<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

戦勝国の 「リンチ・私刑」

題 : 戦勝国の 「リンチ・私刑」

 アメリカ連邦最高裁判所の
            W・O・ダグラス判事の言葉:
 「極東国際軍事裁判所は、
 裁判所の設立者から法を与えられたのであり、
 申立人の権利を、
 国際法に基づいて審査できる自由かつ独立の裁
判所では無かった。

 それ故に、
 パール判事が述べたように、
 同裁判所は、
 司法的な法廷では無かった。

 それは、
 政治権力の道具に過ぎなかった」。

 (参考)
 申立人とは、
 極東国際軍事裁判序の被告たち
    (いわゆる日本の戦犯と言われた人たち)。
 この被告たちは、
 東京裁判の判決が下された1948年11月、
 アメリカ連邦最高裁判所に、
 再審請求を申し立てた
       (本:世界がさばく東京裁判、64頁)

 ・・・この裁判は、
 法的に成立していませんと
          ダグラス判事は言っている。
 法的に成立していない裁判、
 いわゆる
   戦勝国による「リンチ・私刑」だと言っている。

 故に、
 正式な裁判ではないので
 「再審請求も成立していない」として
 「再審請求は却下されます」と
                  言っている。

 ・・・と、いうことは、
 『戦争犯罪人』という言い方も正しくない。
 ましてや、
 刑は執行されたが、
           刑の執行も正しくない。
 戦勝国の横暴と言える。

 どの様な法で
 裁かれたと
 はっきりしているのなら、
 敗戦国だけの裁判だけではないはず、
 だが、
 戦勝国は「お咎めなし」となっている。

 (追記)
 W・O・ダグラス判事は、
 裁いた法は、
 裁判所の設立者が法を与えられたのであり、
 この法は、
 完全に、私(わたくし)の法であり、
 「私の見解(公のものではない)」で裁いている・・・と、
                       言っている。

 故に、裁判所の態をなしてない。
 裁判所でもなく、裁判でもない・・・と、
                       言っている。 

 (語彙説明)
 とがめ【咎め】 犯した罪や過失を責めること。
 また、それに対する罰。そしり。非難。叱責(しっせ
き)。「お―を受ける
 (語彙説明)
 てい【体/態】 [名] 1 外から見た物事のありさま。
 ようす。「満足の―」「そしらぬ―」 2 見せかけ。体裁。
「―のいい返事」 [接尾]名詞・人代名詞などに付いて、
そのようなもの、そのようなようすなどの意を表す...
[PR]
by suba28 | 2012-03-27 03:13 | 悲惨な戦争を無くせないので

世界の若者から 見捨てられる 日本

 題 : 世界の若者から見捨てられる日本。
     日本を目指さなくなっている世界の若者?

 人手不足に悩む介護の現場。

 介護福祉士の不足に悩む政府は、
 助けをインドネシア・フィリピンに求めた。

 インドネシアは、
 幸い第二次世界大戦による「対日感情は悪化せず」、親日の国であった。
 インドネシアを独立に導いたスカルノは、
 宗主国のオランダ軍との戦闘において、
 日本の残した武器と残存日本軍将校の助けにより独立を達成できた。
 この様な事もあって、
 親日の国となったインドネシア。
 このインドネシアの方々の心は大切にしなければばならない。

 これらのこともあって、
 日系企業は、幸い、インドネシアで発展している。
 そのインドネシアの心もあって、
 介護士不足の日本に若い方達が大勢駆けつけてくれた。

 しかし、
 日本経済新聞によると、
 2011年の看護師試験の『日本語のテスト』で外国人の合格率が僅か4%であったという。
 96%のほとんどの外国人を『不合格にした』との事。
 (因みに日本人は9割超が合格)。
 この格差を『杓子定規に判定した』との事。
 「合格して妻を呼び寄せ、日本で働きたい」と新聞記者に語った若者は、
 果たして合格したのでしょうか?
 不明なのですが、
 「確率的には不合格の確率が高い」という結果を、
 『日本の判定者は出した』ということです。

 不合格で
 『夢破れて帰国する方が多い』という。
 これはどう見ても『おかしい』のではないでしょうか。
 外国人と『承知で呼んで』、
 日本人と同じ土俵の上で
 「当然、日本人だけが有利な日本語」というジャンルでテストをし、
 当然、
 外国の方に、不利な結果が出る。
 そこを、杓子定規に判定する。
 4%は異常過ぎる低率。
 日本人の90%超との『格差は異常』過ぎる。
 この数十倍もの落差は矯正・修正して判定すべきが『常識』です。
 出題問題に問題があるとも言える。
 漢字書き取りテスト的との批判も聞くが、
 この日本語だけで落ちた優秀な外国の若者たちも帰国しているのは『正さねばならない』。
 優秀な外国の若者はどんどん日本に来てもらうのが『本筋』だ。
 若い時、日本に来て勉学をしたなどで、親日の外国政治家になり、日本が助けられたという例が多い。
 それでなくても、
 今、
 中国の若者はアメリカを目指し、
 日本は眼中にない状況となってきている。
 この様な見捨てられる日本にならないよう、
 外国の優秀な若者を大切にしたい。
 語学の問題は、一時的な問題なのだ。
 優秀な方は全てが基本的に優秀なのだ。
 その様な視点でなければ日本は活性化せず、復興もままならないだろう。

 (参考)そうしゅ‐こく【宗主国】 従属国に対して宗主権をもつ国家。
 (参考)そうしゅ‐けん【宗主権】 他国の内政・外交などを支配・管理する権能。植民地などが独立する過程で、本国がその植民地に対してもつ例が多い。
 (参考)スカルノ(Sukarno、旧正書法ではSoekarno、1901年6月6日 - 1970年6月21日)は、インドネシアの植民地時代(オランダ領東インド時代)から民族主義運動、独立運動において大きな足跡を残した政治家である。Sukarnoでフルネーム。独立宣言後、同国の初代大統領となり、雄弁な演説とカリスマ性によって、大衆の民族意識を鼓舞した。1965年の「9月30日事件」によって失脚した後は不遇の晩年を送ったが、いまなお国民には「ブン・カルノ」(カルノ兄さん)と呼ばれ、国父として敬意をもって愛され続けており、現在も10万ルピア紙幣に肖像が描かれている。
[PR]
by suba28 | 2012-03-23 03:33 | 皆様とともに 幸せになりたい

 湯川秀樹 の 言葉


 湯川秀樹の言葉 : 

      「素粒子の研究に、

          ギリシャ思想は全く役に立たないが、

              仏教には多くを教えられた」

 湯川 秀樹(ゆかわ ひでき : 
  1907年(明治40年)1月23日 ~ 1981年(昭和56年)9月8日)は、
  日本の理論物理学者である。京都府京都市出身。

  原子核内部において、陽子や中性子を互いに結合させる強い相互作用の
  媒介となる中間子の存在を
  1935年に理論的に予言した。

  1947年、イギリスの物理学者セシル・パウエルが
  宇宙線の中からパイ中間子を発見したことにより
  湯川理論の正しさが証明され、
  これにより1949年(昭和24年)、
  日本人として初めてノーベル賞を受賞した。

  京都大学・大阪大学名誉教授。
  京都市名誉市民。
  1943年(昭和18年)文化勲章。
  位階勲等は従二位勲一等旭日大綬章。
  学位は理学博士。
[PR]
by suba28 | 2012-03-22 02:32 | 皆様とともに 幸せになりたい

アインシュタインの言葉


アインシュタインの言葉 :
      
     現代科学に欠けているものを埋め合わせてくれるものがあるとすれば、

                それは仏教です。

 (参考)アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein 、
     1879年3月14日 - 1955年4月18日)は、
     ドイツ生まれのユダヤ人理論物理学者。
     特殊相対性理論及び一般相対性理論、相対性宇宙論、
     ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理、
     光量子仮説による光の粒子と波動の二重性、
     アインシュタインの固体比熱理論、零点エネルギー、
     半古典型のシュレディンガー方程式、
     ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱した業績により、
     20世紀最大の物理学者とも、
     現代物理学の父とも呼ばれる。
     特に、
     彼の特殊相対性理論と一般相対性理論が有名だが、
     光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって
     1921年のノーベル物理学賞を受賞した。
[PR]
by suba28 | 2012-03-21 03:20 | 皆様とともに 幸せになりたい

ニーチェの言葉

ニーチェの言葉 :
 仏教は、
   キリスト教に比べれば、
       100倍くらい現実的です。
 仏教は、
   歴史的に見て、
   ただ一つのきちんと論理的にものを考える宗教と
             言っていいでしょう」。

(参考)
 フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ
(独: Friedrich Wilhelm Nietzsche、1844年10月15日 - 1900年8月25日)は、
 ドイツの哲学者・古典文献学者。

 ニーチェは、
   仏教を絶賛している。

 仏教ほど
  理知的で現実に正面から向き合っている
   宗教はないと言い、
 真に幸福のための具体的な道しるべを示し、
              実行しているという。

 ニーチェは、また、
  仏教の素晴らしいところを
   「仏教のよいところは『問題は何か』と
 客観的に冷静に考える伝統を持っているところです」
                とも言っている。
 そして、
 ニーチェは、
  キリスト教は
   「生存することの不快や苦悩を
 来世の解決に委ねてしまう悪癖がある」と
           キリスト教を否定しています。

 そして、
 「キリスト教は、
   恨みという負の感情(ルサンチマン)によって
        突き動かされている宗教」といい、
 「このルサンチマンこそが
    キリスト教の苦悩の原因である」と
                 いっている。

(語意解説)
 ルサンチマン【(フランス)ressentiment】
 強者に対する
  弱者の憎悪や復讐(ふくしゅう)衝動などの感情が
    内攻的に屈折している状態。
 ニーチェやシェーラーによって用いられた語。
 怨恨(えんこん)。遺恨。
[PR]
by suba28 | 2012-03-19 00:18 | 皆様とともに 幸せになりたい

未来の宗教は・・・

題 : 未来の宗教は・・・

ジョーゼフ・キャンベルの言葉 : 
    「未来の宗教はどうしても仏教に近づいていくだろう」。

(参考)ジョーゼフ・キャンベル(Joseph Campbell)、
       1904年3月3日 - 1987年10月30日)とは、
 アメリカの神話学者、文学者、講師である。
 比較神話学や比較宗教学でよく知られる。

 彼の作品は広大で、人間の経験に基づく多面的なものである。
 彼の人生観は、しばしば「至上の幸福に従え」という一文に要約
される。

 1924年キャンベルは家族とヨーロッパを訪れた。
 船に戻った時、彼はジッドゥクリシュナムルティと遭遇した。

 彼らはアジアの哲学について議論した。
 そのことがキャンベルの長い人生の中でヒンドゥーとインドの思
想について興味を持たせるきっかけとなった。

 この旅行の直後、彼はカトリック宗教の活動をやめた。

 (すでにラテン語を流暢に話せた彼は、彼の言語の幅を広げるため、
日本語を身につけるつもりであった)。
[PR]
by suba28 | 2012-03-18 03:01 | 皆様とともに 幸せになりたい

TPP 弱肉強食の世界の「 強者 」は、ここまでする事を、歴史が示している。

題:TPP 弱肉強食の世界の「 強者 」は、
           ここまでする事を、歴史が示している。

 TPP、締結か?否か?
 TPPは、グローバリゼーションを是とする考え方。

 当然その時、「良いものは良いのだ」との意識が基本に働く。

 アフリカの草原で、弱った個体が餌として狙われ、
 その個体が餌として存在することにより、
 「捕食した動物は生を伸ばす事が出来」、
 また、
 「捕食された動物も、その餌になった個体のお陰で、死を逃れる事が
出来、
 且つ、より健全な個体の集団へと変わることができる」と言える。
 いわゆる、弱肉強食のメカニズムである。

 「供犠(くぎ)が捧げられる世界」であるとも言える。

 良い、且つ、優れているからこそ 皆が求める、
 また、その求めに応じる。
 「それが正義」なのであるという。

 キリスト教は、強い民族が、困った時に、
 隣国の富を奪いに行く事を
 「(キリスト教の)神の正義」としている。

 日本も、強国によって、この奪いに行く国の、対象の国の如くに
なってくるのか?・・とも思える。

 キリスト教の神は、『神の正義があるなら』やっても良い、人の命
を奪う事、誅しても良いとする。

 聖書の申命記に、キリスト教の神は、「○○人は男を殺せ」「○○
人は、皆殺しにせよ」「生娘は生かしておけ」「奴隷にせよ」と指示し、
叫ぶ。
 悲惨な殺戮の世界になる。
 そして、
 キリスト教は「(キリスト教の)神の義によれば、人を誅しても良い」と
説く。
 現代ではない、古代の地に、現出した実際の世界である。
 弱肉強食の『 実際に現出した 』世界である。
 (現代では そのようなことは形を変えて起きている)。

 強い者が弱い者に『 配慮せずに 』行動すれば、この様になるとい
う史実である。

 強い者の論理が 『 正義として 』 世界を制覇する論理である。

 その強い者は、
 「戦い方のみが優れているだけ」かもしれない・・・が、
 結局、強い者が、
 南米・中米・北米メキシコ・そして離島の各所で、
繰り広げられた「キリスト教徒と同行したキリスト教聖職者」たちの
仕業(しわざ)の事例。
 全滅・すべての命を奪う行為と、
 それ以外にも、この部屋一杯に黄金を満たせば「王様の命を助けて
やる」と言い、
 結局、王様の命は奪うという、策略まで用いて、徹底的に「 富をも 」
奪う(人命と富の略奪)、
 更に、インカの様に、結局、どの様な文化だったのか、不明?
 まったく不明な状態になる例の様に 「文化をも『めちゃめちゃに破
壊』し、文化のすべてを奪う」(命と富と文化の略奪)。

 そして、その地に、
 キリスト教徒の征服者たちは、アフリカの人々を「奴隷として(キリスト
教聖書には、奴隷というものを教義として教え、
 キリスト教の教義ゆえに、歴史を連綿と伝えられ、
 歴史を経ながら、個々の悪行は行なわれ、
 教義ゆえ忘れられずに 保ち続けられている」。

 人のいなくなった地に、
 このキリスト教の教義の悪行による奴隷を、
 連れて、
 キリスト教徒の征服者たちは、インディオスの絶滅した地に
 乗り込む。
 そして、
 キリスト教徒は、その地も奪う(命と富と文化と土地を奪い、奴隷の
人生を奪う)。

 そして、
 山の頂には「イエス像」を建て、
 「宗教をも奪い、征服者の宗教の像」を立てる
  (命と富と文化と土地と奴隷の人生と宗教を奪う)。
 「偶像崇拝を忌む自分たちの宗教教義をそっちのけでイエス像を立
てる」。

 「弱肉強食の強者は、ここまでする事を歴史は示している」。

 弱肉強食論理には、『何らかの歯止め』が 「必ず必要なのだ」。

 総べてをまな板に乗せ、規制や歯止めは一切認めない。

 あるのは、弱肉強食の論理だけという世界。

 強者は「安価」「経済的」「効率的」「品質的(美味いなど)」な
どの長所が、「積極的に美化され」「強調され」ているが、
 果たして本当にそれで良いのか?
 正しいのか?

 かつて
 「効率を追い過ぎた」の声を良く聞いた時もあったが。
 総べての面で、
 強者がよいと
 「強者の論理が」
 「強者ゆえの立場を利用して」
 「巷にその論理が良いような錯覚をまきちらしながら」
 流れていく。

 強者の論理以外の価値は総べて否定される。

 「安全保障」「リスク」「弱者の論理」など、まだまだ、検討・討
論すべき面は多い状況のはずです。

 (参考)グローバリゼーション【globalization】 国家などの境界を
越えて広がり一体化していくこと。特に、経済活動やものの考え方な
どを世界的規模に広げること。グローバライゼーション。
(参考)く‐ぎ【供犠】 神に、いけにえを供える宗教的・呪術的(じゅ
じゅつてき)儀式。また、そのいけにえ。きょうぎ。
(参考)い・む【忌む/斎む】 [動マ五(四)] 1 (忌む) ①呪術
的な信仰などから、不吉なものとして避ける。禁忌とする。「葬式は
友引の日を―・む」「宗教上、肉食を―・む」 ②嫌って、避ける。
「革新を―・む」「退屈を―・む」...
[PR]
by suba28 | 2012-03-03 01:59 | 皆様とともに 幸せになりたい


はじめまして、ブログを始めさせていただきました


by suba28

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
悲惨な戦争を無くしたい
悲惨な戦争を無くせないので
皆様とともに 幸せになりたい
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

(増補版)536E2/3:1..
at 2017-06-22 03:22
(増補版)535E2/3:1..
at 2017-06-17 05:23
(増補版)534E2/3:1..
at 2017-06-14 02:49
(増補版)533E2/3:1..
at 2017-06-07 02:27
(増補版)532E2/3:1..
at 2017-06-04 05:25

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31