2017年 11月 05日 ( 1 )

(増補版)563E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年9月~1892年9月)

題:(増補版)563E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年9月~1892年9月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1892年9月7日、現行のボクシングの基礎となるクインズベ
 リー・ルールを適用した初のボクシング公式試合が開催
 された。
  この日の世界ヘビー級タイトルマッチで、ジョン・L・
 サリバン対ジェームス・J・コーベットで適用された。
  クインズベリー・ルールは、1865年、ロンドン・アマ
 チュア・アスレチック・クラブのジョン・グラハム・チ
 ェンバースによってルールが定められ、
  第9代クインズベリー侯爵ジョン・ショルト・ダグラス
 が保証人となったことで成立したので、彼の名を冠し「
 クインズベリー・ルール」と名付けられた。
  それまでは、ロンドン・プライズリング・ルールズで、
 このルールから変更された点は・・、
  (1)リング:一辺が24フィート(7m32cm)の四角形
  (2)1ラウンドを3分、インターバル1分
  (3)5オンスグローブ着用
  (4)投げ技の禁止
  (5)10カウント以内に立ち上がれない場合はKO負け
  (6)ベルト以下への打撃の禁止
  (7)腰より下の抱込みの禁止
  (8)倒れた相手への攻撃禁止、蹴り技、頭突き、目玉
    えぐりの禁止
1892年9月10日、九州鉄道会社線の門司駅~熊本駅間の各駅
 と、山陽鉄道会社線の神戸駅~尾道駅間の各駅との間に
 大阪商船会社所属の尾道~門司間航路を介して、旅客・
 貨物の連絡運輸が開始された。
1892年9月13日、イギリスのアームストン曲馬団(Harmston's
 circus)が来日し、興行を開始した。
  このアームストン親子の興行は、「アームストン大曲
 馬」と言われ、両国の回向院で行われた。
1892年9月16日、九州鉄道会社が、経費節減のため、前年に
 引続いが職員の給料を減額し、人員整理を実施した。
  1873年から1896年は、世界的な大不況で、構造不況と
 言われる不況だった。
  この大不況は、1873年恐慌に始まったが・・、
  原因は、広範な産業分野における生産力の向上があっ
 た。
  その増産、特に、銀の増産によって、価格が下落した。
  増産は、新知識・技術の発展による新鉱山の発見と、
 電解精錬の効率化だった。
  採掘量が増え続け、また、その雑多な鉱石からも銀が
 得られるようになった
  そして、ドイツ帝国は、普仏戦争で獲得した50億フラ
 ンの賠償金で、ロンドン市場などから金塊を買い上げ、
 種々の法律を成立させて金本位制を採用し、
  また、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、オラ
 ンダ、フィンランドも金本位制へ移行した。
  (フランス、アメリカは、その前に金本位制になって
 いる)
  この様な動きの中で、ドイツは、当時の年間銀産出高
 の3倍の6000トンの銀(旧銀貨)を鋳潰(いつぶ)して
 売却(予定)した。
  この大量売却見込みは、銀の単価を下落させた。
  世界の金融バランスは大崩れし、資金引上げにあう国
 が出たり、公定歩合の大幅引き上げ騒動などが起きた・・
 そして、銀価格は急下落した。
  経済バランスは完全に崩れ、穀物移動も混乱し、金流
 出も急激で、フランス銀行は危機的水準に陥った・・な
 ど・・世界は大混乱・・、
1892年9月25日、全国に15ヶ所あった商業会議所の連合体と
 して「商業会議所連合会」が結成され・・、
  また、第1回全国商業会議所連合会も開催された。
  商業会議所は、商工会議所の旧称で、
  1890年の商業会議所条例によって設置されていた。
  (参考)商業会議所:商業会議所条例によって市域を
     単位に組織された地域別の資本家団体で、
      この年・1892年に、全国商業会議所連合会が
     結成され、全国的連合会としての性格をもつよ
     うになった。
  商業会議所は、商工業に関する制度や法律などについ
 て資本家の立場から意見を発表し、
  商工業の発達を図ることを目的として活動を始めた。
  これまで、1887年に、イギリスの商法会議所連合会議
 の件が官報に報じられるなどして来て、
  1890年の商業会議所条例の設置の時より、全国組織の
 必要性が唱えられていた。
  そして、この日に、関西地区の5つの商業会議所の呼び
 かけで、京都にて、第1回の連合会が開かれた。
  今後は、年1回の定期会と、必要に応じて臨時会を開く
 事などの規則が定められた。
1892年9月26日、スーザ吹奏楽団がニュージャージー州で、
 第1回の公演をした。
  ジョン・フィリップ・スーザ(1854年~1932年)は、
 アメリカの作曲家で吹奏楽指揮者、ワシントンD.C.に生
 まれた・・
  父は、ポルトガルの出身で、ワシントンの海軍軍楽隊
 のトロンボーン奏者・・母はドイツ人。
  幼い頃から音楽を得意として、
  ワシントンやフィラデルフィアの劇場でバイオリン奏
 者、指揮者として活躍し
  1880年(26歳)海兵隊軍楽隊(大統領の儀礼用)の楽
   長に就任した。
  1892年(38歳)軍楽隊を辞任し、みずからのスーザ吹
   奏楽団を組織した。
    この年、デヴィッド・ブレイクリーという興行師
   の誘いで楽団を辞任し、「スーザ吹奏楽団」を結成
   した。
    この日・1892年9月26日に、ニュージャージー州
   プレインフィールドで第1回の公演を行い、そのまま
   全米各地への演奏旅行に出発した。
    ブレイクリーの根回しが少々雑だったのか、公演
   は必ずしもすべて成功とは行かなかった。
  1896年(42歳)、ブレイクリーが急死し、その報を聞
   いて帰る船の中で浮かんだメロディーを元に作曲さ
   れたのが『星条旗よ永遠なれ』だった・・、
  1914年(60歳)第一次世界大戦の勃発に伴い、スーザ
   吹奏楽団を解散し、海軍軍楽隊訓練所長として復役
   した。
    終戦後に、軍楽少佐まで進んで退役し、
   その後、再び、吹奏楽団を再結成し、レコーディン
   グや演奏旅行をした。
  1932年(78歳)3月6日、ペンシルベニア州でコンサー
   トを開いた後、帰って来たホテルで急死した。
  作曲作品には、行進曲、オペレッタ、舞曲、歌曲など
 があり・・、
  『星条旗よ永遠なれ』『忠誠』『ワシントン・ポスト』
 『自由の鐘』『士官候補生』『美中の美』など行進曲 を
 136曲を作曲し、「マーチ王」と呼ばれた。
  このほか『エル・カピタン』オペレッタも手がけた(
 この行進曲もある)。
  チューバを改造してスーザフォーンを作った。
1892年9月27日、官吏療治料支給方が公布された(明治二十
 五年勅令勅令第80号)
1892年9月、米原・彦根間軟弱路盤に水防石垣を造成した。
1892年9月、筑豊興業鉄道が、複式6輪連結テンダ機関車を
 使用した(複式機関車使用の最初)
  複式機関車は、複式機関を搭載した蒸気機関車で、
  これは、蒸気機関が全盛のころ、船舶用蒸気機関で熱
 効率を高めるために一定の成果を挙げていた。
  これを蒸気機関車にも取り入れようとするのは当然で、
 様々な形式が試みられた。
  構造が複雑になって、整備に手間がかかった。
  そして、この年・1892年、日本に輸入された最初の複
 式機関車が、国鉄8000形蒸気機関車9号機だった・・
  そして・・その翌年・1893年には、国鉄860形蒸気機関
 車が、何と、日本で最初に製造された。
1892年9月、下瀬火薬が発明された。
 大日本帝国海軍技師・下瀬雅允(しもせまさちか)が実
 用化した爆薬(炸薬として砲弾、魚雷、機雷、爆雷に用
 いた)で・・、
  1893年に、日本海軍は、この火薬を採用し、下瀬火薬
 と名付けた。
  日露戦争当時の日本海軍にも採用され、日露戦争には
 大いに活躍し、大戦果の一因となった。
  因みに、日清戦争には間に合わなかった。
  この火薬は、ピクリン酸を成分とし・・、
  ピクリン酸は、1771年に、ドイツで染料として発明さ
 れていたが・・、
  100年後になって、爆発性が発見された。
  猛烈な爆薬であるが、同時に消毒液としての効果もあ
 る。
  しかし、ピクリン酸は、容易に金属と化学結合して変
 化してしまう為、鋭敏な化合物を維持する点で実用上の
 困難があった。
  下瀬雅充は、弾体内壁に漆を塗り、さらに内壁とピク
 リン酸の間にワックスを注入して、この問題を解決した。
  なお、日本海軍規格の下瀬火薬(下瀬爆薬)は、ほぼ
 純粋なピクリン酸で、 爆薬として用いた場合の爆速は
 7,350m~7,800m/s・・、
  爆速は、爆薬が爆轟現象をおこした場合の、爆轟の伝
 播速度で・・、
  ニトログリセリン(爆速7,700m/s)は、有名なノーベル
 が実用化し、ダイナマイトなどに加工される。
  因みに、最大の爆速を持つヘキサニトロヘキサアザイ
 ソウルチタン(爆速9,400m/s)は、2017年時点で、実用化
 量産されている爆薬の中では最大威力を持つ。
  この爆薬は、スーパーコンピューターによって、分子
 内の電子軌道計算を行ない、理想的な爆薬としての化合
 物の構造の計算が先にあった。
  こうして、先に分子構造を決定したうえで、合成法が
 研究され、実用化されたもので、天然には存在しない。
  爆速は、ニトログリセリンの1.22倍・・、
  用途は広く、砲弾などの炸薬からマルチベース火薬(
 多成分系無煙火薬)の原料として弾薬・実包などにも使
 用されている。
  破壊力をトリニトロトルエン(TNT)比に換算したRE係
 数は2.04であり、国連の危険物輸送に関する勧告ではTNT
 換算190%とするように通達されている。
  1999年、旭化成工業で、メタノール溶媒でα型、β型、
 γ型のヘキサニトロヘキサアザイソウルチタンを溶解さ
 せ、溶媒を蒸発させて結晶を析出させることで第四のε
 型結晶が発見された。
.
  (今日の言葉)
.
  題:1000年の恨みは、ここにこそある。
.
1937年8月13日、第二次上海事変(大東亜戦争の始まり)
  この戦いから長い戦争が始まる・・故に、この戦いか
 らを日中戦争としている。
  (盧溝橋事件は4日後に解決しているので、日中戦争に
 は含めないという歴史的考え方で、ここから『大東亜戦
 争』が始まった)
  この戦いは、アメリカの大量の物量に補強された中国
 国民政府(蒋介石)軍、そして、その大部隊が、上海の
 「日本租界」を幾重にも包囲し、攻撃を開始して来た。
  この中国(蒋介石・国民政府軍)の攻撃開始によって
 戦いは始まった(日本から始めた戦争ではない)
  日中戦争は、日本と中国・国民政府(蒋介石)軍との
 戦いであって・・、
  卑劣な事に、中国・共産党軍は、日本と国民政府軍を
 戦わせ、消耗させ、どちらかが倒れた後に出て行こうと
 の作戦を立てた。
  このため、日本は、中国の現政権の中国・共産党軍と
 は戦っていない・・
  現政権の中国共産党軍は、戦勝国ではない。
  また、表面的には、日本と、この中国の国民政府軍と
 が戦っているように見えるが・・、
  実質的には・・アメリカが、中国・国民政府軍へ武器・
 弾薬を援助していた・・その為、この日中戦争は、日本
 とアメリカの消耗戦であった。
  このため、日中戦争が、泥沼化し・・長引いて行くの
 は当たり前だった。
  アメリカの目的の一つが、「日本を消耗させたい」で
 あった。
  アジアに台頭する日本を、アジアでイニシアティブを
 取らせたくないアメリカは、「何しろ、日本を叩きたい」
 があった。
  アメリカは、ベトナム戦争の時の様に、最初は、ベト
 ナム軍に戦わせていたが、徐々にアメリカ軍が介入した
 ように、この日中戦争も、アメリカ軍と、直接、日本は
 戦端を交えた。
  しかし、このことを、アメリカは卑怯な事に秘密にし
 た。
  しかし、れっきとしたアメリカの公式文書に、アメリ
 カ軍が派遣されていることが記述されている・・
  この事が知られると・・更に卑怯な事に、アメリカは、
 最初、ボランティアだと言い逃れした・・、
  しかし、アメリカ軍の中国派遣の正式な公式文書があ
 ることが分かった(大統領の命令書)
  アメリカは、「真珠湾攻撃の時が、初めての日米戦争
 の始まりだ」と言っているのは、「まったくの嘘」の発
 言である。
  アメリカは、真珠湾攻撃前の日中戦争において、隠密
 に日本と戦端を交えている。
  そして、この中国・国民政府軍へのアメリカの武器弾
 薬の支援を止めさせようと、日本は努力したが・・、
  アメリカの、この中国・国民政府軍の蒋介石軍への武
 器弾薬の援助のルートを遮断(援蒋ルートの遮断)の目
 的で、日本は、この目的をはっきり説明して(アメリカ
 が、援蒋ルートを使って武器弾薬の支援をしているから
 戦争は続く、そのため、この援蒋ルートを遮断する目的
 で南部仏印へ進駐すると説明して)・・、
  1941年7月、日本軍は、サイゴン(現:ベトナム・ホー
 チミン)に入った(南部仏印進駐)
  この様に、明確な説明があったのにもかかわらず、ア
 メリカは、日本のこの行為に対して、懲罰的な対応を日
 本に対して行なった。
  在米の日本資産を凍結した。
  また、対日石油輸出の全面禁止をした・・また・・、
  その他種々の行為・・そして、「ABCD包囲網」と
 言われる国々によって、戦争的行為を日本に対して行っ
 た。
  これは、今・現代、ここまでされれば戦争は起きてし
 まう、これは、事実上の日本に対する「宣戦布告である」
 と言われている。
  最初から、アメリカには、アジアに台頭する日本が目
 障りで、「日本を叩きたいとの思惑があった」。
  この思惑を見破られないため、アメリカは、あれこれ
 と小細工をしていた。
.
1937年9月23日、中国、抗日民族統一戦線が結成されたと言
 われているが・・?・・これは嘘・・、
  西安事件後を契機に、壊滅寸前の共産党は、コミンテ
 ルンの方針もあり国民党との合作に活路を見つけようと
 した。
  (参考)コミンテルン(Comintern)は、1919年から
     1943年まで存在した、共産主義政党による国際
     組織。 別名:第三インターナショナル。
  しかしながら、国民党内の共産党不信は根強く、合作
 の交渉を捗(はかど)らなかった。
  それに対し、北京盧溝橋事件と上海で起きた日本軍と
 の軍事的衝突の矢面に立たされた蒋介石国民政府は、ソ
 連との中ソ不可侵条約締結と共産党の合法化による共産
 主義勢力との連携で難局の打開を試みた。
  最近の研究による新事実は、今まで、抗日民族統一戦
 線は結成されていたというのであったが、
  実際は結成されていない・・
  国共合作の成立は疑わしく、成立してないとされてい
 る。
  作為された史実が書き換えられている・・誰が作為し
 たか・・?
  第一次の国共合作(1924年~1927年)も失敗している。
  この様な中国・・このような状況下で、北京郊外の盧
 溝橋で日中両軍の小規模な衝突が発生し(1937年7月7日、
 盧溝橋事件)・・、
  共産党は、発生の翌日・1937年7月8日、全面交戦を呼
 掛けたが、現地で停戦協定が結ばれ(4日後の7月11日)
 戦火の拡大はおさまった。
  そして、上海で、日中両軍は航空戦を含む全面的な戦
 闘状態に入った(8月13日、第二次上海事変)
  中国・国民政府(蒋介石)は、ソ連と中ソ不可侵条約
 を締結し(8月21日、同29日発表)、
  アメリカ・イギリスの大量の物資援助も入れて、精鋭
 の大部隊をつぎ込んで日本へ攻撃を仕掛け・・全面戦争
 となった。
  アメリカとイギリスは、大量武器援助をして、日本と
 戦争をしなさいと『けしかけた形』となった。
  後に、アメリカ軍は、直接、日本と戦端を開く。
.
1938年3月、ユダヤの方々が、シベリア鉄道のオトポール駅
 に、ドイツの迫害を逃れて、ビザを持たずに到着した。
  日本は、ビザのないこのユダヤの方々を救済した。
  杉原千畝がビザ発給をしない時・・発給をする、大分、
 以前の事である。
  ユダヤの方々が、満州に近いこの駅に到着したのは、
 日本がユダヤの方々を差別なく受け入れる事を知ってい
 るからだった。
  日本は、このユダヤの方々を、「亡国の民」として、
 ビザを持たないこのユダヤの方々を満州へ受け入れた。
  そして、後に、日本の神戸などへ行き、内地で受け入
 れられている。
  当然、日本は、満州へ入国することを認めた。
  この頃、日本は、ドイツと友好関係にあったが、(ド
 イツとの同盟関係は、まだ、結ばれていない)
  ハルピン特務機関長の樋口季一郎少将(東条英機の部
 下)は、満州国建国の「五族協和」の理念からも人道的
 に対応していた。
  救援列車を次々とオトポール駅へ向かって出した。
  この事を知ったドイツは、日本に抗議して来た。
  しかし、日本は、ドイツの属国ではないと、きっぱり
 とドイツの抗議を撥(は)ね付けた。
  この後も、このルートで、多くのユダヤ人の方々を日
 本は救援した。
  (参考)五族協和(ごぞくきょうわ、Five Races Under
     One Union)は、満州国の建国の基本理念で、民
     族政策において「和(日)・韓・満・蒙・漢(
     支)」の五民族が協調して暮らせる国とする。
.
1940年7月、杉原千畝が、この時、職権を越える違反行為で
 「ビザの発給行為」をした。
  杉原が、この行為をした時、日本はドイツと同盟を結
 ぶ以前で・・、
  しかし、杉原千畝が、キリスト教徒であったことから、
 キリスト教は、この杉原千畝を美しくデッチ上げた。
  杉原千畝を美化したいがため、杉原千畝がビザの発給
 の出来ない身分であることを隠した。
  杉原千畝の『重大な違反行為』であることを隠した。
  また、キリスト教は、日本がドイツと同盟をしていた
 からと嘘を言って・・ドイツがユダヤ人を迫害したよう
 に、日本もドイツから同じ行動をとるように言われてい
 たと、キリスト教は、この事についても嘘をデッチ上げ
 た。
  それ故、キリスト教は、「日本は、ユダヤ人へのビザ
 発給に反対だった」と、嘘の屋上屋を重ねる重大なウソ
 話をデッチ上げ、日本を貶(おとし)めた。
  キリスト教徒の杉原千畝を美化したいがため、日本と
 いう国をも貶めた。
  日本は、ドイツと同盟をした後でも、堂々とユダヤの
 方々を救済していた。
  そして、抗議するドイツを撥ね付ける日本だった。
.
1941年12月8日、真珠湾攻撃
  第二次世界大戦(大東亜戦争)のことで嘘ばかり言う
 アメリカ。
  アメリカは、日本と戦争をした、「勝利すると分かっ
 ている戦争」をした・・日本を叩きたかったからだった。
  日本の「戦争を終わらせる打診」も無視ばかりしてい
 た。
  アメリカは、日本の「完全破壊」を目指していた。
  完全にキリスト教の「シャロームの教義の考え方」だ
 った。
  キリスト教のシャロームの教義の考え方は、「完全破
 壊の後に平和が来る」という平和の考え方だった。
  知識水準の高い方々から、「すべてを破壊して、誰も
 居なくなった地に、キリスト教会を建てて何になる」と
 言われていた。
  そして、アメリカは、原爆も試してみたかった。
  戦争を終わる時もこんな調子で、嘘ばかりの、不誠実
 なアメリカだった。
  戦争を始める時も、「日本を叩きたい」があって、日
 本を追い込んで行った。
  また、「戦争はしたくない」というアメリカ国民の方々
 の世論を卑劣な方法で変え、そして、操作した。
  アメリカ大統領のルーズベルトが、イギリスのチャー
 チルと会談した時に、「そのことについて話をしている」。
  そして、「日本の真珠湾攻撃を奇襲だ」と仕組んだ。
  そして、アメリカ国民の方々の非戦論の世論を転換さ
 せた。
  また、アメリカのルーズベルト大統領は、アメリカ国
 民の方々の非戦論を変えるために・・次のことを仕組ん
 だ・・、
  アメリカは、第二次世界大戦(大東亜戦争)を戦う正
 当性を、「日本が、世界征服を目論(もくろ)んでいる
 からだ」と嘘のデッチ上げの話を作って言った。
  歴史上の検討においても、これは、明らかに、「アメ
 リカ国民の方々が非戦論であったため、このアメリカ国
 民の方々を煽る意味でプロパガンダ(嘘宣伝)した」と
 分かっている。
  アメリカ大統領のルーズベルトは、奇襲でも何でもな
 い真珠湾攻撃を「奇襲された」と言ったが、アメリカ国
 民の方々へ嘘を言ったが・・、
  ルーズベルト大統領は、日本が攻める前日に「明日(
 あした)、日本が攻めて来るよ」と親族に口を滑らせて
 言っている。
  それほど、日本の奇襲性はなく・・事前に知っていた。
  この様に、『日本の奇襲」という嘘話を否定する事実
 は一杯ある・・
  アメリカの真珠湾へ向かう戦艦の無線交信だって完全
 傍受されていて、解読されていた。
  刻々とハワイへ迫る日本連合艦隊、それを、逐一、傍
 受しているアメリカだった。
  日本だって、ハワイの真珠湾に、「今、アメリカ艦隊
 が集結している」ということを知っていた。
  その逆においても、日本の連合艦隊が日本を出発した
 時から、アメリカは完全にその行動を知っていた。
  それは当然だった・・最大の破壊力を持つ敵の艦隊を、
 常に、把握していなければならないという「一触即発の
 危機の時」であった。
  日本の連合艦隊の無線は、そのすべてを傍受していた。
  また、日本の連合艦隊より、航行速度の遅い日本の潜
 水艦の複数隻が、先行して真珠湾へ潜航してしている。
  この日本の数々の潜水艦が、すべてアメリカ軍艦と交
 戦し、日本の潜水艦兵士はそのほとんどが戦死した。
  しかし、その日本の潜水艦兵士を、アメリカは救助し
 ている。
  急に、日本の兵士が、海の中から出て来る訳はない・・
  これ等の事のすべてを、アメリカは隠した。
  「日本の奇襲だ」という嘘を作るために・・、
  この日本の潜水艦と、アメリカの軍艦が交戦している
 事を隠し、アメリカ国民の方々へ伝えなかったアメリカ。
  1隻や2隻の潜水艦ではない。
  複数の日本の潜水艦と真珠湾攻撃の前に交戦をしてい
 る。
  このことのすべてをアメリカ国民の方々へ隠した・・
 世界の人々に隠したアメリカだった・・不埒な、不誠実
 なアメリカだった。
  日本の奇襲をでっち上げたいばかりに、その交戦は「
 クジラだった」とおとぎ話のような嘘を言った。
  日本と戦争をして日本を叩きたいアメリカは、あらゆ
 る嘘をデッチ上げていた。
  真珠湾攻撃のはるか以前から、中国へ軍隊を派遣して
 いる事も隠し、武器を中国へ渡している事も隠し、日本
 を攻撃していることも隠し・・卑劣の数々のアメリカだ
 った・・
  そのデッチ上げの一つが『日本が、世界征服をしよう
 としている』・・
  だから、日本と戦争をするのは正義なのだという嘘だ
 った。
  アメリカは、国民の方々へ、頭にこびりつくほど繰り
 返し言った・・「アメリカは、世界を征服しようとして
 いる日本を駆逐する正義がある、戦争をする正義がある」
 と・・、
  それなら・・??
  何処(どこ)で?
  何時(いつ)?
  誰(だれ)が?・・その様なことを言っていたか?
  アメリカは、この疑問に対して「一切、答えられない
 アメリカ」だった。
  日本は、この点でも、「濡れ衣を着せられた」。
  アメリカは、戦争を始める以上、立派な理由を、アメ
 リカの国民の方々へ、「嘘でも言いたかった」。
  しかし、その理由は虚構であって、アメリカの正当性
 は無い。
  この非常に大事なことを・・アメリカは嘘でデッチ上
 げた。
  アメリカは、今でも、この事を説明ができない・・説
 明していない。
  逆に、「アメリカのデッチ上げである」と歴史は示し
 ている。
  アメリカは、戦争をすれば、確実に勝てる相手である
 日本を、戦争をして潰そうというアメリカの意図を歴史
 家は明白に示している。
  今は、日本の真珠湾攻撃についても、アメリカが、真
 珠湾攻撃の「奇襲だ」という話をでっち上げたことが明
 白になっている。
  日本を戦争へ至らせ様と、色々とやって来たアメリカ
 の破廉恥行為も明白になっている。
  自分の言って来た裏付けを言えないアメリカと共に、
 何が明白になったのかが「分かる今」となっている。
  歴史は誤魔化せない・・時とともに真実が出て来る。
  日本は、戦争回避を、必死に、それまでアメリカと折
 衝をしている。
  しかし、そのすべてをアメリカは撥ね付けた。
.
1941年12月8日、日本は、真珠湾攻撃をしたが・・、
  日本の手の内を完全に知っていたアメリカ。
  だから、日本の行動のすべてを知っているアメリカは、
 4隻の航空母艦のすべてを隠した。
  さすがに、戦いに最大に重要な航空母艦だけは・・隠
 さざるを得なかった。
  結果、日本は、アメリカの航空母艦が、最大の攻撃目
 標であったが、その巧妙に隠された航空母艦は捜し出せ
 ずに、1隻の航空母艦に対してすらも、損傷すらも与えら
 れなかった。
  日本は、真珠湾攻撃の何時間も前に、マレー半島に上
 陸するために、日本の艦船群を終結させていた。
  しかも、この日本の輸送船団の上空には、日本艦船を
 護衛するための日本の九七式戦闘機がぶんぶん飛んでお
 り、
  この時、哨戒(しょうかい、敵の襲来を見張って、警
 戒すること)していたイギリス機と遭遇し、戦闘し、日
 本軍機が撃墜している。
  前の日にこんなことまで起きている、イギリス機が、
 先に撃ったかは不明であるが、哨戒機が敵機と遭遇し、
 発見したら無線で『確実に報告する』のが任務である。
  近くに、れっきとしたイギリス軍1個旅団が配置され
 ているのである。
  上陸した人数だって、秘かに2人や3人何て話ではなく、
 日本軍5300名が上陸したのである。
  アメリカと一触即発のこの時に、この真珠湾攻撃前の
 日本の艦船の終結は、当然、確実に、この地域を守るイ
 ギリスに知る所となっていた・・はずだ。
  「真珠湾攻撃前に、マレー半島に、日本軍は艦船を集
 結させ、そして、日本軍が上陸しました・・イギリス軍
 はまったく知りませんでした」・・などという話が成立
 するわけが無い。
  そうであるなら、まったく馬鹿々々しい話である。
  しかし、アメリカの論理は、このマレー半島での日本
 の軍事行動まで、イギリスが知らせなかったのか、何だ
 かに口を閉ざした・・そして、真珠湾は奇襲だったと言
 い張った。
  本当に、馬鹿々々しいがそのような話になっている・・
 そこには、嘘つきのアメリカがそこに居る。
  マレー半島に上陸した日本軍は、イギリス軍と激烈な
 戦いを展開した。
  日本は宣戦布告をしていた。
  日本は、「自存自衛のための戦いである」と宣言して
 いた。
  そして、「アジアの解放を図るための戦いだ」という
 ことの「大東亜戦争」と命名していた。
  今、現在、アメリカは、「日本の放送で、『大東亜戦
 争』と放送する事に、クレームを付けている」。
  日本の放送において、「大東亜戦争」と言えないとい
 う「放送の自由」が、アメリカによって、今だに奪われ
 ている。
  アメリカという国は、日本にこの様な事までしている。
.
1942年、日本を解放軍として迎えたインドネシアの人々。
  数百年に渡ってオランダの植民地とされたインドネシ
 アでは、昔から一つの伝説が口伝えに語り継がれていた。
  「今に、北方から黄色い人々が現れて、圧政者を追放
 し、トウモロコシの実がなる頃には立ち去る。
  そうして、我々は解放される」・・と。
  インドネシアの方々は、日露戦争で、日本海軍がバル
 チック艦隊を破って大勝利を収めたことを知って、「北
 方から来る黄色い人々とは、日本人の事に違いない」と
 信じる様になり、秘かに、日本の南進を待ち焦(こ)が
 れた。
  1942年、日本軍がオランダ軍を破り、進駐すると、イ
 ンドネシアの方々は道端に集まり、歓呼の声を上げて日
 本軍を迎えた。
  日本軍は、オランダを追放してくれた解放軍だった。
  日本は、3年半の期間に、PETA(ペタ〉と称する軍
 事組織の訓練、中等学校の設立、共通語の設定など、後
 のインドネシアの独立の基礎となる多くの改革を行なっ
 た。
  (参考)PETA(ペタ):インドネシアの方々の軍
    隊の祖国防衛義勇軍Tentara Pembela Tanah Airの
    略称。
     1942年、日本軍は、オランダ軍をやぶり、日本
    軍は、は解放のためにやって来た英雄として歓迎
    された。
     また、インドネシアの方々の民族意識の覚醒を
    させた。
     その様な経緯の中、PETAは、1943年の設立
    から終戦までに、ジャワ全土で66大団が編成され、
    約3万3000のインドネシア人将兵が日本式軍隊教育
    の下で養成された。
     日本のインドネシアの方々への活動と支援は、
    オランダの圧政下で、その経験から来た地位と社
    会的環境に甘んじていたインドネシアの方々へか
    なりの影響を与えた。
     この様な中から、スカルノのような政治指導者
    も生み出されるという良いきっかけが作られて行
    った。
  これまで、インドネシアは、350年間続いた軍事力を背
 景にしたオランダによる植民地支配の圧政が続き、苦し
 められて来ていた。
  オランダ人、および、ヨーロッパ人は、この資源が豊
 かな国・インドネシアを『エメラルドの首飾り』と呼ん
 で、その美味しい資源をしゃぶりつくした。
  最初、1596年、オランダは、ヨーロッパ諸国が欲して
 いる香辛料をインドネシアに求めた。
  (冷蔵庫のないこの時代、すぐ腐る肉の臭みを消すこ
 の香辛料は、銀と同じ価値を持つくらい高価であった)
  1602年、オランダは、インドネシアを国ごと自分のも
 のにしようと軍事力を行使し、侵略した。
  この後、すでに侵略していたインドの東インド会社を
 拠点に、例のヨーロッパ列強のやる様に、インドネシア
 からの収奪の限りを尽くした。
  小国のオランダも、その350倍の大きな国・インドネシ
 アを、350年間、好きなようにして利益の限りを吸い上げ
 た。
  軍事力(暴力)の限りを尽くして、インドネシアの方々
 の土地を次々に奪った。
  そして、自分の儲けの大きい作物(香辛料、砂糖、コ
 ーヒー)とさせ、作らせた。
  当然、インドネシアの方々の食糧は無くなった。
  そんなことはお構いなしのオランダだった。
  インドネシアの方々を、オランダが奪ったプランテー
 ションで、「奴隷農場栽培」をさせた。
  食糧の栽培は許さなかった・・
  逆らうと、さらに食糧が手に無い入らない仕組みを、
 オランダは、卑劣にも構築した。
  当然、インドネシア社会には、悲惨な状況・餓死者が
 出た。
  そして、ただの様な超安い賃金で、子供のころから働
 きづめにされた。
  オランダ人は、優雅で快適な生活を送っていた。
  当然、独立の意識は芽生え、幾度となく、戦いも起こ
 したが、その度に、武力の格差が大きく、力なくインド
 ネシアの方々は制圧された。
  そして、その様な反抗の後には、多くのインドネシア
 の方々が、見せしめの拷問や虐殺に会った・・
  卑劣な事に、女性や子供に至るまで、オランダは、こ
 の様な行為を行なった。
  また、オランダに都合が悪いからと、教育の努力は、
 まったくなされず・・そして、愚民化政策が行なわれた。
  そして、キリスト教への改宗を強制し、改宗した者を
 優遇し、差別した・・
  そして、その者たちを良いポジションに付け卑劣な差
 別・・警察官や軍人などの行為をした。
  また、有色人種蔑視観から、インドネシアの方々の人
 権を軽視し、女性は簡単に強姦された。
  その様にして、生まれた混血の子供たちを、中間支配
 層として育て、キリスト教のヒエラルキー(序列)の教
 義で仕分けした(民族の分断も狙っても居た)
  経済は、インドネシアの方々に、携わらせなかった・・
 華僑に行わせた、そして共に、経済的搾取を行なった。
  これは、インドネシアの方々の憤懣を、華僑へ向かわ
 せて、オランダ自身へ直接、憎悪が向かわない様に目論
 んだ結果でもあった・・この点において、オランンダは
 常に、良い子の位置に居られた。
  オランダは、差別的な地域を構築し、環境の良い一角
 に集団で住み、別荘の様な豪邸の居住空間には、差別し
 て・・インドネシアの方々が近づくことを禁止した。
  また、インドネシアの方々が、集会や団体行動をする
 ことを禁じた。
  これは、当然、インドネシアの方々の団結と、その抵
 抗行動を恐れたからだった。
  3人のインドネシアの方が、路上で話をする事すら許
 さなかった。
  この禁止処置を侵せば、反乱罪とされ、処罰された。
  また、インドネシアの方々に、国家意識を持たせない
 様にした・・
  その為に、全国各地にあった320種族語をそのまま
 にさせた・・一つの標準語にまとめさせることは・・そ
 の企ては、「絶対」という厳命で許さなかった(これを、
 オランダを追い出した日本が、インドネシアの方々へ標
 準語を作ようにと促し、努力をした)
  今(2017年)、日本を悪くプロパガンダしようという
 動きが、また、活発的になっているから注意を要する。
  今、真実を隠し、日本を悪く悪く言う動きがある。
  因みに、終戦の時、日本の将兵が、インドネシアに
 1000人も残り、インドネシアの独立戦争に加わり、イン
 ドネシアの独立を目指して戦った方々が居た。
  この様な事をする民族は、日本だけで、歴史上、この
 様な行動する・・行為をする・・国民は居ない。
  インドネシアの方々の身になれば、独立を助けたくな
 る民族が・・「日本民族なのだ」。
.
1945年3月26日、沖縄戦(~6月23日、約3ヶ月間)
  アメリカ軍が、沖縄県慶良間諸島の座間味島に上陸し、
 沖縄戦が始まった。
  凄まじい激戦が行なわれた。
  日本の指揮官の牛島満大将、長勇(ちょういさむ)中
 将、大田実中将が戦死した。
  また、アメリカ軍指揮官のサイモン・B・バックナー
 大将が戦死した。
  戦力:日本116,400人、アメリカ連合軍548,000人
   (1:4.7)
  損害(死者、行方不明者):
     日本、沖縄県民間人94.000人
        兵士28,228人
        県外(兵士)65,908人
     アメリカ、総死者数20,195人
          戦傷者55,162人
          戦闘外傷病者26,211人
     イギリス、死者85人
          戦傷者82人
  物的損害:日本、特攻機1,895機
          戦艦1
          軽巡洋艦1
          駆逐艦1
          その他航空機1,112機
          戦車27輌
       アメリカ、駆逐艦16
          その他艦艇20
          航空機768機
          戦車272輌
          海軍艦艇368損傷
       イギリス、空母5隻損傷
          航空機98機
.
1945年7月25日、保戸島空襲
  終戦まであと数日というこの日、アメリカ軍がこの島
 を空襲した。
  そして、小学校が爆撃され、小学生が、大勢、死んだ。
  大分県津久見市の半島の突端、手の届きそうなところ
 に浮かぶ島=保戸島。
  この島に、この日の午前10時頃、アメリカ軍機が襲っ
 た・・保戸島空襲が起きた。
  アメリカ軍は爆弾を投下し・・また、アメリカのグラ
 マン戦闘機が機銃掃射をした。
  一般島民は逃げ惑(まど)った。
  保戸島国民学校(現:保戸島小・中学校)にもグラマ
 ン戦闘機が来襲し、爆弾を投下した。
  児童・生徒たちのいる校舎を直撃した。
  1年生と5年生の全員が死んだ。
  また、他学年を含め児童・生徒124人が犠牲になった。
  また、教師2名も犠牲となり、学校に来ていた教師の子
 1名も犠牲となり、127名の尊い命が絶たれた。
  何で、ここを攻める必要があるのか?
  何で、ここを攻める理由があるのか?
  この時、小学校3年生だった鈴木研治氏は、一命を取り
 留め・・この時、亡くなった妹(1年生)の昭代(あきよ)
 さんの遺体を探した。
  誰が誰なのか判別できないほど損傷の激しい遺体が横
 たわる学校中を捜した。
  昭代さんの「指1本だけでも見つかってほしい」と捜し
 た。
  しかし、「とうとう見つける事は出来なかった」と鈴
 木氏は語った。
  鈴木さんは、今、お寺の御住職になられている。
  そして、戦災殉難者追善法要をされている。
  参列した中学3年生は、「小学生の時から、毎年、法要
 に参加している。
  現在、毎日、平和な保戸島で、私よりずっと幼い子供
 たちが空襲で亡くなったことを、最初に聞いた時は信じ
 られなかった。
  そんな悲しいことが二度と起こらないよう、私たちが
 保戸島空襲を伝え続けて行きたい」と語った。
.
1985年、この年まで、韓国に、アメリカ軍兵士相手の慰安
 婦所があった。
  実は、慰安婦像は、この事を訴えるために存在してい
 る。
  おとなしくて、優しい、弱い日本をあげつらっている
 が・・
  これは、朝鮮戦争で荒れた国を復興するために韓国と
 いう国が、在韓米軍を新たな復興への資金源としたこと
 に起源がある。
  お粗末な事に韓国という国が、韓国女性を人身御供に
 した。
  その後ろめたい怒りを日本へぶつけた・・、
  この膨大な金は、韓国ヤクザに地価の金として流れ、
 ヤクザの温床ともなった。
  韓国は、ベトナム戦争時には、ベトナムにまで派遣し
 た。
.
2010年、韓国に、可哀想な話であるが、この年まで、「キ
 ーセン・ハウス」という、韓国の国営の慰安婦所があっ
 た。
  これも、外貨を稼ぐために韓国の国が設けていた。
  韓国の某氏が、涙を流して、「この様な事までしなけ
 ればならない国の経済状態です」と泣いたという。
  ソウルのキーセン・ハウスは、「清雲閣」「大苑閣」
 「三清閣」の「3閣」が有名な慰安所だった。
  また、伝統的なキーセン・ハウスで残っていた「梧珍
 庵」 (오진암) は、この年、閉店した。
  何も、韓国が、デッチ上げの嘘で騒ぐ、一時期の日本
 人兵士対象の慰安婦ばかりでなく、
  韓国は、卑劣な事に、常に、自国民や、駐韓アメリカ
 人兵士を対象に、『常態化した形』で慰安婦の接待所を
 作って行って来た歴史がある。
  また、中国に冊封され、属国化された韓国・朝鮮半島
 は、中国に対しても、常態化した、そして、慣習的に、
 常に、盛んに慰安婦接待を行なって来た歴史がある。
  (参考)高麗から李氏朝鮮末期まで『約1000年間』、
     常に、2万名~3万名の妓生がおり、
      また、卑劣な事に、自国民を対象に、李朝時
     代には官婢として各県ごとに10名~20名、郡に
     30~40名、府に70名~80名ほどが常時置かれて
     いた。
      行政の一業務として行った糾弾すべき事実が
     ある。
      それこそ女性の人権を、長い歴史の間、踏み
     にじって来たという『世界遺産に登録すべき項
     目』がある。
      『朝鮮の女性方の1000年の恨みは、ここにこ
     そある』。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive

[PR]
by suba28 | 2017-11-05 05:29 | 皆様とともに 幸せになりたい


はじめまして、ブログを始めさせていただきました


by suba28

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
悲惨な戦争を無くしたい
悲惨な戦争を無くせないので
皆様とともに 幸せになりたい
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

(増補版)568E2/3:1..
at 2017-12-12 04:34
(増補版)567E2/3:1..
at 2017-12-01 06:18
(増補版)566E2/3:1..
at 2017-11-22 06:21
(増補版)565E2/3:1..
at 2017-11-17 06:01
(増補版)564E2/3:1..
at 2017-11-10 07:43

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30