<   2013年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

「ナザレのイエス」というが・・・、

 題:『ナザレのイエス』というが・・・、
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい)
.
 キリスト教聖職者は説教する。そして、以下の事を言う。
 『イエスは、イザヤ書を愛読し、そらんじていました』
・・・と。
 そして、例としてあげたキリスト教聖書の聖句は3つで
した。
 下記は、その聖職者のあげた聖句の1つ(「ルカによる
福音書」4・17)です。
 そして、その聖句を読んでみると・・・、
 (「ルカによる福音書」4・17)には、
 「(イエスへ)預言者イザヤの巻物が渡され、お開きに
なると、次のように書いてある個所が(イエスの)目に留
とまった」・・云々。
 ・・・そして、ここを読んで感じたことが下記の(注)
でした。
 (注):
 ここの聖書の文は、
 イエスが、生まれ故郷のガリラヤで伝道を始めようとし、
 ガリラヤでの伝道をする様子を描いたところの文で、
 イエスが、ある会堂で、人々を前にして、ユダヤ教の聖
書を朗読をしようとして立った時、
 誰かからイエスへ巻物が渡されたという、
 ただ、その情景を説明している文・内容だけなのだが、
 そして、
 イエスがユダヤ教の聖書をそらんじていたなどと、この
キリスト教聖職者は説教していますが、
 上記の記述のように、「ある個所に目が留まった」とい
うことで、イエスの頭には予定して無かったことに目が行
ったという意味。
 この様な感じで、イエスは人々の前で話をするという事、
 ユダヤ教の聖書を朗読するという事をしていたという事
が分かる。
 そして、イエスが、目に留まって読んだところは、
 「主の霊がわたしの上におられる。貧しい人に福音を告
げ知らせるために、主がわたしに油を注(そそ)がれたか
らである」・・・。
 ここの「わたし」は、「イザヤのことを示している」。
 イエスのことではない。
 つまり、イエスは、『イザヤ書』を人々の前で読んだ。
 主人公は、『イザヤ』である。
 そして、そのイエスが読んだ中味は、
 「キリスト教の神が、イザヤのところに居る。
 そして、キリスト教の神は、イザヤに福音を知らせるた
めに、イザヤに油を注いで、『その行為をするのは、イザ
ヤ、お前だよ』と、キリスト教の神が言った」・・・とい
う箇所を、イエスは人々の前で読んだということ。
 つまり、イエスは、『自分がメシア(救世主)であると
いう意識より、伝道者である、福音を伝える聖職者である
という意識の元に人々の前に居て、イザヤ書を朗読したと
いう事。
 イエスには微塵にも自分がメシア・救世主という意識は
なく人々に聖職者・ラビとして立っている。
 (イエスは、弟子たちから、ユダヤ教の聖職者の事を示
す『ラビ』という聖職者の呼称で呼ばれていた)。
 そして、イエスは朗読した、聴衆に聞かせた「イザヤが
油を神から注がれたメシア(救世主)である」という事を。
 これは、イエスが、聖書を読んで聞かせて、イエスも納
得しているという事。
 ここではっきりしている事は、イエスには『救世主意識』
はなかったという事。イザヤなんだという文を朗読したと
いう事。
 因(ちな)みに、「油を注ぐ」という行為は、
 インドから、キリスト教の発生の地・イスラエル・パレ
スチナの地へ伝わっていったこと。
 キリスト教は、プロパガンダ(嘘宣伝)で、「一神教の
壁があるから、インドの多神教はイスラエルの地には伝わ
っていない」という嘘を言っているが・・、
 そして、油を注がれたもの=救世主という概念そのもの
も、インドから伝わっていったもので、インドの宗教儀式
のものだった。
 そして、何と、インドの「この概念をもつ宗教派閥の人
々」が、パレスチナの地へ移住をしている。
 「ナザレのイエス」と言うが、
 ナザレという名は、パレスチナの地にはなかったが、そ
の後、ナザレという町の名が出て来るが、この移住者たち
の町の名なのです。
 キリスト教はプロパガンダ(嘘宣伝)をしないこと、嘘
は言わないこと。
.
   (詳しくは、以下のブログへ)
URL: http://www.youtube.com/watch?v=1gWbIHhGUx8
http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /
[PR]
by suba28 | 2013-11-27 13:18 | 皆様とともに 幸せになりたい

非常に優れた書評

 題:非常に優れた書評
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい)
.
 書評:「捨ててこそ空也」
           梓澤要著、新潮社、2000円、
 評執筆:橋本五郎氏(本社特別編集委員)
             (読売新聞2013・11・10)
  非常に優れた書評であるので、書かせて戴いた。
 副題:全存在かけて人々救う
  梓澤要氏、略歴:(あずさわ・かなめ)、
  1953年生まれ。
  1993年、「喜娘」で歴史文学賞を受賞してデビュー。
  著書に「阿修羅」など。
 [評の内容]:
 コーン、コーン、コーン、
 木枯らしの吹きすさぶ京の町辻を金鼓(こんく)の音が
流れていく。
 十一面観音像を乗せた荷車を弟子が引き、
 落ちくぼんだ眼窩(がんか)、削(そ)げた頬の空也が、
金鼓を打ち鳴らし、ひたすら念仏を唱えながら歩いている。
 「阿弥陀聖」「市聖(いちのひじり)」とも呼ばれた空
也上人。
 醍醐天皇の皇子に生まれながら、
 父に疎まれ、
 帝の寵愛(ちょうあい)を失って錯乱する母に、虐待さ
れ左肘が折れ曲がってしまう。
 行き倒れの死骸を、荼毘(だび)にふしている集団に出
会って衝撃を受け、身分を捨てることを決意する。
 天災、飢饉(ききん)、疫病が襲い、
 盗賊が跋扈(ばっこ)する平安の世。
 空也は、播磨国で孤独に耐えながら、
 一切教を耽読(たんどく)、
 自らが進むべき念仏の道を見出(みいだ)す。
 絶海の孤島で苦行を重ね、
 東国で布教の旅を続け、
 全存在をかけて苦しむ人を救おうとする。
 この小説は、
 数々の仏典を、実に、分かり易く説明しながら、
 空也の精神的遍歴をたどっていく。
 仏教への深い理解がなければ、決して書き得なかった作
品だろう。
 空也自身が、三井寺の千観(せんかん)という僧に答え
る場面がある。
 「道理、善悪、知識、それらはすべて我欲。
 往生を願う心も、悟りを求める心も、おのれを縛る執心
も捨てねば、
 おのれを捨てることなどできませぬ」。
 悟りとは「なにもかも、捨ててこそ」可能なのだ。
 私にとっては、空也が「捨ててこそ」にたどり着くまで
の道程とともに、印象深かったのは、
 40有余年行動をともにする頑魯(がんろ)の存在だ。
 少しばかり、知恵が足りないのか、動作も鈍く、誰から
も馬鹿にされている若者だった。
 しかし、その頑魯にこそ、
 山にも水にも空にも、仏を感じる心があることを、空也
は知るのである。
 真の「佛」とは、
 ひたすら、誰かのために生きるところにあるのかもしれ
ない・・と、思わずにいられなくなる。
 多くのことを教えてくれ、
 自らの日常を振り返らざるをえなくなる小説である。
.
   (詳しくは、以下のブログへ)
URL: http://www.youtube.com/watch?v=1gWbIHhGUx8
http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /
[PR]
by suba28 | 2013-11-27 02:19 | 皆様とともに 幸せになりたい

歓喜の宗教ではない。

 題:歓喜の宗教ではない。
...(真を求めて 皆様と共に幸せになりたい)
.
 青年エレミヤが、都・エルサレムに上って見たものは、
 救いようのない堕落した社会と、人々だった。
 モーゼの十戒は、あまりにも堕落した人々・低倫理の人々
に与えたものと言われているが、「姦淫するな」「人殺しを
するな」「盗むな」などなど、酷(ひど)い悪状態の人々へ
与えられたものと言われているが、
 このモーゼの十戒にしろ、各預言者たちの言葉は、この様
な、救いようのないぐらいの人々に対してであった。
 故に、今・現在、何ら、現代には参考とすべきものはない。
 預言者・エレミヤは嘆くのであった。
 「一人でも真実を求めるているのか?」・・と。
 キリスト教が出来た地は、「現代人が、想像できないくら
いの悪状態だった。最低レベルの倫理状態だった」。
 戦いも多く、悲惨だし・・。
 イエスの、半分諦(あきら)めの「汝の敵を愛せよ」は、
少し常識があれば、「誰でも言いたくなる環境」だった。
 イスラエルの民の国・南ユダ王国を滅ぼしたアッシリアは、
新興して来た国・バビロニアによって一挙に滅ぼされた。
 そして、バビロニアは、老大国・エジプトと戦う。
 この時、ヨシュアは戦死した。
 そして、申命記改革が無に帰していく。
 雑多な宗教にまみれる。
 エレミヤの口から呪いの言葉が漏れる。
 「私の生まれた日は呪われよ。母がわたしを産んだ日は
祝福を受けるな。わたしの父に「男の子が、生まれました」
と告げて、彼を大いに喜ばせた人は、呪われよ。その人は、
主の憐れみを受ける事なく、滅ぼされた町のようになれ。
・・以下略。いくら読んでもためにならないので略す。
 何しろ最後にエレミヤは言う「なにゆえにわたしは胎内を
出てきて、悩みと悲しみに会い、恥を受けて一生を過ごすの
か」である。歓喜の宗教ではないのである。全く生産的では
ない。出生の本懐に悩むエレミヤなのである。絶対に本物の
宗教ではない。参考:(「エレミヤ書」20・14~18)。
.
 そして、もう一題・・秘密保護法案。、
.
 →やはり、日本には「秘密保護法案」が必要だと分かりまし
た。以前、投稿した文は削除させていただきます。
.
   (詳しくは、以下のブログへ)
URL: http://www.youtube.com/watch?v=1gWbIHhGUx8
http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /
[PR]
by suba28 | 2013-11-25 16:15 | 皆様とともに 幸せになりたい

正しい考え方・哲学・宗教でなければ、結果は悪しきものとなる。

 題:正しい考え方・哲学・宗教でなければ、結果は悪しきものとなる。
   イエスの十字架を待つまでもないとはっきり言える。
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい)
.
 イスラエルの民の国・南ユダ王国を滅ぼしたアッシリア
は、新興国・バビロニアに滅ぼされた。
 そのバビロニアは、紀元前605年に、大国・エジプトと、
シリア辺りで、大激戦をした。
 その結果、エジプトからこの地方の覇権を奪い取った。
 情勢判断がよかった預言者・エレミヤ(キリスト教預言
者)は、予言が当たった。
 エレミヤは、「災いが北から来る」と言っていた。
 キリスト教の預言者は、最初、占い者(先見者・ローエ
ーと呼ばれた)であったが、この様なもの、当たらぬも八
卦的なのである。
 また、何も世界的な事を言う訳ではない。
 自分が居住し、存在している時と周辺にだけに、興味を
持ち、その周辺の事情についてだけを言うだけ。
 それも、遠い昔の、ある特定の一地域の、一時期を。
 つまり、自分の生きている時だけの事。
 このキリスト教の預言者・エレミヤだって、多くの預言
者と同じだった。未来の事など言わないし、分からないの
だ。
 例え、言ったとしても、当たるも八卦的なのだ。
 こんな状況のエレミヤの預言を、人々は過激な話しに終
始した。
 そして、エジプトは、紀元前590年、懲りずに、バビロ
ニアに反逆した。
 エジプトの支配下にあったエルサレムは、バビロニアの
大軍に包囲された。
 エルサレム籠城(ろうじょう)である。
 エレミヤは、降伏することを勧めた。
 このエレミヤに対し、エルサレムの民は激怒した。
 エレミヤは捕(つか)まり、井戸に投げ込まれた。
 食事も与えられず餓死を待つばかりとなった。
 その時、王に仕えるエチオピア人(多分、黒人の方だろ
う)の取りなしで、エレミヤは危うい所で救い出された。
 そして、牢屋に入れられた。
 エルサレムは、バビロニア軍に包囲された籠城状態であ
ったが、とうとう食料が尽き、バビロニア軍に降伏した。
 紀元前587年の事だった。
 王は、捕えられた。
 そして、目をくり抜かれた。
 王子たちや、重臣、そして、家族たちは、王がまだ目を
くり抜かれる前、まだ目が見える時に、王の目の前で、全
員が殺された。
 そして、イスラエルの国民の主だった者たちと、目をく
り抜かれた王は、バビロニアに連れて行かれた。
 第二回のバビロニア捕囚だった。
 こんな悲惨なだけのキリスト教の聖書の話しは、
 何の役にも立たない。
 特に、子供には読ませたくない。
 害を与えるだけだ。
 エレミヤは、降伏を主張したので、バビロニアから「う
い者だ」と、『親バビロニアの者』という事で、釈放され
た。
 釈放された町は、エルサレムは、神殿もなく、焦土・焼
け野原だった。
 悲惨な歴史の展開の中に、年老いたエレミヤが居た。
 そして、日本の第二次世界大戦後の様な生活の中に、エ
レミヤは置かされた。
 人の心を豊かに導く、正しい考え方や哲学あったならば、
こんな不毛な展開に絶対ならなかっただろうに、
 こうならないための考え方や哲学・宗教が、この地には
存在しないとしか言えない。
 考え方・哲学・宗教が、この様な悲惨な姿にさせ得ない、
力がないから、こんな悲惨な事が、民に起きてしまうのだ。
 この様な、考え方・哲学・宗教に居る限り、民は幸せに、
絶対、なり得ないのだ。
 この実際起きた現実が、悲惨な現実が立証している。
 このままなら、改善されないだけでなく、同じ事が繰り
返され、
 民は、更なる、悪結果に陥(おちい)って行くだけだろ
う。
 エレミヤは、このエルサレムの陥落で、出エジプト記で
神とイスラエルの民との間で結ばれた契約、
 モーゼが山に登って神に会い、結んだ契約は、
 エルサレムの陥落と共に破棄されたと言い、
 これから新しい契約の結ばれる日が来ると言った。
 エレミヤの頭の中には、『モーゼの契約は破棄された』
しかなかった。
 「主は言われる、見よ、わたしがイスラエルの家とユダ
の家とに新しい契約を立てる日が来る。この契約はわたし
が彼らの先祖をその手をとってエジプトの地から導き出し
た日に立てたようなものではない」と。(「エレミヤ書」
31・27~34)は記している。
 モーゼの契約は、まったく、反故(ほご)にされ、馬鹿
にされ、過去のものと、すでに、されている。
 『イエスの十字架を待つまでもない』・・と、
 はっきり言っている。そして、はっきり言える。
.
 そして、もう一話・・・、
.
 題:アメリカを考える上での「もう一つのファクター」
   アメリカ白人保守層の反発。新しい州を!
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい)
.
 アメリカを考える上での「もう一つのファクター・要因」
は、アメリカ国民の人口構成の変化だ。
 今、アメリカ国民の人口構成で1番多いのは、「白人(非
ヒスパニック系)」で、約62~3%ぐらいだ。
 2番目が、ヒスパニック系で約17%ぐらい。
 3番目が、黒人で12%ぐらい。
 4番目が、アジア系で6%ぐらい。
 そして、その他である。
.
 この人口構成が、急激な変化をしている。
 ヒスパニック系の方たちの流入で、変化している。
 人口構成の変化は、白人の比率が、年々、減少し、
 2060年の予測では、白人45%ぐらいに減少してしまう(
約27%減)。
 そして、ヒスパニック系の方たちが35%ぐらいに増加とな
る。106%増加で、倍増以上である。
 今・現在でも、コロラド大学デンバー校のマイケル・カミ
ングス教授は、「人口構成の変化は、他の多くの州で起きて
おり、今後も続く。これは共和党には逆風であり、保守層の
不満は高まって行くだろう」と話す。
.
 農村部の白人保守層が、発言力の低下に危機感を抱いてい
る。
.
 コロラド州は、伝統的な農業地帯であったが、都市部の人
口増に伴って、農村部の人口の共和党支持層の割合が低下し、
その結果、政治的な影響力の低下にと、強い焦りを抱いてい
る。
 それ故、州から分離という政治手法を模索している。
.
 なぜならば、ヒスパニック系などのマイノリティーは、社
会保障の充実などを揚げる民主党を指示する傾向があるから
である。
 そして、予測では、ヒスパニック系などが、移民の増加や
高い出生律で人口を伸ばし、
 2050年頃には、白人(非ヒスパニック系)が、5割を切る
とされている。
 この様な、人口構成の変化に対する、白人保守層の危機感
で、白人保守層は、住民投票の行動に出たわけである。
 アメリカ西部のコロラド州の農村部にある11か所の群で、
11月5日、「州から分離して新しい州を作る」ことの是非を
問う住民投票が行なわれた。
 賛成票が、過半数に達する見通しとの事。
 そして、銃規制など、オバマ政権下で進む、リベラルな政
策に対し、
 共和党を指示する地方白人保守層の反発の強さが、浮き彫
りになっていると伝えている。
 この住民の多くの白人保守層は、共和党の大統領候補へ投
票している(約8割)。
 しかし、移民の増加などで、都市住民が増え、これまで共
和党が強かった州議会で、民主党が多数を握る様になったと
の事。(参考:読売新聞2013・11・7)
.
 (参考)リベラル【liberal】.[形動]1 政治的に穏健な
革新をめざす立場をとるさま。本来は個人の自由を重んじる
思想全般の意だが、主に1980年代の米国レーガン政権以降は、
保守主義の立場から、逆に個人の財産権などを軽視して福祉
を過度に重視する考えとして、革新派を批判的にいう場合が
多い。2 因習などにとらわれないさま。
.
   (詳しくは、以下のブログへ)
URL: http://www.youtube.com/watch?v=1gWbIHhGUx8
http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /
[PR]
by suba28 | 2013-11-25 01:59 | 皆様とともに 幸せになりたい

深みの出ないわけ・・、そして食い違いも、

 題:深みの出ないわけ・・、そして食い違いも、
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい)
.
 キリスト教には、単発に、預言者が、各地に、また、各
時代に、出現した。
 その預言者の言葉が多数ある。
 聖書には、そのいくつかが集められ、聖書が成立した。
 捨てられ、焼却処分されたものも多い。
 キリスト教は、この様な歴史だった。
 その選択した人々こそが、『神以上の神』と言いたい。
 その様な、過程から、
 そこには、当然ながら不都合が多発している。
.
 キリスト教の預言者に「エレミヤ」という預言者も居た。
 このエレミヤという預言者は、すごい預言者である。
 イエス・キリスト以上の預言者と言える。
 ものすごさはイエスどころではない、神の聖別である。
 エレミヤは、イエスが生まれるより650年も前に生まれ
た人。
 そのエレミヤが、もうすでに、イエスより先に・・とい
うより、はっきりした聖別のないイエスと違い、
 エレミヤは神より『特別な聖別・聖化』を 与えられて
いた。
 一神教であるので、2人とか、3人とかに与えられるわけ
ではないので、イエスには疑問符が付くが、また、イエス
の存在が霞(かす)んでしまうのだが・・、
 以下に、(「エレミア書」1・4~10)を書く。
 ただし、より分かりやすくするため、
 「主」を、三位一体神と書き、
 『あなた』と、神がエレミヤを呼んだり、言うところな
どは、「エレミヤ」と書く。
.
 「主(キリスト教の三位一体神)の言葉が、わたし(エ
レミヤ)に臨んで言う、
 『わたし(キリスト教の三位一体神)は、あなた(エレ
ミヤ)を、まだ母の胎につくらないさきに、あなた(エレ
ミヤ)を知り、
 あなた(エレミヤ)が、まだ生まれないさきに、あなた
(エレミヤ)を聖別し、
 あなた(エレミヤ)を立てて万国に預言者とした』。そ
の時、・・・ここまで読んで思ったことは、
 『エレミヤ教』を作れ・・だった。
 ここまではっきり、キリスト教の神の三位一体神より、
はっきり聖別したと言われているのなら、『エレミヤ教』
を作るべきなのだ・・・
 以下続き・・・その時、わたし(エレミヤ)は言った、
 「ああ、主なる神(キリスト教の三位一体神)よ、
 わたし(エレミヤ)は、ただ若者に過ぎず、どのように
語ってよいか知りません」。
 しかし主(キリスト教の三位一体神)は、わたし(エレ
ミヤ)に言われた、
 『あなた(エレミヤ)は、ただ若者にすぎないと言って
はならない。・・・と、
 (これ以降、キリスト教の神である三位一体神は、エレ
ミヤを励ます。)
 彼らを恐れてはならない・・と、言ったり、
 (そして、キリスト教の神・三位一体神は言う。)
 主(キリスト教の神)は、わたし(エレミヤ)に言われ
た。
 「見よ、わたし(キリスト教の神)の言葉を、あなた(
エレミヤ)の口に入れた。 
 見よ、わたし(キリスト教の神)はきょう、あなた(エ
レミヤ)を万民の上と、万国の上に立て、あなた(エレミ
ヤ)に、あるいは抜き、あるいはこわし。あるいは滅ぼし、
あるいは倒し、あるいは建て、あるいは植えさせる。」・
・と。
 何と、神から、神の言葉を口から入れたよとエレミヤは
言われている。
 この様な事はほかにあるか?・・ない。
 この様な、はっきりした聖別があることは、また、この
様な特別な聖別がイエスにないことから・・、
 エレミヤが『本物』と言える。
 要は、
 キリスト教は、色々な人が、色々な事を言って、その中
から聖書を作った。
 故に、その様な出来方という状況から、系統的ではなく、
また、統一性がとれずにいる。
 このエレミヤ書の様な、大きな大本(おおもと)の齟齬
(そご・食い違い)が起きる。
 この様な、キリスト教の根本にかかわる様な大きな事が
起きる。
 その他にも、あちこち食い違いがあったり・・、
 その、不統一性から、思想・教義の深みも出ないという
状況。
 キリスト教の神は、本当に、このエレミヤ書の通りとし
なければならないのならば、筋を通すのならば、イエスで
はなく、エレミヤを立てなければならないことになる。
 キリスト教は、このことに目を瞑(つぶ)っている。看
過している、みのがしている、この大切なことを、結果的
に、キリスト教の神は、二枚舌を使った事になっている。
二枚舌を使ったわけではないのだけれども、それとも・・、
 この様な、キリスト教聖書を読む必要はあるのか?・・
『否』。
 (参考)せい‐べつ【聖別】[名](スル)キリスト教で、
神聖な用にあてるため物または人を一般的・世俗的使用か
ら引き離して、区別すること。聖化。
 (参考)そ‐ご【齟齬・】〔名〕くいちがうこと。ゆきち
がい。そぎょ。
.
   (詳しくは、以下のブログへ)
URL: http://www.youtube.com/watch?v=1gWbIHhGUx8
http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /
[PR]
by suba28 | 2013-11-22 15:03 | 皆様とともに 幸せになりたい

小、中、高校の周りから自販機を撤去せよ。

 題:小、中、高校の周りから自販機を撤去せよ。
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい)
.
 何と、ニューヨークでは、190万人いる児童の『4分の1』
が貧困児童だという。
 何と多い数字か!
 そして、アメリカの調査では、貧困家庭ほど、『安くて、
高カロリーの、そして、味付けの濃い、食べ物が食べられ
ており、子供のランチ用のインスタント食品が人気だとい
う。
 薄味だと、健康志向でこうすると、販売数量が伸びない
のでこうしているのだと考えられる。
 アメリカの子供たちが、『喜んで食べている食べ物』の
例をあげてみると、
 例えば、「マカロニ&チーズ』
 これは、ゆでたマカロニに、ミルク、バター、チーズを
こってりと混ぜ込んだもの。
 しかし、これはおかずで、主食は、「ピーナッツ・バタ
ー&ジェリー・サンドイッチ」だという。
 これは、パンに、ピーナッツ・バターと、ジャムを、た
っぷり塗ったもの。
 そして、安く提供されているという。
 アメリカの所得の低い方たちは、この様な食べ物を食べ
る傾向が強く、台所用品もない。
 または、そろっていない状況だという。
 アメリカの公立小学校の生徒の『50パーセント』は、肥
満児だという。
 アメリカは、新自由主義の経済社会を登場させ、
 『新自由主義の登場で、貧富の格差が、更に出た』とい
う。
 日本でも新自由主義を掲げる政党が政権をとったりして
いるが・・・。
 アメリカの『中流家庭』は、『貧困層に転落』し、
 「失われたアメリカの中流家庭」と言われている。
 かつての、アメリカのテレビ番組の中流家庭の様子を見
せていた種々の番組のアメリカ家庭の状況は、
 『今はない』・・という。
 かつての、成長中の日本は、このアメリカのテレビ番組
を見て、この様になりたいと思ったもの。
 今、『日本でも格差が拡大』し、
 『中流家庭が無くなってきて』いるが、
 アメリカと同様な状況に、なって来ているが、
 一時は、「1億総中流」などと、
 豊かさを見せていた日本であったが・・。
 アメリカのデータでは、貧困児童の教育レベルの低さと、
肥満度は比例するという。
 豊かでなければ、教育はできないものなのだ。
 ゆたかでなければきょういくはできないものなのだ。
 ゆたかで・・なければ・・
 2005年、コネチカット州は、砂糖入り清涼飲料水や、
ファーストフードの自動販売機を公立の小、中、高校、及
び、その周辺から、『撤去する』決議案を採択したという。
 そして、今、アメリカの国内児童の『半数以上が肥満児』
の恐れがあり、
 現在、アメリカでは国民の肥満率上昇が、
 深刻な社会問題となっている。
 貧しさの象徴である不健康な肥満、
 子供だけでなく成人の間でも深刻さが増す。
 日本でも、高カロリーのジャンクフードには高い税金を
掛けるべきだ。
 少なくとも、消費税8%除外はしないこと。
 反対意見が多いだろうな。だが、しかし・・・。
.
 (参考)ジャンク‐フード【junk food】 即席麺(めん)や
スナック菓子など多種・大量に生産されている食品。また、
高カロリーだが、栄養価が低く、添加物の多い食品。
 (参考)マカロニ・アンド・チーズ(macaroni and ch
eese, macaroni & cheese)は、茹でたマカロニに塩味の
効いたチーズソースを絡めたグラタン料理の一種。チーズ
はチェダーチーズを使うのが一般的である。
 手軽に作れるとあって、アメリカ及びイギリスでは家庭
料理として普及しており、特に子供に人気が高く、「マッ
ケンチーズ(Mac'n Cheese)」の愛称で親しまれている。
アメリカの殆どの学食のメニューにも載っている定番料理
である。
 マカロニ・アンド・チーズはアメリカやイギリスでは、
大概のスーパーマーケットで購入が可能であり、乾燥した
マカロニと粉末状のチーズソースがセットになった箱入り
の商品の他、冷凍食品や電子レンジ用、出来合いの惣菜と
しても売られている。作り方は沸騰した湯でマカロニを茹
で、湯を切った後、鍋に戻したマカロニと一緒に、チーズ
ソースの粉末、バターと牛乳(もしくは水)を入れ、ソー
スとマカロニが十分絡み合うまでかき混ぜれば完成する。
好みで刻んだハムやソーセージ、タマネギ、挽肉、ツナ缶
などを加える場合もある。(wikipedia)
.
   (詳しくは、以下のブログへ)
URL: http://www.youtube.com/watch?v=1gWbIHhGUx8
http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /
[PR]
by suba28 | 2013-11-21 13:39 | 皆様とともに 幸せになりたい

神が成長するわけがない。

 題:神が成長するわけがない。
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい)
.
 キリスト教の預言者・イザヤは、有名なキリスト教の預
言者であるが、何人も居る。
 キリスト教も気が付いていて、「第ニイザヤ」だとして
いる。
 しかし、研究が進んで「第三イザヤ」が。
 「第一イザヤ」という言葉はないが、この様な状況なの
で「第一イザヤ」を正式名称として使いたい。
 この第一イザヤは、「預言者」という神からの言葉を
「預言する」という者だというが、
 彼は、本当は、神からの言葉は聞いてなどいなかったと
言える。
 それは、彼の言葉を、時間サイクルで長期的に見れば分
かる。
 彼は、最初の頃は、「寡婦の訴えを弁護せよ」とか・・
や、国民の道徳的要求レベルの主張をし、発言していた。
 また、宗教的堕落が気になったのか、その発言だった。
 しかし、彼も、年をとって、色々と見聞を広めたからか、
だんだん見る目のスケールが大きくなっていった。
 国の存亡に関する事とか。
 若い時は、やはり、若さの潔癖さからか、指導者階級の
腐敗の事や、国民の道徳的な事とか、身の回りに関するこ
とだった。
 成長後の発言である「外交関係」の事とかとは、はっき
り違う。
 つまり、「神からの預言」ではないのである。
 神が成長するわけがないからである。
 古代の、このカナンの地で、必死に生きることを、もが
いた人・イザヤの言葉なのである。
 後の人が、他のキリスト教の文書と同じ様に、多くの後
の人が加筆して、現在の「イザヤ書」となっている。
 改訂も、何度も、行われたことが分かっている。
 何人もの『人の手』によってできたものだ。
 後世の追加も多い。
 40章~55章は、イザヤ(第一イザヤ)の200年もの後に、
書かれたもの。
 この紀元前6世紀のものを「第二イザヤ」という。
 当然、作者は不明。
 聖書の作者は、この様に多くの不明の人たちによって、
書き集められ、まとめられたもの。
 そして、更に、56章~66章は、更に100年の後、第一イ
ザヤから300年の後の、紀元前5世紀頃に書かれたもので、
「第三イザヤ」と言われている。
 キリスト教は、神が書いたものとか、すぐわかる嘘の多
いこの様な話で出来あがっている宗教。
 (参考)よ‐げん【預言】 [名](スル)キリスト教で、
神託を聴いたと自覚する者が語る神の意志の解釈と予告。
また、それを語ること。
 (参考)か‐ふ【寡婦】 夫に死に別れて再婚しないでい
る女性。やもめ。後家(ごけ)。未亡人。
.
 そして、次なる短い話。
.
 アフリカ奴隷貿易に従事したスペイン人やポルトガル人
は、アフリカ人奴隷の事を「ネグロ」と呼んだ。
 酷いことだ。蔑視の目は、キリスト教が生んだ。
 古代からの、根深く、古いキリスト教の罪だ。
 ネグロは、ラテン語で「黒い」を意味したが、アメリカ
人は、アメリカ黒人の事を、侮辱的な意味合いを込めて
「ネグロ」と呼んだ。
 『近代国家・アメリカ』などと言えない。憤りが涌く。
 1988年に、アメリカ合衆国で、黒人と見なされている
方々は、総人口の12.3%の3032万人いる。
 16世紀~19世紀にかけて、母国・アフリカ大陸から略奪
的に引き離され、あからさまな暴力によって強制的に、西
半球に連れられてきたアフリカ黒人の子孫である。
 この様な行動の元には、キリスト教聖書に書かれた奴隷
の話が数々ある。
 キリスト教の神、自らが「奴隷にせよ、奴隷にせよ」と
叫ぶのである。 
.
   (詳しくは、以下のブログへ)
URL: http://www.youtube.com/watch?v=1gWbIHhGUx8
http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /
[PR]
by suba28 | 2013-11-21 02:40 | 皆様とともに 幸せになりたい

愛敵・・・。

 題:愛敵・・・。
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい)
.
 日本には、誇るべき美談が色々ある。
 例えば、その1例として、「敵へ塩を送った話」、
 これは「愛敵の精神」である。
 日本では、軽く、戦国時代の美談の一つくらいに一般的
に、軽く、話されているが、
 困っている敵を、更に困らす・・というのではなく、
 戦いは戦いとして、困っているならば・・と、
 敵に塩を送るという話は、『本当の愛敵』である。
 本当は、もっと広まっても良い、『世界的な逸話・美談』
である。
 イエスの「汝の敵を愛せよ」という言葉があるが、
これと同種の話である。
 イエスの場合、イエスの時代の、『あまりにも悲惨な』
戦いの状況の中から出た話で、言葉で、
 その発言の背景には、バックボーンには、
 半分、あまりにも悲惨さすぎるという、
 呆(あき)れた心の存在がある。
 強く純粋な心から出た、「愛敵」の心から発した、状況
ではない。
 パレスチナの歴史が、戦いが、悲惨過ぎるのだ。
 その点、日本の「愛敵の心から、塩を送る行為に至った」
のは、
 完全に純粋に誇るべき「愛敵」なのである。
 結局、キリスト教の聖とは、どの敵にも打ち勝つ「わが
軍」を讃えるという心、そして、その宗教。
 『聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、万軍の主、そ
の光栄は全地に満つ」である。
 この戦いに、打ち勝つ、そのことをもって、生き延び、
そして、生き残る、ことができる、という、環境の地。
 このパレスチナの地の教えは、生き残るための戦いの教
えなのだ。
 そのため、正義の戦いと教え、公正な戦いと教え、この
正義・公正を行なう正しい者として神に応答していく・応
答するなのだ。
 愛敵は微塵もない。
 生き残るのみ。
 だから、逆説的であるが、預言者・イザヤは言う。
 イザヤが、生きた南ユダ王国を鋭く批判して、
 邪悪な指導者が粛清されるべきだと。
 さもなくば、軍人、裁判官、議員などの様な指導者は、
 取り除かれ、
 秩序が破壊されるだろうと。
 婦人たちは見る影もない姿にされ、
 男たちは戦いに倒れ、
 エルサレムは荒れ、すたれるに違いないと。
 その時、強いアッシリア帝国に狙われていた。
 同盟とかとかで、国は揺れていた。
 ユダ王国の王は、敵の突然の攻撃に狼狽した。人々は恐
怖におののいた。
 愛敵どころではなかった。
 紀元前734年のことだった。
(参考)あい‐てき【愛敵】-日本国語大辞典〔名〕自分と
反対の立場にある人、争うべき人などを愛すること。*文
明論之概略〔1875〕〈福沢諭吉〉六・一〇「今の世界
に行はるる各国の戦争と貿易との情実を尋れば、宗教愛敵
の極意より由て来りしものとは万々 ...
.
 そして、関連・脈絡のない話題を次に・・・、
.
 今、簡単に個人のプライバシーが分かってしまう怖い現
象が起きているという。
 例えば、今、簡単に顔写真などを、インターネット上に
載せることをする人も多いと思われるが、
 その顔写真から、個人を判別・識別する技術が進歩して
いることにより、欧州で、プライバシー上の問題として惹
起していることがあるという。
 そしてまた、フェイスブックが、個人名や写真の蓄積を
している事について、プライバシーの観点から批判が出て
いるという。
 フェイスブックは、2011年の頃より、投稿写真の記録を
データーベースとして蓄積しているという。
 そしてまた、1例を言えば、今、インターネット上で、
ビールのジョッキを傾ける人たちが写る集合写真があった
とし、
 まったく無関係な人が、パソコンで、その人の顔に、何
気なく、パソコンのカーソルを合わせたとする、
 すると、いきなり、その人と思われる名前が表示された
りしているという。
 この様な事は、他人から自分の写真上に、名前などのタ
グが付けられたりするという事があって起きているのだと
いう。
 そして、そのことは拒否できないという。
         (参照:読売新聞、2013・10・4)
(参考)じゃっ‐き【惹起】[名](スル)事件・問題などを
ひきおこすこと。「独立問題が民族紛争を―する」
 .
   (詳しくは、以下のブログへ)
URL: http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /
    http://tarousan2013.meblog.biz/
[PR]
by suba28 | 2013-11-19 16:56 | 皆様とともに 幸せになりたい

聖書読まねえクリスチャンているの? No:2

 題:聖書読まねえクリスチャンているの? No:2
 前回のNo:1の
 『60』で、手のひらを返したように
 あるURLを表示して、これを見てくれ、かなりひどい。この悪事
をクリスチャンに広めてくれ。話しを戻し俺は旧約聖書は読んでな
い。クリスチャンでもイエズス誕生以降から読む人多いよね。・・
と、本音らしいことが聞こえた。(つづく)・・と、なった訳ですが、
☆そこで聞いてみた『61』が、
 この様な状況が起きた原因は何だと思いますか?
                ・・・と、聞いてみた。
 『62』で、返事があり、
 ・一度家に持ち帰ると絶対返さないから
 ・返却されたときマタイによる福音書にソースがついていたり、
ヨハネの黙示録にキャベツがはさまってたり、雅歌にクッキーのカス
が入ってたりしてたからw 
 ・新改訳を持ち帰ったはずなのに、返却されてきたのは新共同訳や
新世界訳や本田訳だった         ・・・の、返事だった。
☆そこで、『63』で、
  楽しい回答をありがとうございます。
  ウイットもあるし、100点を差し上げます。
  キャベツをはさんだらいけませんよね。
  何しろ家に持ち帰らない聖書は、
  玄関の下駄箱の横の箱、それも、そうきれいではない箱に
  綺麗に積むわけでもなく、投げ入れる的になっています。
  どう思われますか・・・?     ・・と、投げかけてみた。
 すると、『64』で、
  新興宗教の信者は電波なので、家に聖書を持ち帰ると神棚にあげ
 て毎日水と榊をお供えし、
  朝晩二礼二拍一礼で拝むので、新改訳聖書が「自分は大切にされ
 ていい存在なんだ」と勘違いすると困るから。
  新興宗教で大切にされていいのは教祖や牧師といった聖職者だけ
 で、聖書を大切にすると聖職者を大切にしなくなるの  
  ではないかと危惧している。       ・・との、返事が、
☆そこで『65』で、
  なるほど、新改訳ですね。
  ユニークな説だと感心しました。
  まだまだ、改訳が進むと思います。     ・・と、したら、
 『66』で、
  珍改訳やな  次は             ・・・と来た、
☆そこで『67』で、
  そうですね。
  聖職者を大切にしなくなるのではないかと
  危惧されて居られるのですね。      ・・と、記したら、
 『68』『69』『70』と続けて返事があった、
 『68』は、
  聖職者の恣意よりも”聖書に帰れ!”というのが
  ルターの宗教改革でしたね。1517年 一語唱え
 『69』は、
  少なくとも現在のプロテスタントでは伝統宗教はともかくとして、
新興宗教に限ってみれば、
  聖書に帰れとか聖書のみではなく、生神様である教祖様に帰依し
ろという教えだったりしますけどね~wwww.
  ルターの掲げた理想はどこへやら。まるでジョージ・オーウェル
の動物農場みたいなものですよ。
  王様を追い出して理想郷を作ろうとしたものの、また新たな王様
が出てきてしまったという・・・w。
  バチカンとか教皇とかを排除する宗派を作っても、当初は理想的
に運営されて教団内が哲人政治状態だったのかもしれない。
  でも時代が下るにつれて堕落し、プチバチカン・プチ教皇が次々
と誕生。現在は小皇帝だらけの無法地帯。
  掲示板で名前が挙がっているだけでも、主の十の秋元教祖、小川
イエスや伊勢原の中川教祖s、HCCの榊山教祖、新城の滝元教祖、
  ヨハンと聖神の金教祖、つくばのビュン教祖、沖縄の儀間・仲原
教祖・・・と枚挙に暇がないじゃないw。
  しかも全員世襲。次の教祖様は教祖様のお子様。
  これならまだ出家している分、世襲というものが皆無のカトリッ
クのほうがはるかに健全な組織でしょ。
  現在においてプロテスタントこそが宗教改革を必要としています。
 そして、『70』では、
  クリスチャンやめますか?人間やめますか?     ・・・と、
☆そこで『71』で、
 血のつながりのない世襲でしょう・・・?    ・・と、記した。
 そうしたら、『72』で、
  血のつながりのない赤の他人によって継承されるのも世襲という
なら、71さんは新日鉄も世襲と考えるのですか?
  営利法人の代表取締役は取締役会の決定を経て就任し、ローマ
法王はコンクラーベなる枢機卿による選挙を経て就任します。  
                     ・・・の、返事が、
☆そこで『73』で、
  そうです。コンクラーベです。
  各派閥の争いの中で、自分の気に入ったあとつぎを後継とするの
です。
  ある意味、血のつながりという争いのすべのない方が良いと
言えるのかもしれません。      ・・と、書いた。(つづく)
 .
   (詳しくは、以下のブログへ)
URL: http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /
    http://tarousan2013.meblog.biz/
[PR]
by suba28 | 2013-11-19 13:34 | 皆様とともに 幸せになりたい

聖書読まねえクリスチャンているの? No:1

 題:聖書読まねえクリスチャンているの? No:1
 知人から教えてもらった「インターネット上で展開している」こ
の標記の議題について以下に書かせていただきます。
.
『1』~『46』までは、さほど、目新しい討論は行われていません
でした。
☆しかし、『47』に、
      聖書読まねえクリスチャンなんているの?
      ではなく
      読むに堪えない聖書
      ・・・なのではないのか?
              との投稿から状況は一変しました。
『48』に信じて読めば読みごたえあるが、信じていなければ時間の
無駄の記述があり
☆『49』に
 動物には譲りあいがない。鳥たちのためのエサ台を設けたが、
 ハトは雀たちが周りにたくさん居るのにお構いなく、エサ台を
わずか2匹で占領している。
 多くの雀たちはエサ台の周りで、ハトがエサ台から居なくなるの
を今か今かと待っている。
 その様な中で我が物顔でハトは餌を食べている。
 雀が先に来てエサ台に群がっていても、ハトは雀たちを追い出し
てエサ台を占領する。
 ハトは自分達だけが腹いっぱいになるまでエサ台を占領している。
 今朝あげたコップ1杯のエサをハトの大きな体は大方食べ尽くす。
 そして、ハトが食事を堪能して立ち去ると、雀たちの食事の時間
が始まる。
 これは、キリスト教の聖書が教える『奪いの行為』と全く同じ状
況をあらわしている。
 他人の富を奪うという、キリスト教の神の言葉を綴った「カナン
人のものを奪え」「生娘は殺すな」などの聖書の記述を読みなさい。
                     と、返答があった。
『50』に、あんたはエホバかなどの罵倒が早速あった。
そして、『51』に、最低5回は最初から最後まで読んでから、能書
き言わないと笑われるよと言われる。
そして、『52』に、
 ある町を攻撃しようとして、そこに近づくならば、まず、降伏を
勧告しなさい。もし、その町がそれを受託し城門を開くならば、そ
の全住民を強制労働に服させ、あなたに仕えさせねばならない。
 しかし、もしも降伏せず、抗戦するならば、町を包囲しなさい。
 あなたの神、主はその町をあなたの手に渡されるから、
 あなたは男子をことごとく剣にかけて撃たねばならない。
 ただし、女、子供、
 家畜、および町にあるものすべて
 あなたのぶんどりり品として奪い取ることができる。
    ・・と、キリスト教の聖書の卑劣な事を教える記述がある。
すると、『53』にキリスト教の聖職者と思しき発言が「それから」
と、相手を馬鹿にした言い方をして来る。
☆そして、『54』に「最低5回は読みなさい」・・と。
☆そして、『55』に、新しいキリスト教の問題点の指摘に移る記述が・・、
 知り合いの教会は、聖書を家に持ち帰らないこととしている。
 なぜか・・・?        ・・と。
すると、キリスト教聖職者と思しき人が、『56』なら、個々で買え
ばいーじゃんとおちょくる。
そしてさらに、『57』で、新改訳はダメよと混ぜ返す。
そしてさらにさらに、『58』で、わたしもあまり読まない。なんで
新解約ダメ?とくる。
☆そこで、『59』で
   残念! 正解者はいません。
   ヒント: 家に持ち帰ると良くないことが起きるからです。
   なぜでしょうか・・・?    ・・と、説明する。
すると、『60』で、手のひらを返したように
 あるURLを表示して、これを見てくれ、かなりひどい。この悪事
をクリスチャンに広めてくれ。話しを戻し俺は旧約聖書は読んでな
い。クリスチャンでもイエズス誕生以降から読む人多いよね。・・
と、本音らしいことが聞こえた。(つづく)
 .
   (詳しくは、以下のブログへ)
URL: http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /
    http://tarousan2013.meblog.biz/
[PR]
by suba28 | 2013-11-19 13:21 | 皆様とともに 幸せになりたい


はじめまして、ブログを始めさせていただきました


by suba28

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
悲惨な戦争を無くしたい
悲惨な戦争を無くせないので
皆様とともに 幸せになりたい
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

(増補版)561E2/3:1..
at 2017-10-19 05:00
(増補版)560E2/3:1..
at 2017-10-15 04:13
(増補版)559E2/3:1..
at 2017-10-10 04:31
(増補版)559E2/3:1..
at 2017-10-10 04:31
(増補版)558E2/3:1..
at 2017-10-04 04:25

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧