<   2014年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

罪作りな言葉・・・、

 題:罪作りな言葉・・・、
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい)
.
 イエスが、『全財産を貧しい人たちにあげてしまいなさ
い』と言うが、
 ここのところを、何度も読んでいて感じることは、
 イエスは、『激(げ)っし易(やす)い人だ』とつくづ
く感じる。
 そして、感情的に発言することが、「あちこち」に登場
する。
 そして、ここでも、『相手を、優しく納得させようとい
う言い方ができない人』だなと感じる。
 ここのところもまた、明らかにイエスは、『頭に来てい
る状態』で発言している。
 『全財産を上げてしまいなさい』に重点があって、『貧
しい人に』に、重点があるという発言ではない。
 小銭を持っていて、イエスが発言した相手が、小賢(こ
ざか)しく、快く思えなかったのでしょう。そして、この
発言となっている。
 イエスに、いつも、心のストレスがあったが・・、
 だから、この言葉は、貧しい人に施(ほどこ)すという
心より、「相手に対する反発心」が中心となっている。
 しかし、キリスト教は、当然、『貧しい人に重点』を当
てて、美化した言い方をする。
 この過激な発言では、本当にこの人が、全財産を投げ出
して良いと、イエスは思っていたのだろうか?
 イエス自身も、また、イエスの家族たちも、『全財産を
投げ出した』などという話は、皆目(かいもく)ないが、
 この人が、本当に、全財産を投げ出したら、この人こそ
が、他の人の助けを必要とする、助けを求める、「一文な
し」になってしまう。
 また、新たな可哀想な人を作ってしまう。
 まったくバランスを欠いた、激情した発言をするものだ
と思う。
 後代になっても、こんな「イエスの言葉」があるために、
「全財産をキリスト教団に差し出して」、キリスト教団の
施設の厄介にならなければならない人たちがいる。
 今でも、社会問題になっている財産没収教義だ。
 このシステムが巧く行かないという事、駄目だという事
は、すでに、社会で実証されている。
 また、この関連で生まれた「共産主義」は破綻している。
 この様な、感情的な言葉を、針小棒大にしてキリスト教
は美化しているが、
 「上手く行きませんでした。ごめんなさい」と、罪作り
な結果になっている。罪作りな「イエスの言葉」となって
いる。
.
 (参考)こ‐ざかし・い【小賢しい】 [形][文]こざ
   か・し[シク] 1 利口ぶっていて差し出がましい。
   生意気である。2 何かにつけて要領よく振る舞って
   いる。悪賢くて抜け目がない。
 (参考)かい‐もく【皆目】 [副] 1 あとに打消しの語
   を伴って、強く否定する気持ちを表す。まるっきり。
   全然。「―ない」 2 まるまる全部、すっかりの意を
   表す。あとに否定的な意味・内容のくることが多い。
..
   (詳しくは、以下のブログへ)
 URL:http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /
[PR]
by suba28 | 2014-03-31 15:11 | 皆様とともに 幸せになりたい

この様な、キリスト教徒とキリスト教聖職者たちを生む・・

 題:この様な、キリスト教徒とキリスト教聖職者たちを生む・・
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい)
.
 キリスト教は、「思考の遊び」をする宗教である。
 『ああだ、こうだ』と思いつくままに話す。
 そして、辻褄(つじつま)を合せようと「きゅーきゅー」
とする。
 前に言った事の、都合を付けるために、後は、『前の言
葉の都合で語る』。
 例えば、キリスト教の神が、宇宙を創造したというのな
らば、
その神が、創造する前は、何も無かったはずだ、訳だと、
考える。
 しかし、聖書には、そんな事は記されてない、そんな風
には記されてない。
 「混沌だった」と記されている。
 混沌とは、何かものがあって、その状態が乱れ、混乱し
て、混沌としている事を現わしている。
 ここに、矛盾が、このままでは生じてしまう。
 そこで、キリスト教聖職者は言う、「無秩序で、カオス
の状態で、何ら形づくられたものが無い状態」・・と強引
に言う。
 強引に言って、決め付けて、信徒を納得させてしまう。
 しかし、その様な、状態になる、認識できる『空間』と、
 その空間で、「混沌を認識する神」が居て・・、
 そこに流れる『時間』が、そこに、すでにあった・・は、
否定できない存在を、神と共に現わしている。
 しかし、キリスト教は、この点については、『門外漢』
を決め込んでいる。目をづぶっている。
 そこには、立ち入らないの「口閉じの態度」だ。
 大きく流れる時を含め、そこの空間とともに・・、
 そこには『差配する大きな法(のり)』があった。
 キリスト教のおとぎ話は繕(つくろ)いきれない。
 キリスト教聖書の(「創世記』1・31)に、
 「神はお造りになったすべてのものを御覧になった。見
よ、それは極めて良かった」・・と。
 これは、間違い。
 キリスト教の神の間違い。
 後で、何度も、神は悔(く)いるのだ。
 その1例が、「ノアの方舟」だ。
 「失敗した」と、キリスト教の神は、大洪水を起こし、
自分が造ったものを殺す。
 何ら、自分の失敗で、殺されるものに対する憐れみの情
や観念、そして、言葉を想起すること無く・・、
 神は、悲惨な行為をする、全滅行為をする。
 この様な、考え方を、洗脳するキリスト教は、この様な、
思考パターンで、形態で、世界のあっちこっちで、蛮行の
数限りない行為を行う。洗脳されたキリスト教徒とキリス
ト教聖職者たちを生み続ける。
.
 (参考)こん‐とん【混沌/渾沌】 [名]無秩序。すべ
   てが入りまじって区別がつかないさま。
 (参考)カオス [名] 秩序のない状態。混沌。
 (参考)もんがいかん【門外漢】 局外者。専門外の人。
 (参考)差配:物事の指図(さしず)をすること(人)
 (参考)のり‐の‐うみ【法の海】 仏の教えの深く広大な
   ことを、海にたとえていう語。法海(ほうかい)。
..
   (詳しくは、以下のブログへ)
 URL:http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /
[PR]
by suba28 | 2014-03-31 01:38 | 皆様とともに 幸せになりたい

思いが至って行く・・・、

 題:思いが至って行く・・・、
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい)
.
 最近では、さすが、
 キリスト教聖職者が書く本で、
 「キリスト教聖書は無謬だ」・・とは書かなくなった。
 『無謬』とは、神ゆえ論理や判断に間違いが無い、絶対
だ・・という意味であるが・・、
 以前は、この論理が大手を振って歩っていた。
 微塵も、神の不完全さにつながる言葉について、口をさ
し挟(はさ)むことができなかった。聖職者は特に・・。
 キリスト教聖書は、神が与えし書である・・と、
 また、キリスト教聖書は、神が与えし言葉を記せし書物
である・・とした。
 故に、キリスト教の神は無謬、キリスト教聖書もまた無
謬、微塵も齟齬・間違いの類いは無い・・だった。故に、
「信じさせたまえ」だった。
 それが、標記した様に、キリスト教聖職者である者が、
その大前提をひっくり返している。
 あるキリスト教聖職者が著した本には、臆面もなく、次
の様に、まったく、尻をまくった様としか表現できない様
な事が記してある。
 「確かに、この聖書の言葉は科学的根拠に乏しいし、
 第一、人間が誕生する以前のことを誰が見ていたのだろ
うか、
 誰が人間の言葉でこの様に記述することができるだろう
かと疑問を持つかもしれない。
 創世記は、天地創造の様子を誰かが近くで見ていて記録
したものではなく、
 後になって書かれたものである。
 したがって、地球や人間が具体的にどのようにできたの
か、という『現象』を、この中から読みとるのは困難であ
る。
 科学的に、創世記の天地創造ほど馬鹿げた話はないだろ
う」・・と書く。
 まったくの尻まくり的な言い方だ。
 恥ずかしくないのだろうか?
 その後で、如何(いか)なる繕(つくろ)いの言葉を費
(つい)やそうが、
 この聖職者の『信仰』という面に、否定的な、そして、
疑問を禁じ得ない。
 キリスト教とは、この様な聖職者の、この様な言葉が、
のたうつ宗教なのである。
 この聖職者は、そのうち、さも『正当な論理の顔』をし
て、『キリスト教の神の存在を否定する』に至る行為まで
をもするだろう。
 厚顔なキリスト教聖職者は、「キリスト教の神は存在し
ない。科学的に考えれば、しごく当然の事である。しかし、
・・」と、彼独特の詭弁を弄するだろう。
 キリスト教は、この様に、「危(あや)うい宗教」なの
である。信ずるに価しない。
 この聖職者は、彼独特の宗教を創作し始める。
 彼は彼なりに、不合理の、あまりにも多い宗教=キリス
ト教に、口に出しては言えない葛藤(かっとう)に悩んで
いるのである。
 そして、あらぬ事も創作して言い出す。
 「地上すべてのものが誕生する前から神は存在している」
・・と。
 そして、その神の存在が、さも無限の時を遡(さかのぼ)
って存在するかの様な事を口走(くちばし)る。
 今までの『ビッグバン』を原初とする、制限枠が存在す
るキリスト教の『その枠』を越える話に思いが至る。
 今までは、その枠内で、楽しく納得し合っていた話の状
況から、外への想いに至る。
 そして、言う、
 「神は極めて神であり、神以外の何ものではなく、われ
われの感覚をはるかに越えた聖なる存在である」・・と、
 キリスト教が、いつも都合が悪くなると持ち出して言う
言い方で、
 分かった様で、実際は、何も分からない言い方で、煙に
巻く。
 そして、不明な言葉を費やして、ただ神を美化するだけ。
 何ら得るところは無い。
 「神をわれわれと同次元に下ろせない、下ろせば人間の
傲慢さや虚栄がはじまるのだ」・・と。
 そして、結局、佛教の「無始無終」の思想に至って行か
なければと・・思いが至って行く。
 (参考)詭弁を弄する :きべんをろうする、本来は間違
  っていること を、色々と理屈を付けて正しいかのよう
  に思わせるような主張をすること。
..
   (詳しくは、以下のブログへ)
 URL:http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /
[PR]
by suba28 | 2014-03-29 02:12 | 皆様とともに 幸せになりたい

天の一角に・・

 題:天の一角に・・
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい)
.
 キリスト教の再臨の大前提だった「ユダヤ王国の復活」は、
イスラエル共和国の樹立で満たされた。
 だから次は、ハルマゲドンの勃発となる。
 そして、その大戦争で廃墟に、
 その時、「携挙(ラプチャー)」が起こる。
 再臨を信ずる信徒だけが、天の一角に引き上げられ、
 キリストとともに、地上のハルマゲドンを見る。
 ハルマゲドンは、最後の審判でもある。
 世界最終戦争が終結した後、生き残った信徒たちだけの千年
王国(ミレニアム)の時代が始まる。
 核戦争で異教徒が一掃され、
 神の国が招来(しょうらい)される。
 ・・というキリスト教の信仰。
 (我、思う):誠に勝手な論理だ。
 キリスト教の信じない者には「救いを拒否する」。
 自分勝手な論理だ。
 信じていないのだから、死んでもらいましょう、それでいい
のだというキリスト教の論理。
 私たち・キリスト教徒は、信じるキリスト教徒だけが、
 天の一角に集まって、
 異教徒が死に絶えるのを、救いの手を差し伸べることもしな
く、見ています・・と。
 その後、千年王国を・・と。
 キリスト教には、完全に博愛精神などありません。
 キリスト教のプロパガンダ(嘘宣伝)はありますが、心底に
流れている心は、以上の如くです。
 また、現世離脱し、
 同じ信仰の仲間たちだけで「天の一角に住む」を目的として
いる。
.
 (参考)さい‐りん【再臨】 [名](スル) キリスト教で、昇
   天したイエスが、裁きと救いの成就のため、再びこの世
   に現れるという信仰。
 (参考)ハルマゲドン【(ギリシャ)Harmagedōn】 《新約聖
   書「ヨハネ黙示録」16章から》世界の最後の日に起こる
   善悪諸勢力の終局の決戦場。転じて、世界の終わり。
 (参考)けい‐きょ【携挙】 キリスト教、特にプロテスタン
   トの信仰内容の一。イエスの再臨のときに、敬虔であっ
   た全ての死者が蘇り、生きている信徒とともに天を昇っ
   てイエスと出会い、永遠の命を得るというもの。
 (参考)せんねん‐おうこく【千年王国】 キリスト教で、再
   臨したキリストが一千年間統治する理想・至福の王国。
   →千年王国説
 (参考)しょう‐らい【招来】 [名](スル) 人を招いて来る
   ようにさせること。
..
   (詳しくは、以下のブログへ)
 URL:http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /
[PR]
by suba28 | 2014-03-28 13:54 | 皆様とともに 幸せになりたい

言ったことでもなく、行ったことでもない。

 題:言ったことでもなく、行ったことでもない。
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい)
.
 イエスは、神の代理。
 神ではない代理の者。
 それは、キリスト教聖書の「ヨブ記」「マラキ書」にも
ある通り、神ではなく、その神との差は大きい。
 イエスは、神には届かなかった。
 例え、メシアと言えども、メシアの到来は、神の到来に
比すれば、あくまでも『二次的なもの』。
 そこに、比較ににらない差がある。
 神に比べ、メシアは、比較にならぬ小さなものと書いて
ある。
 やはり、神自身の到来が『中心』で、メシアはその「先
ぶれ」「道備え」に過ぎない。
 メシア到来は、あくまで道備えと、聖書にも「はっきり
記されている」。
 主の来る前に、『預言者』をつかわす。
 そして、メシア到来は、神の到来と比すればあくまでも
二次的なもので神ではない。イエスは神ではない。
 イエスが、「言ったこと」「行ったこと」は、神が言っ
たことでもなく、行ったことでもない。
..
   (詳しくは、以下のブログへ)
 URL:http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /
[PR]
by suba28 | 2014-03-26 15:59 | 皆様とともに 幸せになりたい

そして、外国へ逃れるも・・、

 題:そして、外国へ逃れるも・・、
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい)
.
 国際基督教大学に学び・・、
 学ぶうちに、キリスト教への疑問がつのり、
 大学院にも進学したが、
 その疑問は、つのりこそすれ、減る事は無かった。
 大学教職員にもなったが、自らを偽(いつわ)る事が出
来ずに、
 自己の持つ真意を、吐露する。
 待っていた現状は、まったく悲惨だった。
 職を、辞さずを得ない状況に、追い込まれたのは序の口、
 国内の処々においても、追求され、悲惨さが続く、
 そして、外国へ逃れるも・・、
 その悲惨を与える追求は続いた。
 この例の様に、キリスト教の宗教者の執拗な追及。
 宗教者にありまじき行い。
..
   (詳しくは、以下のブログへ)
 URL:http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /
[PR]
by suba28 | 2014-03-25 16:12 | 皆様とともに 幸せになりたい

読売新聞の歌・・素晴らしい歌が一杯でした

題:読売新聞の歌・・素晴らしい歌が一杯でした
.
   ☆「会えぬ子の 面影がある 孫娘」 常陸太田・斎藤松雄氏
         「よみうり時事川柳」 長井好弘氏選 (読売新聞2014・3・20)
.
  ☆「即身仏いますみ寺の裏山に 春つげ鳥の声きこゆなり」 千葉市・熊谷貢氏
      (評)庶民救済を願い断食の苦行を勤めて土中にミイラとなった修行僧が、
         佛体としてまつられている寺、その裏山に来て鳴く鶯(うぐいす)
         の声。早春の心に響く日本人特有の宗教観。
         「読売歌壇」 岡野弘彦氏選     (読売新聞2014・3・17)
.
   ☆ 二宮尊徳の歌
    「父母もその父母もわが身なり、われを愛せよ われを敬せよ」
         自分は決して自分だけの力で生きているのではなく、連綿と続く
         日本人のつながりの中にある。自分を大切にする事が、父母、祖
         先、そして日本を大切にすること。
         「時代の証言者」 高木勇樹氏     (読売新聞2014・3・17)
[PR]
by suba28 | 2014-03-22 14:31 | 皆様とともに 幸せになりたい

真実のことば・・・

真実のことば・・・
.
GHQの
C・A・ウィロビー将軍の言葉:
 「 この裁判(東京裁判)は、
歴史上最悪の偽善だった。
  こんな裁判が行われたので、

自分の息子には、
軍人になる事を禁じるつもりだ。
  何故、
東京裁判に、
不信感を持ったかと言えば、

  日本が置かれていた状況と同じ状況に置かれたならば、
  アメリカも、
日本と同様、
戦争に訴えたに違いないと思うからである 」。
.
 URL:http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 / 
[PR]
by suba28 | 2014-03-20 16:10 | 皆様とともに 幸せになりたい

自らが・・つくったもの・・

 題:自らが・・つくったもの・・
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい)
.
 イギリスの大きな報道機関の調査で・・、
 「来世紀までに、キリスト教は消滅している」と答えた
人々が『過半を占めた』という・・が、そして、今・現在、
金の力で命運を保っているキリスト教と言える。
 日本の大きな新聞も、『ヨーロッパのキリスト教会の消
滅がはなはだしい』と伝えているが・・、その、キリスト
教。
 実は、キリスト教会こそ『忌むべき魔術』を生みだす根
源・場所だった。
 あれほど、魔女殺しをし、その魔女の財産を没収したキ
リスト教が、実際は、魔術を作ることもしていた。
 そしてまた、「実際は存在していない魔術」が『在る』
として、民を惑わした。
 この問題の発生源は、どちらから辿(たど)って行って
も、悪の根源はキリスト教・キリスト教会にあった、キリ
スト教に行き着いた。
 キリスト教は、ユダヤ教の様な完全な一神教でない。
 伝搬していく過程において、あらゆる地域の神々と習合
し、「その地域に定着したい」との一心で、そこの神々と
節操無く交わった。
 そのキリスト教の適当さは、それこそ『神こそが忌んで
しまう、忌むべき宗教』と化している。
 そして、キリスト教は、神の奇蹟を貫くこともなく、民
間にある魔術に対抗するため、競争的に、キリスト教会エ
リートや、教会司祭によって、『対抗の魔術』が生み出さ
れていった。
 この様なことから、民間信仰でもあった、一種、可愛い
害悪魔女は、巧みに巧妙に、キリスト教に取り入れられ害
悪性を増して行った。
 そして、卑劣な事に、キリスト教は、「その儀式」を新
たに生み出した。
 キリスト教の聖別の儀式などがその生み出された儀式で
ある。
 そして、キリスト教が生んだ魔女を、キリスト教が、自
分で退治するという行為を行った。自分が産んで自分で退
治する。その過程で金だけが転がり込むというシステム。
 その「魔女狩り」は、「神への信仰の裏面として悪用さ
れ、利用され、民衆の持つ不安感を悪利用し、また、危機
感を増大させ、民衆の逃避・スケープゴート(生け贄のヤ
ギ)を求める心理を悪用する、その様な「悪の頭が回転す
るキリスト教」であった。
 すべて、キリスト教の「自分に利があるよう」にとのキ
リスト教の頭が生み出した結果だった。
 悲劇が増し、悲惨な光景が増し、充満した。
 魔女の焚刑の煙は、ヨーロッパ中の空を曇らせたと言わ
れている。
 「魔女は生かしておいてはならない」の教義があるキリ
スト教。また、何時、形を変えた、焚刑の火が上がるかも
しれないという宗教。人類救済になり得ない宗教です。
..
   (詳しくは、以下のブログへ)
 URL:http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /
[PR]
by suba28 | 2014-03-18 13:04 | 皆様とともに 幸せになりたい

16歳で密入国したマリオは・・、17歳で

 題:16歳で密入国したマリオは・・、17歳で
...(悲惨な戦争をなくせないでしょうか)
.
 TPPの様な、NAFTA(北米自由貿易協定)によっ
て、膨大な補助金に支えられた、安価な、アメリカ産のト
ウモロコシが、メキシコへ『大量に』流入した。
 今までの『3倍(300%)』という、びっくりする流入量
の増加・変化だった。
 常識は、『はるかに超え』ている量だ。
 アメリカは、この様な事をする。
 たちどころに、メキシコのトウモロコシ農家は、あっけ
なく市場を奪われた。
 そして、メキシコのトウモロコシ農家は『駆逐された』。
 路頭に迷ったメキシコ農家の方々は・・、
 農地を売り、
 家族を連れて、
 アメリカに密入国した。
 関税が取り払われた『1994年だけ』でも、
 アメリカへ『密入国』する人が『70万人』を越えた。
 そして、更なる悲劇が起きた・・。
 1993年以降、アメリカ=メキシコ国境で、『3800人以
上』の密入国者が『命を落とした』。
 そして、そのうち1000人余りが、誰だかも不明な、墓標
もない墓に埋葬されているという。
 NAFTAで、自分がこの様な事になるとは、少しも思
いもしなかった方々であろう。
 真面目に、トウモロコシ栽培に勤(いそ)しむ、
 善良なメキシコのトウモロコシ農民が起こした行動=
 アメリカへの密入国。
 アメリカは、電流の流れる国境フェンスを、『1220キロ
メートル』にわたって新たに作った。
 16歳で、メキシコから家族とともに、国境を越えて、密
入国したマリオ・ゴンザレスは、
 軍隊へ入隊した。
 そして、イラクの戦場へ送られた。
 メキシコから密入国して、マリオたち家族は、ニューヨ
ーク州のブロンクスに住んだ。
 住居は劣悪だった。
 トイレの水は、常に、溢(あふ)れ、
 ネズミやゴキブリは、年中、這いまわっていた。
 マリオは、職に就(つ)けない両親と、幼い兄弟たちを
支えるため、朝から晩まで働いた。
 しかし、マリオには、絶えず、まとわりついた恐怖があ
った。
 何かのタイミングで、メキシコに『強制送還』されてし
まうのではないかという恐怖だった。
 マリオは、永住権は手に入れる事はできたが、
 「市民権」は持っていなかった。
 だから、マリオには選挙権はなかった。
 何かの調子で、トラブルに巻き込まれ強制送還という事
は、あり得ることだった。
 実際、
 マリオの周りには、選挙権が付与される市民権を持って
いないため、様々な理由で、強制送還された仲間がたくさ
んいた。
 また、永住権では、まともな就職も、ままならなかった。
 マリオは、入隊と引き換えに市民権が出るという法律が、
ブッシュ政権が作ったのに応募した。
 新しい移民穂が成立した。
 マリオは、まだ17歳だった。
 家族を支えるためだった。
 その移民法は2002年に発表された。
 「戦地に送られるのが怖い」と言っていたマリオ。
 また、「3度の食事が確実に食べられるのがうれしい」と
言っていたマリオ。
 マリオに、「何ごとも、起きませんように」。
 2007年1月に、アメリカ政府が打ち出した「新しい移民
法」は、
 名前が『夢の法律2007』と言い、
 「ビザが、あろうが、なかろうが」
 「不法移民で、あろうが、なかろうが」、
 軍への入隊と引き換えに市民権を上げますという法律だ
った。
 毎年、8000人の『非アメリカ市民』が入隊した。
 アメリカには『75万人』の不法移民が居るという。
 また、この方法によってか? アメリカの議員に、「も
っと、アメリカは、国外から兵士を勧誘すべきだ」と発言
する者も居るという。
 また、調査によると、
 アメリカ国内の16歳~21歳のヒスパニック系男子の45%、
女性の31%が、
 「数年以内に入隊したい」と答えたという。
 これは、
 同じ年齢層の白人男性の24%の(88%増し)、そして、
白人女性の10%の(3倍、300%)という数字になってい
る。
..
   (詳しくは、以下のブログへ)
 URL:http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /
[PR]
by suba28 | 2014-03-17 01:26 | 悲惨な戦争を無くせないので


はじめまして、ブログを始めさせていただきました


by suba28

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
悲惨な戦争を無くしたい
悲惨な戦争を無くせないので
皆様とともに 幸せになりたい
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

(増補版)536E2/3:1..
at 2017-06-22 03:22
(増補版)535E2/3:1..
at 2017-06-17 05:23
(増補版)534E2/3:1..
at 2017-06-14 02:49
(増補版)533E2/3:1..
at 2017-06-07 02:27
(増補版)532E2/3:1..
at 2017-06-04 05:25

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧