臨時ブログ:国を売るNHK

臨時ブログ:国を売るNHK
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.

  題:国を売るNHK
.
  拝 啓 
  御公務、ありがとうございます。
  NHKの日本を売る売国行為は酷いです。
  何とかならないのでしょうか?
  海外放送局にまで、日本を貶(おとし)める番組を送
 っているという事です。
  この事をネットで知り、大変、驚いております。
  この様な売国行為は何とかならないのでしょうか。
  よろしくお願い申し上げます。
           敬 具
.
  以下は、その事を記したものです。
..
2012年9月8日、売国するNHK
  酷いNHKの売国行為・・、
  日本を売る行為を、日本の方々が知らない所で、日本
 のマスコミが日本を売っているという。
  以下の例は、NHKであるが、あまりにもひどい。
  何とかならないのだろうか・・?
  敦子カローさんは、フランスに住まわれているが、
  日本の公共放送NHKが、海外放送局に貸し出した映
 像が、偽造された映像で、嘘の映像で、「売国行為をす
 るNHK」となっていると言われる。
  日本を売ることを良くやるNHKであったが、海外放
 送局に日本を売る行為までしているのかと思い、驚いた。
  それも、悪意に満ちた映像を、わざわざ作ってまでし
 て番組を作っているという。
  以下そのブログ・・、
  http://blog.goo.ne.jp/mao777cocoro/e/a72f53628cc695515951cb6475a0d520
  NHKが関与した恐るべき「黙示録」
  正論12月号より引用
  http://www.sankei.co.jp/seiron/wnews/0912/ronbun3-1.html
  【略歴】敦子カローさん
  昭和32(1957)年、大阪市生まれ。金蘭短期大学英語
 科卒。
  青年海外協力隊の任地で知り合ったフランス人男性と
 知り合い結婚、
  パリ郊外のムードンで暮らす。
  日本の公共放送が海外のテレビ局に 貸し出した映像は
 どう“利用”されているのか。
  フランス在住邦人 敦子カロー
  ■黙って見過ごせない内容
  その番組のタイトルは「Apocalypse(黙示録)」とい
 う。
  FRANCE2というテレビ局が、近現代史をテーマ
 に制作した全六回のシリーズで、
  私が暮らすフランスにおいて、大好評を博したドキュ
 メンタリー番組である。
  息子(高校生)の学校の先生が「いい番組だ」と推薦
 したこともあって、
  わが家では九月十五日に放映された四回目を観ること
 になった。
  その回のテーマは「第二次世界大戦勃発の真相」。
  冒頭のテロップにさり気なく映った「NHK」の三文
 字に、
  「こんなところでわが国の公共放送局が一役かってい
 るのか」と感心した。
  ところが、その内容は、なんと言ったらいいか、
  私は自分が軽い神経症になるのではないかと心配する
 ほど惨いものであった。
  フランス人の亭主も一緒に観ていたが、
  私が番組を観ながら殺気だってゆくのを悟ったのか、
 いきなり立ち上がり、テレビの脇にあるCDプレイヤー
 をティッシュで ガサツに音を立てて拭きはじめた。
  亭主は「あー、埃だらけ。汚いなあ。こんなに汚れて
 る」とぼやきながら、
  中腰になってテレビの画面を遮ったのだ。
  私の気をテレビから逸らすつもりだったのだろうが、
  逆にイラつきが更に募ってしまった。
  「こんなもの、まともに観れるかいな」と思う半面、
  「これは証言者にならなければいけない」という義務
 感が沸いてきて、
  静かに注意深く観たいと思ったからだ。
  日本人である私はフランス語を聞くときは、通常のフ
 ランス人ほどは聞き取れない。
  「何をやってるの? うるさいんだけど!」と注意し
 て、 テレビのナレーションに耳を集中させた。
  番組が終わるや、「これは黙って見過ごせない」と、
  感情がホットなうちに話を聞いてくれそうな人三、四
 人にメールを送った。
  その中には昭和史研究の権威である中村粲先生も含ま
 れていた。
  私がこうして原稿を書いているのは、 中村先生の「N
 HKウオッチング」を担当する「正論」の 編集者から執
 筆依頼があったからだ。
  そこで私は執筆の準備のために、番組のHPを読み、
  番組終了直後に出たDVDを入手し、
  番組のチーフプロデューサーにメールで質問状を送っ
 たのである。
  ■残忍非道に描かれた日本人
  さて、問題の番組の内容を紹介したい。
  観ていて一番ショックを受けた箇所は、中国大陸で、
 日本の軍人が住民と思われる女子供を縛って、生きたま
 ま土に埋めてゆく場面である。
  それも再現フィルムとは思えない古い白黒の ドキュメ
 ントフィルム仕立てであった。
  「仕立て」とあえて言うのは、役者の質のせいか、ど
 ことなく臨場感が薄かったからだ。
  私は冷や汗をかきながら、ご近所や知り合いのフラン
 ス人がこの番組を観ていないことを強く願った。
  他にも惨い描写が満載。
  フィリピンのバターン半島で捕虜を飢餓状態のまま 百
 キロ行進させたと言われる「バターン死の行進」の再現
 映像では、倒れた捕虜を日本兵が刀で脅す描写があった。
  日本兵の形相は、安直な映画に出てくる未開の人食い
 人種さながらであった。
  この番組では、欧州やロシアを扱うときには基本的に
 記録映像を使うのだが、
  記録映像が少ないためだろうか、
  日本を扱うときは再現フィルムという作り物が多く混
 ぜられていた。
  近所に住むフランス人女性は
  「自分の父親は、かつての仏領インドシナで日本軍の
 捕虜になったけれども、
  辱めを受けることなくまっとうに扱われたと話してい
 た」 と私に語ってくれた。
  連合国側に住んでいながら、
  人種的に卑屈になることなく暮らしてゆけるのは、
  昔の日本の兵隊さんが真面目に任務を遂行してくれた
 おかげなのだ。
  それなのに、なんだ、この番組は!
  レイシズムではないか!と血が逆流する思いであった
 が、
  日本を貶めるこれらの映像がNHKから提供されたと
 いうことは、
  その時点ではまだ確認できていなかった。
  ナレーションにもあきれ果てた。
  「パプアニューギニアでは苦戦を強いられた。
  蚊、赤蟻、蛇、日本人(日本軍ではなくて、日本人で
 すよ!)が厄介だった」
 と蚊や蛇と日本人を同列に並べる。
  日本の子供たちが無邪気にチャンバラをしている場面
 を映して、
  「ガキの頃から殺し殺される遊びを通じ、
 命を賭して戦うブシドーの精神を学んでゆく」とくる。
  さらには、軍人が畏まって整列しているところに、
 昭和天皇が騎乗で現れる映像や、皇居の前で土下座する
 日本人の映像に
  「当時は現人神であったエンペラーに、
  日本国民は自らの命を投げ出すのも厭わなかった」と
 いうナレーションを重ねる。
  パリ近郊のムードンという日本人が自分しかいない地
 域に暮らす私にとって、
  テレビでこんな場面を次々と流されては穏やかでいら
 れるはずもなかった。
  番組の冒頭もひどいものだった。
  旭日旗が画面いっぱいにはためき、「予告なしの真珠
 湾攻撃」が始まる。
  ここで紹介されるのは、
  日本人パイロット三十人とアメリカ人二千五百人が、
 死亡したという捏造された数字。
  さばを読んで上増ししている数字にも一言もの申した
 いのだが、
  何よりもアメリカの一般市民が犠牲者となったような、
 つまり日本が無差別爆撃をしたような印象を与えるのは
 断じて不当である。
  さらに奇襲攻撃のフィルムを見せた後で、
 「米国は日本の石油供給源を止めました」とナレーター
 が言う。
  これでは時系列が逆ではないか。
  『日本悪玉論』は、こうして作られてゆくのである。
  そうそう、日本の戦闘機がアメリカに追撃されて
 何機も海に沈む映像のバックに尺八の音楽が流れるのも、
 どこか日本を侮蔑している印象を受けた。
  この音楽の担当者は誰かと、
 DVDのクレジットを見ると「Kenji Kawai」とあった。
 カワイさん、
  これ、あなたの嗜好ですか?一つ一つあげていけば本
 当にきりがない。
  冒頭にも書いたが、
  そもそもは、愚息の学校の先生から推薦されたから観
 たわけだが、
  何人のよい子がこれで「教養」を身につけるのだろう。
  卑劣な日本人の残虐非道な映像を、
  先生のお墨付きで観せられたのだからたまったもので
 はない。
  高校を転入してまもない愚息は
  まだクラスメートとも馴染んでないだろうに、大丈夫
 だろうか。
  翌日は、登校するわが子の心細げな後ろ姿を、
  ため息交じりに見送るしかなかった。
  ■資料映像はNHKから
  冒頭に目にした「NHK」の三文字は見間違いだった
 のか、
  最初は思い直したりもしてみた。
  なにしろ、膨大なアルファベットが川のせせらぎの如
 く
  画面の上から下に流れていたので、勘違いということ
 も大いにありえる。
  あるいは、別の組織の頭文字が偶然「NHK」であっ
 たのかもしれない、と。
  ただし、Kはおおよそフランス語では使われないから
 英語圏である。
  するとN=National? Native? H=Human?
  Huge? K=Knife? King? Kingkong?。
  ともあれ、このような「教養番組」を
  ゴールデンタイムに地上波で流されてしまったことへ
 の
  心のダメージは大きく、思い切って日本大使館にも手
 紙を書いた。
  今年六月には、飯村豊大使に代わって斉藤泰雄大使が
 着任している。
  斉藤大使は、鈴木宗男氏が辻元清美氏に
  「疑惑の総合商社」と因縁を付けられた頃、ロシア大
 使の席にあり、
  国会証人喚問で巷にデビューした人物である。
  私は全国放映されたその映像を見ていないが、
  フランススクールなのにロシア大使になって大変だっ
 たということを、
  確か佐藤優氏の書かれた文章で読んだ記憶があった。
  つまり、ここフランスでは水を得た魚のように
  大活躍してくださるであろう期待の大使であったわけ
 だ。
  ところが、「残念」と頭を垂れざるを得ない。
  私の「何とかしてメール」への返信はいまだにない。
  今年の七月には、独仏中の共同で製作された
  南京虐殺映画「リーベの日記」に対して、
  「事実と異なるから検証して抗議してほしい」
 と手紙を書いて大使館に届けたが、このときも無反応で
 あった。
  生来、粘着質の私は、愚息に頼んで番組に関するサイ
 トを検索させたら、
 「Apocalypse」のサイトが存在した。
http://programmes.france2.fr/apocalypse-seconde-guerre-mondiale/
  最初に登場する世界地図の画面の日本の所をクリック
 すると動画が出てくる。
  その下の説明文に、
  《皇軍は、北京入場前に南京で三十万人虐殺…》と書
 かれてある。
  別の画面に入ると、共同制作者が列挙され、NHKも
 その名を連ねている。
  以下
  http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-521.html
  日本のマスコミは日本人の知らないところで、
  世界に捏造をばら撒き、さらに
  本当のことは日本人に何も伝えてこなかった。
  いつまでも、お人よしではいられない。。。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-09-06 01:58 | 皆様とともに 幸せになりたい


はじめまして、ブログを始めさせていただきました


by suba28

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
悲惨な戦争を無くしたい
悲惨な戦争を無くせないので
皆様とともに 幸せになりたい
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

(増補版)568E2/3:1..
at 2017-12-12 04:34
(増補版)567E2/3:1..
at 2017-12-01 06:18
(増補版)566E2/3:1..
at 2017-11-22 06:21
(増補版)565E2/3:1..
at 2017-11-17 06:01
(増補版)564E2/3:1..
at 2017-11-10 07:43

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31