(増補版)404E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1884年12月~1885年1月)

題:(増補版)404E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1884年12月~1885年1月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1885年、出来事:
・明治天皇陛下が、山陽道を御訪問された。
  明治天皇陛下は、山陽道巡幸で・・、
  1885年(明治18年)8月3日、広島国泰寺高校の前身で
 ある広島中学校へ立ち寄られた。また・・、
  1885年(明治18年)8月7日、明治天皇陛下は、山陽道
 御巡幸の折、吉井川磧にて休憩され田植えの様子を御覧
 になられた。また・・、
  1885年(明治18年)8月8日、明治天皇陛下は、山陽道
 巡幸の途中、船坂村梨ヶ原の瀧川武平宅にて休憩された。
  因みに、明治天皇陛下の地方巡幸は、すべてで97件(
 うち、即日還幸37件)に達する。
  6大巡幸が・・、
  (1)1872年(明治5)5月23日~7月12日、近畿・中国・
      九州地方、
  (2)1876年6月2日~7月21日、東北地方(函館を含む)、
  (3)1878年8月30日~11月9日、北陸・東海道地方、
  (4)1880年6月16日~7月23日、中央道地方、
  (5)1881年7月30日~10月11日、東北・北海道地方、
  (6)1885年7月26日~8月12日、山陽道地方・・
・初代内閣総理大臣、伊藤博文、第1次伊藤内閣:1885年
 (明治18年)12月22日~1888年(明治21年)4月30日
1885年、経済・金融・貿易:
・日本銀行券(兌換銀行券)の発行が開始された。
・この年、綿布の国内生産額が、輸入額を上回った。
1885年、産業:
・秋田の阿仁鉱山が開業した。
  阿仁鉱山(あにこうざん)は、秋田県北秋田市にあっ
 た鉱山で、金、銀、銅が採掘され、
  特に、銀鉱、銅鉱の産出が多く、
  1716年(享保元年)には、産銅日本一となり、長崎輸
 出銅の主要部分を占めた。
  明治初年に、官営鉱山となったのち、
  1885年(明治18年)に、古河市兵衛に払い下げられた。
・日本郵船会社が設立された。
  日本郵船株式会社(にっぽんゆうせん)は、1885年(
 明治18年)9月29日に、創立された。
  三菱商事とともに、三菱財閥(現・三菱グループ)の
 源流企業で、
  1893年(明治26年)12月15日に、株式会社になる。
  日本の3大海運会社の一つ。
・三菱社で鉄製の浚渫船が竣工した。
  幕府直営の長崎製鉄所は、明治維新で、官営の長崎製
 鉄所となり、
  1871年(明治4年)に、工部省所管の長崎造船所と名称
 を改称した。
  この頃、三菱社は、自家造船所経営の必要に迫られ、
  政府が、民間に経営を委ねる方針を出した時、機を逸
 せず長崎造船所の貸与を願い出た。
  1884年(明治17年)7月に、三菱経営となり、積極的な
 経営で、本格的な造船所として発展した。
  1885年(明治18年)には、早くも鉄製の浚渫船を竣工
 させ、
  続いて、長崎造船所で建造した最初の鉄製汽船「夕顔
 丸」を竣工させた。
1885年、交通:
・山手線(品川~赤羽間)が開通した(2月)
  山手線は、もともと日本鉄道が、現在の東北本線、及
 び、東海道本線を連絡するために、品川駅~赤羽駅間の
 山の手に敷設した線路。
  そして、東京市街地の拡大に伴い、市街を巡る大都市
 の基幹交通路線に性格を変えていく。
  電車が、運行を開始したのは1909年。
  そして、1925年に、現在のように、環状運転が実施さ
 れるようになった。
  日本鉄道品川線と呼ばれたこの路線は、港があった品
 川・横浜方面と、東京の北側を結ぶ日本鉄道第一区線の
 一部として計画された。
  しかし、起伏地の山の手に、線路を敷くには、技術的
 にも資金的にも困難であったことから、
  まずは、日本鉄道第一区線の開業を優先し、
  1883年(明治16年)7月28日に、江戸下町の北部にあた
 る現在の上野駅の地を起点として開業した。
  そして、その後の1885年(明治18年)3月1日に、当初
 の計画に準じ、日本鉄道第一区線と、官設鉄道(現在の
 東海道本線)とを連絡する品川駅~赤羽駅間(現在の山
 手線品川駅~池袋駅間と赤羽線池袋駅~赤羽駅間)が開
 業した。
・阪堺鉄道が開通した。
  阪堺鉄道(はんかいてつどう)は、南海電気鉄道の前
 身となる鉄道事業者で、
  現在の南海本線難波駅~堺駅間を開業させた。
  日本鉄道と東京馬車鉄道に次ぎ、日本で3番目の民営鉄
 道事業者(私鉄)である。
  そして、1885年(明治18年)12月27日に、開業式を挙
 行し、
  同年・1885年12月29日に、難波駅を起点にして、天下
 茶屋、住吉を経て、大和川北岸(大和川駅)に至る区間
 の営業を開始した。
1885年、衣:
・東京女子師範制服を洋服とした(10月)
  東京女子師範学校(とうきょうじょししはんがっこう)
 は、1874年に設立された官立師範学校で、
  1885年の東京師範学校への統合を経て、
  1890年に、「女子高等師範学校」として分離・改組し、
  1908年、東京女子高等師範学校に改称された。
  現在のお茶の水女子大学の旧制前身校。
・婦人束髪会発会し、束髪多くなり、リボンが流行し始め
  た。
  水油には、ツバキ油、クルミ油、ナタネ油、サザンカ
 油、ゴマ油などの不乾性ないし半乾性植物油で、酸価の
 低いものが使われた。
  しかし、1885年に結成された婦人束髪会は、それまで
 の髪油を多用した髪形は、不便、不潔、不経済であると
 宣伝したこともあって、日本髪に代わって束髪が流行し
 た。
・兵営にバリカン献納を出願するものあり。
・東京神田に、セルロイドで、櫛の製造をなすものあり。
  セルロイドは、世界最初の人工プラスチック(合成樹脂)。
  1865年、イギリス人のA・パークスが、硝酸セルロー
 スと、樟脳の固溶体について特許を取得した。
  その後、1868年に、アメリカ人のJ・W・ハイヤット
 がセルロイドを発明し、
  自らのセルロイド製造会社において企業化した。
  当時、欧米で大流行していたビリヤードの象牙球が、
 高価だったので、ビリヤードボール製造業者が、安価な
 代替品の開発を懸賞金付きで募集した。
  これに応募したことがきっかけだった。
  日本では、1877年(明治10年)に、ドイツから神戸の
 外国人居留地22番のフランス商館に、赤色板状の一片の
 セルロイド生地見本が初めて輸入され、
  大阪の西川伊兵衛が買い取った。
  これが、日本におけるセルロイド史の最初となった。
  1885年(明治18年)に、横浜ドイツ商館に、ドイツ製
 セルロイド「擬珊瑚珠」が入荷し、
  この擬珊瑚珠は、「ゴム球」または「あずま球」と称
 され、櫛(くし)、簪(かんざし)、根掛(ねがけ)な
 どとしての需要を喚起した。
  因みに、根掛は、日本髪の髷の根元に巻きつけて用い
 る紐状の飾り物。
・婦人用洋式日傘流行する。
・インド産天然藍の輸入が盛んになる。
  インドの今までの状況・・イギリスの経済的繁栄を築
 きあげた基盤である「産業革命」は、
  インドの富が流入することによってのみ可能であった。
  このことは、色々と指摘され明らとなっている。
  この借り入れではなく、無利子で持ち去られた流入資
 本がなければ、支配的な立場にあって、大量生産に必要
 な蒸気機関や機械設備は、利用されていないままだった。
  イギリスの利得は、インドの損失であった。
  この損失は、インド工業の欠乏と、農業発展の遅滞の
 大きな原因となった。
  どれだけ富や資源を持っていようとも、この様な流出
 にインドは耐えた。
  インドの富は広範囲に搾取された。
  イギリスは、輸入税、関税、消費税など、税関系から
 も利益を搾取した。
  インドの藍生産は、18世紀の末に始まった。
  そして、50年間において、藍産業は急速に成長し、そ
 の生産は増大した。
  重要な輸出品となった。
  ドイツの科学者が、合成染料の試みに成功していたが、
 このインドの藍生産と発展は止められなかった。
  そのインドから、天然の藍が盛んに輸入された。
.
  (今日の言葉)
.
  題:本当に、腹だたしい事である・・
.
  以下の文献は一例である。
  この様な事が誠に多かった。
  占領軍の事である。
.
1946年、特殊慰安施設協会
  特殊慰安施設協会という施設がある。
  これは、アメリカ軍兵士を相手にする慰安婦(売春婦)
 が居た慰安所である。
  「浦安ハウスに集まる米国将兵たち}との説明文が付
 いた写真があるが、存在は事実である。
  英語では Recreation and Amusement Association と
 言い、RAA の頭字語で知られた。
  直訳は「余暇・娯楽協会」であり、
 日本語の名称との間で意味が大きく異なる。
  このRAAとは別に、米軍の女性兵士用の「慰安夫」の施
 設も存在した。
  (これまで用意せよとアメリカから言われた)
  この設立の背景には、ヨーロッパの戦場で、アメリカ
 軍によるレイプの被害者が14,000人(内、ドイツ人女性
 が11,040人)いた事である。
  フランスにおいて、アメリカ軍のフランス女性に対す
 るレイプが多発したため、
  また、アメリカ兵のみだらな行為(町中での性交)を
 行っている姿を見ないで街を歩くことが出来なほどの乱
 れた酷い状態に、ル・アーヴル市長が、慰安所の設置を
 アメリカ軍に懇願したぐらいだった。
  日本の場合の沖縄においても、アメリカ軍上陸後、強
 姦が多発した(どこでも酷いアメリカだった)。
  アメリカ軍兵士により強姦された女性数は、10,000人
 との見解がある。
  アメリカ軍の日本に進駐した際にも・・、
  最初の10日間だけで、また、神奈川県だけで、1,336件
 の強姦事件が発生している。
  アメリカ軍上陸後1ヶ月で、3,500人以上の女性が被害
 を受けたという調査結果もある。
  また、横須賀の慰安所を閉鎖した後、強姦がまた多発
 したので、再度、慰安所を開いたという話もある。
  あまりにひどい状況に、日本の女性を守るため、アメ
 リカ軍基地が集中する神奈川地域の大森海岸の「小町園」
 を慰安所第一号にした。
  この後、日本各地につくられたが、熱海の旅館は、そ
 れ用として「日本人お断り」となっていた。
  作家の高見順が、その事を公言している。
  1945年12月時点で、アメリカ軍主体の在日連合軍は、
 43万287人が駐屯していた。
  問題を何とかしなければならない人数であった。
  それでなくても多くの問題が『多発』した。
  アメリカ軍側からの積極的な『要請』もあった。
  1945年9月28日、占領軍の軍医総監と、公衆衛生福祉
 局長・サムス大佐が、
  東京都衛生局防疫課長に対し、
  具体的な都内の売春街等の話を出しながら、占領軍用
 の女性を世話をしてくれと要求した。
  そして、『将校用』『白人兵士用』『黒人兵士用』に
 仕分けしてくれとの要求もあったので、その要求に応ぜ
 ざるを得なかった。
  戦後、都政が発令した条例の第一号が、この占領軍相
 手の女性に関係するの条例であった。
  性病予防規則など。
  RAA廃止後に、赤線経営を残したが、占領軍による強姦
 が急増した。
  RAAがある時の強姦・婦女暴行が、1日平均40件であっ
 たのが、
  RAAが無くなった1946年前半の強姦・婦女暴行数は、
 1日平均330件と、8倍以上に急増した。
  進駐軍による横須賀や、横浜をはじめ、民家に侵入し
 日本人女性を強姦する事件が『多発』した。
  1945年8月28日には、マシンガンで武装したアメリカ軍
 兵士たちが乗り込み、すべての慰安婦たちを強姦した事
 件などが多発した。
  横浜の慰安所では、100名を超える武装したアメリカ兵
 が、開業前日の慰安所に乗り込み、慰安婦14名を強姦し
 た。
  さらに翌日、抵抗した慰安婦を、アメリカ兵が絞殺す
 るという事件も起きた、
  精神を患う慰安婦や、自殺する慰安婦も少なくなかっ
 た・・などなど。
  あまりに多い事件に、占領軍は、『新聞報道をするな』
 と口封じ命令を出した。
  武蔵野市では、小学生が集団強姦され、
  大森では、病院に200人~300人の米兵が侵入し、妊婦
 や看護婦らが強姦され・・、
  あまりに多いので・・以下を略す。
  まったく悲惨だ、そのすべてをユネスコの世界記憶遺
 産に登録すべきだ。
  日本政府のこの進駐軍の不法行為の調査資料も米軍は
 没収した。
  30年近くも経てから(1973年)この資料は返されたが、
 何ら役に立たない頃の返還だった。
  世界で、アメリカが一番ひどい。
  韓国は、中国の冊封(さくふう)によって従属状態と
 なり、頭を下げていた国だ、アメリカや中国には何も言
 えない。
  自分の国の酷さを棚に上げて、おとなしく対応してく
 れる日本ばかりを「うっぷん晴らし」の対象にする。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
[PR]
by suba28 | 2016-08-20 03:40 | 皆様とともに 幸せになりたい


はじめまして、ブログを始めさせていただきました


by suba28

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
悲惨な戦争を無くしたい
悲惨な戦争を無くせないので
皆様とともに 幸せになりたい
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

(増補版)568E2/3:1..
at 2017-12-12 04:34
(増補版)567E2/3:1..
at 2017-12-01 06:18
(増補版)566E2/3:1..
at 2017-11-22 06:21
(増補版)565E2/3:1..
at 2017-11-17 06:01
(増補版)564E2/3:1..
at 2017-11-10 07:43

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31