(増補版)514E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1890年7月~1890年7月)

題:(増補版)514E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1890年7月~1890年7月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1890年7月3日、アメリカでアイダホが43番目に州となった。
  アメリカ合衆国北西部のロッキー山脈にある州で・・、
  州の北は、カナダ国境に接している。
  大部分が山岳地帯で、面積は14位と大きい・・、
  農業と林業、鉱業が盛んで・・近年は・・自然を活か
 した観光業。
  英語89.7パーセント、スペイン語7.7パーセント。
  白人: 84.0%
  ヒスパニック:11.2%
  インディアン: 1.4%
  アジア系: 1.2%
  黒人: 0.6%
  混血: 2.5%
1890年7月10日、第1回貴族院伯子男爵議員(きぞくいんは
 くしだんしゃくぎいん)の選挙の投票が行われた。
  皇族議員:満18歳に達した皇太子・皇太孫と、満20歳
     に達したその他の皇族男子は自動的に議員とな
     った
  華族議員:華族議員は華族から選任された。
  公爵議員・侯爵議員:満30歳に達した公爵・侯爵は自
     動的に議員となった(貴族院令第3条)。
  伯爵議員・子爵議員・男爵議員:満25歳に達した伯爵・
     子爵・男爵のうちから同爵の者の互選で選ばれ
     た(貴族院令第4条第1項)。任期は7年。
  この貴族院(きぞくいん)は、大日本帝国憲法下の日
 本における帝国議会の上院。
  1890年(明治23年)11月29日~1947年(昭和22年)5月
 2日まで存在。
  当初、伊藤は、政党内閣は、事実上、主権(国体)が、
 天皇陛下から政党に移るから認められないと考えていた。
  そこで、貴族院は、衆議院の政党勢力と対抗する存在
 と位置付けられた。
  貴族院規則4条:「皇族ノ議席ハ議員ノ首班ニ置キ其ノ
 席次ハ宮中ノ列次ニ依ル」となっていた。
  ただし、皇族が、政争に巻き込まれることは好ましく
 ないという考えから、
  皇族は、議会で催される式典などに参列したり、傍聴
 することはあっても、議員として日常的に議会内に立ち
 入ることはなく、登院は、帝国議会史上、きわめて稀だ
 った。
1890年7月10日、アメリカでワイオミングが44番目に州とな
 った。
  陸地面積:全米50州の中で第10位。
  人口:約56万人(2010年)最少。
  人口密度:2人/km2、アラスカ州に次いで2番目に低い。
  ワイオミングは、インディアンの言葉で「大平原」を
 意味する。
  州の東側3分の1は、標高の高い平原地帯、西側は、山
 岳地帯と丘陵の牧草地帯。
  英語:93.4パーセント、スペイン語:4.5パーセント、
  白人: 85.9%
  ヒスパニック: 8.9%
  インディアン: 2.4%
  アジア系: 0.8%
  黒人: 0.8%
  混血: 2.2%
.
  (今日の言葉)
.
  題:その対応に、日本は、世界は、全知全能を傾けなければ
   いけない。
.
1583年、林羅山(はやしらざん)が生まれた。
  (~1657年3月7日)
  江戸時代の朱子学者。
  京都四条新町において生まれたが、ほどなく伯父のも
 とに養子に出された。
  父は、加賀国の郷士の末裔で浪人だったと伝えられて
 いる。
  幼少の頃から秀才として謳われ、1595年(12歳)、京
 都・建仁寺へ、仏教を学ぶ。
  1549年、キリスト教が日本に伝わり、
  この時代は、日本全体がキリスト教に対してそれほど
 警戒していなかった。
  (キリスト教宣教師は、日本領土の植民地化の尖兵と
 しての役目も持っていて・・、日本も、アジア各国が植
 民地化されているのと同じ様な状態になるかもしれない
 日本だった・・そして・・日本は、当然、まだ、その様
 な事を知る由もなかった)
  だから、当時、日本は、キリスト教も、神道の八百万
 (やおよろず、数多くの)の神々で、仏教で言う八万四
 千の法門の一つで・・教え方は違うが・・根源である真
 理は同じと・・神職、僧ともに考えていた。
  その様な見方なので、当然、虐げる様な行為は、まっ
 たくなかった。。
  しかし、そのキリスト教の中味が・・時代とともに、
 時を経る事によって・・多神教風土の日本と・・一神教
 のキリスト教の相容れない部分が鮮明化し、また、領土
 的野心も見え始めた。
  豊臣秀吉が、マニラのキリスト教本部に、その点を諌
 (いさ)める書状を送付しているくらいだった。
  この様な経過の中に於いて・・当時のインテリの重鎮・
 林羅山が・・みずからが、キリシタンと論戦し・・やり
 込めて、勝利している。
  日本人は、本来、外来に寛容であり、弾圧なんていう
 行動は、おくびにも出て来ていなかった・・ただ、その
 キリスト教の中身の怪しさに気付き始めていた。
.
1874年、スメタナが、「わが祖国」の作曲を始めた(50歳)
  (~1879年に完成・55歳の時に完成した)
  https://www.youtube.com/watch?v=2Sp4JyDNNr8
  https://www.youtube.com/watch?v=M3SmylXuTUc
  ベドルジハ・スメタナは、チェコのリトミシュルに、
 1824年3月2日に生まれた作曲家・指揮者・ピアニストで、
  当時、オーストリア=ハンガリー帝国によって支配さ
 れていたチェコの・・祖国の・・独立国家への願望を強
 く持つ愛国者だった。
  チェコを想う・・愛する・・作曲家だった。
  国を想うスタメナは、24歳の1848年、短期間だが、革
 命運動に傾倒していた。
  そして、この24歳のスタメナは、1884年のこの年に、
 ヨーロッパを席巻した政治的変化と動乱の風潮の中に身
 を置いた・・、
  プラハには、民主化運動が起こっていた。
  この中で、スメタナは、旧友であるカレル・ハヴリー
 チェク・ボロフスキーと再会した。
  ボフロフスキーは、政治的自治を得るために、ハプス
 ブルク家の専制支配に終止符を打とうと・・主張してい
 た。
  この市民兵たち「Svornost」は、想定されうる攻撃に
 対し・・プラハを守るための防御策を講じた。
  スメタナは、愛国的な楽曲のシリーズを書いた。
  その中には、チェコ国家の番人と、プラハ大学の学生
 グループ・・そのそれぞれに捧げられた行進曲、ヤーン・
 コラールの詞に楽曲を付けた・・それが『自由の歌』で
 ある。
  この年・1848年6月(24歳)、ハプスブルク家の軍が、
 反乱の動きを鎮圧するために動き始めた。
  プラハは、アルフレート1世・ツー・ヴィンディシュ=
 グレーツに指揮されたオーストリア軍の攻撃にさらされ
 た。
  スメタナは、市民兵のメンバーとして、カレル橋のバ
 リケードの人員を助けた。
  この初期の蜂起は、すぐに鎮圧された・・が・・、
  スメタナは、ハヴリーチェクのようなリーダー達が受
 けたような国外追放や投獄は免れた。
  スメタナは、市民兵として行動をする合間に・・、
  スメタナは、作家であり、急進派の先鋒であったカレ
 ル・サビナ(ポーランド貴族の婚外子と名のり、秘密急
 進的政治サークルを結成する活動家)に会った。
  彼は、後に、スメタナの最初の2つのオペラにリブレッ
 ト(歌詞)を提供した・・、
  そして、後年・・
  1879年、55歳のスメタナは、病身の身で・・、
  その病の悪化の中で・・、
  友人に・・、「スメタナの狂気の芽吹きに対する恐怖
 が表れている」と、表現させるように・・また、思わせ
 る中で・・
  国を愛する曲・・「わが祖国」の作曲を完成させた。
  そして、その生涯は・・、1884年5月12日、チェコの
 プラハで閉じた・・60歳だった。
  スメタナは、現在でも、チェコにおいて、チェコ音楽
 の創始者として慕われ・・そして、尊敬されている。
.
1903年8月22日、東京初の路面電車開業
  1890年(明治23年)に、東京・上野恩賜公園で開催さ
 れた第三回内国勧業博覧会において、
  東京電燈会社が行った日本初の電車の展示運転が、来
 場者の好評を博したことで、電気鉄道に対する認識を高
 めることに成功した。
  東京でも、1893年(明治26年)頃には、再び、路面電
 車の敷設計画が相次いで出願されるようになり、
  当初は、多くの計画が乱立して、互いにけん制しあっ
 ていたが、
  最終的に、東京電車鉄道、東京市街鉄道、東京電気鉄
 道の3社へ特許が与えられ、
  最初の路線として、東京電車鉄道が、1903年(明治36
 年)8月22日に、品川~ 新橋間、
  東京市街鉄道が、同年の1903年9月15日に、数寄屋橋~
 神田橋間、
  東京電気鉄道が、1904年(明治37年)12月8日に、土橋
 ~御茶ノ水橋間をそれぞれ開業させた。
.
1945年8月17日、占守島の戦い(~1945年8月21日)
  天皇陛下の1945年8月15日の『終戦の詔(みことのり)』
 を、ソ連は、「単なる宣言だ」として、「日ソ中立条約」
 を破棄してまでして、日本へ攻めて来た。
  これは、まったくおかしい・・屁理屈である。
  アメリカのルーズベルトにそそのかされて・・ソ連が、
 「日本の領土が欲しい」と起こした行動であることは明
 らかだった。
  この時、日本は、終戦ということで「武器を置いてい
 た」。
  そのため、当然、日本側に、ひどい結果が起きた。
  終戦が成立しての後の1945年8月18日、午後1時、日本
 の領土の占守島に、ソ連が攻めてきた。
  すでに、終戦は成立しているのに・・である。
  その時、日本軍は、日本へ帰る用意をしていた。
  優しい日本人たちは、缶詰工場の2000人の女子工員た
 ちを、最優先的に・・漁船で日本へ逃がした。
  女子工員たちは、5日後に、無事に日本に到着した。
  そして、当時の日本の憲法では、「天皇陛下が開戦し、
 そして、終戦をする」ことになっていた。
  故に、その天皇陛下の「終戦の詔」は、ソ連が言う様
 な「単なる宣言」の屁理屈ではなく、憲法に則(のっと)
 った正式な、そして、合法的な日本国の終戦の宣言だっ
 た。
  また、日本は、すでに、「ポツダム宣言の受諾」を連
 合国へ通達しているので、屁理屈の入る余地なく『終戦
 は成立していた』。
  ソ連の屁理屈は・・まったく、成立しない。
  その証拠に、当然の様に、アメリカも、イギリスも・・
 日本も、インドネシアで、そして、中国で・・、皆、戦
 闘行為は止めている。
  逆に、卑劣な・・『ソ連だけ』が・・締結していた条
 約を破棄してまでして、『終戦が成立した後に』・・戦
 闘を開始し・・戦争を始めた。
  領土を奪う、強盗行為である・・ソ連の論理は・・当
 然、まったく、成り立たない。
  しかし、ソ連政府は、史実を正しく伝えていない。
  また、「日本が、奪ったものを取り返したのだ」など
 と嘘話をでっち上げたりしている。
  1875年に、日本とロシアは、正式に、樺太と千島列島
 の交換条約を結んでいて、「千島列島は、日本のものな
 のだ」・・「固有の領土なのだ」。
.
1948年5月14日、イスラエルが建国宣言をした。
  イスラエル建国のヨーロッパ各国の思惑の一つに・・、
  ヨーロッパのキリスト教国の内部にあった「キリスト
 教どうしの争い」を、イスラエルを創ることによって、
 その争いを・・、『キリスト教とパレスチナ・アラブの
 争いに転化した』。
  そして、降ってわいたように、パレスチナの方々が居
 た地に・・欧米列強の手で・・イスラエルが作られた。
  1948年5月14日(ユダヤ暦:5708年イヤール5日、紀元
 2608年:皇紀2608年) イスラエル独立宣言。 
  この時まで、ユダヤ人は、「民族言語」及び「民族中
 心の文化と宗教」を守り通して来ていた。
  アメリカやヨーロッパ諸国は、ユダヤ人にイスラエル
 を建国させる事によって、『キリスト教世界に存在した』
 ユダヤとの対立を・・イスラエル対パレスチナ・アラブ
 の対立に転化したのだった。
  つまり、キリスト教徒対ユダヤ人を、イスラム教徒対
 ユダヤ人にした。
  キリスト教諸国は、キリスト教社会は・・、イスラエ
 ルとの対立を・・、世界の中心でありたいとする欧米・
 キリスト教文明圏に対する・・アラブ・イスラム教文明
 圏の衝突に、狡知に、すり替えた。
  キリスト教の考え方・教義における考え方・・、
  内なる者の異端者を外に排除して(「異教徒を殺せ」・・
 異端を排除せよ)・・その排除によって起きる中央と地
 方の対立は・・、世界にまき散らかされ・・世界中で紛
 争として起きている・・
  テリー・イーグルトン(ケンブリッジ、オクスフォー
 ドで学ぶ、マンチェスター大学教授、哲学者)は言う・・、
  「テロリズムとは、フランス革命のように、最初、国
 家によるテロとして始まったが、その内なる野蛮、内な
 る荒ぶる力を強制的に排除し、外部に追いやった後、こ
 の抑制された者達が回帰する。
  これが、現代におけるテロ行為であり、
  テロとは、文明を脅かす狂気と暴力である。
  だが、その根底には、文明の側(あるいは西洋の側)
 の暴力と排他的抑圧があった。
  テロリズムとは、最初は国家テロとして始まった。
  それを思い出せ・・」
    (『テロリズム 聖なる恐怖』)
.
1961年、この年に、アメリカへ行った人(日本人)が、便
 所に、「ホワイト〈白人専用)」「カラード(黒人専用、
 または、有色人種専用)」とあった。
  この日本人の方は、「はたして自分は、どちらに入っ
 ていいのか?」と、迷ったという。
  日本人は、明らかに有色人種だ・・日本にいる限り、
 そんなことは、認識しないが・・
  が、しかし・・、アメリカという遅れた人種差別の国
 に来ると、いやが上にも、その様な事を認識せざるを得
 ない、
  アメリカとは・・その様な遅れた国・・、
  黒人の方々や有色人種の方々を差別している。
  映画館で入場お断りと・・入場できない白人専用映画
 館がある・・その様な国。
  食堂もそうだ。
  朝鮮の方が給仕した食事を、怒った白人のアメリカ人
 が居た。
  この日本人に、白人アメリカ人が、「いいよ!あなた
 は白人専用で」と言ったという。
  だいたい、ホテルだって、白人専用という差別をする
 アメリカ・・そんなホテルへ日本人が入って行くと・・
 皆が、びっくりしたような顔で、こっちを見る・・と。
  日本人は・・アメリカでは、その様な人種に見られて
 いる。
  日本が、アメリカと戦争した頃の1941年頃の・・
 この時の20年前に・・、どれだけ・・日本が、差別的に
 考えられ、見られていたか・・である。
  その様な日本観の中で・・戦った・・そして・・降参
 して・・白旗を上げたって・・捕虜にして、面倒を見た
 くないと・・捕虜にせずに、日本兵は殺されたというこ
 とを・・その様なことを・・平気でしている・・
  その様な差別観だったことは、この1961年の状態を見
 ても分かる・・、
.
1962年2月、アメリカのFBIは、黒人のキング牧師を、ア
 メリカの秩序を乱す危険人物として監視を強化した。
  フーバーFBI長官は、ロバート・ケネディー司法長
 官に、公民権運動家キング牧師の顧問弁護士スタンレー・
 レヴィソンは、共産党員の秘密工作員だと報告した。
  ロバート・ケネディー司法長官は、キング牧師の盗聴
 許可を与えた。
  FBIは、キング牧師を要注意人物として私生活まで
 監視を強化し、『聖人として崇められているキング牧師』
 の乱れた私生活を・・嘘の話を・・赤裸々に暴いた。
.
1998年5月11日、インドは、核実験を1974年と1998年にして
 いる。
  そして、1998年の核実験は、5月11日と5月13日に合計
 5回行われた。
  1974年以降、インドは、核実験を行って来なかったが、
 1998年に入り、パキスタンが、弾道ミサイルの発射実験
 を行うなど、印パ関係に於いて緊張が高まっていた。
  また、パキスタンも、この年の5月28日と5月30日に核
 実験を行った。
  インドが核を持った時、アメリカは批難した。
  第42代アメリカ大統領・クリントンは言った、「世界
 の核不拡散の流れに逆行する」・・と・・、
  また、「インドの核実験に道徳的憤り」だと評した。
  (人類を『何回も殺すような核』を持っているアメリ
 カがである)
  しかし、数年後には、アメリカは、あっさり態度を変
 えた。
  アメリカは、インドの様な核保有国が増えると「アメ
 リカの核戦略、覇権戦略」にとって都合が悪かった。
  第44代アメリカ大統領オバマは、「核廃絶の理想」を
 口にするが・・、
  その発言を見抜いて・・、
  アメリカは覇権を放棄もしたくないという「そのアメ
 リカ」に対して・・、
  「僧服の下に機関銃を隠しながら、清く正しく高邁(
 こうまい)なお説教をするキリスト教司祭という感じだ」
 と評された。
  しかし、この様なインドは・・アメリカと近い関係に
 なりながら、ロシアやヨーロッパからも武器をたくさん
 買っている。
  インドは、「全体の3割以上、アメリカからの武器輸入
 には頼らない」・・と、
  「3割以下に抑える」・・と・・、
  その理由を・・、
  「アメリカに頼り始めると、そのうち傲慢(ごうまん)
 な態度で命令して来るようになる」・・と・・、
  そして、「われわれは、そんな扱いに堪(た)えられ
 ない」・・と、
  「だから、アメリカから買うのは3割が、マックス(最
 大)だ」・・と・・、
  アメリカと軍事同盟的関係にもなってしまう事態も避
 けたいとしている。
  その状態になると、軍事面だけでなく、「外交にも口
 出しされ」・・内政干渉も「ずけずけとされる」・・と・・、
  「政策運営にも口出しされる」・・と、
  そのようになってしまう・・と
  自立化を奪われてしまう・・と・・、
  そのインドの外交官は、日米関係を冷徹(れいてつ、
 感情に左右されることなく、冷静に物事を見通すこと)
 に見抜いていた。
  アメリカが、民主主義を根付かせるのだと・・、
  錦の御旗を掲げて・・戦争までして押し付けた「アメ
 リカの民主主義」は・・、
  押し付けられた国の主体性を奪って行う民主主義だっ
 た。
  自分が正義、自分の民主主義、アメリカの民主主義を、
 アメリカが言うようにやるのが正解なのだ・・である。
  結局、民主主義ではない「民主主義もどき」アメリカ
 の口出し(アドバイス?)付き民主主義を日本へ押し付
 ける。
  それが、内政干渉だとはと気づかず、アメリカは、そ
 の自己矛盾に気付いていない。
  そして、言いたいことを言っている。
  そして、民主主義をするのだと言いながら、民主主義
 を奪っている・・隷属している・・、
.
2015年11月18日、韓国で、慰安婦について『科学的・学術
 的に研究した』朴裕河内教授が・・起訴された。
  アメリカも同じ様な事をし、どこの国とも差異のない
 日本の状態を研究した行為が起訴された。
  起訴理由は、教授が、研究結果だとして発表した本(
 学術書・研究書)の記述で・・、
  「慰安婦の強制連行を(なかったと)否定したことで
 元慰安婦の名誉を傷つけた」・・としている。
  朴教授の研究で、嘘(虚偽)と韓国の地検が認定して
 いる朴教授の記述は・・、
  (1)少なくとも「強制連行」という国家暴力が朝鮮人
    慰安婦に関して行なわれたことはない。
    (日本は強制連行をしていない)
  (2)日本人、朝鮮人、台湾人慰安婦の場合、「奴隷
    的」ではあったが、基本的に、軍人と「同志」的
    な関係を結んでいた。
    (慰安婦と軍人は、同じ志を遂げる同志として存
    在し、それは、奴隷とは違う面で結ばれていた)
  (3)「朝鮮人慰安婦」は被害者だったが、植民地人と
    しての協力者でもあった(朝鮮人慰安婦は協力者
    でもあった)
  (4)朝鮮人慰安婦の苦痛が、日本人娼妓(しょうぎ)
    の苦痛と基本的には変わらないという点を、まず
    知る必要がある。
    (朝鮮人慰安婦と日本人との違いで、その苦痛は
    基本的に同じで、特別、朝鮮人だけが苦痛を受け
    ているという事はなく、差はなく、また、変わら
    ない。その点をまず知る必要がある)
  この度の起訴について朴教授の話・・
  「(起訴は)あるまじき行為だ。
   検察は、しっかりと(事実を)検証しているとは言
   えない」・・と。
.
2017年3月27日、日本は、防衛研究を進めるべきである。
  サイバー戦能力の向上などの研究を、官民で進め、充
 実するべきである。
  真剣に防衛努力をするべきである・・
  誠実に・・『国民を守るのだ』という研究をするべき
 である・・
  F・ルーズベルトの話であるが・・、
  F・ルーズベルトが、お粗末な知識しかないアメリカ
 大統領だったことは、彼の数々の言葉から・・、
  彼がどの様に考え、世界を捉(とら)えていたかを見
 ればわかる・・が・・、
  ソ連に、侵入したナチスを・・撃破すると・・、
  ルーズベルトは・・ソ連のスターリンは喜ぶと思った。
  そして、アメリカの援助に感謝するに違いないと・・
 思った・・、
  アメリカのルーズベルトは・・浅はかに・・その様に
 思っていた。
  そして・・ルーズベルトは・・その、アメリカの援助
 に感謝するに違いないと思っていた気持ちで・・、
  いずれソ連は、自由と民主主義を尊ぶ国になるに違い
 ないと・・ルーズベルトは・・思っていた。
  この考えは、「まったく、甘い」・・、
  そのことは・・その後の歴史を見ればわかる・・その
 歴史が示している。
  また、日本を完全に撃破したら・・、ソ連は、それで
 なくても南下したくてしょうがないから、ソ連は、アジ
 アの国々をのみ込みながら・・南下する・・、
  そのソ連の南下は、一層ひどくなるのではないか?・・
 と言われ、
  また、それは、誰が? それを防ぐことをして、また、
 防ぐ事が出来るのか?・・と言われると・・、
  ルーズベルトは言った・・「何といっても・・日本を
 殲滅するのが大事なのだ」・・
  「先決問題なのだ」・・と・・ルーズベルトは意思表
 示した。
  深く、物事を考えられないルーズベルトのお粗末さだ
 った。
  そして、蒋介石の中華民国が、将来、その役をすると
 表明した。
  中華民国は、ファシズムの国なのではないか?
  何故、そんな国と手を結ぶのか? 
  連合国に入れるのか? と、言われると・・、
  ルーズベルトは・・中華民国を入れないと、人種的な
 戦いの様相が際立つからだ・・と意思表示し、
  人種戦争と見られたくないからだという意味を言った・・
  以上は、ルーズベルトの発言から浮かび上がる。
  ルーズベルトは、一方的な、そして、貧弱な世界観で、
 また、日本への偏見、偏った見方から、武力を使ってで
 も潰そうとし、それを実行した男だった。
  そのお粗末な考え方から、何千万人もの人々が、世界
 中で死んだ。
  今、核戦争の時代、その数は、何十億人となる。
  人類の半分が死ぬということが、今、普通に起きると
 いう時代となっている。
  このルーズベルトの様な男が、異常な国ではなく、普
 通の国に出て来る可能性があるという恐ろしさを考える
 必要がある。
  北朝鮮のミサイルは、7分で日本に着弾する・・
  中国のミサイルは、10分で日本に着弾する・・
  最近のニュースで、北朝鮮のミサイルが4発、日本海の
  秋田県沖に・・云々と・・報じられるが・・
  そのニュースが、結果の話ばかりなのは、逃げるとい
 うような時間が無いということ・・報じる時間がそうな
 のだからなのだ・・
  つまり・・貴方が、7分後どうなるかは、全く不明なの
 だ・・、
  広島の如くなるということが否定できない『今なのだ』。
  遠い、過去の話だけと思ってはいけないのだ・・
  国の防衛について・・『のほほん』としていては駄目
 なのだ・・
  日本の全知全能の知恵を働かせて、日本人の生命と財
 産を守ることについて、しっかり考えなければいけない・・
  7分や、10分という時間は、貴方のかわいい子供に、レ
 ストランで、アイスクリームを食べさせてあげている時、
 それが、食べ終わらないうちに、着弾するという時間。
  人間は、この様な愚かな殺人システム・絶滅システム
 を作ってしまった。
  その対応に、日本は、世界は、全知全能を傾けなけれ
 ばいけない。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive

[PR]
by suba28 | 2017-04-06 03:28 | 皆様とともに 幸せになりたい


はじめまして、ブログを始めさせていただきました


by suba28

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
悲惨な戦争を無くしたい
悲惨な戦争を無くせないので
皆様とともに 幸せになりたい
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

(増補版)560E2/3:1..
at 2017-10-15 04:13
(増補版)559E2/3:1..
at 2017-10-10 04:31
(増補版)559E2/3:1..
at 2017-10-10 04:31
(増補版)558E2/3:1..
at 2017-10-04 04:25
(増補版)557E2/3:1..
at 2017-09-29 03:59

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31