(増補版)409E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1885年1月~1885年1月)

題:(増補版)409E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1885年1月~1885年1月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1885年1月17日、羅馬字会(ろーまじかい)創立、第一回
 例会を開催した。
  矢田部良吉、外山正一らが、羅馬字会を創立した。
  漢字・仮名を廃して、ローマ字を国字に、との主張を
 かかげた。
  そして、この年に、ローマ字による日本語のつづり方
 「羅馬字にて日本語の書き方」を発表した。
1885年1月20日、秋田院内鉱山が、古河一兵衛へ払い下げ
 られた(詳細は前記を参照ください)
1885年1月25日、千葉医学校が開校した(現在の千葉大学)
  医学校(いがっこう)は、医師になるための学校、医
 師養成学校で、
  1883年の文部省の医学校通則では、公立医学校には甲
 種と、乙種の別が定められた。
  甲種には、宮城、秋田、千葉、新潟、石川県金沢、愛
 知、三重県甲種、京都府、大阪、神戸、岡山県、徳島、
 福岡、長崎、熊本の各医学校が認定された。
1885年1月25日、大山巌が、欧州の兵制視察を終えて帰朝し
 た。
  大山巌とともに、川上操六、桂太郎も帰国。
  この頃の、日本の軍制(ぐんせい、軍の維持・管理・
 運用などに関する諸制度の総称)を見ると・・、
  日本にドイツの軍制をもたらしたのはドイツ人だった。
  中でも、ドイツ陸軍参謀将校のヤーコプ・メッケル少
 佐だった。
  メッケルは、1885年3月~1888年まで、陸軍大学校の
 「お雇い教師」として中央政府に雇用された。
  そのため、その活動も当初、陸大での軍事教育が中心
 であった。
  メッケルの軍事教育は・・、
  陸大のような高等教育機関では、本来おこなわないは
 ずの「日本の操典(日本陸軍が作成した、各兵種の教育、
 および、戦闘についてのしっかりした拠り所となる書)
 の研究からはじめる」点で斬新であった。
  また、参謀旅行や図上戦術などを特徴とする点で実践
 的なものでもあった。
  しかし、1886年12月に、ドイツ陸軍師団参謀ブランケ
 ンブルクが来日した。
  このことで、時間の余裕ができた状況となったメッケ
 ルは、日本陸軍の軍制改革そのものについても、多様な
 提案を行なった。
  メッケルの提案によって、改正・改革された日本の軍
 制の例には・・、工兵隊の編成についてや、徴兵制度が
 ある。
  メッケルの提案の結果、「工兵隊編成改正」や、徴兵
 制度の条例改正(1889年の徴兵事務条例改正)が行なわ
 れた。
  そして、メッケルの提案によって、1873年以来の鎮台
 制度も改革された。
  (京都大学へ提出した布施将夫氏の論文を参考にした)
1885年1月26日、南条文雄が、はじめて東京大学で梵語を教
 えた。
  日本で、初めて、本格的にサンスクリットを教えたの
 は、
  1991年に、「博言学」の「お雇い教師」となったフロ
 ーレンツだった。
  そして、空海に限らず、サンスクリットを学習した日
 本人は、19世紀末以前にはいなかった。
  初めてサンスクリットに接した日本人は、1879年に、
 オックスフォードに学んだ南条文雄と笠原研寿だった。
  フローレンツは、ヴェーダ文献を始め、広くサンスク
 リット文献に通じていて、
  サンスクリット研究の導入者として、最も適任だった。
  それより数年前に(1885年/1887年)、南条文雄は、
 非常勤講師として東京大学でサンスクリットを教えたこ
 とがあるものの、扱うことができたのは仏教文献に限ら
 れていた。
  (桃山学院大学の報告で、小林信彦氏が、1989年、関
 西外国語大学の公開講演で配布されたものの抜書き)
1885年1月27日、ハワイへの第1回移民
  ハワイへ、第1回の約官移民団(927人)が、横浜港か
 ら出発した。
  日本からハワイへの移民は、1868年から行われていて、
  1902年には、サトウキビ労働者の70%が、日本人移民で
 占められるほどであった。
  1924年のアメリカ本土で成立する「排日移民法」成立
 まで、約22万人の日本人がハワイへ渡った。
  因みに・・、
  1881年3月、ハワイ王国の王様であるカラカウア1世が
 来日して、赤坂離宮で明治天皇陛下と会談をした。
  これは、結局は、ハワイの窮状を、日本に助けて戴き
 たいというものだった。
  カラカウア王の提案は・・
  (1)カラカウア王の姪で、王位継承者のカイウラニ王
    女と、山階宮定麿親王(後の東伏見宮依仁親王)
    との縁組をいたしたい。
  (2)日本・ハワイの合邦(日本とハワイが連邦状態に
    なりたい)。
  (3)日本・ハワイ間の海底電線(ケーブル)敷設をし
    たい。
  (4)日本主導による「アジア連邦」の実現・・だった。
  このハワイ王国の危急存亡を救っていただきたいとい
 う提案は・・、
  アメリカ合衆国によるハワイ侵略が目に見えた形にあ
 ったからだった。
  そして、このハワイ王の提案は、よくヨーロッパでも
 行われていた王家存続の方法だった。
  そして、ハワイ人の人口も何故か急激に減少した。
  ハワイの方たちの減少をもくろんで、ハワイの方々(
 ハワイ人)には抵抗力のない病原菌が持ち込まれたとい
 う話もあった。
  その人口減の関連で、ハワイへの日本人移民策が推し
 進められる。
  1890年には、ハワイ総人口の40パーセントが日本移民
 という状態となっていた。
  1894年7月4日、ハワイ共和国が成立した。
  1895年1月、最後の王党派による大規模な武力蜂起が起
 きた。
  しかし、武力鎮圧された。
  1895年1月16日、リリウオカラニ(ハワイ王国の最後と
 なってしまった女王)は逮捕され、廃位された。
  この後、アメリカ移民の白人のサンフォード・ドール
 は、ハワイをアメリカ合衆国に併合する条約を作り、こ
 の条約が成立したときハワイ準州の初代知事に任命され
 た。
  1898年8月12日、アメリカ大統領ウィリアム・マッキン
 リーは、ハワイのアメリカ合衆国領への編入を宣言した。
  そして、イオラニ宮殿に掲げられていたハワイ王国の
 国旗は降ろされた。
  そして、星条旗が掲げられた。
  この時、古来のハワイ住民らは、悲しみの声を上げた。
  1899年、そして、その翌年、ハワイ王国の後継者であ
 るカイウラニ王女は、24歳という若さで病気で逝去され
 た。
1885年1月28日、発火しやすい黄リンマッチを禁止した。
1885年1月、広目屋(広告業)が、楽隊を雇って宣伝に用い
 ることを始めた(別の説もある)
  チンドン屋は、披露目屋・広目屋(ひろめや)・東西
 屋(とうざいや)などと呼んだ。
  1878年(明治11年)12月11日の『郵便報知新聞』見出
 しに「チンドン屋よろしく大道飴売」とあり、
  また、1889年(明治22年)10月6日の『東京日日新聞』
 見出しに、「条約改正論戦、チンドン屋総出の形」など
 に見られるように、
  チンドン屋は、明治の初期から存在した。
  しかし、用例が少なく確かではない。
1885年1月、田中智学(たなかちがく)が、立正安国会を設
 立した。
  田中智学は、宗教家で、東京に生まれた。
  町医者多田玄龍の3男。
  東京江戸川一之江妙覚寺で得度し、後に、僧籍を返還
 し、
  日蓮宗を脱して日蓮主義による宗教活動を提唱した。
  1880年、横浜で、蓮華会を結成し、在家仏教運動を開
 始した。
  1885年、東京に移って、立正安国会を創立した。
  日刊新聞『天業民報』を発行し、
  1914年に、門下の信仰団体を統一して、国柱会を設立
 した。
  名称は、日蓮の著『開目抄』にある「われ日本(にほん)
 の柱とならん」に由来する。
  法華経と国体との一体化を説いた。
  『法華経(ほけきょう)』を信行(しんぎょう)し、日
 本国体を開顕(かいけん)し、立正安国の真世界を目ざす
 ことにあり・・、
  在家仏教の立場から、仏教改革を提唱、実践した。
  その独自の日蓮主義は、高山樗牛(ちょぎゅう)らに影
 響をあたえ・・、
  伊勢丹(いせたん)創業者の初代小菅丹治(こすげたんじ)
 らも内外から教勢の発展に努めた。
  著名な会員に、石原莞爾(いしはらかんじ)、宮沢賢治
 らがいる。
.
  (今日の言葉)
.
  題:人類救済のためにも・・無くさなければならない
   宗教となっている。
.
  キリスト教は、『有色人種の蔑視教義』で、長い歴史
 に渡って、有色人種を殺戮して来た。
  キリスト教聖書で、神が叫ぶ、「奴隷にせよ」・・と、
  奴隷に関するキリスト教の卑劣な教義も、キリスト教
 の聖書に書かれているが故に・・、
  記されたところが聖書ゆえに、人類の歴史にその奴隷
 制が、消えることなく続き、卑劣な行為が行われて来た。
  特に、アフリカの黒人の方々が、酷(ひど)い扱いを
 受けた。
  可哀想な人々であった・・、
  行為者は白人・・、
  キリスト教が洗脳した『肌の色の違い』で、悪行為が
 さも、正義の行為のように錯覚されて・・行われた・・
 そして・・
  アメリカに連れて行かれるその船倉で、その船底で、
  船倉が、赤道を越えて行く長旅である為・・、
  人間の生きていられる様な状況でないため・・環境で
 はないため・・、
  その様な劣悪な環境の中で、多くの黒人の方々は亡く
 なって行った。
  そして、生き残って・・行き着いたアメリカ合衆国で、
 長い長い期間、反省が行われるわけではなく・・家畜同
 然の扱いを受ける・・卑劣な扱いを受けた。
  また、キリスト教の卑劣な考え方・・、
  「(キリスト教の)神の義があれば、人を誅しても良い」
 という・・、
  キリスト教のこの考え方・教義で・・、
  何人の方々が。。正義だと言って殺され・・亡くなっ
 たというのであろうか?
  南米・中米・北米で・・、
  また、その離島で・・、
  多くのインディオの方々が・・、
  そして、インディアンの方々が・・、
  スペインのキリスト教徒、および、キリスト教の聖職
 者たちに・・、
  50年間にも渡る、また、長い期間に渡る殺戮で・・、
  1000万人もの方々が・・殺戮された。
  また、アメリカ合衆国で、インディアンの方々が・・、
  そして、カナダの地でも、インディアンの方々が・・、
  殺戮された。
  卑劣な有色人種の蔑視のキリスト教の教義・考え方・・
  この教義・考え方かから、この様な卑劣な行為がなさ
 れて来た。
  今・現在、キリスト教を説明する書物は・・、
  キリスト教が破たんに満ちていることを記している・・
  それらの、教義の崩壊の声に満ち満ちている。
  すべての書籍が、キリスト教が最終段階であるのを指
 摘している。
  そして、弱弱しく言う、「自分たちの肯定する歴史的
 な事実に基づこう」・・と・・、
  したがって、その歴史的な事実が覆(くつがえ)され
 れば・・、キリスト教のそのすべてが成り立たなくなる。
  キリスト教学者は、涙ぐましい努力をしている・・が、
  その努力は・・覆される結果となっている。
  そして、言う・・、
  「キリスト教徒は、自身の信仰の墓穴を掘る様な事が
 あるかもしれないが、客観的かつ冷静に行なおう」と・・、
  そして、また、言う・・、
  「過去にキリスト教研究者は、勇気を奮(ふる)い起
 こし、大胆に、(キリスト教を守る)防衛努力をした・・と、
  崩されたキリスト教の過去の栄光の歴史の立て直しの
 『防衛的努力』がなされた」・・と、
  崩される例が多いが、防衛努力をしたと、それをしよ
 うと言う・・、
  しかし、そのほとんどが、むなしい結果に終わった。
  19世紀のイギリスの神学者で枢機卿だったジョン・ヘ
 ンリー・ニューマンは、
  自分の研究結果が、あまりに無残なため、自分の研究
 結果である「理性の時代」を、
  神学校の学生を守るため(読ませられないため)(見
 せられないため)、その研究結果の書類を、金庫にしま
 って、鍵をかけてしまった・・という・・、
  今、キリスト教の史家や研究者は、そうする限界を認
 めている・・、
  (研究しても良い結果は得られない・・と)。
  そして、それは、同時に、それは、信じている宗教の
 破壊につながることも理解している・・と言っている・・、
.
  そして、次の話・・、
  イエスには弟たちが居たが、その一人・ヤコブが・・、
  原始キリスト教の信徒の中で揉(も)めていた事で、
 解決の為の意見を言った。
  これが、初めての教会会議だったと言う・・が、
  それは、『ユダヤ教の食事と性行為に関するいくつか
 は認めよう』となった、
  そして、『それを守ろう』となった。
  この事は、満場一致で皆の総意となった。
  この決定に、特に、アンティオキア派の信徒は、喜ん
 だ。
  パウロも認めた。
  これが、キリスト教の教会会議の『総意』の最初の記
 録となっている。
  この後の、キリスト教の最高会議であるローマ法王も
 出る公会議では・・、
  異論は「異端だ」とレッテルが張られ、死刑に処せら
 れ、そして、追放された。
  全教会一致の会議、整合一体化の神秘体の宗教と、意
 味不明な自画自讃がなされた。
  そして、説明ができなくなると「精霊」が出て来た。
  そして、「精霊が命ずる」となる。
  この様な決定の経過が辿られて「全教会一致の会議」
 の宗教となっている。
  こんな事だから、腹の底では納得していない。
  パウロでさえ『違う事』を伝えている。
  パウロも、腹の底では違う事を考えていたのだ・・、
  キリスト教の宗教の構造が、この様なものだから、あ
 ちこちで不一致にあふれるた・・、
  「全教会一致の強引な決定の美」がなされた・・、
  その「おまじない」の様な決定は、あちこちで、その
 ため逆に、不一致を生み出していた。
  パウロの行なった例の様に・・。
  今・現代になって、その不一致の結果が、修復できな
 い、収拾できない、混乱を収めることが出来ない事態と
 なって表れている。
  研究者や史家も、お手上げの状態となっている。
  そして、崩壊へ向かっていると研究者たちから言われ
 ている。
.
  そして、次の話・・、
  キリスト教徒で学者の田川健三氏は言う・・、
  「2000年の間、これだけ広まれば、悪い所もあるだろ
 う」・・と、尻をまくった言い方をする・・、
  その説明のはじめから・・完全に信じてはいない。
  「数多くの害悪も流してきた」・・と、胡散臭い(う
 さんくさい)所もある・・と言う。
  そして、「くだらない部分も大量にある」・・と、田
 川氏は言う。
  そして、氏は言う、「だが、せっかくだから、何か汲
 (く)み取りたいところを見つけたい」・・と、
  キリスト教は、この様な状態になっている。
  最後のあがき的な宗教となっている。
  キリスト教から、離れなさい・・、
  そして・・、
  人類救済のためにも、キリスト教は無くさなければ・・
 ならない。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-08-28 02:49 | 皆様とともに 幸せになりたい


はじめまして、ブログを始めさせていただきました


by suba28

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
悲惨な戦争を無くしたい
悲惨な戦争を無くせないので
皆様とともに 幸せになりたい
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

(増補版)568E2/3:1..
at 2017-12-12 04:34
(増補版)567E2/3:1..
at 2017-12-01 06:18
(増補版)566E2/3:1..
at 2017-11-22 06:21
(増補版)565E2/3:1..
at 2017-11-17 06:01
(増補版)564E2/3:1..
at 2017-11-10 07:43

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31