(増補版)525E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1890年12月~1890年12月)

題:(増補版)525E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1890年12月~1890年12月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1890年12月、博文館が「当用日記」を刊行した(1895年説
 あり)
  博文館は、1887年(明治20年)に、東京・本郷で創業
 した。
  そして、会社沿革には、1895年(明治28年)に、「日
 本で、初めて、広く一般大衆向けに日記を刊行」と記さ
 れている。
1890年12月、帝国大学文科大学に、仏蘭西文学科が設置さ
 れた。
  東京大学の文学部の歴史は・・、
  1856年2月(安政3年)幕府が、洋学所を蕃書調所とし
   て、九段坂下竹本図書頭屋敷に設立した事から始ま
   った。
  1862年5月(文久2年)蕃書調所を、神田一ツ橋門外護
   持院原(一橋通町一番地)へ新築移転し、
   (これ以前、九段坂上表六番地和学講談所、安政6年
   7月には、小川町に移転)、
   洋書調所と改称した。
  1863年(文久3年)洋書調所を、開成所と改称した。
  1868年6月(明治元年)新政府が、旧幕府時代の医学校
   を復興し、昌平坂学問所を復興して、医学校、昌平
   学校設置した。
  1868年9月、新政府が、開成所を復興して開成学校(
   その後、大学南校、第一大学区第一番中学、開成学
   校、東京開成学校と改称)を設置。
  1869年6月、昌平学校を大学校(本校)とし、開成、医
   学両校を大学分局(分校)とした。
  1870年2月、大学規則の制定した。
  1870年7月、大学内部における国漢学派と洋学派の対立
   によって大学本校が閉鎖された。
  1873年6月、開成学校が、神田錦町に新校舎落成。
  1874年4月、東京大学が創設され、文学部に2学科が置
   かれた。
  1878年12月、文部省が、東京大学に学位授与の権限を
   付与する旨を達す。
  1879年4月、東京大学の授与する学士称号を法学士・理
   学士・文学士・医学士・製薬士とした。
  1879年7月、法理文の三学部、初めての学位授与式を
   挙行した。
  1879年9月、文学部2学科のうち「第一史学、哲学及政
   治学科」のうち史学を削り「第一哲学、政治学、理
   財学科(経済学)」とする。
    漢文の作文を重視し、また、卒業論文を課するよ
   うになった。
  1881年9月、文学部に、以下の3学科が置かれた
   第一哲学科、第二政治学及理財学科、第三和漢文学
   科。
    新設課目として、印度及支那哲学、世態学(社会学)、
   審美学(美学)、生理学、日本財政論、行政学、日本
   古今法制等の講義がなされる
  1884年9月、法文校舎が竣工した。
  1885年12月、法学部を法政学部と改称
   (文学部の政治学及理財学科を法政学部に移す)
    それとともに、文学部は以下の3学科となった。
   第一哲学科、第二和文学科、第三漢文学科
  1887年3月、最初の入学宣誓式が行われる(1919年に廃
   止)
  1887年9月、文科大学に、史学科、英文学科、独逸文学
   科を増設し、以下の7学科を置いた
   第一哲学、第二和文学科、第三漢文学科、第四史学
   科、第五博言学科、第六英文学科、第七独逸文学科
  1897年10月、内閣修史局で行われていた修史事業が文
   科大学に移管された。
  1889年6月、文科大学に国史科を増設し、8学科とする
   とともに、和文学科を国文学科とし、漢文学科を漢
   学科とする。
  1890年10月、帝国大学に、地誌編纂掛設置
   (この年9月、内務省地理局の地誌編纂事業を帝国大
   学に移管。史料編纂所の一源流)
  1890年12月、文科大学に、仏蘭西文学科を増設し9学科
   とする。
.
  (今日の言葉)
.
  題:今が・・ラストの・・チャンスなのだろう・・人類に
 とって・・
.
紀元前20万年~10万年前、人類がアフリカに誕生した。
.
紀元前4万9000年、人類がアフリカから出て移動していく。
.
紀元前4万7000年~紀元前4万2000年、人類が、ヨーロッパ
 に到達した。
.
紀元前4万7000年、人類が、オーストラリアに到達した。
.
紀元前3万8000年、人類が、日本列島に到達した。
.
紀元前3万3000年、人類が、ベーリング海峡のアメリカ大陸
 を望むところへ到達した。
.
紀元前1万5000年、人類が、ベーリング海峡を渡り、アメリ
 カ大陸へ至る。
  白人たちより、大分、早い到達者たちだった・・が・・
 南アメリカ大陸などは、スペインやポルトガルのキリス
 ト教徒とキリスト教聖職者たちによって虐殺され、
  そして、北アメリカ大陸では、イギリスからのピルグ
 リム・ファーザーズなどのキリスト教徒たちによって、
 可哀想な事に虐殺行為を受ける・・先住民たちの権利は、
 キリスト教の有色人種蔑視の洗脳によってまったく顧(
 かえり)みられなかった。
.
1878年12月18日に、ソ連のスターリンが生まれた。
  スターリンの父は、靴職人で評判だったが、アルコー
 ル依存症で、妻や子に、しばしば暴力を振るった。
  家計は次第に傾いて行き、幼少期だけでも9回の転居を
 繰り返す状況だった。
  スターリンは、1888年の10歳の感受性の強い幼少期に、
 キリスト教神学校に通った。
  父は、スターリンを靴職人にしたかったので学業に反
 対した・・そして、父は、スターリンが靴職人になるこ
 とをしきりに口にした。
  このキリスト教で、「異教徒は殺せ」の様な、「考え
 を異とする異教徒たちを、簡単に殺しても良い」という、
 キリスト教の考え方・精神に感化された。
  この幼少期の感化は、人知れず大きな悪行へとつなが
 って行った。
  この毎日のキリスト教聖書による「異教徒の人間の命、
 考えを異にする人間の命を軽く見る・・軽んずる見方に・・
 洗脳されて行った」、
  そして、このソ連のスターリンという男は、自国民を
 2000万人も殺した。
  ロシア革命と共産主義体制下で、スターリンに殺され
 た国民・虐殺者は、あまりにも多かった・・多過ぎた。
  途方もない多数の自国民を、スターリンは虐殺した。
  しかし、アメリカのルーズベルトは、この様なスター
 リンを自粛させるどころか、応援した。
  卑劣な事だった・・卑劣な行為だった。
  やはり、キリスト教に染まったルーズベルトの間違っ
 た歴史感から、この間違いは生まれた。
  (ルーズベルトの広島・長崎の原爆投下は、キリスト
 教のシャロームの完全抹殺の後の平和の達成の教義の洗
 脳から実行された)
  このルーズベルトに、日本と戦争をする大義名分なん
 て、まったく無かった。
  ルーズベルトが、掲(かか)げた日本と戦争をする大
 義名分としたのが、『自由と民主主義を守る』だった。
  やっと、この名目を掲げたルーズベルトの大義名分だ
 が、これだって、まったく的外れだった。
  日本より、スターリンこそが、非民主主義的に、殺戮
 ばかりしている輩だったのにである・・、
  まったく的外れのルーズベルトの大義名分だった。
  アメリカ国民の方々自身も、まったく日本と戦争しな
 ければならないなんて微塵も思っていなかった。
  アメリカ国民の方々は、「戦争をしない」「戦争をし
 たくない」「戦争に介入しない」だった。
  だから、イギリスのチャーチル首相が、すでに戦われ
 ていたヨーロッパ戦線に、アメリカが参戦してくれるこ
 とを要望して来た時に、
  アメリカ大統領のルーズベルトが言ったことは・・、
  「アメリカ国民世論が、まったく、戦争を回避したい
 としている」という事が説明された。
  この世論のままでは、無理に戦争を開始する事は出来
 ない・・だった。
  だから、ルーズベルトの娘婿カーチス・ドールは、本
 「繰られたルーズベルト」で言う・・、
  「彼(ルーズベルト)は、チャーチル首相に、何とか
 して我々の国(アメリカ)を戦争に持ち込もうと約束し
 た」・・と・・、
  つまり、アメリカ国民世論が、戦争回避にあるから、
 何とかして戦争に持ち込もうと約束した・・という(ア
 メリカ国民の方々への裏切り行為)
  そして、さらに・・、
  「彼(ルーズベルト)は、首相〈チャーチル)に『私
 (ルーズベルト)は戦争を作るのだ』と語っている・・、
  ルーズベルトは、戦争をする正当な理由が何もないの
 で、日本に先制攻撃をさせるように誘導した・・、
  そして、「自由と民主主義を守る戦いだ」という漠然
 とした理念を掲げざるを得なかった。
  厭戦(えんせん)気分のアメリカ国民を不意打ちに対
 する怒りで喚起(かんき、呼び起こすこと)させた。
  そして、参戦へ持ち込んだ。
  日本にも、アメリカと戦わなければならない理由なん
 て何も無かった。
  アメリカの強烈な・・強行の・・そして、一方的な石
 油禁輸などの痛烈な経済制裁に・・、
  立ち行かなくなる方策を取ったルーズベルト・・、
  日本に押し付けた強力な圧迫・・日本の生存を脅かす
 制裁に、やむなく、自衛の為に、戦争をせざるを得ない
 窮地に追い込まれた。
  また、アメリカは、率先して、ABCD包囲網を構築
 し、日本を窮地に追い込んで行った。
  「明日、日本が攻めて来る」と、つい、口を滑らせて
 言ったルーズベルトの様に・・、
  アメリカは、日本の暗号を完全に解読していて、日本
 の行動のすべてを、一部始終を、知っていた。
  日本のハワイの真珠湾攻撃は、この様な中で行われた。
  ルーズベルトの間違った歴史認識から、この悲惨な、
 卑劣な戦争は始まった。
.
1930年代末、ユダヤ人の追放、処刑、殺害といったニュー
 スがナチス占領下のポーランドから伝わってきた時・・、
  アメリカは、それでも難民受け入れの意志を見せなか
 った。
  アメリカへ、逃れて来たユダヤ人の方々を、追い返す
 というアメリカだった。
  また、スペインは、40万人のユダヤ人に対して、行先
 国のビザを所有する者に限って通過を許可したが、
  その様なこともせず、アメリカは知らぬ顔をし続けた。
  日本は、ユダヤ人の方々を、最初から、『完全に受け
 入れていた』。
  卑劣な事に、アメリカは、ユダヤ人の入国を拒(こば)
 むことを目的に、1939年6月の「スミス法」で、外国人受
 け入れの取締り強化した・・そして、さらに・・、
  さらに続いて、1941年11月には、「ラッセル法」を制
 定してビザ発行を制限した。
  そして、アメリカは、スイスのアメリカ大使館から、
 ナチスがユダヤ人の方々を大量殺戮していると報告を受
 けても・・
  その残虐行為を知っても・・
  「ユダヤ人の被害妄想的プロパガンダだ」と言って、
 受け入れなかった。
  何しろ、ルーズベルト大統領に、ユダヤ人の方々を受
 け入れる気は、まったく、無かった・・卑劣な大統領で
 ある。
  ランドール女史が、ユダヤ人を救うべきであると訴え
 ても・・『完全無視のアメリカ』=ルーズベルトだった。
  だから、卑劣にも、アメリカへ逃れて来たユダヤ人の
 方々を、アメリカは、ヨーロッパへ追い返した。
  ニューヨークへ入港したユダヤ人の方々を乗せた船を
 追い返したりした。
  そのユダヤ人の大半がナチスに捕まり、その半数が殺
 され・・死んだ。
  日本は、ユダヤ人の方々を、はじめから受け入れる方
 針で、神戸に来たユダヤ人の方々の乗った船を歓迎して
 いる。
  「日本政府の船」が出迎えに出ているくらいだった。
  恩を忘れない日本は、日露戦争で助けて戴いたユダヤ
 人の方々に、恩義も感じていた。
  それを、キリスト教は、杉原千畝をデッチ上げ・・、
  日本が、ユダヤ人の方々の入国を拒否していたと嘘を
 言い、
  また、ビザ発給の「資格のない杉原千畝」が、ビザ発
 給をするという違法行為をする杉原千畝を、キリスト教
 は、美談に仕立てた・・、
  そして、杉原千畝が、キリスト教徒だったからだと嘘
 話で美談に仕立て、プロパガンダ(嘘宣伝)し続ける。
  このキリスト教の嘘話に乗っかって池上彰は、「外務
 省が、君(杉原千畝)の立場ではビザの発給は出来ない」
 と言ったと、誤解するような言い方で、誤認するような
 言い方で、日本を貶(おとし)めた。
  日本が、さも、ユダヤの方々へビザ発給してはいけな
 いと言っているように池上彰は言った。
  杉原へ、『ビザ発給の資格がないから出来ない』と言
 っただけで、日本のどこの大使館でも、ユダヤ人の方々
 へはビザを発給していた。
  杉原千畝だけが、ユダヤ人の方々へビザを発給してい
 たのではない。
  大使資格でない杉原千畝のことを・・まったく、池上
 彰は、キリスト教に偏するNHKの元職員は、嘘つきな
 言い方をする。
  解説をすると言いながら、NHKと同じように、キリ
 スト教に偏する行動をする・・『信用ならない男』。
  この様な事は、当時、大使をされていた馬淵睦夫氏も、
 はっきりと言われている。
.
2014年、隠されている真実:アメリカが、秘かに行なって
 いるiSに対する資金や武器援助。
  アメリカが、これを止めれば、直ちにiSは崩壊する。
  (参考)iS:アイエス、ISIL(アイシル、英:
    Islamic State in Iraq and the Levant:イラク・
    レバントのイスラム国)、ISアイエス、イスラム
    国 、ISISアイシス、ダーイシュはイスラーム過激
    派組織で、イラクとシリアにまたがる地域で活動
    する。
  一般的な解説では・・以下の記述がある・・が・・、
  2014年8月8日、アメリカ軍が、ISILの武装勢力に対し
 て、限定的な空爆、及び、ヤズィーディーなどに対して
 支援物資の供給を開始。
  初日は、クルディスタン地域のアルビル近郊に展開し
 ていた野砲や車列が攻撃対象となった。
  アメリカは、空爆の期限を設けず、今後も空爆を実施
 することを示唆している。
  同年・2014年10月に入って、空爆の作戦名は「生来の
 決意」(Operation Inherent Resolve) と名付けられてい
 ることが明らかになっている。
  ただし、アメリカ軍の空爆は、ISILのイラク支配地域
 に限定されており、ISILの本拠地であるシリアでは実施
 されていないため、空爆の効果を疑問視する人もいた。
  シリア国内のISIL拠点を攻撃しないのは、ISILと対立
 するアサド政権を支援する形になるためと指摘されてい
 る。
  8月22日、アメリカはシリア国内の拠点に対する空爆の
 検討を開始したと発表した。
  この時点で、ISILの支配領域の合計面積は、イギリス
 より広くなっている。
  2014年11月24日、アメリカ政府は、チャック・ヘーゲ
 ル国防長官の辞任を発表した。
  辞任発表の場には、ヘーゲル国防長官も立ち会い、円
 満な辞任であるという形での発表であったが・・、
  ヘーゲルは、オバマ大統領と対ISIL政策が対立したた
 め、辞任に追い込まれた面が強く、事実上の更迭と見ら
 れている。
  ヘーゲル国防長官は、泥沼の中東から、アメリカが足
 抜けするための出口戦略を後押しすることが期待されて
 国防長官に就任した人物であり、
  ISILとの戦争には、消極的で、そのために、再び中東
 への介入を強めるように転換しつつあるオバマ政権と対
 立していたとウォールストリートジャーナルは推測して
 いる。
  一方で、国防総省は、ISILの危険性を早期に認識し地
 上部隊の派遣を具申したものの、あくまで、軍事予算の
 削減により、財政再建を目指し、軍事介入は限定的な空
 爆に留めたいホワイトハウスと対立していたとの見方も
 ある。
  しかし・・上記は、綺麗に繕った言い方で、事実は、
 まったく違うと・・、インターネット上で言われている
 ・・以下のその記述の一例・・、
  (国際金融資本を牛耳る者たち・・ウォールストリー
 トの者たち・・グローバリズムが都合の良い者たち・・
 それとつながりが強い民主党・・ヒラリーやオバマ・・
 ネオコン・・このラインの者たち・・)
  ISISは、アメリカが作り、イスラエルが支援している。
  みんなバレバレで、アメリカは、戦争でドル防衛って
 ことですか?
  プーチン側近が、「ISISはアメリカが作り、イスラエ
 ルが支援している」・・と・・、
  プーチンの側近が、「イスラエルがISISの訓練を行っ
 ている」・・と・・、
  モサドが、ISISのリーダーに「諜報員の経験」を伝授
 し、イスラエル軍部顧問がテロリスト集団を支援してい
 ると、プーチンの側近が話している。
  イスラエルの諜報機関のモサドが、イラクやシリアで
 活動を行っているイスラム国(ISIS)のテロリストの訓
 練を行っている、とロシア大統領ウラジミール・プーチ
 ンの上級側近が非難していることを、プレスTVが伝えて
 いる。
  Alexander Prokhanov氏が、イラン国営放送局に対し、
 モサドは、ISISのリーダーに「スパイ活動」に関する情
 報を伝授し、さらに、イスラエル軍の顧問は、同テロリ
 スト集団を他の方法で支援していると話している。
  プーチンの側近であるProkhanov氏は、ISISは、中東
 における米国の政策による副産物であるとし、「ISISは、
 アメリカ合衆国が作り上げたツール。
  彼らは、ヨーロッパに対し、もしアメリカが介入しな
 ければ、ISISがヨーロッパに被害を出すぞと伝えようと
 しているのです」と話し、
  しかし、本当のところは、イランとロシアこそがISIS
 テロの主なターゲットであると付け加えている。
  「ISISは、ほんの数日前、チェチェンで、ロシアに対
 する最初のテロ攻撃を開始しています」と話し、
  ISISのイデオロジーは、中東のイランや、他の一部の
 イスラム系国家のイスラム教とはまったくの無関係であ
 ることを強調した。
  Prokhanov氏は、また、アメリカおよびイスラエルは、
 ISISのようなテロリスト組織の支援に関しては、一つで
 あり、同類であるとも述べている。
  9月、シリア北部にあるシリアの最後の軍事基地を征服
 したばかりのISISテロリスト集団は、シリアの独裁者バ
 シャール・アサド氏、および、彼と主要同盟関係にある
 プーチン氏に対し、「特別なメッセージ」を送りつけた。
  ・・その他・・多数あるが省略・・
.
2017年4月30日、北朝鮮のミサイル発射(実験)が失敗した
 と(読売新聞、2017年4月30日)が報じた。
  北朝鮮は、今年に入り6回のミサイル発射を行なってい
 るが、その4回が失敗となっている。
  67%の失敗率と・・非常に高い失敗率となっている。
  巷の噂では『サイバー攻撃』によるこの失敗の事態と
 いう話がある。
  同じく読売新聞の翌日・2017年5月1日の記事に、アメ
 リカの国防次官補、ハーバード大ケネディスクールの学
 長を歴任された有名な国際政治学者ジョセフ・ナイ氏の
 記事がある。
  この記事で、サイバー攻撃によって『イラン核施設の
 ウラン濃縮用遠心分離器を稼働不能に陥れた』とある。
  また、2015年には、「ウクライナの電力システムを錯
 乱された」とある。
  サイバー攻撃は、この他にもいろいろなされている。
  北朝鮮のミサイル発射失敗のサイバー攻撃によって飛
 翔せずに、北朝鮮領内に落下したという事もありうる。
  この様な状況にあるミサイルを、実戦時に多数発射し
 たとしても、その多くが、今年の確率は67%であるが、
 失敗する。
  今回の様に、自国の北朝鮮領内にその多くが落下する。
  そのいくつかが、北朝鮮領内で爆発する。
  攻撃用兵器が制御不能となり、逆に、自国・北朝鮮へ
 の攻撃兵器となる(中国へ向かうかもしれない)
  自国兵器が、近距離で、自国への攻撃兵器となるので、
 その防御は不能となる。
  結果は、悲惨な事となる。
  この様な事が、起き得るのである。
  北朝鮮の方々が、この様な結果になることを喜ぶわけ
 では、勿論ないが、
  他国を攻撃しようとした北朝鮮の核兵器が、自国領土
 内の人々へ悲惨な結果を起こす。
  その様なことが、起き得る技術の時代なのだ。
  これと関連したことが、「LoT機器」へのサイバー
 攻撃である。
  同じく(読売新聞、2017年5月1日)に、サイバー攻撃
 が盛んに行われる時代になったことに関連して、消費者
 が被害を受けないかが問題とされている。
  これが、家電レベルでなく、核攻撃兵器となると、事
 態は深刻だ。
  国の頂点に居る者が『ボタンを押したら、自分の頭の
 上に降って来る確率が零〈0パーセント)では無いのであ
 る』。
  攻撃する意志が100%であるからと、安心して『核攻撃
 命令のボタンを押しても』、確実にそのことが、なされ
 得ない時代になったのである。
  つまり、北朝鮮の必死の核開発とミサイル開発は、そ
 の威力が増せば増すほど、戦争抑止へ働く。
  核戦争の出来ない時代になったのである。
.
2017年、しかし、核兵器は、近代的な政治体制を持って判
 断がなされる国家において、到底、使うに至る決断を出
 来かねる兵器となっている・・そのあまりにも絶大なる
 破壊力は、かつての核爆弾とは違うレベルのもの、強大
 なものとなっている・・
  だから故に、正常な政治体制のある下での使用の判断
 は下せないという・・使えない兵器となった・・が・・
  しかし・・ここに・・テロ集団や・・この類の国らし
 き集団や・・独裁的な個人の権力が絶大なる集団におい
 ては・・前記の考え方は出来ないのである・・逆に、イ
 チかバチかで使ってしまえという判断が、ちらっとひら
 めくような独裁者には持たせてはならない兵器となって
 いる・・
  そして・・今・現在・・
  北朝鮮は、アメリカが攻めて来たら、日本を攻撃する、
 日本を沈没させると言った・・が・・
  以前は、ソウルが火の海になると言った・・が・・
  今、韓国で、新たに大統領となった人物は、北朝鮮の
 息のかかった、繋がりの強い関係にある人と、情報は伝
 えているが・・
  そして、先の北朝鮮の発言の「日本を攻撃する」が、
 アメリカの攻撃の抑止力になると考えたのだろう北朝鮮
 は・・、また、それが、違う情報も示唆した事にもなっ
 ている・・、
  つまり、「今の段階では、アメリカを攻撃する手段は、
 北朝鮮は、持っていません」という情報となっている。
  だから、「届く日本を攻撃する事にした」という情報
 となっている。
  つまり、アメリカは、アメリカへ届く前の『今が』攻
 撃するチャンスとなっている・・という情報を与えたこ
 とになっている。
  アメリカに届く前に、攻撃しておかなくてはならない
 という・・決断を促した情報となっている。
  中国が技術支援し、そして、資金提供して、ここまで
 来たと言われる北朝鮮の核攻撃力・・それが・・両刃の
 剣とならないか・・??
  だから、今は、「中国さん、ありがとう」と言ってい
 るだろうが・・後々、永久に・・破壊力のある攻撃兵器
 を持った暁の北朝鮮は、どこまでも射程の届く兵器を持
 った北朝鮮は、中国と北朝鮮の関係が、今までの様な関
 係のままで・・永続するとは限らない・・
  その様にある・・永続にあると・・完全に言えないこ
 とは・・完全に予想ができる・・、
  中国が・・読みが・・甘かったと、その時に分かると
 いう事になるとも限らない・・
  また、今は、ヨーロッパには届きませんが・・
  ただただ日本だけの問題なのではない・・そのレベル
 の集団なのだ・・
  国家と言えない極小の集団が、この様な兵器を持つと
 いう事は・・テロの一部集団が、核兵器という絶大な兵
 器を持つのと同じ状態で・・何らそこには、集団コント
 ロールの効かない組織に、大量殺戮システムを、核を持
 たせる状況となる・・これは、あってはならない状況・・
  ある30代の一人の人間が・・独裁の一人の人間が、世
 界の人々へ、世界の方々の命を云々する手段を持つ・・
 左右するシステムを持つ・・
  この様な状況に至ることは・・止めねばならない・・
  遅ければ遅くなるほど、その兵器の殺傷力は増すばか
 りとなる・・
  今が・・ラストの・・チャンスなのだろう・・人類に
 とって・・
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive

[PR]
by suba28 | 2017-05-13 05:19 | 皆様とともに 幸せになりたい


はじめまして、ブログを始めさせていただきました


by suba28

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
悲惨な戦争を無くしたい
悲惨な戦争を無くせないので
皆様とともに 幸せになりたい
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

(増補版)537E2/3:1..
at 2017-06-28 17:22
(増補版)536E2/3:1..
at 2017-06-22 03:22
(増補版)535E2/3:1..
at 2017-06-17 05:23
(増補版)534E2/3:1..
at 2017-06-14 02:49
(増補版)533E2/3:1..
at 2017-06-07 02:27

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30