(増補版)562E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年8月~1892年9月)

題:(増補版)562E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年8月~1892年9月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1892年8月11日、鉄道庁の定員を改正した(勅令第72号)
1892年8月15日、イギリスで第4次グラッドストン内閣が成
 立した(~1894年)
  総選挙で自由党が僅差で第1党となり、グラッドスト
 ンは82歳となっていたが首相となった。
  82歳の年齢は、イギリス史上初で「大老人 Grand
 Old Man」と言われた。
  1893年9月、グラッドストンは、新たなアイルランド自
 治法案を議会に提出した。
  下院では可決されたが、上院で保守党・自由統一党の
 反対で、大差で否決された。
  グラッドストンは、上院改革を断行してでも法案を通
 すつもりだった。
  しかし、高齢のため指導力が低下し、1894年3月、84歳
 で辞任した。
  アイルランド問題について・・彼が追求したアイルラ
 ンドの解放というアイルランド問題の解決は、保守勢力
 の抵抗で実現できなかった。
  しかし、この国民的な課題に対して、貴族の既得権に
 固執する上院に対する批判が強まり・・、
  20世紀に入って、1911年の議会法制定で、上院の権限
 は大幅に制限され・・、
  1914年、ようやくアイルランド自治法が成立した。
  しかし、第一次世界大戦の勃発によって実施は延期さ
 れ、さらに、アイルランド側の『完全独立』を求める運
 動が激化し、解決は遠のいてしまった。
1892年8月16日、関西鉄道会社が運賃を値下げする。
  中等運賃を下等運賃の5割増に改めた(従来は、下等運
 賃の2倍だった)
1892年8月17日、露仏軍事協定(秘密協定)が成立した。
  ロシア・フランス間に成立した政治的および軍事的な
 相互援助同盟で・・、
  この頃、経済的対立を含んだヨーロッパ情勢は混迷し
 ていた。
  1890年、独露間の再保障条約が満期となり、ドイツが
 その延長を拒否したことから・・、
  1891年から公然化して、ロシアとフランスが接近し、
 対ドイツ防衛同盟の性格を帯び、発展して行った。
  1891年に、政治協定を結び・・、
  1892年、軍事協定(秘密協定、1918年まで秘密にされ
 た)を締結した。
  また、1894年1月4日に、フランスが、軍事協定承認を
 通告して同盟関係(軍事協約)が確定した。
  また、イギリスが加わって三国協商となって、三国同
 盟(ドイツ・オーストリア・イタリアの軍事同盟、1882
 年成立)と対立した。
  ドイツ帝国のヴィルヘルム2世は、世界政策を掲げ(ビ
 スマルクを退け、自身が前面に出て、帝国主義的膨張政
 策をとった。列強の既得権とぶつかると、軍事力を背景
 にした行動を示した)、
  艦隊法(イギリスを仮想敵国として、対抗できる海軍
 を建設するという目的)の制定以降、イギリスとの建艦
 競争に突入した。
  そして、3B政策(ベルリン・ビザンティウム・バク
 ダードを鉄道で結び、ドイツの影響下に置く)を企図し
 て、ロシアとの関係も悪化させた。
  露仏同盟は三国協商の土台となり、また、それは日英
 同盟と結びついて対独包囲網を形成した。
  日本が、第一次世界大戦でドイツと戦う流れとなる。
1892年8月27日、アメリカのメトロポリタン歌劇場が火災と
 なる。
  1883年10月23日に竣工した最初のメトロポリタン歌劇
 場の建物で・・、
  ブロードウェイ39丁目~40丁目にかけて建てられた。
  設計は、J.クリーヴランド・キャディ 、
  この火災の後、大規模な修復を経て・・、
  1966年に、現在のニューヨーク市マンハッタン区リン
 カーンセンターに移転するまで使用された。
  この劇場は、歴史的建造物として認められず、1967年
 に解体された。
  移転後の現在の歌劇場は、アメリカ随一のオペラ・ハ
 ウスとなっている。
1892年8月、第一次松方内閣が総辞職し、伊藤博文が後継内
 閣を組閣した(詳細は、前掲を参照ください)
1892年8月、津田梅子が、アメリカ再渡米より帰国した。
  津田梅子は、津田仙(旧幕臣・東京府士族)・初子夫
 妻の次女として、江戸の牛込南御徒町(現在の東京都新
 宿区南町)で、1864年12月31日に生まれた。
  父・仙は幕臣であったため、幕府崩壊とともに職を失
 った。
  父・仙は、北海道開拓使次官の黒田清隆(女子教育に
 も関心を持っていた)が企画した女子留学生に梅子を応
 募させた。
  そして、同年・1871年、岩倉使節団に随行して渡米。
  5人のうち最年少の満6歳であった。
  アメリカでは、ジョージタウンの日本弁務官書記のチ
 ャールズ・ランマン夫妻の家に預けられた。
  1882年(18歳)11月、日本へ帰国した。
  帰国した梅子は、幼少からの長い留学生活で日本語能
 力はむしろ通訳が必要なほどになってしまい、日本的風
 習にも不慣れであった。
  1883年(19歳)、伊藤博文と井上馨邸での夜会で再開。
  この頃から、伊藤家へ英語指導や通訳のため雇われ、
 伊藤家に滞在し、下田歌子から日本語を学ぶ、また、歌
 子の私塾の英語教師となる。
  1885年(21歳)、伊藤に推薦されて、学習院女学部か
 ら独立して設立された華族女学校で英語教師をする。
  梅子は、上流階級的気風には馴染めなかったようで・・、
  この頃、縁談が何度かあるが・・断り・・生涯未婚で
 居ようと思ったようである。
  1888年(24歳)、留学時代の友人が来日して会い、再
 度の留学をしたいと思った。
  そして、父の仙の知人で、日本の商業教育に携わって
 いたウィリアム・コグスウェル・ホイットニーの娘・ク
 ララの仲介で留学希望を伝え、学費免除の承諾を得て、
 校長の西村茂樹(教育者、文学博士、道徳振興団体「日
 本弘道会」創設者)から2年間の留学を許可された。
  1889年(25歳)7月、再び渡米した。
  この後、1900年(36歳)7月、父の仙や、アリス・ベー
 コン、大山、瓜生、桜井彦一郎らの協力者の助けを得て、
 「女子英学塾」(現在の津田塾大学)の設立願を東京府
 知事に提出し、認可を受けると東京麹町区に開校し、塾
 長となった。
1892年9月1日、釧路鉄道の標茶駅~跡佐登駅間(41.8km)
 が開通した(開業:1892年9月8日)
  1872年に、佐野孫右衛門により、アトサヌプリ山麓の
 硫黄山で硫黄採掘が始まり・・
  当初は、馬と川船によって釧路まで運ばれていたが、
 後に、標茶まで馬搬になり、標茶から湧比別(後の五十
 石)まで50石船で、湧比別から釧路は100石船で運搬した。
  標茶に大規模な精錬所が建設され、鉄道の敷設が望ま
 れた。
  故に、釧路鉄道は、北海道東部の硫黄山で産出される
 硫黄の輸送を目的とされた。
  北海道内では2番目(北海道の私鉄では最初)の鉄道。
.
  (今日の言葉)
.
  題:アメリカの最重要の要人が、『GHQが、日本国憲法(第9条:戦争放棄等)を
   作らせたのは間違いだった』と言った。
.
1865年3月、アメリカの解放民局(難民、解放民および放棄
 地対策局)の『期限延長と権限拡大』を、黒人の方々は
 勝ち取った。
  黒人の方々の必死の闘いの勝利だった。
  しかし、この後、アメリカには、『奴隷解放の反動』
 の嵐が吹き荒れて、解放民局は活動を停止した。
  アメリカは、奴隷解放を行なう解放民局を停止させた。
.
1867年3月、アメリカの黒人の方々は、ジョンソン大統領
 (第17代大統領アンドリュー・ジョンソン)と対峙し、
 黒人の方々独自の『再建法』を成立させた。
  また、上院の承認なしに政府の要人を大統領が勝手に
 罷免する事を禁じた『官職保有法』を制定させた。
  しかし、この後、反動の時代が来て、これらの黒人の
 方々の努力は、完全に崩壊し、無になって行く。
  「根強い反動のアメリカ」があった、黒人奴隷制に戻
 ろうとする動きが、この後に、アメリカに始まる。
.
1869年、アメリカの大陸横断鉄道が完成した。
  アメリカの・・西部へのインディアンの方々の地への
 侵略行為、奪取行為に、この鉄道は大きく関係した。
  中国も、このアメリカの行為を真似して、チベットへ
 の鉄道をいち早く完成させた。
  アメリカの鉄道網の伸長はめざましかった。
  1860年には、3万マイルだった鉄道が・・、
  1880年には、9万3000マイル・・、
  1900年には、19万3000マイルとなった。
.
1873年、アメリカに経済恐慌が起きる。
  アメリカで、資本の集中が進み、特定の所へ資本が集
 積されて行った。
  1879年、スタンダード石油が、トラストを成立させた。
  また、その他、アメリカ国内に、巨大なトラストが、
 多数、作られて行った。
  アメリカは、独占資本主義の世界となった。
  資本家(特に、北部資本家)がやりたい放題の世界と
 なった。
  1890年に、シャーマン反トラスト法が制定された。
  この様なアメリカ社会が、米西戦争を起こさせた。
  アメリカは、領土欲のある帝国主義国家と一層なって
 行った。
.
1876年、アメリカの憲法修正が行われた。
  1870年頃~1876年までの頃、ワシントンの国会には、
 14人の黒人下院議員と2人の黒人上院議員が生まれた。
.
1877年、この年の夏、アメリカ最初のアメリカ全土におよ
 ぶ鉄道の大ストライキが起きた(北部資本家の悪行への
 抵抗)
  アメリカは、狡猾(こうかつ、悪賢いこと。悪い事ば
 かりして、悪い方面にばかり知恵がまわること)だった。
  自分だけの勝手な理屈で、『自分さえよければ良い』
 が、常に、そこにあった。
  この頃、黒人の方々は、「アメリカ北部の資本家と、
 南部のプランター」の『連合支配』に苦しんだ。
  黒人の方々は、その強烈な圧力に対峙(たいじ)して
 行かなければならなかった。
  この支配は、非常に強靭な支配で、黒人の方々を苦し
 め、そして、迫った。
  「奴隷制のあった時代」への、完全な揺り戻しだった。
  大統領職が転がり込んだヘイズ大統領(第19代大統領、
 任期:1877年3月4日~1881年3月4日)は・・、
  南部から連邦軍を撤退させて、その揺り戻しを助長さ
 せた・・、
  また、この年・1877年夏から、アメリカ最初のアメリ
 カ全土におよぶ鉄道の大ストライキを「弾圧した」。
  大統領のヘイズは、「資本家側にまわって」資本家を
 擁護し、労働者を弾圧した。
  アメリカ南部では、復活した旧奴隷所有者が、黒人の
 方々を搾取する新しいシステム=「プランテーション奴
 隷制度に変わる刈分小作制度(シェアクロッピング・シ
 ステム、Share cropping system)」を出現させ、黒人の
 方々から利益を搾り取った・・
  また、アメリカ北部の独占資本家たちも、南部のこの
 様な搾取制度を最大限に利用して、南部を支配した。
  そして、アメリカ北部も「おいしい搾取の汁を吸った」。
  また、南部の黒人の方々を、その様な虐げた状態にし
 ておくことによって、アメリカ北部の労働力を低廉な状
 態にしておくことが出来ることから、アメリカ北部資本
 家も最大限にこの動きを利用し関与した。
  アメリカ北部の白人労働者の労働条件改善闘争を押し
 止めることに使った。
  アメリカ北部の資本家と南部プランターとの利益は一
 致していた。
  また、卑劣な事に、この北部資本家が、また同時に、
 南部の土地所有者となり、黒人の方々から、『直接に』
 搾取した。
  儲かれば人権なんて関係ないという北部も南部もない
 アメリカだった。
  弱者の方々を虐げる「アメリカ北部と南部が共同する
 社会・・非人道的社会」が現出した。
  しかし、この様な苦悩の中から黒人の方々は、また、
 立ち上がって行った。
  緑背紙幣(グリーンバック)運動やグレンジャー運動
 が、1870年代~1880年代初めにかけて湧き起こった・・、
  そして、これを受けて人民党運動が、アメリカ全土に
 展開されて行った。
  (参考)緑背紙幣(グリーンバック)運動:リンカー
     ンが発行した緑背紙幣の価値暴落に苦しんだ農
     民などの人々の運動。
  (参考)グレンジャー運動:1870年代にアメリカ中西
     部を中心に起った農民運動。
      南北戦争後まもなく、農産物は過剰生産の結
     果、価格が下落の一途をたどり、農民の生活は
     破綻の危機にあった。
      この農民の方々の不満が組織化されて行きグ
     レンジャー運動となった。
      その初めは、農務省の一官吏が設立した「農
     業保護」組織が通称グレンジであり、
     この組織の会員がグレンジャーと呼ばれた。
      この団体は、初めは、政治活動に参加しなか
     ったが、1873年の恐慌後は、積極的に政治運動
     に進出した。
      農民に最も身近な問題・・鉄道会社の運賃や
     倉庫保管料の規制、税制改革などを州議会に訴
     えるようになり・・、
      1874年には、約150万人の会員となった。
  この様な南部の闘争と北部の労働運動が結びついて、
 政治運動として発展し・・、
   1891年には、既存政党に対抗して人民党(ピープル
 ズ・パーティ)が結成された。
  (参考)人民党:アメリカ南部(特にノースカロライ
     ナ州、アラバマ州、テキサス州)の貧しい白人
     綿花農家や、アメリカ中西部の平原にある州(
     特にカンザス州とネブラスカ州)の追いつめら
     れていた小麦農家などを支持基盤とした。
      農本主義と、銀行、鉄道、エリートに対する
     敵意という急進的な運動形態を採った。
      労働組合と連衡する場合もあれば、
      1896年には、民主党が、人民党の大統領候補
     者ウィリアム・ジェニングス・ブライアンを公
     認した。
  アメリカ北部政権が、プロパガンダ(嘘宣伝)する「
 アメリカ北部政権の偉人・リンカーンが奴隷解放しまし
 た、それで、黒人の方々が奴隷の身分から解放されて、
 自由を獲得しました」なんていう話は、まったくの作り
 話で・・その様な状況では『まったくない』。
  黒人の方々の血を吐くような戦いが、それも長い戦い
 があった。
  そして、アメリカは、今・現在においても、まだまだ
 黒人の方々を虐げている。
  その根っこには、「キリスト教による有色人種への蔑
 視観と洗脳がある」。
  この洗脳が、なかなか無くならずに続いている。
  今でも、黒人の方々を差別する行為が続いている。
  KKKが復活しているニュースも報道された。
.
1880年、アメリカの工業力が、イギリスを抜いて世界一に
 なった。
  1860年には、イギリス、フランスに次いで第3位だった。
  また、1870年には第2位。
  アメリカは、この1880年代を境に、農業国から工業国
 へ転換した。
.
1880年代、アメリカの西漸運動による、アメリカ西部への
 侵略行為は、この頃、太平洋岸に達した。
  1890年の第11回国勢調査でその開拓線の消滅が表明さ
 れた。
  アメリカの開拓線が消え、この後、太平洋の国々を奪
 って行く・・ハワイの悲劇など・・フィリピンの悲劇な
 ど・・そして、フィリピンを土台として中国へ・・
.
1900年、アメリカの発展、この年、製造工業が130億ドルに
 なった。
  これは、1860年が19億ドルで、その約7倍となった。
 ☆また、1900年の賃金労働者数が530万人であり、1860年
  の131万人の約4倍となった。
 ☆また、1900年の投下資本額が90億ドルであり、1860年
  の10億ドルの約10倍となった。
.
1914年、アメリカの発展、1914年に、アメリカは、鉄鋼が
 世界第2位で、機械工業が第4位だった。
  これは、1860年には、首位部門が農業生産に関すると
 ころだった(農業から工業への転換)
.
1945年2月8日、アメリカのフランクリン・ルーズベルト大
 統領は、ソ連のスターリンと秘密会談を行い、対日本戦
 への戦いに参戦することを促した・・誘った。
  そして、日ソ中立条約の『一方的破棄』をソ連に促し、
 そそのかした・・アメリカのルーズベルトの悪行の一つ・・、
  この密談は、日本領の南樺太と千島列島、満州国の権
 益(南満州鉄道や港湾などが含まれる)がソ連のものと
 なるという美味しい話(えさ)で誘った。
  しかし、このアメリカ大統領ルーズベルトが行なった
 この密約の「領土に関すること」は、『領土の不拡大』
 を規定し、宣言した『大西洋憲章に違反する行為』だっ
 た。
  (参考)大西洋憲章は、1941年8月9日から8月12日に行
     われた大西洋会談において・・、
      アメリカ合衆国大統領のフランクリン・ルー
     ズベルトと、イギリス首相のウィンストン・チ
     ャーチルによって調印された憲章で、世界構想
     として述べたもので、世界各地に適用されると
     した、故に、この後、世界の各国が参加を表明
     し、遵守を誓った。
      この中には、「領土の拡大意図をもって戦争
     をすること」も否定され・・さらに、なお・・、
      「領土を変更するときは関係国の人民の意思
     を尊重する」ことが決められた。
      しかし、アメリカは、自分の都合が悪くなれ
     ば、この様な事を無視し、破るアメリカだった。
.
1945年6月、日本は、6月頃から戦争終結をめぐる最高指導
 者会議を何度となく開いた。
  日本は、対日参戦を秘密に決めた(ヤルタ密約)、そ
 して、その参戦の準備を進めているソ連に、そうだとは
 知らず、連合国との講和の仲介を依頼していた。
  ポツダム宣言が発表されると、鈴木貫太郎首相や主要
 閣僚は、条件付きの降伏要求である事に着目し、これを
 『受諾する方向となった』。
  しかし、陸軍は反対し、本土決戦を主張してゆずらな
 かった。
  日本政府は、当然、仲介依頼をしているソ連の返答を
 待った。
  原爆投下は、その様な状況の中に落とされた・・
  アメリカは、ソ連から、「日本が戦争終結したいとの
 仲介」を求められて来ていることを、ソ連のスターリン
 から知らされていた・・にもかかわらず無視し、卑劣に
 も、広島に、そして、長崎へ、原爆を投下した。
.
1945年8月9日、深夜、昭和天皇陛下の御臨席のもと御前会
 議が開かれた。
  ポツダム宣言の即時受託について、意見は賛否同数と
 なった。
  8月10日午前2時、鈴木首相が、天皇陛下の前に進み出
 てご聖断を仰(あお)いだ。
  天皇陛下は、『ポツダム宣言の即時受託』による日本
 の降伏を決断された。
  以下は、この終戦の御聖断の後、昭和天皇陛下の御発
 言を迫水久常書記官長が証言している・・、
  「・・この様な状態で本土決戦に臨んだらどうなるか、
 私は非常に心配である。
  あるいは日本民族は、みな死んでしまわなければなら
 ないことになるのではないかと思う。
  そうなればどうしてこの日本という国を子孫に伝える
 ことが出来るのか。
  一人でも多くの国民に生き残っていてもらって、その
 人たちに将来ふたたび立ち上がってもらう以外に、この
 日本を子孫に伝える方法はないと思う。
  ・・みなの者はこの場合、私の事を心配してくれると
 思うが、私はどうなってもかまわない。
  私はこういう風に考えて戦争を即時終結することを決
 心したのである」(迫水久常書記官長の証言より)
.
1945年8月10日、午後8時すぎ、その旨を同盟通信社のモー
 ルス信号と、日本放送協会の海外向け放送が伝えた。
  『世界に対する、事実上の日本の終戦の意思表示とな
 った』・・ソ連の参戦の意味は、一層、無くなった。
  善意ある正義のアメリカであれば、『ソ連の参戦を停
 止させるべきだった』・・その様にしないアメリカであ
 ったため、各地での悲劇が起きた・・特に、ソ連の満州
 の虐殺行為と多数の拉致行為など・・、
.
1946年、この年の1946年まで「日ソ中立条約は有効だ」と
 いう事を、日本とソ連の間で条約により約束されていた。
  アメリカのルーズベルト大統領が、1943年10月に、ソ
 連へ「対日戦に参戦する」ように要請した(歴史書には
 この言葉が使われている)・・要請と言っても・・その
 話には、卑劣な事に、ソ連が喜ぶ、そして、とくをする
 餌(えさ)の話が付けられていた・・このニュアンスが
 消えている。
  その話は・・ソ連が参戦すると得るだろう「千島列島
 や樺太」を、ソ連の領土にする事をアメリカは認めると
 話しかけた・・「奪ってしまえば・・」という悪辣な誘
 いである。
  領土欲のあるスターリンは、ソ連は、その話に乗った。
  ルーズベルトは、この様な性格のスターリンを良く知
 っていた。
  ここに、新たな悲劇が始まった。
  ソ連は即座に、敗戦濃厚となっているドイツを破った
 後に参戦すると回答した(即答した)。
  即、回答するような美味しい話を、アメリカは、ソ連
 へ持ちかけ、そそのかした・・そして、その戦いの武器
 まで、アメリカはソ連へ運び入れ・・渡した。
  そして、事実、その通りとなった・・というより、武
 器までもらったら、その通りになるでしょう・・、
  この時のはるか以前に、日本とソ連は、 1941年4月13
 日に、「日ソ中立条約」を締結していた。
  この条約によって、ソ連は、極東に配備していた部隊
 を西部へ移送し、モスクワ防衛線へ投入した。
  そして、この条約は5年間、『1946年まで有効』という
 事まで決めていた・・約束していた。
  そして、その時に、さらに延長するかどうかを決めよ
 うとなっていた・・この様にも決めていたのである。
  その様な事を知っているのに、アメリカ大統領のルー
 ズベルトは、自分さえよければ良いの勝手な思惑で、ソ
 連に誘いの話をした。
  この事による悲劇は・・1945年8月8日にやって来た。
  ソ連は、対日攻撃を開始した。
  長崎に原爆が投下される前日だった。
  日ソ中立条約の『一方的無視』の破棄の参戦だった。
  アメリカのルーズベルト大統領の誘い水どおりとなっ
 た。
  1945年8月9日、ソ連は、満州になだれ込んだ。
  戦場は、満州以外にも、北朝鮮・南樺太・千島列島に
 おいても戦闘状態となって行った。
  1945年5月のドイツ降伏後、ソ連は、シベリア鉄道を
 フル稼働させて、満州国境に巨大な軍事力を集結させて
 いた。
  突入してきたソ連軍は、満州の荒野を開拓していた満
 州開拓団として行った日本の一般市民を襲った・・家族
 の方々は逃げまどった。
  特に、国境付近の開拓居留民の多くの方々は、この進
 攻したソ連軍に踏みにじられ虐殺された・・逃げまどっ
 た。
  さらなる悲劇として、このソ連軍の暴挙に乗っかって、
 匪賊(徒党を組んで略奪・殺人などを行う盗賊)となっ
 た者たちに日本の方々は餌食とされた。
  当時、満州の首都の新京だけでも14万人の日本人市民
 が居た。
  地獄となった人々・日本人家族たち、そして、1945年
 8月11日に、この日に新京から逃げる18本の列車が出た(
 正午頃までに)。
  逃げられた日本人家族は、3万8000人だった。
  逃げた3万8000人のうち、53%の20310人という半分以上
 が軍人関係家族だった。
  そして、44%の16700人が満鉄関係の家族だった。
  ほとんどが、この両方で97%で、脱出のための仕立てら
 れた列車は、軍と満鉄の家族のためだった。
  残りは、大使館関係者750人(2.0%)、そして、民間人
 家族は240人(0.6%)であった。
  ほとんどの一般日本人市民・開拓団民の方々は、満州
 に置き去りにされた。
  満州に残された一般の日本人の方々に悲劇が始まる。
  ソ連軍突入で、即座に、多くの方々が亡くなったが・・、
  歴史として語り継がねばならない事件の一つは・・、
  1945年8月12日の満州の麻山付近で、約400名の日本の
 方々が、追い詰められ悲惨なうちに集団自決(自殺)し
 た事件・・、
  この様な事件は、この地の各地で起きた。
  興安街付近では、東京荏原開拓団で行った方々が中国・
 暴民に襲撃されて、約400名の日本の方々が虐殺された。
  また、仁義仏立開拓団の日本の方々が、ソ連の機甲部
 隊の一斉射撃を受け、600名以上が虐殺されたなどなど・・
 など、筆舌につくせぬ事ごとが起きている・・、
  1945年8月14日には、葛根廟(かっこんびょう)事件が
 起きている。
  満州の葛根廟鎮において、日本人の避難民の方々の約
 千数百人の方々が、この人たちは、9割以上が婦女子で、
 この人たちが、ソ連軍や中国人に襲撃され、1000人以上
 のほとんどの方々が・・ソ連軍に虐殺されている。
  別な場所でも、白旗を上げているのに関わらず・・、
 ソ連の戦車の機関銃が火を噴き、この銃撃で、多くの方々
 が亡くなっている。
  また、避難する方々を焼き殺したり、機関銃を撃ちな
 がら、掃射をしながら・・引き殺したり・・、
  ソ連軍の戦車のキャタピラに巻き込まれて・・引き殺
 された日本人の方々が・・宙に舞ったりしたという悲惨
 な光景が伝えられている。
  そのあと、ソ連軍戦車は、丘の頂(いただき)に戻り、
 また避難民の方々を、めがけて突入しながら・・繰り返
 し、繰り返し・・機銃掃射や攻撃するということを執拗
 に繰り返した。
  完全に軍人ではない『非戦闘員の方々』への殺戮行為
 で、国際法で違反とされる、許されていない行為で・・
 『あからさまな非人道的違反行為をするソ連軍』だった。
  東京裁判で裁くべきだった・・が、差別的な、また、
 不公正なこの裁判で、裁かれる訳はなかった・・
  また、トラックで来たソ連兵が、民間人の、避難民の
 生存者を見つけ次第・・次々と、銃剣で刺したり・・、
 射殺したりした。
  2時間ぐらいの間に、女性や子供を主体とした1000人
 以上の方々が殺害されてしまった。
  男性は、兵士に駆り出されたりしていたので、南方方
 面へ転戦したりしていたので、ほとんどが女性や子供た
 ちが多いという状態だった。
  そのあまりにもの悲惨さに、自ら命を絶つ、自決・自
 殺する日本人の方々も、多い状態だった。
  頼みの日本の軍隊は、既に、南転と言って、南方諸島
 の激戦地に行って居なかった、日ソ中立条約もあったし・・、
  僅かに残った日本軍も奮戦したが、全滅したりしてい
 た。
  そして、その避難民の方々、僅かに残った生存者にも、
 襲撃が執拗に続いた。
  中国人も暴徒化して、身に付けている下着まで奪って
 行った。
  乳房を鎌で切り落とされる女性、川に逃げで溺死する
 人々、幼い子供達への襲撃、国民学校の児童たちの死・・、
 悲惨な・・地獄であった。
  子供を連れた母子に、子供を奪い、母は棒で殴りつけ
 られ、殺されたりした。
  親が殺された子供たちは、生き残った大人たちのとこ
 ろに集まっていたが、暴民たちは、その子供たちに襲い
 かかり、奪って行った。
  この子供たちは、売られたりするのが一般的だった。
  悲しいことに、8月15日の終戦が完全に過ぎてもソ連の
 襲撃などは続いた(日本の終戦の通達は8月14日)
  ソ連兵などに見つかり、暴行を受け、強姦される女性
 たちも多かった。
  また、ソ連兵は、家に火を付けて回った。
  隠れていた家に、火を付けた枯れ草を投げ入れられて、
 焼け死んだ人たちなども多かった。
  また、中国残留孤児や中国残留婦人となった方々も多
 く居た。
  これは、明らかにソ連は軍人であり、軍隊である。
  一般民間人に対する殺戮行為は、「戦争犯罪」である。
  無差別な大量虐殺のジェノサイドである。
  ナチスのユダヤの方々に対する行為を、ドイツの方々
 のジェノサイド行為であるとの反省行動と同様な行為を、
 ソ連は、なすべきである
  また、共犯であり間接原因者であるアメリカも、反省
 を表明すべきである(謝罪文を書きなさい)。
  アメリカが、原因者の一端に居る事は、今後も免れ得
 ない。
  満州人や朝鮮人には襲撃しなかった。
  日本人を狙っての行為だった。
  ソ連兵の卑劣な行為が多かった、女性方は暴行された。
  ソ連兵は、物を奪い持ち出す様に、日本人女性方を車
 に乗せて連れ去った。
  その様な女性が、ボロボロになって帰って来る場合も
 あった・・そしてまた、若い女性が牡丹江に流されて行
 くという姿もあった(帰れずに川に身投げ)。
  行方不明となってしまった女性方が数知れず居た。
  ソ連参戦で、色々な事があったのだが、抜粋的に記し
 ているのだが・・、
  次の記述も、戦争が終わっているというのに、起こさ
 れたことである。
  戦争が終わっているのに起こされているので、ソ連の
 不法行為であるが・・、
  1945年8月22日に、日本が無条件降伏をしているのに、
 ソ連は日本を攻めた。
  何と!戦争も終わって、引き揚げる方々へ、日本の引
 揚者を乗せた船が、ソ連軍の潜水艦の攻撃によって沈没
 させられた。
  それも2隻もある・・小笠原丸と泰東丸である。
  1708名の尊い命が、日本へ向かって帰国の途にあった
 日本人の方々が亡くなった。
  樺太からの婦女子を主体とする引揚者の方々だった。
  この2船の外にも、白旗を掲げたにもかかわらずソ連
 潜水艦は攻撃し、沈没させられた船がある。
  667名の方々が亡くなった。
  ソ連との平和条約の締結時には、これら上記のことな
 どの補償をソ連はするべきである。
  そして、満州では、まだまだ悲劇が続いていた。
  1945年8月27日には、ソ連軍に『連日に渡り強姦』を
 され続けていた日本人女性の方々が・・可哀想な事に、
 集団自決をするという事が起きた。
  この悲惨過ぎる事件が起きた場所は、満州国吉林省だ
 った・・敦化(とんか)事件という。
  悲惨な強姦の多い状況は、筆舌につくせない。
  また、ソ連兵は、日本人を使役し、線路などもはがさ
 せたりした。
  そして、その線路は、持ち去るという様な事までした。
  1945年8月27日には、ソ連軍に遭遇した日本人の開拓団
 の一般の方々が、ソ連軍から攻撃を受けた。
  950名の方々が亡くなられた。
  そして、まだまだ悲劇は続いた。
  その為、行く末に希望を無くした方々の514名が後に続
 くと、集団自決した。
  この他にも、この様な事例は多数。
  終戦後に、ソ連は酷いことを不法を続けている。
  1945年9月2日に、東京湾内に停泊するアメリカ戦艦ミ
 ズーリ号の甲板で、日本政府全権の重光葵と大本営(日
 本軍)全権の梅津美治郎、及び、連合各国代表が、降伏
 文書(休戦協定)に調印しているが、
  この様な状況であるのに、不法にもソ連は、まだまだ、
 日本を攻撃を続けていた。
  ソ連が、勝手に続けていた不法行為が、やっと止めた
 のが・・1945年9月5日だった。
  この日に、ソ連軍が、やっと、日本への攻撃・戦闘行
 動を止めた。
  ソ連は、ポツダム宣言受諾も無視し、また、日本の降
 伏文書調印をも無視し、何もかも無視して不法行為をし
 ていた。
  戦闘行動を続けていた。
  ソ連が支配下に置いた地域は、国後(くなしり)・択
 捉(えとろふ)・歯舞(はぼまい)・色丹(しこたん)
 の北方4島、および、千島列島全域・南樺太・朝鮮半島・
 満州だった。
  ルーズベルトアメリカ大統領のソ連参戦の誘い水とお
 りの行動だった。
  アメリカ大統領のルーズベルトの、『千島列島や樺太
 の領土をソ連が得ることを容認するから」と・・、
  ソ連の対日参戦を餌を付けて促(うなが)していた悪
 辣行為が・・、
  日本人の無実の・・一般の方々の、あまりにも悲惨な
 大きな悲劇も起こされいた。
  これでも・・以上は一部の抜粋です。
.
1950年8月9日、エイズ薬開発者が生まれた。
  この偉大な医学者が、日本の満屋裕明先生で、この日
 に生誕された。
  死に至る病気と、世界中で恐れられていた「エイズ・
 ウィルス感染症」の治療薬を作り出した。
  この真の救世主である満屋裕明(みつやひろあき、1950
 年8月9日~)先生は・・、
 日本のウイルス学者で、熊本大学医学部内科学の教授・・、
  そして、アメリカ国立がん研究所内科療法部門レトロ
 ウイルス感染症部部長でもあり、
  国立国際医療研究センター臨床研究センター長(2012
 年~)などなど・・要職を色々と持たれている方・・、
  1985年(35歳)の時、アメリカ国立衛生研究所で、世
 界初のHIV治療薬「AZT」を開発した。
  同時に、論文発表もされた・・
  これは、しっかしとした「世界最初の開発者・発明者
 である」と証明している文献となっている。
  当然、特許権者である・・が・・、
  (参考)AZTは・・抗ウイルス化学療法剤で・・、
     強力な抗ヒト免疫不全ウイルス(HIV)作用
     を示す。
      HIV特有の逆転写酵素を阻害し、正常細胞
     への影響は少ない。
      本剤は、後天性免疫不全症候群(エイズ)及
     び、治療前のCD4リンパ球数500/mm3以下の症
     候性、及び、無症候性HIV感染症の患者にお
     いて、臨床的な有用性が認められている。
      主な副作用は、貧血、及び、白血球減少。
  満屋裕明先生のこの功績、この開発に対し・・、
  アメリカでの特許権は、実験に協力していたバローズ
 ウェルカム社が、満屋先生に無断で特許を出願してしま
 った・・(不正行為)・・、
  さらに卑劣な事に、発明・開発者欄に、満屋裕明先生
 の名前を書かずに出願した・・独占的に奪った行為・・、
  当然、書くべき・・そして、当然、書かねばいけない
 発明者である満屋先生の名前を書き入れなかった。
  そして、特許権を取得してしまった。
  完全に、特許権を奪う行為をした。
  また、満屋先生は、同社が高価格でAZTを売り出し
 たことが不本意で・・(先生は、エイズに苦しんでいる
 方々へ安価に薬を提供したかった)
  その為、当然の怒りを示され・・さらに、新しいHI
 V治療薬の開発・研究へと励まれた。
  先生のさらに偉大な所は、第2、第3のエイズ治療薬
 を新たに開発されたところだった。
  世界で2番目と3番目のHIV治療薬(「ddⅠ
 (en:Didanosine)」と「ddC (en:Zalcitabine)」)を開発
 された。
  これ等の薬を、満屋先生は、ライセンスを企業に与え
 る際に、『適切な価格での販売』を条件にしている(苦
 しまれている患者の方々を救うことに主眼を置かれてい
 る)
  この事例の様に、アメリカは、日本の重要な特許を、
 今まで「いくつも奪って来ている」。
  満屋先生は、2007年に、紫綬褒章を受され・・2015年
 には、日本学士院賞を受賞された・・また、慶応医学賞
 など受賞多数となっている。
  エイズは、かつては、死を意味していたが、今では、
 早期に治療開始によって、先生の功績のお蔭で、その様
 な状況ではなくなった。
  世界は、今でも、エイズ患者が増え続けるという状況
 にあり、ますます、先生の功績の恩恵を受ける人々が増
 え続けている。
  エイズ(後天性免疫不全症候群:AIDS)は、ヒト
 免疫不全ウイルス(HIV)の感染によって引き起こさ
 れ、1型と2型があり、日本では、1型が流行している。
  性感染が多く、また、血液を介しても感染する。
  また、感染した母親から出産時に新生児に感染する危
 険もある。
  そして、血液で汚染した針の使いまわしの感染もある。
  HIVは、免疫を制御するCD4陽性細胞(T細胞、
 マクロファージ、樹状細胞など)に選択的に感染し、自
 らの遺伝子をヒトの遺伝子に組み込む。
  その後、感染したCD4陽性細胞を破壊しながら増殖し、
 一部の感染細胞は破壊されることなく休眠し、人の体内
 で長い期間潜伏する。
  このため、HIV感染症は自然に治癒することはない。
  薬剤治療でも根治ができない。
  急性期HIVに感染すると、感染後2週間目から4週
 間目くらいの間に、HIVは、急激に体内で増殖を始め、
 CD4陽性リンパ球が破壊されて行く。
  この時期は、発熱・のどの痛み・だるさ・下痢など、
 風邪やインフルエンザに似た症状から、筋肉痛や皮疹な
 どが出る場合もある。
  2006年には、満屋先生が、アメリカの研究者との共同
 研究で開発したHIV治療薬「ダルナビル (en:Darunavir)」
 が、アフリカの方々や途上国の方々が、特許料を払わず
 に使える医薬品として世界で初めて国連の機関に登録さ
 れた。
  それ故、満屋先生は、エイズ治療薬を4つも作られた。
  研究を開始する時(初め)、満屋先生は、「アメリカ
 でエイズの研究をしないか?」と皆が言われた時、あま
 りにも酷い病気・死に至る病気であるため、皆がしり込
 みをした。
  しかし、満屋先生は、自ら進んで研究を始められた。
  この様な経緯から・・満屋先生は、この素晴らしい功
 績をあげられた(佐藤健太郎著「世界史を変えた薬」を
 御覧ください)
  この大変素晴らしい功績、多くの人類を救済をされて
 いる業績・・、当然、ノーベル賞級の人類貢献であるが、
 キリスト教国に甘い・・偏するノーベル賞検討委員会は、
 今だに、先生へ、ノーベル賞を送っていない。
  「エイズが駆逐された」という現代になっても・・
  その功績が偉大であると明白となった現時点に至って
 も、
  世界中の方々が、安心領域の病気となったという現在
 においても、先生へ、ノーベル賞は送られていない。
  30年以上も前に作られた功績であるが、まだノーベル
 賞は送られていない。
.
1953年11月、ニクソン・アメリカ副大統領が来日した。
  そして、『日本の憲法に、第9条(戦争の放棄)を入
 れたのは間違いだった』と言った。
  このニクソン発言は、日米協会が主催した午餐会で発
 言された。
  この時のニクソン発言は・・、
  「日本の非武装化は、1946年の時点では正しかったと
 しても、1953年の段階では間違いではないだろうか」と
 言った・・そして・・さらに、
  「私は、この場で、1946年に、アメリカ合衆国は過ち
 を犯したことを認めよう」・・と・・、
  アメリカの最大級の要人・ニクソンが・・、
  1946年の日本の憲法改正によって、『アメリカが、日
 本を非武装化したのは誤りであった』と明確に意思表示
 して・・示した。
  しかし、このニクソン副大統領の発言を、朝日新聞は、
 いつもやる様に、偏向報道をした。
  朝日新聞は、読者に誠実に正確に伝えないで、事実を
 歪曲して伝えた・・、
  肝心の「憲法改正は誤りであった」とする主旨は、そ
 の肝心部分の記述は削除した。
  結局、また、嘘を伝える朝日新聞となった・・、
  「日本が、自由と独立を欲するならば、適当な防衛力
 を維持しなければならない」というところを強調しただ
 けだった(朝日新聞、1953年11月19日、夕刊)
  結局、嘘記述となった朝日新聞は、ニクソン副大統領
 の公式の場における重要発言を隠してしまった・・、
  「当時のGHQの指導による大日本国憲法を改正した
 日本国憲法(第9条:戦争放棄等)は誤り」・・と、
  公式の場で明確に発言しているのにである・・
  公正に報道せず、自紙に都合の良い記事を捏造する形
 になった・・この様な性癖が染み付いている。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive

[PR]
by suba28 | 2017-10-25 04:18 | 皆様とともに 幸せになりたい


はじめまして、ブログを始めさせていただきました


by suba28

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
悲惨な戦争を無くしたい
悲惨な戦争を無くせないので
皆様とともに 幸せになりたい
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

(増補版)568E2/3:1..
at 2017-12-12 04:34
(増補版)567E2/3:1..
at 2017-12-01 06:18
(増補版)566E2/3:1..
at 2017-11-22 06:21
(増補版)565E2/3:1..
at 2017-11-17 06:01
(増補版)564E2/3:1..
at 2017-11-10 07:43

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31