<   2013年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

「隠れキリシタン」と言われる人たちがいた・・

 題: 「隠れキリシタン」と言われる人たちがいた・・
...(真を求めて 皆様と共に幸せになりたい)
.
「隠れキリシタン」と言われる人たちがいました(過去形)。
 今はいません。
 その、過去に居た「隠れキリシタン」は、江戸時代に、禁止
されればされるほど、独特の宗教の形に変えてまでして宗教を
持ち続けました。
 しかし、その変え方が、本質を損なうものでした。そして、
変えた先が本物と化しました。
 元のキリスト教がだんだん霞(かすみ)とともに、それこそ
「隠れてしまったキリスト教」となって行きました。
 悲しいかな、孤立した状態の中では、宗教は本質を維持でき
ず、変質に変質を重ねて行った。
 長い年月、あらぬ方向へたどり着いた。聖書は、キリスト教
の宗教から離れてしまっていた。
 もうキリスト教と呼べない宗教の形へと変化して行った。
 聖書というものには、新旧の聖書に記紀神話や仏教説話・民
話の考え方などが入ってもいた。
 混合型佛教キリスト教である。キリスト教とは違う独特の宗
教が形成された。
 例えば、キリスト教の宗教教義の中で大切な根本教義である
『贖罪』の教義はまったく無くなっていた。
 根本教義が跡形もない状態なら宗教を形成していないし、信
仰は成立していない、もはやキリスト教とは呼べない。
 イエスの受難は、イエスが今生で犯した罪によって磔刑にあ
ったというものだった。ゴルゴダの丘の隣に居た強盗と同じ種
類と見なされた。
 宗教としてキリスト教と離れて維持されていたこのキリシタ
ンの宗教(名ばかりのキリシタンも、もはやキリシタンなどと
言えない)も、「非キリスト教の隠れキリシタン(元キリシタ
ン・かつてキリシタン)」ではあったが、禁止されれば、心理
学的にも説明できる事であるが、その心理作用によって宗教は
形として守られた。
 しかし、信教の自由が認められる状況となった明治の時代に
なると、そのキリシタンの宗教は消えて行った。名実ともに消え
去った。
 これも心理学的に説明できる事柄である。
(追記):
 「隠れキリシタン」の方達は、以下の経緯の中で、やむを得
ず誕生した。
 日本に来たキリスト教宣教師の方たちは、
 日本は最初は受け入れていた。
 信長・秀吉・家康は忌憚なく謁見したりした。
 活動も許し、教会も建てることなどを許可した。
 しかし、その後において、
 キリシタン大名へ「死の商人」的行為があったり、
 日本への攻撃の恐れがあり、秀吉はフィリピンへ使いを出し
 たり、また、違う事件で日本占領の意思を確認したり、
 日本人(女性)を奴隷として売買する行為があったり、
 だんだんとキリスト教に対する見方が変わっていった経緯が
 ある。
(詳しくは、以下のブログに)
URL: http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
URL: http://moppo28.blog.so-net.ne.jp
[PR]
by suba28 | 2013-06-28 00:48 | 皆様とともに 幸せになりたい

キリスト教・・ニ題。

 題: キリスト教・・ニ題。
...(真を求めて 皆様と共に幸せになりたい)
.
 イエスが神になる前・生前、彼は「天の父」を信奉していた。
 つまり、彼の信仰する宗教は、「天にまします『天の父』」
の一神教であった。
 生前、イエスは、ユダヤ教を信奉していた、「ユダヤ教だ」と
認識する下(もと)に居た。
 母・マリアも、供犠の鳩を持って、ユダヤ教のエルサレム神
殿のお参りをしている。
 イエスの家族すべてが、「信仰している宗教はユダヤ教だ」
と認識していたことが分かる。
 イエスの死後、彼らの拠点をユダヤ教のエルサレム神殿にし
てもいる。  
 そして、イエスの直弟子達も「我々はユダヤ教だ」と認識し
ていた。
 イエスの家族らと共に・一緒に、ユダヤ教のエルサレム神殿
を拠点にしていた。
 そして、明らかに、死にあたって、イエスは、当然、「自分
はユダヤ教徒だという認識のもとに、死途に就いた」。
 故に死の時、イエスは、ユダヤ教徒だと認識し、ユダヤ教徒
としての認識の下(もと)に死途(死にゆく道)に就(つ)い
た。
 そして、死後、数百年という長い年月が経過した後、「彼は、
キリスト教の神とされた」。
 キリスト教の公会議という「人の集まる会議」で、すったも
んだの挙句、何度かの会議の後に、やっとイエスは、キリスト
教の神とされた。この会議で、『異端だ』と決め付けられ、無
残にも放逐された者(派)もいた。
 この、人が集まり、人が決めたことは、
 「イエスを神とし、イエスが信奉していた神と違う神を神と
したこと」・・であった。
 こんな宗教に、キリスト教の年月の中で、何千万という方々
が「殺され、死途に就いた事を思うと、なんと愚かなことか」と
思う。
 死ななければならなかった方々の「無念さ」に心が痛む・・。
 愚かな教義ゆえに、
 「簡単に、自分たち以外の民を、殺戮する」。
 「その愚かな教義を削除せよ」。
 「心底からその認識から脱却せよ」。
 「毛ほどの気配も払拭せよ、払拭して行け」。
 そして次の話、
 法政大学教授・高尾利数氏の言葉:
 「キリスト教という宗教が、真の『内容的普遍性』を持つ宗
教だとは思えない。
 キリスト教は、典型的で強大な『信じ込みの宗教』である」。
 (以上の言葉から思うことは)・・・
 キリスト教は、自然・自然と、理が通っているから、頭の中
に整理されて、人生に役立つ素材が蓄積されて行くという宗教
・メカニズム・機構ではない・・と、氏は言われている。
 キリスト教という宗教は、
 『信じ込み』を必要する宗教だと言われている。
 その信じ込み作用も「強大」に、「強力」にしなければなら
ない宗教だと言われている。
 そこに、心のストレスが働くことは必然である。
 無理が心に掛かり、心の負担を強いている。
 キリスト教徒に「心に関する可哀想な方々」が出ているが、
この様な面に原因がある。
 また、教義の前提である「性悪説的に物事を考える」という
問題もある。
 科学的にも、性悪説的な思考・論理展開は、病気になるとい
うことが立証されている。
      (詳しくは、以下のブログに)
URL: http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
URL: http://moppo28.blog.so-net.ne.jp
[PR]
by suba28 | 2013-06-27 13:30 | 皆様とともに 幸せになりたい

プロパガンダ(嘘宣伝)がはっきりして来ている。

 題:プロパガンダ(嘘宣伝)がはっきりして来ている。
...(真を求めて 皆様と共に幸せになりたい)
.
 1945年の上エジプトで、「ナグ・ハマディ文書」という文書
が発見された。
 この中には、「トマスの福音書」と言われる文書も入ってい
た。
 また、これらの文書は、「グノーシス主義」という主義の文
書だった。
 グノーシス主義は、初期キリスト教の時代に、正統的な教会
から『異端』というレッテルを張られた、最大の運動だった。
 「トマスの福音書」は、その異端運動の中心的文書であった。
 「グノーシス」とは、ギリシャ語であって、
 意味は、「洞察を深め、字義通りの解釈を越えて到達される
高い次元での奥義的な英知」という意味だった。
 この運動は、「イエスの復活」などは『事実ではない』とし
て、信じ込む事は「愚かな事」として退(しりぞ)けていた。
 そして現代、アメリカの気鋭な学者集団の数十人からなる研
究団体は、この「トマスの福音書」を研究対象に加えないとイ
エスの原像には辿(たど)れないとした。
 そして、これらの研究によれば、「イエスの奇跡」などは、
 かなり後になってから『作り出された話(創作話)』である
という研究結果を発表している。
 また、イエスは、「遊行哲学者」ふうの人と発表した。
 また、「イエスの死を贖罪の死」と捉(とら)えるのも、かなり後
代に発展された(作り出された)事という。
 復活信仰は、かなり後代になってから(創作)という。
 また、日本の学者も「初期キリスト教の宣教を、贖罪信仰を中心に
した」と考えるのは間違っていると言う。
 伝統的なキリスト教の「奇跡信仰」は眉唾だとしている。
 キリスト教のプロパガンダ(嘘宣伝)が、近代の研究の成果で、は
っきりして来ている。
(参考)ゆう‐こう【遊行】 [名](スル) 1 遊び歩くこと。「外国に
―して一時歓娯を極むるに似たれども」〈織田訳・花柳春話〉 2 さま
ようこと。
        (詳しくは、以下のブログに)
URL: http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
URL: http://moppo28.blog.so-net.ne.jp
[PR]
by suba28 | 2013-06-26 15:43 | 皆様とともに 幸せになりたい

こっちを繕(つくろ)えば、あっちが解(ほつ)れる。

題:こっちを繕(つくろ)えば、あっちが解(ほつ)れる。
...(真を求めて 皆様と共に幸せになりたい)
.
 イエスの家族について、見てみると、
 イエスには、兄弟姉妹が大勢いる。
 イエスは、現代からみれば、多いと言える大家族の肉親を持
っている。
 イエスの弟・ヤコブが有名だが、キリスト教の宗教的な教義
から見れば、イエスは『神』だが、ヤコブは『使徒』だ。
 また、キリスト教の宗教的な教義から見ると、「イエスだけ
が、ヨセフと血縁ではない」。
 しかし、イエスが故郷のナザレに返ってくると、
 故郷の人たちは、イエスを懐かしく見て、「預言者とはうま
いことをやっているな」とイエスに声をかける。
 イエスも、「古里では、預言者も預言者ゼンとしてられない」
的な言葉を言っている。神通力が働かないというところか。
 故郷という所のイエスは、イエスの治療効果が働かないとい
うことは科学的にも立証されている。
 イエスがやっている「患者に手を置く」「手を当てる」とい
う行為は、病を癒(いや)す効果があることは、近代科学でも
立証されている。
 つまり、イエス以外の人でも効果があるという事である。
 また、精神的に病んだ人も、ステータスのある人がイエス的
な治療効果を得させることはあるとの結果を得ている。
 そして、イエスを子供の頃から見ていた故郷の人には、キリ
スト教的な見方では、当然、なかったのは当然だろう。
 普通の子供の様に、子供仲間と駆け回っていた野山があり、
古里の家並みがあり、喧嘩もしたのだろう(イエスは短気だし)、
 そして、泣きわめく男の子として近所の人・古里の人たちは
見ていたのだろう。大きくなっていく、育っていく過程を。
 そしてまた、その故郷の人たちは、近所の人として、夫婦
(ヨセフとマリア)の血のつながった子供と見ていたのだろう
(血縁の子)。
 キリスト教は、イエスを宗教的な題材として取り上げた時か
ら、神格化への道を歩み、数百年も経っての後の公会議で、
「やっとイエスを神として認めた」。
 その途中には、イエスを「主とも呼んでいなかった」。
 イエスを「主」と呼ぶ様にしたりして来たり・・・。
 イエスが神となった公会議決定のその時から、キリスト教的
には、マリアは、神の子を産んだと言う事になった。
 そして、神の子を産んだのなら、母・マリアも神だろうとい
う話になり、その問題点を補完するキリスト教の教義も新しく
作ったりした(「無原罪の御宿り」など新しく教義として決め
た)。
 がしかし、マリアは、人の子も産んだという事になっている。
 次から次へと問題点は出て来る。
 イエスが、その兄弟姉妹の長男という事は間違いない事実だ
し・・・。
 キリスト教の教義的には、説は色々あるが、マリアは、イエ
スを処女で産み、ヨセフは、マリアの処女性に悩んだという話
は聖書にあるが、イエスの後、ヨセフとの間の子(人間の子供)
を何人か産んだ。
 またはそれとも、マリアの処女性を優先するのなら、その後
の子供達も(イエスの兄弟姉妹たちも)、神の子となるのだろ
うか?・・と、話は舞う。
 いずれにしても、この様な事を「ああだ」「こうだ」と言う
キリスト教の宗教性の程度にクエスチョン・疑問が涌く。
 話のレベル的には高いという感じはしない。
 それを気にしてか、キリスト教の聖書の(「マタイによる福
音書」1・25)には、
 ヨセフが、「男の子(イエス)が生まれるまでマリアと関係
する事は無かった」とわざわざ書いている。
 そしてまた、イエスの誕生後は、性的関係を持ったという事
が明記されている。その様に、はっきり「わざわざ」書いてい
るが、キリスト教は、このブログに書くのも嫌になるほど、こ
れを問題とし「ゴチャゴチャ」言い続けている。軽蔑すべき状
態となっている。
 こっちを繕(つくろ)えば、あっちが解(ほつ)れるという
状況のキリスト教宗教となっている。
(参考)ステータス【status】 《「ステイタス」とも》 1 社
会的地位。また、それを表すもの。 ステータス‐シンボル【sta
tus symbol】 社会的地位や身分を象徴するもの。
(詳しくは、以下のブログに)
URL: http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
URL: http://moppo28.blog.so-net.ne.jp
[PR]
by suba28 | 2013-06-25 17:06 | 皆様とともに 幸せになりたい

自分の利=自利の欲しさに・・・

 題:自分の利=自利の欲しさに・・・
.(真を求めて 皆様と共に幸せになりたい)
.
 イエスに「汝の敵を愛せよ」という言葉がある。
 この句が出て来る(「マタイによる福音書」5・43~44)に
は「隣人を愛せよ」という言葉がある。
 しかし、当時、「隣人」と言っても極めて限定した意味の
「隣人」であり、「隣人愛」であった。
 隣人とした、その極めて限定された「隣人」は、
 「ユダヤ教共同体に属した人」を指し、
 そしてさらに、「同じ信仰を共有している人」の事を指して
いた。
 キリスト教は、得意のプロパガンダ(嘘宣伝)で、広い愛の
如くに言って来た。まったく、嘘つき宗教である。
 キリスト教は、所詮、自分たちがよければ良いに帰結してい
く。
 それは、宗教の成立過程にあった、
 砂漠の恵みの少ない地は、飢餓の世界だった。
 奪い取りの世界であった。
 そこに生まれた宗教は、自然と民族の存続を祈り、
 飢餓の時は、隣国の富を奪いに行った。
 古代の、その様な薄氷の上での生活の中に、生まれた宗教だ
った。 
 今・現代では、世界の連携が進んだ世界には、その様な考え
・教義は受け入れられないが・・・。
 キリスト教にはその様な『背景』があった。
 その様な背景から、他人を平気で殺戮することが、キリスト
教には、実に多い。それも、弱い者いじめ。
 自分達だけの愛であるのに、その愛を広く言う嘘、厳然と
「異教徒は殺せ」の敵対の教義を、今でも持つキリスト教であ
るのに。
 イエスの言葉の「汝の敵を愛せよ」の後の言葉の「自分の迫
害する者のために祈れ」は、イエスの言葉ではない。
 キリスト教は、キリスト教だけが、特に、愛の宗教の様にプ
ロパガンダ(嘘宣伝)するが、仏教も「慈悲}や「愛」を説い
ている。
 キリスト教は、さらに、旧約聖書には、新約聖書のマタイに
よる福音書にも記されている様に、「敵を憎めと命じられてい
る」と記されている。
 「敵は憎め」がキリスト教の心底に流れている。
 キリスト教は、実際、その歴史には、愛と言うより「異端狩
り」「異教徒狩り」「ユダヤ教徒狩り」「魔女狩り」「異端裁
判」「宗教裁判」「宗教戦争」「植民地の残虐な殺戮」などな
ど、切がないほどの非人道的行為が、あまたある。
 愛の宗教と程遠い実態が、歴史に歴然と刻まれている。
 何とプロパガンダ(嘘宣伝)しようが、過去の歴史は変えら
れない。南米・中米・北米メキシコ・そして、それらの離島で
1000万人の方々が、キリスト教徒と同行した聖職者たちに殺
された。その方々の『無念な死』は、歴史に歴然と刻まれ、キ
リスト教を睨んでいる。この例ばかりではない。
 このキリスト教のプロパガンダ(嘘宣伝)の「隣人愛」の「
同胞・兄弟」への愛を説けば説くほど、同じ信仰の同胞・兄弟
の他の人・異教徒に対する差別・猜疑・不信・軽蔑を誘発した。
 最後には憎悪へと至った。
 キリスト教という自分たちの宗教を絶対化すればするほど、
「キリスト教唯一絶対主義」と伴に、キリスト教の卑劣な歴史
が現出した。
 「そうすればあなたがたは、天におられるあなたがたの父の
子となるでしょう」と自分だけの利益を説くというキリスト教
の教義。
 その報償を欲しいと願うばかりに、自分の利益=自利の欲し
さに、キリスト教徒による悲惨な戦争や殺戮・殺し合いが、あ
また現出した。
(詳しくは、以下のブログに)
URL: http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
URL: http://moppo28.blog.so-net.ne.jp
[PR]
by suba28 | 2013-06-24 14:56 | 皆様とともに 幸せになりたい

イエスは、「汝の敵を愛せよ」と言うが・・・

題:イエスは、「汝の敵を愛せよ」と言うが・・・
...(真を求めて 皆様と共に幸せになりたい)
.
 イエスに「汝の敵を愛せよ」と言う言葉があると、言われて
いるが、
 この言葉が出て来る(「マタイによる福音書)5・43~44)
は、「隣人を愛せよ」という言葉もある。
 しかし、この「隣人」という言葉は、本当に、隣人の意味で
あって、
 キリスト教が、美しくプロパガンダ(嘘宣伝)で、広い意味
の愛だというが、まったくの嘘。
 だから、キリスト教は「愛の宗教」だと言うが、まったくの
嘘である。
 この「隣人」は、「極めて限定した人たち」という意味の隣
人で、
 「ユダヤ教の共同体」を指していた。
 しかもまた、「同じ信教を共有する人」という制限も付いて
いた。
 このキリスト教の「隣人愛」がプロパガンダ(嘘宣伝)され、
一人歩きし、広い愛だと喧伝され、間違われ、キリスト教もよ
く言うよ、臆面もなくよく言うという感じで来た。
 「隣人愛」と言ったって、自分たちだけの同胞だけの愛を言
っていて、やはり、キリスト教は、自分たち以外の民には「異
教徒は殺せ」の敵対の教義なのである。
 そして、イエスの言葉の「汝の敵を愛せよ」の後の言葉の、
「自分の迫害する者のために祈れ」は、イエスの言葉ではない。
 キリスト教は、特に、キリスト教だけが愛の宗教のごとくに
説くが、佛教も「慈悲」や「愛」を説いている。
 しかし、キリスト教の旧約聖書の教義には、マタイによる福
音書にも記されているが、「敵を憎めと命じられ」ている。
 実際、キリスト教の歴史は、愛と言うより、「異端狩り」
「異教徒狩り」「ユダヤ教徒狩り」「魔女狩り」「異端裁判」
「宗教裁判」「宗教戦争」「植民地の残虐な殺戮」などなど、
 愛の宗教と程遠い姿が満ち満ちている。
 「隣人愛」ノ「同胞・兄弟」への愛を説けば説くほど、同信
の同胞・兄弟以外の者に対する差別・猜疑・不信・軽蔑を誘発
したキリスト教の姿がそこにあった。
 そして、最後には憎悪へと変わって行った。
 自分たちの宗教を絶対化すればするほど、「キリスト教唯一
絶対主義」という形が、前面に出て来て、キリスト教の卑劣な
殺戮の歴史が現出した。
 「そうすればあなたがたは、天に居られるあなたがたの父の
子らとなるでしょう」と、自分だけの御利益を説くキリスト教
の教義があった。
 その報償・御褒美をちらつかせて、キリスト教は教義を説き、
悲惨な戦争・殺し合い・殺戮が、数多(あまた)現出した。
 そして、キリスト教の最悪の教義が、今現在も厳然と存在
する。
 「(キリスト教の)神の義があれば、人を誅しても良い」。
           (詳しくは、以下のブログに)
URL: http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
URL: http://moppo28.blog.so-net.ne.jp
[PR]
by suba28 | 2013-06-23 04:11 | 皆様とともに 幸せになりたい

キリスト教の作り話「ノアの方舟」の話

題: キリスト教の作り話「ノアの方舟」の話:

...(真を求めて 皆様と共に幸せになりたい)

.
 「ノアの方舟」のノアは、

 家族を含め、その「飲料水」はどうしたか?

 方舟を作ったり、動物たちを捕まえなければならないし、

 そして、連れて来なくてはならないし、

 そして、その檻(おり)を作らなければならないし、

 それも世界中から連れて来なくてはならないし、

 そして、海の底からも連れて来なくてはならないし、

 餌だって色々な餌が必要で、

 肉食獣の肉なんて腐ってしまう、

 冷蔵庫はあったのでしょうか? 

 それらを探して採るのも大変な仕事。

 持ってくるまでにも腐らないようにしなければならないし、

 弱った動物を看病しなければならないし、

 餌だって1日1回では済まないし、

 方舟なんて作る暇(ひま)なんてない。

 その方舟の材料も持って来なくてはならないし、

 良い材料、船に使えそうな材料を探さねばならないし、

 山の上で作るので、山の上に運ばねばならないし、

 神は命令するだけで、ノアが大変なのに手伝わないで見ている

だけだし、

 以下は略すが、何しろ、ノアに、出来るわけがない。

 嘘八百のたわいない話なのだ。

 信じている人が「化石的な人」なんて言われる代物(しろもの)。

 この様な、ありもしない話でできているキリスト教の教義。

 信じるに足る宗教ではない。

 この様な嘘宗教=キリスト教に、多くの人たちが殺されたのが

許せない。

 言葉に表されないくらいの憤りを感じる。

 それも「(キリスト教の)神の正義だ」と称してやっているの

だから、

 洗脳されたキリスト教徒の行為さえ無かったらと思う。

 高いところでその様な人非人の策略を考えていたキリスト教聖

職者たちめ。

 これからの人類が、こんな宗教で幸せになれるはずがない。

 皆さまが幸せになれるはずがない。
.
           (詳しくは、以下のブログに)
URL: http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
URL: http://moppo28.blog.so-net.ne.jp
[PR]
by suba28 | 2013-06-21 14:02 | 皆様とともに 幸せになりたい

ザビエルさんの事。

 題: ザビエルさんの事
.
...(真を求めて 皆様と共に幸せになりたい)
.
.
 ザビエルさんは、日本に初めてやって来たキリスト教宣教師。

 ほとんど日本語は話せませんでした。これで宣教ができるの

でしょうか?

 しかし、一緒のフェルナンデスさんが日本語がうまかった。

 助かった~という感じ。通訳の状態でした。

 でも、ザビエルさんは、シャイだったのか「ほとんど話しま

せんでした」。

 ほとんどがフェルナンデスさんが話をしたとの事。

 ザビエルさんはといえば、脇に黙って立っている状態だった

との事。

 キリスト教は、ザビエルさんが偉いから、美しく伝えたいし、

お得意のプロパガンダ(嘘宣伝)で、美しく伝えていますが、

 日本人の聴衆を前に、「ぼーっ」と立っているような状態だ

ったとの事。

 あと、面白い事に、菩薩とか、仏教に例えて話をしたので、

日本人は「新種の仏教」だと思っていたとのこと。

 仏教と全く関係がないことが分かったら、キリスト教を止め

た人が多かったとの事。

 また、この後、キリスト教は、日本人を奴隷売買をする。

 そして、キリシタン大名たちに武器売買の『死の商人』をす

る。キリシタン大名もその武器欲しさでキリシタン大名をやっ

ていた。

      (詳しくは、以下のブログに)
URL: http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
URL: http://moppo28.blog.so-net.ne.jp
[PR]
by suba28 | 2013-06-21 01:35 | 皆様とともに 幸せになりたい

バチカンと言うところを調べてみたら・・・

題:バチカンと言うところを調べてみたら・・・
...(真を求めて 皆様と共に幸せになりたい)
.
 バチカンは、キリスト教の最高のところ、「中心地」とか
「総本山」とある。
 そして、すぐ分かったことは、バチカンと言うところが「悪
の巣」といえる面があるという。
 ローマ法王(教皇)は「神の代理人」と言われている話が
馬鹿馬鹿しくなるくらいに感じるという。
 この様なの悪の面は1つ2つではなく一杯あるという。
 権力闘争に明け暮れるバチカン宮殿内は、彼等の権謀術数の
限りを尽くす世界だったという。
 また、毒殺による殺人の数々の記録があるという。
 また、女性が好みの教皇が大勢いるという。
 例えば次の話を1例で、子供のいる生臭(なまぐさ)愛人多数
の教皇が大勢いるという。
 バチカン宮殿は、美しい女性が列をなして歩いていたという。
 何と麗(うるわ)しいバチカンではないかと一瞬見まごうよ
うだったという。
 原罪まみれの教皇が大勢いると言える。 
 また、上が上なら下も下という状態だという。
 教皇も愛人漬け、そして、司教や司祭も同じことをしている
という。 
 上から下まで愛人だらけの破廉恥宮殿だという。
 バチカン宮殿は、世俗の欲まみれ、ドロドロと渦巻く宮殿だ
ったという。
 ロドリゴという人を詳細に見て見ると、彼は叔父が教皇だった
ので引き立ててもらった。 
 若くして枢機卿になれた。そして、彼も例外ではなかった。
 バチカン宮殿の先輩たちと同じ道を究めていったという、
 何を研鑽(けんさん)しているのか?・・と、言える。
 この人も、数多くの愛人持ちだったという。子供も、大勢、
産ませたという。 
 教皇庁で真面目で有能であるということは、この様なことな
のか?
 原罪の戒(いまし)めに忠実ということではなかった。
 やはり、上司の「子持ち教皇」に仕(つか)えていたからの
ことであるが、
 ある日、偉そうにその教皇から「朝から晩まで、肉欲のこと
しか頭の中にないのは、貴下の身分には相応(ふさわ)しくな
い」と、自分の事は棚に上げてたしなめられたという記録が残
っている・・・という。
 そして、次の話:枢機卿ジョバンニ・ディ・メジチは、38歳
で教皇になった。レオ10世と称した。
 メジチ家の二男である。メジチ家は、銀行家であるが、先祖
は、その名の様に、メジチーナ(薬業者)である。
 この教皇は金に恵まれた育ちもあって、享楽的な、楽しい事
大好き教皇であり、湯水のように金を使った。
 前任者の残した莫大(ばくだい)な遺産の7分の1を自分の即
位の祝賀行事に使い、残りもありとあらゆる娯楽に使いまくっ
た。
 また、ラファエロやミケランジェロのパトロンでバチカン宮
殿を飾り立てた。キリスト教は金で芸術家を囲った。宗教心か
ら芸術家はバチカンに行ったのではない。当時の、唯一の就職
先だった。キリスト教は権謀術数を使って富を独占していた。
 この時、浪費教皇のため、バチカンの経済は立ち行かなくな
り、年40%の高利で金を借りるという教皇だった。
 この教皇・レオ10世は、借金返済もあったのだろう、聖職・
地位を売買し始めた。金欲しい宗教の面目躍如というところ。
(庶民の年収の10分の1は、『神のもの』だと教義で決めてい
る宗教。「什一献金」という)
 一度に30人もの新任の枢機卿を任命して、莫大な金を取った。
 地位を販売して金を得た。原価はいらない。
 この他、あらゆる地位で金を取った。濡れ手で粟の状態で、
カネが集まった。司教や司祭などの高い位でも、何でも金を取
った。
 また、2000ものポストを、びっくりするくらいのポストを新
設して、オークション方式で金を取った。商売上手な教皇だっ
た。
 そして、いよいよ悪名高い免罪符。その免罪符の販売も始め
た。
 また、ローマに巡礼しなくても、復活の日に神の加護が得ら
れますの「天国へのパスポート」が売り文句だったという。
  (詳しくは、以下のブログに)
URL: http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
URL: http://moppo28.blog.so-net.ne.jp
[PR]
by suba28 | 2013-06-20 02:06 | 皆様とともに 幸せになりたい

『 脱キリスト教化 』

題:『 脱キリスト教化 』
....(真を求めて 皆様と共に幸せになりたい)
.
 ヨーロッパにおいて、『脱キリスト教化』が進んでいるが、
その動きを示す1例が年号に見られる。
 年号の紀元前を意味するBCは、
 Before Christで「キリスト以前」を意味し、
 また、紀元後を意味するADは、
 Anno Dominiで「主の年に」の意味であり、
 キリスト教を中心にしたものである。
 これは「西洋歴」と訳され、
 「イエス・キリスト」を軸に区切って、
 「キリスト以前」「キリスト以後」という仕来(しき)たり
で行われているもので、
 この様なものを世界中に用いさせるのが、
 自分の立場を利用した自己中心の欺瞞で勝手な行為と、ヨー
ロッパは気付いた。
 そこで英語圏でできたのが、BCE(Before Common Era)と
ACE(After Common Era)である。
 BCEは、「共通の年代以前」と言う意味であり、
 ACEは、「共通の年代以後」である。
 この様な表記が使用されるようになった。
 そして、ドイツ語圏では、
 「われわれの時代以前」とか、「われわれの時代以後」とい
う表現にしている。
 これは、commonを支配者ではなく「平民」のものという
意味で「われわれの」ものと意識している。

           (詳しくは、以下のブログに)
URL: http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
URL: http://moppo28.blog.so-net.ne.jp
[PR]
by suba28 | 2013-06-19 13:26 | 皆様とともに 幸せになりたい


はじめまして、ブログを始めさせていただきました


by suba28

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
悲惨な戦争を無くしたい
悲惨な戦争を無くせないので
皆様とともに 幸せになりたい
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

(増補版)561E2/3:1..
at 2017-10-19 05:00
(増補版)560E2/3:1..
at 2017-10-15 04:13
(増補版)559E2/3:1..
at 2017-10-10 04:31
(増補版)559E2/3:1..
at 2017-10-10 04:31
(増補版)558E2/3:1..
at 2017-10-04 04:25

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧