奪ったも同然な価格でエジ
 プトから手に入れた。
  スエズ運河の株は4000万円にした。
  フランス人が作っているときには、イギリスは、悪辣
 な方法で妨害し、出来ると自分のものにした。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-04-14 04:04 | 皆様とともに 幸せになりたい


はじめまして、ブログを始めさせていただきました


by suba28

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
悲惨な戦争を無くしたい
悲惨な戦争を無くせないので
皆様とともに 幸せになりたい
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

(増補版)568E2/3:1..
at 2017-12-12 04:34
(増補版)567E2/3:1..
at 2017-12-01 06:18
(増補版)566E2/3:1..
at 2017-11-22 06:21
(増補版)565E2/3:1..
at 2017-11-17 06:01
(増補版)564E2/3:1..
at 2017-11-10 07:43

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧