(増補版)555E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年3月~1892年4月)

題:(増補版)555E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1892年3月~1892年4月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1892年4月1日、改正小学校令の実施
  因みに、1900年(明治33年)の小学校令改正と施行規
 則で、小学校は「年度の初め」を、「4月」に入学する
 と規程した。
  また、「(4月始まりを)文部省が省令によって明確
 に定めたのは、小学校についてはこれが最初」との文言
 がある。
1892年4月1日、鉄道庁が第二部雇員以下採用内規を制定
 (鉄二第161号)
  鉄道の建設に従事する人に、鉄道が開通する府県の出
 身者が多数をしめた・・その理由は・・、
  文明の利器・・その進んだ鉄道の開通が、都市地域や
 街道筋の前近代的交通業者の営業を阻害し、その分解を
 促進した。
  そのため、優しい日本は、その救済策を作った・・、
 その人たちのために、働く場・労働力基盤を創出した。
  官営鉄道の例ではないが・・、
  1880年に、設立され営業開始した東京馬車鉄道会社は、
 東京府知事にあてた『建築願』で次の様に記した・・、
  「今ヤ我同胞ノ人衆二於テ牛馬二代リ車業ヲナス者殆
 ント幾千百ナルヲ知ラス、実二我良民ヲ塗炭二陥ラシム
 ルノ醜体視ルニ忍ヒザルノミナラズ又其健康ヲ害スルヤ
 最モ甚シ、而シテ今此車業ヲ為ス者游手無頼ノ徒ノミニ
 非ス士農工商ノ徒或ハ……不測ノ災害ヲ蒙リ已ムヲ得ス
 此業ヲナスモノ亦多シ……今之ヲ救フノ道他ナシ又馬車
 鉄路ヲ設クルニアルノミ、若シ此鉄路ノ各所二開クルニ
 至ラハ随テ人車ノ業衰滅二帰シ此賎業ヲナス者或ハ本業
 二復スルヲ得ン、此此レ馬車鉄路ヲ設ケ以テ人車ノ賎業
 ヲ漸次消滅救済スルノ便益ナリ」・・、
  「賎業」(人車ノ業)を駆逐することによって、「本
 業」(士農工商)への復帰をはかるという「民衆救済」
 観念がある。
  願状には、鉄道敷設による「賎業」=人力車夫の分解
 が客観的に表現され、救済されている。
  官営鉄道の敷設も、ほぼこれと同様の社会的分解を引
 き起こした。
  日本人の優しさから、圧迫される人車の業の者の救済
 が配慮されていた。
  (日本近代化と労使関係・官営鉄道労資関係の史的構
 造、西成田豊氏の論文を参考にした)
1892年4月1日、日本鉄道会社が、営業・運転・線路の保守
 等業務の自営を開始した。
  岩倉具視らが中心になって作った、1881年の我が国初
 の鉄道会社の日本鉄道会社が、最初は、全国的な規模で
 の鉄道建設を計画したが、実際は、高崎線、東北本線、
 常磐線などだった。
  営業方針には・・、公用軍人・警官の乗車賃は半額と
 されていて、
  また、囚人は無料とし、政府で特別の車両を準備する
 となっている(第21~23条)
  また、凶作の場合、穀物の運賃は半額とした(第24~
 25条)
  また、1885年6月、運転・保線は自社で、
  そして、建設・工作業務だけを鉄道局に委託すること
 にした・・と記述がある。
1892年4月1日、筑豊興業鉄道会社が、旅客運賃を値上げ。
1892年4月1日、日本鉄道会社線の上野駅~大宮駅間の複線
 工事に着手した。
  路盤は、すでに完成していたので、荒川橋梁の複線化
 が大工事であった。
  結局、複線形ワーレン構桁(トラス構造の橋の一種)
 に取替えて、従来のものは、久慈川に転用されることに
 なった。
  小川勝五郎(明治期の鉄道建設に於いて「鉄橋小川」
 と称された橋梁技術者にして功労者の請負業者)に見積
 らせると、予算の2倍もかかるので、直営にした。
  また、この頃、小川も賭博で財産を失い、昔の繁栄は
 なく、やがて引退した。
  1895年4月1日から、複線の使用を開始した。
  1904年1月、山手線と上野駅~田端駅間の複線建設に
 着手した。
  国有までに、上野駅~日暮里駅間の常磐線複線、日暮
 里駅~田端駅間1線を完成したが、
  山手線は大崎駅~池袋駅間を複線とし、水戸駅~友部
 駅間も複線となった。
1892年4月4日、北海道炭砿鉄道会社の社長に高島嘉右衛門
 を任命した。
  高島嘉右衛門(たかしまかえもん)は、横浜の実業家
 で、
  横浜港の埋め立て事業を手掛け、横浜の発展に寄与し、
 「横浜の父」を言われた。
  その業績を讃え、「高島町」という地名が残っている。
1892年4月10日、関西鉄道会社が、旅客運賃を値上げ。
  関西鉄道会社は、大阪府中東部・三重県・奈良県・和
 歌山県を中心に路線を展開した私鉄であるが、
  鉄道の建設には、巨額の資金が必要で、経済が未発達
 であった明治初年(1870年代) には、外国からの資金導
 入が図られた。
  イギリスで発行された9分利付き100万ポンドの公債の
 収入から30 万ポンドが、1870年~1872年までに、東京駅
 ~横浜駅間、大阪駅~神戸駅間の鉄道建設費の一部に当
 てられた。
  そして、不足する分については,政府資金が投入され
 た。
  鉄道建設に必要な資材も、イギリスから輸入された。
  利子は、1871年から12年間、元金は1873年から10年間、
 政府によって返済された。
  その後、1878年に、起業公債が国内で発行されて、鉄
 道建設・その他の投資に当てられた。
  公債の発行価格は、額面100円につき80円で、総額
 1,250万円に対し、実収入は1,000万円、利子は年6分で、
 元金2年間据え置き、以後、23年間で償還するという条件
 だった。
  政府は、この公債収入から248万310円を鉄道建設に投
 入した。
  その後も、鉄道建設のための公債は発行された。
  1892年のこの年に、鉄道敷設法が公布され、日本の幹
 線鉄道建設計画が定まったが・・、
  これに基づく鉄道建設においても、資金調達の公債依
 存の方針がとられた。
  鉄道当局者(井上勝鉄道頭、のち鉄道局長)からは、
 鉄道益金を鉄道建設費に充当することが提議されたが、
 政府は、益金の国庫納付と建設費の政府支給(公債依存)
 の方針を変えなかった。
  このことと旺盛な鉄道建設のために、公債発行は増加
 した。
  さらに、巨額の公債が、民営鉄道17社の買収に際して、
 交付公債として発行された。
  その総額は、4億5619万5000円にのぼった。
  19世紀~20世紀の1930年代前半において、鉄道は、独
 占的輸送機関であり、また、日本の産業発展とともに旅
 客、貨物の輸送も増加したため、国鉄は、営業利益を確
 保することができた。
  しかし、営業益金の多くが、利子支払に充当されざる
 をえなかった。
  (日本における鉄道投資と資金調達、廣岡治哉氏の論
 文を参考にした)
1892年4月10日 東京神田の大火(東京神田明治25年猿楽町
 の大火、約4620戸焼失、死者24名
  大火が起きた前日の午後9時頃より、東京では激しい北
 西の風が吹き始めていた。
  夜中の10日午前0時半頃、神田区(現:千代田区)猿楽町
 一番地の飲食店・宮本周蔵方の物置から出火・・、
  母屋をひとなめにした炎は、一つは小川町通りを、一
 つは表神保町通りを、一つは錦町通りをと、たちまち三
 方に分かれて、急速に東南へ向けて燃え広がった。
  火元の猿楽町をはじめ、同一丁目、裏神保町、小川町、
 表神保町、錦町一、二、三丁目は、あっという間もなく
 全焼。
  炎は、さらに錦町一丁目から美土代町一、二、三丁目
 へ、また、三河町一、二、三丁目へと進んだ。
  神田を灰にした炎は、鎌倉河岸を飛んで堀割沿いに本
 石町通りを東へ進み、鎌倉町、松下町を灰とし、
  朝の午前8時には、今川橋先の堀割も超えて、ついに
 日本橋区(現:中央区)本銀町へ飛び、本石町二丁目の大
 半を焼失した。
  午前9時半になり、残り火が烈風にあおられてふたたび
 襲いかかる。
  皆川町、旭町、ろうそく町、関口町も猛火の中で灰と
 なった。
  その後も、炎は、東へ進み永富町、新石町、竪大工町、
 上白壁町と次々と進んだが、
  一つは、今川町の堀割で止まり、一つは鍛冶町の大通
 りで止まった。
  神田区と日本橋区の一部、約33か町4620戸焼失。
 小川町警察署、神田区役所をはじめ万世橋直間税分署、
 東京法学院(現:中央大学)、東京英語学校(現:日本学園
 中、高等学校)、錦城学校(現:錦城学園高等学校)、松茂
 小学校、三省堂、熊田活版所、東京電灯会社第四電灯局、
 パノラマ館など主要な建物が全焼した。
  中でも、死亡者24人の内その大半を出した小川町勧工
 場(ショッピングセンター)洽集館(こうしゅうかん)では、
 出火と聞いて店の商品を持ち出そうとしたが、出口が表
 と裏の2か所しかなく18人が逃げ遅れて死亡している。
  (出典:東京の消防百年記念行事推進委員会編「東京の
 消防百年の歩み」)
1892年4月15日、ゼネラル・エレクトリック社が設立された。
 (エジソン総合電気とトムソン・ヒューストンが合併)
  ゼネラル・エレクトリック(略称:GE)は、アメリカ
 合衆国コネチカット州に本社を置く、多国籍コングロマ
 リット企業で・・、
  ダウ平均株価の構成銘柄のうち、1896年5月26日の算出
 開始以来唯一残存している企業。
  欧米と中国での特許取得数では世界一。
  沿革・・、
  1878年、トーマス・エジソンがアメリカで新しい実験
   室を開く。
  1878年、トーマス・エジソンがエジソン電気照明会社
   を設立。
  1889年、電流戦争。上記会社を吸収し、エジソン・ゼ
   ネラル・エレクトリック・カンパニーを設立。
  1892年、ドレクセル・モルガン&カンパニーの助けで、
   トムソン・ヒューストン・カンパニーと合併し、エ
   ジソンの名前を外した「ゼネラル・エレクトリック」
   が誕生した。
1892年4月16日、日本火災保険会社が設立された。
  沿革・・、
  1889年、大阪に日本生命が設立され、大阪財界人は損
   害保険事業にも着目。
  1892年、田中市兵衛らの発起人は日本火災保険(株)を
   設立。
  1896年、日本酒造火災保険を合併。
  1912年、根津嘉一郎らにより東京に設立された帝国火
   災保険(株)と1944年合併。
   一方海上保険業界では1896年大阪に浅野総一郎らを
   創立委員に日本海上保険(株)が設立。
  1944年、経済統制下の業界整理統合により日本火災保
   険と合併し、日本火災海上保険(株)が誕生。
  2001年4月1日に、日本火災海上保険株式会社と興亜火
   災海上保険株式会社が合併して日本興亜損害保険が
   発足。さらに・・
  2002年4月1日に、太陽火災海上保険株式会社と合併。
  特定の金融グループに属さない独立系の保険会社であ
 ったが、UFJグループ(旧三和銀行 現・三菱UFJフィナン
 シャルグループ(MUFG))と親密であったことに加え、
 フィナンシャルワンに発足当初から参加していることな
 どから、現在はMUFG系とみなされることが多い(ただし、
 日本興亜損保では現在でも自らを独立系としている)。
  近年、明治安田生命保険とも親密となっている。
  (太陽生命とも以前から親密)
  筆頭株主のサウスイースタン・アセット・マネジメン
 トは損害保険ジャパンとの経営統合を要求しているとさ
 れ、統合によって草刈場とされることを懸念した兵頭誠
 社長の留任に反対を表明した。
  このため自主独立路線を貫けるか、業界再々編の中で
 行方が注目されていた。
  世界的な金融危機による自動車保険の急激な契約減少
 と、三井住友海上火災保険などが経営統合し、大手同業
 他社と経営規模が離されることを受けて、
  2009年3月13日、株式会社損害保険ジャパンとの間で経
 営統合について合意し、
  2010年4月1日に、共同株式移転で共同持株会社NKSJホ
 ールディングス(現・SOMPOホールディングス)が設立さ
 れた。
  経営統合後も、暫くは独自ブランドで展開していた。
 しかし、
  2012年3月23日に、株式会社損害保険ジャパンと2014年
 上半期を目途に合併し「損害保険ジャパン日本興亜株式
 会社」となることを取締役会で決議し、正式発表した。
  これは・・
  2014年8月27日に、金融庁から認可され、9月1日に実施
 される。
  合併により当社は解散し、持株会社は「損保ジャパン
 日本興亜ホールディングス株式会社」に、グループは「
 損保ジャパン日本興亜グループ」に、それぞれ改称され
 る。
.
  (今日の言葉)
.
  題:糾弾されるNHK・・また、糾弾されるべきNHK・・
.
紀元前2700年~紀元前1600年、エジプトでピラミッドが作
 られた。
  ピラミッドは、現在も、約80基ある。
  エジプト文明の成立に大きくかかわる『ナイル川』
  ナイル川は、豊かな実りをもたらした。
  エジプトはその96%が砂漠で、ナイル川は、その砂漠
 の地の4%を緑の地に変えた。
  しかし、その緑の地の、わずか2.6%の土地にしか畑は
 ない。
  しかし、豊かな実りを、この地に、国にもたらした。
  ナイル川は、定期的に、この畑地に肥えた土をもたら
 した。
  ナイル川の定期的な氾濫は、肥えた土を運んで来た。
  エジプト人は、このナイル川の氾濫の時期を正確に知
 る必要があった。
  ナイル川上流のエチオピア高原に、6月中旬~10月下旬
 に雨が降り、1ヶ月かけて地中海へ流れて行った。
  エジプトの人たちは、正確な暦を持った。
  それによって、ナイル川を知り、うまく利用した。
  周囲の畑を潤す『壮大な規模の灌漑』が施された。
  この知恵が、『大文明を築いた』。
  万事が上手く行った。
  ナイル川流域の幅8キロ~16キロの地が緑の畑地となっ
 た。
  エジプト人は、この豊かな地に42の「ノモス(部族の
 始まりから発展した社会単位)」を作り、紀元前3000年
 頃に、それが統一された。
  王は、神と見なされた。
  そして、「大きな家」に住む人の意味で「ファラオ」
 と呼ばれた。
  エジプトでは、ファラオによる統治が約2900年間も続
 いた。
  26の王朝が生まれた。
  豊かな、穏やかなナイル川の流れは、帆船による物流
 を可能にした。
  緑の幸は、帆船で、ナイル川の三角州の頂点に位置す
 る「メンフィス」に運ばれた。
  この地に、世界中の富も集まり、栄えた。
  大量の物質の管理や分配のために、必要な記録のため
 にパピルスの紙が発明され、文化は、また、豊かに更な
 る発展をして行った。
  『象形文字』も発明された。
  紀元前2700年~紀元前1600年には、ピラミッドが作ら
 れた。
  エジプト人の作った「太陽暦」は、紀元前45年に、将
 軍・カエサルが、ローマに伝えた。
  そして、「ユリウス暦」となり、現在の「太陽暦」と
 なった。
  このエジプト人の冷静な知恵の発展が、豊かな文明を
 作り、幸福をもたらした。
  しかし、この隣地のイスラエルの民は、砂漠の地で、
 自然の恵みに恵まれず、また、他民族がひしめく地だっ
 た。
  そのため、わずかな恵まれた地の『奪い取り』が現出
 した。
  「隣国の富を奪い取ることを是とする宗教=キリスト
 教」が生まれた。
  恵まれない環境から、可哀想に、「奪い取りの殺戮の
 行為に明け暮れる地と、それを是認する宗教となった」。
.
紀元前1830年、アルム人が、ユーフラテス川中流の都市「
 バビロン(バクダード南方90キロ)」を中心に覇を唱え
 た(古代バビロニア)
  バビロンでは、ハンムラビ法典が制定された。
.
紀元前1530年、古バビロニア滅亡
  紀元前2000年~紀元前1000年頃、馬にひかせる戦車を
 武器とするインド・ヨーロッパ系遊牧民の侵入を受けた
 メソポタミアは、大変動期に入った。
  そうした中で、アナトリア高原のハットゥサを拠点と
 するヒッタイト人が、人類初の鉄製武器を使い、紀元前
 1530年頃に、古バビロニアを滅ぼした。
.
紀元前9世紀、北メソポタミアの商業の民・アッシリア人は、
 容赦のない戦争を繰り返し、
  紀元前7世紀には、メソポタミアからエジプトに至る広
 大な領土を持つ国を作った。
  「軽戦車」という馬が引く戦車を用いた。
.
紀元前612年、ペルシャ人が、アッシリア人を滅亡させて、
 アケメネスを始祖とするアケメネス帝国を樹立した。
  約200年間、続いた。
.
紀元前522年、アケメネス帝国の樹立
  アケメネス帝国は、エジプトからインダス川流域に至
 る地域を征服し、大帝国を樹立した。
  最盛期のダレイオス1世は、バビロン、エクバタナ、ス
 サの三大都市を季節ごとに移動し、王の居住地を循環し
 て、複雑な地域を支配した。
  首都・スサから延びる「王の道」は2400キロあった。
  この道は、商人は3ヶ月かけて行き来したが、王の使者
 は1週間で走破した。
  因みに、「ペルシャ人」という名は、「イラン人」に
 対するヨーロッパ人の蔑視を含む習慣的な呼び名である。
  故に、現在の『イラン』という国号は、ヨーロッパの
 蔑視を含んだ、圧迫的な言い方から脱却したいという民
 族の誇りから、1935年に採用した「イラン」の国号だっ
 た。
  ほとんどが砂漠と荒れ地が半分以上、畑は1割に過ぎな
 い。
.
紀元前6世紀、アケメネス朝ペルシャのダリウス大王が、西
 エジプト、トルコから、東はインド国境におよぶ史上最
 初の大帝国を建設した。
  そのダリウスが、自分の宮殿として作らせたのがペル
 セポリス。
  ダリウスは、「他民族の征服者」「掠奪者」「自己の
 民衆を臣従させた絶対君主」と言われた。
.
紀元前6世紀、バビロンが、周囲13キロの城壁で囲まれる都
 市に成長し、「バベルの塔」という巨塔をはじめ、大小
 1000以上の神殿、「空中庭園」を作った。
.
紀元前5世紀、ペルシャ戦役
  ペルシャのダリウスとその子・クセルクセス王は、三
 度に渡ってギリシャの奥深く侵入し、自由なギリシャ連
 合軍と戦って、敗退した。
  ペルシャ戦役である。
  もし、この時、ギリシャが敗れていたら、人類は、ア
 テネを中心とした民主制の伝統と、全盛期ギリシャの偉
 大な文化遺産を受け取ることが出来なかったであろう。
  勿論、アテネのアクロポリスは作られなかっただろう。
.
200年頃、キリスト教を嫌悪するローマ人
  ローマ人は、キリスト教を根っから嫌っていた。
  ローマ皇帝は、弱体化した帝国に対して、民をしっか
 り服従させたいと四苦八苦していた・・
  また、民への政治権力を強めたいと思っていた。
  ここで、ローマ皇帝は、キリスト教を利用しようと思
 い立った。
  ローマ皇帝は、キリスト教へ特権を与えた。
  しかし、ローマ人は、キリスト教に対する気持ちは変
 わらず・・、今までと同じで、急に変わるわけではなく、
 キリスト教に対する悪感情はそのままだった。
  当時の文書には・・、
  「・・彼ら(キリスト教徒)は、『堕落しきった連中』
 であり、『無知な男とだまされやすい女』の集団である。「
  『夜に集会を開いたり、断食の儀式を行なったり、人
 間らしからぬものを食べたり』するのだ。
  彼らは、『陰でこそこそするのを好み』『人前では無
 口だが陰で良くしゃべり』『神々に唾を吐き、聖なるも
 のをあざけり・・』・・と。
.
239年、三角縁神獣鏡に、卑弥呼が中国・魏に使者を送った
 「景初三年(239年)」の記号を持つものがある。
.
1945年9月14日、GHQが、占領軍の動静を海外に発信して
 いたとして、同盟通信社へ、業務停止命令を出した(事
 前検閲に移行する)
.
1945年9月15日、GHQの民間検閲支隊のフーバー大佐が、
 「連合国に対する批判を禁止させた」、
  また、「100%の検閲の実施」をすることを表明した。
.
1945年9月19日、GHQが、ニッポンタイムズに、発行停
 止命令をだした。
.
2016年8月5日~8月21日、リオデジャネイロ・オリンピック
 の時、NHKは、まったく、日本無視の姿勢であった。
  日本の国歌が演奏される、日本の国旗が掲揚されると
 いう「表彰場面」は、すべて、カットした、放送はしな
 かった。
  この基本の放送ポイントを、NHKは、その勝手なN
 HKイデオロギーで踏みにじった。
  卑劣なNHKだけの考え方であり、NHKイデオロギ
 ーの考え方で、NHKは日本の国歌と国旗を否定した。
  キリスト教に偏するNHKは、キリスト教の行動方針
 にここでも同調した。
  理屈にならない理屈で、NHKイデオロギーで、NH
 Kは動いている。
  また、キリスト教に偏するNHKは、日本を貶(おと
 し)めてばかりいる。
  キリスト教に同調するNHKは、日本の国歌・君が代
 を放送しない・・オリンピックの表彰場面の、日本の国
 歌が演奏される場面をカットした。
  NHKへ抗議をしたら、アメリカが表彰される場面を
 NHKは放送した。
  それも、完全・完璧な放送で、他の場面に、一切、切
 り替えず、長時間・長い時間、最初から最後まで、完全
 な形で・・「フルのシーン」で、完全に中継し、放送し
 た。
  NHKに、「君は、どこの放送局なのだ」と聞きたい
 状況だった。
  どこの国の国民も、自国の選手の努力の結晶である表
 彰される場面を、共に喜びたいと思っているものだ。
.
2016年、糾弾される腐りきったNHK
  雑誌「選択」2016、no491で、NHKの事を・・、
  「上は、会長が『不正な土地取引』で大損する実態を
 演じ・・、
  下は、職員が『億単位の横領』三昧のNHK、
  局全体で、受信料を私物化してはばからぬ腐ったNH
 K体質、
  これが治らない。
  官邸も、ついに現会長を見限ったようで、「後任は用
 意できた」・・と・・、
  NHKは、まったく甘い環境の中で、1800万円の平均
 給与という『超高給』であるのに、まだまだ腐る行為を
 している。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive

[PR]
by suba28 | 2017-09-24 01:47 | 皆様とともに 幸せになりたい


はじめまして、ブログを始めさせていただきました


by suba28

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
悲惨な戦争を無くしたい
悲惨な戦争を無くせないので
皆様とともに 幸せになりたい
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

(増補版)568E2/3:1..
at 2017-12-12 04:34
(増補版)567E2/3:1..
at 2017-12-01 06:18
(増補版)566E2/3:1..
at 2017-11-22 06:21
(増補版)565E2/3:1..
at 2017-11-17 06:01
(増補版)564E2/3:1..
at 2017-11-10 07:43

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31